ラプラス 耐久。 【ソードシールド】キョダイマックスラプラスの対策考察!高耐久の壁貼りサポート【ポケモン剣盾】

【ポケモンGO】シエラ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略|ポケらく

ラプラス 耐久

シェルアーマー あいての こうげきがきゅうしょに あたらない。 ラプラスの特徴 最も、「なみのり」が似合うポケモン、ラプラスのステータスは、HPが高く、その他の能力は平均的です。 平均的に能力が高いので、相手の攻撃を受けられるアタッカーとなります。 また、「ぜったいれいど」を中心とした、一撃必殺技を覚えることもできます。 主な戦型は、相手の攻撃を受けつつも攻撃していく戦型で、純粋に攻撃していってもいいですが、役割破壊のため、「ぜったいれいど」等の、一撃必殺技を入れておいた方がいいです。 相手の弱点をつけるので、ピンポイントで出していきましょう。 候補技 技名 特徴 なみのり 特殊 タイプ一致で、破壊力もありますが、特性「がんじょう」なポケモンと、比較的相性がいい技です。 れいとうビーム 特殊 草・飛行・ドラゴン等、メジャーな所の弱点をつけて、タイプ的に安定している優秀なメインウェポンです。 ぜったいれいど 特殊 基本的には、3割の確率で相手を倒します。 一撃必殺技の中でも、全タイプに有効な技です。 こおりのつぶて 物理 タイプ一致の先制技で、「きあいのタスキ」対策として、最も有効な技です。 じわれ 物理 飛行タイプと、特性「ふゆう」持ちには、無効化されますが、相手の技によっては必中になるので、比較的有効です。 つのドリル 物理 ゴーストタイプには、無効化されます。 タイプ的には安定していますが、特別な効果も比較的無い技です。 10まんボルト 特殊 ラプラスを水受けさせる場合には、この技が有効です。 かなり優秀なサブウェポンです。 サイコキネシス 特殊 対格闘・毒タイプに、ピンポイントで攻撃します。 威力は低めなので、過信は禁物です。 めざめるパワー 草 特殊 水・地面タイプに有効な技です。 特に、特性「ちょすい」の、ヌオーや、ラグラージあたりで受けてくるので、返り討ちにできます。 ほろびのうた 補助 自分と相手を、3ターン後に、ひんし状態にさせます。 役割遂行よりも、交代を誘発する目的で使われます。 ねむる 補助 ラプラスの耐久力を生かすことができる技です。 なるべく、2ターン以上耐える努力値の調整が必要です。 ねごと 補助 「ぜったいれいど」などの、一撃必殺技で、寝てる最中でも攻撃できます。 どくどく 補助 耐久型として使うのならば、比較的使える技です。 毒・鋼対策に、サブウェポンを入れた方が無難です。 あやしいひかり 補助 相手を、こんらん状態にします。 交代を誘ったり、自滅を狙うことができます。 ハイドロポンプ 特殊 「フォーカスレンズ」を利用して、攻撃していきます。 威力重視ですが、ラプラスでは使いずらいかもしれません。 ふぶき 特殊 霰パーティーの、メインウェポンとなります。 相手をこおり状態にさせることもでき、優秀な技です。 かみなり 特殊 雨パーティー対策や、雨パーティー用の技です。 雨状態では必中技になります。 うずしお 特殊 「ほろびのうた」で、相手を倒す時に、交代を封じます。 相手を選ぶ技ですが、決まれば確実に相手を倒せます。 主な戦型 特殊攻撃型 努力値 特攻252 防御 or 特防252 性格 ひかえめ れいせい 持ち物 つららのプレート カゴのみ 確定技 れいとうビーム こおりのつぶて 候補技 なみのり or 10まんボルト ぜったいれいど or ほろびのうた 一般的なラプラスの戦型です。 威力重視ならば、「つららのプレート」を、催眠対策ならば、「カゴのみ」を入れれば、強力なアタッカーになります。 水受け型 努力値 特攻252 防御 or 特防252 持ち物 たべのこし ラムのみ カゴのみ たつじんのおび 性格 ひかえめ れいせい 特性 ちょすい 確定技 10まんボルト 候補技 サイコキネシス めざめるパワー 草 れいとうビーム こおりのつぶて 等 水タイプの攻撃を受ける事に特化した戦型です。 比較的、広範囲の攻撃・補助技から選べるので、技構成は、自分のパーティーに合わせて決めていった方がいいです。 一撃必殺型 努力値 HP252 防御 or 特防252 or 防御252 特防252 HP6 持ち物 ひかりのこな たべのこし ヒメリのみ 性格 ずぶとい おだやか わんぱく しんちょう 確定技 ぜったいれいど ねむる ねごと 候補技 なみのり こおりのつぶて つのドリル じわれ 等 一般的な一撃必殺型です。 「きあいのタスキ」と、「みがわり」に、異常に弱いですが、耐久型のポケモンなど、この二つを使わないポケモンには、無類の強さを誇る戦型です。 耐久型 努力値 HP252 防御 or 特防252 or 防御252 特防252 HP6 持ち物 たべのこし カゴのみ 性格 ずぶとい わんぱく 等 確定技 あやしいひかり ねむる 候補技 どくどく ぜったいれいど れいとうビーム こおりのつぶて 少し高めの耐久力を生かした戦型です。 運によって左右されてしまいますので、自分の運に自信のある方は、使ってみてもいいかと思います。 霰パーティー型 努力値 特攻252 防御 or 特防252 or HP252 防御 or 特防252 持ち物 カゴのみ 性格 ひかえめ ずぶとい おだやか 確定技 ふぶき ねむる 候補技 なみのり 10まんボルト ぜったいれいど あられ 基本的な、霰パーティー用の戦型です。 水タイプの攻撃が打てたり、一撃必殺技が打てるなど、比較的需要のある戦型です。 滅びの歌型 努力値 HP252 防御 or 特防252 or 防御252 特防252 HP6 持ち物 ねばりのかぎづめ 等 性格 ずぶとい おだやか わんぱく しんちょう 等 確定技 うずしお ほろびのうた 候補技 なみのり れいとうビーム まもる みがわり あやしいひかり ねむる 等 「ほろびのうた」を、「うずしお」によって、確実に当てに行く戦型です。 2ターン経過したら、ラプラスを、誰かに交代すれば、決まったも同然なので、2ターンの時間稼ぎが必要です。 コラム 要注意ポケモン ゴウカザル ヘラクロス エレキブル 等 オススメの組み合わせ ハガネール ドダイドス ランターン エレキブル グライオン メタグロス 等 対策方法 格闘技で攻めていくのが、最もセオリーだと言えます。 「めざめるパワー」さえなければ、ヌオーや、ラグラージでも倒しやすいです。 ゴウカザルでは、不安もありますが、ヘラクロスならば、大丈夫でしょう。 また、電気タイプで攻めていくのも一つの手です。 草タイプでは、「れいとうビーム」で倒されてしまいますが。 特に、エレキブルあたりで攻めれば無難です。 ただ、一撃必殺技でやられないように、こちらも一撃で相手を倒す必要があります。

次の

【育成論】突撃チョッキラプラス【ポケモン剣盾】

ラプラス 耐久

全国 No. 5 m 重さ : 220. シェルアーマー 相手のわざが急所に当たらない。 隠れ特性 夢特性 うるおいボディ 天気が雨のとき、ターン終了時に状態異常が治る。 ラプラスのさらに詳細なデータはを参照 覚える技・入手方法等の詳細なデータを確認できます。 ラプラスの特徴 【良いところ】• 特性「ちょすい」により水技が効きません。 そのような技構成であることが多い相手は、スイクン・シャワーズ・ミロカロスなどです。 彼らに対して交代出しができます。 一撃必殺技の「ぜったいれいど」を覚えることができます。 「めいそう」を積んで特殊耐久が上がってしまったスイクンを「ぜったいれいど」で流すことができます。 スイクン対策を重視したいときにパーティに入れましょう。 雨パの強力なエースであるキングドラの「ハイドロポンプ」が特性「ちょすい」で無効です。 キングドラに一発「りゅうせいぐん」を撃たせ、相手の特攻を下げてしまえば流せるでしょう。 先制技「こおりのつぶて」をタイプ一致で使うことができます。 体力の減ったガブリアス・ボーマンダなどドラゴンに強引に交代出しできれば、氷先制技の存在から相手を流すor倒すことができます。 ドラゴンに強引に後出しをする場合、高めの耐久が役に立ちます。 ラプラスはガブリアスやボーマンダの技に耐性があるわけではないため、彼らに対して出して行くことは一見効率が悪く、キケンです。 しかし交代出しできる相手がスイクンなどに限られ、多くの役割を持てないため、相手にスイクンがいなかった場合はドラゴンに出していくことも十分に考えられます。 特性「ちょすい」を持つので、ラプラスがいるだけで相手が水技を使うことの牽制ができます。 【悪いところ】• 「りゅうのまい」「のろい」などの積み技を覚えることができます。 しかし攻撃面や素早さの種族値が微妙なので、これらの積み技を使うなら別なポケモンでやった方が良くなってしまいます。 例えば、「りゅうのまい」は攻撃・素早さ種族値に優れるギャラドスで積んだ方がよいです。 タイプ耐性があるのは水・氷技のみであり、耐性を利用して交代出しできる相手が少ないです。 メジャーな相手でコチラが安全に後出しできるのはスイクン・シャワーズ・ミロカロスくらいです。 彼らを流す技としては「ぜったいれいど」「10まんボルト」がありますが、「10まんボルト」で流すならば火力のあるスターミー・タイプ一致で使えるランターンの方が向いています 特攻が低いラプラスでは流せるかすら微妙です。 ラプラスは、「めいそう」により特殊耐久の上がってしまったスイクンを一撃必殺技で流せるというのがポイントなので「ぜったいれいど」を使いたいところ。 その場合、仮想敵のスイクンの特性が「プレッシャー」なので「ぜったいれいど」は4回しか使えません。 これでは、ラプラスが対応できる相手が登場しなかった場合にあまりに使いにくく、パーティの足を引っ張ります。 また対応できる相手がスイクンなどに限られすぎるため、もう少し広範囲に対応できる別なポケモンを使った方が良くなってしまいます。 できるだけ汎用性を持たせたいので「ハイドロポンプ」「こおりのつぶて」も欲しいところです。 居座ってくる「めいそう」スイクンに対してちょっと運ゲになってしまいます。 「ぜったいれいど」のPPを補い、「めいそう」スイクンの確実な対策となることを重視した型と実戦で撃ち合いしやすい火力特化型です。 どちらもスイクンに役割を持つことが目的であり、同じ型にまとめることもできます。 あまりにも見にくかったので分けました。 特性「ちょすい」を持つものの相手のサブ技で弱点を突かれやすく、メジャーな水タイプアタッカーには交代出しすることができません。 スターミーは「10まんボルト」・エンペルトは「くさむすび」・ギャラドスは「ストーンエッジ」で弱点を突いてきます。 水タイプなので、防御特化にすればマンムーやカバルドンなどの地面技読みで交代出しして相手を流せそうです。 しかし地面タイプのポケモンはサブ技に「ストーンエッジ」を持っていることもあり、ラプラスは岩技が弱点のため安定しません。 地面タイプに交代出しすることを重視するなら、シャワーズやヤドランを使いましょう。 氷タイプを持つため岩技が弱点です。 キングドラの「ハイドロポンプ」読みで交代出しし、相手が「りゅうせいぐん」を撃ち特攻が下がったら「ねむる」で回復して流すこともできます。 特性について。 水技読みで無償降臨したいので「ちょすい」です。 性格・努力値について。 水タイプの受けなので特防に振ります。 スイクンなどは余裕で受けられます。 残りの努力値ですが、キングドラの「りゅうせいぐん」を考慮して特殊耐久を高めたい場合はHPに、「れいとうビーム」の火力を高めたい場合は特攻に振ります。 持ち物について。 「たべのこし」「オボンのみ」など延命系で耐久を高めておくのが無難です。 技について。 「ぜったいれいど」「ねむる」「ねごと」「れいとうビーム」という技構成とします。 「ぜったいれいど」は一撃必殺技です。 コレにより、「めいそう」で特殊耐久の上がってしまったスイクンを流すことができます。 スイクンは特性「プレッシャー」を持つため「ぜったいれいど」が4回しか使えず不安なので、コチラは「ねごと」で「ぜったいれいど」を出すことによりPPの補強ができます。 スイクン・シャワーズの弱点を突ける「10まんボルト」もありますが、それでは「めいそう」スイクンを流せませんし、特攻が高いスターミーを使った方が良くなってしまいます。 「ねむる」「ねごと」はセット使用で、「ぜったいれいど」のPP補強用です。 シャワーズの「あくび」・ミロカロスの「さいみんじゅつ」読みで交代出しし、「ねごと」を使うこともできます。 「れいとうビーム」はタイプ一致の攻撃技です。 コチラがねむり状態のときはドラゴンの牽制にもなります。 「こおりのつぶて」があるので、体力の減ったガブリアス・ボーマンダなどのドラゴンに出して流すこともできます。 特性について。 水技読みで無償降臨したいので「ちょすい」です。 性格・努力値について。 そこそこ耐久があるので、撃ち合いに弱くはありません。 火力を出すために特攻特化とします。 「こおりのつぶて」をドラゴンに撃つため攻撃は下げたくありません。 スイクンなど水タイプへの後出し・ボーマンダやキングドラの「りゅうせいぐん」を当てられる場合があることを考えて、残りは特防に振ります。 ラプラスはHP種族値が高いため、特防に振った方が特殊耐久がずっと高くなります。 持ち物について。 タイプ一致技の威力を上げられる「つららのプレート」がオススメです。 「オボンのみ」を持っても、体力満タンのドラゴンへの後出しはキビシイです。 技について。 「ぜったいれいど」「ハイドロポンプ」「れいとうビーム」「こおりのつぶて」という技構成とします。 「ぜったいれいど」は一撃必殺技です。 コレにより、「めいそう」で特殊耐久の上がってしまったスイクンを流すことができます。 スイクンは特性「プレッシャー」を持つため「ぜったいれいど」が4回しか使えず、この型では「ねごと」によるPPの補強はできませんが仕方ありません。 特殊受けハピナスの牽制技にもなります。 「ハイドロポンプ」はメインウェポンです。 特攻が低く、「なみのり」では火力不足です。 「れいとうビーム」はタイプ一致で使うことができます。 ガブリアス・ボーマンダなどドラゴンを釘づけにして出られないようにします。 「こおりのつぶて」は体力が半分くらい減ったドラゴンに撃てる技です。 相手の攻撃を1回耐えて場に出すか、死に出しで対峙した時に体力の減った相手を先制で倒せるので相手を流しやすくなります。 役割関係.

次の

【育成論】突撃チョッキラプラス【ポケモン剣盾】

ラプラス 耐久

キョダイマックスラプラスの概要 専用技の「キョダイセンリツ」で、 物理特殊両方が半減になる「オーロラベール」を貼りつつ攻撃してきます。 ラプラスは素の耐久も高く、特にHPが高いのでダイマックスとの相性も良く、仕事をさせずに落とすのは至難の業です。 物理特殊両考慮だと覚える技範囲も広く、物理であれば「りゅうのまい」を積む可能性も考えられますが、素の火力自体は低いのが救いです。 持ち物としては壁ターンを伸ばす「 ひかりのねんど」や、最速で落とそうと効果抜群の攻撃をしてきた相手に対して強烈なカウンターとなる「 じゃくてんほけん」などが多いようです。 先制技や一撃必殺技と言った特殊なサブウエポンも持っているのでしっかりと流行や相手のパーティから型を見極めていきましょう! キョダイマックスラプラスの対策 ダイマックス前提という事もあって、単体で安定して対策は難しいポケモンなので、対策の為に複数の選択肢をパーティに用意しておきましょう。 また、 壁を貼った後に相手が何をしたいのか、というのを見極めていくことで、そちらに焦点を当てた対策も考えられます。 ダイマックスを活かされる前に倒す ラプラスが選出された場合、特に初手の場合はダイマックスを使用してくる可能性が高いです。 そこに大ダメージを取れるポケモンをぶつけてダメージレースで勝ち、結果的にダイマックス差で有利を取っていくという動きです。 以下のようなポケモンで安定したダメージを与えられます。 パッチラゴン以外は相手からの有効打点も無いのでどのような振り方のラプラスにも対応可能です。 その後の相手の控えに通らない技を撃たされている場合は明確な退き先を用意する、積み技そのものに対する対策をしておくなどで更に対処をしましょう。 オーロラベールを無効化する ラプラスのダイマックスを凌いだ後、 や と言った「オーロラベールを無効にする技」を使用する事で相手の試合展開を阻害していく事が出来ます。 かわらわりは抜群を突きつつ行えますが、弱点保険による火力上昇も視野に入れておきましょう。 その他特性すりぬけであればオーロラベールの影響を無視してダメージを与えていく事が出来ます。 ラプラスを起点にする キョダイマックスラプラスは両壁を貼っての後続サポート、という意味合いも強いポケモンです。 ラプラス自体が高火力を出してくるわけではないので、ダメージを抑えられるポケモンで積みの起点にする事で一歩リードした試合展開を行えます。 はらだいこorのろいカビゴン 特殊耐久が非常に高く、リサイクルやキョダイサイセイでの回復も行える積みアタッカーです。 ラプラスの火力では特化してもカビゴンに決定的なダメージは与えられません。 相手のダイマックス中にこちらが積み切ってしまえばキョダイセンリツ込みでもその後の試合展開が有利なものになっていきます。 カビゴンはかわらわりも覚える為、採用しておくとより万全です。 変化技の「link くろいきり」や特性 などが候補として挙げられます。 まとめ• ラプラスそのものを速攻で倒す• ラプラスを利用する• オーロラベールを無効化する• オーロラベール後の積み展開を無効化する という手段を紹介しました。 キョダイラプラスはそのものへの明確な対策、というよりは立ち回りや試合全体を通して「 如何に仕事をさせなかった事にするか」というのが重要なポケモンです。 「ラプラスに圧力をかけやすいポケモンを置く」「そもそも氷技が撃ちづらいパーティ構成にする」など構築面で意識してラプラスを遠ざける事も可能です。 まずは使いたいポケモンと相談してどういう方針で対策していくのかを固め、その中でどんな手段で戦っていくのかを選択していきましょう。

次の