ガンダム サンダー ボルト。 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』が途中から嫌いになった...

機動戦士ガンダム サンダーボルト 12

ガンダム サンダー ボルト

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』が途中から嫌いになった人いますか? あくまで私個人の感想です。 自分は第2巻からは太田垣先生の個性が悪い意味で出てきたように感じて嫌いになりました。 『機動戦士ガンダム サンダーボルト』は『機動戦士ガンダムUC』と同じくらい内容が深いとか、ガンダムシリーズに残る傑作だと言う人が多いですが全然そう思いません。 一番嫌なところは作者自身の好きなジオンを善く見せるために、主人公のイオを嫌われるように描いてるとしか思えないところです。 「無能で魅力のかけらもな無く、自分の好きなキャラの引き立て役として汚れ役ばかりさせる」という点が『機動戦士ガンダムUC』のマリーダ・クルスと共通しています。 主人公を悪のように描くのが深いと言われるのかもしれませんが、ジオン側の主人公・ダリルは意図的に他人を巻き込んで死なせてもムーアの民が悪いような描き方をされ、読者から叩かれないように作者に保護されています。 ダリルは『機動戦士ガンダム0083』のアナベル・ガトー同様、仲間やジオン以外はどうでもいいと考えながら行動しているだけなのに「ガンダムを倒した!ジオン万歳!」と言われ、まるで『機動戦士ガンダムZZ』のハマーン・カーン並みの聖者扱いです。 逆にイオは自由が欲しいと望んでいたとはいえ、曲がりなりにもムーアの民のために戦ったのに、最悪の大悪人扱いでした。 ダリルは南洋同盟のリーダーに「サイコ・ザクは君自身」とか言われ絶対にバッシングを受けないようにフォローが入るのに。 イオの態度が気に入らないからイオが嫌い」という人は多いと思いますが、イオにはフォローが殆ど無く作者にポイ捨てされ、 『機動戦士ガンダム0083』でのコウからガトーに主役交代したように、「ダリルこそが主役」続いているのが信じられません。 内容は深くはないと自分は思ってますよ あの人作品はSFと戦場をいかにみせるかの作品であってメッセージ性や深〜い陰謀なんて描く気ないでしょうし 戦場の男達をカッコ良く描く、それだけを求めて描いてる漫画なんだと感じます。 最高に面白い漫画です。 あなたの言う イオが嫌われる様に描いているとしか思えないという感想が解らない。 どこにそんな描写が有りました? 一切そんな風に描かれているとは全くもって思えないですけども。 あなたが、どうしてもそう感じるというので有れば、 そういう作者演出を好む、そして彼のファンはそれを望むというだけです。 基本的に無情で残酷な戦場描写を描きたい作家なんですよ。 それを悪く描かれていると感じるのだと思いますが。

次の

機動戦士ガンダム サンダーボルト 外伝の既刊一覧

ガンダム サンダー ボルト

同じ作者のコミックス• 機動戦士ガンダム バンディエラ• 機動戦士ガンダム サンダーボルト 外伝• 機動戦士ガンダム アグレッサー• 機動戦士ガンダム FAR EAST JAPAN• 機動戦士ガンダム 黒衣の狩人• 機動戦士ガンダム サンダーボルト• MOONLIGHT MILE 新装版• MOONLIGHT MILE• オススメのコミックス• あずみ• ノ・ゾ・キ・ア・ナ フルカラー• 12歳。 12歳。 19.5 公式ファンブック• 12歳。 15 ~タカラモノ~ サマーマステ&ミラー付き限定版• 12歳。 16 ~コイノキセツ~ 腕時計&サイン入り生写真付き限定版• 12歳。 17 ~ダイスキ~ ブック型ふせん&缶バッジ2個付き限定版• 12歳。 18 ~キズナ~ 限定版• 12歳。 19 ~ソツギョウ~ 限定版• からかい上手の高木さん• 2020 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。

次の

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER : 作品情報

ガンダム サンダー ボルト

価格は1,890円です。 付属品はビームスプレーガン、二連ビームライフル、シールド2枚、交換用サブアーム、シールド用ジョイント それに銃持ち手が付属します。 ガンダム同様にホイルシールの他、マーキングシールも付属します。 ガンダム同様にサンダーボルト版としてキット化されたジム。 大きなランドセルやシーリングされた関節などの特徴はガンダムと共通で足なども直線的なラインでデザインされています。 カラーも落ち着いた渋い色合いですね。 キットはこちらも完全新規で今までのジムからの流用パーツはありません。 ガンダムと同じ関節構造でPC001が使われたABSレスキットとなっていて 関節パーツのランナーは色こそ違いますがフルアーマーと同じです。 こちらのランドセルにもサブアームがあり、差し替えで展開を再現します。 バストアップ。 こちらも顔は小顔で肩幅の広い力強いスタイルです。 バーニア類はガンダムと違い丸型になっていますね。 手足や胴体はなんとも強そうなスタイルなんですが顔は普通のちょっと頼りないジム顔なのが面白いです。 カメラ部分はクリアパーツが使われていて内部のモールドもあります。 アームは接続部がポリキャップでスイングする他、根本で回転可能。 ただし他の部分は固定です。 このへんもガンダムと変わりありませんね。 シーリングされた巨大なバックパックは5つのバーニアがあり、上にはエネルギーパックが装備されています。 色は全体的に落ち着いた色。 黄色も彩度の低い黄色が使われています。 肩は細かく分割され色分けを再現しています。 腕にはシールドジョイントを取付可能。 腰アーマーは1枚のプレートではなく分割されているタイプです。 ガンダム同様角ばった足。 脹脛にはアポジモーターのモールドがあります。 足裏は独特のモールドでガンダムと違いバーニアはありません。 ビームスプレーガンはエネルギーパック式に変更 ただしパックの取り外しは出来ません。 二連ビームライフルは銃身が細めに造形されています。 ガンダムにあったシールド接続ピンはありません。 シールドは馴染みのある形のシールド。 連邦マークは別パーツで再現されています。 関節パーツがガンダムと共通なので可動範囲も同じ感じです。 接地性がやや物足りない以外は十分動きます。 武器とシールドを取り付けるとこんな感じに。 両肩からシールドが吊り下げられ、二連ビームライフルもあるので普通のジムより重装備に感じますね。 フルアーマーガンダムと。 手首は共通のデザインなのでガンダムにキチンとした握り手が欲しい場合はジムから持ってくるのが良さそうです。 色分けはガンダムに比べるとシンプルなのもありますが 細かい部分のグレーと脛のアポジモーターや頭部のバルカン、それに腰アーマーやバックパックのアーム部分などの細かい黄色を補えば良い感じでした。 二連ビームライフル以外の黄色部分は白いパーツなので部分塗装も楽そうです。 アームはガンダムと同じ方式なのですが形状が「つ」の字ため、動かす時に色々と引っ掛かりやすいです。 微調整は効くのですが「く」の字ぐらいで曲がりが浅いアームもあればよかったかも。 シールドはL字のジョイントを介して取り付けられるので接続位置を選べます。 ライフルは左腕専用ですがスプレーガンは左手にもたせられます。 ただしグリップのダボは片方にしかないのでミゾにははまりません。 以上HG ジム(サンダーボルト版) レビューでした。 細かい黄色まではさすがにフォローされていませんが部分塗装も楽そうなので気軽に完成させられるキットになっていると思います。 関節構造はガンダムと共通なので可動範囲も十分、保持力などもしっかりしていて動かしやすいです。 さすがにフルアーマーほどのボリュームは無いのですが 頭部のクリアパーツ化や肩のスイングなどツボもしっかり抑えられていますし、 ランドセルのサブアームなど独特のギミックもあるのでサンダーボルトのキットを何か組んでみたい時はおすすめです。

次の