イップマン 完結。 「イップマン 完結」DVDレンタル開始日や発売日はいつ?

『イップ・マン 完結』より“ブルース・リー”のヌンチャクシーンが解禁

イップマン 完結

宇宙最強の伝説が、ついに完結する。 シリーズ最新作にして完結編、 『 』が 2020年5月8日より日本公開となることが発表となった。 最終的に、2019年を締めくくる12月20日に決定した。 それを受けて日本公開は、オリンピック・イヤーとなる2020年の5月8日に。 邦題は、これまでのシリーズ『イップ・マン 序章』、『イップ・マン 葉問』、『イップ・マン 継承』と漢字2文字を使用した形を踏襲し、『イップ・マン 完結』に決定となった。 1964年、最愛の妻との死別後、愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡ったイップ・マン。 しかし、ブルースが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれ……。 本国版ティザー予告では、これまでのシリーズである戦時下の日本軍との闘いを描いた『イップ・マン 序章』、英国統治下のイギリス人との闘いを描いた『イップ・マン 葉問』、詠春拳同士の戦いを描いた『イップ・マン 継承』での孤高な闘いを振り返りつつ、最愛の妻と死別したイップ・マンが、ブルース・リーの招待を受け息子と渡米したサンフランシスコのチャイナタウンで繰り広げられる米海軍との闘いに立ち向かう姿を紹介。 さらに本国公開を前に解禁された予告編では、ドニー・イェン演じるイップ・マンが、『ドクター・ストレンジ』のスコッド・アドキンス、『SPL 狼たちの処刑台』のウー・ユエ、クリス・コリンズらとの新たなる闘いに臨む場面も描かれており、日本公開への期待が高まる。 アクション監督は香港アクション界の巨匠で、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2018)では監督も務めたユエン・ウーピン。 さらに音楽には川井憲次と、おなじみのスタッフが勢揃い。 原題タイトルの「完結篇」の文字が表すとおり、シリーズ4作目にして完結篇であることが公表されている最新作、そこで繰り広げられるイップ・マン最後の闘いに、全世界が注目している。 あわせて、日本版ティザービジュアルも公開に。 ティザーチラシは本国のティザーチラシ2種を表裏に配した特別版。 宇宙最強のサーガがついに完結する 『イップ・マン 完結』は、2020年5月8日(金)新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

次の

「イップ・マン 完結」弟子ブルース・リーのヌンチャクシーン公開(映画ナタリー)

イップマン 完結

公開延期となっていた映画『イップ・マン 完結』の新たな公開日が7月3日に決定し、あわせてメイキング映像が公開された。 本作は、ドニー・イェンが詠春拳の達人イップ・マンを演じる『イップマン』シリーズの最新作にして完結編。 1964年、最愛の妻との死別後、イップ・マンは愛弟子ブルース・リーの招待を受け息子とともにサンフランシスコに渡った。 しかし、リーが開いた詠春拳の道場が、現地チャイナタウンと米海軍との抗争に巻き込まれる。 『イップ・マン』シリーズのウィルソン・イップが監督を務め、『イップ・マン外伝 マスターZ』ではメガホンを取ったユエン・ウーピンがアクション監督を務める。 そして、川井憲次が音楽を担当する。 映画『イップ・マン 完結』メイキング映像 公開されたメイキング映像では、アクションとドラマの感情表現の両方に手腕を発揮し、シリーズ全作品を成功に導いたウィルソン・イップ監督が、本作について「イップ・マンと息子、父子の物語に焦点を当てました。 イップ・マンは自分が病気であることを知り、そのため息子の未来を考えるのです」と話す。 そして監督いわく、「衣装を身に着けた瞬間にイップ・マンに変身する」というドニー・イェンは、「息子のため留学先をみつけようとしますが、海外で暮らすことが息子にとって最良か疑問に思うのです」と、一人の父親としてのイップ・マンの思いを語る。 また監督が「シーンごとでアクションが変化し、結果、関係性を感じることができる」と説明するアクションシーンの撮影風景も収められている。

次の

『イップ・マン 完結』公開決定 ─ 宇宙最強ドニー・イェン、ついにサーガ完結

イップマン 完結

ブルース・リーがその生涯で唯一師匠と呼んだ詠春拳の達人イップ・マン。 その集大成となる本作の舞台は米国。 教え子ブルース・リーと再会したイップ・マンが、残される息子への思いを胸に、異郷に生きる人々、そして自らの武術家としての誇りを守るため、最期の闘いに臨む。 解禁された本編映像は、チャン・クォックワン演じるブルース・リーがシリーズで初めてアクションシーンを披露し、見事なヌンチャクさばきで敵を圧倒する様子を収めたもの。 前作『イップ・マン 継承』では、イップ・マンが最愛の妻とダンスをするためのコーチとして登場したまな弟子のブルース・リー。 本作では、久しぶりに師匠イップ・マンと再会したダイナーで、不当な言いがかりをつける米国人に一人立ち向かう。 ブルース・リーを演じるチャン・クォックワンは、『少林サッカー』(チャウ・シンチー監督)でブルース・リーにそっくりなゴールキーパー役を演じ話題となった。 今回満を持して見事なヌンチャクアクションを披露。 路地裏でのその激闘シーンは、ブルース・リーの生誕80周年の今年、傑作4作品が鮮やかによみがえる「ブルース・リー 4Kリマスター復活祭2020」(7月3日より公開)で上映される『ドラゴンへの道』をほうふつとさせる。 「ブルース・リーとイップ・マンが中国カンフーの世界に与えた影響を表現したかった」と語るウィルソン・イップ監督は、完結となる本作で、師匠イップ・マンとまな弟子ブルース・リーの師弟関係を中心に物語を紡いだ。 幼い頃からブルース・リーを敬愛するドニー・イェンと共に作り上げたイップ・マン最後の闘いに注目だ。 映画『イップ・マン 完結』は7月3日より全国順次公開。

次の