雌雄 を 決する 由来。 「雌雄を決する」は女性差別語でしょうか?

【雌雄を決する(しゆうをけっする)の意味】使い方や語源を解説!

雌雄 を 決する 由来

「雌雄を決する」の類語• 勝敗を決める• 白黒はっきりさせる• 争いに決着を付ける• 終止符を打つ• ピリオドを打つ• 頂上決戦• けりをつける• 精算する• ハッキリさせる• 決勝戦• 勝負の時• 天王山• 天下分け目の大戦 どの類語も少年漫画に使われそうな熱い言葉が並んでいますよね! 「雌雄を決する」の英語表現 英語で表現すると、「have a showdown」「showdown」と表現することができます。 まとめ 「雌雄をけっする」の語源は、中国の書物である「史記」に由来しています。 司馬遷(しばせん)という人が紀元前にのこした歴史がとても深い書物です! ちなみに、私たちに馴染みのある「文武両道」という四字熟語も「史記」が語源になっているのです。 くわしい説明はこちらの記事が参考になります。

次の

【雌雄を決する】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

雌雄 を 決する 由来

A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共... A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です) A ベストアンサー 「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとしたり、寒い冬に、おふろに入って、お湯だと思って冷水のシャワーを浴びると、「ぞっとする」ということになります。 他方、「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定ではなく、「感心できる・関心がない」という意味です。 「怖くない・寒くない」という意味ではないのです。 >「聞いているだけでも、あまりゾッとしない事件ですね」 これは、聞いて、なるほどと思ったり、いかにもこれでよい、という風に感心できる事件ではない、という意味で述べています。 「あまり感心できない事件ですね」と言っているのです。 A「最近の女子中学生は、電車の床などで、あぐらをかいて座っているらしい」 B「それは、何というか、ぞっとしない話だな」 C「それは本当か。 だとすると、ぞっとするなあ」 Bは、「感心できない話だ」と答えていて、 Cは、「そこまでしているのか。 怖い話だ」と答えているのです。 Cは、「感心できない」を通り越して、怖い風俗状況だ、と述べています。 以前に、似たような質問がありました(そこで、引用されているURLを、以下に引用します): >No. goo. php3? nifty. linkclub. hmt. toyama-u. goo. php3? nifty. htm 「気が置けない」という本来の表現に対し、「気が置ける」という、元の表現からすると誤用に当たる表現がかなり一般化しています。 「気が置ける」の場合は、元々は誤用だったのです。 他方、「ぞっとする」と「ぞっとしない」は、「ぞっとする」の否定文が、「ぞっとしない」ではないのです。 「ぞっとする」と「ぞっとしない」で慣用表現で、それぞれ別の意味を持っています。 「ぞっとする」は、寒さや恐怖で、身体が、鳥肌立ったり、心のなかで強い情動が起こることです。 怖い小説を読んでぞっとした... A ベストアンサー 「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。 』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。 この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。 ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。 実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。 一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされていることが多いです)までの『服忌期間』と、それ以降で喪に服している期間の『服喪期間』に分かれます。 亡くなってすぐ家の玄関には「忌中」という貼り紙を出しますし、年賀状を出せません-という年賀欠礼状に「喪中につき」などという言葉が遣われているのをご覧になったこともあるかと思います。 いずれにせよ、近親者が亡くなった場合、遺族はいろいろと行動を慎みます。 何をするか-というよりも、こんなことはしない・控える-というカンジです。 こちらのサイトなどにも書かれていますので、ご覧ください。 ocn. oriaca. if-u. html なお、服喪期間については、諸説様々あります。 3か月、半年、1年、いや血縁の近さによって違う、同居・非同居で違う、家単位で考える、個人で考える…などなど。 「一般的」という言葉がこれほど通用しない世界もないと思います。 現在では、葬儀が終わるまでと法要の際に喪服を着る程度ですが、昔は服喪期間中はずっと喪服を着ていたようです。 喪服から衣装を改めることを「除服(ぶくぬぎ)」といい、源氏物語などにもその記述があります。 xiangs. shtml 「喪」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むこと。 』で、その際の「死者を弔う」の儀式を「葬式・葬儀」といいます。 この場合の「服す」というのは、『従う』ことを指します。 ですから、「喪に服す」というのは、『人の死後、その近親の者が、一定の期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むという風習に従うこと』を指します。 実際には、亡くなってから「忌明け」(宗教・宗派によって異なります。 一般的な仏教の場合は七七日=49日間とされてい... Q 皆様、こんにちは。 最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。 他にも『解任』などもあったりして どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。 gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。 『更迭』は他の人に変える事とでてきます。 これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか? なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。 よろしくお願い致します。 Q 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。 具体的には、 (1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。 それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人 (2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力に欠けたリーダー (3)自分にとって都合の良いことを言ってくれる連中だけを周りにおき、都合の悪い話には聞く耳を持たない人 (4)本当は威厳も権威も既に失墜しているのではあるが、他人にそのことを指摘されてもなお、威厳や権威があることを見せつけようとする人 といったところです。 「裸の王様」のストーリーからすれば、確かにどれも正しいような気がするのですが、本来はどのような意味合いで使用すべき比喩なのでしょうか? ご存じの方、ご教示下さい。 なお、辞書は一応調べてみたのですが、掲載されていないようでした。 飲み会の席などで、よく「あそこのボスは、裸の王様だよね~」という例えを聞くことがあります。 が、その意味合いは、人や場合によってまちまちの様な気がするのです。 具体的には、 (1)自分は「それは違うのではないか?」という疑問を持ってはいるが、周囲が自分と相反する意見を主張すると、リーダーのくせに何も発言することなく「そういうものか。 それでは自分が間違えているのだろう」とあっさり引き下がる人 (2)自分では何も見聞していないのに人の言うことを全て鵜呑みにする、判断力... A ベストアンサー 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という意味にしか聞こえない)。 こんな間違いは英語の歌詞にもないでしょう。 結論を言うと、「Can you celebrate? 」は微妙なところだと思います。 「Clean Elaser」ほどひどくはないけど、英米人は言わないでしょう。 でも、歌詞になら使ってもおかしくはない・・かな??という感じです。 聞くひとも、意味はかろうじて推測できるかなという程度だと思います。 賢いひとなら、こんな詩は書かないでしょうね。 慣用だからとあきらめずに、正しい英語を使おうと努力する姿勢を評価したいですね。 中傷だけで終わるのも何なので補足します。 Nagatosさんは、英米人なら絶対しないような間違いと、する間違いの区別ができてないようです。 質問者さんは、「Can you celebrate? 」はどっちですか?と聞いているみたいですが、それを理解されてないので、議論が平行線になってるみたいですね。 例えば日本の黒板消しの商品名で「Clean Elaser」というのがありました。 これは明らかに米英人はしない間違いです。 意味不明です(「きれいに消せる黒板消し」と言いたいのだろうが、「黒板消し自体がきれい」という...

次の

雌雄を決するの意味と読み方とは?語源や由来と類語や英語表現も

雌雄 を 決する 由来

大丈夫だよ。 程よく緊張して、頭が澄み渡っている。 「雌雄を決する」の例文• 両軍の激しい衝突は何度かあったが、 雌雄を決するものではなかった。 試合前のインターバルが終わり、決勝で 雌雄を決する二チームが集まってきた。 明日、長年のライバルと 雌雄を決することができると思うと、うれしくて武者震いしてきた。 友人と、腕相撲でどちらが強いか 雌雄を決しようとにらみ合っていたら、先生が来て二人とも負けてしまった。 これ以上張り合うのは苦痛だったので、 雌雄を決する提言を口にした。 まとめ 雄が強くて雌が強いなんて、時代にそぐわない差別的な言葉だと思う人もいるかもしれないが、にわとりやカイコの雌と雄を識別することは経済的に重要だったのでこの言葉ができたと言われている。 ニワトリの場合が特に重要で,生まれたてのヒナの雌か雄かを判別することにより、不用な雄をより分けて除き、飼育の労力・費用を節約したり、雌と雄を別々に飼育し発育の均一化を図るという意味がある。 なので、昔の人にとっては、差別ではなく生活がかかっていることだったということである。

次の