玉ねぎ レシピ クックパッド。 玉ねぎやもやしで!おいしい「かさ増しメインおかず」特集(クックパッドニュース)こっそりかさ増し! 人気のメインおかず 一…|dメニューニュース(NTTドコモ)

使うだけでプロ級の仕上がり!紫玉ねぎの人気レシピ10選

玉ねぎ レシピ クックパッド

【作り置き】甘い新玉ねぎと牛肉の旨味で食が増し、旨味がしっかり染み込んだ春雨はやみつきになる美味しさ。 ご飯との相性は最高 春にしか味わえない新玉ねぎを使った作りおき。 今のうちにたくさん味わってくださいね!(TEXT:妹尾香雪) 「作りおきおかず」保存のルールをおさらい 保存状況により、保存期間は異なりますので、なるべく早く食べきりましょう。 冷蔵庫や冷凍庫で保存…常温での保存は避ける• 清潔な保存容器を使用する…水滴や汚れは腐敗の原因に• 取り分け用の箸で取り出す…口に直接入れる箸や手でさわるのはNG• 冷蔵の場合は、2〜3日を目安に食べきる• お弁当に入れるときはレンジで再加熱&完全に冷ます• 作った日付を記しておく 鈴木美鈴さん 料理研究家。 トータルフードコーディネーター。 クックパッド公式レシピエール。 作りおき・お弁当を得意とし、素材の味を大切に心と身体にやさしい家庭料理を考案、発信している。 ウェブ・雑誌・企業へのレシピ掲載をはじめ、数々の料理コンテストにて受賞歴あり。 著書に『盛るだけ つめるだけ 毎日かんたん 作りおき おかず』(オーバーラップ)。 編集部では今、「一人暮らしの方の自炊に役立つアドバイス」を広く募集しています。 ぜひ読者の皆さまのお知恵をお借りしたく、下記アンケートへのご協力をお願い致します! (集計結果は4月配信の特集記事にて発表予定です) 【アンケートはこちら】.

次の

【みんなが作ってる】 玉ねぎのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

玉ねぎ レシピ クックパッド

300gほどの比較的大玉のものが多く、主な品種は「アーリーレッド」や「湘南レッド」「くれない」など。 日本では神奈川県が主な産地で、最近は北海道でも生産されています。 普通のたまねぎと何が違う?紫たまねぎの高い栄養価とは? 普通の黄たまねぎも栄養価は高いのですが、紫たまねぎは独特の色素のため、黄たまねぎにない栄養も含まれています。 以下に、紫たまねぎの高い栄養価についてまとめました。 アントシアニンの高い抗酸化作用で、アンチエイジング! 紫たまねぎの独特の色は、フィトケミカルポリフェノールのフラボノイドの一種である色素成分「アントシアニン」によるもの。 この色素はブルーベリーや黒豆、紫芋などにも含まれるもので、様々な健康によい効果があります。 抗酸化作用 人は加齢とともに紫外線などが原因で活性酸素が増えていきますが、アントシアニンには活性酸素を抑制する働きがあり、体の老化を防ぐことができます。 また、皮膚の弾力や水分を保つコラーゲンを安定させる効果もあります。 血管の強化 酸化が血管や赤血球で起こると、血流が悪くなりますが、アントシアニンには血管拡張や毛細血管の保護、血小板凝固抑制作用などがあるので、動脈硬化や血栓症を防いだり、虚血性心疾患や脳血管障害などを予防するのに役立ちます。 目の老化を防ぐ 目のレンズである水晶体が酸化して硬質化すると、老眼や白内障が進みます。 しかし、アントシアニンには視覚の信号情報を脳に送る、「ロドプシン」の働きを活性化する働きがあるため、水晶体の酸化を抑制することができます。 また、眼精疲労の回復などにも高い効果があります。 高血圧や肥満、メタボ予防 アントシアニンには、中性脂肪の蓄積を抑える効果があります。 そのため、肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、高血圧などの予防効果があります。 また、同じくたまねぎに含まれる硫化アリルという成分にも、脂肪の吸収を抑えたり、悪玉コレステロール値を下げる働きがあり、ダイエット効果が期待できます。 肝機能の向上 アントシアニンは血液をサラサラにする効果が高く、肝機能の向上に高い効果があることでも知られています。 抗炎症・抗潰瘍作用 局部の血行を高めるアントシアニンには、潰瘍などの粘膜の欠損を埋める抗潰瘍作用や、炎症を抑える働きも認められています。 アントシアニン以外に、たまねぎ本来の健康効果もプラス! 紫たまねぎの栄養で特筆すべきものは、アントシアニンだけではありません。 本来のたまねぎに含まれる栄養効果もプラスアルファで期待できます。 以下に主なものをまとめました。 血管内皮機能を高める たまねぎ全般に含まれるケルセチンというポリフェノールには、血管の内皮機能の低下を防ぐ働きがあります。 その結果、血液がサラサラになり、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を予防し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞の予防にも繋がります。 血糖値を改善 たまねぎには血糖値やヘモグロビンA1cを下げる働きがあり、糖尿病の合併症である腎症、神経障害、視力障害についても改善の例が報告されています。 疲労回復・スタミナ増強 たまねぎ独特の辛味と刺激臭は、硫化アリルという成分によるもの。 硫化アリルにはエネルギーの素となる糖質の代謝に関わる、ビタミンB1の吸収をサポートする働きがあります。 ビタミンB1を含む豚肉や納豆などと一緒に食べると、疲労回復やスタミナ増強に役立ちます。 血栓予防 さらに硫化アリルには、血液をサラサラにして血栓を予防する効果もあります。 その効果により、動脈硬化や脳梗塞などの重大な病気を防ぐことができます。 がん予防 たまねぎ全般には高い抗酸化作用のある成分がたくさん含まれているため、胃がん、大腸がん、食道がんなど特に消化器系のがんに対しては顕著な予防効果があると、各国の研究で報告されています。 とにかく栄養素が豊富 上記で紹介したもの以外にも、たまねぎ全般には食物繊維やビタミンC,ビタミンB類、葉酸、カルシウム、リン、カリウムや鉄分、糖質などの栄養素が豊富に含まれています。 紫たまねぎを食べる時は、どのような調理法が適しているの? 紫たまねぎは非常に栄養が豊富で、生食したとしても、加熱したとしても高い栄養効果が得られます。 ただし、紫たまねぎに多く含まれるポリフェノールは水溶性なので、長時間水に晒したり、加熱したりするとその多くが損なわれてしまいます。

次の

ドレッシング人気レシピ20選!つくれぽ1000超の1位は?【殿堂&簡単】

玉ねぎ レシピ クックパッド

300gほどの比較的大玉のものが多く、主な品種は「アーリーレッド」や「湘南レッド」「くれない」など。 日本では神奈川県が主な産地で、最近は北海道でも生産されています。 普通のたまねぎと何が違う?紫たまねぎの高い栄養価とは? 普通の黄たまねぎも栄養価は高いのですが、紫たまねぎは独特の色素のため、黄たまねぎにない栄養も含まれています。 以下に、紫たまねぎの高い栄養価についてまとめました。 アントシアニンの高い抗酸化作用で、アンチエイジング! 紫たまねぎの独特の色は、フィトケミカルポリフェノールのフラボノイドの一種である色素成分「アントシアニン」によるもの。 この色素はブルーベリーや黒豆、紫芋などにも含まれるもので、様々な健康によい効果があります。 抗酸化作用 人は加齢とともに紫外線などが原因で活性酸素が増えていきますが、アントシアニンには活性酸素を抑制する働きがあり、体の老化を防ぐことができます。 また、皮膚の弾力や水分を保つコラーゲンを安定させる効果もあります。 血管の強化 酸化が血管や赤血球で起こると、血流が悪くなりますが、アントシアニンには血管拡張や毛細血管の保護、血小板凝固抑制作用などがあるので、動脈硬化や血栓症を防いだり、虚血性心疾患や脳血管障害などを予防するのに役立ちます。 目の老化を防ぐ 目のレンズである水晶体が酸化して硬質化すると、老眼や白内障が進みます。 しかし、アントシアニンには視覚の信号情報を脳に送る、「ロドプシン」の働きを活性化する働きがあるため、水晶体の酸化を抑制することができます。 また、眼精疲労の回復などにも高い効果があります。 高血圧や肥満、メタボ予防 アントシアニンには、中性脂肪の蓄積を抑える効果があります。 そのため、肥満やメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)、高血圧などの予防効果があります。 また、同じくたまねぎに含まれる硫化アリルという成分にも、脂肪の吸収を抑えたり、悪玉コレステロール値を下げる働きがあり、ダイエット効果が期待できます。 肝機能の向上 アントシアニンは血液をサラサラにする効果が高く、肝機能の向上に高い効果があることでも知られています。 抗炎症・抗潰瘍作用 局部の血行を高めるアントシアニンには、潰瘍などの粘膜の欠損を埋める抗潰瘍作用や、炎症を抑える働きも認められています。 アントシアニン以外に、たまねぎ本来の健康効果もプラス! 紫たまねぎの栄養で特筆すべきものは、アントシアニンだけではありません。 本来のたまねぎに含まれる栄養効果もプラスアルファで期待できます。 以下に主なものをまとめました。 血管内皮機能を高める たまねぎ全般に含まれるケルセチンというポリフェノールには、血管の内皮機能の低下を防ぐ働きがあります。 その結果、血液がサラサラになり、高脂血症や糖尿病などの生活習慣病を予防し、動脈硬化や脳卒中、心筋梗塞の予防にも繋がります。 血糖値を改善 たまねぎには血糖値やヘモグロビンA1cを下げる働きがあり、糖尿病の合併症である腎症、神経障害、視力障害についても改善の例が報告されています。 疲労回復・スタミナ増強 たまねぎ独特の辛味と刺激臭は、硫化アリルという成分によるもの。 硫化アリルにはエネルギーの素となる糖質の代謝に関わる、ビタミンB1の吸収をサポートする働きがあります。 ビタミンB1を含む豚肉や納豆などと一緒に食べると、疲労回復やスタミナ増強に役立ちます。 血栓予防 さらに硫化アリルには、血液をサラサラにして血栓を予防する効果もあります。 その効果により、動脈硬化や脳梗塞などの重大な病気を防ぐことができます。 がん予防 たまねぎ全般には高い抗酸化作用のある成分がたくさん含まれているため、胃がん、大腸がん、食道がんなど特に消化器系のがんに対しては顕著な予防効果があると、各国の研究で報告されています。 とにかく栄養素が豊富 上記で紹介したもの以外にも、たまねぎ全般には食物繊維やビタミンC,ビタミンB類、葉酸、カルシウム、リン、カリウムや鉄分、糖質などの栄養素が豊富に含まれています。 紫たまねぎを食べる時は、どのような調理法が適しているの? 紫たまねぎは非常に栄養が豊富で、生食したとしても、加熱したとしても高い栄養効果が得られます。 ただし、紫たまねぎに多く含まれるポリフェノールは水溶性なので、長時間水に晒したり、加熱したりするとその多くが損なわれてしまいます。

次の