金麦キャンペーン 2020 夏。 金麦の「絶対もらえる!あいあい皿2020」キャンペーンの内容紹介

金麦キャンペーン「あいあいカレー皿」2020の詳細、応募方法。今年の夏はカレー皿だ!

金麦キャンペーン 2020 夏

絶対もらえる!あいあいカレー皿の詳細 絶対もらえる「あいあいカレー皿」は、 サントリーとハウス食品の共同マイレージキャンペーンとしてはじまります。 なんでも、 金麦はすごく売れていてあいあい皿キャンペーンも毎年好評ですよね。 なんと金麦は「食卓出現率No. 1」だそうですよ!! そしてカレールーでは金額シェアNo. なるほど。 確かに夏の暑い時こそカレーって無性に食べたくなりますよね~。 そこに金麦が合うこと間違いなし! 金麦とハウス食品のカレーがタッグを組んで、 さらに夏の食卓を盛り上げるんですね。 詳しいキャンペーンの内容はこちらです。 応募期間はいつからいつまで? キャンペーン名:「絶対もらえる!あいあいカレー皿」キャンペーン 応募期間:2020年6月22日(月)~8月17日(月) あいあい皿2020の応募締切が6月8日です。 応募シールはあいあい皿に必要な点数が集まっても残しておく必要がありますね~! すぐカレー皿で応募できます。 お盆明けまで応募期間があるので、 お盆はカレーを食べよう!って盛り上がりそうです。 対象商品は? 対象商品は、金麦とハウス食品それぞれあります。 『サントリー』 サントリー 金麦 〈糖質75%オフ〉 〈ゴールド・ラガー〉 〈香り爽やか〉(数量限定商品・2020年6月30日(火)発売) 各レギュラー缶(350ml)、ロング缶(500ml) 『ハウス食品』 「こくまろカレー」〈甘口〉〈中辛〉〈辛口〉88g/140g 「ジャワカレー」〈甘口〉〈中辛〉〈辛口〉104g/185g 「ジャワカレー」〈スパイシーブレンド〉207g 「ジャワカレー」〈キーマカレー中辛〉176g 「塩分ひかえめ(25%オフ)ジャワカレー」〈中辛〉120g 「プライムジャワカレー」〈中辛〉〈辛口〉117g スポンサードリンク 景品は? 景品は従来のあいあい皿の仕組みと同じで、 絶対もらえるコースと、 抽選で当たるコースがあります。 【絶対もらえるコース】 《Aコース》(72点) 3種から選べるカレー皿1枚+オリジナルスプーン1本 《Bコース》(120点) 3種から選べるカレー皿2枚+オリジナルスプーン2本 【抽選で当たるコース】 《Cコース》(6点) 選べる厳選カレー食材5,000円分(肉・魚介・野菜コース) 合計2,000名様 応募方法は? 応募方法は、 ハガキとウェブからの両方から応募できます。 サントリービール対象商品に貼付されている応募シール(1枚1点)、 またはハウス食品対象商品のバーコード(1枚3点)を貼って応募します。 金麦シールは1枚1点、 ハウス食品の対象商品のバーコードは1枚3点ほど加算されるということですね! カレーの点数が多くても、 金麦の点数が多くても、 どちらかを最低でも何点か集めないといけないという決まりはないようです。 ハガキでの応募は、 希望する賞品の必要点数分を応募台紙に貼って応募します。 ネットから応募するには、 キャンペーンサイトにてマイページを作成をします。 あらかじめ必要事項を登録した上で応募できます。 あいあいカレー皿は大きさや形はどう? 早速、金麦のカレー皿キャンペーンページを見てみました。 カレー皿いいですね~! 従来のあいあい皿らしい濃い藍色の皿がとっても素敵です。 しっかりと深皿になっているので、 カレーだけでなく大皿料理でも活躍しそうですよ。 今年のあいあい皿はどれも小さいサイズばっかりだったので、 正直不満だったのです。 過去のあいあい皿より小さくなった印象だったので、 このカレー皿はうれしい! ただし、 点数72点集めてやっとカレー皿1枚とスプーン1本がもらえるので、 これはいままでに比べたらしっかり集めないといけないですね~。 春のあいあい皿は少なめに応募して、 こちらにシールを残しておこうかしら。 またいずれ店頭に応募用紙が並んだら、 詳しくご紹介しますね! まとめ 今年からスタートする「絶対もらえる!あいあいカレー皿」キャンペーンについてお伝えしました~。 まさか、 ハウス食品とコラボするなんて思ってもみなかったです! 昨年2019年から夏のキャンペーンがはじまったのですが、 昨年はガラス皿の「夏皿」でしたよね。 それも夏らしくて素敵でした。 今年の夏はしっかりカレーを食べようと思います!.

次の

サントリービールとハウス食品2社共同マイレージ「絶対もらえる!あいあいカレー皿」キャンペーン実施

金麦キャンペーン 2020 夏

[ハウス食品グループ本社株式会社] ハウス食品とサントリービールの2社共同マイレージ「絶対もらえる!あいあいカレー皿」キャンペーン開始!SNSでの「#あいあいカレー やってみた!投稿キャンペーン」も実施。 ハウス食品は、サントリービール(株)(代表取締役社長:西田 英一郎)と、「ジャワカレー」「こくまろカレー」と「金麦」ブランドを対象に、2社共同マイレージ「絶対もらえる!あいあいカレー皿」キャンペーンを6月22日に開始しました。 キャンペーン開始にあわせて、ハウス食品では「ジャワカレー」「こくまろカレー」で作る、夏の「金麦」によくあうカレーレシピをホームページにて公開しています。 URL: 「金麦」「金麦〈ゴールド・ラガー〉」「金麦〈糖質75%オフ〉」それぞれの味の特徴にあわせたレシピを開発しました。 マイレージキャンペーンの賞品「あいあいカレー皿」でぜひお楽しみください。 居酒屋の定番メニュー「なすの揚げびたし」を思わせる味わいで、麦のうまみと澄んだ後味の絶妙なバランスが特徴の「金麦」が飲みたくなります。 ・写真中央:「金麦〈ゴールド・ラガー〉」にあう「トマトとししとうのスパイシービーフカレー」 「ジャワカレー〈中辛〉」で作る、和のおつまみで人気があるししとうと、トマトの程良い酸味がさわやかなカレー。 力強い麦のうまみと飲みごたえのある「金麦〈ゴールド・ラガー〉」に、食べごたえのあるスパイシーなビーフカレーがあいます。 ・写真右:「金麦〈糖質75%オフ〉」にあう「夏野菜の和風スープカレー」 「ジャワカレー〈辛口〉」で作る、夏野菜がたっぷり入った彩り豊かな和風スープカレー。 めんつゆを使った和の風味が特徴です。 すっきりとした味わいの「金麦〈糖質75%オフ〉」とあわせると「ジャワカレー」の辛さがひきたちます。 簡単アレンジで「あいがけカレー」が楽しめます。 ・「和香るあいあいキーマカレー」 ベースになる、しょうがをきかせたキーマカレーを作ります。 あいがけ1. オクラを飾るだけ。 シンプルなあっさりキーマカレー。 あいがけ2. かつおぶしを入れてたっぷりの焼きなすを加える。 うまみにこだわったキーマカレー。 ・「スパイシーあいあいビーフカレー」 ベースになる、ブラックペパーをきかせたビーフカレーを作ります。 あいがけ1. 王道のビーフカレーをそのまま。 あいがけ2. ビーフカレーに、にんにくの香りと旬のトマト、ししとうを加えた彩り豊かなカレー。 ・「夏野菜とえびのあいあいスープカレー」 ベースとなるスープカレーを作ります。 あいがけ1. 夏野菜たっぷりのせた、彩りが楽しいスープカレー。 あいがけ2. 豆乳を加え、にんにくのきいたえびがおいしいタイ風のスープカレー。

次の

[2020春版]去年の金麦のシールを使って今年の絶対もらえるキャンペーンは応募できる?

金麦キャンペーン 2020 夏

あいあい皿お届けのお知らせ なぜこんなに過去のシールがあったかというと、毎年金麦のシールを集めて応募していたのですが、2018年は子どもが生まれたばかりだったので、応募し忘れたからです(笑) 去年のシールが使えることは知っていたので、そのまま保存しておき、今年の応募で、去年のシールを使いました。 2019年からシールのサイズと大きさが変わって、水色の大きめサイズになりましたが、問題なく応募できました。 去年のシールを使って応募するときの注意点 去年のシールを使って応募する際には注意が必要です。 それは、「「 今年の応募はがきに金麦シールを貼ること」」です。 当たり前の内容ですが、ついつい去年の応募はがきで応募したくなるものです。 ですが、それだと応募することができないので、去年のシールも今年の応募はがきにちゃんと貼って応募しましょう。 一度貼ったものを再度貼りなおすので、シールがはがれやすくなると思います。 その場合はセロハンテープなので、補強した方がいいです。 金麦の絶対もらえるあいあい皿キャンペーンに応募し忘れても、来年のためにとっておこう 金麦シールを集めていたが、応募し忘れた。 毎年、応募できる枚数、金麦シールが集まらない。 という方。 そんな方はぜひ、金麦シールを保存しておき、来年の金麦の絶対もらえるキャンペーンに応募してみてください。 また、メルカリなどで、金麦のシールを販売している場合があります。 金麦のお皿を中古で買うよりも、断然安く、金麦のあいあい皿を手に入れることができるので、是非利用してみてください。 に新規会員登録をするときに、キャンペーンコード「TWRJPB」を入力すると500円分のポイントが貰えるので、是非利用してみてください。 補足:金麦の夏皿も過去のシールを使って応募できる 2019年夏に絶対もらえる!金麦の夏皿キャンペーンが始まりましたね。 もちろんそちらでも過去の金麦シールで応募することができます。 更に、2019年あいあい皿に応募した際に、金麦の夏皿をお得に応募できるはがきがついてきました。

次の