プロスピ 2019 打撃 フォーム。 スペシャル投球フォーム

【プロスピ2020】スペシャル投球フォーム【OB選手など】

プロスピ 2019 打撃 フォーム

最強一塁手を選ぶ基準 プロスピAの選手評価はプレイヤーが何を求めているかによって大きく変わります。 強打者が欲しい人もいれば、守備のうまい選手を求めているプレイヤーもいます。 またそれだけでなく、打撃フォームや弾道などによって使用感が異なってくるので人それぞれ好みがあると思います。 今回は筆者的に優秀だと思う選手を 以下の4つのポイントを評価してランキングづけしていきます! ステータスは打撃能力振り! 選手を評価するうえで 一番重要なポイントといっても過言ではありません。 特に基礎ステータスと呼ばれる 「ミート・パワー・走力」は、総合力を見るにあたってとても重要な要素です。 守備関連の能力も大切ですが、一塁手の場合は強打者が多いこともあり、そこまで高い守備能力は期待できません。 一塁手には4番候補の選手もたくさんいるので、守備力よりは打力に着目すると良いと思います! コンボの発動条件相手より優位 こちらは リーグ戦での勝率に大きく影響してきます。 リーグ戦ではスピリッツ値がとても大事なので、たくさんのコンボを発動して 相手より優位な立場を作り出すことが重要です。 コンボの発動条件などはそれぞれ違うので、上を目指したい人は是非とも調べてみてください! 特殊能力は打撃能力を底上げするスキル 先ほども言いましたが一塁手には高い打力を持つ選手が多いので、さらに 打力を底上げしてくれる特殊能力を持っているかが重要なポイントとなってきます! 「超パワーヒッター」や 「超アーチスト」など、 パワーを大幅に上昇させてくれる特殊能力はもちろんのこと、 「チャンス」や 「広角打法」といった ミートを上昇させてくれる特殊能力を併せ持っているととても強力な打力上昇を目指すことができます! 操作性が良く癖がなくフォーム 自操作で使う場合は、 打撃フォームや弾道にも着目したいですね! 人それぞれ好みがあると思いますので、一概にこういった選手がいい!というものはありませんが、一般的には癖のない打撃フォームかつ、高い弾道を持つ選手が使いやすいと思います! 最強一塁手ランキング それではいよいよ最強一塁手のランキングを紹介していきます! それではいよいよ最強一塁手のランキングを紹介していきます! 10位:小笠原道大 巨人 2018 Series1TS 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 80 A 82 A 63 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 58 D 47 E 54 D ミスターフルスイングの愛称でファンに親しまれた 小笠原道大選手。 豪快なフルスイングは一見派手に見えますが、実際は高いバットコントロールを持つ好打者です! 「超パワーヒッター」でパワーを上昇させヒットを重ね 「固め打ち」を発動してミートを強化できればバランスよく打力を上昇させることができます。 また、 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 得点圏にランナーがいる場面で活躍を期待することができます! 守備能力に関しては平均的ですが総合的にバランスのいい選手だと思います。 9位:大杉勝男 日ハム 2018 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 81 A 84 A 59 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 58 D 58 D 54 D 50 D 本人の申し出で現在は解除されているものの、ヤクルト初の永久欠番となり、野球殿堂入りも果たしている 大杉勝男選手。 現役時代はその類稀なるバッティングセンスでチームを支えました! 「超パワーヒッター」を持っているため、 長所のパワーを伸ばすことができますです! 「チャンス・改」と 「存在感」でミートも強化でき、バランスが良い特殊能力を持っているといえます。 守備力も平均的なので一試合を通して活躍できると思います! 8位:レオン ロッテ 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 高弾道 83 A 82 A 63 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 51 D 40 E 49 E 58 D 兄のレロン選手に誘われロッテに入団し、兄弟で大活躍した レオン選手。 レオン選手の特徴は 高いレベルでバランスのとれた打撃能力です! 「アベレージヒッター」と 「パワーヒッター」を 両方持っているため、打力を大幅に強化することができます! 「パワーヒッター」が発動しない場合、高弾道になってしまいますが、それでもかなり使いやすい選手であると思います。 守備能力は低めとなっているので、試合の後半には守備固めの選手と交代するのもいいと思います。 7位:松中信彦 ソフトバンク 2017 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 84 A 84 A 53 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 61 C 60 C 57 D 42 E 平成唯一の三冠王を獲得し、長年ホークスの4番を務めた 松中信彦選手。 三冠王を獲得していることもあり、 ミート84 A ・パワー84 A と高いレベルでの同値となっています! 「超パワーヒッター」と 「プルヒッター」でパワーを大幅に強化できますが、流し方向の打球が失速しやすくなってしまうところが若干気になるところです。 しかしながら 「存在感」を発動することによりミート上昇、対戦投手の弱体化もできるので扱いやすい選手であると思います。 守備力は若干高いくらいなので総合力は高いです! 6位:加藤英司 オリックス 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 高弾道 86 A 80 A 71 B 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 43 E 48 E 47 E 首位打者の経験もあり、2000本安打も達成しているヒットメーカーの 加藤英司選手。 強打者が多い一塁手の中で走力という武器を持ち合わせている加藤選手は、ミートが非常に高くヒットを打ちやすいため とても出塁しやすいです! 「超アベレージヒッター」を持っており、さらにミートを強化することができるため、初心者にも使いやすい選手ではないかと思います。 「チャンス」も持っているため、チャンスにはめっぽう強く、打力のバランスもいいため活躍が期待できると思います! 守備能力は少し低めとなっているので接戦の試合は守備固めで交代してもいいかもしれません。 5位:落合博満 中日 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 83 A 82 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 64 C 60 C 58 D 59 D 日本プロ野球史上唯一、3回も三冠王を獲得している 落合博満選手。 その高い打力は折り紙付きで、現役時代は天才と呼ばれた選手です! 「超広角打法」を持っているため、 流し方向へ強い打球を放つことができることも特徴の1つです! 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 得点圏ではより一層抜群の存在感を発揮してくれます。 落合選手は守備能力も低くないため、とても使いやすくバランスのとれた選手であると思います! 4位:カブレラ 西武 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 82 A 88 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 44 E 38 F 46 E 60 C シーズン55本の本塁打を放ち本塁打王を獲得するなど、誰もが認めるホームランバッターの カブレラ選手。 パワー88 A は本アプリ内で2番目に高い数値であり、その規格外のパワーでホームランを量産することが可能です。 また 「広角打法」の特殊能力も持っているため流し方向へも強い打球を放つことができ、 多少差し込まれたとしてもホームランを打つことができます! 持っている特殊能力全てがパワーを上昇させるため 超パワー特化型の選手であるといえると思います。 守備能力がとても低いため、守備につかせるのは多少不安ではありますが、その分強力な打力はチームの力になると思います。 3位:ブーマー オリックス 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 84 A 84 A 58 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 68 C 57 D 57 D お次は来日外国人初の三冠王とMVPを獲得した ブーマー選手。 ミート・パワーが84 A の同値という驚異の打撃能力を持っています! 「超アーチスト」と 「アベレージヒッター」を持っておりバランスよく打力の強化をすることができます。 また、 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 ランナーが溜まった状態で回すことができればさらに安定感のある打撃を期待することができます! 守備範囲こそ広くないですが、ゴールデングラブ賞も獲得しており捕球力はなかなか高いと思います。 2位:王貞治 巨人 2018 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 80 A 89 A 64 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 68 C 61 C 48 E 63 C 誰もが知る世界のホームラン王である 王貞治選手。 素の能力値 パワー89 A は本アプリ内最高であり、弾道もアーチストであるため打球が上がりやすくホームランがとても打ちやすいです。 「超アーチスト」と 「連発」の両方を発動することができればパワーをカンストさせることができます! 「存在感」で相手投手を弱体化させることもできるため、圧倒的優位な状況を作り出すことができます。 王選手は守備範囲もある程度広く、捕球力なかなか高いため攻守のバランスがとれた素晴らしい選手です。 1位:バース 阪神 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 88 A 85 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 53 D 59 D 57 D 57 D 栄えある第1位はNPBシーズン打率日本記録保持者であり、2度の三冠王を獲得している バース選手です! その華やかな経歴は伊達ではなく、 ミート88 A ・パワー85 A と圧倒的な打力を誇っています! 特殊能力も強力で、 ミートとパワーをバランスよく強化できるところも魅力の1つです。 中でも、 打力が高い選手の持つ「広角打法」はかなり強力で、振り遅れや差し込まれた場合でも 簡単にホームランを打つことができるので、使用感も良く初心者にも使いやすいと思います! 守備力に関しても平均的といったところなので総合力のかなり高い選手であると思います!.

次の

【プロスピ2020】スペシャル打撃フォーム【OB選手など】

プロスピ 2019 打撃 フォーム

最強一塁手を選ぶ基準 プロスピAの選手評価はプレイヤーが何を求めているかによって大きく変わります。 強打者が欲しい人もいれば、守備のうまい選手を求めているプレイヤーもいます。 またそれだけでなく、打撃フォームや弾道などによって使用感が異なってくるので人それぞれ好みがあると思います。 今回は筆者的に優秀だと思う選手を 以下の4つのポイントを評価してランキングづけしていきます! ステータスは打撃能力振り! 選手を評価するうえで 一番重要なポイントといっても過言ではありません。 特に基礎ステータスと呼ばれる 「ミート・パワー・走力」は、総合力を見るにあたってとても重要な要素です。 守備関連の能力も大切ですが、一塁手の場合は強打者が多いこともあり、そこまで高い守備能力は期待できません。 一塁手には4番候補の選手もたくさんいるので、守備力よりは打力に着目すると良いと思います! コンボの発動条件相手より優位 こちらは リーグ戦での勝率に大きく影響してきます。 リーグ戦ではスピリッツ値がとても大事なので、たくさんのコンボを発動して 相手より優位な立場を作り出すことが重要です。 コンボの発動条件などはそれぞれ違うので、上を目指したい人は是非とも調べてみてください! 特殊能力は打撃能力を底上げするスキル 先ほども言いましたが一塁手には高い打力を持つ選手が多いので、さらに 打力を底上げしてくれる特殊能力を持っているかが重要なポイントとなってきます! 「超パワーヒッター」や 「超アーチスト」など、 パワーを大幅に上昇させてくれる特殊能力はもちろんのこと、 「チャンス」や 「広角打法」といった ミートを上昇させてくれる特殊能力を併せ持っているととても強力な打力上昇を目指すことができます! 操作性が良く癖がなくフォーム 自操作で使う場合は、 打撃フォームや弾道にも着目したいですね! 人それぞれ好みがあると思いますので、一概にこういった選手がいい!というものはありませんが、一般的には癖のない打撃フォームかつ、高い弾道を持つ選手が使いやすいと思います! 最強一塁手ランキング それではいよいよ最強一塁手のランキングを紹介していきます! それではいよいよ最強一塁手のランキングを紹介していきます! 10位:小笠原道大 巨人 2018 Series1TS 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 80 A 82 A 63 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 58 D 47 E 54 D ミスターフルスイングの愛称でファンに親しまれた 小笠原道大選手。 豪快なフルスイングは一見派手に見えますが、実際は高いバットコントロールを持つ好打者です! 「超パワーヒッター」でパワーを上昇させヒットを重ね 「固め打ち」を発動してミートを強化できればバランスよく打力を上昇させることができます。 また、 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 得点圏にランナーがいる場面で活躍を期待することができます! 守備能力に関しては平均的ですが総合的にバランスのいい選手だと思います。 9位:大杉勝男 日ハム 2018 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 81 A 84 A 59 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 58 D 58 D 54 D 50 D 本人の申し出で現在は解除されているものの、ヤクルト初の永久欠番となり、野球殿堂入りも果たしている 大杉勝男選手。 現役時代はその類稀なるバッティングセンスでチームを支えました! 「超パワーヒッター」を持っているため、 長所のパワーを伸ばすことができますです! 「チャンス・改」と 「存在感」でミートも強化でき、バランスが良い特殊能力を持っているといえます。 守備力も平均的なので一試合を通して活躍できると思います! 8位:レオン ロッテ 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 高弾道 83 A 82 A 63 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 51 D 40 E 49 E 58 D 兄のレロン選手に誘われロッテに入団し、兄弟で大活躍した レオン選手。 レオン選手の特徴は 高いレベルでバランスのとれた打撃能力です! 「アベレージヒッター」と 「パワーヒッター」を 両方持っているため、打力を大幅に強化することができます! 「パワーヒッター」が発動しない場合、高弾道になってしまいますが、それでもかなり使いやすい選手であると思います。 守備能力は低めとなっているので、試合の後半には守備固めの選手と交代するのもいいと思います。 7位:松中信彦 ソフトバンク 2017 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 84 A 84 A 53 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 61 C 60 C 57 D 42 E 平成唯一の三冠王を獲得し、長年ホークスの4番を務めた 松中信彦選手。 三冠王を獲得していることもあり、 ミート84 A ・パワー84 A と高いレベルでの同値となっています! 「超パワーヒッター」と 「プルヒッター」でパワーを大幅に強化できますが、流し方向の打球が失速しやすくなってしまうところが若干気になるところです。 しかしながら 「存在感」を発動することによりミート上昇、対戦投手の弱体化もできるので扱いやすい選手であると思います。 守備力は若干高いくらいなので総合力は高いです! 6位:加藤英司 オリックス 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 高弾道 86 A 80 A 71 B 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 43 E 48 E 47 E 首位打者の経験もあり、2000本安打も達成しているヒットメーカーの 加藤英司選手。 強打者が多い一塁手の中で走力という武器を持ち合わせている加藤選手は、ミートが非常に高くヒットを打ちやすいため とても出塁しやすいです! 「超アベレージヒッター」を持っており、さらにミートを強化することができるため、初心者にも使いやすい選手ではないかと思います。 「チャンス」も持っているため、チャンスにはめっぽう強く、打力のバランスもいいため活躍が期待できると思います! 守備能力は少し低めとなっているので接戦の試合は守備固めで交代してもいいかもしれません。 5位:落合博満 中日 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 83 A 82 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 64 C 60 C 58 D 59 D 日本プロ野球史上唯一、3回も三冠王を獲得している 落合博満選手。 その高い打力は折り紙付きで、現役時代は天才と呼ばれた選手です! 「超広角打法」を持っているため、 流し方向へ強い打球を放つことができることも特徴の1つです! 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 得点圏ではより一層抜群の存在感を発揮してくれます。 落合選手は守備能力も低くないため、とても使いやすくバランスのとれた選手であると思います! 4位:カブレラ 西武 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 パワーヒッター 82 A 88 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 44 E 38 F 46 E 60 C シーズン55本の本塁打を放ち本塁打王を獲得するなど、誰もが認めるホームランバッターの カブレラ選手。 パワー88 A は本アプリ内で2番目に高い数値であり、その規格外のパワーでホームランを量産することが可能です。 また 「広角打法」の特殊能力も持っているため流し方向へも強い打球を放つことができ、 多少差し込まれたとしてもホームランを打つことができます! 持っている特殊能力全てがパワーを上昇させるため 超パワー特化型の選手であるといえると思います。 守備能力がとても低いため、守備につかせるのは多少不安ではありますが、その分強力な打力はチームの力になると思います。 3位:ブーマー オリックス 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 84 A 84 A 58 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 59 D 68 C 57 D 57 D お次は来日外国人初の三冠王とMVPを獲得した ブーマー選手。 ミート・パワーが84 A の同値という驚異の打撃能力を持っています! 「超アーチスト」と 「アベレージヒッター」を持っておりバランスよく打力の強化をすることができます。 また、 「チャンス」の特殊能力も持っているため、 ランナーが溜まった状態で回すことができればさらに安定感のある打撃を期待することができます! 守備範囲こそ広くないですが、ゴールデングラブ賞も獲得しており捕球力はなかなか高いと思います。 2位:王貞治 巨人 2018 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 80 A 89 A 64 C 守備適性 捕球 スローイング 肩力 68 C 61 C 48 E 63 C 誰もが知る世界のホームラン王である 王貞治選手。 素の能力値 パワー89 A は本アプリ内最高であり、弾道もアーチストであるため打球が上がりやすくホームランがとても打ちやすいです。 「超アーチスト」と 「連発」の両方を発動することができればパワーをカンストさせることができます! 「存在感」で相手投手を弱体化させることもできるため、圧倒的優位な状況を作り出すことができます。 王選手は守備範囲もある程度広く、捕球力なかなか高いため攻守のバランスがとれた素晴らしい選手です。 1位:バース 阪神 2019 Series2OB 弾道 ミート パワー 走力 アーチスト 88 A 85 A 56 D 守備適性 捕球 スローイング 肩力 53 D 59 D 57 D 57 D 栄えある第1位はNPBシーズン打率日本記録保持者であり、2度の三冠王を獲得している バース選手です! その華やかな経歴は伊達ではなく、 ミート88 A ・パワー85 A と圧倒的な打力を誇っています! 特殊能力も強力で、 ミートとパワーをバランスよく強化できるところも魅力の1つです。 中でも、 打力が高い選手の持つ「広角打法」はかなり強力で、振り遅れや差し込まれた場合でも 簡単にホームランを打つことができるので、使用感も良く初心者にも使いやすいと思います! 守備力に関しても平均的といったところなので総合力のかなり高い選手であると思います!.

次の

【プロスピ2019】プロ野球スピリッツ2019

プロスピ 2019 打撃 フォーム

スペシャルB オーバースロー• 1 吉崎勝• 4 黒田博樹• 5 川越英隆• 6 久保田智之• 7 朝倉健太• 8 寺原隼人• 9 斉藤和巳• 10 河原純一• 11 石井貴(西武)• 12 森慎二• 13 岡島秀樹• 14 シコースキー• 15 金村曉• 16 金田政彦• 17 桑田真澄• 18 J・パウエル• 19 岩本勉• 20 佐々木主浩• 21 村田兆治• 22 野茂英雄• 23 川上憲伸• 24 川島亮• 25 清水直行• 26 安藤優也• 27 小野寺力• 28 クルーン• 29 吉見祐治• 30 岡本真也• 31 横山道哉• 32 押本健彦• 33 石堂克利• 34 木佐貫洋• 35 ベイル(広島)• 36 天野 浩一• 37 永川勝浩• 39 小林雅英(元ロッテなど 05年セーブ王)• 40 三浦大輔• 41 薮田安彦• 42 秦裕二(横浜)• 43 江草仁貴• 44 杉山直久• 45 川村丈夫• 46 ウェイクフィールド• 47 本柳和也• 48 門倉健• 49 武田久• 50 宮越徹(元西武など)• 51 大沼幸二• 52 梅原伸亮• 53 一場靖弘• 54 馬原孝浩(元ホークスなど 07年セーブ王)• 55 神内靖• 56 高橋聡文• 57 福盛和男• 58 成瀬善久• 59 永井怜• 60 浅尾拓也• 61 姜建銘(ジャンチェンミン)• 62 川崎憲次郎• 63 山本一徳• 64 ガトームソン• 65 岸田護• 67 大塚晶則• 68 グライシンガー• 71 西崎幸広• 72 荻野忠寛• 73 大場翔太• 74 江川卓• 75 平松政次• 76 多田野数人• 77 コズロースキー• 78 高橋尚成• 79 加藤大輔• 80 越智大祐• 81 川崎雄介• 82 小椋真介• 83 グラマン(06〜11年西武、08年31S)• 84 吉武真太郎• 85 小林宏之• 86 横山竜士• 87 小松聖• 88 キムグアンヒョン(09WBC韓国エース)• 89 渡辺亮(阪神)• 90 増渕竜義(変更??)• 91 大隣憲司• 92 村中恭兵• 93 許文雄• 94 マット・ソーントン(09アメリカ代表)• 95 (09WBC米代表 準決日本戦先発)• 96 金廣鉉(キム・グァンヒョン)• 97 F・ロドリゲス(MLBシーズン最多セーブ62S)• 99 C. サバシア• 100 山口高志• 101 スコット・カズミアー• 102 ヨハン・サンタナ(サイヤング賞2回、チェンジアップが武器)• 103 ジョー・ネイサン• 104 ブラッド・リッジ• 105 グラント・バルフォア• 106 F・ヘルナンデス• 107 ロマン(ヤクルト)• 108 ウバルド・ヒメネス(09WBCドミニカ代表)• 109 M・リベラ• 110 ホアキム・ソリア• 111 朱大衛 元西武• 112 ポンジュングン(09WBC韓国左腕)• 113 テッド・リリー(09WBCアメリカ代表)• 114 JPハウエル• 115 黒木知宏• 116 今中慎二• 117 江夏豊• 118 大野豊• 119 小山伸一郎• 120 館山昌平• 121 チェン(中日)• 122 齊藤悠葵• 123 東野峻• 124 筒井和也• 125 星野伸之• 126 菊池雄星• 127 シュルツ(広島など)• 128 松岡健一• 129 ファルケンボーグ• 130 大嶺祐太• 131 篠田純平(広島)• 132 大石達也• 133 眞下貴之• 134 真田裕貴• 135 篠原貴行• 136 須田幸太• 137 高崎健太郎• 138 山口俊• 139 戸村健次• 140 西村健太朗• 141 川井雄太(中日)• 142 ホールトン• 143 池田親興• 144 ペニー• 145 柳瀬明宏• 146 大立恭平• 147 玉置隆• 148 ラズナー• 149 塚原頌平• 150 齊藤信介• 151 矢貫貴之• 152 パディーヤ• 153 バーネット• 154 オスンファン• 155 浜田智博(中日)• 156 島袋洋奨• 157 バリオス• 158 サンティアゴ• 159 ライブリー• 160 高木勇人• 161 若松駿太• 162 福山博之• 163 田中健二郎• 16? 香月良仁• 16?• 166 渡辺久信• 167 ミンチー• 168 サムソン・リー• 169 メッセンジャー• 170 マシソン• 171 バルデス(中日)• 1 桟原将司• 2 岩瀬仁紀• 3 山本昌• 4 小宮山悟• 5 山北茂利• 6 新垣渚• 7 藤井秀悟• 8 入来祐作• 9 有銘兼久• 10 吉田豊彦• 11 下柳剛• 12 野口茂樹• 13 土肥義弘• 14 佐藤賢• 15 杉内俊哉• 16 三瀬幸司• 17 佐竹健太• 18 光原逸裕• 19 久保康友• 20 石井裕也• 21 伊藤剛(日ハム)• 22 ドミンゴ• 23 武田勝• 24 菊地原毅• 25 デイビー• 26 大久保勝信• 27 福田聡志• 28 石井一久• 29 ダグラス• 30 ルイス・マルティネス(中日)• 31 デニー友利• 32 八木智哉• 33 藤田宗一• 34 小倉恒• 35 松井光介• 36 松本幸大• 37 ムーア• 38 甲藤啓介• 40 東尾修• 41 盛田幸妃• 43 長谷部康平• 44 牛島和彦• 45 コルビールイス(広島)??• 46 高橋健• 48 山口鉄也• 49 小野晋吾• 50 佐藤祥万• 51 スウィーニー• 54 ペドロ・マルティネス• 55 J・ピービー?• 57 ハビアー・バスケス(09プエルトリコ代表)• 58 ザンブラーノ?• 59 エディソン・ボルゲス• 60 チャップマン• 62 柳賢振(19年ナ最優秀防御率、20年からブルージェイズ)• 63 セラフィニ• 68 オビスポ• 69 鈴木啓示• 70 山本省吾• 71 摂津正• 72 ゴンザレス(読売)• 73 西本聖• 74 鶴直人• 75 糸数敬作• 76 遠藤一彦• 77 木田勇• 78 ケッペル• 79 西村憲• 80 藤原紘通• 81 星野真澄• 82 菊地和正• 83 朴賛浩(パクチャンホ、元オリ)• 84 バリントン• 85 スパイアー• 86 金刃憲人• 87 稲尾和久• 88 北別府学• 90 小石博孝• 91 ソーサ• 92 赤川克紀• 93 ジオ• 94 高橋朋己• 95 佐藤達也• 96 マテオ• 97 ?• 98 多和田 真三郎 サイドスロー• 1 ウィリアムス(阪神)• 2 斎藤雅樹• 3 小山田保裕• 4 吉野誠• 5 前田幸長• 5 帆足和幸• 6 建山義紀• 7 加藤武治• 8 川岸強• 9 マイケル中村• 10 梅津智弘• 11 吉川昌宏(ヤクルト)• 13 岩崎哲也• 14 川岸強• 15 青木高広• 16 森福充彦• 17 林昌勇• 18 久米勇紀• 20 鈴木義広(中日)• 21 外国人• 22 孫国強(中国)• 27 小林繁• 28 加賀繁• 29 延江大輔• 30 横山龍之介• 31 一二三慎太• 32 江尻慎太郎• 33 浜田智博• 34 小林正人• 35 中後悠平• 36 松永浩典• 37 鄭凱文• 38 中崎雄太 アンダースロー• 1 渡辺俊介• 2 山田久志• 3 ブラッド・ジーグラー• 4 廖 于誠(リャオユーチェン)•

次の