カメックス ポッチャマ デッキ。 【ポケカ大会優勝】カメックス&ポッチャマGXのデッキレシピまとめ

【2020年1月27日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

カメックス ポッチャマ デッキ

ポッチャマ+カメックス デッキレシピ 【デッキコード】2p3MMM-bz9XHZ-XEpyEM カメだらけデッキです。 さらにエネルギーは15枚も入れていますが、デデンネなどは抜いてしまって、さらにエネルギーを足すのもありだと思います。 カメ自身のエネ加速と合わせて、サポートやグッズも強力です。 手札に4枚ものエネルギーを「おじょうさま」で引っ張ります。 逆に「マキシ」はエネルギーをトラッシュに送ってドローしますので、トレーナーズがほしいときには重宝しますね。 みずデッキでは欠かせないカードです。 「アクアパッチ」はトラッシュから引き戻せますので、トラッシュに送ったエネルギーもしっかりと回収していきます。 ポッチャマ+カメックスのキーカード カメックスのパワースコールでしっかりとエネルギーを溜めていく 【特性】 パワースコール 自分の番に1回使える。 自分の山札を上から6枚見て、その中にある水エネルギーを好きなだけ、自分のポケモンに好きなようにつける。 残りのカードは山札にもどして切る。 こちらもエネルギーを付け替えていきます。 このデッキには大量15枚のエネルギーを積んでいますので、25%でエネルギーが引ける計算です。 エネルギー以外のカードをしっかりとトラッシュに送っておけば、その比率を高められますので、ハイパーボールなどを使って、その効率性を高めることで勝率が上がります。 「カメックス」の「ロケットスプラッシュ」で どのワザも徹底的にエネルギーをコントロールしていきます。 「パワースコール」で付けたエネルギーを、「ロケットスプラッシュ」で大ダメージを狙っていきます。 5枚あれば300ダメージなので、しっかりとタッグチームも落とすことが可能です。 今回は採用していませんが、4枚240ダメ+「こだわりハチマキ」なんていうコンボもありですね。

次の

超回復!カメックス&ポッチャマデッキ解説|むすこもり|note

カメックス ポッチャマ デッキ

こんちは、ばんです。 今回は新弾【ソード】【シールド】から【モスノウ】と【V MAX】を組み合わせたデッキについて書いていこうと思います。 デッキレシピ 本来であれば【エネルギースピナー】を採用したいのですが、未だに1枚の価格が2000円以上と言う事で採用しにくいと判断したため【エネルギー転送】を代用として入れてあります。 高いHPで相手のワザを受けつつ、こちらは威力がどんどん増していくワザで相手を落としていきます。 ワザ【キョダイポンプ】は自身に付いている水エネルギーの数が多いほどワザの威力が上がっていき、6枚の水エネルギーが付いていれば270点まで出すことができ【げんきのハチマキ】が付いていれば280点と【三神】を落とす事が可能になります。 モスノウ 特性 【ひょうせつのまい】 自分の番に何回でも使える。 自分の手札から水エネルギーを1枚選び、ベンチの水に付ける。 特性で水エネルギーを何度も手札から付ける事ができます。 この特性を使ってベンチの【V MAX】に一気に水エネルギーをつける事で高火力を出していくのが基本的な高い戦い方となります。 エネルギー転送 自分の山札から基本エネルギーを1枚選び、相手に見せて、手札に加える。 そして山札を切る。 冒頭でも書きましたが、ここの枠は【エネルギースピナー】が理想です。 しかし入手しにくいため【エネルギー転送】を採用しています。 手札に水エネルギーを加えるグッズを採用する事で【モスノウ】の特性を使いやすくします。 そして山札を切る。 追加で、このカードを使うときに、自分の手札を5枚トラッシュしてよい。 その場合、この番、自分の水は、自分がすでにGXワザを使っていても、GXワザが使える。 山札から水エネルギーを3枚手札に加える事ができるので、これも【モスノウ】の特性を考えての採用です。 と、今回はこの辺で。 ともやっているので下のリンクから是非フォローとチャンネル登録よろしくお願いします。 それでは、また次回に。

次の

【2020年1月27日】ポケカ大会優勝デッキレシピまとめ&独自分析考察

カメックス ポッチャマ デッキ

エネルギー 12 基本水エネルギー 12枚 カメックス&ポッチャマデッキ解説 カメックス&ポッチャマGX(ミュウツー&ミュウGX)を主軸に回復をしながら戦うデッキ。 主な戦い方は• カメックス&ポッチャマGXもしくはミュウツー&ミュウGXを壁にしつつ• アクアパッチやエネを手張りし、準備が整ったカメックス&ポッチャマGXのエネルギーをためる• ポケモンいれかえ、グズマ、フウとランなどで準備をしたカメックス&ポッチャマGXをバトル場に出す。 壁となってくれたタッグチームを水エネルギーを与えながら回復していく。 この動きが今回紹介するカメックス&ポッチャマGXの基本の動きとなっている。 採用理由はおそらくリミックスバウトの新弾バトルで一定数は使用者がいるとおもわれる とバンデットガードフーパを組み合わせたデッキにカメックス&ポッチャマGXのタッグチーム単だと全く太刀打ちできなかったため。 ゲッコウガGXのかすみぎりをコピーしたならかすみぎりでフーパを一刀両断することができる。 しかし相手のジャッジマンやリセットスタンプをくらった際のリカバリー役としてそのまま場に出すこともでき、使い勝手が良好でした!これは嬉しい誤算です! トキワの森 デッキの潤滑油になるカードだが、今回の採用理由はほぼプリズムスタースタジアム、特にフィールドブロアーで剥がせないを張り替えるため。 張り替えるための汎用スタジアムの採用候補は• せせらぎの丘• 無人発電所• トキワの森 が候補となっていた。 そのうち、無人発電所は自分のミュウツー&ミュウGXの特性も消してしまうため不採用。 (なお手札のは無人発電所が場にあっても特性を使うことができる) せせらぎの丘は相手のルガゾロ(ルガルガンGX・ゾロアークGX)デッキに対してイワンコを無償降臨させてしまうことになる。 さらにこちらのデッキの対象もデッキに3枚採用しているカメックス&ポッチャマGXのみなため、採用するメリットよりデメリットのほうが上回ったと判断した。 トキワの森なら、相手にも利用されるとはいえとのシナジーもあり事故回避としてもできるため張り替えるスタジアムとしては及第点だと判断し採用した。 対アローラペルシアンGXデッキのプレイング は非常に強力で、張り替えることができないとゲームの敗北に繋がりかねない。 カメックス&ポッチャマGXデッキ採用カード解説 カメックス&ポッチャマGX 今回のデッキの主役。 常に回復し続けることが可能なワザを持つ珍しいタッグチーム。 その性質上、非GXに強い。 カメックス&ポッチャマGXの特徴として、ワザ「スプラッシュメーカー」により2匹のカメックス&ポッチャマGXを並べることでカメックス&ポッチャマGXでカメックス&ポッチャマGXを回復することができる。 ただし水水無というエネルギーは決して軽くないためエネ加速手段としてアクアパッチを採用している。 カメックス&ポッチャマGXのワザ「スプラッシュメーカー」は強力だが、回復には水エネルギーを必要とする。 手札にエネルギーカードを握っていることが重要なためドロー系サポートカードを多めに採用している。 中でもはカメックス&ポッチャマGXは特に強力。 ローラースケーターでトラッシュに水エネルギーを捨ててドローする• アクアパッチでベンチのカメックス&ポッチャマGXにエネをつける• ポケモンいれかえでベンチのカメックス&ポッチャマGXを場に出し、ベンチで壁役として頑張ってくれたカメックス&ポッチャマGXに水エネルギーを与え回復させる。 この動きが今回のデッキの理想の動きであり、基本の動きでもある。 リセットスタンプ ほぼタッグチーム単に近い構築になっており、たねポケモンが少ない。 そのため試合開始前に相手は2~3枚のカードを対戦前にドローすることも珍しくない。 リセットスタンプは相手に多くのカードを引かれた際のカウンターとして2枚とやや多めに採用した。 カメックス&ポッチャマGXが有利なデッキ 非GXデッキ全般 戒めの祠のダメージすらスプラッシュメーカーで回復させていくため、打点を小刻みにする非GXデッキの計算を大幅に狂わせることができる。 カキや溶接工を擁するミュウツー炎側の準備・打点が圧倒的に高く、準備段階で倒されてしまう。

次の