フェイクポルノ動画。 【アイコラ動画】ディープフェイクとは?【作り方が簡単で怖すぎ】

芸能人フェイクポルノが見れる動画サイトまとめ【DEEPFAKE】

フェイクポルノ動画

NPO法人「」(FIJ)が12月5日、インターネット上のフェイクをめぐるセミナーを東京都内で開いた。 セミナーでは世界中で問題視されている「ディープフェイク」がひとつのテーマとして取り上げられ、桜美林大学教授の平和博さんがその現状を語った。 平さんによると、そもそも「ディープフェイク」はハンドルネーム「deepfakes」が、2017年の秋口にAIを使った動画を掲示板「Reddit」にアップしていたことが発端とされている。 エマ・ワトソンさんや、メイジー・ウィリアムズさんなどの有名女優の顔だけを、既存のポルノ動画に貼り付けたものを作成。 共有していた。 さらに2018年に入ると別のユーザーが「FakeApp」というツールを「Reddit」で公開。 こうしたツールを用いたフェイク動画がポルノ動画サイトを通じ、一気に拡散したという。 日本人女優やアイドルも被害に その後、オープンソースのサービスを経由し、「ディープフェイク」のツール自体もはネット上に広がったという。 オンライン上の有料サービスも出現。 1時間あたり2ドルほどの利用料で、「顔を丸ごと交換するのに4時間」で済むようなサイトも存在する。 「お手軽に顔交換ができるようになっている」(平さん)のが現状だ。 実際、日本人女優やアイドルが被害に遭っているケースもポルノ動画のサイトでは散見される。 BuzzFeed Newsが確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもある。 サイバーセキュリティ会社「」の調査(2019年10月)によると、過去7か月で1万4678のディープフェイク動画が確認された。 1年で倍増しているといい、その96%がポルノ動画だった。 ディープフェイクに特化した上位4つのポルノサイトでは、数百人の女性有名人のフェイク動画が、計1億3400万回以上も再生されているという。 平さんは「一部では一般人へのリベンジポルノの手法としても使われている。 ディープフェイクは、女性に対する人権侵害の問題になっている」と語る。 政治的利用への懸念も しかし、すでに「実際に攻撃も起きている」と平さんは言う。 インドでは政権に対して批判的な女性ジャーナリストがフェイクのポルノ動画を拡散された。 アメリカでは、ナンシー・ペロシ下院議員議長の話している動画の再生速度を落とし、酔っ払っているように見せて拡散させるというケースもあった。 また、アフリカのでは「ディープフェイク疑惑」がクーデター未遂につながり、でも閣僚の「セックス動画」をめぐる同様の疑惑が政治的混乱を生み出しているという指摘もある。 法規制をめぐる議論もある。 アメリカ・バージニア州ではディープフェイクによるリベンジポルノがで禁じられた。 カリフォルニア州でもポルノに関する規制のほか、選挙期間における政治的なディープフェイクの作成などを違法とするができたばかりだ。 一方で、こうした法規制が「表現の自由」を脅かすのではないか、という指摘も上がっている。 平さんは「情報の秩序がなくなっているなかで、メディアがもう一度信頼を取り戻し、その秩序を作り直すという取り組みが非常に重要なのではないかと思っています」と語った。

次の

フェラクレス

フェイクポルノ動画

人気の女優やアイドルが一糸纏わぬ裸にされてしまう最新技術を駆使した動画「 ディープフェイク」が巷で流行しているようです。 これまで確認されただけでも、• 広瀬すず• 新垣結衣• 橋本環奈• 石原さとみ• 吉岡里帆• 齋藤飛鳥• 山本彩• 白石麻衣• 上戸彩 らの精密かつ 本物かと思うレベルの「ディープフェイク」動画が作成されており、2019年8月7日に「デイリー新潮」(週刊新潮電子版)によってその存在が報じられました。 そこで、 この記事では2018年から2019年にかけて一気に技術力が加速し、ブームとなっている広瀬すずや新垣結衣、橋本環奈、石原さとみ、齋藤飛鳥、白石麻衣といった人気女優・芸能人を裸にする実際の「ディープフェイク」動画を大手サイトと共に紹介します。 橋本環奈もとんでもない姿に!? さて、 デイリー新潮がいよいよ日本のタブーを報じてしまいました。 一瞬目を疑ってしまう動画が最近、世間に拡がりつつあるという。 「 ディープフェイクという手法を使った偽ポルノ動画です。 人工知能を駆使してポルノ動画の顔と声だけを有名女優などにすり替える悪ふざけのような動画で、アメリカやロシアを中心に一昨年くらいに流行したもの。 驚くのは、ロボットのような不自然な動きをすることはまったくなく、実に自然に表情まで変化するのだ。 「顔認識に加え、目・鼻・口の動きを理解する表情認識が可能な人工知能にポルノ動画を勉強させている、高度な技術です」 とは、ITジャーナリストの三上洋氏。 「そのうえで、はめ込みたい顔を正面や横から細かくデータを取って、元の動画に合わせるんです。 このディープフェイクが話題になったのは、オバマ前大統領がトランプ大統領を罵倒する偽動画が制作されてから。 アメリカでは州によってはディープフェイクによるリベンジポルノを法規制する動きもあります」 デイリー新潮より一部抜粋 これは人類の歴史において、• 農耕技術の開発• 産業革命 に匹敵する革命です。 倫理に反する行為であるとはいえ、かつては画像版でもこの手のメソッドが取り入れられていました。 その精度はホンモノと変わらないレベルと話題 流行りの 著名芸能人らのディープフェイク動画を作成・掲載している業界大手の「DIFIDOL」というサイトは、かつて無料で誰でも見られたのですが、 現在は有料化しており、有料会員に登録しなければ見られないようです。 では、毎日毎日汗を流して働き、どんなに頑張っても広瀬すずや新垣結衣、石原さとみらとは付き合うことができない我々一般人は、ホンモノと全く変わらないクオリティーであるディープフェイク動画を見ることができないと言うのか、、 いや、ちがう!! 無料で広瀬すずや新垣結衣、上戸彩らの高精細かつ精密な無料のディープフェイク動画を視聴できるサイトを見つけました!!! 【無料動画】有料会員じゃなくても視聴できるディープフェイク動画があった! 石原さとみまでもが… このサイトに 実際のディープフェイク動画を貼り付けて掲載するのはかなりデンジャラスな行為になってしまうので、 その ディープフェイク動画が無料で掲載されているページのURLを貼ることにします。 フルの動画ではなく、ディープフェイクの動画がどのようなもので、どれほどのクオリティーかを知るためのものですが、 このレベルがとんでもないんです。 実際に私も視聴しましたが、 広瀬すずも新垣結衣も石原さとみもどれも本人が行為をしているようにしか見えませんし、作り物だとは到底思えないレベル…。 ちなみに、私が視聴した 無料のディープフェイク動画で使用されていた広瀬すず、新垣結衣、橋本環奈の巧みに加工された本人顔画像がこちらです。 アダルト大量ならU-NEXT!!! 【画像】ディープフェイクに映る広瀬すず そして、 実際のディープフェイク無料動画は以下です。 実際のディープフェイク動画 まず、GoogleもしくはYahoo!で、 「 erohika. com」のURLをコピペして検索します。 上記のページ内で「 2019年7月5日」の投稿をクリックすると、• 広瀬すず• 新垣結衣• 上戸彩• 石原さとみ といった著名人が裸になった ディープフェイク動画の無料動画が視聴できます。 「 erohika. com」トップページに飛べば、すぐに「2019年7月6日」の投稿は見つかります。 また、視聴する上ではいくつかの絶対確認しておくべき注意点もあります。

次の

【無料動画】広瀬すず&橋本環奈のディープフェイクが本物過ぎると話題

フェイクポルノ動画

NPO法人「」(FIJ)が12月5日、インターネット上のフェイクをめぐるセミナーを東京都内で開いた。 セミナーでは世界中で問題視されている「ディープフェイク」がひとつのテーマとして取り上げられ、桜美林大学教授の平和博さんがその現状を語った。 平さんによると、そもそも「ディープフェイク」はハンドルネーム「deepfakes」が、2017年の秋口にAIを使った動画を掲示板「Reddit」にアップしていたことが発端とされている。 エマ・ワトソンさんや、メイジー・ウィリアムズさんなどの有名女優の顔だけを、既存のポルノ動画に貼り付けたものを作成。 共有していた。 さらに2018年に入ると別のユーザーが「FakeApp」というツールを「Reddit」で公開。 こうしたツールを用いたフェイク動画がポルノ動画サイトを通じ、一気に拡散したという。 日本人女優やアイドルも被害に その後、オープンソースのサービスを経由し、「ディープフェイク」のツール自体もはネット上に広がったという。 オンライン上の有料サービスも出現。 1時間あたり2ドルほどの利用料で、「顔を丸ごと交換するのに4時間」で済むようなサイトも存在する。 「お手軽に顔交換ができるようになっている」(平さん)のが現状だ。 実際、日本人女優やアイドルが被害に遭っているケースもポルノ動画のサイトでは散見される。 BuzzFeed Newsが確認しただけでも10個以上は存在し、多いものでは300万回以上再生されているものもある。 サイバーセキュリティ会社「」の調査(2019年10月)によると、過去7か月で1万4678のディープフェイク動画が確認された。 1年で倍増しているといい、その96%がポルノ動画だった。 ディープフェイクに特化した上位4つのポルノサイトでは、数百人の女性有名人のフェイク動画が、計1億3400万回以上も再生されているという。 平さんは「一部では一般人へのリベンジポルノの手法としても使われている。 ディープフェイクは、女性に対する人権侵害の問題になっている」と語る。 政治的利用への懸念も しかし、すでに「実際に攻撃も起きている」と平さんは言う。 インドでは政権に対して批判的な女性ジャーナリストがフェイクのポルノ動画を拡散された。 アメリカでは、ナンシー・ペロシ下院議員議長の話している動画の再生速度を落とし、酔っ払っているように見せて拡散させるというケースもあった。 また、アフリカのでは「ディープフェイク疑惑」がクーデター未遂につながり、でも閣僚の「セックス動画」をめぐる同様の疑惑が政治的混乱を生み出しているという指摘もある。 法規制をめぐる議論もある。 アメリカ・バージニア州ではディープフェイクによるリベンジポルノがで禁じられた。 カリフォルニア州でもポルノに関する規制のほか、選挙期間における政治的なディープフェイクの作成などを違法とするができたばかりだ。 一方で、こうした法規制が「表現の自由」を脅かすのではないか、という指摘も上がっている。 平さんは「情報の秩序がなくなっているなかで、メディアがもう一度信頼を取り戻し、その秩序を作り直すという取り組みが非常に重要なのではないかと思っています」と語った。

次の