耳 イラスト。 耳マーク

みとれてしまう「耳」を描く!一歩先を行くためのお絵かき講座

耳 イラスト

耳の構造と働き まず、耳の構造と働きについて、図とともに見ていきます。 耳の働き 耳には,以下のような働きがあります。 1 音を受容する聴覚器としての働き 2 平衡覚を感じる平衡器としての働き さらに、平衡としての働きは、 1 からだの傾きを感じる 2 からだの回転を感じる という 2つの働きに分けられます。 耳の構造 ヒトの耳は、図のように、 外耳・中耳・内耳の3つの部分からできています。 外耳は、 耳殻 耳介 と 外耳道からなります。 外耳と中耳の隙間に、 鼓膜があります。 中耳は、 鼓室とも呼ばれ、内部には空気が入っています。 中耳には、 つち骨・きぬた骨・あぶみ骨という3つの 耳小骨 じしょうこつ と 耳管 ユースタキー管またはエウスタキオ管とも があります。 内耳には、 うずまき管と 前庭 ぜんてい と 半規管 はんきかん があります。 前庭は、平衡 受容 器としてからだの傾きを、半規管は、平衡器としてからだの回転を受容します。 1階に相当する鼓室階、2階に相当するうずまき細管、3階に相当する前庭階からなり、それぞれリンパ液で満たされています。 うずまき管の先端部 最も奥の部分 では、うずまき細管は存在せず、前庭階と鼓室階が連結しています。 うずまき管は、医学的には 蝸牛 かぎゅう 、うずまき細管は 蝸牛管といいます。 蝸牛とはカタツムリのことで、哺乳類のうずまき管の形状がカタツムリに似ていることからこのように呼ばれます。 耳殻で集められた音は、 外耳道を通って鼓膜に伝わって、 鼓膜を振動させます。 鼓膜の振動は、鼓膜の後ろにある 耳小骨に伝わり、ここで「てこの原理」によって増幅されます。 増幅された振動は、 うずまき管の 前庭階の入り口に相当する 卵円窓 らんえんそう に伝わります。 卵円窓の振動は、リンパ液の振動として伝わっていきます。 外耳・中耳の空気を伝わってきた振動は、ここで水 リンパ液 の振動となります。 空気と水の密度が大きく違うため、空気の振動を直接水に伝えようとすると、ほとんどが水面で跳ね返されて、うまく伝わりません。 耳小骨での振動の増幅により、水 リンパ液 に伝えられる際のエネルギーの損失を抑えています。 リンパ液の振動は、前庭階を進みながら、 うずまき細管と 鼓室階の間にある 基底膜の特定の部位を波打たせます。 基底膜が振動すると、その上にある コルチ器 コルチ器官 も振動します。 コルチ器官には、 感覚毛を持った 聴細胞 有毛細胞 があり、感覚毛の上には おおい膜 蓋膜がいまく という膜が接しています。 コルチ器が振動すると、感覚毛とおおい膜の間にずれが生じます。 このずれにより感覚毛が曲がり、 聴覚細胞が興奮します。 この興奮 情報 が 聴神経を介して大脳に伝えられて、 聴覚が発生します。 前庭階の振動のうち、基底膜を振動させたものは鼓室階に入り、鼓室階をうずまき管の入口方向に向かって進んでいきます。 鼓室階の振動のほとんどは、 正円窓 せいえんそう を振動させることで消滅します。 残った振動は、中耳に出たのち、 耳管に入って消滅します。 うずまき管の最先端部では、うずまき細管は存在せず、鼓室階と前庭階が連結していることを上で述べました。 この構造と、うずまき管に出入口 卵円窓と正円窓 が一つずつあることで、耳小骨 あぶみ骨 の振動が前庭階のリンパ液にスムーズに伝えられ、リンパ液中の振動の跳ね返りが防止されています。 基底膜の幅は、うずまき管の入口 基部 から奥 先端部 へ行くにしたがって、広くなっています。 音は、その高さ 振動数 によって、振動させる基底膜の部位が異なります 同調する基底膜の位置が異なる。 低音 振動数の小さい音 ほど、より奥の基底膜を振動させます。 同じ高さの音であっても、大きな音は小さな音より、鼓膜やうずまき管の内部の基底膜をより大きく振動させます。 平衡覚(平衡感覚)に関わる耳の構造と働き 平衡覚 平衡感覚 とは、からだが傾いたり、回転したりする感覚のことです。 平衡覚を受容する平衡部 平衡受容器、平衡感覚器、平衡器官 は、内耳にあります。 からだの傾きを受け取る平衡器が 前庭、からだの回転を受け取る平衡器が 半規管です。 からだの傾きを受容する仕組み 前庭内には、感覚毛を持った感覚細胞 感覚受容細胞;有毛細胞 があります。 感覚毛の上には、 耳石が乗っています。 耳石は、平衡石 へいこうせき 、平衡砂 へいこうさ とも言い、ヒトの耳石は特に 聴砂 ちょうさ とも言われます。 からだが傾くと、耳石がずれて感覚毛が傾きます。 これにより、重力の方向の変化=からだの傾きを知ることができます。 からだの回転を受容する仕組み 半規管は、前庭から繋がる3つの半円状の管のことです。 3つの半規管は、頭の前方にある前半規管、後方にある後半規管、外側半規管からなり、これを総称して三半規管といいます。 からだが回転すると、半規管の中のリンパ液が動きます。 リンパ液の流れによって、感覚毛が傾き、感覚細胞が興奮します。 3つの半規管は、互いに直角に交わる面に位置しているので、ちょうど X軸・ Y軸・ Z軸のように、それぞれ別の方向のからだの回転を知ることができます。 内耳の構造 ここでは、さらに一歩進んで、内耳の構造について詳細に見ていきましょう。 内耳は、非常に複雑な形状をしているため、「迷路」とも呼ばれます。 迷路は、骨迷路と膜迷路からなります。 骨迷路は、ち密な骨で囲まれた複雑な管腔で、 うずまき管 蝸牛 、 前庭、 骨 半規管からなります。 管腔とは、出口と入口があり、貫通した管状の空所のことです。 骨迷路には、中耳の 鼓室 空気が入っている空所 に面して、卵円窓と正円窓という2つの開口部があります 管腔。 膜迷路は、骨迷路の中にある軟らかい膜性で、骨迷路とほぼ似た形状をした閉鎖管です。 閉鎖管とは、貫通していない管のことです。 膜迷路の内部は、 内リンパで満たされています。 この内リンパは、うずまき管内のリンパ液 外リンパ とは組成が異なります。 骨迷路のうずまき管内にはうずまき細管が、前庭内には卵形のうと球形のうが、 骨 半規管内には半規管がそれぞれ収まっています。 これらは、骨迷路に比べて非常に細く、骨壁から離れて外リンパの中に浮かんでいます。 うずまき細管には蝸牛神経が分布しています。 卵形のう・球形のうと半規管をまとめて前庭器と呼び、内部には平衡覚の受容器があります。 前庭器に分布している神経を 前庭神経といいます。 前庭神経は、蝸牛神経と合流したあと、大脳へ向かいます。

次の

耳マーク

耳 イラスト

マンガやデジタルイラストを描くときに、「耳」というパーツについてあまり意識はしないのではないでしょうか。 耳だけ熱心に練習する人もあまり多くないと思います。 しかし、だからこそ、いざ描くときに位置などで迷ってしまうこともあります。 今回は、耳を描くときに抑えるべきポイントを整理しましょう。 耳をうまく描くために知っておきたい基本的な要素 耳は、顎の関節の後方に位置しています。 そして顎の線とつながるようにして、少し傾いています。 耳を構成する主なパーツには、耳輪 じりん ・対耳輪 たいじりん ・対耳輪脚部 上脚、下脚 ・耳珠 じしゅ ・耳たぶがあります。 「耳輪」は耳のふちの部分です。 その耳輪の内側に「対耳輪」があります。 耳輪の対になっている部分だから「対耳輪」と覚えてください。 対耳輪の上部は2つに分岐しており、上の1本を「対耳輪上脚」、下の1本を「対耳輪下脚」と呼んでいます。 「耳珠」は耳孔の前部を保護している部分です。 「耳たぶ」はおなじみのパーツですね。 この複雑なパーツを絵にする手順です。 まず、顎につながる位置で耳の配置を決めます。 耳の幅と縦の長さを決めたら、耳の輪郭線を引きましょう。 輪郭線の下部には、ふっくらとした形を意識しながら耳たぶを描きます。 そしてさいごに、内部のパーツを描いていきます。 ただしマンガやデジタルイラストでは、耳だけをリアルに描くとバランスがおかしい絵になるので、人物全体がリアルな絵でなければ、ある程度省略して描いた方がいいでしょう。 内側は貝殻状ですが、線で描くと「?」のような形をしています。 ギャグマンガなどでは、「の」のような形だけを描く人もいます。 イラストのタイプによって耳の省略のしかたが違うので、自分が描きたい絵のマンガやイラストを見て、どの程度まで省略しているか参考にしてみましょう。 マンガを読んでいて、またはイラストを見ていて、「耳の穴の形がおかしい」と気になる人は滅多にいないでしょう。 「耳が変だな」と感じるとしたら、ほとんどが位置によるものだと思います。 耳の上下の配置は、一番上の耳のフチが眉と同じくらい、一番下が鼻の終わりくらいというのを目安にしましょう。 メガネのツルを引っ掛ける位置、と意識するといいでしょう。 少女マンガ風の絵の場合は、下すぎる位置に描く人が多いようなので注意しましょう。 これを基本の位置とした上で、キャラクターに合わせて少しずつ耳の大きさを大きくしたり、小さくしたり、尖らせたりと、変化をつけてみるのもいいかもしれません。 角度によって異なる耳の見え方をおさえよう 角度を変えたときも同じです。 アタリから輪郭を決める際には、顎とつながるように意識して耳の位置を決めます。 正面から見たときは、耳孔はあまり見えず、その部分に少し耳珠がかぶさって見えます。 耳の付け根は頬骨の後ろに隠れます。 耳を真後ろから見ると、台形状の付け根が見えます。 角度を変えて横から見たときは、耳孔がよく見えます。 なお、耳珠と耳たぶは厚みがあって丸く、その他の部分は全て軟骨でできています。 キャラクターによる耳の描きわけのヒント 耳の大きさは、大きい・小さい・中くらい、形は丸っこい・楕円形・三角形など、人によって違います。 ただしマンガやイラストの場合はそこまで厳密に違いを出さなくてもいいかもしれません。 逆に、特別感を出したいキャラクター(魔法使いや老師など)のときだけ耳の形を変えてみると、キャラの違いが際立つでしょう。 なお、釈尊の三十二相八十種好(釈迦の身体的特徴)の中に、耳たぶが長い……いわゆる「福耳」という記述があり、縁起のいいことから仏像や神像(特に恵比寿像などの東洋の神様)では福耳が多いです。 歴史上の人物では徳川家康なども福耳で描かれます。 金運に恵まれるという説があることから、お金持ちの肖像画は福耳であることが多いです。 そんなことから、君主・宗主などのキャラクターを描く際には福耳にしてもいいかもしれません。 また獣耳キャラにおける人耳は描くべきかどうかという問題がありますが、これは各個人の設定次第だと思います。 一般的には、人耳の位置は髪の毛等をかぶせ、描かない場合が多いようです。 さいごに マンガやイラストでは、必ずしも「正しい絵」である必要はありませんし、特に初心者の場合は楽しく描くのが一番です。 「ここに耳を描いたらおかしくないだろうか」と気にしながら描くよりも、はじめは勢いで描いてしまった方が楽しいと思います。 一方、もし自分で「どう見ても頬の位置に耳がある」「なんかおかしいな」と思ったら、頭蓋骨を意識し「顎の延長上に耳がある」と思い出しましょう。 リアルな耳が描きたいときは、友だちや家族の耳をスケッチさせてもらうのもよい練習方法です。 雑誌や人物の写真集などを参考に描くのもいいでしょう。 (制作:ナイル株式会社) (執筆・イラスト:いしだ わかこ).

次の

耳マーク

耳 イラスト

pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 23:13:22• 2020-07-16 23:12:59• 2020-07-16 23:12:51• 2020-07-16 23:12:26• 2020-07-16 23:10:05 新しく作成された記事• 2020-07-16 23:11:27• 2020-07-16 22:46:50• 2020-07-16 22:27:19• 2020-07-16 22:29:11• 2020-07-16 21:58:07•

次の