水草 初心者。 丈夫で育てやすい初心者向けの水草まとめ

熱帯魚におすすめの水草の人気ランキング10選【初心者でも育てやすい!】

水草 初心者

初心者向けな水草の条件とは? 高光量を必要としない 水草には光の要求量の違いがあり、特に成長の早いロタラ系などの 有茎草は強い光を必要とします。 逆に成長の遅いアヌビアスなどの陰性と呼ばれる水草は、そこまで光の強さが無くても成長できるのです。 CO2の添加を必要としない 水草はCO2を添加すれば成長スピードが上がり色も鮮やかになりますが、添加をしなくても育成出来る水草は沢山あります。 CO2添加時と比べると、成長スピードやボリューム感は劣りますが、十分その水草の美しさを堪能出来ると思います。 幅広い水質に適応する 水草は基本的に弱酸性のpHを好む種類が多いですが、酸性からアルカル性まで幅広い水質に適応出来る丈夫な水草も存在します。 そういった水草は水質の適応も早いので、水槽に入れて適応できずに溶けてしまう、というようなことも少ないです。 背が低い初心者向きの水草 エキノドルス・テネルス 前景草の入門種としても、よく紹介されるエキノドルス・テネルスは雑然とした雰囲気を持つ定番の水草です。 CO2無しでも育成自体は出来ますが、上の画像のように密生させるには少なくとも強い光とソイルの使用が条件だと思います。 ニューラージパールグラス 前景草 水槽の一番手前に配置する水草 の中では一番育てやすい水草だと思います。 背の低い前景草は高光量・CO2添加を必須とする種類がほとんどですが、このニューラージパールグラスはCO2を添加しなくても、ある程度は育成が可能です。 前景草を密に育てるのは中々難しいですが、ニューラージパールグラスは正に初心者向きな前景草と言えます。 オーストラリアン・ノチドメ 別名 オーストラリアン・クローバーとも呼ばれ、小さく可愛らしい切れ込みが入った葉が人気の水草です。 条件が良いと成長が早すぎるため間引く必要があるくらい爆発的に増える水草です。 好条件でなくてもある程度の光量と肥料があれば問題無く育ちます。 前景~中景の範囲で使え、この水草を入れておくだけで自然感がアップするのでオススメの水草です。 特に砂利系の低床を使いアルカリに傾いた水槽でも育成可能で、条件は悪くても枯れずにいつの間にか増えている、そんな水草です。 また長く伸ばされた根から養分を吸収するので低床肥料が有効になります。 但し上の写真のような、こんもりとした茂みを出すのはCO2を添加するなど、育成条件を整えないと難しいと思います。 背が中程度の初心者向きな水草 アマゾンチドメグサ 先に紹介した オーストラリアン・ノチドメに近い種で、こちらも可愛い丸い葉をつける初心者向きな水草です。 この水草は水中内の養分を良く吸収してくれ成長スピードも比較的早いです。 好条件だと葉が巨大化し縦横無尽に増えるのでコントロールが難しいことから、むしろ、設備がそこまで整ってない水槽に入れておくと丁度いいかもしれません。 ヘテランテラ CO2添加無しで養分がそこまで豊富でなくても育成可能な、美しい緑色の茂みを作る水草です。 光の強さによって育ち方が違い、光が強ければ低床を這うように成長し、中景を埋めるような役割を果たしてくれる水草です。 この水草は本数が少ないと水槽の中で浮いた印象を受けかねないので、ある程度まとまった本数を植えることをオススメします。 ミリオフィラム・マトグロッセンセ 繊細な葉がとても美しい緑色の有茎草です。 CO2添加など条件を整えると、より美しく育ちますが無くても育成自体は可能です。 横に広がりながら育つ傾向がある為、定期的にトリミングと差し戻しを行い、密度を高めていけば森のような印象を与えることが出来るでしょう。 パールグラス パールグラスは明るい緑の有茎草でレイアウトに使用される機会も非常に多い人気の水草です。 基本的にはCO2添加必須と紹介されることの多い水草ですが、筆者はCO 2無しで育成したことが何度もある水草なので今回のリストに加えました。 背が高い初心者向きな水草 スクリューバリスネリア 名前の通りねじれながら上に向かう深緑の水草です。 とにかく丈夫でどんな水槽でも育てやすく安価でもあるので見た目が気に入れば、細かいことは気にせず気軽に入れて大丈夫な正に初心者向きな水草です。 ハイグロフィラ・ポリスペルマ ハイグロフィラ系は丈夫で育てやすい種が多く良くビギナー向きの水草と紹介されますが、特にポリスペルマはその代表とも言える水草です。 但しハイグロフィラ系、全般に言えることですが、草が大きい種が多く小型水槽では若干扱いにくい傾向があります。 ウォータースプライト ライトグリーンの細かい葉を色々な方向に伸ばす育成が簡単な水草です。 水面を覆うように成長する為メダカやグッピーなどの 卵を産みつけるうってつけの場所になります。 四方八方に新芽を伸ばす為、整然としたレイアウトには若干使いにくいですがビギナー水槽にとりあえず緑が欲しいときに一株入れておくような使い方がいいかと思います。 ちなみに~スプライトと名前が付く水草は数種類あり中でもラオススプライトは葉が繊細なので綺麗な水草です。 ウォーターウィステリア ウォーターウィステリアは複雑に切れ込みが入るハイグロ系の有茎草です。 日本でもかなり昔から親しまれている 水草で育成も容易です。 ウォーターウィステリアは基本的には一枚の葉も大きく存在感があるため繊細なレイアウトには少し使い辛いです。 とは言え初めて水草を育成する人にはオススメできる強靭な種なので育ててみる価値はあると思います。 アマゾンソード 非常にポピュラーな水草入門種の代表的な水草です。 サイズが大きく存在感も抜群なので60cm以上の水槽に植えることをオススメします。 育成自体は容易ですが放置していると水槽を占拠してしまうので、時々外側の古い葉を間引いてコントロールします。 ロタラ・ロトンディフォリア ロタラ系は草姿が美しい人気の有茎草で高光量とCO2添加が基本ですが、ロトンディフォリアはロタラ系の中でも一番育てやすい水草だと思うので紹介します。 ロトンディフォリアは赤系の水草で好条件ほど赤を引き出せますが、そうでない場合も育成自体は可能です。 その場合は段々と赤色が抜けていって黄緑色で落ち着きますが、それはそれで中々綺麗だと思います。 マヤカ マヤカは定番の精細なイメージを与える優しい緑の有茎草です。 特にソイル使用時はCO2を添加しなくてもスクスクと縦に伸びていきます。 草は柔らかく食害にもあいやすい傾向がありますが反面、トリミングには強く伸びてきたら差し戻しをすればボリュームを出すことが出来ます。 初心者向きの赤系水草 赤い水草は基本的には強い光とCO2添加をしないと、その色を引き出すことが出来ません。 ただ中には好条件を満たしていなくても赤色を維持出来る水草がありますので、その代表種を紹介します。 ルドウィジアsp.スーパーレッド ルドウィジアの仲間は赤系水草の中でも育て易く、赤色を保ちやすい水草です。 中でも本種のスーパーレッドは赤色が濃く、数本のみでも水槽内でアクセントを効かすことが出来る水草です。 アルテルナンテラ レインキー アルテルナンテル レインキーも初心者向け赤系水草として有名です。 基本的には中景に植える水草で、強い光とソイルの環境下であれば赤色を維持しやすいです。 タイニムファ タイニムファはスイレン科の水草で CO2無しでも赤茶の葉を展開します。 好環境下だと大型化するので環境が整っていなくても小さめの草姿で楽しめるので、そのような方にもオススメです。 初心者向きな陰性系水草 陰性水草とは、他の水草の陰になるような場所でも育成出来る、丈夫な水草の総称です。 総じて初心者向きの水草が多いので、陰性系水草をメインに使って深緑一色に水槽を染めると統一感が出ていいかもしれません。 また陰性系水草は低床には埋めずに流木に巻きつけたり、石の隙間に挟みこんだりして配置します。 陰性系水草の特徴として成長が遅いので、トリミングの手間が圧倒的に少なく手間がかかりにくいメリットがあります。 そんな陰性系水草の代表種を紹介します。 正に 侘び寂びを表現してくれる水草で、初心者だけでなく上級者のレイアウト水槽にも多用される人気の水草です。 モス系は他に南米ウィローモスやウィーピングモスなどの別種があり、とても綺麗ですが育成に関してはウィローモスが一番簡単で初心者向けです。 アヌビアスナナ・プチ アヌビアスナナも初心者向けとして非常にポピュラーでどこのショップにもあるような水草で、ナナプチはその半分サイズ以下の小型アヌビアスです。 個人的にはナナプチの方がコケが付きにくく溶けない経験があるのとレイアウトの使い易さの観点から、ノーマルのアヌビアスナナよりナナプチの方をオススメします。 ミクロソリウム・トライデント ミクロソリウムはシダと呼ばれる茎から複数の羽状の葉を伸ばすように生長する水草です。 ミクロソリウム系は丈夫で初心者用と良く紹介されますが、葉の枚数が増えず意外とみすぼらしい姿になってしまうことも少なくありません。 今回紹介するトラインデントはミクロソリウム系の中でも葉のボリュームがつきやすく、とにかく見栄えがいいのでミクロソリウムの中でも特にオススメの品種です。 とにかく枯れない、むしろ増えすぎて困るほど強い水草 これまでも丈夫で育てやすい水草を紹介してきましたが、中でも特に環境を選ばずに増え続ける水草を紹介します。 と言っても稀に溶けたりするので過信は禁物ですが、他の水草に比べると劣悪な環境に対する適応力が格段に違うので、大体は増えまくって捨てるハメになると思います。 マツモ 金魚藻として金魚水槽に良く入れられる水草で、見たことある人も多いかも知れませんね。 マツモはレイアウト水槽では余り使われないですが、水中の余分な養分を吸い取り水質を浄化してくれる水草としては定番です。 なので立ち上げ初期の不安定な時期にはマツモの力を借りている人も多いです。 茎を砂に埋めてもいいのですが水中に浮かべておけば、すぐに全面を覆いつくす位、増えるので頭付近を残しカットし適宜、廃棄します。 アナカリス こちらも金魚やメダカの水槽に良く入れられる水草で、その最大の特徴としては冬場の低水温に耐えれる強さを持つため屋外で飼育することも可能です。 マツモ同様、繁殖力旺盛で増えすぎたら適宜間引いてあげます。 【まとめ】丈夫と言われる水草も枯れることはある。 その逆も 今回は丈夫な水草の代表種を紹介しましたが勿論枯れてしまう場合もあります。 筆者は、今回紹介した水草ほとんどを育てた経験がありますが、すぐに溶けてしまったり長期維持が出来なかった経験は結構あります。 要因は、そもそも購入時の状態が悪かった場合や水槽の水質に合わなかったことが考えられますが、水草を育てているとこういうことは頻繁に起こります。 逆に好環境が望ましいとされている水草をボトルアクアリウムでいっぱい増やしたこともあり、一般的に言われていることが当てはまらないこともありました。 なので育てたい水草があったら、とりあえず育ててみるというようなスタイルでトライすることも経験値が増えて有意義なことだと思います。

次の

水草水槽を作ろう!簡単に育てられる水草や水草水槽の作り方を紹介!!

水草 初心者

アクアリウムを始める時にどんな水槽にするのかというのは大きなポイントですね。 おしゃれさを重視するか、飼いやすさを重視するか、熱帯魚のための環境作りを重視するか、個性の出る部分でもあります。 もしあなたが少しでも水槽の見栄えを良くしたいならレイアウト用の素材を買うことをオススメします。 石や流木などを入れたレイアウトもいいですがやはり欠かせないのが 水草。 レイアウトの定番ですし、水草をメインに添える方もいらっしゃいます。 とはいえどんな水草がいいのかわからないですよね。 実際のところ、 取り扱いの難しい種類はいい環境を作らないと一月ほどで消えて無くなってしまいます。 そこで、この記事では アクアリウムを始めたいという初心者向けにオススメの水草を10種類紹介しています。 この記事の内容• 初心者向けの水草に必要な要素とは まず初心者向けの水草とはどんなものでしょうか。 三つの要素から考えてみました。 丈夫で簡単に育つこと 結局のところここが一番のポイントになりますが、 丈夫であることです。 種類によっては水質や低床などを選ぶものがあり、すぐに枯れてしまったり、最悪の場合溶けて無くなってしまいます。 せっかく買った水草が無くなってしまうのは悲しいので、丈夫なものを選びました。 CO2添加なしでも大丈夫なこと 植物が成長するのに必要なのは光とCO2 二酸化炭素 です。 水草も光とCO2で成長します。 育てやすい種であれば水槽内にあるCO2で大丈夫なのですが、中には CO2の添加が必須になっているものがあります。 CO2の添加は器具もランニングコストも高いです。 初心者がいきなりCO2の添加をするのはハードルが高いと思い、CO2なしでも大丈夫なものを選びました。 他の水草とも相性がいいこと 意外と見落とされがちですが 他の水草との相性というのはとても大切です。 同じタイミングで植えた種類でも、時間が経てば育ち具合が全く変わってきたりします。 中には他の水草が生えている箇所にまで芽を出す種もいます。 強力な成長力を持ち、他に生えている水草に影響が出そうなものは除外しました。 初心者向けCO2なしで育つオススメ水草10選-陰性水草編- 水草は陰性と陽性の二つに分けることができます。 陰性の水草は光量が少なくてもOK、成長は遅め、という特徴があり、初心者向けとしてよく紹介されています。 ここでは3種類紹介しています。 大きな葉をつけたアヌビアス・ナナは水槽に落ち着きと迫力を与えてくれます。 石や流木に 活着(のりでくっつけたようになる状態)するので レイアウトも作りやすいです。 反面、育ち遅い方のため苔がつきやすいのがポイント。 たまに取り出してとってあげると綺麗に維持できます。 注意すべきなのが、 アヌビアス・ナナは農薬が使われていることがあります。 そのまま入れると水質の変化に弱いエビなどに影響が出る場合があるので水に浸け置いた方が良いです。 チャームでは残留農薬処理済となっていたので購入して数日だけ水に浸け置いたら大丈夫でした。 注意点も取り上げましたが、 丈夫で綺麗でレイアウトも作りやすい、一押しの水草です。 たくさんの種類があり、マニアックなものは高値で売られています。 ミクロソリウムもアヌビアス・ナナ同様に 石や流木に活着(のりでくっつけたようになる状態)するのでレイアウトも作りやすいです。 大量に活着させるとボリュームと迫力が出てかっこよく仕上がります。 これまたアヌビアス・ナナ同様になるのですが、成長が遅いので定期的に取り出して苔をとってあげると良いでしょう。 注意点としては シダ病という特有の病気になることがあります。 シダ系の植物に発症する病気で、葉に穴が空いて元気がなくなってしまいます。 もし見つけたら 葉ごとカットしておきましょう。 豊富な種類と育てやすさから初心者でも個性を作りやすい水草です。 同じ陰性水草でも、モス系はオススメしません 陰性の水草としてよくあげられるウィローモスなどのモス系は僕はオススメしません。 というのもトリミング(伸びすぎた水草のカット)をした切れ端が水槽中に残り、そこからまた生育するからです。 水槽のレイアウト維持が難しく、フィルター掃除も大変になるのでやめておいた方が無難です。 別名オオカナダモ。 金魚藻として有名な種類になります。 薄緑の細かい葉をつけながら上へ上へと伸びていくヒーターなしでも大丈夫な強い水草です。 何と言っても成長が早く、上に伸びすぎると横に倒れるような形になります。 中景草として紹介していますが、後景草に近いかもしれません。 レイアウトを維持するのであれば細かなトリミングが必要です。 それくらいに育てやすく強い水草です。 どうしても 金魚のイメージが強い水草ですが、 値段も安く、初心者にはうってつけの水草です。 僕も初めて植えたのはこのアナカリスでした。 実はサトイモ科の植物で、アヌビアス・ナナと遠縁にあたります。 ですので実は広義の意味では陰性の水草です。 背の高さがほどほどで中継にはもってこいの水草になります。 水槽の寂しい部分に植えると ぎっしりと生えた時に見栄えのある形になります。 注意点としては 移動が苦手というところです。 一度植えたら極力場所を変更しないようにしましょう。 植えたままにするとかなり強い根をつけてくれるのでぐんぐん育ってくれます。 とても難しそうな名前とは裏腹に 育ちやすく丈夫、初心者にイチオシの後景草です。 入れておくとエビにかじられて穴があくこともあります。 それをエビの餌としてプラスに捉えるか、レイアウト崩れとして捉えるかは人によるところでしょう。 難点としては後景草全般に言えることですが、 トリミングが大変です。 水草の背が高くなってくるとどうしても日の当たらない葉が出てきてしまい、枯れてしまいます。 ハイグロフィア・ポリスペルマの場合、枯れた部分がエビに食べられて上の方だけ葉のある状態になります。 綺麗に育てるならこまめなトリミングを心がけましょう。 ぱっと見は先ほどのアナカリスに似ていますが、より色が薄く、細かい葉をつけます。 大磯砂と呼ばれる底床(水槽の底に敷く砂利や土のこと)と相性が良く、 大磯砂で育てるとかなり元気に育ってくれます。 縦に伸びるだけでなく、横にも広がっていくので大磯砂ならパールグラスだけでボリュームのある水槽を作ることができます。 反面、 どんどんと伸びてきてしまうので縦にも横にもトリミングが必要です。 丈夫で綺麗な水草ですので、こまめにトリミングすれば美しい水槽になりますよ。 見たことあるという方も多いのではないでしょうか。 細くて硬い、針のような葉をつけます(とはいえ触っても痛くないですよ) 何と言っても その育ちやすさと成長スピードが大きな特徴。 1週間もあればマツモが成長しているのがよくわかります。 根を張らないので急激に成長しても手でちぎるだけで 簡単にトリミングできます。 初心者向けのマツモですが、 レイアウトとして扱う、綺麗に育てようとする、とかなり難しいです。 とりあえず水草を入れてみたいという方にはオススメしますが、水草の綺麗な水槽を作りたいという方には不向きでしょう。

次の

初心者向け!アクアリウムの始め方・立ち上げ方法の全工程解説

水草 初心者

石や流木に着生(張り付く)する性質がある点、水質に幅広く対応し、低光量にも強く、CO2の添加も必要ないことから幅広い用途に使用できる種類です。 アヌビアス・ナナをメインとした水槽は非常に落ち着いた印象を与えます。 着生すると言う性質を利用すれば立体的なレイアウトを作成したり、底床が薄くなりがちで、対応器具も少なめで本格的に水草を楽しむにはパワー不足となりやすい小型水槽においても本格的なレイアウトを楽しめる1種です。 強い光や、肥料は必要無く、逆にどちらも抑え気味の方が綺麗に育てることができます。 CO2の添加が無くても問題なく育ちますが、添加をした方が成長が早いです。 コケが付きやすいのですが、葉はしっかりしており食害を受けることがあまり無いので、ヤマトヌマエビやオトシンネグロ等のコケ取り能力の高い生体を多めに入れましょう。 その複雑な茂みは隠れ家や産卵場所にも向いており、レイアウトにブリーディングに幅広い用途に使用できる万能選手です。 餌やブリーディング目的で育成するには、ある程度ほぐしたそのまま沈めてしまって大丈夫です。 光量は60cm水槽で1灯あれば充分維持できます。 日本に自生している種類なので冬の低温にも強いです。 レイアウト水槽で使用するには若干のCO2添加があった方が綺麗に育ちます。 低光量には強いですが、活着させて長期間維持していると、何重にも折り重なって光が完全に当たらなくなる部分ができます。 こうなるとその部分が枯れ始めてしまいますので注意が必要です。 水中の栄養分が多いと茶色い根(仮根)を出します。 また高光量下ではごわごわした葉に育ちます。 貧栄養・低光量下でも育つと言う特徴を活かして、他の草の陰になる部分に石等に活着させて配置する方法がお勧めです。 ウィローモスをメインとする水槽であれば、光量・水中の肥料分とも抑え気味の方がコケの発生が少なく綺麗に育てられます。 幾何学的な形状に葉を展開するウィローモスの仲間で、ウィローモスより若干明るめの色合いと整った印象から人気の高い種類です。 流木や石に活着させることも可能で、様々な場面にいかせます。 レイアウト水槽は言うまでもなく、極少量のCO2と標準的な2灯式のライトで見ごたえのある姿に育つことから、生体メインの水槽のポイントとしても重宝されます。 育成面での要求はそれ程厳しくありませんが、最大の魅力である整った葉の形を楽しむのであればやや明るめの照明、少量のCO2と肥料分の添加を行った方が良いです。 水質にもうるさくなく、底床もソイル、砂利系どちらでも構いません。 元々水草育成をメインにセッティングした水槽では苦労せず育てられますが、高光量で肥料が多目の水槽ではエビなどを活用してコケの発生を防ぐようにしましょう。 南米ウィローモス:枝別れの仕方が規則的!幾何学模様になる。 トリミングなしで、きめ細かく茂る。 でも、ウィローモスより枯れやすい。 ウィローモス:伸び方が、ぼさぼさになる(あまり枝別れしない)!伸びすぎたらトリミングをするとある程度、枝別れを増やせる。 南米ウィローモスより丈夫で、ヘタすりゃ光無しでも枯れない。 私でしたら、二酸化炭素添加など環境が整っていたら、きれいさを優先して必ず南米モスにします。 でも、上部フィルター、普通の光量、添加なしの我が家では、ウィローモスを使ってます。 低光量、アルカリ性の水質など、環境に不安があるなら、ウィローモスが頼りになります。 ミクロソリウムは水性シダ病が有名です。 これは葉の病気で、水性シダ病の原因は幾つかあります。 pHが4程度まで低下した時や、水流が悪く二酸化炭素 Co2 の供給が行なわれにくかった場合も同様の枯れ方をする場合があります。 ミクロソリウムが水性シダ病にかかると、全滅に近い枯死をする場合があります。 1カ所が茶色く枯れ始めると、葉同士が触れ合ったところから感染し、次々と枯死が始まって、殆どの葉が枯れてしまいます。 このような症状が現れた場合には、すみやかに、思い切って病葉をすべて取り去りましょう。 少しでも残すと再び伝染するので、見落しのないよう注意して取り除きます。 光量の当たり方で、背丈が変わるピグミーチェーンサジタリア。 前景に使いたい場合は、光量を強く当て背丈を低く育て、また、中景で使いたい場合は後景草の足元に植えて光が若干当たりにくくしてあげれば、光を求めて背丈が10cm以上に伸びます。 光が強く当たる所に植栽してれば、葉先がカールをしてさらに背丈の高さを抑えて、前景草として草原を作ることも可能です。 生長していけば、ランナーを出して増殖していきますが、株の近くにランナーを出して増えていくのでボリュームを出すことが出来ます。 底床に埋めた肥料が切れてくると、葉の色が緑が薄くなってくるのでそのさいは、底床に固形肥料を追肥して下さい。 肥料要求が高い水草なので、固形肥料を追肥したらその効果が実感しやすい種になります。 大磯砂でも育成は可能ですが、その際はしっかり固形肥料を埋めて下さい。 底床への根張りのいい水草なので、本種の底床から抜くさいはまわりの株を一緒に抜いてしまわないように注意して抜いて下さい。

次の