タイヤ の ヒビ。 タイヤの空気が抜ける……自動車・バイクのエア漏れ原因と対策方法 [タイヤ・ホイール] All About

タイヤのひび割れによる交換時期の目安は? 放置すると…

タイヤ の ヒビ

乗ってない車ほど危険?意外なひび割れの原因 タイヤのひび割れは「タイヤの状態不良」の中で一番多い事象です。 その原因は「タイヤの時間劣化によるもの」で、 意外にも走行距離の短い車や、 あまり乗る機会のない車におこりがちな事象です。 主にゴムでできているタイヤは、長時間放置しているとゴムが劣化し、 筋状に何本もヒビが入ってしまいます。 タイヤには基本的に劣化防止剤が含まれているはずなのですが、 その効果は永劫ではなく、自然と抜け出てしまうものなのです。 特に紫外線や熱を浴びていると、その分早く抜け出てしまうので、 熱や紫外線の影響が大きいところに車を置いておくと、 タイヤの劣化が進み、結果的にひび割れてしまいます。 また、タイヤのツヤ出し材や、 ワックスなどの薬品を多用した場合でも、 ひび割れの原因となります。 タイヤがバーストしたらどうするか? タイヤがバーストした場合、もしくはバーストする直前など、 車の動きが不安定になったり、操縦しにくくなるなどの現象に見舞われます。 その際、車の予想外の動きに対して、 つい急ブレーキを踏んでしまったり、急ハンドルを切ったりしてしまいますが、 かえって事故の原因になる可能性が高いです。 タイヤがバーストしてしまった際は、 一般道の時は、徐々にスピードを落とし、路肩まで移動しましょう。 車を移動したら、他の交通に気をつけて、タイヤを確認します。 タイヤの様子を見ればバーストか、タイヤの異常かは目視で確認できます。 自分で対処できないようであれば、JAFやロードサービスを呼びましょう。 高速道路の時は、路肩だと危険ですので、 なるべく近くのサービスエリア、 もしくはパーキングエリアまで移動してください。 タイヤがバーストしない為の対処法 では、タイヤがバーストしない為にはどうしたら良いでしょうか? タイヤのバーストを未然に防ぐためには、 日ごろからのこまめなチェックが重要となります。 サイドウォールにヒビがないか、スリップサインが出ていないかなどを、 目視でチェックしましょう。 また、月に一度はガソリンスタンド等で、 空気圧の点検を行ってください。 ヒビだけでなく、タイヤの劣化や傷の有無なども確認できるので、 目視だけのチェックよりタイヤの状況を確認できます。 ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの変更など、 季節ごとでタイヤを交換する場合、使用していないタイヤは、 タイヤカバーなどで覆って、適切な管理方法で保管をしましょう。 車のタイヤに関しては「乗っていないから劣化しない」、 というわけではありません。 ゴムの特性上、時間経過による劣化は避けられないので、 タイヤのケアは十分に行ってください。

次の

タイヤのひび割れ

タイヤ の ヒビ

バイクのタイヤがひび割れを起こす原因 タイヤがひび割れを起こす原因は色々ありますが、基本的には 普通に走っていても、いつかはひび割れは起きるものです。 そのため、ひび割れはタイヤが劣化してきたサインであるという事です。 まずはひび割れが起きる原因について見てみましょう。 経年劣化 タイヤはゴムでできていますが、時間が経てば経つほど劣化していきます。 タイヤの 使用寿命は一般的には3年程度と言われていますが、使用しているうちに徐々にゴムが硬化していきます。 また、雨風にさらされたり、直射日光による 紫外線のダメージの蓄積がひび割れを起こすと言う訳です。 通常タイヤには劣化を防ぐために油分(劣化防止剤)が入っているのですが、艶出し剤や洗剤の成分によっては、この油分が抜けて行く原因にもなります。 空気圧 走行しているうちに、少しずつですがタイヤの空気は抜けて行くものです。 そのため、通常は定期的に空気を充填します。 一方、 空気圧が低い状態で走行することにより、タイヤが変形した状態で走行することになります。 この空気圧が低い状態での走行もひび割れの原因とされています。 その分、タイヤがつぶれたような状態になり、このような状態が頻繁に続くと、ひび割れをしやすい状態に繋がります。 ひび割れしたタイヤの危険性 タイヤがひび割れをしてくると、まず危険なのは バースト(破裂)の原因になるという事です。 バーストの場合、徐々に空気が抜けて行くパンクとは異なり、タイヤが破裂します。 バーストすれば、そのまま転倒に繋がりますので、重大な事故になる可能性も非常に高いですよね。 ひび割れしたタイヤはバーストの代表的な兆しと言われているのです。 特に、 トレッド面(地面との接地面)にひび割れが入っている場合には、バーストの大きな原因になります。 また、バーストまで行かなくても、ひび割れをしているタイヤの場合は、劣化が進んでゴムが硬化している事は間違いありません。 程度にもよりますが、ゴムが硬化したタイヤの場合にはグリップ力がかなり落ちている状態です。 グリップが落ちているタイヤであれば当然 「スリップ」もしやすくなります。 特に路面がぬれている場合や、高速走行、ワインディングなどは、ひび割れタイヤだと更にスリップの危険は高くなります。 ひび割れしたタイヤの対処法 タイヤがひび割れしてきた場合には、 一番の対処法はタイヤの交換です。 特に 接地面にひび割れが発生している時には、なるべく早く交換しましょう。 良く、バンク修理剤などで応急処置をすると言うような話もありますが、基本的にはおすすめしません。 タイヤの劣化状態が回復するという事はありませんし、ひび割れが発生している時には部分的にではなく、全体的にひび割れが発生しているケースがほとんどです。 はっきり言って効果的とは言えません。 何より、バイクの場合には車と異なり、スリップやバーストが起きれば、ほぼ間違いなく転倒します。 大きな事故につながる可能性は車よりよっぽど大きいのです。 側面のひび割れと接地面のひび割れ タイヤ側面のひび割れ バイクのタイヤがひび割れを起こす場所は2つあります。 ひとつは トレッド面(接地面)ともうひとつが サイドウォール( 側面)です。 一般的には、側面のひび割れの方が先に発生しやすく、側面のひび割れは接地面のひび割れに比べると、バーストの危険性は低いと言えるでしょう。 側面のひび割れのみで、且つ 軽度であれば、しばらくはそのまま走行しても大丈夫です。 とはいえ、タイヤの劣化と硬化が進んでいる事には間違いありませんので、スリップなどには充分気を付けて走行するようにしましょう。 また、多少でもひび割れが出てきている以上は、徐々にひび割れがひどくなっていきます。 車検の時や、ショップにメンテナンスを依頼するタイミングなどで、早めのタイヤ交換をしましょう。 逆に、 接地面にひび割れがあるでようでしたら、できるだけ早急に交換しましょう。 ひび割れをしているタイヤでも車検は通る? 良くある疑問に、 「ひび割れしたタイヤで車検は通るのか?」と言うものがあります。 結論から言うと、車検の保安基準にはタイヤの溝の深さはあっても、 ひび割れの有無はありません。 そのため、ひび割れしたタイヤでも溝が0. 8㎜あれば問題ないという事になります。 8mm。 車の場合には1. 6mm) しかしながら、車検場や検査員によっては、あまりにも酷いひび割れの場合にはNGにされる事もあります。 中古バイクを買う時にもひび割れはチェックしよう 中古のバイクを買う時には、タイヤの溝の残りはチェックする人も多いでしょう。 中古バイクのサイトでも、溝の残りについては良く記載があったりしますが、 意外とひび割れは盲点になります。 どんなに溝が残っていようが、ひび割れが発生しているタイヤの場合には、購入後の早い段階でタイヤ交換が発生します。 中古バイクの場合には、タイヤの経年劣化も進んでいる場合も多いです。 中古バイクのタイヤをチェックする時には• 溝の深さ• ひび割れの有無• タイヤの製造年 を併せてチェックすると良いでしょう。 とはいえ、できるだけ発生しないように寿命を延ばしたいものです。 そのために、できる対処法をいくつか紹介します。 マメに空気圧をチェックする 低下した空気圧の状態で走る事は、タイヤに変形の原因になりひび割れに繋がります。 できるだけ、マメに空気圧をチェックして適性な空気圧を保つようにしましょう。 保管状態に気を付ける ゴム劣化には 紫外線の影響も大きいです。 自宅やガレージに保管している時には、 直射日光に当たり続けないように、屋内やバイクカバーを使うようにしましょう。 また、屋外の場合には紫外線対策のしてあるバイクカバーを選ぶと良いでしょう。 バイクカバーはすっぽりとタイヤが隠れるサイズを選ぶことも重要です。 とはいえ、あまりにも使いすぎるとタイヤの劣化を早める原因にもなります。 また、 艶出し剤の種類や成分によっても大きく変わってきます。 特に 油性のタイヤワックスはあまり良くないと言われています。 まとめ:ひび割れしたタイヤは早めに交換 バイクにとって、タイヤは非常に重要な部分です。 二輪という不安定な乗り物で、 タイヤの状態ひとつで大きな事故につながる事もあります。 一方で、タイヤは大きなバイクになればなるほど、高価なものになってきます。 多少のひび割れであれば、まだ平気だろうと思ってそのまま乗りたくなるのは無理もありません。 しかしながら、ひび割れをしているという事は、確実に劣化しているというサインです。 安全第一で、 タイヤにひび割れが出てきたら、早めに交換を検討することをおすすめします。

次の

バイクのタイヤがひび割れしていても大丈夫?早めに交換しましょう!

タイヤ の ヒビ

乗ってない車ほど危険?意外なひび割れの原因 タイヤのひび割れは「タイヤの状態不良」の中で一番多い事象です。 その原因は「タイヤの時間劣化によるもの」で、 意外にも走行距離の短い車や、 あまり乗る機会のない車におこりがちな事象です。 主にゴムでできているタイヤは、長時間放置しているとゴムが劣化し、 筋状に何本もヒビが入ってしまいます。 タイヤには基本的に劣化防止剤が含まれているはずなのですが、 その効果は永劫ではなく、自然と抜け出てしまうものなのです。 特に紫外線や熱を浴びていると、その分早く抜け出てしまうので、 熱や紫外線の影響が大きいところに車を置いておくと、 タイヤの劣化が進み、結果的にひび割れてしまいます。 また、タイヤのツヤ出し材や、 ワックスなどの薬品を多用した場合でも、 ひび割れの原因となります。 タイヤがバーストしたらどうするか? タイヤがバーストした場合、もしくはバーストする直前など、 車の動きが不安定になったり、操縦しにくくなるなどの現象に見舞われます。 その際、車の予想外の動きに対して、 つい急ブレーキを踏んでしまったり、急ハンドルを切ったりしてしまいますが、 かえって事故の原因になる可能性が高いです。 タイヤがバーストしてしまった際は、 一般道の時は、徐々にスピードを落とし、路肩まで移動しましょう。 車を移動したら、他の交通に気をつけて、タイヤを確認します。 タイヤの様子を見ればバーストか、タイヤの異常かは目視で確認できます。 自分で対処できないようであれば、JAFやロードサービスを呼びましょう。 高速道路の時は、路肩だと危険ですので、 なるべく近くのサービスエリア、 もしくはパーキングエリアまで移動してください。 タイヤがバーストしない為の対処法 では、タイヤがバーストしない為にはどうしたら良いでしょうか? タイヤのバーストを未然に防ぐためには、 日ごろからのこまめなチェックが重要となります。 サイドウォールにヒビがないか、スリップサインが出ていないかなどを、 目視でチェックしましょう。 また、月に一度はガソリンスタンド等で、 空気圧の点検を行ってください。 ヒビだけでなく、タイヤの劣化や傷の有無なども確認できるので、 目視だけのチェックよりタイヤの状況を確認できます。 ノーマルタイヤからスタッドレスタイヤへの変更など、 季節ごとでタイヤを交換する場合、使用していないタイヤは、 タイヤカバーなどで覆って、適切な管理方法で保管をしましょう。 車のタイヤに関しては「乗っていないから劣化しない」、 というわけではありません。 ゴムの特性上、時間経過による劣化は避けられないので、 タイヤのケアは十分に行ってください。

次の