アイコス 1箱。 IQOS(アイコス)に最適なケース

IQOS(アイコス)にしたらタバコ代をいくら節約できるのか実際に調べてみました

アイコス 1箱

【関連リンク】 <目次> 「プルーム・テック」ってなに? 実はJTは、2013年に「プルーム・テック」の前身である加熱式タバコ「プルーム」を発売していたが惨敗。 その間に、2015年リリースの「iQOS」が爆発的成功を手にし、その後追いのように新方式で今年発売したのが、「プルーム・テック」だ。 「プルーム・テック」は、本体内部の綿に染み込ませたグリセリンなどを水蒸気化させる仕組み。 その蒸気を本体先端に取り付ける粉末状のタバコ葉を仕込んだ「たばこカプセル」に通すことによって、ニコチン混じりの蒸気となり、それを吸入して楽しむのだ。 仕組みとしては、ニコチンを含んだリキッドを水蒸気にして吸う電子タバコに近いイメージだ。 購入には事前に成人確認が必要な「JTスモーカーズID」の取得が必要。 そこからさらに「JTスモーカーズID plus Ploom」も取得してからオンラインショップで割引特典付きの購入となる。 筆者が購入した時点では、4,000円(税込)が2,000円(税込)になるキャンペーンを実施中だった 筆者は2016年10月に入手できた。 カプセル交換時のLEDの点滅回数を増やすなど、若干のマイナーチェンジが行われた最新機種だ 「プルーム・テック」を吸ってみよう 「プルーム・テック」のスターターキットには、バッテリーとACアダプター、USBチャージャーが同梱されている。 使用する前に、まずはバッテリーを充電する必要があり、90分でフル充電となる。 フル充電の状態から吸える回数はおよそ250パフ(「プルーム・テック」でのひと吸いは1パフ、2パフとカウントする)。 たばこカプセル5個分(1箱)の連続使用が可能になる計算で、1本吸うごとに充電が必要な「iQOS」ユーザーには夢のような仕様だ。 製品には携帯用ケースがついて来るが、ややチープな質感なので、筆者はあまり使いたいと思えなかった。 ケースに貼るステッカー(写真右奥)も付属するが、正直微妙。 製品の高級感という意味では、「iQOS」に軍配があがりそうだ USBチャージャーに本体バッテリーをねじ込んでから、ACアダプターのUSBポートに装着すると、充電が開始される 「プルーム・テック 専用たばこカプセル」は5種類。 ブランドは、日本で最大ユーザーを誇る「メビウス(旧・マイルドセブン)」である。 左から、純粋たばこ味の「メビウス レギュラー フォー・プルーム・テック」、メンソール基本版の「メビウス メンソール フォー・プルーム・テック」、芳醇メンソールタイプの「メビウス パープル・クーラー フォー・プルーム・テック」。 2017年11月にパッケージや名称がリニューアルされた 2017年11月に追加となったカフェモカフレーバーの「メビウス ブラウン・アロマ フォー・プルーム・テック」(左)と、アップルミントフレーバーの「メビウス レッド・クーラー フォー・プルーム・テック」(右) 1箱に1本の専用カートリッジと、たばこカプセルが5個入っている 携帯用ケースは、バッテリーとカートリッジ、予備の専用カプセルがすっきり収まる カートリッジを上から見たようす。 ドーナツ型のプラスティックパーツの向こうに、蒸気の元となるグリセリンなどを染み込ませた綿が入っている まず、本体バッテリーにカートリッジをねじ込む カートリッジ先端にたばこカプセルを装着。 これで準備完了だ 吸うことで自動的に電源が入って、先端LEDが点灯するが、それなりに強く吸わないとLEDが点灯しないため、初めはとまどうかもしれない 力強くゆっくりと吸うことによって、口内に蒸気が流れ込んで来る。 煙自体はライトな感覚で、タール値で言うと5mg以下の印象。 長く吸えばきつめに、短く吸えばより喫味は軽くなる たばこカプセル1つにつき、50パフが可能。 パフ数は本体でカウントしており、LEDが青色で連続点滅(12回)したタイミングでたばこカプセルを交換する。 カートリッジは、たばこカプセル5個使用を目安に交換する。 通常の喫煙者がとまどうのは、やはり最初に強めに吸わないと起動しないことと、通常のタバコに比べて長すぎる本体だろう。 正直、筆者も持ち方には悩んだ。 最終的に落ち着いたのはこのスタイル ちなみに、「iQOS」同様、くわえタバコは厳しい。 吸うと電源が入るので物理的には可能だが、くちびるがぷるぷるするほど重いので、現実的ではない 「iQOS」ユーザーが2週間「プルーム・テック」に切り替えてみてわかったこと 筆者は普段、おもに「iQOS」を吸っているのだが、今回は2週間「プルーム・テック」のみで過ごしてみて、「iQOS」との使用感の違いを試してみた。 「iQOS」の使用感については、下記の記事で詳しくレポートしているので、チェックしてみてほしい。 <関連記事> 先にも簡単に触れたが、この2つは仕組みにも違いがある。 その蒸気を吸い込む方式だ。 タバコ葉を加熱しているという点では、「iQOS」のほうが通常のタバコに近いといえる。 「iQOS」(下)に比べて軽くてスリムな「プルーム・テック」(上) 「プルーム・テック」のたばこカプセル(左)と「iQOS」のヒートスティック(右)を分解してみた。 「iQOS」の葉が棒状なのに対し、「プルーム・テック」は粉末状 「プルーム・テック」はほとんど無臭 「プルーム・テック」は、ほぼ無臭だ。 その無臭っぷりは、蒸気を人に吹きかけてもほとんどわからないほど。 電子タバコの蒸気に果てしなく近いレベルだ。 「iQOS」も、通常の紙巻きタバコに比べれば圧倒的に煙が少なく、ニオイも軽減しているが、喫煙者の筆者でも周囲に吸っている人がいればすぐわかる。 ポップコーン臭に酸味と燻し感がある独特のニオイは、異質なだけに気になる人は多いだろう。 したがって、髪や服に多少のニオイはつくし、使用済みのヒートスティックはゴミ箱にそのまま放り込んでも大丈夫とのうたい文句を信じて実践したら、ゴミ箱から強力な臭気が立ちのぼるという目にもあったが、「プルーム・テック」ならその点もクリアできそうだ。 「プルーム・テック」は灰皿がいらない 「プルーム・テック」には吸い殻という概念が存在せず、ゴミとなるのはたばこカプセルのみ。 使用済みのたばこカプセルは無臭なので、そのままポケットに入れても気にならない。 喫煙者や「iQOS」愛用者は、つねに周囲に灰皿を探す習慣がついているため、灰皿が必要ないということに慣れるまで約1週間かかったが、これは実に自由な気分である。 灰皿がいらないしニオイもないのに、喫煙スペースで吸わなければならないということに釈然としない思いを感じるレベル 「プルーム・テック」はバッテリーを気にせず、中断吸いができる 「iQOS」は、基本的に吸い始めたら、最後まで吸わねばならない。 よって、喫煙途中で誰かに呼ばれて喫煙不可のスペースに行くといった場合は、1本むだにしてしまうことになる。 通常のタバコも同様だ。 しかし、「プルーム・テック」は、喫煙途中にそのままポケットに入れておいて、いつでも再開することができる。 電子タバコでさえ電源を入れる煩わしさがあるのだが、これは吸い込むことによって自動起動するのがうれしい。 その利点はコスト削減にもつながる。 紙巻きタバコの「メビウス」が440円(2018年10月より480円に値上げ予定)なのに対して、「プルーム・テック専用たばこカプセル」は460円(2018年10月より490円に値上げ予定)で、一見コストアップの印象がある。 そのため、通常のタバコで1日1箱程度の喫煙量の人間が試すと、「プルーム・テック専用たばこカプセル」は1日では1箱なくならないことに気づくだろう。 「プルーム・テック」は、カートリッジとたばこカプセルの足並みをそろえなければならない ここまでよいことづくめだが、もちろんデメリットはある。 当初悩むだろうことは、たばこカプセルを交換するタイミングである。 蒸気を発生させるカートリッジ内部のグリセリン類は、どうやら1パフ=2秒程度でカウントしているらしく、軽いからといって深く4秒以上吸い込むということをしていると、たばこカプセルはまだ余っているのに、蒸気が発生しないという状態になってしまうのだ。 そうなると、たばこカプセルが余った状態で、次なる「プルーム・テック専用たばこカプセル」の箱を開けて、新しいカートリッジに交換しなくてはならない。 ネット上には、カートリッジ内部に市販のグリセリンを補充して復活させる。 という荒技を実践している人もいるようだが、故障や事故の原因にもなりかねないのでやめよう 筆者も深く吸うため、たばこカプセルがどんどん余ってしまった。 正直カートリッジのみ別売りで手に入るようにしてほしいと感じた。 だが、慣れてくるとその誤差もだんだん減っていったように思う。 コツは、強めに吸い始めてゆっくりと吸い込み、2秒程度でストップ。 喫味が軽いので、吸気はそのまま肺に入れてしまう「肺吸い」でも問題ない。 ただ、もともと喫煙者だったり、ニコチン特有のスロートキック(喉を蹴るような独特の感覚)を楽しみたいのなら、一度口の中に蒸気をためてから吸い込む「口吸い」がおすすめだ。 「プルーム・テック」と「iQOS」、ずばり、どっちがいい? ニオイを気にするなら断然「プルーム・テック」 そもそもたばこが嫌われる原因は、燃やす時に発生する発がん物質のタールが主体。 ニコチンにも依存性があるものの、タールほどの強力な害は少ない。 また、歯が黄色くなる原因もタールであり、燃やさないたばこである「プルーム・テック」にはそうした有害物質の量が限りなく低減されている。 「iQOS」に比べても格段にニオイが少ないので、「iQOS」特有のニオイに慣れないという人にも試してもらいたい。 タバコの喫味にキツさを求めるなら「iQOS」 「プルーム・テック」の喫味は軽い。 普段からライト系タバコを吸っている人なら違和感は少ないだろうが、タール値10mg以上の重いたばこを吸っている人だと物足りないだろう。 「iQOS」のほうが、そうしたタバコ感は強い。 段階的な減煙や喫煙を目指すなら、「iQOS」からのほうがスタートしやすいだろう。 充電がめんどう、重いのが嫌なら「プルーム・テック」 「プルーム・テック」はバッテリーが約10. 5gで、カートリッジとたばこカプセルをセットしても15g程度。 ボールペン程度の重さと思えばいいだろう。 本体のほかに「ヒートスティック」と携帯灰皿を持ち歩かなければならない「iQOS」に比べてかなり身軽。 吸いかけの状態でかばんに入れても、ニオイは気にならない 初期費用は「プルーム・テック」の圧勝 導入のイニシャルコストは、「iQOS」が税込7,980円、「プルーム・テック」が税込3,000円と、「プルーム・テック」の圧勝だ。 ランニングコストに関しても、1箱460円(2018年10月より500円に値上げ予定)の「iQOS」の「ヒートスティック」より、460円(2018年10月より490円に値上げ予定)の「プルーム・テック 専用たばこカプセル」のほうが若干有利となる。 まとめ 今回、「iQOS」との比較を軸に「プルーム・テック」を紹介してきた。 あくまで個人的な意見だが、2つ試した段階では、「プルーム・テック」に軍配を上げたい。 筆者はすでに通常のタバコから「iQOS」に完全移行しているということもあるかもしれないが、喫味の軽さを差し引いても、ニオイや充電の手間が少ないという快適さを味わってしまったので、今後は「プルーム・テック」に手が伸びてしまうことが多くなりそうだ。 公開日:2016年11月11日 最終更新日:2018年8月15日 【関連リンク】.

次の

アイコスの費用コストは?維持費はタバコとどっちが安いのか

アイコス 1箱

7月26日、フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。 現行460円が500円になる。 現行460円が500円になる。 これはたばこ増税に伴う値上げで、財務省から認可を得られた場合、10月1日から改定する。 同社は6月、紙巻たばこの値上げ申請を行っている。 認可されれば、「マールボロ・ボックス」は現行470円が520円に引き上げられる。 同社は、紙巻たばこに比べて加熱式たばこの値上げ幅を抑えることで、加熱式たばこへのシフトを進めたい考え。 加熱式たばこの値上げ申請は同社が初めて。 今後、「アイコス」を追う立場にあるJT や英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT) の動向が注目される。 清水律子.

次の

電子タバコ・加熱式タバコ「アイコス(iQOS)、グロー(glo)、プルーム・テック(Ploom TECH)」徹底比較|VP Japan 公式オンラインショップ

アイコス 1箱

最近何かと話題で、気になっていたiQOS。 早く試したいという人も多いのではないでしょうか?運良く購入することができたので、さっそくレビューしてみたいと思います。 iQOSは、「Marlboro」で有名なフィリップ モリスが開発・販売している電子タバコです。 最近では「アメトーク」などのTV番組でも紹介され、どこに行っても在庫切れ(2016年5月現在)という状態です。 テレビで紹介されたという点でも人気なのは頷けるのですが、、ちょっと人気すぎる気がしなくもありません。 レビューの前に、iQOSのことを少しだけ説明しておきます。 フィリップ モリス社のコメント 同社は、2008年から2014年にかけて「喫煙関連疾病を発症するリスクを低減する可能性のある製品」の開発と、紙巻たばこと比較した科学的実証のために、約2,000億円を投資してきた。 (中略) 火を使わず、灰も出ず、においも少ない、本物のたばこの味わいを楽しんでいただける製品『iQOS』は、紙巻たばこに代わる新しい技術的進歩の幕開けを意味します」とコメントしている。 出展: タバコのリスクを減らすために、2,000億円を投資、というのは素晴らしいことですね。 紙巻きたばこに代わる新しい製品、という点が気になるところです。 巨額の投資をして、他の電子タバコと一体どこが違うのでしょうか? 、、実は、見た目も使い方も全然違います。 一般的な電子タバコは、 液体(リキッド)を気化したもの(蒸気)を吸います。 もちろん、日本国内で流通されているリキッドにはニコチンが入っていません。 薬事法で規制されているからです。 そのため、日本国内でニコチン入りのリキッドを吸いたい場合、ネット通販などの個人輸入で、海外製のリキッドを購入する必要があります。 しかし、iQOSは見ての通り、タバコを吸います! ですから、ニコチンもしっかり入っています。 どう言う事かと言うと、リキッドの代わりに専用の紙巻タバコを差し込み、熱して気化した蒸気を吸うのです。 説明するとややこしいですが、下の写真の通りです。 iQOS専用のタバコを差しています。 専用の紙巻タバコと言っても、見た目は普通のタバコと変わりません。 「えっ?タバコじゃんこれ!」と、衝撃を受けました。 これで味や香りが良ければ言うことなしですね。 に登録• サイトで、どの店舗で購入するかを選ぶ• サイトの紹介動画を最後まで見なければいけない(スキップできない)• クーポンが発券される(店舗によっては郵便為替で受け取る) ローソン、ファミマ、スーパーなどは、発券されたクーポンを渡すだけで割引されます。 クオリティはかなり高い! 値段が高いだけあって、箱にもこだわりを感じます。 でも、値段を考えるとと比べても、デザインの作り込みが弱い気がしなくもありません… でも、中の商品は美しいです。 ケースからスライドさせて取り出します。 少し固いです。 水色の箱につや消しの白で、洗練された感じがします。 なんだかドキドキしてしまいます。 これは、iQOSの「充電器兼ケース」です。 色は、他に通常色ではネイビーがあります。 ブラックと ボルドーレッドの限定色も販売されていますが、プレミアがつくほどの人気商品です。 このホルダーに専用のタバコを挿して吸います。 リアルなタバコは、火でタバコの葉を燃やして煙を吸いますよね。 ですから、通常のタバコは挿して吸うことはできません。 iQOS専用のタバコが販売されています。 これは、コンビニなどでも販売されています。 iQOS専用のタバコとは こちらが専用のタバコです。 通常のタバコと同じように、写真の手前側がフィルター部分にになっています。 通常のタバコに慣れている人にとっては、なんだか短い気がして違和感を感じますよね。 すぐ吸い終わるのでは?と心配になってしまいます。 でも、心配は要りません。 短いですが、普通のタバコと変わらない「吸い時間」となっているとのこと。 iQOS専用タバコはMarlboro4種類が販売されています。 レギュラー• バランスドレギュラー• メンソール• ミント 1つ460円ですが、全種類を買ってみました。 iQOSの味は?満足できる? さっそく、吸ってみましょう。 まず、専用タバコをフィルターを上にして挿し込みます。 線の辺りまで差し込まないと吸えません。 真ん中のボタンを3秒ほど押すと、緑のライトが点滅し始めます。 ここから、 20秒ほど待たないといけません。 ここがリアルなタバコとの最大の違いです。 吸いたくてたまらなくても、待たなければ加熱されていませんので、蒸気は一切出ません。 「レギュラー」味 個人的には、箱の色がメンソールを連想させてしまいます。 さて、肝心の味です。 人によってお茶っ葉を燻した時の匂いと表現しています。 私は、若干の化学品臭さを感じました。 ただ、タバコ特有の臭さがないので、部屋が臭くなりにくいです。 喉に、ある程度タバコを吸っているような感覚があります。 煙(ミスト)はしっかりしていて、コクも感じます。 でも、リアルなタバコとはやはり違います。 私が常日頃吸っているアメリカンスピリットの9mmに比べると物足りなさがあります。 個人差はあるでしょうが、日頃、6mmくらいのタバコを吸っている人なら充分満足できるのではないでしょうか。 「バランスド・レギュラー」味 レギュラーと比べると化学品臭さは減ります。 その代わりに、吸っている感覚やコクが感じにくいように感じます。 その分、タバコ臭さも少ない感じがします。 日頃から軽いタバコを吸っている人なら満足のいくレベルと言えるでしょう。 アメリカンスピリットを吸っていた私には、少し物足りない感じがします。 「メンソール」味 「リアルタバコのメンソールと遜色ないのでは!」と思えるほどの清涼感です。 かなりスースーします。 化学品臭さもあまり感じません。 日頃からメンソールを吸っているという人は、抵抗なく吸えるでしょう。 満足感も高いのではないでしょうか。 「ミント」味 吸ってみた感じは、「メンソール味」を軽くした感じの風味です。 とても吸いやすいですね。 私には物足りなさを感じます。 化学品臭さは気にならない範囲です。 iQOSを吸ってみた感想まとめ 気になっていた「タバコの短さ」ですが、実際に風味が持つ時間は、商品説明通り「リアルタバコ」とほとんど変わりません。 ただ、私がいつも吸っているアメリカンスピリットは、長く持つタバコです。 タバコの葉が多いのがその理由だと思われます。 それに比べると、どうしても少し物足りない感じがしてしまいます。 iQOSを吸ってみて、本当に良いなと感じた点は、服や体に匂いが残らないこと。 これはとてもありがたいです。 人と会う前は重宝しそうです。 また、禁煙を前提として吸うのも良いと思います。 徐々にタバコから離れていくのにぴったりです。 Ploomと比較してみると.. 日本のタバコメーカー、JTから発売されている、Ploom。 PloomとiQOS、どちらを購入するべきか迷っている人もいるのではないでしょうか。 吸い比べてみた「風味」の違いについて、簡単に紹介してみます。 メンソールは、iQOSの方がよりリアルタバコに近い感じがします。 「レギュラー」の風味、香り、コクの3点では、Ploomが勝っていると思いました。 しかし、Ploomはヒートスティックが熱くなるという欠点があります。 その点、iQOSは、ほとんど熱くなりません。 また、周囲が臭わないのもiQOSでしょう。 さらに、iQOSには最大の魅力があります。 それは、 タバコをくわえるということです。 Ploomは、他の電子タバコと同じようにプラスチックをくわえます。 iQOSは、タバコをくわえることで、「吸っている感」が増すのです。 ですから、リアルタバコから移行しやすい電子タバコでしょう。 iQOSのメリット 私が感じたiQOSのメリットは3つあります。 喫煙所で話しかけられる iQOSや電子タバコの事を知らない人はたくさんいます。 同じ話を何度もしないといけません。 笑 よくこんなもん吸ってたな。 一方で、私と同じように、物足りないという意見も多いようです。 iQOS番外編 - 素朴な疑問 iQOSを吸っていて、気になったことを試してみました。 iQOSに他のタバコは差せる? 微妙にサイズが違い、差さりませんでした。 スリムのタバコは差さりますが、もちろん吸えません。 推奨もされていませんので、やめておいた方が良いでしょう。 iQOS専用タバコに火をつけてみた iQOS専用タバコには「火をつけないでください」と書いてあります。 しかし、気になりませんか? 火をつけて吸ったらどんな味がするんだろう?ということで、実際に吸ってみました… 火をつけにくい感じはありますが、正直美味しいです。 パンチもあります。 ただ、メンソールは強すぎます。 メーカー推奨ではありませんので、皆さんは火をつけないでください。 私はiQOSを使って禁煙に成功した! 実は私は禁煙に成功しています。 私は過去、何度も禁煙に失敗していました。 そんな私が成功した方法の第一歩は、iQOSを使ってリアルなタバコから離れた事です。 タバコがやめられないのは、ニコチン依存と精神的な依存の影響が大きいでしょう。 ニコチン依存は、なんとかなります。 でも、意外と難しいのが精神的な依存のコントロールです。 タバコをくわえ、火をつけることで安らぎを覚える。 ストレスが溜まったらタバコを一服。 というのが精神的な依存です。 ここから離れるのにiQOSはぴったりだったのです。 でも、この後すぐにiQOSもやめました。 VAPE(ベイプ)という電子タバコに切り替えたのです。 これによって、私は何の苦もなく禁煙に成功しました。 その時の体験を記事にしています。 ご一読下さい。

次の