寺やる。 お寺で法事をするのですが、お布施の他に場所代もいるのでしょうか?教え...

寺やる!

寺やる

葬儀までにお寺に確認すること 我が家というか義実家はお寺の檀家です。 お盆の時にお経を上げに来てもらったり、色々お付き合いがあるので何かとお寺に出かけていきますし、住職とも顔見知りです。 そんなわけで葬儀ももちろん住職にお願いするのですが、何点か確認することが有りました。 葬儀予定日時の予定が空いているか 葬儀屋さんと斎場の空き具合を確認しますが、その日程を抑える前に住職に連絡しなければなりません。 葬儀屋さんのお話だと、冬~春先と夏場は急激な気温の変化のせいかお葬式も増えるそう。 その時期は住職も忙しいので、住職の都合によっては希望している日程や斎場でできない場合も💦 お通夜~告別式、初七日法要の流れの確認 お通夜・告別式、初七日法要の流れを決めるうえで、事前に許可を取っておくこともあります。 今回我が家は葬儀・告別式は火葬場に隣接する斎場。 そこからお寺に移動して初七日法要と納骨という流れでした。 なので、時間的にも火葬中に精進落としがいいねって話していました。 しかし宗派や住職の考えによっては、火葬を待っている間に精進落としを食べてはいけないということもあるそうなので、事前にお寺に確認しなければいけません。 葬儀屋さんから確認するように言われましたが、念のため。 最近では告別式と一緒に初七日法要も済ませることが多く、読経もその時間に合わせて大事な所を抜き出すそうなので、流れは絶対に伝えなくてはいけません。 宗派ごとに気を付けないといけないことは葬儀屋さんが確認するように伝えてくれますが、言われなくても念のため当日の流れは報告しておくのがいいと思います。 戒名・お布施の相談 日程確認の電話の時に、戒名の相談もあるので~とお寺に行く約束をしていました。 葬儀までに戒名を付けてもらう必要があるので、義母は翌日すぐに呼ばれていました。 戒名はランクによって値段が違います。 先祖代々と同様にすることも大切ですが、気張って最高位の院を付けてしまうと、その後の付け届けが大変だということで大叔父さんが必死に止めていました。 ずっとお付き合いが続くので、檀家は大変ですね。。。 知っておきたいポイント 戒名を付けてもらうにあたり、使いたい漢字を聞かれます。 故人や家族の希望で何か漢字があれば考えておくと良いです。 特になければ、生前の名前やその人がどんな人だったかという話を聞いてつけてくれるそうなので、無理に考えておく必要はありません。 また、葬儀で読経してもらうにあたりお布施(お礼)はいくら包むかを確認しないといけません。 私の祖父母の時もストレートに聞くように言われたので、金額を聞いても失礼にはならないようです。 相場は何2万から百何万とお寺や来られたお坊さんの格によっても違うようです。 今回は住職だからか?基準は分かりませんが100万でした。 実家の祖父母の時は分院のお坊さんだったからか60万でした。 お車代や配車が必要か 住職が斎場に来る方法を確認します。 葬儀社の方でタクシーを配車してくれたり、自家用車できてもらう場合はお車代を包む必要があります。 今回は近場ということもあり、お布施にコミコミでと言われたそうです 笑 私の祖父母の時は遠方だったので、お車代で30万だったので、やはりお布施やらなんだで最低でも100万くらいかかると思った方がいいかも💦 葬儀後にお寺と相談すること 告別式後、初七日法要まで終わると次は四十九日法要です。 我が家は1週間前倒しして欲しいと葬儀の時に言われていました。 当日より必ず前倒しでしかできないので、お坊さんの予定が空いてるか確認しておかないといけません。 四十九日法要と納骨 我が家は告別式後に納骨だったので戒名の件でお寺に行った時に、石屋さんに連絡するように言われました。 お墓に納骨するのに開けてもらうことと、墓跡に名前を彫ってもらうお願いです。 お墓を開けるのは普通の男性でもできるそうですが、見た感じだとどこが開くのかわからないことと、当日礼服を着ているということで断念しました。 納骨する場所も、石屋さんにお願いした方が慣れていていいと思います。 名前は四十九日法要の日までに彫ってもらえるそうです。 こちらは出張料で2万、名前の彫刻で5万でした。 出張料込みで10万弱が多いようです。 位牌の手配 四十九日前は木の位牌で、仏壇とは別に祭壇が設けられています。 葬祭費に込みでダンボール組み立て式でした! 四十九日法要が終わると仏壇に入るため、それまでに仏具屋さんで位牌の手配をお願いします。 お寺から戒名が書かれた用紙を貰っていたので、それを持って行きました。 お位牌を作る前に確認した方がいいこと 我が家は義祖母が昔ながらのこだわりを持っているので、先祖代々に合わせておいた方がいいことが沢山💦 今既にあるもののサイズ 連名の場合の没日の書き方 生前の名前が彫られている文字の色 大きさは、並べておくのに小さいと申し訳ないかなという心遣いです(笑) 戒名の横に没日も刻まれるのですが、家にあるお位牌がどの位置に刻まれているか、また裏側に彫る生前の名前を赤にすることもあるそうで 血が通っていた時の名前だから その確認も必要です。 全く初めて作られる場合はあんまり気にしなくても良いかな?と思います。 また、義実家のお位牌はご夫婦は連名だからか、義祖母から自分が入るお位牌を作るように言われました。 ただ、その場合も魂が入っているお位牌に、あとから義祖母の名前を彫ると義祖父の魂が傷つくんじゃないかと気にされる場合もあるそうなので、その場合は板を付けて二人揃ったときに彫るということもできるそうです。 これもまた、こだわる方がいればの話なので、ご家族で話し合うのが良いかと思います。 檀家ではない場合はだれに頼む?? 檀家でない場合は、葬儀社からお坊さんを紹介してもらえることが多いようです。 また、思い入れがあるお寺に直接連絡してみて、檀家でなくても読経してもらえるか聞いてみたら受け入れてくれることもあるようです。 その場合はあらかじめ調べておいた方がいいと思います。 お寺とのお付き合いは続く 以上が葬儀~四十九日までにお寺に確認・依頼することの大まかな流れです。 我が家のお寺の住職は、お寺に生まれたので仕方なく僧侶になる道を選んだ(というより選ばされた)ようで、先代に比べると融通が利くし気さくな方で良かったと思っています。 しかしながらこの後は、一周忌や三回忌などの法要をお願いしたり、来年には新盆なのでまた読経してもらったりと何かとお布施を持っていく機会が多いです💦 先祖代々、また大切な家族を供養してもらうためには必要かもしれませんが、かなりの金銭的な負担はあります。 お寺によってはもっと負担が軽かったり、逆にもっと負担があるところもあるかもしれません。 が、時代とともに檀家制度も変わっているので、私が仕事を受け継ぐ頃には変わっていて欲しいものです。。 繰り返しで申し訳ありませんが、お布施の金額は一例ですので参考程度に見ていただけると幸いです。

次の

【13万負けの次の日】「寺井一択の寺やる!!第352話」

寺やる

法事ってなんだろうか?何年かに一回行っているけれど、これはいったいいつまで続くのだろうか? そんなことを思ったことはないでしょうか。 確かに故人を偲ぶのは大切だけれど、一周忌、三周忌、と続いていくとすこし負担になってくることもあるでしょう。 法事・法要が最近すこし負担になってきてしまい、いつまで続くか不安になってきた。 今回はそんなお悩みを解説していきます。 目次 法事とは何か 法事・法要は仏教における儀式です。 亡くなられた故人の冥福を祈り、供養をします。 忌日法要と年忌法要に分けられ、四十九日と呼ばれる会までは忌日法要が七日おきに行われるのですが、最近では最初の初七日と、最後の始終九日を除いては、遺族のみで行われるのが一般的な形式となっています。 四十九日の後は命日から数えて1周年の一周忌をはじめに年忌法要が始まります。 では何故、このような儀式がおこなわれるのでしょうか。 宗派にもよりますが、仏教における考え方では、故人が逝去してから四十九日の間を「中陰」呼び、その中陰の間は閻魔大王による裁きが七日おきに実施され、極楽浄土へ旅立てるか否かの判定されているといいます。 この四十九日が一般的な忌明けとされているので、遺族は、七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈る、ということになっています。 忌日法要はこの七日おきのタイミングに行われるもので、それ以降は年忌法要と呼ばれる法要に変わります。 そのタイミングにあわせ、一周忌、三回忌、七回忌と続けいきある一定の年数までいって終わりになりますが、この最後をいつにするかは宗派や、地域、家族によって差があります。 法事はいつまでする?各宗派の弔い上げ 法事の最後の会を弔い上げといいます。 弔い上げは宗派によって少しずつ異なります。 ですのでその違いを簡単にご紹介していきましょう。 浄土真宗 三十三回忌が弔い上げとなります。 地域によっては主な法要以外は省略されることがあります。 真言宗 十七回忌までは浄土真宗と同じように行います。 ただし、二十三回忌と二十七回忌はは行わず、24年目に二十五回忌を行い、基本的には三十三回忌で弔い上げとなります。 それ以降は五十回忌、百回忌、百五十回忌となります。 曹洞宗 曹洞宗の場合、地域によって大きく様式が異なってきます。 一般的には一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌までは浄土真宗と同じように行います。 その次に二十三回忌と二十七回忌と行っていく場合と、この2つを行わず二十五回忌を行う場合に分けられますが、これはお寺や地域により異なります。 それ以降に関しては三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌、百回忌と行われます。 弔い上げは三十三回忌とするお寺が多いですが、五十回忌を弔い上げとするお寺もあります。 また、弔い上げとは別に五十回忌と百回忌は特別に行われます。 日蓮宗 基本的には年忌法要の数え方どおりに行われます。 地域によっては主要な法要以外は省略される場合もあります。 また、二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、二十五回忌を行う場合に分かれます。 これはお寺や地域によって変わります。 臨済宗 基本的な年忌法要の数え方に則って行われます。 地域によっては主要な法要以外を省略する場合もあります。 臨済宗もお寺や地域によって二十三回忌と二十七回忌を行う場合と、二十五回忌を行う場合に分かれます。 神道との違い 神道では霊祭と呼ばれるものが仏教で言うところの法要になります。 場所は神社ではなく、自宅やお墓で行うのが一般的な方法です。 そのスケジュールは葬儀の翌日から10日ごとに行っていきます。 翌日が翌日際、なくなってから10日後が十日祭、そして二十日祭、三十日祭、四十日祭と続いていきます。 そして五十日祭が忌明けにあたり、その翌日に清祓いの儀を行いいつもの生活に戻っていきます。 十日祭は初七日にあたります。 そしてなくなった日から百日後に百日祭が行われ、一年目の命日は一年祭、満三年目で三年祭、満五年目に五年祭、満十年目に十年祭、そして満五十年目には五十年祭といったように続いていきます。 法事はいつやる? 法事の数え方は意外と簡単なようで難しいです。 初七日からは七日おきに行われるものの、その後の年忌法要はすこし独特な数え方をしますのでその数え方を解説しましょう。 忌日の数え方 法事をするべき日を忌日と言います。 法事には大きく分けて2種類の数え方があります。 逝去されてから100日目までに行われる忌日法要と、逝去されてからちょうど1年後の祥月命日に行われる1周忌以降の年忌法要です。 それぞれの数え方は以下のようになります。 忌日法要 年忌法要 忌日 命日含む日数 回忌 命日からの年数 初七日(しょなのか) 7日目 一周忌 満1年 二七日(ふたなのか) 14日目 三回忌 満2年 三七日(みなのか) 21日目 七回忌 満6年 四七日(よなのか) 28日目 十三回忌 満12年 五七日(いつなのか) 35日目 十七回忌 満16年 六七日(むなのか) 42日目 二十三回忌 満22年 七七日(なななのか) 49日目 二十七回忌 満26年目 百か日(ひゃっかにち 100日目 三十三回忌 満32年目 この間に三十七回忌から五十回忌を行うこともある 百回忌 満99年目 17回忌って?その必要性 記述してきたように、十七回忌まではほとんどの宗派でしっかりと行われる法要になります。 その後は省略が行われたり、二回をいっぺんにやったりと宗派やお寺、地域によって左右され、三十三回忌を区切りに法要が終えられるのが一般的です。 ですので十七回忌は、ひとつの重要な法要・法事のひとつといえます。 いまさら聞けない法事のあれこれ 法事には分からないことがたくさんあります。 たとえば、いつまで親類や友人を呼んでよいものなのか、喪服は何回忌まで行われるのかなどです。 さらに、法事にかかる費用って相場が分かりにくいですが、故人を偲ぶための儀式なだけに、費用をあまり気にするのは気が引けます。 そんな悩みについて解説します。 法事は何回忌まで親戚を呼ぶのが普通か? 一般的には、一周忌までは親戚を呼ぶことが多いようです。 一周忌は重要視だれる風習が強く、親戚、親類、親交の深かった人々を大勢呼んで盛大に執り行われます。 しかし、その後の三回忌からは規模は縮小され身内で行われます。 三回忌からは、どのような法事を営みたいかで親戚を呼ぶかどうかは自己判断になるでしょう。 最終的には三十三回忌・五十回忌・百回忌のどれかを「弔い上げ」とし、終了とします。 忌日法要においても、宗教や地域にもよりますが、初七日・四十九日以外の忌日法要・百か日などの法要は省略されることが多いようです。 法事は何回忌まで何回忌まで喪服をきればいいの? 喪服の規定は厳しくは設けられていないものの、ある程度のマナーはあるようです。 喪主の場合、故人の三回忌まで喪服や礼服を着用するのが一般的です。 参列者の場合は七回忌を目安にするのが一般的でそれ以降は平服でかまわないとされます。 また、お子さんの場合、制服があれば制服を着用し、ない場合はそれに準じた服装で参列しましょう。 法事にかかるお布施 法事にはお坊さんを呼んで、儀式を行って貰います。 お坊さんを招いてお経をあげてもらうには、お布施を用意する必要があります。 お布施の費用とは一般的にどれくらいのものなのでしょうか。 実際に地域差がある上に、何回忌なのかでもその費用は少し変わってくるようです。 詳しく解説していきましょう。 法事のお布施はいくらが相場? お通夜、葬儀、告別式の相場は地域によって差があります。 基本的には東京では20万円から35万円の間だといわれています。 このお布施の名目はお通夜や葬儀、告別式において、お坊さんに読経を上げてもらい、故人を供養してもらったお礼も含めて支払われるものです。 しかし、実はこのお布施は、実際に地域や各お寺においても価格の幅があるうえ、その家族とお寺との付き合いの深さによってもまったく価格が異なるので実際に自身の包める予算の幅内で相談してみるのがよいとされています。 何回忌かで価格は変わる? また、同じお布施においてもいつの法要でのお布施かによって価格は変わってきます。 主に相場としては以下のような価格が一般的なようです。 ・祥月命日法要のお布施:5,000円~1万円程度 ・四十九日法要のお布施:3万円~5万円程度 ・一周忌法要のお布施 :3万円~5万円程度 ・三回忌以降のお布施 :1万円~5万円程度 更に法要を自宅で行う場合に、お寺さんを自宅に招く必要があります。 この場合、お布施とは別にお車代として5,000円~1万円を手渡すこともあるようです。 ま た、お墓や納骨堂に遺骨を納骨する納骨法要・納骨式の場合のお布施の相場は1万円~5万円くらいといわれています。 また、以下のような法要の場合の相場も決まっています。 ・お盆法要のお布施:5,000円~1万円 ・お彼岸のお布施の費用 1、個別法要のお布施:3万円~5万円 2、合同法要会のお布施:3,000円~1万円 まとめ 法事・法要の数え方やいつまでやるのかについて解説をしてきました。 今一度おさらいをしてポイントを抑えておきましょう。 ・法事・法要は忌日法要と年忌法要がある ・弔い上げのタイミングは宗派によって違うので注意が必要 ・初七日や四十九日、一周忌、三回忌など主要な法要はしっかりやるが、他は地域や宗派の差があるので事前に確認する必要がある ・親類や友人など多くの人を呼んでやるのは上記の主要な法事が一般的で、あとは省略されることが多い ・法事にかかる相場は、お寺や地域によって差があり、付き合いもあるので相談してみると良い これらのポイントを押さえればしっかりと法事を行って行けるでしょう。

次の

法事は何回忌までやる?各宗派の弔い上げを紹介!

寺やる

場所代については、そこの寺院の使用規則があるかもしれません。 例えば、檀家は年間経費を納めてるから不要だが、それ以外の人の場合は使用料として金額が決まってる寺院もあります。 その他の使用規則があるかも、です。 これは、ご住職にハッキリとお尋ねされた方が良いでしょう。 お寺で法要をされる場合に、お寺として一番必要な経費は「お花代」です。 私のお寺でも、たまに気が付く人がお花代を包んで頂きますが、 花筒の個数や、大きさにもよりますが、一般的なよくある寺院では、最低2~3対の花が必要です。 大体、菊を中心に花を買うと、花代だけで5000円~10000円位はかかります。 (季節によりますので) 毎日、本堂で法事のある寺は。 その花が使えますが、これからの季節は一週間保つかどうかですから、花を買って活ける金額と手間は、ロウソク、線香代等や、お茶を入れる比ではありません。 この辺りを、考慮して頂くと、寺としては有り難いですね。

次の