花京院ちえり 炎上。 花京院ちえりの前世、個人時代、中の人(声優)、顔バレについて調べてみた!

【アイドル部】夜桜たま・猫乃木もち契約解除・引退の理由を時系列順で解説|Vtuberファン

花京院ちえり 炎上

お気持ち配信を簡単にまとめると……。 少し箇条書きになりますが全体の配信についてまとめてみます。 まず最初に カルロ・ピノちゃんによる謝罪から始まりました。 不安になっているファンの方々に対する謝罪です。 そしてYouTubeにてこのお気持ち配信のアーカイブが、 12月6日23時59分まで残ること。 話の前後がないと話のニュアンスが誤って伝えられる可能性があるため、 期間中は切り抜き等はやめてほしいとのこと。 そしてカルロ・ピノちゃん個人の言える範囲のことを彼女自身の考えとして発信するもの。 私の立場でないとお話しできないことがあると前置きをして、 アイドル部のメンバーには相談していること。 運営には反対されたが配信するとお伝えして 発言までは縛られていないとのこと。 縛られていても従うつもりはありませんとも断言しました。 また、どっとLIVEさん側の報連相の遅れや動きに対して、 「至らない部分がある」「お馬鹿さん」と注意をしたうえで、 けれどどっとLIVEさん側はメンバーのやりたいことを制限することはなく、 普通なら止められることでも出来る限り努力をしてくれる。 それでも難しい場合は制限はあるが、出来る限りサポートしてくれて可能にしてくれる。 メンバーからの不満なども受け入れて真摯に聞いてくれるが対応が遅いと感じる点もあると話をしていました。 そんな中、改善の下地が出来始めていたところで 夜桜たまちゃんの一件があったとのこと。 内部情報の漏洩を防ぐため、タイミングは制限されていたこと。 それが報連相の遅れに繋がってしまったこと。 それはイジワルではなく、あらぬ疑いから守ってくれるためであること。 等々、どっとLIVEさんへの悪いウワサに対しては否定していました。 正式に報告が出来ない理由は複雑で様々な事情があることを念頭に置いて、 メンバーと運営側では責任が違うため不確かなことは話せないとも。 それからどっとLIVEさんから近いうちに報告があるとのこと。 全体的にどっとLIVEさん側のフォローに回っている感じでしたが、 カルノ・ピノちゃんの発信で、少しずつ改善がみられることが伺えます。 もちろん、中には鵜呑みに出来ないファンの方々もいらっしゃるかと思います。 演者の盾だという方もいらっしゃるかもしれません。 ただ私個人の見解としては以前より記事で書いている通り、 この件をひとつの山場として乗り越え、さらに優良なコンテンツとして長続きしてほしいです。 夜桜たまちゃんと 花京院ちえりちゃんのツイートにも言及。 このツイートから始まった今回の炎上。 このあと 夜桜たまちゃんからのお気持ち配信があり、 「ソロライブが後回しになっていた」と聞かされていたことを吐露しています。 また当時の担当マネージャーが熱を出していて、その上での失言だったとも。 ですがファンとの絆を大事にする彼女だからこそ、黙っていられなかったのでしょう。 そしてそのあとで、 花京院ちえりちゃんがツイートをします。 このツイートにはファンの中でも賛否が分かれましたが、 アイドル部としてのプロ意識ゆえの発言でしょう。 それに対し、 カルロ・ピノちゃんは、 このツイートは 花京院ちえりちゃんの失態だが彼女だけではなく、 ピノちゃんも同じ気持ちだったとも話しています。 相談できる場所はあったのに、とも。 メンバーの仲が良ければ、あるいはアイドル部として活動をともにしていれば、 なおさら「悔しい」や「もっと他の方法を示せたのでは?」と思うものです。 カルロ・ピノちゃんも同じように感じたのでしょう。 「表に出してほしくないと思うのはいけないことですか?」 感情的にならないように話していた カルロ・ピノちゃんですが、 この部分に関しては感情が高ぶってしまったようです。 彼女もまたアイドル部という中で、エンターテイメントを大事にする子だからこその発言であると私は考えます。 どっとLIVEさん側もなにも動いていないわけではなかった。 つまり、メンバー内でも所属事務所側でもすれ違いが起きてしまっていたようです。 その上でこの場所を守るためにそれぞれ行動している。 ファンの方々に不安なく笑って過ごせるように頑張っていきますとの配信で、 最後にお騒がせして本当にごめんなさい、という言葉で締めくくられました。 悲しいすれ違いが起こした炎上。 カルロ・ピノちゃんも言う通り、 私含めファンの方々の不安や心配を契機に起きた憶測もあり、 またどっとLIVEさん側の報連相の遅れもあり起きてしまった今回の炎上。 怒りを感じている方や不満に思っている方、それでも応援し続ける方や離れていってしまう方の気持ちも分かります。 だって、その気持ちの根っこは同じじゃないですか? アイドル部が大好きで、 メンバーが大好きで、 だから心配で、不安で、それが怒りや不満に変わってしまったりしていないですか? 今だからこそアイドル部に出会ったころの、 根っこの部分に立ち返ってみて冷静になるのも良い機会かもしれません。 私も当然、配信するメンバーが減っていること、 牛巻りこちゃんの活動休止に対しても心配で、複雑な思いもあります。 それに盲目的にただ信じることが正しいこととは私も思いません。 ただ、落ち着いて冷静に今後を見守っていきたいと思うんですよね。 また ピノちゃんの発言では 夜桜たまちゃんへの批判とも取れる言葉もありました。 今まで聞いていた話と目で見てきた話が違った。 少しずつみんなで要望を伝えて改善に向かっていき、色んなことが控えている中で、 ファンの方々をこういう形で巻き込んでしまったことを本当に悲しく思いました。 と発言。 ですが 夜桜たまちゃんや 花京院ちえりちゃん、 そして カルロ・ピノちゃんもきっとお互いに思うところがあって、 それぞれが「大切」にしているものがある。 それがすれ違ってしまったのかな、と私は思うんですよね。 夜桜たまちゃんや 花京院ちえりちゃんは特にプロ意識が強い傾向にありますし、 配信もこだわっているところから、そういった面が伺えますよね。 だからこそすれ違ってしまったのではないでしょうか。 なのでどっとLIVEさんのすべてを擁護するわけではありませんが、 その報連相の遅れもまた、すれ違いという歯車に挟まってしまったように思います。 まだまだ歴史の浅いこの新規開拓されたフィールドで、 山場を乗り越え少しずつでも成長していくことを切に願いますし、 その上で「12人のアイドル部」の歯車がもう一度動き始めることも願っています。 どうかあの日の「アスタリスク」が悲しい曲になりませんように……。

次の

花京院ちえりとは (カキョウインチエリとは) [単語記事]

花京院ちえり 炎上

マイクラ配信すっぽかす。 次にご紹介するのが、椎名唯華さんがマイクラ配信をすっぽかした炎上事件です。 ロードモバイル炎上事件の後に起きたこの事件は、マイクラ配信をすると公言しておきながら何度も開始時刻を変更しました。 ついには、配信自体せずに数日間音沙汰なしの事態も...。 画像はイメージです。 この身勝手さに流石に激怒した一部のリスナーがアンチとして配信を妨害する行為に及んでしまった。 このことに怒った椎名唯華さんは配信中、きつめの関西弁でキレてしまうことに。 ただこの事件自体、椎名唯華さんを擁護する気にはなりません。 自らまいた種ですからね。 リスナーの中には、中の人事情で擁護をする方もいましたが、正直それは関係ないような。 今回問題になったのは、以下の2点です。

次の

【椎名唯華】ゲーム配信で炎上!!前世時代にもやらかしていた。

花京院ちえり 炎上

何の前触れもなく、突然この2つのツイートがされました。 さらにこの日の夜、YouTubeにて放送がされました。 怒っています。 同じくアーカイブは残っていないので、ニコニコ動画の転載。 アイドル部の総意じゃないよ。 めめめのソロライ、ちえりーらんどのイベント直前なのにこんなことされて悲しいです。 めめめのイベントはみんな楽しい気持ちで行こうね。 」 夜桜たまさんがツイート、生放送したのは10月7日。 同じアイドル部のもこ田めめめさんの、記念すべき初ソロライブが10月8日にありました。 また、Vtuberランドの. Liveウィークが10月11日から始まり、ホールイベントが10月13日に控えている状態でした。 2か月にわたる話し合いが始まる そこから夜桜たまさんは活動を停止し、話し合いをするという連絡が. Live公式から発表がありました。 ……が、進捗についてはほぼ連絡なし。 モンペ騒動から続く. Liveアンチ活動が、日に日に力を増していきました。 12月1日牛巻りこさんの活動休止 12月1日、各演者との話し合いが続いてきた結果か、牛巻りこさんの活動休止が発表されました。 尚、牛巻りこさんの活動は、すでに休止しているといってもいいレベルで活動していない状態でした。 【牛巻りこ活動休止につきまして】 以前より体調不良のため、本人の希望もあり限定的に活動をしておりましたが、治療に専念するべきか話し合いを重ねた結果、この度正式に活動を休止する事に決定いたしましたのでご報告申し上げます。 皆様には長い間ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber アイドル部は活動頻度が低い人でも許される珍しい箱で、牛巻りこさんと木曽あずきさんに関しては、特に活動が少ない状態でした。 木曽あずきさんはもともと生配信をしない子だったのですが、牛巻りこさんは活動初期は配信をしていたこともあり、活動をしていない理由に関するお問い合わせが多かったものと思われます。 12月3日、カルロピノさんの生放送 12月3日、カルロピノさんが現状に対するお話をしました。 情報漏洩などがあり大変でしたが、それももう少しで改善します。 」 言葉の端々に、夜桜たまさんを非難するような感情が見てとれました。 その態度、発言から、夜桜たまさんのファンだった人たちの攻撃対象となってしまいます。 2か月間話し合いの期間がありましたが、夜桜たまさんとの間の関係が、修復不可能なレベルにまで陥っていることがここでわかります。 12月4日、夜桜たまさんと猫乃木もちさんの契約解除 ピノさんの生放送の翌日、12月4日に、運営から夜桜たまさんと猫乃木もちさんの契約を解除したことを報告しました。 夜桜たま、猫乃木もち契約解除につきまして ご本人から契約解除を希望する旨の申し入れがあり、当該申し入れを受理しましたことをご報告いたします。 皆様には長い間ご心配をおかけし、心からお詫び申し上げます。 長い間、所属タレント全員が継続して活動ができるように努めてまいりましたが、このような結果となり、応援して下さった方には大変申し訳なく存じます。 大変遺憾ではございますが、どうかご理解頂けますと幸いです。 現状、詳細な事情のご説明をできない状況にあり、ご心配をおかけし大変申し訳ございませんが、ご容赦頂きますようよろしくお願いいたします。 なお、既に入稿、納品が完了している出版物に関してましては、本人から出版社のご意向に沿いたいとの希望がありましたので、出版社のご意向に沿い出版することとなりました。 今後もファンの皆様と真摯に向き合って所属タレントをサポートしてまいりたいと考えておりますので、変わらぬ応援のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。 また、大変恐れ入りますが、12月7日までの生配信に関しましてはお休みとさせて頂きます。 () 【夜桜たま、猫乃木もち契約解除につきまして】 下記URLより皆様にお詫びとご報告を申し上げます。 LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber 夜桜たまさんに関しては薄々感づいている人がいましたが、猫乃木もちさんの引退が同時に発表されるのは誰も予想していない事態でした。 とはいえ、猫乃木もちさんに関しても、活動が活発的とは言えず、木曽あずきさん牛巻りこさんに次いで幽霊部員化していたことも確かです。 今回の騒動とは別に、話し合いの機会ができたから辞めるという選択肢をとったということも考えられます。 メンタル面で心配な子でもあったので、これからアイドル部が荒れるということも考慮して、身を引くことにしたのかもしれません。 12月5日、アイドル部メンバーがnote・Evernoteで気持ちを綴る note・Evernote一覧• アイドル部6名の言葉が掲載されました。 ピノさんが配信で気持ちを伝えたのを含めると、7名が気持ちをファンに伝えたことになります。 北上双葉さんに関しては、ツイートで引退する二人に感謝の意を述べるにとどまっています。 北上双葉さんは徐々に配信ペースが落ちていき、8月は3回、9月は1回、10月も1回と、今回の騒動関係なくほぼ配信していない状態でした。 また、メンタル面で強い子とは言えず、最近の荒れた状態でコメントありの生放送は厳しいと思われます。 12月6日、マネージャー部が発足。 Twitterアカウント運営開始 12月6日、驚き・失笑・一周回って面白い、など様々な反応を呼び起こしたのが、「マネージャー部」の発足です。 このたび、. LIVE運営としてファンの皆様にご心配をおかけしまして深くお詫び申し上げます。 再発防止のためにマネージャー教育を徹底して参ります。 ファンの皆様からの信頼回復に向け邁進して参ります。 2019年12月6日. LIVE運営一同 —. LIVE【どっとライブ】 dotLIVEyoutuber 皆様には多大なるご心配をおかけし誠に申し訳ございません。 ご心配をお掛けした皆様へマネージャー一同から下記の通り深くお詫び申し上げます。 配信のモデレーターとして活動していることは伝えられました。 部内での対立、夜桜たまさんに問題あり? 夜桜たまさんと花京院ちえりさん・カルロピノさんの間に亀裂が入っていることは、誰にでもわかることでしょう。 誰が正しいか、間違っているかを判断する材料が足りないため、外部から見たら憶測でものを言うしかありません。 一つだけ言えるのは、花京院ちえりさんとカルロピノさんをこれだけ怒らせる行動を夜桜たまさんがして、夜桜たまさんに対するフォローがアイドル部の誰一人からも上がらないということです。 問題の程度は分かりませんが、あの一連の行動の他に、裏で何かしらの問題があったということは間違いないでしょう。 今は亡き夜桜たまさんを信じ続けるのか、今もなお活動を続けているアイドル部を信じるかはあなた次第です。 夜桜たまさん、猫乃木もちさんの中の人(前世)のTwitter 夜桜たまさんの中の人(前世)が「よん」と呼ばれる人物であることは、一部の人にはすでに知られていました。 また、「よん」という名前ではなく、別名でも情報を発信しているとの噂がありました。 よん()というアカウントで元夜桜たまさん(だと思われる人)が今回の騒動に関する情報を発信しています。 ツイートではなく、形に残らないbio変更で何度もお気持ちしたりしたりしているので、その発言内容は信頼性が高いとは言えないでしょう。 音琴()というアカウントが猫乃木もちさんだと言われています。 歌が上がっているので本人だと思われていますが、録音済みの音源があれば偽装はいくらでもできるので、あまり信用しすぎないようにした方がいいかもしれません。 果たして、夜桜たまさんは「悲劇のヒロイン」なのか。 悲劇のヒロインムーブは成功して、自分のアカウントに1万ものフォロワーを付けることに成功していますが、本物のヒロインか、偽物のヒロインか、判断はつきませんね。 まさに、アイドル部のリアル人狼ゲームが始まっています。 運営もアイドル部も口をそろえて言う「今は情報が出せない」という言葉。 裁判の準備をしているならこの言葉も納得ですが、この情報を言える日が来るのでしょうか。 答え合わせが気になるところです。

次の