世界一周 クルーズ。 飛鳥II 2020年世界一周クルーズ|クルーズ

世界一周クルーズ裏話(1) 世界一周クルーズに行くのはどんな人?

世界一周 クルーズ

第2回 ゼニス号世界一周クルーズ• 次の世界一周クルーズは12月出発となっていますが、そちらについてはスケジュールどおりの催行を予定。 以下、公式ホームページにリリースされた文書になります 新型コロナウイルスの影響に伴い、弊社では関係当局の指示を仰ぎ、 各国の船舶代理店・現地旅行社とも連絡を取り合いながら出航への準備を進めて参りましたが、船会社とも協議の結果、残念ながら2020年7月から8月に出航する弊社クルーズの中止を決定いたしました。 詳しくは、お申し込みいただいているお客様に順次お電話にてご連絡を差し上げておりますが、郵送いたします書面とあわせてご確認ください。 なお、12月以降に出航の世界一周クルーズにつきましては、安全・衛生対策に万全を期し、スケジュール通りの催行を予定しております。 弊社におきましては、夢の世界一周クルーズ実現に向けて、お客様のために、全力で準備に取り組んで参ります。 何卒みなさまのご理解とご協力をお願い申し上げます。 2020年6月 株式会社ジャパングレイス 参考: ピースボート(ジャパングレイス)は、3月のショートクルーズ、4月のオーシャンドリーム号第104回およびゼニス号第1回の中止に伴う返金要求に対しては、申込者らに対し資金不足のため即時返金は出来ないとして、一方的に3年分割案を押し付けていたのです。 その間ピスボート(ジャパングレイス)は、こうなることは分かり切っていたのに、あたかも上記各クルーズが催行可能であるかの如く称してWEB,MAILおよびダイレクトメールなどを使って大々的に宣伝して募集をかけていたのです。 これら中止にかかる各クルーズの申込金についても、即時返還は出来ないというのでしょう。 これが3年分割となったら、クルーズの催行を信じて申込・払込をしたひとたちはたまりませんね。 消費者庁は、こんな事態になってもピースボート(ジャパングレイス)に対し、営業停止などの行政処分をしないのでしょうか。 消費者保護の観点から大いに疑問です。 スペインのプルマンツール社が、破産宣告の申立をしました。 プルマンツール社は、ピースボートが運行予定のゼニスの前所有者なのです。 同社のホライズンは、ゼニスの姉妹船だったのです。 ピースボートは、今年1月にプルマンツール社からゼニスの引渡を受け、船籍もマルタからパナマに変更しています。 ゼニスは、1月下旬からギリシャのアテネ近郊のPERAMA港に繋留されていますが、ピースボート仕様への改修工事はまだなされていないようです。 問題なのは、ゼニスが買取なのかリースなのか定かではありませんが、プルマンツール社に対し、代償として既に相当な金額を支払済みと考えられることです。 ピースボートは、プルマンツール社に対し、ゼニス獲得のために相当額の代償金を支払済みであるのに、これを運行の用に供することが出来ない状態にあるということです。 今回のクルーズ中止により、再び申込者から一斉解約がなされるでしょうが、ピースボートはこれも返金はできないでしょう。 3年分割返済の約束が精々でしょう。 ピースボートは、エコシップについても申込者から50億円以上の大金を集めておきながら未だ建造の目途すら立っていません。 12月以降のクルーズだって出航出来る可能性は低いのですから、ピースボートは、これ以上被害を拡大しないために即刻新規クルーズの募集を停止すべきです。 株式会社ジャパングレイスは、12月以降の全クルーズ(エコシップを含む)の募集を即刻停止すべきである。 さもなければ、既に申込をしたひとはもちろんのことこれから申込むひとも、今後クルーズ中止に伴う申込金の返金を受けられなく恐れがあるからである。 株式会社ジャパングレイスは、エコシップの分だけでも少なくとも約50億円という大金を集めておきながら、申込金の返還が一切出来ないというのは極めておかしい。 その50億円は一体どこに消えてしまったのか、大い疑問である。 本来ならば、株式会社ジャパングレイス自らが自己破産の申立をなすべき状況であるのにそれをしないのはなぜなのか。 裁判所から選任される破産管財人によって、上記50億円の使途不明などの不正経理を暴かれるのを恐れているからではないのか。

次の

世界一周クルーズの料金を解説|クルーズ船での世界一周旅行に必要な費用を総チェック

世界一周 クルーズ

私は2012年8月27日から66日間、世界一周の船旅をした。 乗っていたのはピースボートという船。 よく居酒屋などにポスターが貼ってある、あれだ。 帰国後、世界一周してきました、と言うと、「良いなー夢叶えたんだね」とか、「自分も一生に一度は世界一周したいよ」などと言っていただくことが多いが、私の場合世界一周したいとか、ピースボートに乗りたいとか、実は全く考えたことが無かった。 ただ、元々海外旅行が好きで、大学生の頃から年に一度は必ず海外へ一人旅することを定番にしていた。 今年の行き先をどこにしようかと、「東南アジアも色々行きたいし、トルコも良いな。 インドも一度は行ってみたいし、ヨーロッパではスペインにまだ行っていない。 時間の掛かる中南米にも行ける時に行っておかないとなー」などと、とりとめも無く考えているうちに、ふと「そんなに時間が無い!」という事実に気づいてしまった。 1年に1回1〜2か国なんて悠長なことをやっていたら、5年で5か国くらいしか行けない! 現在アラサーの私が、あと5年も10年も気ままに一人旅のできる身分であるかもわからない。 だったら、どこかでまとめて行ってしまわなければ!というのが辿り着いた結論。 ちょうど数年間勤めた会社を辞めて少しゆっくりしている時期だったこともあり、行くなら今だ!と調べてみたら、たまたま「ピースボート」という団体には8月出発の世界一周クルーズがあり、3カ月弱で行きたかった国を色々回れるということがわかった。 これが6月末のこと。 数日後に説明会に行き、スタッフの人に「え、8月出発のですか?」と驚かれつつ(周りの人は11月や翌年2月出発を検討中だったらしい)、その場で申込み完了。 こんな感じで私の世界一周は決まったのだ。

次の

世界一周クルーズ|クルーズ

世界一周 クルーズ

旅してシェアしたいこと• 世界一周クルーズ前にジャパングレイスに支払いをした費用 ピースボートで世界一周をしようとすると、お金の支払いや、契約は「ジャパングレイス」とすることになります。 料金面で一番わかりやすいであろう「請求書」をひっぱりだしてきました。  ̄ノ ノ 管理人の参加した「南回り」は「北周り」より費用が嵩みます。 「世界一周をしたくて、コースにこだわりがない」「できるだけ安く世界一周を」と言う方は「北回り」がよいかもしれません。 1-1. 世界一周「旅行代金」を左右するふたつの要素 「旅行代金」というのが、ピースボートで世界一周をするための基本的な料金になります。 この費用を左右する主な要素は【船室】と【早期割引】になります。 【船室】について 管理人の場合は、窓ありの4人部屋で、4、5階の船室をチョイスしました。 ざっくり言うと、料金は下記の要素で決まります。 管理人には、その「違い」がわからず、上の階の船室のために、お金を払う気にはならず、下の階をチョイスしました。 しかも、7階だと夜中も解放されているデッキや、公共スペースの直下だったりします。 けっこう足跡が響きそうです。。。 「窓の確保」は、管理人とって必須でした。 前に住んでいた部屋の南側に、マンションが建ち、管理人の部屋に陽があたらなくなり、外が見えなくなり、つらかったです。 100日以上も、そこで生活するのですもの。 ただ「船室には寝るだけなので気にならない!」という方もいらっしゃると思います。 年に数回開催される船内見学会へでかけ、毎日、何回か通うであろう食堂、イベントスペースへの距離感、上階からの足跡の響きっぷり、ここで100日以上生活するとして、平気でしょうか?などを確認することをおすすめします。 【早期割引】について 早めに料金を入金すると適用される割引です。 とりあえず料金が安いうちに入金をし、キャンセル料が発生するまで、迷うという裏技も。。。 1-2. 「旅行代金」以外に【必ず必要な費用】は? 「旅行代金」以外にマストで【必ず必要な費用】は、以下の3点でした。 1-3. 管理人は、日本以外を旅するのが、この時点ではほぼはじめてでして。 せっかくなので、いろいろな国をみたく。 かといって、一人で行動するのは不安だったのと、観光ならいつでもできるので「ピースボート」ならではのツアーに参加しましょうと、ほとんどの寄港地でオプショナルツアーに参加しました。 マチュピチュツアーと、マダガスタルのバボバブツアーとで計25万円くらいかかっています。 実力と計画性があれば、オプショナルツアーに参加せず、自由行動をすることもできます。 寄港地で外にでないで、船内で過ごすことも可能です。 船内見学会で部屋を見て、上段はきつそうだったのと、はしごを登るのがしんどそうだったので、下の段を指定しました。 あったほうがよいでしょうが「あったほうがよい保険」に5万円近く払うか、否かは自己判断で。 世界一周クルーズ中に必要だった費用 事前にジャパングレイスさんに納める以外にも、お金は必要になってきます。 2-1. 寄港地でのお土産代、飲物など 寄港地で、お土産を買ったり、飲食をしたりで必要な「現地通貨」です。 「日本円」を持っていっても「日本円」だと、現地通貨への両替が難しいので、ドルに両替してもっていきます。 現地通貨をATMでひきだすことができるキャッシュカード、クレジットカードで済ませる手段もあります。 管理人は「日本の物価は高い」「南周りの寄港地は総じて物価が安い」ということをまったく理解してなかったのと、キャッシングという手段を思いつかなかったので、20万円をドルに両替してもっていきました。 結果、数百ドルしか使わないで帰国しました ; ̄ー ̄A 寄港地で、オプショナルツアーに参加する場合は、ランチ代、交通費がオプショナルツアーに含まれている場合が多いです。 その分だけ、現地通過は不要になります。 寄港地によっては、船内でドルから現地通貨に両替をしてくれる場合も。 どれだけお土産を購入するか、など、個人差が多いでしょう。 2-2. 船内生活でのインターネット代 ピースボート内での無線LAN接続は有料でして。 WEBサイトの運営をしつつ世界一周をしたので、5日-7日に一度くらいは、無線LAN接続のためのカードを購入していました。 100分で2,100円でした。 総額で35,700円をネット代に費やしています。 あまりネットを使わない方は、さほどの出費にならないかと。 2-3. 船内生活での飲食代、買物など 船内の自動販売機、売店、居酒屋、バー、美容室などでは、現金は必要ありません。 IDカードをかざすと、料金の精算ができ、ある程度まとまった期間(ひと月くらい)ごとに、クレジットカードで引き落とされる仕組みになっています。 トータルで【146,228円】使っていました。 管理人は、デッキで夜空を眺めながら、ほぼ毎晩ビールを飲んでいました。 居酒屋にいったり、バーでボトルキープをしたりする方は、金額がかさむでしょう。 一度、カードご利用明細書に「?」な部分があり、問合せをしたらきちんと対応してくれました。 ネットで叩かれているほど、ジャパングレイスさんは、対応が悪い訳ではないですよ。。。 ポスターに大きく掲載されている【旅行代金】だけでは、世界一周はできません• その他の費用は、オプションツアー代など、個人差が大きい 「ピースボートで世界一周クルーズ」を検討されている方の参考になれば嬉しいです。 【おまけ】ピースボートさんに乗ると洗脳されるの?悪い噂の実態は? ピースボートさんのネット上の評判はさんざんで、黒くて悪い噂で満ちています。

次の