キーエンス やばい。 5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」を実名公開!(週刊現代)

キーエンス

キーエンス やばい

Contents• 【キーエンス:KEYENCE】 FA(ファクトリーオートメーション:工場の自動化)用のセンサーなどの検出・制御機器の製造・販売を行う大手メーカーです。 生産財、BTOBですので、一般的知名度は低いと思います。 CMもほとんど行いませんし。 しかしながら、 経常利益率50%越え、自己資本比率約95%、平均年収1777万(平均年齢36.1歳)という 超高収益、超優良企業です。 普通の社会人であれば、上記数字の異常なまでの凄まじさが理解できるはずです。 ちなみに、以下、平均年収ベスト50社です。 キーエンス、見事に1位獲得。 (最近はこの表よりもさらに平均年収が上がってますね) <出典:東洋経済ONLINE> 超優良企業には間違いないのですが、同時に、 超激務、[30で家が建ち40で墓が建つ]という噂もある企業です。 【どこまで高給なのか!?】 本当に超高給です。 私が在籍していた頃より更に高給になっております。 私の在籍時はこんな感じでした。 (同年代の倍もらえてました) 1年目:550万 2年目:700万前後 3年目:800万前後 4年目:900万前後 5年目:1000万前後 残っている同期いわく、今は大体こんな感じらしいです。 1年目:600万越え 2年目:800万前後 3年目:1000万弱 4年目:1000万越え 5年目:1200万前後 一流ビジネスパーソンの証である「30歳で1000万」なんてものは軽く凌駕します。 そして、何よりもキーエンス給与体系の良いところは、成績が良かろうが悪かろうが、若いうちは総じて高給というところです。 (もちろん差はつきますが) キーエンスでかなり下のほうの成績でも、たぶん有名な大手企業の倍くらいもらえると思います。 不動産や外車ディーラーみたいな「売れりゃ天国、売れなきゃ地獄」ではありません。 在籍して一生懸命頑張れば、超高給が保障されます。 もちろんあまりにも酷い成績だと徹底的に詰められまくりますが。 【どんな金の使い方!?】 まず、1~2年目で高級外車を買います。 上司や先輩も「うちで勤めるなら外車が基本だ」と強く勧めてきます。 ベンツ、BMW、最近だとレクサスもありでしょう。 それなりのポジションだと、フェラーリ乗ってる人とかも普通にいます。 2~3年目で家買う人とかいます。 「30で家」ではなく、25で家建ちます。 余裕で多額の住宅ローン組めます。 休日に金使いまくります。 平日は仕事以外できません。 休日が勝負です。 休日は思う存分ストレス解消に金を注ぎ込みます。 女性や後輩に奢るのは当たり前です。 「女性や後輩と割り勘=ダサすぎる」という文化です。 (もちろん、そもそも女性と遊ばない、飲まないという人もいますが) CDやDVD、レンタルしません。 買います。 返しにいくのが面倒だし、時間がもったいないから。 【オススメ情報】.

次の

キーエンス

キーエンス やばい

第三回 「人を選び、人を育てる」 「営業マンは社内にいることが多いですね。 時間があれば少しでも外回りして来い、などというリーダーもいませんから(キーエンス経営情報部)」。 これがキーエンス営業マンの平均的な外出日数だ。 これまた意外なことに同社の営業は決して毎日、外回りをしているわけではない。 普通の会社であれば営業マンが昼間、社内に残っていればサボっていると見なされるだろう。 そんな暇があったら、得意先の一軒でも顔を出して来いと上司から叱責されるのがオチである。 ところがキーエンスはまったく逆である。 はっきりした目的もなく顧客を訪問することを良しとしない。 なぜなら「目的のない訪問は相手の貴重な時間を奪うだけ」と考えるからだ。 従って単なるあいさつ回りだけで客先に行くことはなく、「無駄な外出はやめよ」が同社営業の合言葉だ。 では営業マンは社内で一体何をしているのか。 一つには顧客から寄せられるさまざまな要望への対応である。 こうした要望は電話やメールなどの対応で済ませられるものと、実際に顧客のところに出向いて話をすべきものに大別される。 面談する必要がある要望については、的確に応えられるよう提案書などを準備しなければならない。 この準備にしっかりと時間をかけるのがキーエンス流の営業である。 また次々と開発される新商品については、スペックはもちろん各機能が生み出すことのできる顧客価値についても熟知しておかなければならない。 営業マンは学習のためにも相当な時間を取っている。 キーエンスの営業マン教育で重要な役割を果たしているツールがガイホウとロープレである。 ガイホウとは外出報告書のこと、顧客訪問をした日には必ず上司にその内容を報告する。 客先の要望は特定のシートに記されて企画・開発部門に送られる。 この現場情報がキーエンスの卓越した商品開発力の種となる。 またロープレといえば通常は、顧客訪問前にプレゼンテーションのシミュレーションとして行なわれることが多い。 同社でももちろん事前ロープレは行われているが、ユニークなのは事後ロープレである。 キーエンスでは情報・ノウハウの共有が重視される。 だから営業での成功事例も必ず共有する仕組みが作られおり、それが事後ロープレである。 どのような営業活動、セールストークやプレゼンテーションが成約に結びついたのかをロープレで再現し、営業チーム全体で追体験するわけだ。 これが極めて効果的なセールスOJTとして機能する。

次の

キーエンス

キーエンス やばい

Contents• 【キーエンス:KEYENCE】 FA(ファクトリーオートメーション:工場の自動化)用のセンサーなどの検出・制御機器の製造・販売を行う大手メーカーです。 生産財、BTOBですので、一般的知名度は低いと思います。 CMもほとんど行いませんし。 しかしながら、 経常利益率50%越え、自己資本比率約95%、平均年収1777万(平均年齢36.1歳)という 超高収益、超優良企業です。 普通の社会人であれば、上記数字の異常なまでの凄まじさが理解できるはずです。 ちなみに、以下、平均年収ベスト50社です。 キーエンス、見事に1位獲得。 (最近はこの表よりもさらに平均年収が上がってますね) <出典:東洋経済ONLINE> 超優良企業には間違いないのですが、同時に、 超激務、[30で家が建ち40で墓が建つ]という噂もある企業です。 【どこまで高給なのか!?】 本当に超高給です。 私が在籍していた頃より更に高給になっております。 私の在籍時はこんな感じでした。 (同年代の倍もらえてました) 1年目:550万 2年目:700万前後 3年目:800万前後 4年目:900万前後 5年目:1000万前後 残っている同期いわく、今は大体こんな感じらしいです。 1年目:600万越え 2年目:800万前後 3年目:1000万弱 4年目:1000万越え 5年目:1200万前後 一流ビジネスパーソンの証である「30歳で1000万」なんてものは軽く凌駕します。 そして、何よりもキーエンス給与体系の良いところは、成績が良かろうが悪かろうが、若いうちは総じて高給というところです。 (もちろん差はつきますが) キーエンスでかなり下のほうの成績でも、たぶん有名な大手企業の倍くらいもらえると思います。 不動産や外車ディーラーみたいな「売れりゃ天国、売れなきゃ地獄」ではありません。 在籍して一生懸命頑張れば、超高給が保障されます。 もちろんあまりにも酷い成績だと徹底的に詰められまくりますが。 【どんな金の使い方!?】 まず、1~2年目で高級外車を買います。 上司や先輩も「うちで勤めるなら外車が基本だ」と強く勧めてきます。 ベンツ、BMW、最近だとレクサスもありでしょう。 それなりのポジションだと、フェラーリ乗ってる人とかも普通にいます。 2~3年目で家買う人とかいます。 「30で家」ではなく、25で家建ちます。 余裕で多額の住宅ローン組めます。 休日に金使いまくります。 平日は仕事以外できません。 休日が勝負です。 休日は思う存分ストレス解消に金を注ぎ込みます。 女性や後輩に奢るのは当たり前です。 「女性や後輩と割り勘=ダサすぎる」という文化です。 (もちろん、そもそも女性と遊ばない、飲まないという人もいますが) CDやDVD、レンタルしません。 買います。 返しにいくのが面倒だし、時間がもったいないから。 【オススメ情報】.

次の