白内障 先進 医療。 2020年4月から白内障手術が医療保険の先進医療保障の対象外に。その影響は?

埼玉県の白内障 先進医療を行っている病院・クリニック 7件 【病院なび】

白内障 先進 医療

私が受ける病院は、名前が載っていませんでした。 先進医療関係特約における「先進医療」とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、医療技術ごとに医療機関・適応症等が限定されています。 この特約の保険期間中に、新たに厚生労働大臣の承認を得て「先進医療」の対象となった医療技術は、先進医療関係特約のお支払対象となりますが、一般の保険診療へ導入された場合や削除 承認取消等 により「先進医療」でなくなっている場合は、お支払対象となりません。 したがって、先進医療関係特約の保険期間中に対象となる「先進医療」は変動しますので、ご契約時に対象となっていた医療技術および適応症であっても受療された日現在において、対象外となる可能性があります。 また、先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療機関(病院または診療所)において行われるものに限ります。 その眼科が先進医療の要件に該当してるか、保険会社に確認ですね。 4月以降だと選定療養となり保険診療分+差額代になると言われています。 先進医療には該当しなくても手術保険金には該当するはずです。 ん?これはしっかり確認しないと高額な請求されますね。 まず、先進医療とは? 厚労省でその『技術』と『行ってよい病院』を毎月決めたり更新したりしてます。 3月末で先進医療から外れることは間違いない状況で、 3月後半に多焦点レンズの手術を行うなら? 厚労省で認めた病院でやらないと同じ技術だとしても、保険会社から先進医療の保障はもらえません。 【重要】 もし、認められてないなら? 全て自費となるでしょう。 保険からも給付になりません。 認められてるなら? 医療保険の先進医療からでます。 3月中に手術する方が良いです。 4月以降に手術をする場合 おそらく保険適用にはなりますが、 保険+自費の合わせ技になるかと思われます。 自費の部分は病院で設定されるかと思われます。 《大事な問題点》 多焦点レンズが保険適用になった!と言う意味は? なんだったのか? しかも、3月末までは何も変わらないはずなのに? なぜ3月に手術するか? 先進医療の認められた施設になった?と言う意味で言ったのか? これがわかりません。 普通に受け取ると… 先進医療でできるから… 3月中にしましょう! なんですが、 認定施設に名前がないんですよね? まずは、病院に聞いてみる事が一番でしょう!.

次の

先進医療特約は後払い?白内障の手術で知った直接支払いサービスとは

白内障 先進 医療

本連載では、白内障治療に強みをもつ、アイケアクリニック院長の佐藤香氏が、白内障の基本的な症状や治療法を解説します。 今回は、保険ごとに異なる「白内障手術」の方法ついて見ていきます。 保険の種類ごとに、手術法・器具・支払い方法が変化 白内障の手術には、「公的な医療保険が適用されるもの」、「先進医療特約の対象となるもの」、「自由診療で行われるもの」の3種類があります。 使うことのできる眼内レンズも、患者さんの費用負担も、それぞれ異なります。 1.水晶体を包んでいる嚢に穴を開ける 2.嚢のなかにある水晶体を砕いて取り出す 3.人工眼内レンズを挿入する このステップは共通していますが、白内障手術は保険によって次の3種類にわかれ、患者さんの要望に応じて自由に選ぶことができます。 詳しく説明します。 基本的な白内障手術は、この健康保険が適用となります。 治療費については、高額療養費制度や自治体による補助金などの制度を活用することができる場合もありますので、詳しくはかかりつけの病院で確認しましょう。 ただ、健康保険内で行える白内障手術においては、単焦点の眼内レンズしか使用することはできません。 単焦点眼内レンズは、遠方か近方、もしくは中間距離でしか焦点を合わせることができないため、手術後はメガネを使用することが求められます。 また、単焦点眼内レンズの挿入では、難易度の高い手術は求められないので、医師本人の手による「マニュアル手術」が行われます。 そのため、医師によって手術の精度にバラつきが出るなどのデメリットがあります。 治療方法だけでなく、実施できる医療機関も限定されています。 また、治療費のうち、診察や入院など健康保険が適用される一般的な治療と同じ範囲であれば、健康保険が適用されますが、手術費自体は全額負担となります。 白内障手術では、多焦点眼内レンズを使用した治療が先進医療の適用となります。 民間の医療保険に加入し、「先進医療特約」を付帯した場合、治療費のほとんどが保険会社より支給されますので、この手術を選択する人も多いでしょう。 ただし、保険のなかには先進医療特約に白内障手術を除外しているものもあります。 白内障手術を検討しているなら、自分が先進医療特約を付帯しているか、その保険に白内障手術が該当しているかどうか、必ず確認してください。 注意すべきは、先進医療の適用される治療方法が、常に更新されている点です。 多焦点眼内レンズを使用する白内障手術が、健康保険適用となる場合もあるかもしれませんが、自由診療に戻されることも十分にあります。 もし先進医療特約を付帯しているなら、早めに手術を実施したほうがいいかもしれません。 また、多焦点眼内レンズは、高性能なものほど、挿入する位置のズレが見え方に影響してしまいます。 そのため、確実に高い精度で手術を行える機器、たとえば「LenSx(レンズエックス)」や「Verion(ベリオン)」、「ORA(オラ)」などを導入したクリニックで手術を行うことをおすすめします。 白内障手術で使用できる多焦点眼内レンズは、厚生労働省より認可を受けたものに限ります。 当院では、「iSii(アイシー)」「ReSTOR(レストア)」「ACTIVE FOCUS(アクティブ・フォーカス)」「TECNIS MULTIFOCAL(テクニス・マルチフォーカル)」「TECNIS Symfony(テクニス・シンフォニー)」と、認可を受けているすべてのレンズを扱っています。 眼内レンズの開発は、日進月歩で新しいレンズが次々と登場しています。 当院では「LENTIS(レンティス)」「FINE VISION(ファイン・ビジョン)」「mini well READY(ミニ・ウェル・レディー)」「Acriva Trinova(アクリバ・トリノバ)」「RayOne Trifocal(レイワン・トリフォーカル)」などを扱っています。 自由診療にのみ、自分の生活に合ったレンズがあるのなら、積極的に検討することをおすすめします。 佐藤 香 アイケアクリニック院長 医療法人トータルアイケア理事 アイケアクリニック銀座院副院長 医師 連載40代でも発症する目の疾患「白内障」の基礎知識• 【第20回】 医療費の大幅な増減も?保険ごとに異なる「白内障手術」の方法•

次の

白内障 先進医療を行っている病院・クリニック 154件 【病院なび】

白内障 先進 医療

多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズの比較 多焦点眼内レンズ 単焦点眼内レンズ 長所• 2焦点型多焦点レンズ 遠方と近方の2箇所にピントが合うレンズです。 近方は約30cm、40cm、50cmの3種類から選べます。 1m程度の中間距離はやや見にくくなります。 3焦点型多焦点レンズ 遠方から近方約40cmまでがほぼ鮮明に見えるレンズです。 2焦点レンズに比べて夜間の光のにじみがやや強くなります。 焦点深度拡張型多焦点レンズ 遠方から近方約70cmまでがほぼ鮮明に見えるレンズです。 30-40cmの距離のものを見る時には眼鏡が必要な可能性が高くなります。 手術後の経過について 多焦点眼内レンズの見え方になじんで視力が安定するまでには、個人差がありますが数週間〜数ヶ月を要する場合があります。 再手術の必要性 眼内レンズには種々の度数があり、術前検査の結果に基づいて各人に応じた度数のレンズを計算して選定します。 ただし人間の眼は機械ではありませんので、まれに計算と実際の結果が一致しないことがあり、その場合は眼内レンズ交換等の再手術により修正が必要な場合があります。 多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の費用について 令和2年4月より、術後の眼鏡装用率の軽減を目的とした多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、厚生労働省が定める選定療養の対象となりました。 当院は多焦点眼内レンズを用いた白内障手術を行う医療機関として厚生労働省に届出をしています。 選定療養とは、患者さんご自身が選択して受ける追加的な医療サービスで、追加分の費用は全額自己負担となります。 追加分の費用は、患者さん毎に用いる眼内レンズの種類によって異なります。 診察時に説明いたします。

次の