自粛期間いつまで。 「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

ウイルスとの闘いはいつまで続くか

自粛期間いつまで

緊急事態宣言が解除されましたが、最後まで解除がなされなかった1都3県の者は県を跨いだ移動はまだ自粛継続です。 これは6月18日までと言われています。 もう少し、我慢ですね! 私は今日、自粛警察に遭いました。 自粛を求められている1都3県内に居住する者です。 ずっと自粛して我慢していた趣味の渓流釣りのため、群馬県を訪れました。 近所のコンビニで昼食を購入し、現地までの往復で何処にも立ち寄らず行ってくるつもりでした。 早朝に渓流に入り、10時に車に戻ってくると、私の車のナンバーを携帯で撮影し、車内で通報?と思えるような行動を取っている人がいました。 私はばつが悪かったのですが、自分からそこに近づき、大きな声で「こんにちわ!」と声をかけました。 するとその方はかなりびっくりされて、挨拶を返すとさっさとその場からいなくなってしまいました。 私は、もう1カ所別の場所にある渓流に入って少し釣りしてから帰ろうと思いましたが、この人の行動に興ざめしてしまい、さっさと帰宅しました。 ただ、いずれの自治体もそれまでに感染者数が大きく発生しないこととしています。 県境で会うのもドラマチック? せっかく、こう言う状況ですから、感染リスクを抑えた行動は、解除された今から大丈夫です。 歩いて会いに行く。 公共交通機関は感染リスクがあるので、歩いてあるいは自転車で会いに行く。 数時間かけて会うなんて、普通じゃあり得ません。 昔の時代劇で、無実の罪で島流しに遭う男。 それを見送る女。 身分も違う、大きな声で呼ぶことも出来ない。 一瞬を見るため、山を越え海のそばまで行き、島流しに向かう船に乗り込む一瞬を目に焼き付けに女は高台から米粒のように小さい男を涙を流しながら見送った。 数年後、無実が晴れ、戻る男を迎えに行く女。 男は言う、見送りに来てくれたのは分かっていた。 その後も待っていてくれたのも分かっていたから生きて今日を願った。 二人は愛でつながっていました。 NHKで少し前に、似たようなものがありました。 清原果耶さん主演『螢草 菜々の剣』と言うものでありましたね。 これは、お仕えする旦那様がとらわれの身になり、会えない間も思い続ける話です。

次の

2022年まで外出自粛延長?コロナや在宅生活はいつまで続く?世間の反応まとめてみた

自粛期間いつまで

小池都知事は、東京都が「感染爆発の重大局面」にあることを強調した(写真:時事) 「今までとは違い、何か得体の知れない(ことが起きている)という感覚を抱いた。 今週に入りオーバーシュート(感染爆発)の懸念がさらに高まっている。 今がまさに重要な局面だ」 3月25日に行われた、小池百合子東京都知事の緊急会見。 小池都知事は、東京都内で新型コロナウイルスの感染者が急速に広がる現状への危機感を隠さなかった。 新規感染者が急増した 同日に都内で新たに判明した感染者数は、1日では過去最大の41人に上った。 3月に入ってから10人前後で横ばいが続いていた(23日は16人、24日は17人)新規感染者が一気に倍増した形だ。 その内の5人には海外渡航歴があることがわかっているものの、会見時点で感染経路が不明な感染者は13人に上った。 厚生労働省の専門家会議は、「感染経路を追えない感染者」が増えることはオーバーシュートを引き起こす要因になると指摘している。 さらに、台東区にある永寿総合病院では11人の関係者が集団感染を起こし、「院内感染を起こした可能性があると考えている」(内藤淳・東京都福祉保健局長)。 同病院は外来診療を休止した。 都は3月23日に、4月12日まで大規模イベントの開催・参加を自粛する要請をしていた。 その発表からわずか2日。 こうした急速な感染者数の拡大を受け、さらに都は新たに4つの要請を行った。 その内容は以下の通りだ。

次の

コロナ自粛解除されても、県を跨がないほうが良いのは、いつまで? ...

自粛期間いつまで

緊急事態宣言が解除されましたが、最後まで解除がなされなかった1都3県の者は県を跨いだ移動はまだ自粛継続です。 これは6月18日までと言われています。 もう少し、我慢ですね! 私は今日、自粛警察に遭いました。 自粛を求められている1都3県内に居住する者です。 ずっと自粛して我慢していた趣味の渓流釣りのため、群馬県を訪れました。 近所のコンビニで昼食を購入し、現地までの往復で何処にも立ち寄らず行ってくるつもりでした。 早朝に渓流に入り、10時に車に戻ってくると、私の車のナンバーを携帯で撮影し、車内で通報?と思えるような行動を取っている人がいました。 私はばつが悪かったのですが、自分からそこに近づき、大きな声で「こんにちわ!」と声をかけました。 するとその方はかなりびっくりされて、挨拶を返すとさっさとその場からいなくなってしまいました。 私は、もう1カ所別の場所にある渓流に入って少し釣りしてから帰ろうと思いましたが、この人の行動に興ざめしてしまい、さっさと帰宅しました。 ただ、いずれの自治体もそれまでに感染者数が大きく発生しないこととしています。 県境で会うのもドラマチック? せっかく、こう言う状況ですから、感染リスクを抑えた行動は、解除された今から大丈夫です。 歩いて会いに行く。 公共交通機関は感染リスクがあるので、歩いてあるいは自転車で会いに行く。 数時間かけて会うなんて、普通じゃあり得ません。 昔の時代劇で、無実の罪で島流しに遭う男。 それを見送る女。 身分も違う、大きな声で呼ぶことも出来ない。 一瞬を見るため、山を越え海のそばまで行き、島流しに向かう船に乗り込む一瞬を目に焼き付けに女は高台から米粒のように小さい男を涙を流しながら見送った。 数年後、無実が晴れ、戻る男を迎えに行く女。 男は言う、見送りに来てくれたのは分かっていた。 その後も待っていてくれたのも分かっていたから生きて今日を願った。 二人は愛でつながっていました。 NHKで少し前に、似たようなものがありました。 清原果耶さん主演『螢草 菜々の剣』と言うものでありましたね。 これは、お仕えする旦那様がとらわれの身になり、会えない間も思い続ける話です。

次の