猫が寝る場所。 猫が人の上で寝る理由。ちょっとショック?な本音とは

【猫と一緒に寝るのは病気や潰す危険性あり!】一緒に寝ない方がいい理由と対処法

猫が寝る場所

Contents• 猫の寝る時間が増えた理由 猫の睡眠時間は1日12~16時間とされ、もともと寝ている時間が長い動物です。 ですが飼育の環境や老化の影響で、さらに寝る時間が増えることがあります。 外に出ない室内飼いの猫はエサを探したり縄張りを見回る必要がありません。 やることがあまりないため必然と寝る時間が長くなります。 実際に野良猫よりも飼い猫の睡眠時間のほうが長く、中には1日20時間以上寝る猫もいます。 愛猫の寝る時間が増えたのは、ストレスがなくなり穏やかに過ごしている証拠と言えます。 10歳を過ぎた猫の場合は、老化による影響が考えられます。 猫も人間と同じように老化によって足腰が弱るため、運動量が落ちて寝ている時間が長くなります。 猫の10歳は人間で言えば56歳にあたり、老猫と呼ばれる年齢です。 一般的には10歳を過ぎた頃から、少しずつ老化による影響が目立つようになります。 動くことが億劫になり、中には一日のほとんどを寝て過ごす猫もいます。 とはいえ老化には個体差があります。 7歳くらいから老化が進む猫もいれば、10歳を過ぎても元気で活発な猫もいます。 当然ですが老化が早いほど、寝ている時間が長くなります。 猫の寝る時間帯っていつ? 猫は明け方と夕方に活発になる「薄明薄暮性」の動物です。 ですからそれ以外の時間、主に昼の時間帯は寝て過ごします。 ただし飼い猫の場合は、少しずつ人間のライフスタイルに合わせるようになります。 昼は寝ていることが多いことに変わりはありませんが、飼い主さんと同じ就寝時間に寝るようになり、起床時間に起きるようになります。 猫が寝る時痙攣する理由 寝ている猫をよく観察すると、体をピクピクと動かして軽く痙攣していることがあります。 これは人間でもよく見られる、浅い眠り レム睡眠 から深い眠り ノンレス睡眠 に移行したときに起こる生理現象です。 睡眠中も脳が活動していることを意味し、人間と同じように夢を見ていると考えられています。 ですが体を激しく揺さぶるように痙攣している場合は、何らかの発作の可能性があり要注意です。 前兆としてフラフラして真っ直ぐ歩けなかったり、よだれを垂らすなどの行動を見せることがあります。 病気の場合、脳に原因があるケースと内臓に原因があるケースに分かれます。 前者は「猫伝染性腹膜炎」や「脳梗塞」などの可能性があります。 後者は「肝不全」「腎不全」「熱中症」などの可能性があります。 このようなときは猫の体を毛布などで包むことで、痙攣によって障害物に体をぶつけて怪我をするのを防ぐことができます。 発作は数秒~数分で止まりますが、もし5分以上続くようなら速やかに動物病院を受診してください。 猫が寝る場所を変える理由 猫はその時の気分で寝る場所をよく変えます。 大抵は居心地が悪くなったことが理由で、より快適な場所に移動します。 気温が低い朝方に日当たりの良い窓辺で寝ていた猫が、日中になって暑くなると日陰に移動するのがその典型です。 猫は暑さや寒さを避ける目的で一日に何度も寝る場所を変えます。 他にも同居猫が来たときに場所を移すことがあります。 どんなに仲が良い猫でも、窮屈に感じると寝床を変えることがあるようです。 飼い主さんは日当たりや室温に気を配るとともに、愛猫がそのときによって自由に寝る場所を選べるように、ベッドを複数用意しましょう。 寝るときは猫をケージに入れたほうがいいのか 基本的には寝るときに猫をケージに入れる必要はありません。 元気な猫の大半はケージに入れられるのを嫌がります。 無理やりケージに入れて強いストレスになっては本末転倒です。 できるだけ猫が自由に寝る場所を決められる環境を用意しましょう。 一方で猫をケージで寝かせたほうが良いケースもあります。 療養中はケージに入れることで、他の猫を気にすることなく安心して眠れるというメリットがあります。 仲の悪い猫同士を一時的に引き離したい場合も有効です。 どちらかの猫をケージに入れることで喧嘩を防ぐことができます。

次の

寝場所はどこ 猫の寝場所・猫と共に生活

猫が寝る場所

夜中に猫がほてほて踏んでいく重みって何て幸せなんだろう! 有川浩 「旅猫リポート」より この感覚、とってもよく分かります! そうなんです! 猫と一緒に寝るのって、とっても幸せですよね! 私は夜中にふわふわの毛の塊が足元にあるととっても幸せな気持ちになります。 ですが現在、我が家では人間と猫は別々に寝ています。 ろんちゃんには夜はケージの中で寝てもらっています。 なぜ猫と一緒に寝るという幸せをみすみす手放したのか、猫と一緒に寝ないという選択をした理由と猫をケージで寝かせるメリットをご紹介します!• 猫と一緒に寝る? 猫を飼っている皆さんは、夜寝るときは猫と一緒に寝ていますか? 猫を飼っている幸せのひとつと言っても過言ではない猫との添い寝。 毎日ではなくとも、たまに一緒に寝る、昼寝は一緒に寝る、など猫と一緒に寝たことがないという人はほとんどいないのではないでしょうか。 猫と一緒に寝る幸せ あのもふもふふわふわが自分にくっついて丸くなっている時は最高です。 至福のときです。 冬は暖かくて湯たんぽ代わりになりますし、猫が喉を鳴らすゴロゴロはヒーリーング効果とマッサージ効果で人間を心地良い眠りへと導いてくれます。 もう本当に猫との添い寝は最高なのです。 猫と一緒に寝ない? 一方、猫とは一緒に寝ないという人もいると思います。 猫と人間は完全に別室で寝ている、というご家庭も中にはあるでしょう。 我が家でも、夜は猫と人間は完全に別々に寝ています。 一緒に寝ない理由 冒頭で「猫との添い寝は最高」と述べておきながら、なぜ我が家では一緒に寝ていないのか…。 決定打となった出来事があります。 本当は私もろんちゃんと一緒に寝たいですし、ろんちゃん自身も布団で寝るのが好きなので布団に入れてあげたいところなのですが、ケージで寝てもらうほうがメリットが多く、別々に寝るという現状になっています。 布団におしっこ! 一緒に寝ないという選択の決定打となった出来事とは、ろんちゃんが 布団でおしっこをするようになってしまった事です。 ろんちゃんを我が家に迎えて半年ほど経った頃、私の実家で不幸があり、暫く家を空けなければならない時期がありました。 その時のストレスをきっかけに、布団やソファにおしっこをするようになってしまいました。 ソファにおしっこの対策は以前、記事を書いています。 それまでは家族で川の字になり、ろんちゃんも一緒に寝ていたのですが、 一度布団におしっこをしてしまうと、それをきっかけに毎日のように布団におしっこをするようになってしまいました。 布団におしっこをしてしまったときの臭い対策はこちらからご覧下さい。 対策 ろんちゃん自身、布団でおしっこをする習慣がついてしまったのか、毎朝布団におしっこをする事態となってしまいました。 いくらおしっこ臭対策をしても、根本的な原因を絶たなければ毎朝おしっこの掃除をしなければならない私のストレスはなくならない…。 ということで、ろんちゃんとは別々に寝ることにしました! 夜は猫をケージに入れる 現在、ろんちゃんには夜はケージの中で寝てもらっています。 やってみてわかったのですが、夜、猫をケージの中に入れる事はメリットがいくつかあります! 布団におしっこ防止 我が家の場合、まずこれが1番の目的でした。 布団におしっこをされないようにするには、布団に来れないようにするのが手っ取り早く確実な方法です。 ケージの中にトイレも一緒に入れているので、自由にトイレに入れる環境にしています。 夜の運動会防止 猫は夜行性なので夜は活発的に動きます。 部屋の中を走り回ったり高いところからジャンプしたり、いきなりおもちゃを引っ張り出してチャリンチャリン遊びだしたり…。 寝ている人間なんてお構いなしに顔やお腹を踏み潰しながら走り回ります。 かなりバタバタと走り回ります。 我が家はマンション住まいなので下の階の人への騒音がかなり気になるところでした。 ケージの中に入れてしまえば、部屋中を走り回ることはもちろん出来なくなるので夜中の運動会もなくなります。 夜中の事故防止 注意しなければならないのが、 夜中の運動会中の思わぬ事故です。 高い所から誤って転落してしまったり、おもちゃや小さいものを誤飲してしまったり…。 猫自身のことだけでなく、私がうっかり出しっぱなしにしてしまった服や毛糸(編み物が趣味なんです)などをボロボロにされてしまう…といった事故防止にもなります。 夜中の寝ている間に事故が起きた場合、異変にすぐに気づくことが難しいです。 猫をケージに入れることで、そういったリスクを回避する事ができます。 リンク 人間の安眠確保 夜中の運動会が開催されると、かなりの確率で睡眠不足になります。 猫は本当に寝ている人間のことなんてお構いなしなのです。 跳んだり跳ねたり踏み潰したり、布団からちょろっと出した足の指に噛み付いたり… そうなると、次の日かなり寝不足になります。 (笑) 猫をケージに入れてしまえば安眠が確保できます。 夜のケージ、猫にストレス? 猫は夜行性なのに夜ケージの中に閉じ込めてしまうのはストレスになるのでは?と思う方もいるかもしれません。 猫の性格などにもよると思いますが、 ろんちゃんの場合はストレスにはなっていないようです。 ケージの中に入れることで、ろんちゃんも私達と同じ様に夜中寝るようになりました。 子猫のうちから夜はケージで寝る習慣をつけさせて、猫に「夜はここで寝るんだよ」ということを覚えてもらうことも効果的でなようです。 成猫になってからいきなりケージの中で寝かせようとすると、ストレスを感じる猫もいると思います。 そういった時は少しずつ慣らしてあげると良いでしょう。 ろんちゃんの様子 ろんちゃんの場合、7ヶ月くらいの頃からケージで寝かせるようになりました。 初めの頃はやはりストレスだったらしく、ケージに入れて暫くするとにゃーにゃー鳴いていました。 そこで、ケージの中がストレスにならないようにろんちゃんの過ごしやすさを重視しました。 トイレとごはんをケージの中に入れて、夜中自由にトイレに入ったりごはんを食べられるようにし、タオルやブランケットなども入れて、ふかふかの寝心地の良い寝床を作ってあげました。 そしてちょっとずつケージの中に入れる時間を長くしていき、夜中は完全にケージの中で寝るようになりました! ろんちゃんをケージの中に入れるのは夜中、私達が寝る時間だけです。 それ以外の時はろんちゃんは部屋の中を自由に動いているのですが、気付くとケージの中で寝ています。 ケージの中が自分の寝る場所と認識しているようです。 実は最近このケージがろんちゃんには手狭になっているのでは…と思っています。 ケージを変えたらまた新しいケージに馴れるまでに少し時間がかかるような気もするし、今のケージを気に入ってるみたいだから、まぁいいか…。 ケージのお掃除 ケージの中、気付くと毛だらけになっています。 猫砂やカリカリも飛び散っているので、定期的に掃除をして綺麗にしてあげましょう! 綺麗な寝床でろんちゃんにも安眠してもらいます!猫は寝てなんぼ! さいごに 以上が我が家では、夜は猫と人間が別々に寝ているという現状です。 昼寝をするときはろんちゃんも一緒に寝ています。 私がソファでウトウトしているとお腹の上に乗ってきて湯たんぽの代わりをしながらゴロゴロしています。 猫との昼寝は最高です。 【2019. 24追記】 防災対策のために猫をケージで寝かせるメリットを記事にしました。 こちらから合わせてご覧下さい。 【2019. 30追記】 猫のケージの掃除についてまとめました。 猫に快適に過ごしてもらいましょう! ronchantaro.

次の

猫の寝相!寝方でわかる猫の本当の気持ちとは?

猫が寝る場所

愛猫から信頼されているかどうか……それは、 猫の「寝る場所」を見ればわかることがあるって、知っていますか? ねこのきもち獣医師相談室の先生が、くわしく解説します! 飼い主さんのそばで寝るなら…愛猫から信頼されてる証拠! 猫が寝る場所によって、飼い主さんへの信頼度はわかるといわれています。 飼い主さんを信頼している猫は、 飼い主さんのそばで眠ることが多いです。 猫は本来警戒心が強い動物なので、なるべく誰にも知られないような場所で眠ります。 それにもかかわらず飼い主さんのそばで眠るということは、飼い主さんを信頼して安心しきっている証拠ともいえます。 猫の眠る場所としては 股の間だったり、布団の中だったりと、飼い主さんのそばのいろんなところで眠るようです。 愛猫がそばで寝ないと…信頼されてない? 飼い主さんをあまり信用していない猫は、飼い主さんと別の部屋など、飼い主さんの視界に入らない場所で眠りがちになることが多いでしょう。 ただし、 飼い主さんとの距離があったとしても、へそ天のようにおなかを丸出しにして無防備な寝姿で寝ているようなら、猫は安心している状態といえますね。 また、飼い主さんを信用していたとしても、別室で寝たほうが猫にとってより快適に寝やすいような環境である場合もあります。 日頃からできる「愛猫との距離感を縮める方法」 愛猫がぐっすりと寝ているときは無理にかまわないようにし、睡眠の邪魔をしないようにしましょう。 また、 猫との距離感を縮めたいあまり、猫が嫌がっているにもかかわらずしつこく構いすぎてしまうと、逆にうまくいかないことが多いです。 日頃から猫自身が甘えてきたときに、ゆっくりと撫でてあげる、やさしく声をかけてあげるといったような、 猫目線の生活を心がけるとよいでしょう。 取材・文/Honoka.

次の