プロテインダイエット 効果。 朝起きてすぐ飲むプロテインの7つの効果(メリット)│TheHealthyLife

プロテインダイエットの正しいやり方や飲み方!運動は必要?

プロテインダイエット 効果

「 プロテインを飲むと痩せる」って噂聞いたけどそれは本当かな・・・ とお考えのあなた。 プロテインというと、 「理想的な体作りをするために、飲むもの」 「運動しないで飲むと太りそう・・・」 「男らしい人が筋肉増大のために飲むもの」 というイメージを持っている場合も多いと思います。 実は、これは企業がマーケティングとして植え付けた間違ったイメージです。 体育会系の部活に所属していた人やトレーニングをしたことがある人は、 プロテインを知っていたり、飲んだことがあるかもしれません。 プロテインは、男らしい人が筋肉をつけるために飲むものというイメージがあまりにも強すぎるため、「 プロテインを飲むと太る」と考えている人も多くいます。 あなたもそうかもしれませんね。 しかし、最初に言わせてもらうと、 プロテインを飲んでも太りません。 むしろ、自分の理想とする体型を作り出すボディメイクに有用なものです。 ただし、 プロテインを飲んだからといって、それだけで痩せる、というものでもありません。 そこで今回は、 プロテインに対して正しい知識を持ってもらい、 ダイエットや筋トレなどに活用していく方法も話していきます。 あなたが今回の記事を読んで、 プロテインを活用し、 ダイエット効果を増加させて1日でも早く理想の体になれるようになったら幸いです。 それではさっそく見ていきましょう。 プロテインに直接の ダイエット効果はない3つの理由 巷では、「 プロテインを飲むと痩せる!」「 ダイエットにいい」などと言われています。 その影響で「 ダイエットのために プロテインを飲もうかな・・・・」と考えている人は、世間に多いかもしれません。 しかしながら、最初にお伝えしておくと プロテインを飲むと痩せることはないということは断言しておきます。 プロテインは飲むだけで痩せるような魔法の薬ではありません。 ただ、間接的には、 ダイエットに役に立ちますので、飲む意味がないというわけでもありません。 その理由は、後述します。 プロテインを飲んでも痩せられない理由は、3つあります。 プロテインはただのタンパク質だから よく プロテインを筋肉増強剤だと思っている人もいますが、 プロテイン=タンパク質です。 タンパク質を英語にすると、「Protein」です。 タンパク質は、脂質、炭水化物などと同様に三大栄養素と言われ、体に必須なものです。 これ自体に、特に痩せるような効果があるわけではありません。 基礎代謝量の維持はできても上げることはできないから プロテイン(タンパク質)を飲むことで、筋肉が分解されるのを防ぐことができます。 ただ飲むだけでは、筋肉の維持はできても、筋肉量を増やすことはできません。 筋肉量は、基礎代謝量と比例します。 つまり、筋肉を増やすことが出来なければ基礎代謝量が増えないので、 プロテインを飲むだけでは痩せる効果は期待できません。 補足:基礎代謝とは、私たちが普段何をせずとも消費されるエネルギーのことです。 それはたとえば呼吸をしたり、体温を維持することに使われます。 基礎代謝量を上げれば上げるほど、消費されるエネルギー(カロリーと言い換えると分かりやすいかもしれません)が増えるので、 ダイエットには基礎代謝が重要になってきます。 痩せるには糖質のコントロールの方が大事だから 痩せるためには、糖質量をいかに少なくするのかということの方が大事です。 例えば、 プロテインを飲んでいるからといって食べ過ぎたり、運動しなかったら当然のごとく痩せませんし。 むしろ太ります。 太る原因となる糖質といかに向き合っていくのか、ということの方が大事です。 ダイエット中の糖質量に関しては、後程言及します。 プロテインを飲む2つの ダイエットメリット 「けっきょく プロテインって飲んだ方がいいのか? ダイエットでどんなメリットがあるの?」という声が聞こえてきそうなので、お答えします。 プロテインを飲むと以下のようなメリットがあります。 1日に必要なタンパク質を簡単に摂取できる プロテインは水や牛乳に溶かして飲むだけなので、1日に必要なタンパク質を簡単に摂取することができます。 タンパク質は必須栄養素なので、生きていくために必要なものです。 ちなみに、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、1日に必要なタンパク質量は以下の量とされています。 ただ、 ダイエット・ボディメイクをすることを考えると、1日あたり以下の量のタンパク質を摂取することが重要だと私たちは考えています。 5g タンパ ク質は、肉、魚、卵などの食品からも摂取することができます。 しかし、それらの高タンパク質の食品には、余計な脂肪や脂質も含まれていたりすることがあります。 一日の必要摂取量をキープしようとすると、かなりの量の食事をしなければいけなくなり、摂取エネルギー量が大幅に上がっていってしまいます。 たとえタンパク質を必要量摂取していたとしても、肥満の原因となる糖質を摂取しすぎてしまったり、摂取エネルギーが増えてしまったりしたら、肥満につながってしまいます。 一方、 プロテインそのものがタンパク質であるため、糖質も摂取エネルギーも抑え、かつ手軽にタンパク質を摂取することが出来ます。 また、体への吸収が速く、筋肉を作る為の栄養素がバランスよく摂取できる、とういことも プロテインのメリットです。 プロテインの効果は、タンパク質を摂取したときの効果と同じと考えてください。 補足:基本的には、三大栄養素と言われるタンパク質なので、例えばの話、これが不足すると次のような弊害が発生します。 肌や髪のトラブル• 筋肉量の低下• 免疫力が低下する 筋肉がつきやすくなる プロテインを摂取することで、筋トレの効果を高める効果が期待できます。 どういうことかお話ししますね。 筋トレをすると筋肉が壊され、そして修復される過程で筋肉が大きくなっていくのですが、その修復時にタンパク質が使われます。 プロテインを摂取しておくことで、筋肉の修復に使われるタンパク質をスムーズに摂取することができます。 その結果として、 プロテインを飲まないでトレーニングしている人より、筋肉がつきやすくなります。 また、筋肉がつけば基礎代謝が上がり痩せやすく太りにくい体になります。 なので、筋トレをする場合は プロテインを併せて飲むようにしましょう。 ダイエット目的で筋トレや運動をしているのであれば、 プロテインを飲むことは十分におすすめできます。 さてそれでは、実際に プロテインを飲んで痩せる効果を高めるために、どのようなことをすればいいのかをお話ししていきます。 プロテインで ダイエット効果を高める4つの方法 先ほど、「 プロテインそのものには痩せる効果はない」といいましたが、 プロテインは間接的に ダイエットの役に立つものです。 筋肉にはタンパク質が大きく影響しているので、たんぱく質をしっかり摂取し筋肉を減らさないことが ダイエットでも大切になってきます。 たとえば筋トレした後は筋肉にダメージがありますが、そのダメージが回復したときに筋肉量が増えるといわれています(超回復という仕組みですが、ここでは割愛します)。 そのダメージの回復にはタンパク質の摂取が大切なんです。 たんぱく質が不足すると、せっかく ダイエットのために筋トレしても回復が鈍り、効率的な筋肉量アップの効果も期待できない可能性があります。 むしろ回復力が追い付かず、その状態でさらに筋トレをしてしまうと、筋肉分解を起こしてしまうこともあります。 プロテインを飲むことで基礎代謝の維持と向上が期待できるので、 ダイエット中の人には、ぜひ飲むことを私たちはおすすめします。 プロテインで痩せる効果を得るために、以下の方法を守ってください。 週に2回以上筋トレをする(自宅でできるものでもOK) まずは、しっかりと運動をすることです。 そうすることで、筋肉がついて基礎代謝を上げることができます。 週に2回程度でいいので、腕立て伏せ、腹筋、スクワット、背筋などをするようにしましょう。 プロテインを間食として飲む プロテインを間食として飲むことは以下の2つの効果が期待できます。 血糖値を一定に保つことができる• 筋肉が分解されるのを防ぐことができる 空腹になると血糖値が上がりやすくなります。 つまり、間食を摂って空腹を防ぐことで血糖値を一定に保つことができます。 また、空腹時は筋肉が分解されやすいので プロテインを摂取することできます。 以上の4つです。 これをすることで、 プロテインで痩せる効果を高めることができます。 プロテインの選ぶ際の3つのポイント さて、ここまで読み進めてきたあなたは、もしかして「 ダイエットするために、 プロテインを飲んでみたい」と思われたかもしれません。 プロテインは、なんでもいいわけではありません。 プロテインを選ぶときに意識してほしいことが3つあります。 味 無理なく継続する上で味はかなり重要です。 味の感じ方に関しては、人それぞれですが、あなたが無理なく飲めるような味の プロテインを飲むことが大切です。 タンパク質含有量 タンパク質含有量とは、 プロテイン中の純粋なタンパク質の割合を示します。 市販のものを見ていると70~90%ほどの含有率の プロテインが多いですね。 一般的には、タンパク質含有量が多くなればなるほど値段も高くなる傾向にあります。 安い プロテインを購入すると、その分 プロテイン含有量が少ないですし、高い価格の プロテインは、含有量が多い傾向にあります。 ただ、タンパク質以外にもBCAAやグルタミンなどの成分を配合することでトレーニングのサポートを狙っている プロテイン等もあります。 こうした プロテインに関してはサポート成分を多く配合するほどタンパク質含有率は下がってしまいます。 単なる プロテインなら含有率は意識してほしいですが、サポート成分が強みの プロテインは含有率が低くならざるを得ないことも知っておいて損はありません。 タンパク質だけを効率的に摂りたいのか、サポート成分を重視するのか、目的に合った プロテインを選ぶようにしましょう。 プロテインの原料 プロテインの原料は主に以下の3つの種類があります。 他にもエッグ プロテインやピー プロテインなどありますが、あまりメジャーではないので割愛します• ホエイ プロテイン• カゼイン プロテイン• ソイ プロテイン ただ、アスリートのように筋肉を本格的にトレーニングでつける場合は原料の種類も気にする必要はありますが、 ダイエット目的であればそこまで気にしなくても大丈夫です。 トレーニングと併用する場合はホエイ プロテイン、カゼイン プロテインがオススメです。 美容にも気を使いたい場合は大豆が原料のソイ プロテインがオススメです。 ダイエットで プロテインを飲むべきおすすめの時間帯 プロテインは、いつ飲むべきなのか?ということですが、いくつかゴールデンタイムがあります。 そもそも プロテインを飲む目的というのが、筋肉維持、向上のためです。 朝 夜寝ているときは、タンパク質が摂取できません。 そもそも食事自体ができないので、栄養が摂取できず、体は軽い飢餓状態です。 そのため、筋肉が分解される可能性もあります。 足りないタンパク質を補うために、朝起きて プロテインを飲むのもいいでしょう。 筋力トレーニングの1~2時間前 筋力トレーニング前にも、 プロテインを飲むことをオススメします。 筋力トレーニング中は体に負荷がかかり、体のエネルギーを消費していきます。 そして体にエネルギーが足りなくなると、筋肉(に含まれるタンパク質)を分解して、エネルギーを作りだそうとします。 なので、筋肉が分解されるのを避けるためにも、トレーニング前の1~2時間前に プロテインを摂取することが大切です。。 ただし、トレーニング前に肉や卵などを食べてタンパク質を摂取している場合は、 プロテインを飲む必要はありません。 トレーニング後の30分~1時間以内 トレーニングをした後に、分解された筋肉を修復するためには、タンパク質が必要です。 それを補うという意味でもトレーニング後に プロテインを摂取しましょう。 筋肉の修復を助け、筋肉量と基礎代謝量の向上につながります。 寝る前 筋肉が最も成長するのは、睡眠中です。 さらに、睡眠中は、タンパク質が摂取できないので、夜寝る前に プロテインを摂取することで、筋肉の成長が進みやすくなります。 以上、• トレーニング前• トレーニング後• 寝る前 の時間帯に プロテインを摂取するのがいいでしょう(すべてのタイミングだとタンパク質の過剰摂取になってしまうので、これらのうちどれかの時間帯に飲むことをおすすめします)。 ダイエット中に プロテインを飲む際の注意点 これまで ダイエット中の プロテインの効果をお伝えしてきましたが、 プロテインも飲み方によっては逆効果になってしまったり、体調を崩してしまったりする場合もあります。 なので、 プロテインを飲む際は以下の点に注意するようにしましょう。 飲みすぎないようにする(牛乳で飲むときは特に注意) プロテイン1杯分(20g)のカロリーは50~100kcalくらいで低いです。 といっても、飲みすぎると普通に太ります。 また、牛乳などと一緒に飲むと美味しいですが、カロリーがその分高くなるので注意しましょう。 牛乳や豆乳のカロリーや糖質を見て飲むようにしましょう。 品名 カロリー 糖質 牛乳 100gあたり 67kcal 4. 8g 無調整豆乳 100gあたり 46kcal 2. 9g 調整豆乳 100gあたり 64kcal 4. 5g 出典:「日本食品標準成分表2015年版 七訂 」文部科学省 プロテインの用法や容量を守って飲むようにしていきましょう。 まとめ: プロテインで ダイエットするなら筋トレと糖質制限を組み合わせて行う プロテインは、それだけ飲めば、痩せるものではありません。 記事中でも述べさせていただきましたが、 ダイエット目的であれば、 プロテインを飲み、そして筋トレと糖質コントロールの両方もこなしていく必要があるということです。 そうすることで、筋肉が増えて代謝が上がり、どんどん太りにくく痩せやすい体になってくるでしょう。 あなたの ダイエットに プロテインを取り入れ、理想の体型を目指していきましょう。

次の

プロテインを飲むとどんな効果があるのか。筋トレやダイエットにも効く?

プロテインダイエット 効果

ソイプロテインは、大豆のタンパク質を抽出したプロテインです。 一般的なホエイプロテインが牛乳から抽出されているのに対し、植物性タンパク質である大豆から抽出したプロテインのメリットとは? その効果を活かすために、最適な飲むタイミング、それを活かしたダイエットへの効果についてご紹介します! ソイプロテインのメリットとは ソイプロテインとは、植物性タンパク質である大豆のタンパク質を抽出したプロテインのこと。 一般的なホエイプロテインは、動物性タンパク質である牛乳から抽出されています。 同じ「タンパク質」であっても、その中に含まれるアミノ酸の比率には違いがあります。 ホエイプロテインには筋肉の発達に重要とされる BCAAが多く含まれており、ハードな筋トレによって筋肥大を目指すトレーニーに好まれています。 また、ホエイプロテインには 「消化吸収が早い」というメリットも。 牛乳から消化しやすいタンパク質だけを抽出したものですから、飲んだらすぐに消化吸収されることがホエイプロテインの特徴。 このため、トレーニングによって筋繊維が損傷し、それを修復するための栄養を欲しているタイミングで飲むことで、筋肥大に効果を発揮すると考えられています。 では、植物性タンパク質であるソイプロテインのメリットとは何でしょうか? グルタミン・アルギニンが多い 筋発達に不可欠なBCAAの含有量はホエイプロテインの方が多い代わりに、ソイプロテインには疲労回復に有効な グルタミン、血管を拡張する効果のある アルギニンが多く含まれています。 疲労回復はトレーニーにとって非常に重要なテーマであり、それを促してくれるグルタミンが多いことは注目ポイント さらに、血管を拡張して全身の血流を増やすアルギニンは、質の高いトレーニングをするためには欠かせない栄養素です。 イソフラボンが豊富 ソイプロテインのメリットの一つが、大豆に多く含まれる イソフラボンをとれることです。 イソフラボンは女性ホルモンをサポートする効果が有名ですが、正確に言うと構造が女性ホルモンに似ているため、同じように働くことが出来るのです。 ホルモンとは、各細胞に含まれる受容体に結合することで効果を発揮しますが、イソフラボンは女性ホルモンと構造が似ているために女性ホルモンの受容体に結合できます。 特に女性はホルモンバランスが乱れやすいために、イソフラボンを多く摂取することで女性ホルモンの減少による身体の不具合を予防する効果が期待できます。 女性ホルモンが減少すると、更年期障害を引き起こしたり、お肌のハリが無くなったりと女性にとっては無視できない症状が起き、これを予防する効果がソイプロテインの宣伝文句になっています。 なお、 「男性がイソフラボンを摂りすぎると男性ホルモンの分泌を阻害し、筋発達に悪影響がある」とする意見もありますが、実際にはほとんど無視していいレベルだと言われています。 そんな事を言ったら、昔から納豆を食べてきた日本人はみんな女性化しているのか?って話になってしまいますよね。 女性ホルモンは女性の筋肉を発達させる 長い間、筋肉を力強く発達させるのは、男性ホルモンの役割だと考えられてきました。 男性ホルモンは、9割以上が男性の睾丸から分泌され、残りの1割は腎臓から分泌されます。 このため、女性は男性の1割程度しか男性ホルモンが分泌されないので、筋発達には極めて不利なのです。 しかし近年の研究で、女性の筋発達には女性ホルモンも深く関わっていることが明らかになってきました。 筋肉や骨を発達させるためにも、女性ホルモンの安定的な分泌が重要であることがいくつもの研究で発表されています。 従来言われていた「筋肉の発達には女性ホルモンはマイナス」という説は否定されてきています。 ただ、イソフラボンがどれくらい筋発達に効果的なのかは、まだまだエビデンス不足と言わざるを得ず、今後の研究が待たれるところです。 これによって血中中性脂肪や内臓脂肪の減少には、有効であると言われています。 理由は、納豆菌が増殖するために大豆のタンパク質を食べてしまうから。 消化吸収が遅い ソイプロテインは、ホエイプロテインに比べて消化吸収に時間がかかります。 これは、デメリットであると同時にメリットにもなります。 「消化吸収が早い」という事は 「すぐに無くなってしまう」ということ。 逆に 「消化吸収が遅い」という事は 「長時間に渡ってゆっくり栄養を供給し続ける」という事でもあります。 食べたものの栄養素は食べた瞬間に吸収されるのではなく、消化器の中でゆっくり消化されながら少しづつ吸収されていきます。 胃腸の中に留まっている時間が長いということは、それだけ長い時間に渡ってゆっくり少しづつ栄養を供給し続けてくれるということ。 これは、長時間食事を取れない時に栄養不足に陥ることを防いでくれる事になるのです。 ソイプロテインの最適な飲むタイミングとは 上記の特徴を踏まえて、ソイプロテインの最適な飲むタイミングは 「寝る前」です。 筋肉の合成にしろ脂肪の分解にしろ、人間の身体が一番変わるのは睡眠中です。 脂肪を分解して筋肉を合成するには、睡眠中に栄養不足になってはいけないのです。 栄養不足の状態では、身体は筋肉の合成を抑えて脂肪を蓄えようとします。 これを防ぐためには就寝前の栄養補給が重要なのです。 しかし、当然ながら寝る前にたくさん食べれば太りますし、ダイエットの観点からすると寝る前の食事は憚られますよね。 また、睡眠中は消化器の活動も低下しますから、胃腸の中に食べ物が残っている状態で寝ると消化不良を起こしやすくなります。 そもそも、満腹感がある状態では中々寝付けませんよね。 だから、 出来る限りカロリーを抑えてタンパク質を効率よく摂取できるソイプロテインは、就寝前に飲むのに一番適しているのです。 この時、できれば水ではなくお湯やホットミルクでソイプロテインを溶かして飲むと、身体にもリラックス効果があり、スムーズに入眠できます。 プロテインは液体ですから固形物として胃腸に残ることもなく、睡眠を妨げることもありません。 そして、寝ている間にゆっくりと消化吸収されて、睡眠中にもタンパク質が供給され、身体は筋肉の合成と脂肪の分解を進めることが出来るのです。 トレーニング後にはしっかり食事を トレーニングを終えた直後には、筋繊維が損傷し、体内の糖質も大量に消費されていますから、身体が栄養を欲している状態です。 このタイミングで吸収の早いホエイプロテインを飲むことには意味がありますが、ソイプロテインに関して急いで飲む必要はありません。 むしろ、運動後に必要な栄養はタンパク質だけではありませんので、トレーニングを終えた後には出来るだけ普通の食事を摂るようにしたいところ。 タンパク質だけでなく、運動によって消費された糖質も補給しなくては、健康な体作りは出来ません。 糖質=炭水化物というと太るイメージがありますが、運動によって消費された分を補給するだけでなら太ることはありませんし、むしろ補給しないと回復が追いつかずに運動を続けられなくなります。 上述の通り、身体は寝ている間に1番変わるのであり、その時に栄養不足になっていると変化に悪影響があります。 運動してから何も食べずに寝るのはNGです。 「運動してから寝るまでの間」には、可能な限り食事を摂るようにしたいですね。 女性におすすめのソイプロテイン とにかく筋肥大を目指す男性にはホエイプロテインが人気ですが、女性がダイエットに活かすにはソイプロテインの方がメリットがあります。 この分野では今まで 「SAVAS シェイプ&ビューティ」が圧倒的な人気を持っていました。 このパッケージ、一度は見たことありますよね。 もうひとつ、今人気が急上昇しているのが 「ジェシカズフォーミュラ」 ネット通販が主なので、店頭で見かけること中々ありませんが、物凄く売れている商品です。 ジェシカズフォーミュラはSAVASに対して成分やコスパはどうなのでしょうか? 両者を比較してみましょう。 商品名 ジェシカズフォーミュラ スリム&ビューティ 内容量価格 300g(25食) 3564円 210g(15食) 1200円 1杯あたりの価格 142. 56円 80円 タンパク含量 56% 54. 5% 1杯のカロリー 36. 9kcal 51kcal 1杯のタンパク質 6. 7g 7. 2g 1杯の脂質 0. 1g 0. 3g 1杯の炭水化物 4. 0g 4. 8g 1杯の糖質 0. 3g 不明 生産体制 医薬品安全基準検査クリアの国内工場 不明 ザバスは安いがダイエット目的ならジェシカズフォーミュラ? ジェシカズフォーミュラとザバスを比較してみると、1杯あたりの価格はザバスの方がかなり安くなります。 この辺は、さすがに大手の力という事でしょう。 ただし、その成分を詳しく見てみると、1杯あたりのタンパク質量はザバスの方が僅かに多いもの、それ以外の脂質や炭水化物についてもザバスの方が多くなっています。 この結果、 1杯あたりのカロリーはザバスの方が 14kcal以上も高くなっています。 たかが14kcal、されど14kcal ソイプロテインは日中の小腹がすいた時、そして就寝前の一日二杯飲んだとして、 一日で30kcal近い差になります。 わずかな差ではあれど、続けていれば大きな差になるかも知れません。 また、炭水化物とは糖質と食物繊維が結合したものですが、ジェシカズフォーミュラは糖質がわずか0.7gで、残りの3.3gは食物繊維です。 ザバスの方は炭水化物の内訳はわかりませんでした。 それと、ジェシカズフォーミュラは医薬品安全基準クリア済みの国内工場で生産している安全性をアピールしていますが、ザバスの方は表記が無かったのでわかりません。 このあたり、気になる人は気になるかも知れませんね。 この事から、ジェシカズフォーミュラは 「カロリーを抑えながらもしっかり運動して綺麗に絞りたい!」という用途に向いているようです! ジェシカズフォーミュラ お味の方は? 私はジェシカズフォーミュラとザバス両方飲んだことがあります。 率直な感想としては、ジェシカズフォーミュラの方がはるかに美味しいです。 それと、ソイプロテインにしてはかなり溶けやすいです。 ザバスも不味いわけではありません。 ただし、ソイプロテインであるがゆえに溶けにくく、かなりシャカシャカしてもダマになりやすいのがイタダケナイ その点、 ジェシカズフォーミュラはソイプロテインにしては驚くほど溶けやすいですね。 味はアサイーベリーで味付けしてあるので、ベリー系のスムージーのような味です。 プロテインぽくないので、飲みやすいと思います。 完全に主観になりましたが、参考になれば幸いです。 出典:.

次の

プロテインのメリットと効率的な飲み方とは?

プロテインダイエット 効果

【寝る前のプロテイン摂取について】 就寝前はなぜ効果的なのか 就寝前にプロテインを摂取するのが効果的な理由は、 成長ホルモンが影響しています。 睡眠をしている間、人間の体には多くの成長ホルモンが分泌されています。 成長ホルモンとは脳下垂体から分泌されているもので、 体の機能をコントロールする役割や筋肉量を増やす役目を担っています。 成長ホルモンの特徴はタンパク質の吸収を促すこと。 そして、成長ホルモンが活発に機能しているときにタンパク質を補ってあげると、さらにタンパク質の吸収を高めることができます。 タンパク質の吸収を高めると、筋肉量を増やすことにつながります。 タンパク質は肉や魚などの食品から摂取できる栄養素ですが、足りない場合に手軽に補えるものがプロテインです。 就寝前に肉や魚を食べるのは現実的ではないので、プロテインを活用すれば手軽に筋肉量を増やすことができますね。 寝る前何時ごろ摂取する?最適な時間について 就寝する30分~1時間前を目安としてプロテインを飲むことをおすすめします。 理由は2つあります。 寝る直前に摂取してしまうと、せっかく休もうとしている胃や腸に負担をかけてしまうことになります。 胃腸の弱い人であれば、胃痛や胃もたれの原因になることも。 ピークは就寝後30分~3時間後と言われています。 そして、プロテインは摂取してから体に吸収されるまで時間がかかります。 ですので、就寝する時間から逆算して、その30分~1時間前に飲んでおけば、 成長ホルモン分泌のピークに間に合うのです。 寝る前のプロテインって太る!?ダイエットに影響を与える? 「寝る前にプロテインを飲むと太る」「就寝前のプロテイン摂取はダイエットに逆効果」ということを耳にしたことがあるかもしれません。 これらは基本的には事実ではありません。 太るかどうかは摂取カロリーと消費カロリーのバランスによって決まります。 単純に言うと、1日トータルの摂取カロリーが消費カロリーを上回ると、太る可能性があります。 寝る前にプロテインを摂取することだけで決まるわけではありません。 ただし、せっかくプロテインを補給して体を鍛えようとしているのですから、 カロリーコントロールはとても大切です。 カロリーの消費と食事全体の摂取のバランスを万全に行った上で、寝る前にプロテインを摂取しましょう。 寝る前のプロテイン摂取はマッスルフィットプロテインがおすすめです。 素早く吸収されるホエイプロテインとゆっくり吸収されるガゼインプロテインの二つを配合しているから、就寝し始めから断続的にタンパク質を摂取でき、効率的なカラダづくりを助けます。 【朝のプロテイン摂取について】 朝はなぜ効果的なのか 朝は、 体の中から水分や栄養素などが枯渇してしまっている状態です。 筋肉を大きくする役割を持つタンパク質も同様に 欠乏しています。 その状態でプロテインを摂取すると、 効率的なからだづくりに役立つのです。 しかも、睡眠中に多く分泌される成長ホルモンは、タンパク質を利用して体の修復を行っています。 筋肉の痛みや体の疲れが 朝起きるとなくなっているのは、成長ホルモンやタンパク質のおかげなのです。 したがってタンパク質は朝、体の中から きれいになくなってしまっているのです。 体にとって大切なタンパク質。 ぜひ毎朝補ってあげたいですね。 ただ、忙しい現代人にとって朝食にかけられる時間は少ないものです。 パンとコーヒー、シリアルだけではタンパク質はほとんど含まれていません。 肉や魚、豆腐などをしっかり摂取したいものですが、 準備する時間も食べる時間もなかなか取れないのが現実です。 プロテインはタンパク質を多量に含みながら手軽に摂取できるのでぜひ活用しましょう。 マッスルフィットプロテインプラスカフェオレ味は、プロテイン中でもホエイ+ガゼイン+大豆+EMRを併せ持ったマッスルフィットの中でも最高品質のプロテインです。 タンパク質のほか、カルシウムや鉄、タンパク質の働きに必要なビタミンB群を7種類も添加されており、忙しい朝にタンパク質以外も補える優れものです! 朝何時ごろ摂取する?最適な時間について 朝起きてできる限り早い時間がおすすめです。 ただし、起床後すぐは喉を通りづらい、朝起きてすぐはつらいということもあります。 その場合は、まずは水分を摂取して体が目覚めた頃にプロテインを飲むか、あるいはぬるま湯やオレンジジュースと混ぜて さらっと飲めるよう工夫するのがおすすめです。 朝食代わりにプロテインを飲んでもいい?ダイエットになる? タンパク質のみ含まれているプロテインを摂取する場合は、フルーツやパンなどを同時に摂取する事がおすすめです。 また、あまり時間がなく朝食代わりに摂取する場合は、ビタミンがミネラルがバランスよく含まれているプロテインを摂取することが良いでしょう。 そして、プロテインの場合は余分な脂質が含まれていない事が多く、結果的に摂取カロリーを抑えることができ、 ダイエットに最適だといえます。 【まとめ】 プロテイン摂取のタイミングとして、寝る前と朝が効果的な理由をご説明しました。 この2つのタイミングで毎日プロテインを取れば、効率的に元気で健康なカラダが手に入ります。 自分にとって必要な量を適切なタイミングで摂取することが、プロテインの効果を最大限に引き出す秘訣です。

次の