スイッチ スーファミ 追加。 Nintendo Switchにスーファミソフトが大量投入予定? 追加エミュレーターの噂も

「スーパーファミコン」配信後も改善されない、「Nintendo Switch Online」の問題点(鴫原盛之)

スイッチ スーファミ 追加

飛びついて買っちゃったけど、意外と遊ばないファミコンミニシリーズ 任天堂から発売されている、『ファミコンミニ』と『スーパーファミコンミニ』だけど、発売されてから喜んで買ったわりには、実はまったく遊んでいない。 それはなぜか? 基本的に遊びたかったゲームタイトルが入っていないせいだ。 『これで遊んでなさい』って感じの、上から目線のラインナップの押しつけがましい感じのタイトルがイマイチ遊ぶ気を起こさせない。 横スクロールのアクションゲームが好きな子もいれば、じっくりとシミュレーションゲームをしたい子もいるだろう。 ひたすらロールプレイングゲームをしたい子もいるだろう。 時代的にドンピシャだったおじさん達ならなおさらです。 デフォルトで入っているゲームソフトは、非常に物足りない。 なので、オブジェ的な、記念品的な、コレクションアイテム的な感じで買いはするけど、どっぷりとガッツリと遊ぶ感じにはなれないのが正直なところ。 購入から時間が経つと、すっかり部屋の隅で置物になってしまっているのが実情です。 じゃぁ、好きなゲーム入れたらいいんじゃない? ということで、『スーパーファミコンミニ』に自分の持ってるゲームソフトを入れてみました。 今さらの事なので、他の方々が書かれているブログがたくさんあるので、あちこち参考にしながらやってみました。 やる前、というか、結構前からやってみたいとは思っていた事だけど、メンドクサイなぁと思って先延ばしにしていましたが、やってみたら実に簡単。 ソフトをダウンロードして、ゲーム機をパソコンに繋いで、用意したROMをポイっと入れて書き込むだけです。 こんな簡単なら、きっと大概の方々も出来るんじゃないでしょうか? 必要なものはそんなにない ミニスーファミへのゲーム追加に必要なものは、『hakchi2』というフリーソフトだけです。 PCの環境によっては、途中で『. NET Framework』のインストールが必要になるくらい。 最初から入ってる人は、『hakchi2』をインストールするだけです。 『hakchi2』はダウンロードできます。 exe』でいいと思います。 途中、『インストールしないで・・・』という警告が出てきますが、そんなの無視してインストール。 あとはPCにミニスーファミを繋いで、画面の指示に従って作業をするだけです。 最初に 『カーネルをダンプ』だけはやっておいた方がいいです。 もし何かあった時、このカーネルから元に戻せるようです。 スーファミのエミュレーターを載せた商品なのに、動かないタイトルがある 色々と思い出の名作を追加して、いざ遊んでみると、中には動かないタイトルも出てきます。 任天堂の用意したエミュレーターがどの程度のものなのかは分かりませんが、実はそれほど性能の幅がないのかもしれません。 そこで新たに 『もうひとつエミュレーターを入れる』という技を使います。 もうひとつのエミュレーター、それは『retroarch』です。 zip』というのをダウンロードします。 これはzip形式の圧縮フォルダですが、解凍せずに『hakchi2』の画面にドラッグして突っ込んでください。 これで大体は動くようになります。 また、『retroarch』を入れたことにより、スーパーファミコン以外のゲームソフトも稼働するようになります。 ということで、 スーパーファミコン版の『ドラクエ3』、『ドラクエ5』、『ドラクエ6』。 そしてゲームボーイカラー版の『ドラクエ3』も入れ込んでおります。 『retroarch』のおかげで、ゲームボーイカラー版の『ドラクエ3』も普通に起動します。 ソウルブレイダー、天地創造、テイルズオブファンタジアも入れてみました。 『天地創造』と『テイルズオブファンタジア』は初期の状態では起動しませんでしたが、『retroarch』を入れることにより普通に起動するようになりました。 あとゲームのサムネイル画面、というかパッケージ画面ですが、広大なネットの海を探すのは結構大変です。 個人的には 『駿河屋』あたりの中古ショップで探せばけっこう揃うと思いますよ。

次の

スイッチ用の『スーパーファミコンコントローラー』をレビュー!【スーファミ】

スイッチ スーファミ 追加

ミニファミコンが発売されてから早一年。 久しぶりにネットでミニファミコンについて話題があるか検索したら「改造」がサブキーワードにラインナップされている。 ミニファミコンで遊ぶと誰もが思う ゲームの追加と コントローラーの変更についてだろうと予想するとまさにビンゴ。 中にはコントローラーの無線化やゲームボーイのように一体化するなど面白そうなものがありました。 でも電子部品をいじるのは全くの素人なのでサラッと流し読み。 それよりも今月に発売された 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(以下ミニスーファミ)」にゲームを追加したという記事がちらほらありとても興味深い。 なぜかミニファミコンにゲームを追加した記事は見かけませんでした。 Switchやミニスーファミに話題を持っていかれ旬が過ぎてしまったからかな? ゲームの追加は改造といっても 本体をバラすことなくパソコンと繋げてシステムデータを書き換えるだけ。 ミニファミコンもやり方は同じようなので試してみるとあっさりと簡単にできました。 2018年に任天堂から再販する告知があったので、待っていれば定価で購入できます。 また「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」につきましても、2018年に生産を再開することが決定いたしました。 店頭での販売開始時期については、後日ご案内いたします。 — 任天堂株式会社 Nintendo 追加するゲームデータの準備 ゲームを追加するにはゲームのデータいわゆるROMイメージといわれるものを用意します。 ROMイメージはゲームソフトのカートリッジを吸い出し機と呼ばれるものに挿し込んでからパソコンと接続しゲームのデータを作成します。 音楽CDから音楽データ mp3等 をパソコンで保存するのと同じような感じです。 私は20年ほど前にエミュレーターにはまった時期がありその当時のファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイの吸出し機を所有しています。 エミュレーターとは本物と同じような機能を再現するシミュレータのことです。 この場合はパソコン上でゲーム機本体にあたるソフトになります。 当時はパソコン上でファミコンが動くのは夢のような出来事でかなり興奮しました! だってノートパソコンに入れると持ち運びできるんですよ。 今のご時世はスマホという高スペックでかつコンパクトな おもちゃ携帯電話があるのでこの感動はわからないでしょうね。 無料アプリは選びたい放題でワンクリックでダウンロードしてゲーム開始ですから。 ファミコンの吸い出し機はさすがに今は売っていないかなぁと探してみるとありました。 「FC Dumper」という名前で販売されてます。 実際に使われている方も多いので検索すると使い方を紹介している記事がすぐに見つかります。 吸い出し機をお持ちでない方は参考にしてみてはいかがでしょうか。 それから ROMデータの扱いについて注意すべき点があるので必ず守りましょう!! ゲームのデータを吸い出す行為については法律的に問題ありませんが、吸い出したデータをネットでアップロードしたり販売する事は認められていません。 著作権違反にあたるので絶対に行わないでください。 ゲームを追加したミニファミコンを他人に譲るのもいけません。 あくまでも私的利用の範囲内で楽しみましょう。 知りませんでした。 では済まされない行為なので気をつけてください! ROMデータはオリジナルのバックアップという位置付けで合法になっているので、 ゲームのデータを吸い出せたからといって手持ちのソフトを手放してはいけません。 ゲームを追加する方法 というツールを使ってデータの追加を行います。 リンク先が表示されなければもう手に入らないので諦めてください。 説明する手順のバージョンはv2. 20です。 更に新しいバージョンなら日本語化にも対応しています。 動作確認が取れているものが良かったので使用されている頻度が一番高そうな古いバージョンをあえて選んでいます。 新しいバージョンだと新たな機能と共に不具合も追加されている可能性があります。 追加された機能が特に必要なければ 安定したバージョンを利用するのをオススメします。 それから システムのデータを書き換えるので起動しなくなる可能性があります。 仮に動かなくなってもゲームを追加する前の状態のバックアップを取り、その時の状態に戻せば大丈夫だとは思いますが… もしこれから解説する方法で壊れたとしても 自己責任でお願いします。 それとゲームを追加すると 保証が受けられなくなります。 交換または修理をお断りする場合について• 当社によらない分解、改造(ソフトウェアを含む)、修理等が行われた痕跡がある場合。 購入時に貼られていた各種ラベル(シリアルナンバーラベルや定格表示ラベルなど)がない、または、はがした痕跡のある場合。 正常でない使用方法で作成されたデータや、当社が承認していないソフトウェアなどが本体内に保存されている場合、または保存した痕跡のある場合。 損傷が激しく、修理しても機能の維持が困難であると当社が判断した場合。 本体内の損傷したデータ(セーブデータなど)の復旧を希望される場合。 一般家庭以外(業務用など)で使用したことによる故障および損傷がある場合。 上記以外に交換または修理をお断りすることが相当であると当社が判断した場合。 任天堂の公式サイトのより抜粋 ・自分で吸い出したROMデータを使用する ・もし壊れても保証が受けられません この2つを踏まえた上で楽しんでください。 パソコンの種類 Windows7 64bitの環境で動作確認をしているのでWindows7以降であれば問題ないはずです。 OSはWindowsのみ対応しています。 Macで使えるツールはhakchi2の作者以外が改変されたものがありました。 気になる方はご自身でお探し下さい。 ミニファミコンにゲームを追加 前置きが長くなってしまいましたが、ゲームを追加する手順を解説します。 英語のメッセージは日本語に置き換えて説明しています。 ミニファミコンの電源をオフにした状態で付属のUSBケーブルでパソコンと接続します。 hakchi2を起動します。 hakchi2を起動するとゲームを追加する機種の選択画面が表示されます。 「Famicom Mini」を選びます。 「簡単にゲームが追加できるよ」というメッセージが表示されるので「OK」をクリックしメッセージ画面を閉じます。 ・NES Classic Mini 海外版のファミコンミニ ・Famicom Mini ファミコンミニ ・SNES Classic Mini 海外版のスーファミミニ ・Super Famicom Mini スーファミミニ 3. ミニファミコンのゲーム追加前のシステムファイルのバックアップを行います。 ゲームの追加に失敗した場合にバックアップを読み直すと元に戻せるので必ず行いましょう。 するとメッセージ画面にバックアップ手順が表示されます。 リセットボタンを押しながら電源スイッチをオンにします。 パソコンがミニファミコンの接続を認識すると「デデン」といった音が鳴るので、その音が聞こえてからリセットボタンを離します。 続いてドライバーをインストールします。 ドライバーとはパソコンがパソコンが外部接続されているものを認識する為のソフトです。 「Install driver」のボタンをクリックします。 システムファイルのバックアップが始まります。 「完了」のメッセージが表示されバックアップ作業終了。 バックアップファイルはhakchi2の実行ファイルがあるフォルダと同階層に「dump」というフォルダがありその中に作成されています。 img」というファイル名なので間違えて削除しないように気をつけてください。 バックアップ作業が終わったらミニファミコンの電源スイッチをオフにします。 hakchi2にゲームの追加をします。 説明では「熱血高校ドッジボール部」のゲームを追加しています。 ミニファミコンで表示されるアイコンの変更 追加したゲームはミニファミコンでは右下のアイコンが表示されます。 アイコンの変更を行います。 するとシステムデータを書き込む確認のメッセージが表示されるので「はい Y 」を選択します。 バックアップを行った時と同じメッセージが表示されるのでリセットを押しながら電源スイッチをオンにします。 パソコンが認識した音が聞こえるとリセットボタンを離すと書き込み処理が始まります。 「おめでとう」のメッセージが表示されるとゲームの追加は完了です。 「OK」をクリックしてミニファミコンの電源スイッチをオフにしてからパソコンとの接続を解除します。 ミニファミコンをパソコンが認識しない時 USBの箇所によってミニファミコンの接続を認識しない場合があります。 ノートパソコンで試しましたが本体の左側のUSBでは認識せず、この画面が表示されたままでした。 一度USBを抜いてからhakchi2の画面を終了し、右側のUSBに差し替えると上手くいきました。 パソコンがミニファミコンを認識してくれない場合は試してみてください。 追加されたゲームをしてみる ミニファミコンとテレビ モニタ を接続して電源を入れると「More games…」というフォルダが追加されています。 選択すると追加したゲームが表示されています。 早速選んでみると問題なく遊べました。 まとめ ゲームの追加はいくつかしましたが動いたものと動かなかったものは半々くらいでした。 hakchi2の画面の下にメモリの容量と思われる数値が表示されています。 メモリの使用量はゲームの追加前は19. 2MBで追加後は19. 4MBでした。 メモリの総容量は300. 0MBとなっているのでファミコンのデータ量から推測すると数百本は軽く入りそうです。

次の

Nintendo Switchにスーファミソフトが大量投入予定? 追加エミュレーターの噂も

スイッチ スーファミ 追加

リリース時に配信されたタイトルは、以下の20本。 いずれ劣らぬ名作たちがラインナップされています。 ・F-ZERO ・カービィボウル ・スターフォックス ・SUPER E. 個人的にはタクティクスオウガとFF、ロマサガ、ドラクエあたりを配信してほしいぞ…! あと、ファミスタやスーパーボンバーマン1と2、いたスト2やドカポンも入ったら嬉しいな。 (どれも任天堂じゃないけど、カプコンの超魔界村も入ってるし可能性はあるはず) 現在は、「ゼルダの伝説 神々のトライフォース」を遊んでいます。 次にどこに進むべきかの案内がほとんどなくてしょっちゅう迷うけど、でも楽しい…! 2年ほど前に発売されたの立場は…?と思わなくもないですが ファミコン用はJoy-Con同様にNintendo Switch横のレールにカチッとハマるようになっていましたが、スーファミコントローラーにはレールなし。 プロコン同様にUSB-Cポートで充電・接続する形式となっています。 中身はスーファミコントローラーが1個、USB-Cケーブルが1本。 正面から見ると、コードが伸びていないだけでどこからどう見てもスーパーファミコンのコントローラーそのもの。 手前側に接続リセットボタンとランプがついており、 LRボタンの横にそれぞれ小さめのZL、ZRボタン及びUSB-Cポートがあることが本家スーファミとの違い。 スーファミのゲーム操作に使うABXY、LR、START、SELECTボタンや十字キーは何ら変わりありません。 Nintendo Switchに接続すると、スーファミのコントローラーが表示されるので一目瞭然。 本家スーファミ、ミニスーファミのコントローラーと並べて比較 今回購入したSwitch用のスーパーファミコンコントローラーと本家のスーファミ版、2017年発売の「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」版の3つを並べて比較してみました。 どれがどれだかわかりますか? 正解は左上がミニスーファミ、右上が元祖スーファミ、真ん中下がSwitch版。 経年劣化やコードの有無以外で見分けるのは不可能に近い。 LRボタンもこの通り。 サイズもボタンの位置も、さらにはボタンを押した感覚も私が見た・試した限りでは全く同じで、ほぼ完璧に再現されていると言っていいでしょう。 起動すると、懐かしいスーパーファミコンソフトのパッケージが並んだメニュー画面に。 Yボタンで移動、Yボタン長押しで5種類の並び順でソートが可能。 Xボタンで、ソフトの詳しい説明画面。 Aボタンを押すとゲームスタートです。 私はまだ使ったことがないですが、フレンドとオンラインで2人プレイすることもできるらしい。 Switchアプリのボイスチャットなりdiscord等で通話しながら遊ぶと楽しそうですね。 ひとりで遊びながら待つことも。 設定では、画面の縦横比を「4:3」「ピクセルパーフェクト」「アナログテレビ」の3種類から選べます。 各コントローラーでの遊び方。 「巻き戻し」機能がチートすぎる! Joy-Conでの操作方法は、以下の画面に表示されている通り。 Joy-Con片方だとSELECTやSTART操作が2ボタン同時押しとなるので、若干やりづらい。 迷いやすいボタン操作は、画面したに常に表示された状態となっています。 ロードやリセット、タイトルへ戻るのもここから。 ちなみに、「どこでもセーブ」はゲームごとに4ファイルまで保存できます。 Joy-Conの片方で操作する場合は、-ボタンとSLボタンの同時押しでSELECT、-ボタンとSRボタンでSTART。 中断メニューは-とZLボタンで。 こちらは専用のスーパーファミコンコントローラーを接続しているときの様子。 ちなみにZLボタンでスクリーンショット、ZRボタンでホームボタンの役割も。 「どこでもセーブ」でも本家スーファミからすると相当難易度を下げる便利機能ですが、さらにチート級の新機能が 巻き戻し機能。 例えばボス戦などでやられたときに「あ、死んじゃった!戻そう」みたいな操作がいつでも何度でもできちゃう。 ほとんどのゲームはこの機能を使えばどうとでもできてしまうので、一部で話題になっていたようです。 例えばRPGでよくある「一定確率で当たりが出る」くじ引き的なイベントでは、何度でもやり直して大当たりを引くことが可能に。 こんなのありか。 俺はすでに未来を掴んでいる、そしてこれからも掴み続ける — ばつ👶🔞 batuACT3 巻き戻し機能なんて付けるから・・・ — 朱電 SyudenTsr.

次の