昭和39年生まれの運勢。 ホロスコープ占星術で12星座占い

無料の誕生日占いパレット 1964年(昭和39年)1月16日生まれの女性は『切れ味の鋭いスーパーアドバイザー』

昭和39年生まれの運勢

1964年生まれ(昭和39)の有名人や芸能人には、増田明美がいます。 増田明美はマラソン選手です。 現役では3000mのトラック競技をはじめとして、フルマラソンまで幅広い距離で大活躍をする、偉大な陸上選手でした。 彼女の記録が日本新記録だったという記録はたくさん残されています。 選手引退後は指導者、スポーツジャーナリスト、ナレーターと幅広く活躍をしています。 個人的には彼女のマラソン実況は一番だと見ていますし、ナレーターとしての活躍もトップクラスだと思っています。 才能あふれるタレントなのはもちろん、周りへの気遣いを常に忘れない人格者でもあります。 ここ2~3年くらいはトントン拍子に物事がスムーズに運ぶ運勢でしたが、2018年に関してはその流れが一度落ち着いてきます。 そのため、今までと同じようにアクセルを踏み続けると痛い目に遭う可能性があります。 そのため、一度ブレーキにシフトしつつ周りを冷静に見ながら、行けるところまで行くという意識が大切です。 もちろん前に進もうとするのは吉なのですが、アクセルを蒸かし過ぎると凶と出るリスクが上がってくる状況が、ここ2~3年とは違うところです。 気を引き締めて冷静に前に進む意識でいきましょう! 1964年生まれの有名人や芸能人を知ろう! 1964年生まれの有名人や芸能人には近藤真彦や真矢みき、そしてウッチャンナンチャンの内村光良がいます。 あと5年ほどで還暦という年齢ですが、その年齢とは思えない若さと達観した視野を持っている人が多い世代です。 1964年生まれの人たちを見ながら色々と学べるといいですよね! ちなみに同じ辰年生まれの人達はミレニアムベイビーと呼ばれている2000年生まれの人達です。 かなり世代が離れていますので、比較して記事を読んでみると面白いかもしれません。 こちらも時間がある時に是非読んでみてくださいね!.

次の

【干支占い】辰年(たつどし)生まれ 2020年の運勢を占う

昭和39年生まれの運勢

2020年(令和2年)は七赤金星が中央に回座する庚子(かのえね)の年と成ります。 庚子の年は新しいスタートを切るための準備の年となります。 今年は不安定で波乱が多い一年となるため、石橋を叩いて渡るくらい慎重さが必要です。 子(ねずみ)年は、投機に走りやすい傾向が強く表れ株式市場は乱高下を繰り返す年となります。 また、子(ねずみ)年の2020年は、戦争に至る大きな衝突は少なくても、世界中で宗教問題や領土問題での小さな衝突は多くあるでしょう。 私たちの身の回りでもお金に関する詐欺やトラブルが多くなりますので、お金の貸し借りや投資の話には慎重に対応することが大切です。 欲を出さず堅実な金銭管理を心がけることが大切な年です。 そんな、2020年(令和2年)の子年・丑年・寅年・卯年・辰年・巳年生まれの運勢を見てみましょう。 平成20年(戌子)・平成8年(丙子)・昭和59年(甲子)・昭和47年(壬子)・昭和35年(庚子)・昭和23年(戌子)・昭和11年(丙子)・大正13年(甲子)生まれの人の2020年の運勢 子(ねずみ)年生まれにとって子年の2020年(令和2年)は、運気好調な年で特に仕事運や金運は期待できます。 ただ、欲を出すと予期せぬ出来事から金銭トラブルに巻き込まれる兆しがあるので要注意です。 また、健康面では、持病の再発やストレスからの体調不良に注意が必要です。 恋愛運は、出会いのチャンスは多くありますが高望みするとトラブルを引き寄せます。 月別の運勢のヒント 1月 外見の良さより内面の充実が必要な月。 2月 友人の忠告に従って運気が上昇する月。 3月 マイペースで余裕を持って行動する月。 4月 交渉事には辛抱が必要な月。 5月 曖昧な発言が誤解を招く月。 6月 無理押しはチャンスを逃がす原因になる月。 7月 思わぬ異性から告白される可能性がある月。 8月 我を張らず周囲と協調する月。 9月 ギャンブルは禁物の月。 10月 根回しと準備が成果を呼ぶ月。 11月 好き嫌いで判断すると失敗する月。 12月 金銭トラブルに注意の月。 過去にチャレンジして挫折したことに再チャレンジするチャンスの年でもあります。 健康運も好調で、大きなけがや病気の心配はないでしょう。 ただし、油断するとちょっとした不注意からのケガの兆しもあるので慎重に・・・・・・ 恋愛運は、運命の人との出会いの予感がありますが、情熱的になりすぎると後悔する結果に・・・・・ 月別の運勢のヒント 1月 身近に危険が潜む月。 2月 目上の人の忠告が役に立つ月。 3月 異性との新しい出会いがある月。 4月 信頼を得て何事も順調に進展する月。 5月 周囲の協力がカギとなる月。 6月 騙されないように用心が必要な月。 7月 楽と苦が背中合わせな月。 8月 交渉事は不利に進む月。 9月 遠回りしても安全な道を選ぶ月。 10月 今までの努力が実益を呼ぶ月。 11月 多忙なわりには成果が得られない月。 12月 本気度が試される月。 仕事運、金運ともに不調で、収入が期待できないうえに予期せぬ出費が多く収支赤字の危険をはらんだ一年となります。 忍耐力を試される一年です。 積極的にアプローチするとトラブルを引き寄せます。 何事も慎重に、安全策を選べば正解の一年です。 健康運は、今年は過信からの体調不良に注意が必要です。 十分な睡眠と休養を心がけましょう。 恋愛運は、異性からの誘惑が多い一年です。 感情で行動すると腐れ縁を引き寄せます。 月別の運勢のヒント 1月 優位でも争わない方が無難な月。 2月 失敗を恐れず前向きに努力する月。 3月 見栄を張らず控えが肝心な月。 4月 心の油断がミスを招く月。 5月 約束事は確認をしっかりすることが肝心な月。 6月 初心に帰って基本を守る月。 7月 機が熟すのを待つ月。 8月 実力以上の背伸びはトラブルを招く月。 9月 結論を急がず慎重に話し合う月。 10月 何事も節度を守れば好調な月。 11月 集中力を欠き判断を誤りやすい月。 12月 信頼を得て何事も順調に進展する月。 仕事運は、派手さはありませんが、何事もゆっくりと確実に進展します。 将来の飛躍のための準備に年ととらえて、チャンスを逃さない準備を整えておきましょう。 健康運も安定していて、無理をしなければ大きな病気やケガの心配はないでしょう。 恋愛運は、高望みしなければ、良縁との出会いがあります。 飾らない自然体が、異性の心をとらえる秘訣に・・・・・ 月別の運勢のヒント 1月 八方美人では信用を失う月。 2月 苦労すればするほど大きな喜びが手に入る月。 3月 パワー全開で頑張れば結果がついてくる月。 4月 安易な気持ちでの約束は後で後悔を呼ぶ月。 5月 積極性が最大の武器になる月。 6月 異性からのお誘いには要注意の月。 7月 気負い過ぎると思いがけない落とし穴が待っている月。 8月 結論を急がず振り返る余裕が必要な月。 9月 損して得とる気持ちが大切な月。 10月 安易な言動は責任問題に発展する月。 11月 周囲の期待が重荷に感じる月。 12月 うまい話は乗らないことが大切な月。 仕事運、金運ともに絶好調で何事も思い通りに進展する、うれしい結果が手に入る年です。 特に金運は好調で、思いがけない大金が入る予感もあります。 ただ、2020年は詐欺に要注意の年でもあるので、慎重な金銭管理を心がけてください。 健康運は、要注意の一年となります。 交通事故や不注意からのケガには注意が必要です。 恋愛運は、お金目当ての異性がアプローチしてくる予感が、理想の異性と出会っても焦らず時間をかけてお互いの理解を深めることが必要です。 月別の運勢のヒント 1月 他人への干渉はトラブルを呼ぶ月。 2月 周囲との意見の調整が大切な月。 3月 精神的な安定が大切な月。 4月 運気上昇につながるチャンスがある月。 5月 何事も順調に進展する月。 6月 パートナーの長所を再発見する月。 7月 意地を張れば孤立につながる月。 8月 金銭トラブルに注意が必要な月。 9月 急がず着実に進む月。 10月 事前の段取りが重要な月。 11月 地道な努力が評価される月。 12月 依頼心が強く出やすい月。 良いことも悪いことも予告なく起こる油断のできない一年ですので、油断は大敵です。 過去の損失を取り戻すチャンスが訪れる年ですが、今年の金銭の貸し借りはトラブルを呼ぶので、金銭の貸し借りは控えましょう。 健康運は、持病がある人は再発に要注意の一年です。 定期的な健康診断で早期発見を・・・・・ 恋愛運は、元カレ、元カノとの思いがけない再開から・・・・・・・ 月別の運勢のヒント 1月 人へのお節介はトラブルを呼ぶ月。 2月 感情を抑えれ冷静に行動する月。 3月 決めつけが自分を縛る月。 4月 情けは人のためにならない月。 5月 優柔不断で好機を逃す月。 6月 何事にもルーズになりやすい月。 7月 今月の出会いには良縁の兆しがあります。 8月 まじめな交際には援助者が現れる月。 9月 心の動揺が態度に出やすい月。 10月 迷いや不安が生じやすい月。 11月 家族の問題で振り回される月。 12月 多忙な割には成果が期待できない月。

次の

ホロスコープ占星術で12星座占い

昭和39年生まれの運勢

興味のあるところから読んでくださいね• 2020年 辰年(たつどし)の総合運 2020年の辰年の総合運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、あなたの抱えている問題や周囲の人の行動に流されやすい一年となってしまいそうです。 やむを得ない事情から、転職や引っ越しをする可能性もあります。 次に、生年別の運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、孤独感が強く何事も迷いやすい一年です。 環境が大きく変わる可能性が高いですが、この一年は物事が思い通りに進むことは少なそうです。 月運は、2月が吉。 10月は吉凶混合の月。 4月・6月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月です。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、周囲の人に流されることが多くなるかもしれません。 変化が起きやすい一年ですが、自分から変化を作ろうとすることはマイナスです。 月運は、3月・4月・10月が吉。 8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、人づきあいが多く忙しい一年となりそうです。 人との交流は楽しいと感じるよりも、気を遣って疲れることのほうが多くなるかもしれません。 月運は、2月・5月・6月・10月が吉。 4月・7月・8月・9月・11月・12月は要注意の月となります。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、健康上の問題が起きやすい一年となりそうです。 また、怠惰な生活を送らないように気をつけましょう。 月運は、1月・2月・4月・5月・6月・10月・11月・12月が吉。 3月・7月・8月・9月は要注意の月です。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、自立心が強くなり、いろんなことに挑戦したくなりますが、空回りしやすいかもしれません。 自分自身を鍛えることが重要となります。 月運は、1月・5月・6月・11月が吉。 4月は大きな変化が起きやすい月です。 10月は吉凶混合の月。 2月・3月・7月・9月・12月は要注意の月。 2020年 辰年(たつどし)の仕事運 2020年の辰年の仕事運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、転職や起業をする人が多いかもしれません。 しかし、あなたが考えたようにはスムーズに物事は進まず、がっかりすることが増えそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、内向的になりやすく、仕事を辞める可能性も高いです。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、やむを得ない転職や部署異動から、慣れない仕事で苦労することになるかもしれません。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、接待が多く気を遣うことも増えるため、ストレスを溜め込みやすいでしょう。 労力をかけた割には、結果が伴わなさそうです。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、集中力が低下し、ミスが増える一年となりそうです。 また、やらなければいけないことを後回しにしないように気をつけましょう。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、仕事でも勉強でもやる気が出る一年です。 しかし、すぐに結果を求めてしまうところがあります。 着実に努力を重ねていくようにしましょう。 2020年 辰年(たつどし)の恋愛運 2020年の辰年の恋愛運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 既婚者や交際相手のいる辰年の人は、今まで見過ごしていた問題を解決する必要が出てきそうです。 場合によっては、別れることになる可能性もあります。 フリーの人はなかなか出会いに恵まれず、片思い中の人も成就は難しそうです。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、愛情運が低下します。 既婚者の人はパートナーの気持ちを深読みしないように注意しましょう。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、相手に尽くすだけの運勢となりそうです。 女性は横柄な男性との縁が強くなります。 交際中の人は、なかなか結婚にたどり着けないかもしれません。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、異性からモテる運気です。 しかし、真面目な恋愛とは縁遠く、軽い恋愛が増えるでしょう。 異性関係のだらしなさから、信用を失わないように要注意。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、刺激を求めやすく、不倫や三角関係に手を出しやすい運勢です。 望まぬ妊娠に要注意。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、恋愛に関して主導権を握ることができる運勢です。 恋愛成就の確率も高くなりますが、長続きさせる努力も必要となります。 2020年 辰年(たつどし)の金運 2020年の辰年の金運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年は公私ともに変化が多いことから、何かとお金が必要となりそうです。 収入が増える可能性は低いため、生活が苦しくなる辰年の人が増えるかもしれません。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、金銭的に苦しい一年となりそうです。 援助も期待できないため、慎ましい生活を送るようにしましょう。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、仕事の不調から金銭的に苦しい一年となるかもしれません。 また、収入は変わらず、責任が重くなったり仕事が増えることもあり得ます。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、入ってくるお金はあるのですが、出ていくお金もとても多い一年です。 貯金は増えず、赤字となるかもしれません。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、収入は増えない割に、娯楽や外食に浪費しやすい運勢です。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、安定した金運です。 収入は増えないかもしれませんが、収入に見合った生活を送り、貯金も増えるでしょう。 2020年 辰年(たつどし)の健康運 2020年の辰年の健康運は、やや低迷した運勢となるでしょう。 2020年の辰年の人は、腎臓・泌尿器系・婦人科系の病気に注意してください。 次に、生年別に運勢を見てみます。 1952年(昭和27年)・2012年(平成24年)生まれの辰年の人は、メンタルの不調に気をつけてください。 散歩をすると気分が上向きます。 8月は体調に気をつけてください。 1964年(昭和39年)生まれの辰年の人は、疲れやすく体調を崩しやすい一年です。 とくに、1月・11月はケガや事故に気をつけてください。 1976年(昭和51年)生まれの辰年の人は、人づきあいが多く、不規則な生活が増えることから体調を崩すかもしれません。 暴飲暴食には要注意。 1988年(昭和63年)生まれの辰年の人は、体調を崩しやすい運勢です。 規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかり取るようにしましょう。 10月は体調に気をつけてください。 2000年(平成12年)生まれの辰年の人は、安定した健康運です。 少し疲れやすいところもありますが、おおむね問題ありません。 1月・11月は、基礎体力を養うといいでしょう。 2020年 辰年(たつどし)のラッキーアイテム• 青色のもの• 良好な相性の干支はあなたの運気を上げてくれますが、要注意な相性の干支はあなたの運気を下降させることがあります。 良好な相性• 1960年(昭和35年)・1972年(昭和47年)・2020年(令和2年)生まれの子年の人• 1980年(昭和55年)・1992年(平成4年)生まれの申年の人• 1981年(昭和56年)・1993年(平成5年)生まれの酉年の人.

次の