マジック 対 ロケッツ。 NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ(スポニチアネックス)

ブルックリン・ネッツvsオーランド・マジック 11月4日結果

マジック 対 ロケッツ

7月30日からフロリダ州オーランドの「ESPNワイドワールド・オブ・スポーツコンプレックス」でシーズンを再開させるNBAが26日、「シーディング・ゲーム」と呼ばれるレギュラーシーズンの1チーム8試合の全日程を発表。 3月11日以来のシーズンは30日午後6時半開始のジャズ対ペリカンズ戦でスタートし、続いて西地区全体で首位に立っているレイカーズが同2位のクリッパーズと顔を合わせる。 2日目となる7月31日は6試合が組まれ、渡辺雄太(25)が所属する西地区全体8位のグリズリーズは同9位のトレイルブレイザーズと対戦。 八村塁(22)が所属する東地区全体9位のウィザーズは西地区全体13位のサンズと対戦。 3日目の8月1日には5試合が組まれ、2日目まで試合を行っていなかったヒート、ナゲッツ、サンダー、76ers、そして昨季王者のラプターズが登場。 「オーランド・バブル」と呼ばれる再開シーズンは3日目までに全22チームが少なくとも1試合を行い、計88試合の「シーディング・ゲーム」は8月14日まで行われる。 その後は東西両地区上位8チームのプレーオフに突入。 今季の王者誕生は10月に入ってからとなる。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

【NBAヒストリー アキーム・オラジュワン

マジック 対 ロケッツ

第1Q 22-34 いきなりルイスの4ポイントプレイからスタート。 ハワードにもオフェンシブリバウンドからダンクをお見舞いされて0-6となったが、ロケッツもスコラのミドルなどで巻き返し開始(6-8)。 だがインサイドでのハワードの存在感はすさまじく、またしてもオフェンシブリバウンドから強烈なダンクを決められてしまう(8-12)。 タイムアウト後にT-Macの登場。 マジックファンは未だにチームを見捨てた彼に対し根に持っているのか、ボールが渡る度にブーイングを飛ばすが、T-Macは平常心にプレイしてブルックスにナイスパスを決めた。 その後にスコラのフックも決まってロケッツが初めてリードを奪う(13-12)。 だがネルソン、ルイスと立て続けにやられてあっさり逆転され、ピートラスのミドルで再び5点のビハインドに(13-18)。 その後もマジックのペースは続いてしまい、アンダーソンの2本のスリー、ハワードのポストプレイなどで第1Qは12点リードされて終了した(22-34)。 このQに一つのQとしてシーズンハイの16Rを記録したマジックのよさが目立った第1Qだった。 第2Q 30-21 第1Qで12点のビハインドも、ブルックスの連続スリーで一気に6点差に詰める(28-34)。 しかしマジックも速攻などで点差を二ケタに戻すことに成功(28-38)。 流れを掴みたいロケッツだがランドリーの3ファールなどで12点のビハインドに逆戻りになってしまった(32-44)。 タイムアウト後に修正を図ってきたロケッツはヘイズがペイント内でしぶとく決め8点差にすると、ロワリーの速攻からのスコアーにブルックスのスリーが決まって9-2のランに成功し、点差を5に戻す(41-46)。 ここから一気にロケッツの流れになると思われたが、それをすぐにルイスがスリーを決めて断ち切った(41-49)。 だがアリーザが苦手のフリースローを4本連続で決めるなどして食い下がったロケッツが3点のビハインドまで詰めて第2Qが終了(52-55)。 しかしヘイズがきっちりと2本フリースローを決めて、スコラもミドルで反撃するなど、ようやくロケッツも1点差にまで追いついてきた。 しかしルイスがまたしてもロケッツの流れになりそうな展開を断ち切るかのようなスリーを決めてマジックの反撃は開始される(60-64)。 アリーザがセレクションの悪いシュートを外しまくっている間にマジックは何と15-0のランを繰り出して一気に16点のリードを奪う(60-76)。 ようやくスコラが決めたが、ロブパスからハワードが豪快なスラムダンクをお見舞いするなど、ロケッツは13点差に詰めるのが精一杯だった(65-78)。 第4Q 22-24 序盤はテイラーがボーンヘッドに加え、スクリーンに引っかかりレディックをフリーにしてスリーを決められるスタートから始まり、アンダーソンにスリーを決められて一時17点のビハインドになってしまう(67-84)。 しかしランドリーがゴータットの高さにクイックネスで勝ってスコアーを繰り返し11点差まで詰め寄った(75-86)。 しかしアンダーセンがアンダーソン(ややこしい... )に後ろからオフェンシブリバウンドを取られてスコアーされるなど、ロケッツは一気に自分たちの流れに持ってこれない。 それでもロワリーとランドリーの奮闘が続いて、テイラーのドライブがきれいに決まるスコアーで8点のビハインドに(82-90)。 マジックもネルソンがオフェンシブチャージを取られるなどオフェンスに苦労していたが、再度ルイスがスリーを決めるとカーターも続いて、残り2分切ってロケッツは16点のビハインドになってしまう(84-100)。 タイムアウト後にロケッツはハリスとクックを使ってきたが、ハリスは契約したばっかりということもあってユニフォームに名前がなかった。 そんなことを確認しているうちにゲームは終了。 87-102で完敗した形になりロケッツの4連勝はならなかった。 ランドリーは相変わらず素晴らしかったが、アリーザが全くブレーキで、ブルックスも後半は1本もFGを決められなかった。 またアンダーセンもダメではさすがに東のトップチーム相手に対しての勝利までは難しかった感じ。 また連戦の疲れもあったのかもしれない。 今日のT-Macはあまり見せ場はなかった。 ブルックスにナイスパスを見せたくらいで、シュートは1本しか決まらず。

次の

NBA再開シーズンの“開幕戦”はジャズ対ペリカンズ グリズリーズの初戦はTブレイザーズ:スポニチ

マジック 対 ロケッツ

「ボクと神様と愛しあってるかーい。 」 「清志郎が死んだ。 」と昨日聞いてビックリして、今日聞いてまたビックリして、2度も「エー!」と言ってしまった私。 何で昨日聞いたのに、今日も驚いてしまうのか。 完全に昨日の記憶がない。 まちがいなく高校時代の特に私の個人的な思い出の一部である。 というのも周りでRC聴いている、もしくは好きだ。 という人がいなかった。 ので家で一人で聴く、またはギターを弾く。 しかなかった事を今でもしっかり記憶している。 (大多数は剛だ、千春だ、アリスだ、サザンだ、と言っていた。 )私が中学高校でとっていた行動は、田舎では、たぶん、受け入れがたかったのではないかと、しっかり実感している。 清志郎の死で、そっちの思い出が蘇ってきてしまうのである。 清志郎と仲井戸麗市。 カッコよかった。 @武道館のピンクのテープはヘロヘロになっていた。 「ウォー! ジョキームノアー、スラムダンク&ピアース退場!」 ボストン対シカゴ第6戦トリプルオーバータイム残り30秒で123-123。 ピアースからノアがスティール&走る走る走る 走る 走る 走る。 ピアースも追いかける追いかける 追いかける 追いかける 追いつく。 ノアがジャーーーンプッ! ピアースもジャーーンプッ&ファーーール! それでもジョキームノアは スラムダーーーーーーンク! &バスケットカウント。 そして私は鳥肌&雄叫び。 最後はロンドのラストショットをローズがスーパーブロック。 127-128でシカゴ勝利し3勝3敗のタイで最終戦ボストンへ。 今日はいろんな凡ミスといろんなファインプレーの連続でしたが、パーキンスの退場で高さを失い。 ピアースの退場でスコアラーとオフェンスの選択肢を失ったボストンが負けました。 そして今日一番の「男前」は何と言ってもブラッドミラーパパ。 ベンチプレーヤーで23ポイント、しかも9の8。 3Pは100%の2本。 10リバウンド、2ブロック。 第5戦の悔しさを見事に晴らしました。 今日のパパは笑ってました。 ゲーム中にイラスト描こうと思って、ミラーだなと思っていたら、サーモンズが活躍して、サーモンか?と思ったら、アレンが活躍して、アレンか?と思ったらノアが活躍して、ノアか?と思ったらローズが活躍して。 イラスト描くのをあきらめて、ローズにしました。 マジック対シクサーズ: 気が付いたらマジックが勝ってセミファイナル進出決定してました。 なんとなくハワード無しの方がボールが動いて勝っちゃうのでは。 と思っていたので、あまり驚かず。 ブレーザーズ対ロケッツ: 現在ロケッツが大きく引き離しております。

次の