韓国 鼻 整形 有名。 韓国のオルチャンモデルの整形を検証!日本人はオルチャンになれる?

韓国id美容外科でバービーライン鼻整形【カウンセリング・料金・指名医師】

韓国 鼻 整形 有名

韓国語が分からないのですが大丈夫ですか?はい。 id美容外科では患者様がお望みの言語の通訳サービスをご提供しています。 無料でサービスを行なっており 1:1 カウンセリング通訳の担当者が患者様のカウンセリング、手術、経過チェック、回復などの過程において通訳を担当し患者様が不便なく手術に集中出来るようお手伝い致します。 鼻整形をすると目頭切開をしたような効果があると聞きました! 鼻整形後は初期には腫れもあり皮膚が引っ張られる現象があるため目頭が内側に寄って見えることもありますが、このような現象は約2ヶ月以内で元の位置に戻ります。 また、元々目と目の距離が近い場合、鼻筋の高さを適当な高さまでにしなければ目と目の間がより近く見えてしまう恐れがありますので気をつけなければなりません。 再手術をすると腫れが長引きますか?もちろん再手術の場合は1度目の手術よりも出血がある可能性もあり、手術過程が難しいですが、腫れにはあまり差がなく大体2週間ほどで腫れや痣はなくなります。 わし鼻手術は鼻筋にプロテーゼを必ず入れなければなりませんか?わし鼻は鼻筋の高さが高い場合が多いため、鼻筋の突き出ている部分を滑らかに整えるのがポイントです。 更に高い鼻筋をお望みでない場合には鼻筋にプロテーゼを入れることなく手術をすることも可能です。 鼻整形前にヒアルロン酸注入をしましたが、すぐ手術は可能ですか?ヒアルロン酸が全て吸収される前までには鼻整形は避けて下さい。 ヒアルロン酸施術後ですと、施術前に比べて鼻筋が既に高い状態のため元々の鼻の高さを予想することが出来ないからです。 よって鼻ヒアルロン酸施術後に鼻整形をご希望の場合には、鼻に残っているヒアルロン酸を全て溶かしてから鼻整形を行うことが望ましいです。 鼻炎持ちです。 鼻整形をするともっとひどくなると聞きましたが大丈夫でしょうか?鼻炎、副鼻腔炎などの症状があるため、鼻整形後にはもっと悪化するのではないかとご心配の方も多いかと思います。 id美容外科ではそのような方々のために3D-CT鼻整形を行っています。 3D-CT撮影を通し、鼻の組織の状態を精密に検査した後手術計画を立てるため鼻炎などの鼻の機能的な問題までもを解決しながら綺麗な鼻を完成することができます。 鼻整形 韓国id美容外科は多角的に、お客様のイメージを考慮し1:1のカスタム手術を行います。 どんなに綺麗な鼻でも、人によってコンプレックスがあったりします。 鼻は顔の真中に位置し、目、口、顔の形などにより、相対的に見えるためです。 だからこそ、韓国id美容外科の鼻整形は、何よりもお客様の顔の調和と割合を大切にし、お客様が希望としているイメージに合った理想的な鼻の形をご提案致します。 id美容外科の鼻の整形は多様的な術法を保持し有能な技術を保持する医療陣が在籍しています。 美しい鼻を手に入れるためには、鼻の高さ、長さ、鼻先の形、骨格の広さ、皮膚の厚さ、鼻の穴、インプラントの種類等、考慮するべき点が多く存在するため、鼻整形は、複合的な設計・手術計画が重要な手術です。 韓国id美容外科が長年培ってきたノウハウで、ほぼすべての鼻整形を行う事ができ、1人1人のニーズに合った手術を行います。 鼻の整形、韓国id美容外科は鼻成形に必要な材料の選択を体系的な判断を行います。 シリコンと自家製軟骨、どちらの方が良くて、理想的であるか一概に定義つけることは難しいです。 鼻の形や肌の特性に応じて、この基準は異なる場合があるからです。 鼻整形に使われる材料・材質よりは、どのようにその材質を使用するのかがより重要です。 韓国id美容外科鼻の整形専門医療陣は、長年蓄積されたデータと手術のノウハウで、適切な材料を選択し、より安心に美しくなることができます。 韓国id美容外科では鼻の整形をお受けになったお客様とのコミュニケーションを元に作った術後ケア、ラピッドヒーリングを準備しています。 鼻整形を行っていると意外にも、結果を気にするくらい、長い回復期間、腫れ、あざ、痛みに関する心配をされている方が多く居ることが判明致しました。 韓国id美容外科は、このようなお客様の心配を軽減する為、手術後の回復期間を出来るだけ短縮させる治療プログラム、ラピッドヒーリングプロジェクトを開始しました。 当院の鼻整形の専門医は常にお客様の意見に耳を傾け最大限反映できるように努めております 鼻整形の専門医療チームは、定期的に行われる会議を欠かさず参加し運営しています。 韓国id美容外科の鼻整形の医療陣は詳細な鼻整形を失敗無く完成させるため、毎月2回の定例会議を実施しております。 執刀医はもちろん、カウンセラー、看護チーム、治療ケアチーム等、鼻整形に関する関連部署が全て参加し、お客様別のケース分析を行い、お客様が術後に不快に感じる点が無いか、改善すべき点はないかを話し合いながら最新の術法や特殊なケーススタディーも怠る事無く実施しています。 関係者が全員参加し、このような意見交換の場を設ける事は容易な事ではありませんが、このプロセスを定期的に実施している当院に対する誇りがあります。 現状に満足せず、より良い診療、より満足のいく手術、より快適な医療サービスのため、韓国id美容外科は引き続き努力を重ねてまいります。

次の

韓国の鼻整形の名医を一挙紹介:鼻の整形したいなら韓国のスペシャリストにまかせよう!

韓国 鼻 整形 有名

韓国語が分からないのですが大丈夫ですか?はい。 id美容外科では患者様がお望みの言語の通訳サービスをご提供しています。 無料でサービスを行なっており 1:1 カウンセリング通訳の担当者が患者様のカウンセリング、手術、経過チェック、回復などの過程において通訳を担当し患者様が不便なく手術に集中出来るようお手伝い致します。 鼻整形をすると目頭切開をしたような効果があると聞きました! 鼻整形後は初期には腫れもあり皮膚が引っ張られる現象があるため目頭が内側に寄って見えることもありますが、このような現象は約2ヶ月以内で元の位置に戻ります。 また、元々目と目の距離が近い場合、鼻筋の高さを適当な高さまでにしなければ目と目の間がより近く見えてしまう恐れがありますので気をつけなければなりません。 再手術をすると腫れが長引きますか?もちろん再手術の場合は1度目の手術よりも出血がある可能性もあり、手術過程が難しいですが、腫れにはあまり差がなく大体2週間ほどで腫れや痣はなくなります。 わし鼻手術は鼻筋にプロテーゼを必ず入れなければなりませんか?わし鼻は鼻筋の高さが高い場合が多いため、鼻筋の突き出ている部分を滑らかに整えるのがポイントです。 更に高い鼻筋をお望みでない場合には鼻筋にプロテーゼを入れることなく手術をすることも可能です。 鼻整形前にヒアルロン酸注入をしましたが、すぐ手術は可能ですか?ヒアルロン酸が全て吸収される前までには鼻整形は避けて下さい。 ヒアルロン酸施術後ですと、施術前に比べて鼻筋が既に高い状態のため元々の鼻の高さを予想することが出来ないからです。 よって鼻ヒアルロン酸施術後に鼻整形をご希望の場合には、鼻に残っているヒアルロン酸を全て溶かしてから鼻整形を行うことが望ましいです。 鼻炎持ちです。 鼻整形をするともっとひどくなると聞きましたが大丈夫でしょうか?鼻炎、副鼻腔炎などの症状があるため、鼻整形後にはもっと悪化するのではないかとご心配の方も多いかと思います。 id美容外科ではそのような方々のために3D-CT鼻整形を行っています。 3D-CT撮影を通し、鼻の組織の状態を精密に検査した後手術計画を立てるため鼻炎などの鼻の機能的な問題までもを解決しながら綺麗な鼻を完成することができます。 鼻整形 韓国id美容外科は多角的に、お客様のイメージを考慮し1:1のカスタム手術を行います。 どんなに綺麗な鼻でも、人によってコンプレックスがあったりします。 鼻は顔の真中に位置し、目、口、顔の形などにより、相対的に見えるためです。 だからこそ、韓国id美容外科の鼻整形は、何よりもお客様の顔の調和と割合を大切にし、お客様が希望としているイメージに合った理想的な鼻の形をご提案致します。 id美容外科の鼻の整形は多様的な術法を保持し有能な技術を保持する医療陣が在籍しています。 美しい鼻を手に入れるためには、鼻の高さ、長さ、鼻先の形、骨格の広さ、皮膚の厚さ、鼻の穴、インプラントの種類等、考慮するべき点が多く存在するため、鼻整形は、複合的な設計・手術計画が重要な手術です。 韓国id美容外科が長年培ってきたノウハウで、ほぼすべての鼻整形を行う事ができ、1人1人のニーズに合った手術を行います。 鼻の整形、韓国id美容外科は鼻成形に必要な材料の選択を体系的な判断を行います。 シリコンと自家製軟骨、どちらの方が良くて、理想的であるか一概に定義つけることは難しいです。 鼻の形や肌の特性に応じて、この基準は異なる場合があるからです。 鼻整形に使われる材料・材質よりは、どのようにその材質を使用するのかがより重要です。 韓国id美容外科鼻の整形専門医療陣は、長年蓄積されたデータと手術のノウハウで、適切な材料を選択し、より安心に美しくなることができます。 韓国id美容外科では鼻の整形をお受けになったお客様とのコミュニケーションを元に作った術後ケア、ラピッドヒーリングを準備しています。 鼻整形を行っていると意外にも、結果を気にするくらい、長い回復期間、腫れ、あざ、痛みに関する心配をされている方が多く居ることが判明致しました。 韓国id美容外科は、このようなお客様の心配を軽減する為、手術後の回復期間を出来るだけ短縮させる治療プログラム、ラピッドヒーリングプロジェクトを開始しました。 当院の鼻整形の専門医は常にお客様の意見に耳を傾け最大限反映できるように努めております 鼻整形の専門医療チームは、定期的に行われる会議を欠かさず参加し運営しています。 韓国id美容外科の鼻整形の医療陣は詳細な鼻整形を失敗無く完成させるため、毎月2回の定例会議を実施しております。 執刀医はもちろん、カウンセラー、看護チーム、治療ケアチーム等、鼻整形に関する関連部署が全て参加し、お客様別のケース分析を行い、お客様が術後に不快に感じる点が無いか、改善すべき点はないかを話し合いながら最新の術法や特殊なケーススタディーも怠る事無く実施しています。 関係者が全員参加し、このような意見交換の場を設ける事は容易な事ではありませんが、このプロセスを定期的に実施している当院に対する誇りがあります。 現状に満足せず、より良い診療、より満足のいく手術、より快適な医療サービスのため、韓国id美容外科は引き続き努力を重ねてまいります。

次の

韓国での鼻整形の費用は?韓国の鼻整形で有名なクリニック情報まとめ

韓国 鼻 整形 有名

veriteclinic. html) 福田慶三医師 豊富な症例を誇る美容外科のパイオニア 福田医師は、多角的なアプローチによる、患者ごとにベストな解決法を示してくれるドクターです。 長年、形成外科医としての研鑽を積まれており、その知見を生かしつつ、センスが問われる鼻整形で、国内外から高い評価を得ています。 顔のコンプレックスを取り除くことが美容整形の使命という志のもと、施術に取り組んでいます。 福田医師の鼻整形の特徴 福田医師の鼻整形の特徴は、デザイン性の追求。 鼻筋だけでなく、眉間や鼻先への施術を行ってバランスのとれた鼻をめざします。 鼻の施術に関しては、公式ホームページでもかなりわかりやすく図解と先生の見解をもとに説明があり、鼻施術へのこだわりが垣間見れます。 また、著書には『セレクト美容塾・鼻』(克誠堂)があります。 ginza-sumiren ohana. 大学卒業後は関連病院で診療を行っていたほか、フランスのパリ・サンルイ病院で研究に携わった経歴を持つドクターです。 現在は銀座すみれの花形成クリニックの院長を務めており、これまで形成外科医として関わった研究や手術の数々をまとめた著書を出版しています。 横山医師の鼻整形の特徴 横山医師は、鼻整形において自然な鼻の形に形成することを重視しています。 そのため、カウンセリングから手術まで院長が対応。 患者の要望に応えながら、それぞれの顔に合わせて鼻の大きさや高さ、形を調整して、バランスの良い鼻に仕上げてくれます。 公式サイトには横山医師が担当した症例の写真が掲載。 その写真からも横山医師のこだわりがうかがえます。 yagoishi. 大口 春雄医師 形成外科医として35年以上の経歴 1984年に岡山大学医学部を卒業後、名古屋大学医学部形成外科や愛知県がんセンター頭頚部外科で医員を務め、留学。 帰国後、豊橋市民病院形成外科で外科部長を担当し、2004年から美容外科医としてキャリアをスタートしました。 2008年に現在の八事石坂クリニックを開院しました。 大口医師の鼻整形の特徴 大口医師は鼻の施術を行なう場合「手術結果が約束できない施術をはしない」「フォローできない施術はしない」と決めているそうです。 そのため、カウンセリングを徹底的行ない、患者が希望する「なりたい鼻」を把握します。 これまでの症例写真や動画を確認し、必要であれば図を書きながら説明。 患者とイメージを共有することで理想の鼻の形を導き出します。 時間をかけて施術を行う また、鼻の整形は傷口を目立たせないように、切り口を小さくしなければなりません。 そのため、止血が難しいといわれていますが、時間をかけて施術を行うことで腫れを抑えてくれます。 経歴 1984年:岡山大学医学部卒業 1986年:名古屋大学医学部形成外科医員 1990年:愛知県がんセンター頭頚部外科医員 1993年:オランダ・グローニンゲン大学留学 1995年:オーストラリアマイクロサージャリーセンター留学 1995年:豊橋市民病院形成外科部長 2000年:陶生病院形成外科部長 2004年:ヴェリテクリニック名古屋院院長 2008年:八事石坂クリニック院長 所属医師会や保有資格 ・日本形成外科学会認定医 ・日本美容外科学会専門医 所属クリニック 八事石坂クリニック 住所 【名古屋駅前院】愛知県名古屋市中村区名駅4-16-33 パシフィックスクエア名駅3階 営業時間 9:30~18:30(休:日曜) アクセス JR「名古屋駅」より徒歩7分 地下鉄「国際センター駅」より徒歩2分 麻生医師の経歴 日本国内だけでなく、アメリカのビバリーヒルズや韓国で技術を習得してきた麻生医師。 美容外科に転身したばかりのころは、美容外科医としてプライドが持てなかった日々を送ったようですが、施術後喜ぶ患者の姿を見て、自信と喜びを感じられるようになったとか。 今では多数のメディアで紹介されているドクターです。 麻生医師の鼻整形 鼻整形においては、韓国へ美容外科留学を行い、専門医のもとで鼻形成手術を重点的に学んでいます。 特に留学時代は鼻専門クリニックのチョン・ドンハク医師より鼻先を長くする鼻中隔延長(びちゅうかくえんちょう)など鼻形成を一から学んでいる経歴を持つ稀有な美容外科医です。 活動 著書には『美容外科医の本音』(白誠書房)があり、雑誌「Qualitas」や「MADURO」など取材多数。 所在地: 東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F 公式プロフィール: 近藤医師の経歴 近藤医師は、1988年に京都大学を卒業後、東京女子医科大学や倉敷中央病院などの脳神経外科で勤務。 2007年から美容外科医としてスタートした異色の経歴を持つドクター。 脳外科医の経験と知識を活かした繊細なオペを提供しています。 2010年にSOグレイスクリニック御殿山を開院し、大阪にも展開し今に至ります。 近藤医師の鼻整形 近藤医師を頼って全国から患者が来院するほか、その技術力の高さからアジア全域でも定評のある医師です。 鼻整形をはじめとする目元など繊細な顔周りの施術を得意としています。 近藤医師の鼻整形はレディエッセという注入剤で鼻筋を高くする施術を提供しています。 活動 「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京)や「しゃべくり007」(日本テレビ)などTV出演多数。 所在地: 東京都品川区北品川5-16-25 公式プロフィール: 白壁医師の経歴 白壁医師は半世紀以上美容外科業界の最前線で治療を行ってきました。 1969年に東京医科大学を卒業後、形成外科医として入局し、まだ美容外科がメジャーではない1979年に大阪白壁美容外科の院長に就任。 1986年には、日本人と欧米人の骨格的な違いを研究し、皮膚が厚い東洋人にも効果を感じられるフェイスリフト術を発表。 白壁医師の鼻整形 白壁医師は「鼻先が柔らかく」「鼻根は固い」違和感のない自然な仕上がりになるプロテーゼを考案。 現在では、そのプロテーゼはアメリカのインプランテック社から、「シラカベタイプ」として発売されています。 このプロテーゼを個々の鼻にあわせてオリジナルのプロテーゼを作成してもらえます。 活動 研究発表が米国美容外科学会でウォルター・スコット・ブラウン賞、日本美容外科学会で最優秀賞を受賞。 トヨタ記念病院形成外科部長や第一なるみ病院形成外科部長など経歴を残し、大学の講師や教授として教鞭をとっています。 2004年から美容外科の院長となり、現在、表参道スキンクリニックで統括医療部長を務めています。 中西医師の鼻整形 形成外科学会の専門医の資格だけでなく、2つの美容外科学会専門医の資格も取得している中西医師。 多面的な視点からアドバイスや診療を行ってくれる医師です。 鼻整形では、メスを使用しないヒアルロン酸注入術、鼻先を細くする鼻尖縮小術、シャープなラインを作る鷲鼻形成術など、幅広い施術を実施しています。 活動 現在、藤田保健衛生大学形成外科で客員准教授、過去には慶應義塾大学助教授として教壇に立つ。 所在地: 東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4F 公式プロフィール: 吉種医師の経歴 吉種医師は、1986年に東京医科大学を卒業後、11年間関連大学病院で美容外科や形成外科で研修。 1997年から形成外科医・美容外科医として25年以上技術を磨き、これまでに100人以上の美容外科医を指導してきた経歴を持つドクターです。 2010年には、現在の東京イセアクリニック総院長を務めています。 吉種医師の鼻整形 美容外科の手術全般において高い技術を持っていますが、特に鼻の美容整形には強いこだわりを持っています。 メスさばきの速さと正確性はトップクラスと自負しています。 他に確かな腕だけでなく患者とのカウンセリングを大切にする人柄から、患者からの信頼が厚い医師です。 活動 共著で『目を美しくする神奈川美容外科クリニックの最新情報のすべてをお知らせします。 』(ぶんか社)などを出版。 所在地: 東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー東急ホテルロビー階 公式プロフィール: 中北医師の経歴 1982年に北里大学医学部を卒業後、頭蓋顎顔面外科や小児顔面先天異常形成外科など形成外科医として17年キャリアを積みました。 その後、「形成外科的な要素」にプラスして、「美しさの要素」を求めて美容外科医に転身。 2007年に自由が丘クリニックの院長、2017年には総院長に就任しています。 中北医師の鼻整形 大学病院で小児先天異常や顎変形症の臨床を担当していたことから、鼻の整形術や顔面骨格形成術を得意としています。 患者の希望と手術のゴールのすり合わせが大切だというポリシーを持っているのも特徴。 日本人女性の鼻の理想的な美的基準に基づいて、その人に合った鼻の形成を行ってくれます。 活動 『VOGUE JAPAN』特集で「外科医が選んだ名医」手術部門第1位。 過去には北里大学医学部で形成外科准教授として教壇に立つ。 所在地: 東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2F・3F・4F 公式プロフィール: 広比医師の経歴 山梨医科大学を1989年に卒業後、数々のクリニックで形成外科と美容外科の腕を磨き、2000年にリッツ美容外科を開設しました。 日本形成外科学会で論文を多数発表し、日本美容外科医師会会長賞など受賞の経験もある広比医師。 海外の有名医療ジャーナルで論文が掲載されたことも多数あります。 広比医師の鼻整形 鼻整形に関しては、鼻専門の手術について書いた『鼻形成術』 克誠堂 を執筆しています。 広比医師が考案した手術方法、Hirohi Methodsは鼻形成の術式として海外に定着。 2018年には、日本美容外科学会学術集会で「アジア人の鼻形成」について発表するなど、これまで鼻だけでも14回以上学会発表している研究活動に熱心な先生です。 活動 ハワイ大学医学部客員教授や自治医科大学非常勤講師に就任 所在地: 東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F 公式プロフィール: 田中医師の経歴 日本形成外科学会認定医の資格を持つ田中医師は、1993年に九州大学医学部を卒業し、2007年まで久留米大学医学部形成外科や済生会二日市病院形成外科で形成外科医として活躍。 14年以上形成外科医として経験を積んだ後、美容外科医として、現在は城本クリニック新宿院院長を務めています。 田中医師の鼻整形 田中医師の鼻整形については、特に鼻尖形成の情報を先生自身のブログで確認できます。 鼻翼縮小の症例や併用手術のリスク、施術前後など鼻整形の詳しい説明があり、わかりやすい施術を期待できそうです。 日本美容外科学会の機関紙では田中医師の「吸収性プレートと軟骨膜を併用した鼻中隔延長の検討」が掲載されました。 活動 日本美容外科学会 論文発表 所在地: 東京都新宿区西新宿1-4-2 141ビル6F 公式プロフィール: 谷医師の経歴 1980年に千葉大学医学部を卒業し、それから8年間昭和大学病院形成外科医局に勤務。 日本形成外科学会の専門医の資格を持ち、形成外科医として基盤をお持ちの先生です。 1988年から美容外科医としてキャリアをスタートし、1997年に現在の高須クリニックに勤務しています。 谷医師の鼻整形 25年間ずっと美容外科と形成外科で実績を積まれてきた谷医師は、高須克弥院長から器用な先生と評価されている先生です。 日本形成外科学会専門医であることからも、経験は折り紙付きです。 繊細な鼻の施術を目当てに関東中から谷医師の元に多くの患者が来るようです。 活動 25年間美容外科、形成外科一筋 所在地: 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館12F 公式プロフィール: 倉片医師の経歴 1988年に東海大学医学部を卒業し、東京警察病院形成外科で16年間形成外科や美容外科の経験を積んでいる倉片医師。 特に高度なテクニックが必要な骨切りの分野で積極的に学会活動や研究を行い、豊富な症例数をこなしてきました。 日本形成外科学会など多くの学会で評議員や理事も務めています。 倉片医師の鼻整形 形成外科に精通されている倉片先生が得意としている骨切り輪郭形成。 それを応用して、鼻の整形、特に耳の軟骨を鼻に移植する隆鼻術が得意です。 一般的な耳介軟骨移植は変形する恐れがありますが、倉片先生は筋膜で1ミリくらいに刻んだ軟骨を包んで鼻背にいれ、後戻りしない施術を行っています。 活動 著書に『形成外科医が語る美容外科の世界』(悠飛社)があり、東京警察病院の嘱託医も務める。 所在地: 東京都千代田区九段南4-3-9 公式プロフィール: 【名古屋】鼻整形を得意とする医師一覧 李医師の経歴 李医師は、1992年に金沢大学医学部を卒業後名古屋大学第一外科や静岡済生会病院外科など外科に9年間携わり、外科的基礎を十分身に着けたうえで2001年から美容外科医に転身。 2008年には、現在のヴェリテクリニック名古屋院院長に就任したドクターです。 李医師の鼻整形 李医師は、患者一人ひとりとのカウンセリングをじっくり行って信頼関係を築きます。 患者さんが納得しなければ2度、3度でもカウンセリングに付き合ってもらえます。 施術は希望にあわせて鼻尖縮小術や鼻翼縮小術、鼻中隔延長術といった多岐にわたる施術法のなかから最適なものを提案してくれます。 活動 論文に『シリコン製眉間プロテーゼの作成』や『ヒアルロン酸注入で立体的なノーズシャドーを作る工夫』などがある。 所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビルディング11F 公式プロフィール: 竹江医師の経歴 1998年に東京医科大学医学部を卒業後、麻酔科に入局し麻酔科標榜医免許を取得。 2001年から大塚美容外科をはじめ、大手美容外科の院長も務めました。 現在では、2006年に開院した水の森美容外科の総院長を務め、毎月第3週は北海道院で診療しています。 竹江医師の鼻整形 鼻の施術では、気軽に受けられるヒアルロン酸注入から、切開が必要な小鼻縮小や鼻骨骨切りまで、ニーズに合わせてさまざまな施術を実施することが可能。 顔全体のバランスを考慮した鼻へと仕上げてくれます。 「その施術を身内にも勧められるか…」、そういった姿勢のカウンセリングで支持されています。 活動 「美容専科きれい」(奈良テレビ)のTV出演や『週刊女性』(河出書房新社)など雑誌特集の取材がある。 所在地: 愛知県名古屋市中区栄3-6-20 辰晃ビル5F 公式プロフィール: 小木曽医師の経歴 1982年に岐阜大学医学部を卒業、同大学循環器内科に入局後、医療法人友愛会岩砂病院で循環器部長や副院長を務めました。 内科医として勤務する一方、美容外科医としても尽くしており、1988年にコムロ美容外科名古屋院の院長など歴任し、2005年に現在の小木曽クリニックを開院しました。 小木曽医師の鼻整形 小木曽クリニックの院長である小木曽医師は、美容外科医療に30年以上携わっているベテランドクター。 ポピュラーな隆鼻術から、豊富な経験と高度な技術が必要となる鼻中隔延長術、鼻骨骨切り縮小術まで、あらゆる施術に対応することが可能です。 最新設備と安全な医療機器を使用して、患者の希望に応える施術を提供しています。 活動 ウェブ上では確認できませんでした 所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅3-24-14 LCビル6F 公式プロフィール: 大口医師の経歴 1984年に岡山大学医学部を卒業後、名古屋大学医学部形成外科や愛知県がんセンター頭頚部外科で医員を務め、オランダやオーストラリアに留学。 帰国後、豊橋市民病院形成外科で外科部長を担当し、2004年から美容外科医としてキャリアをスタートしました。 2008年に現在の八事石坂クリニックを開院しています。 大口医師の鼻整形 形成外科学会専門医と美容外科学会専門医の両方の資格を持つ大口医師は鼻整形を得意としており、学会や論文でも鼻形成術に関する発表を多数行っています。 ただ、鼻をプロテーゼで高くするだけでなく、顎や額のバランス、顔立ちにあわせて形成外科的なテクニックで、審美性を求めた鼻整形に拘っています。 日本形成外科学会専門医の資格も取得しました。 ウェブ上での医療情報発信に積極的で、高須クリニックで行われている鼻整形などあらゆる施術を動画で確認できます。 高須医師の鼻整形 そんな高須医師は鼻の手術全般を得意としており、カウンセリングでじっくり話し合ったうえで、一番満足できる施術を提供してくれます。 鼻の高さを出すプロテーゼの施術では、患者に負担の少ないオリジナルシリコンを使用して、数ミリ単位で自然な仕上がりを実現できます。 活動 「スイッチ!」(東海テレビ)や「草彅剛の女子アナSP」(フジテレビ)などTV出演多数 所在地: 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア8F 公式プロフィール: 上医師の経歴 1976年に昭和大学医学部を卒業し、同年慶応大学形成外科に入局しました。 数々の大学病院形成外科を経験し、1987年から自身のクリニックを開院。 また、ボランティア活動にも積極的で、アフリカに住む貧困層に、「口唇裂」手術を17年以上ボランティアで実施しています。 上医師の鼻整形 日本形成外科学会専門医の資格を持つ上(カミ)医師は形成外科医歴40年以上のベテラン医師です。 鼻の整形に関しては、プロテーゼによる隆鼻法から高い鼻を低くする骨切り、巨鼻症手術、肋軟骨移植術などかなり鼻の施術だけでも幅広いメニューをカバーしています。 活動 「ぴーぷる 愛知」(読売新聞)掲載 所在地: 愛知県名古屋市西区則武新町2-25-6 公式プロフィール: 【大阪】鼻整形を得意とする医師一覧 池内医師の経歴 大阪で20年以上展開している美容外科の院長を務める池内医師。 1996年に神戸大学医学部を卒業し、2年間大学病院や県立病院で麻酔科医として勤務しました。 2000年から美容外科医に転身し、現在院長を務めるコムロ美容外科で、丁寧なカウンセリングを掲げて美容外科医として経歴を積んでいます。 池内医師の鼻整形 特にプロテーゼでの隆鼻法では、シリコンの塊から自分の鼻の形に合わせてプロテーゼを作ってもらえる点が特徴です。 さらに、手術は静脈麻酔で意識はある状態で行うため、手術中に患者自身が鼻の様子を見ながら調整してくれるのもポイントです。 活動 ウェブ上では確認できませんでした 所在地: 大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F 公式プロフィール: 寺町医師の経歴 1995年に岐阜大学医学部を卒業し、美容外科医歴18年以上の寺町医師は現在、聖心美容クリニック大阪院院長です。 元々は脳外科医として5年経験を積み、その後美容外科医になった経歴を持っています。 現在は日本だけでなく、上海など海外での診療も開始しており、国内外に活動を広げています。 寺町医師の鼻整形 脳外科でトレーニングを積んだ持ち前の手先の器用さが特徴の寺町医師。 鼻先を整える耳介軟骨移植や小鼻縮小、プロテーゼとの併用手術など細かな施術の事例が公式ホームページでも紹介されています。 また、ヒアルロン酸注射での隆鼻術も得意としており、施術数が多いのも特徴です。 活動 「密着!悩める女性の美容整形 家族と踏み出す第一歩」(フジテレビ)のTV出演やメディア出演多数 所在地: 大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F 公式プロフィール: 嶽崎医師の経歴 東京と大阪にクリニックを構える嶽崎院長は、インスタやYoutubeで最近露出の多い先生です。 過去には品川美容外科品川院院長や表参道スキンクリニックの顧問を務め、2017年から独立。 今まで行ってきた手術実績は5万件を超えるとされ、特にアンチエイジング治療に力を入れています。 嶽崎医師の鼻整形 嶽崎院長の鼻整形で注目すべきポイントはTAC式人中短縮術というクリニック独自の施術。 TAC式人中短縮術は鼻から顎下までの長さのバランスを整え、サル顔を解消する施術です。 流行にあわせた鼻形成が得意で、昔は矢印のような鼻が多かったですが、今はオルチャン風の鼻を形成する施術に対応しています。 活動 Youtube「たけさきもとひこ」で動画配信中 所在地: 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10 キュープラザ心斎橋5F 公式プロフィール: 藤本医師の経歴 大阪出身の藤本医師は日本形成外科学会の専門医資格を持ちます。 1999年に大阪医科大学を卒業後、同大学附属病院で頭蓋顎顔面領域の形成治療を務め、先天異常の顔面手術を専門とし、頭蓋顎顔面外科学会ガイドラインの作成メンバーとしても活躍。 その後、美容外科医に転身し、修正手術など難易度の高い手術までこなします。 藤本医師の鼻整形 先天異常の手術を専門にしてきたため、鼻や口唇の構造を熟知。 形を元に戻す形成外科とより形を整える美容外科の技術を融合した鼻整形を受けられます。 術式を決め打ちしてくるのではなく、理想の鼻を伝えてほしいというのが藤本先生のカウンセリングのアドバイスです。 活動 「情熱医療プロフェッショナルドクター」出演 所在地: 大阪府大阪市都島区東野田町2-9-7 K2ビル2F 公式プロフィール: 【その他】鼻整形を得意とする医師一覧 飯田医師の経歴 飯田医師は、日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、サーマクール認定医などの資格を持つドクターです。 1992年に東京医科歯科大学医学部を卒業し、総合病院で頭頸部外科や形成外科、美容外科などを経験。 2009年より美容外科医として活動し始め、現在湘南美容クリニック辻堂アカデミアの院長を務めています。 飯田医師の鼻整形 形成外科医としてのこれまでの経験から、美容外科でも鼻をはじめ、顔全般の施術を得意としています。 鼻の整形では、鼻を高くするヒアルロン酸注射から、鼻をシャープにする鼻骨骨切り術まで対応。 他院で行った施術の修正症例数も豊富です。 湘南美容外科主催の「整形シンデレラ」の執刀医でもあります。 活動 「顔面・鼻副鼻腔の再建」など30以上の学術論文や学会発表多数 所在地: 神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-39 オザワビル4F 公式プロフィール: 隆鼻術はその名の通り、鼻を人工的に高く見せる手術。 鼻自体を高くしたいと考えている方に適応される施術です。 シリコンでできたプロテーゼを鼻の形に合わせて作成し、鼻筋に沿って内側から挿入します。 プロテーゼには形がI字型とL字型の2種類あります。 L字型の方が鼻先も高くなり、固定性も高まりますが、下手な医師に施術された場合、飛び出してきてしまうリスクも。 ただ、I字型であっても腕のいい医師でなければ鼻の中で向きを変えてしまうこともあります。 費用目安と施術時間• 費用:35万円• 時間:30~60分 個人差はありますが、3分から60分程度の手術時間です。 術後にギブス固定する場合、通院する必要があります。 鼻整形では、手術後のダウンタイムの際に注意した方がいいポイントがありますので紹介します。 術後はぶつけるなど強い力がかからないよう気を付ける• 完全に落ち着く半年後くらいまでうつぶせ寝は避ける• 術後1週間は鼻をかんだり押さえるのは避ける• 当日は入浴や飲酒、運動など血行の良くなることは控えシャワー程度にしておく。 鼻のマッサージは1ヶ月は避ける。 ヒアルロン酸注入した場合当日は血行が良くなることは避け内出血をできるだけ抑える 鼻整形の結果次第で顔の印象ががらりと変わります。 鼻にメスを入れる手術を行うため、失敗すると理想とは程遠い結果になってしまいます。 ですから信頼できるドクター選びが大変重要です。 また、アフターフォローも万全なところを選ぶようにしましょう! ダウンタイムについては、各施術によって変わるので、必ず事前に確認しましょう。

次の