朝ドラ だんだん。 だんだん

いのちの歌

朝ドラ だんだん

解説 [ ] とのダブル主演で2008年度下半期(2008年10月 - 2009年3月)に放送された『』の劇中歌。 2曲目には「feat. シジミジル」として劇中のユニット・シジミジル(三倉茉奈、三倉佳奈、、)による版の演奏を収録、また2枚組の初回限定盤には「いのちの歌」ミュージック・ビデオを収録している。 2009年2月28日にはより、デュエット&ピアノのための楽譜とピアノソロのための楽譜で構成された『NHK連続テレビ小説「だんだん」オリジナル楽譜シリーズ いのちの歌』も発売された。 2009年2月18日に発売された作曲ののオリジナルアルバム『Piano Sings』にはピアノソロ版の演奏が収録され、同3月6日によりピアノ譜『Piano Sings』も発売された。 「いのちの歌」のピアノ譜は2012年12月22日発売の楽譜集『ピアノソロ 村松崇継 Best Selection 〜『だんだん』『大奥』ほか〜』にも収録されている。 「人と人との出会い、縁、そして共に生きていくことの尊さ」を歌った本曲は、ドラマ放送後の2009年春ころより結婚式や卒業式にて歌われる楽曲となっている。 制作 [ ] 三倉茉奈、三倉佳奈らによる連続テレビ小説『だんだん』劇中の音楽ユニット「シジミジル」が作った唯一のオリジナルソングという設定で制作され、2009年1月24日に放送された第96回で初めて劇中で登場した。 作曲はドラマ全体の音楽も担当した作曲家・ピアニストの。 「いのちの歌」の原曲となるメロディーはもともと「母なる宍道湖」のタイトルでNHK連続テレビ小説『だんだん』の歌詞のない劇中曲として作曲されドラマ映像の背景にたびたび流れており、『』にもインストゥルメンタル版とピアノソロ版の2曲が収録されている。 ロケ地のやを巡り、夏から秋へと移ろう夕映えの湖の光景を目にした際に旋律が浮かんできたという。 演じる育ての母・嘉子が18年間愛情を込めて育てた娘・めぐみ(三倉茉奈)を大学進学に伴って京都の産みの母・真喜子()のもとへと快く送り出す、その辛く複雑な心情をイメージしながら、そんな嘉子のことを救ってあげたいという思いを込めて生み出されたメロディーとのことである。 作詞はドラマの主題歌「」及び劇中のナレーションを担当した竹内まりや。 「シジミジル」が作った唯一のオリジナルソングという設定のため、竹内による作詞である事実は伏せられ、Miyabiのペンネームにより詞を提供した。 Miyabi=竹内まりやの事実はドラマ収録中三倉茉奈、三倉佳奈に対しても伏せられており、ドラマクランクアップ後の打ち上げパーティーの席上で竹内自身により初めて告げられた。 また、2010年12月に開催された竹内まりやのライブ『souvenir again』のアンコールで竹内のピアノ弾き語りによって「いのちの歌」が演奏され、あわせてこの事実が初めて一般に明かされた。 収録曲 [ ] CD収録曲 [ ]• いのちの歌 作詞: 、作曲: 、編曲: 『』 劇中曲 『』 オープニングテーマ 2009年8月• いのちの歌 feat. シジミジル• feat. シジミジル 作詞: 、作曲: 、編曲: シジミジル・ のシングルのカバー• いのちの歌 Backing Track DVD収録曲(初回盤のみ) [ ]• いのちの歌(ミュージックビデオ) 収録アルバム [ ]• 竹内まりやによるカバーシングル [ ] 「 いのちの歌」 の 初出アルバム『』 リリース (Special Edition盤) 時間 2300(初回盤)、1900(通常盤) WPCL-11024(初回盤) WPCL-11025(通常版) (作詞) (作曲) 竹内まりや チャート最高順位• 週間10位()• 2012年1月度月間45位(オリコン)• 登場回数20回(オリコン) シングル 年表 () いのちの歌 () () の39枚目のシングルとして発売されたセルフカバーバージョン。 によりリリース。 解説 [ ] ドキュメンタリードラマ『』主題歌。 カップリングには「グランデーヌ ルクサージュ」のCMソング「輝く女性(ひと)よ! 」を収録。 ジャケットのイラストはが手掛け、初回盤にはボーナストラックとして作曲ののピアノ伴奏によるピアノ&ボーカル・バージョンを収録、あわせて「いのちの歌 ピアノ譜」が特典として封入されている。 録音には作編曲の村松崇継がピアノで、とがコーラスで参加している。 特設サイトより投稿された写真をスライドショーとして用いてミュージックビデオが制作された。 2016年に公開された初監督映画『』の主題歌 、日本の絶景を8年がかりで撮影し2018年に公開された映画『』の劇中歌に採用された。 収録曲 [ ]• いのちの歌 作詞: 、作曲・編曲: ドキュメンタリードラマ『』 主題歌 映画『』主題歌 映画『』劇中歌• 輝く女性(ひと)よ! 作詞・作曲: 、編曲: 「グランデーヌ ルクサージュ」 CMソング• いのちの歌(ピアノ&ボーカル・バージョン) ボーナストラック(初回盤のみ)• いのちの歌(オリジナル・カラオケ)• 輝く女性(ひと)よ! (オリジナル・カラオケ) 収録アルバム [ ]• 週間1位() シングル 年表 () いのちの歌(スペシャル・エディション) () 竹内まりやがの『』の特別企画コーナー「未来へつなぐ命のメッセージ」に出場し本楽曲のスペシャルパフォーマンスを披露したのに合わせ 、『 いのちの歌 (スペシャル・エディション)』と題し、既発シングルの初回限定盤にライブ・ドキュメンタリー映画『souvenir the movie 〜Mariya Takeuchi Theater Live〜』より「」のライブ映像を収録したDVDを付属して、2枚組の完全生産限定盤として翌に再リリースされた。 2020年に発表された付「週間シングルランキング」にて週間売上0. 7万枚で第1位を獲得。 竹内の「64歳10か月」での第1位獲得はが前年1月14日付ランキングにて「」により記録した「62歳11か月」を上回り、「シングル1位歴代最年長記録」の歴代1位となった。 また「」で付で第1位を獲得して以来「21年1か月ぶり」となる第1位の獲得は、が付で記録した「17年7か月ぶり」を更新して、「シングル1位インターバル記録」においても歴代1位となった。 関連番組 [ ]• 村松のとしてのデビューシングルとして、にClimbing Recordsより配信リリースされた。 2018年発売のアルバム『』に収録。 収録曲 [ ]• いのちの歌 作詞: 、作曲・編曲: 収録アルバム [ ]• その他のカバー [ ]• ()(2013年、アルバム『オマージュ〜歌姫たちに捧ぐ〜』) - 『』エンディングテーマ(2015年)• (イル・デーヴ)(2015年、アルバム『NUKUMORI』)• (2016年、アルバム『春なのに〜想歌』)• (2017年、アルバム『Cashmere』)• ()(2017年、アルバム『あこがれ Ti adoro』)• (2018年、アルバム『ふたつでひとつ 〜心を繋ぐ、歌を継ぐ』)• (ソプラノ:)(2018年、アルバム『いのちの音』) 脚注 [ ] []• ジャパンミュージックネットワーク. 2009年7月2日. 2018年8月10日閲覧。 富士ニュース. 2017年3月18日. 2018年8月10日閲覧。 2020年1月26日. インタビュアー:成田雅志. (CHUNICHI Web). 2020年3月17日閲覧。 『』村松崇継(2009年2月16日放送)• インタビュアー:須田真希子. 竹内まりや 「いのちの歌」特設サイト.. の2012年2月6日時点におけるアーカイブ。 2018年7月9日閲覧。 音楽ナタリー 2016年2月26日. 2016年2月26日閲覧。 ナターシャ. 2018年4月17日. 2018年4月18日閲覧。 2019年11月22日. 2020年1月9日閲覧。 (CHUNICHI Web). 2020年1月1日. 2020年1月9日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2019年11月26日. 2020年1月9日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年1月7日. 2020年1月9日閲覧。 ジャパンミュージックネットワーク. 2020年1月7日. 2020年1月9日閲覧。 2020年3月17日閲覧。 2020年3月13日. 2020年3月17日閲覧。 ナターシャ. 2018年6月4日. 2018年7月9日閲覧。 ナターシャ. 2018年7月9日. 2018年7月9日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• - Warner Music Japan• - Warner Music Japan.

次の

「だんだん」の想い出

朝ドラ だんだん

天気が変わりやすいのが面白いと思いました。 晴れたと思ったら、突然、雨が降るといった具合で、神秘的だと感じました。 宍道湖の夕日は美しく、自分でも写真を撮りました。 天候にも恵まれ、出雲の神様が見守ってくれているようでした。 メールで「行ってくるけん」「待っちょーけん」といったフレーズを使っています。 「だんだん」という言葉はきっと全国でブレークします。 地元の人たちにも、もっと使ってほしいと思います。 私はと言うと、もちろん緊張しましたが、歌を歌う役だったので、楽しみながらいつも通りの姿で撮影に臨むことができました。 -- 佐川満男さんや吉田栄作さんとも一緒に演奏でき、貴重な体験ができました。 こうした事がきっかけで、その後も交流させていただいています。 -- 私が大好きな島根の風景は、松江市島根町大芦の海。 夕日が波に反射してきらきら輝いているのを見ていると、つらいときや悩んだときに心が癒されます。 私にとって特別なスポットですね。 「だんだん」の中では、島根のいろいろな風景が登場します。 ドラマをご覧になる方には、双子の姉妹がこの先どう成長していくのか、その過程はもちろんですが、ドラマに登場する島根の風景も観て欲しいですね。 -- 1カットの撮影に数時間かかったり、夜の撮影はとても寒かったり、大変なこともありました。 でも、そういったことを通して、ドラマを作り上げる皆さんの熱意を感じ、また自分が参加できることにとても感謝しています。 - - - - - - - - 【六子(ろこ)】 島根県松江市出身。 中学生の頃から、地元の松江駅周辺で路上ライブを開始。 現在、山陰を拠点として活動中。 出雲弁番付表 (出雲弁保存会による) 【東方】 【西方】 だんだん(ありがとう) 横 綱 ばんじまして(夕暮れ時のあいさつ) えとしなげな(かわいそうな) 大 関 えらしじ(いじらしい) げしなる(おやすみ) 張出大関 ばくらとする(安堵する) ちょんぼし(少し) 関 脇 ろーちき(たくさん) おんぼらと(ほのぼのと温かい) 張出関脇 えらくらし(いらいらする) べったり(常に) 小 結 じじらに(絶え間なく) 【その他】 ・ おべた(驚いた) ・ きこ(頑固) ・ たばこ(休憩) ・ つぐなる(しゃがむ) ・ ぼいちゃげる(追いかける) ・ まめな(元気な) ・ めんたし(もったいない) ・ もそぶ(運ぶ) …などなど。

次の

ここ10作のNHK朝ドラでの最高「駄作」は何? 梅ちゃん先生は何...

朝ドラ だんだん

松江・宍道湖のシジミ漁師。 厳格な父・宗助に反抗し、中学卒業後に夢を追いかけて大阪へ出たが挫折、結婚にも失敗した。 失意のうちにめ ぐみを連れて松江に戻り、家業を継いだ。 やがて幼馴染みの嘉子と再婚。 過去の一切を封印してきたが、双子の再会をきっかけに、さまざま想いが湧き上がる。 一条真喜子・花雪<芸妓>…石田ひかり め ぐみとのぞみの生みの母。 祇園でも指折りの芸妓。 裕福な呉服問屋の娘だったが、祇園に憧れて舞妓となった。 忠との結婚、出産、離婚を経て祇園に戻り、一人 でのぞみを育てた。 思いがけないめぐみとの18年ぶりの再会に戸惑いながらも、今まで果たせなかった母親の務めを果たし、双子の幸せのために尽くそうと決 意する。 学生時代から2歳年下の忠を慕っていた。 忠が乳飲み子を連れて戻ってきたとき、一切の事情を問うことなく結婚した。 それ以来、しっかり者 の妻として忠を支え、めぐみと健太郎に分け隔てなく愛情を注ぎ、姑の初枝とも仲良くやってきた。 めぐみとのぞみの出生の秘密を知ってからは複雑な心境を見 せる。 忠と嘉子の息子。 路上ライブのチャコの追っかけが生きがいの高校一年生。 明るく素直な性格で、姉のめぐみや両親とも仲良く暮らしていた。 めぐみを生んだのが嘉子ではないことや、のぞみという姉がいることを知ってからは、それを隠してきた忠への不満を募らせる。 田島初枝…三林京子 め ぐみとのぞみの祖母。 忠の母。 宍道湖の自然を愛し、松江城を巡る観光遊覧船で船頭をしながら、自慢の歌を披露するのが楽しみである。 気風の良さでご近所で はリーダー格となっている。 双子の出生の秘密を知りながら、嘉子を嫁に迎えたことで、嘉子とその実家の松本家には負い目を感じている。 田島宗助…岸部一徳 め ぐみとのぞみの祖父。 代々の家業を継いだシジミ漁師。 宍道湖の自然を愛し、その恵みにいつも感謝し、宍道湖の淡水化事業計画が持ち上がった時には反対運動 に参加した。 頑固で親分肌。 責任感が強く、周囲の人望も厚かったが、愛情表現は不器用で、忠とたびたび衝突した。 忠の出奔中に急死した。 享年50。 松本邦治…石倉三郎 め ぐみの祖父。 嘉子の父。 宗助の幼馴染みで、田島家の隣で出雲そば店を営む。 昔から忠を実の息子のようにかわいがり、夢を追って家を飛び出したときも、密か に応援していた。 乳児を連れて戻ってきた忠に、一人娘の嘉子が嫁ぐと言ったときは複雑な心境だったが、今ではめぐみの成長を何よりの楽しみにしている。 松本正子…宮田圭子 めぐみの祖母。 邦治の妻。 お人好しの夫の手綱をしっかり握って、出雲そば屋を切り盛りしている。 今はめぐみも健太郎も孫として愛しているが、18年前、一人娘の嘉子が、幼子を抱える忠に嫁ぐのは反対だった。 未だにこの件については初枝と忠にわだかまりをもっている。 子供のころからめぐみに惚れている。 自分では忍ぶ恋のつもりだが、周囲には完全に知られている。 ゆくゆくは父親・幹太の観光遊覧船業を継ぐつもりだが、いまはめぐみの好きな歌に付き合い、それを支えていけることがなにより嬉しい。 山田幹太…佐川満男 康太の父。 マドロス帽がトレードマークの、観光遊覧船スワン号の船長。 宍道湖のことなら隅から隅まで知っている。 ギターの弾き語りが趣味で、めぐみにギターの手引きをした。 若者たちの良き理解者。 息子・康太の恋心を知りながら、自らもめぐみの祖母・初枝に淡い恋心を抱く。 石井寛治…阿南健治 老舗の造り酒屋、石井酒造の七代目。 伝統の酒造技術を引き継ぎながら、新しい製品を次々作るアイデアマン。 妻の真弓にはすっかり尻にしかれているが、実は妻を深く愛していて、これまで子宝に恵まれていないのを残念に思っている。 忠や嘉子とは幼馴染み。 石井真弓…河合美智子 寛治の妻。 商売っ気のない夫を上手く操縦しながら、営業、広報、配達に奔走し、伝統の銘柄「杜甫(とほ)」を守っている。 明るく活発な性格で、世話好きのためご近所の女性たちの良き相談相手になっている。 その一方で、自身に子供が授からないことを密かに悩んでもいる。 ヘルンとも呼ばれたラフカディオ・ハーン(小泉八雲)に心酔し、自らもハーンと同じ扮装をしていることから、ヘルン先生と呼ばれている。 とても物知りではあるが、機会あるごとにハーンの言葉を引用し、その場の会話の流れをかき乱す癖がある。 実はシジミジルは俊の音楽センスが支えている。 純朴な好青年だが、ギターを握ると目の色が変わる無類のギター好き。 熱中しすぎてただいま浪人中である。 2歳先輩の康太とは腐れ縁で、なにかと引きずり回されている。 門田直子…寺田有希 めぐみと同じ松江の高校に通う、同級生。 明るく元気な性格で、めぐみを勇気づける心強い存在。 卒業後は、地元の短大に進学し、めぐみの祖父の出雲そば屋でアルバイトを始める。 以後、京都の大学に進学するめぐみにとって、松江の事情を知る貴重な情報源的な存在となる。 メジャーデビューの誘いを受けるが、松江で歌い続けたいという思いから、その話をことわる。 しかし、そのことがプロ歌手を目指すめぐみにとって、より一層のライバル心を燃やすことに。 のぞみの祖父・隆康とは昔からの付き合いであり、のぞみの母・真喜子が幼いのぞみを連れて祇園に戻るきっかけを作った。 真喜子にとって母親のような存在。 双子の再会後、波乱の予感を感じつつ、祇園の伝統と格式を守り抜こうとする。 のぞみのことを公私にわたって面倒を見てくれる。 舞妓になるため、しつけや礼儀作法を修行中の身である。 中学卒業後すぐに名古屋から祇園に来たため、ホームシックにかかったり、祇園の言葉をなかなか習得できなかったりするが、いつかは立派な舞妓になりたいという夢をもっている。 花田徳蔵…多賀勝一 祇園「花村」の下足番。 飄々とした態度に似合わず、鋭い洞察力を兼ね備える。 一条隆康…夏八木勲 京都の老舗呉服問屋の主人。 めぐみ、のぞみの祖父で、真喜子の父。 「花村」の久乃とは昔からの付き合いであり、真喜子、のぞみを気遣って、いつも「花村」に出入りしている。 過去に、真喜子と忠を引き離した一人として責任を感じつつも、二人の孫たちに深い愛情をそそぐ。 すらりとした容姿と、卓越した舞の技量で、お座敷に引っ張りだこである。 携帯電話を持ったり、恋愛をしてみたりと、現代的な一面を持つ。 子供のころから祇園で育ち、伝統的な価値観を堅持するのぞみを何かと目の敵にしている。 奥村雄三…茂山逸平 祇園の芸妓舞妓の着物を着付ける男衆(おとこし)。 この世界では若手だが、着付けの早さと腕には定評がある。 ご贔屓にしてくれる芸妓舞妓も多く、人気者である。 しかし、芸妓舞妓との恋愛は御法度である。 のぞみにとっては、優しいお兄さんのような存在である。 増本茂子…片岡静香 祇園の芸妓舞妓が必ず習う京舞のお師匠さん。 風格と格調を感じさせる伝統の京舞をこよなく愛する。 厳しい指導で皆から恐れられていて、浮ついた気持ちでお稽古に臨むと必ず大目玉を食らう。 年に一度の「都をどり」の振り付けや配役の差配なども行う。 後藤辰夫…伊武雅刀 京都医科大学の産婦人科教授。 のぞみの祖父・一条隆康とは会えば舌戦を繰り広げる悪友同士だが、医術の腕は確かで、隆康の依頼でめぐみとのぞみを取り上げている。 遊び人風の態度とは裏腹に、辺地医療や終末医療についての確固とした理念を持っている。 地方に埋もれた才能を発掘して歩く中でめぐみの歌と出会う。 さらにめぐみとのぞみのデュエットを聴き、こ の二人をデビューさせようと決意し、様々な画策をする。 だが深く関わるうちに、次第に二人への恋愛感情が芽生え始める。 【出演者発表にあたって】制作統括 青木信也チーフ・プロデューサー 出 雲の神様の導きで偶然出会った双子姉妹。 それがこの朝ドラ『だんだん』で す。 そして今回、元気一杯の双子姉妹マナカナがヒロインを演じるこのドラマに、個性豊かで芸達者な共演者の皆さんがたくさん集まってくれました。 この素晴 らしい名優たちの競演は、毎朝15分間、テレビの前の皆さんを笑わせたり泣かせたりしながら、きっと大きな感動に包み込んでくれることでしょう。 【演出にあたって】長沖渉チーフ・ディレクター 一 卵性双生児を除き、この世界で同じ遺伝子を持つ人間が生まれる確率は、なんと10の240乗分の一だそうです。 その"奇跡の存在"であるマナカナを朝ドラ のヒロインにした「ふたりっ子」から12年、アトランタ、シドニー、アテネ、北京と4度目のオリンピックを経て、私自身、4度目のチーフ演出、そして最後 の朝ドラになります。 再び、マナカナという奇跡の双子がハイビジョン画面を跳ね回り、運命の糸に操られながら数奇な人生を歩んでいきます。 どうぞご期待ください。 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の