特急しまんと 座席。 しまんと号・在来線特急・車窓・席番・車内ガイド【四国】 〜日本の車窓から〜

【図解1発】特急ひたち・ときわの座席表|おすすめの席

特急しまんと 座席

特急はしだての車両と編成 特急はしだての使用車両 287系と289系KTR8000系で運行されています。 289系 289系は2015年(平成27年)に登場したJR西日本の特急型列車です。 特急「しらさぎ」で使用されていた683系2000番台を改造した車両です。 特急「はしだて」と北近畿地区の特急「こうのとり」、特急「きのさき」の他、特急「くろしお」にも使用されています。 特急「はしだて」の一部列車は京都~綾部間で特急「まいづる」と併結してます。 4号車と5号車の間は車両前端の扉が開いて連結します。 連結中は車両間を行き来できます。 綾部到着直前には分割操作のため車両間は行き来ができなくなります。 KTR8000系 特急はしだては京都丹後鉄道所有のKTR8000系でも運行されます。 KTR8000系は以前は「タンゴディスカバリー」として運行されていた車両です。 現在は水戸岡鋭治氏デザインにより「丹後の海」としてリニューアルされメタリックブルーの車両に変わりました。 (より) 編成 特急「はしだて」の編成です。 特急「はしだて」は京都~綾部間で特急「まいづる」と併結している列車があります。 特急「はしだて」は福知山・天橋立よりの車両です。 287系・289系は1号車~4号車、KTR8000系丹後の海は1号車、2号車です。 287系 289系 KTR8000系 (JRおでかけネットより) 特急はしだての車内と座席 289系はしだて グリーン車 グリーン車は1号車の福知山・天橋立よりの半室です。 濃いブラウン系の落ち着いた座席に、包み込まれるような形のシートです。 コンセントは各座席のひじ掛け下にあります。 普通車(指定席、自由席) 289系の普通車のシートです。 指定席も自由席も同じ座席です。 色は青系の座席と赤系の座席があります。 こちらは赤系の座席です。 特急電車でよく見かける形状の座席です。 特に変わったものはありません。 テーブルは前の座席の後ろに大きいテーブルと、ひじ掛けに小さいテーブルがついています。 車両端部の座席にはコンセントとパソコンテーブルがあります。 車いす固定金具設置座席が3号車にあります。 3号車は自由席ですがこの座席は指定席となっています。 お手洗い 多目的お手洗いにはベビーベッドやベビーキープがあります。 便座はウォームレットです。 その他のお手洗いにもウォームレットやベビーキープが設置されています。 洗面台 飾り気がなくあっさりしたデザインの洗面台です。 荷物置き場 一部の車両は休憩スペースを改造しての持ち置き場としています。 特急はしだてのおすすめ座席 特急はしだては保津川の渓谷もトンネルで抜けます。 その先は山の中を縫うように走り、福知山からの京都丹後鉄道線もトンネルの区間が多いので、特に車窓を楽しめる区間はないと言えます。 はしだてには飲み物の自動販売機があるか 特急はしだてには飲み物の自動販売機はありません。 車内販売もありません。 飲物や食べ物は乗車前に駅売店やコンビニで購入しておきましょう。 特急はしだての停車駅、所要時間 特急はしだては下記の駅に停車します。 京都 東京 福知山 約1時間15分~1時間24分 約3時間40分~3時間50分 宮津 約1時間51分~2時間10分 約3時間30分~3時間50分 天橋立 約2時間02分~2時間19分 約3時間40分~4時間00分 峰山 約2時間29分~2時間41分 約5時間~5時間20分 時刻は京都駅発が9:24、10:25、12:25、15:25、20:37発 天橋立駅発が10:00、13:48、14:55、18:05、19:17発です。 特急はしだての運賃、料金等 通常の運賃、料金 京都 東京 福知山 3,040円 2,510円 16,360円 15,240円 宮津 4,690円 3,910円 18,010円 16,640円 天橋立 4,790円 4,010円 18,110円 16,740円 峰山 5,440円 4,660円 18,760円 17,390円 (上段:指定席、下段:自由席、特急料金はすべて通常期、東京~京都間はのぞみ号を利用) はしだてに安く乗るための割引きっぷ 特急はしだてに利用できる割引きっぷには次のものがあります。 ・新幹線との乗り継ぎ割引 ・eきっぷ ・チケットレス特急券・eチケットレス特急券 ・J-WESTチケットレス(前日・当日限定) ・嵯峨野通勤回数特急券 新幹線との乗り継ぎ割引 新幹線から京都駅で乗り換えてはしだてに乗る場合に割引があります。 乗車する駅の窓口ではしだての特急券も一緒に買うことでまいづるの特急券が半額になります。 (上記の表の東京発の値段は、乗継割引を考慮した値段です) eきっぷ 「eきっぷ」と「e早得」はJR西日本のインターネット予約サイト「」で発売されている指定席、グリーン特急券です。 「eきっぷ」と「e早得」は「e5489」の登録と「J-WESTカード」で決済することでこう縫うできます。 「eきっぷ」は乗車当日でも購入が可能です。 eきっぷは指定席特急券のみです。 乗車券(またはICOCA等のICカード)が別途必要です。 運賃も含めた主な区間の値段は次の通りです。 ・eきっぷ 京都~福知山:普通車指定席2,510円、グリーン車3,270円 京都~綾部:普通車指定席2,330円、グリーン車3,090円 京都~園部:指定席指定席1,250円、グリーン車2,010円 チケットレス特急券・eチケットレス特急券 チケットレス特急券とeチケットレス特急券は「」の会員向けサービスチケットレスサービスの割引特急券です。 チケットレスサービスでは、スマートフォンやパソコンで切符を購入し、お持ちのICOCAや定期券などで改札を通ります。 による乗車方法についてはJR西日本の公式ページをご覧ください。 チケットレス特急券とeチケットレス特急券の違いは、使用するクレジットカードの違いです。 チケットレス特急券はJRで利用できるクレジットカードで購入可能です。 eチケットレス特急券を利用する際には「J-WESTカード」が必要です。 運賃、乗車券も含めた主な区間の価格は次の通りです。 京都~福知山:チケットレス特急券2,840円、eチケットレス特急券2,510円 京都~綾部:チケットレス特急券2,660円、eチケットレス特急券2,330円 J-WESTチケットレス(前日・当日限定) J-WESTチケットレスは「」の会員向けサービスチケットレスサービスの割引特急券です。 J-WESTチケットレスは、「J-WESTカード」会員限定のきっぷです。 普通車指定席のみの設定です。 J-WESTチケットレスは乗車日の前日と当日のみ予約・購入が可能です。 J-WESTチケットレスの特急まいづるでの設定区間は京都~園部です。 主な区間の運賃・乗車券込みの値段は次の通りです。 京都~亀岡:940円 京都~園部:1,110円 嵯峨野通勤回数特急券 嵯峨野通勤回数特急券はJR西日本が発売する4枚つづりの回数券タイプの料金券です。 特急まいづるやきのさき、はしだてなどの普通車自由席に乗車できます。 設定区間内に有効な通勤・通学定期券または回数券を持っている場合に発売します。 有効期間は1か月です。 設定区間と値段は次の通りです。 (特急自由席4回分の値段です) 京都・二条~亀岡:2,280円 京都・二条~園部:2,280円 特急はしだてと競合する交通機関との比較 特急はしだてと同じ区間を運行する高速バスは「高速バス京都線」(京都~宮津・天橋立・京丹後)があります。 京都~宮津間の交通機関の比較をまとめました。 京都~宮津の各交通機関の比較 運賃・料金 所要時間 運行本数 JR (はしだて) 3,910円~4,610円 1時間51分~2時間10分 5往復 高速バス 2,385円~2,650円 1時間56分~1時間03分 3往復 各交通機関の解説 高速バス京都線(京都~宮津・天橋立・京丹後) は丹後陸海交通が運行する高速バスです。 所要時間は次の通りです。 京都駅~宮津駅:約1時間56分~2時間03分 京都駅~天橋立駅:約2時間03分~2時間12分 京都駅~峰山案内所(峰山駅):約2時間41分~2時間47分 運行本数は1日3往復です。 運賃は次の通りです。 「はしだて」の名称は1965年(昭和40年)~1968年(昭和43年)の間、大阪~天橋立を結ぶ準急列車で使用されました。 このころは宮福線はなかったので、福知山線・山陰本線・宮津線を経由していました。 その後1982年(昭和57年)~1992年(平成4年)に福井~天橋立間を結ぶ急行列車としても運行しています。 電化開業当初のはしだては、183系で運行していましたが、2011年(平成23年)には287系が投入されます。 また2011年には「タンゴディスカバリー」も編入して、特急「はしだて」は峰山や網野、久美浜まで足を延ばすことになります。 2015年(平成27年)までには183系や381系も引退して、現在の287系、289系、KTR8000系での運行となっています。 特急はしだての関連商品 まとめ ・特急はしだては京都と宮津・天橋立・久美浜を結ぶ特急列車 ・京都~綾部間は「まいづる」と併結している列車もある ・287系、289系の普通車は車両の前後端の座席にコンセントがついている 最後までお読みいただきありがとうございました。 よければブックマークお願いします。

次の

阪急京都線の特急を車内、座席、停車駅、運賃などを解説。大阪の梅田と京都の河原町を結ぶ。繁華街同士を高頻度で運行する便利さがウリ【乗車記】|みずほさくらの日記

特急しまんと 座席

2000系気動車による特急「しまんと」 概要 現況 運行中 地域 ・・ 前身 特急「」 運行開始 現 (JR四国) 路線 起点 終点 ・・ 営業距離 159. 3 99 (高松 - 高知間) 274. 4 170. 5 (高松 - 中村間) 298. 0 185. 概要 [ ] とを結ぶ列車で、を経由せず、に乗り入れていない。 にが開通したことにより、高松駅 - 高知駅・中村駅間を結んでいた特急「」のうち、高松駅発着のまま残された列車が「しまんと」として運転開始した。 1989年以降、の「土佐」「」を統合している。 列車名は高知県南西部を流れるが由来となっている。 運行概況 [ ] 現在、 - 間に下り4本/上り4本、高松駅 - 間に下り1本、高松駅 - 間に上り1本の計5往復が運転されている。 所要時間は高松駅 - 高知駅間が最短2時間4分(上り)・高松駅 - 中村駅間が4時間(下り)・高松駅 - 宿毛駅間が4時間10分(上り)である。 JR四国は、土讃線の特急列車を発着の「」にシフトさせているため、宇多津駅・多度津駅 - 高知駅間で「南風」と併結する列車が3往復設定されている。 併結時の原則として、編成の岡山・高松側に「しまんと」、高知側に「南風」が連結される。 このため、高知方面行きでは「南風」が先に宇多津駅に入り、「しまんと」が駅手前で信号待ちを行う。 なお、・・といった多客時には、「しまんと」編成も「南風」に変更して1列車全車両を岡山駅発着とし、代わりに高松駅 - 宇多津駅・多度津駅間で定期「しまんと」と同じダイヤで走る臨時「しまんと」と接続させる場合もある(この場合は宇多津駅または多度津駅で乗り換えとなる)。 高知駅始発・終着の列車は「」と同一ホームで接続を行う(下り3号・7号と上り6号・8号が該当)。 また、2016年3月26日の以降は「しまんと」の運行の時間が遅くなり、しまんと7号が南風21号と併結するよう組み込まれたために全列車停車するようになった。 停車駅 [ ] - - () - - - - - - - - - - - - - - - - - - - () - - - -• ( )は一部列車のみ停車。 宇多津駅は下り1・5号/上り2・10号が通過。 土佐上川口駅は上り10号が通過。 全車禁煙• 編成および座席種別は変更する場合がある。 基本的には量産車での運転となるが、1往復(1・10号)以外はが混結される場合がある。 2019年9月3日より1・10号にが投入された。 (9月27日までは1号は水曜日から土曜日まで、10号は火曜日から金曜日まで2700系気動車で運転。 ) 基本編成は2両のモノクラスで、2019年9月27日まではは単独運転を行う1往復(1・10号)にグリーン車が連結されていた。 ただし、多客期には高知駅発着の列車にもグリーン車が連結されることがある。 なお、運休 となる多客期に高松駅 - 宇多津駅・多度津駅間で運転される臨時「しまんと」には2000系気動車以外が充当されることもあり、多くは を使用しているが、には(S編成)も使用されたほか、2016年夏季には 、2018年のゴールデンウィークにはも使用された。 1993年3月まではも使用されていた。 2000系試作編成(TSE)「しまんと」51号 民営化後の運行展開 [ ]• (63年):瀬戸大橋線開通により、従来高松駅 - 高知駅・間を結んでいた特急「南風」が岡山駅発着となり、高松駅発着列車を「 しまんと」と改称。 当初は3往復。 (元年)• :2000系試作車「TSE」が高松駅 - 高知駅間臨時列車1往復に投入。 :急行「土佐」「あしずり」を格上げして1往復増発され、4往復になる。 (平成2年):「土佐」1往復の格上げを含めて計2往復を増発され、6往復になる。 (平成3年)11月21日:1往復増発して、7往復になる。 (平成5年):使用車両が2000系に統一。 (平成9年)• :開業に伴い、一部列車が宿毛駅発着になる。 :2往復増発され、9往復になる。 (平成10年)3月14日:多度津駅 - 高知駅間で「南風」と併結する列車が2往復設定される。 (平成11年)3月13日:多度津駅 - 高知駅間で「南風」と併結していた2往復が「南風」単独になり、1往復減便されて6往復になる。 2000年代の動き [ ]• (平成13年)3月3日:多度津駅 - 高知駅間で「南風」と併結となる列車が下り3本、上り2本設定される。 上り1本減便となり、下り6本と上り5本になる。 (平成14年)3月23日:「南風」との駅を宇多津駅に変更する。 (平成15年)10月1日:宇多津駅 - 高知駅間で「南風」と併結となる列車が上り2本増え、下り3本と上り4本になる。 下り1本減便となり、5往復になる。 (平成17年)• 3月2日:により宿毛駅 - 中村駅間が運休になる。 6月13日: - 中村駅間で運行を再開(東宿毛駅は扱い)。 11月1日:宿毛駅 - 東宿毛駅間で運行を再開(東宿毛駅の臨時停車扱いを終了)。 (平成19年)3月18日:下り1本が中村行きに見直される。 (平成20年)3月15日:喫煙ルームを除き全席禁煙になる。 2010年代の動き [ ]• (平成23年)3月12日:ダイヤ改正により次のように変更。 の呼称を廃止。 喫煙ルームが廃止される。 上り列車1本の運行時間帯を変更し、「南風」と併結する列車が3往復になる。 高知5時ちょうど発の高松行き列車を新設。 (平成24年)3月17日:ダイヤ改正により次のように変更。 上り列車1本の運行時間帯を変更。 中村駅・宿毛駅発着列車をそれぞれ「」と系統分離。 これによって「しまんと」は全列車が高知駅発着に統一される。 (平成25年)3月16日:「南風25号」と「しまんと9号」の併結作業を宇多津駅から多度津駅に変更。 (平成26年):「しまんと1号」と「あしずり3号」が統合され、「しまんと」の中村駅乗り入れが復活。 (平成31年・元年)• :ダイヤ改正において、「あしずり12号」と「しまんと10号」が統合され、「しまんと」の宿毛駅発高松駅行直通が復活。 :「しまんと1号」と「しまんと10号」にを投入。 2020年代の動き [ ]• (2年)• :この日からによる乗客減のため、併結運転の下り「南風21号・しまんと7号」と「南風25号・しまんと9号」、上り「南風4号・しまんと4号」と「南風24号・しまんと6号」がまで運休。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 下りが宇多津駅1本(3号)、多度津駅2本(7・9号)。 上りが宇多津駅3本(4・6・8号)。 「しまんと」編成も含めて1列車全車両を岡山駅発着の「南風」とするため。 2017年には踏切事故により車両不足に陥り、代走として復刻カラー編成が使われたという珍事がある。 2015年8月15日. 2016年8月17日閲覧。 2016年8月19日. 2016年10月19日閲覧。 railf. jp(鉄道ニュース). 交友社 2018年4月29日. 2018年6月3日閲覧。 「1999. 13ダイヤ改正の概要」『』第33巻第4号、、1999年4月、 78-79頁。 プレスリリース , , 2007年12月20日 , の2007年12月23日時点におけるアーカイブ。 , 2007年12月23日閲覧。 プレスリリース , 四国旅客鉄道, 2010年12月17日 , の2010年12月20日時点におけるアーカイブ。 , 2010年12月20日閲覧。 プレスリリース , 四国旅客鉄道, 2011年12月16日 , の2011年12月17日時点におけるアーカイブ。 , 2011年12月17日閲覧。 プレスリリース , 四国旅客鉄道, 2012年12月21日 , の2012年12月24日時点におけるアーカイブ。 , 2012年12月24日閲覧。 プレスリリース , 四国旅客鉄道, 2013年12月20日 , の2013年12月25日時点におけるアーカイブ。 , 2013年12月25日閲覧。 2019年4月2日閲覧。 四国旅客鉄道. 2019年8月1日閲覧。 www. jr-shikoku. 2020年5月26日閲覧。 www. jr-shikoku. 2020年5月26日閲覧。 参考文献 [ ]• 寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年7月24日。。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 四国旅客鉄道• - 土佐くろしお鉄道.

次の

特急南風の車両、座席、車内設備、お得な切符などについて解説。岡山〜高知間を振り子式でキビキビ走る列車は新車が入って快適【乗車記】|のぞみは西へ、みずほは九州へ

特急しまんと 座席

あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊の編成表・座席表は下の表の通りです(左右にスクロールできます)。 👈 新宿 景色が良い側(富士山・アルプス・諏訪湖) 1号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 2号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 3号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 4号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 5号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 6号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 7号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 8号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 9号車 グリーン 1 2 3 4 5 6 7 8 10号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 11号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 12号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D D C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C C B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B B A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A A 甲府・松本👉 景色は普通(甲府盆地・八ヶ岳)• 8両編成は、4~12号車で運転• 特急富士回遊は1~3号車で運転 下はこだわりの表。 午前の松本方面なら、D席奇数番号がおすすめです。 景色 景色が良いのは、 往復ともDC席です。 特急富士回遊は、富士急線内でカーブが多いため、左右の差は少ないですが、DC席のほうが、やや富士山が見える時間が長くなります。 日差し 甲府~松本間は南北に走ります。 西日がまぶしいのは、午後のCD席です。 朝日がややまぶしいのは、午前のAB席です。 窓大きい 松本方面では奇数番号が窓が大きく、新宿方面では偶数番号が窓が大きいです。 コンセント 全席にあります。 トイレ 1・2号車の間。 2・3号車の間。 4・5号車の間。 6・7号車の間。 8・9号車の間。 9・10号車の間。 11・12号車の間。 赤ちゃん 上に記した、化粧室にベビーチェア、ベビーベッドあり。 トランク 荷物置き場は、1・3・5・7・9・10・12号車の甲府、松本寄り。 寝る 椅子を大きく倒せる最後列の席が良い場合、甲府・松本方面なら1番です。 新宿方面の場合、号車によって異なります 窮屈 最前列の席は、足が伸ばせません。 山梨のページ• 甲府 || ブラタモリ 河口湖 || 全車指定席の仕組み 2019年3月から、中央線の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊は、全車指定席になりました。 全車指定席といっても、 新たな着席システムと言われるもので、全国にもあまり例がないものです。 指定席 … 従来と同じ仕組み。 ただし、乗車後に購入すると260円高くななる。 えきねっとチケットレスサービスなら、100円引き。 自由席 … 座席未指定券に変更。 値段は、指定席と同じ。 全車指定席だが、空いている席に乗車できる。 結論としては、同じ料金ですので、指定席がお得です。 しかし、 えきねっとを使用していれば、購入した指定券は発券前なら、原則1回に限り手数料なしで変更できます(複数回変更できる場合もあります)。 例えば17時の列車の指定席を取っておき、間に合わない場合、16時54分までは、無料で変更できます(えきねっとが止まる深夜から早朝を除く)。 ただし、えきねっとは、ログイン失敗率がかなり高いので、事前に確認が必要です。 座席の上のランプの色の意味 全車指定席のあずさ、かいじには、座席の上にランプがあります。 その意味は以下の通りです。 緑色 … すでに指定券販売済みの席。 乗り遅れていない限り、すぐに指定券を持った人が来るはずです。 黄色 … まもなく指定券発売済み区間になる席。 座席未指定券の場合は、できれば避けます。 赤色 … 今のところしばらく空いている席。 全車指定席 最新のE353系の乗り心地 デビュー日のE353系! 全車指定席の特急あずさ・かいじ・はちおうじ・おうめ・富士回遊に使用されるのは、最新のE353系。 写真は、2017年12月のデビュー日のE353系です。 全車指定席 最新のE353系は、座席が広く、コンセントもあり、乗り心地は抜群です。 JR東日本は、高速バスに勝てると踏んだ場合、全力投球をする傾向があり、全国の特急車両の中でも最上位です。 E353系の車内の様子は、次の記事に詳しいです(姉妹サイト)。

次の