バイク インカム 使い方。 ヘルメットへのインカムの取り付け方法と手順

ヘルメットへのインカムの取り付け方法と手順

バイク インカム 使い方

バイク用インカムの選び方 可能であればメーカーを揃える ツーリング仲間で同時にインカムを購入するのなら、できるだけメーカーを揃えることをおすすめします。 バイク用インカムは、基本的には同じメーカー同士で接続することを前提として、チューニングされています。 同じメーカー同士であれば、ペアリングも簡単にでき、複数人数での同時通話が可能です。 もし異なるメーカーを使用したいのなら、他社のインカムと接続可能な「ユニバーサルインターコム機能」がおすすめです。 ただし、同じメーカー同士の接続と比べると、接続方法が複雑であったり、切断や遅延が起こったりすることもあります。 同時通話人数で選ぶ 毎回同じグループでツーリングに行くのなら、同時通話人数も確認しておきましょう。 製品によっては、「最大6名まで同時通話可能」と記載されていても、6名とのペアリングが可能なだけで、通話自体は1対1しかできないものもあります。 一方、価格は高くなりますが、ハイスペックな製品であれば、同時に4名との通話が可能な製品もあります。 また、接続品質や通話品質は保証されていませんが、6名とのグループ通話確立が可能なインカムもあります。 また、複数人数でのツーリングではなく、ダンテム(2人乗り)ツーリングのみの方は、低価格な有線タイプを検討しても良いでしょう。 通信可能距離をチェック 通信可能距離とは、通信が確保される距離のことです。 製品によって通信可能距離は異なり、価格にも反映される傾向にあります。 また走行中の状況によっては、明記されている距離よりも短くなる場合があるので注意が必要です。 街乗りなら最低200mがおすすめ メインが街乗りであれば、通信可能距離は200m以上の製品がおすすめです。 街乗りなので、そこまでスピードを出すこともなく、車間を広くとる必要はありませんが、間に別の車が入るなど、車間距離が離れる可能性も充分に考えられます。 通信可能距離が200mあれば、街乗りでも快適に通話をすることが可能です。 高速道路なら1km以上の製品がおすすめ 走行スピードが速くなる高速道路では、安全のために充分な車間距離をとる必要があります。 そうなると、先頭を走るバイクから最後尾を走るバイクまで、距離がかなり離れることが予想されます。 一度ペアリングが解除されても、近づけば自動的に再接続される製品もありますが、そうでない製品は再度ペアリングの設定が必要になります。 その場合は、次回の休憩場所まで通話をすることができなくなります。 これらのことを考慮して、高速道路を走行する場合は最低でも1km以上の通信可能距離のインカムを選びましょう。 連続使用時間を確認する 今回紹介している製品の連続使用時間は、8時間から12時間と商品によって様々です。 遠方へのツーリングが多い方は、帰りのことも考えて、連続使用時間が長い製品がおすすめです。 ただし、万が一バッテリーが切れたとしても、モバイルバッテリーからの充電が可能なので、商品選びにおいて、一番に優先するべき重要なポイントではないでしょう。 最低でも、8時間程度の連続使用時間があれば良いでしょう。 また、休憩時間にはこまめに接続を切ることも、連続使用時間を伸ばすポイントとなります。 ペアリングのしやすさで選ぶ 電子機器が苦手な方にとっては、ペアリングと聞くだけでも少し憂鬱な気分になるかもしれません。 最初に少しお伝えした通り、異なるメーカーのインカム同士を接続する場合などは、ペアリングの方法が少しややこしくなります。 できるだけ、ペアリングが簡単にできる製品がおすすめです。 さらに、走行中に接続が切れたとしても、仲間に近づくと自動的にペアリングが復活するので便利です。 防水性をチェック 屋外で楽しむツーリングに、雨はつきものです。 どれだけ気を付けていても、急な天候の変化で雨に降られた経験を持つ方も多いでしょう。 そんなときに、あると安心なのが防水機能です。 また、「X」の部分は防塵等級を表すもので、数字もしくはXが入り、Xは防塵テストをしていない製品です。 バイク用インカムでは、高スペックの製品は7等級の防水機能をもつ製品が多いようです。 中国産のインカムは「生活防水」レベルであることもあるため、防水機能にこだわる方は機能性を確認しておきましょう。 ラジオ機能の有無で選ぶ バイク用インカムには、FMラジオが内臓された製品もあります。 スマホとBluetooth接続をしていれば、radikoでラジオを聴くこともできますが、スマホ、インカム共にバッテリーの減りが早くなることや、走行中に地域が変わると自動で切り替わらないなどのデメリットもあります。 特にソロツーリングをする方はラジオがあると、道路状況の確認だけでなく、気分転換にもなるので、FMラジオが内臓された製品がおすすめです。 USBタイプかどうか.

次の

車とバイクの通話は可能?バイクインカムを使った方法をご紹介!

バイク インカム 使い方

最初に、インカムというのは、スピーカーとマイクが一体化したバイク用品の一つで、手で受話器などを持つことなく他の人と通話することができる通信機器です。 頭に装着することから、ヘッドセットという別名で呼ばれることもあります。 その語源は、インターコミュニケーションシステムであり、もともとはバイクに限らず、室内や敷地内などの限られた範囲で通話することができる内線電話を意味していました。 この内線電話が無線の発達とともに、進化を遂げて出来たのが、バイク用品としてのインカムなのです。 なお、インカムと似た機器にトランシーバーがありますが、トランシーバーが複数の話し手が同時に発信することができないのに対し、インカムの場合には複数人が同時に発信することが可能である点で両者は大きく異なります。 バイクのツーリング中に用いる場合には、いちいち話し手と聞き手を切り替えて会話するよりも、全員が一斉に話すことができる方が便利ですので、バイク用品としてはインカムの方が適しているということができるでしょう。 このインカムの機能は、無線で接続された相手と通話することができるというものであり、基本的には無線の届く範囲にいる人としか会話することはできません。 しかしながら、携帯電話やスマートフォンの出現によって、Bluetoothなどでインカムとそれらの機器を接続し、携帯回線を通じて無線が届かない人とも携帯の電波網を通じて会話することができるようになっています。 また、会話だけでなく、ラジオや音楽を楽しむことができるインカムも増えており、その用途は以前に比べるとずっと多様化してきています。 インカムには様々な種類があるため、自分にあったものを選ぶことが重要です。 まず、フルフェイス型のヘルメットに装着する場合には、ワイヤーマイクタイプのインカムがお勧めです。 一方、ジェット型のヘルメットであれば、アームタイプのインカムの方が装着しやすいです。 また、インカムの一部であるスピーカーについては、両面テープにより接着するものと、マジックテープにより装着するものがあります。 いずれも特に使用するのに不自由はないため、自分が使いやすい方を選ぶとよいでしょう。 また、インカムの本体についても、外観の見栄えを重視した形状をしているものや、クリップを用いてヘルメットの外側に装着するようなものなど、多種多様ですので、自分のこだわりに応じて好きなものを選択することが可能です。 それ以外にも、バッテリーの持続時間や防水性能の有無、同時に通話することができる人数や連続して通話できる時間など、インカムを選ぶ際に見るべきポイントは数多くあるため、購入する際は事前に自分のなかでどういった点を重視するのかを整理しておくとよいでしょう。 では、ここからはいよいよインカムを取り付ける方法について見ていくことにしましょう。 最初に行うべきことは、ヘルメットの形状を確認して、インカムのマイクを取り付けるスペースがあるかどうかを見極めるということです。 十分にスペースがあるのであれば、そこにインカムのマイクを装着すればよいのですが、そうでない場合には外付けすることができるタイプのインカムを用意することが必要となります。 取り付けるスペースがあるのであれば、次にスピーカーに接続するケーブルを通す位置をチェックします。 基本的に、インカムはマイク部分やスピーカー部分と本体とが別々になっており、それらをケーブルでつないで使用するようになっていますので、ケーブルが通る場所がないと装着することができません。 そのため、本体を装着した後でマイクやスピーカーまでケーブルを通す場所がないということにならないように事前に確認することが必要となるのです。 本体の装着場所とケーブルを通すスペースが決まったら、あとはその通りにインカムを取り付けるだけです。 その際、本体以外にスピーカーを取り付ける必要がある点に留意する必要があります。 後述するように、スピーカーは耳から適度に話して設置するようにするとよいでしょう。 ここまでインカムの取り付け方法について見てきましたが、インカムを装着する際には、いくつかの注意点が存在します。 まず一つ目は、ヘルメットの内部に突起物などの邪魔なパーツがないかどうかを確認するということです。 余計な突起物があると、取り付けたインカムが安定せず、落ち着いてバイクを走行させることができなくなるおそれがあるため、しっかりと確認することが大切です。 二つ目は、ケーブルを確実に固定するということです。 ケーブルの取り付け方が不十分だと、走行中に垂れてきて運転に集中することができなくなり危険です。 そのようなことのないよう、ケーブルが外れないようにしておかなければなりません。 三つ目は、スピーカーの設置場所を耳に近づけすぎないようにするということです。 インカムを使って大音量で通話するということはそれほどないかもしれませんが、それでも耳にスピーカーが近すぎると、音声によって耳がダメージを受ける可能性があるため、適度に話して設置することが求められます。 どうやっても耳に近いところにスピーカーを設置せざるを得ないということであれば、間にクッション材などを入れて通話の音声が直接耳に入らないようにするなどの工夫が必要です。 以上の4つの注意点を踏まえて、インカムを装着することによって、快適に仲間たちと通話することができ、ツーリングがより楽しいものになること間違いなしです。

次の

バイク用インカムのおすすめランキング20選と選び方【2020最新版】

バイク インカム 使い方

個人的には、サポートを考えて正規品が良いかとは思いますが、デュアルの正規-並行の価格差を考えるとちょっと悩みますね… 今回は店頭で購入ということで、全て正規品を購入しました。 4Ridersを持っていたのに、何故SENA 20Sに乗り換えたのか ところで。 私、というか、以前からずっとツーリングに行っていた仲良しチームでは、4ridersを使用して何の問題もなくグループで会話をしていました。 ではなぜSENA 20Sを購入したのかというと… メンバーが5人に増えたから です。 1人~4人であれば4ridersという中華インカムを使用することで会話システムを構築できます。 4ridersは、1台9000円弱で購入できますので、4人なら4万円程度でみんなでわいわい話せるシステムが出来上がります。 しかし、これが5人になると話は別です。 一部の中華インカムが最大5人通話をサポートしていますが、それ以外のインカムは4人までしか同時通話をサポートしていません。 6riders的なインカムもありますが、これは最大6ペアリング可能で、同時通話は2人しかできないというダミー商品ですのでお気をつけて下さい 5人の通話をサポートする中華インカムも、5人繋げると末端の人たちは音が小さくなってしまって他の人の声が聞こえにくい現象等が発生します。 この現象は、異なるインカム製品を挟むとより顕著になります。 実際、上記のようなシステムで5人同時通話システムを構築してみたんですが、音が小さいです…はあ… これじゃ、これからのツーリングが楽しめない…ということで、8人同時通話可能なSENA 20Sという製品を購入するに至りました。 お高い製品ですから、ちゃんと写真をとっておきました。 これが一番外の箱です。 売られてる状態のものです。 このパッケージを横にずらして箱を開封できるようになります。 ほいで、パカッと開けます。 説明書がトップにお出迎えしてくれます。 既に4ridersとは風格が違います!!すごいちゃんとしてる!! この層をそのまま持ち上げると、さらに下に色々と詰まっているものがあります。 さらに説明書と、イヤホンやマイクに装着するスポンジ、予備部品や別付けできるマイク、充電器などですね。 さすが3万5千円。 予備とかその他部品の充実度がすごいです!! こんな感じですね。 SENA 20Sをヘルメットに取り付ける さて。 それではヘルメットにインストールしていきます。 一番上に乗っていた説明書がクイックスタートガイドになっており 英語 、これをベースに取り付けを行っていきます。 まずは、インカム本体とマイクが載っているプレートから、マイク兼台座部の部品を取り出します。 これを、ヘルメットの左側に取り付けます。 取り付けは、M4のキャップボルト もちろん付属 の脱着にて行います。 脱着のための6角レンチも同梱されています。 取り付けました。 裏面がこんな感じです。 外側から見るとこんな感じです。 ここに、インカム本体を上から嵌めこみ、カチっと音がするまで押せば固定できます。 マイクは、この台座を固定した時点で大体口元あたりの丁度いい所にきていると思います。 ので、今度はスピーカーをセッティングしていきます。 これがスピーカーです。 どっちの面か忘れてしまいましたが…全然貼りつきそうにない手触りなんですが、これがヘルメット内側の布部に貼りつくんですよ! いやほんと、普通のマジックテープと比べてかなり滑らかなんですが、くっつくんですよ。 これを、ヘルメット内の耳位置に貼り付けます。 先にスピーカーに、付属のスポンジを付けておいた方が良いですね。 結果、こんな感じになります。 マイク側にもスポンジを嵌めこんであげれば、取り付けは完了です。 ですので、まずはアプリを入れます。 本家ページはになります。 で、アプリをインストールしたら、スマホのBluetoothをONにし、アプリを起動します。 次に、下図の赤丸 ジョグダイアル と、黄丸 フォンボタン を同時に1秒程度押して、本体の電源を入れます。 本体の電源を入れると、スマホ側からBluetoothでこのインカムを探しに行くことができます。 スマホのアプリ側から…たしか接続…?検索?的な感じのボタンを押して、自分自身のインカムを探して接続します。 この時、複数人が同時にSENAの電源を入れると、どれがどれだか分からなくなるので、1人ずつ対応する必要があります。 ここまででセナを使用する準備が整いました。 SENA 20Sで5人通話する さて。 ここからが本番です! 今回SENAを購入した目的である5人同時通話! やっていきますよ。 全員が前項目の準備が完了している必要があります まずは、全員SENAの電源を入れます。 次に、誰か1人でいいので、SENAアプリを開き、「グループインターコム」ボタンをタップします。 グループ設定のボタンを押下すると、周辺のSENAを探すモードになります。 暫く待つと、周辺のSENAの検索が完了しますので、接続対象のSENAがリストに入っているか確認します。 対象のSENAがどれかを確認するには、端末のすぐ右にあるTestボタンを押すと、そのSENA端末の人の所にTest用音声が流れますのでそれで確認可能です。 端末が赤色に点滅することでも確認できます 接続したい全員の端末が無事リストに入っていたら、右下にある「xxxに保存」ボタンをタップします。 その後、リスト一番上にある自分自身の端末の右側にあるConnectボタンをタップします。 すると、ちょっとするとグループインターカム開始的なアナウンスが流れて、グループでの同時通話が開始されます。 ただ、インカム本体は意外と安っぽい見た目で…ちょっとだけ残念です。 音に関するところ 4RidersやBT Interphoneと比較し、やはり音質は良好です。 また、4Ridersで4人接続した時と比べ、人同士の声の音量のばらつきも少なく感じます 4Ridersは、親2人は声がおおきく、末端の人はちょっと小さく聞こえます。 音量も、4Ridersより若干大きく聞こえます。 4Ridersだと高速ではずっとMAX、いや、MAXでも聞こえづらいなと思いますが、SENA 20Sはそんなことありませんでした。 他に、インカムで他人と会話している最中に、スマホで音楽を聴くことができますが、その時の音楽と人の声とのバランス感も丁度良く感じます。 音量の上げ下げは、ジョグダイアルを回転させることで行う事ができ、4Ridersと比べると大分操作感が良いです。 4Ridersはめちゃ小さいボタンで上げ下げを行います。 上記のような簡単な操作についてはとても良いです。 が! 機能が多すぎて使いきれないんですよね!! 問題です…いや、製品というか私側の。 スマホを含めた操作感 5人同時接続が簡単にできるのはとても良いと思います。 アプリの使い方も直感的に分かりやすいものです。 ただし、5人接続しようとした時に、上手く接続できない場合があります。 しかもそこそこの頻度で。 これは大問題です… 関連する記事• 2019. 14 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2019. 13 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2018. 14 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2017. 05 Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします! 登録してもらえると超喜びます!! バイクお役立ち情報を発信してます! hidetaso[…]• 2019. Youtuberになりました!チャンネル登録をお願いします![…]• 2016. 写真が見にくい!という方は合わせてご覧ください。 みなさ[…].

次の