パーマン 最終 回。 パーマン最終回 ~みつ夫は宇宙へ留学をする~

旧パーマン最終回1

パーマン 最終 回

旧パーマン最終回1 『パーマン』第54回(最終回)Aパート 『 パー子という名の女の子の巻』 ('68. 14放映/脚本:浪江志摩) 仕事でハワイに行った、人気歌手・星野スミレ。 一方、ミツ夫の家にはパー子がやってきた。 暫く泊めてくれというパー子だが、それをママに頼んだミツ夫は怒られてしまう。 パー子の正体について疑問を抱いたミツ夫。 パー子との勝負で、1号が勝ったら正体を教えてくれるということになったが、飛行競争、腕相撲、かけっこ…1号は全て負けてしまった。 その頃、芸能人宅専門の空き巣が横行していた。 星野スミレの家を見張ることになった1号&3号だが、なぜか家にいるのは老婦人1人だけ。 アイドルのスミレの生活をうらやましがる1号だが、パー子は 「そうかしら。 お父さんやお母さんと、普通に食事したりすることが、本当の幸せだと思うの」 と否定する。 飾られていた写真に写っていたのはスミレ1人。 家族の姿はなかった。 その後、空き巣を捕まえた1号。 スミレ宅に帰った1号が窓から見たのは、老婦人にピアノを弾いている3号の姿だった。 眠った老婦人に布団をかけたパー子の目からは、涙が流れていた。 パー子がマスクを取ろうとしたとき、1号が窓を叩いた。 自分のマスクを取った1号は、パーマンとしてでなく須羽ミツ夫としての友達になってほしいと言う。 「僕の知っているパー子は、お転婆でイカさない女の子だった。 パー子、君は誰なの?」 どうしても素顔を見せられないというパー子だが、そこへスーパーマン現れる。 「争いの絶えない地球人を、私は信用していなかった。 パーマンの間に秘密を持った者がいても、お互いに信じ合えるかどうかを見ていたのだ」 3号が正体を隠していたのは、実はスーパーマンが指示したことだったのだ。 「私が許す。 マスクを取って顔を見せなさい。 」 ゆっくりとマスクを外すパー子。 「はじめまして、星野スミレです。 よろしく」 3号の正体を知って驚くミツ夫。 「スミレちゃんがパー子で、パー子が…。 信じられないなぁ」 「星野スミレ」としてハワイに行っていたのはコピーロボットだったのだ。 スミレは聞く。 「ねえ、ミツ夫さんはパー子と星野スミレのどっちが好き?」 ミツ夫はメロメロに。 サインを頼むが、スミレのサインには「パーマン3号 パー子」と書かれていた。 後日、星野スミレ(コピーロボット)が、多くの記者に囲まれる中でハワイから帰国。 「ぼくサインを貰ってこようかな?」 「本当の星野スミレは、この私よ」 「スミレさんサインして!」 「からかわないで、私はパー子よ!」 「私はパー子、パー子なのよ」という言葉を残し、パー子は飛んでいくのだった。 =おわり= 最終回の前半に放送されたエピソード。 原作はなく、アニメオリジナルの作品ですが、印象も強かったのか『テレビ探偵団』などの番組でも何度か紹介されました。 「パー子がミツ夫に素顔を見せる」というストーリーは、原作の最終話『バード星への道(スーパー星への道)』の描き足し部分より先に描かれたもので、後で藤本先生自身が最終話取り入れたとも言われています。 パーマンの姿で1号&3号が競争している姿もコミカルに描写されているようで、原作のイメージが出ているなぁ…と思います。 この作品の脚本を担当された浪江志摩さんは、次作『怪物くん』でも多数の脚本を手がけていました。 ぴっかぴかコミックス『パーマン』の第3巻に、同名の『パー子という名の女の子』(F. ランドでは『もう一つのパー子登場編』)という作品が収録されていますが、特に内容に関連性はありません。 初出時にタイトルは無かったようですので、編集者が本作のタイトル元に付けたのかもしれません。 参考:『Neo Utopia 22』.

次の

パーマンの最終回

パーマン 最終 回

下の回答者さんの通りですね。 補足すれば、コミック版だと、パーマン1号須羽満夫がバードマンになるための訓練生として、バードマンの星に行くので、パー子こと、星野スミレとは生き別れになるかもしれないので、スミレは満夫だけに、自分の正体をばらします。 コミック版の最終回は新旧のパーマンが絵が入り混じっています。 藤子Fさんが加筆したようです。 イキな計らいです。 最高です。 感激です。 アニメ版は、うろおぼえなんだが、パー子の大切なものをパーマンにみせることになりました。 箱のなかには、手鏡が入っているんですよ。 パーマンは手鏡を持って、手鏡自体が大事なのかと思いきや、実はその鏡に映った人が大切なものだったという話だったような気がします。 うろおぼえなので、間違っていたらすいません。 ヒーローと、しっかりもののアイドルの組み合わせというのは、本当うらやましいですね。 パーマンになりてぇ~。

次の

旧パーマン最終回1

パーマン 最終 回

DVDで「丸出だめ夫」アニメ版最終話「さよなら僕のボロット」を見て、他の人の感想が気になったので調べていたら、この話が「ドラえもん」の最終回デマと関連づけて語られているサイトをいくつか見つけた。 そこで正しい判断をしてもらうため、「さよなら僕のボロット」のあらすじを記しておく。 最近調子が悪いボロット。 だめ夫の父で制作者のはげ照博士は、ボロットを精密検査に見せたところ、金属疲労で一週間後には壊れてしまうと言われてしまう。 はげ照は結果を隠そうとするが、ボロットは知ってしまい、自分に何が出来るか悩む。 そんな時、だめ夫が逆上がりができなくて笑われているところを見、だめ夫に逆上がりをさせようと決意する。 はげ照はボロットを直そうと研究室にこもって研究するが、うまくいかない。 だめ夫は体育で逆上がりのテストをすると言われボロットと特訓するがうまくいかず、つい「何をやってもためなんだからもういいよ」とボロットに言ってしまう。 それを聞いたボロットはだめ夫を平手打ちし、「その態度がだめなんだ」と諭す。 だめ夫はそのまま走り去るが、思い直して一人で特訓する。 ボロットは最後の力を振り絞って蹴り上げ用の踏みきり台を作り、二人は協力して特訓する。 その甲斐あって見事逆上がりテストは合格。 しかし、ボロットは置き手紙を残して家出していた。 置き手紙の内容はだめ夫や皆に感謝する内容で、真相を父から聞かされただめ夫はボロットを探しにいく。 だが、ボロットを見つけた時には手遅れで、皆に見守られて息を引き取る。 ボロットにすがりついて大泣きするだめ夫。 その涙で金属がコーティングされたようになり、ボロットは復活する。 なお、話はそのままエンドロールではなく、丸出一家の夕食風景を見ながら「ボロットさん、ありがとう」とだめ夫の母の遺影が語りかけるというエンディング。 ちなみにこのアニメの放送日は1992/9/26である。

次の