新型 コロナ ウイルス 感染 症 に かかる 雇用 調整 助成 金 の 特例 措置 の 拡大。 【最新】雇用調整助成金とは|新型コロナ特例措置をわかりやすく解説

【新型コロナ】雇用調整助成金の最新情報をわかりやすく解説!

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に かかる 雇用 調整 助成 金 の 特例 措置 の 拡大

令和2年6月5日 金 に、雇用調整助成金等オンライン受付システムで、不具合が発生したことが判明しました。 度重なり、このような事態となりましたことを深くお詫び申し上げます。 ご利用になられた皆様には突然の運用停止により申請作業を中断してしまい誠に申し訳ありません。 また、ご利用を予定されていた皆様にもご不便をおかけしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。 当初に発生した不具合を解消し、再開したばかりでこの様な事態となり、ご不便をおかけしております。 不具合の内容については、令和2年6月9日発表資料「」をご確認ください。 (申請をお急ぎの場合は、お手数をお掛けいたしますが、郵送又は最寄りの助成金センター又はハローワークにご提出いただくよう、お願い申し上げます。 【 事業主の皆さまに、雇用調整助成金を活用し雇用維持に努めて頂けるよう、特例措置をさらに拡充しました】 新型コロナウィルス感染症の影響を受ける事業主を支援するため、 4月1日~9月30日の緊急対応期間中は、全国で、全ての業種の事業主を対象に、雇用調整助成金の特例措置を実施します。 通常時の雇用調整助成金についての情報は、をご覧ください。 25一部修正) ・(6月12日現在版)( R02. 25一部修正) ・(6月12日現在版)( R02. 15掲載) ・特例措置に関するリーフレット 「」 R2. 10掲載 「」 R2. 17掲載 「」 R2. 5掲載 「」 R02. 5掲載 「」R2. 20掲載 「」R2. 20掲載 「」R2. 12掲載(R2. 13 一部修正) 「」R2. 12掲載 (追加支給の詳細については、このリーフレットの裏面をご覧ください。 ) 「」R02. 5掲載 R2. 5掲載.

次の

新型コロナウイルス感染症に かかる雇用調整助成金の特例措置の拡大 厚生労働省

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に かかる 雇用 調整 助成 金 の 特例 措置 の 拡大

雇用調整助成金の申請書類の記載事項が、約5割削減されました。 景気の変動、産業構造の変化などの経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、休業、教育訓練、または出向によって、その雇用する労働者の雇用の維持を図る事業主に対して助成するものであり、労働者の失業の予防や雇用の安定を図ることを目的としています。 新型コロナウイルスの雇用調整助成金の特例措置 新型コロナウイルスに関する雇用調整助成金の特例措置の緊急対応期間は、【4月1日~6月30日】となっており、この期間中は全国で特例措置を実施します。 対象となる事業主 対象となる事業主は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主(全業種)で、今回、生産指標要件を1カ月5%以上低下に緩和しました。 通常は、1か月10%以上低下となっています。 特例措置の注目その1:助成率が高い 通常の助成率は中小企業で3分の2、大企業で2分の1となっていますが、今回は従業員を解雇しない場合、中小で10分の9、大企業で4分の3まで引き上げられています。 また、売上高の減少など適用する条件も緩和されています。 特例措置の注目その2:対象者の拡大 通常、助成金が対象とするのは雇用保険に6カ月以上加入している労働者とするのが原則となっていますが、今回は雇用保険に入っていないパートや新入社員も対象に含まれています。 正社員や非正規を問わず対象にし、雇用の維持を優先する措置が取られています。 特例措置の注目その3:研修でも給付の可能性あり 休業中に従業員のスキルアップ研修を実施した場合の上乗せ部分も拡充する方向で検討されています。 助成金の支給額は従業員1人あたり日額8330円が上限となっていますが、オンライン講座を受講することなど条件を満たせば、総額で1万円超を支給する方向で厚労省が調整中のようです。 外出自粛が広がる中でも、業務に関連する知識や技能の習得に充てることで、給付されることになります。 その他の事項 ・計画届の事後提出を6月30日まで認められる。 ・支給限度日数に、1年100日、3年150日に加え、4月1日から6月30日までの対象期間を加えた。 ・雇用調整助成金の拡充にあわせて、短時間一斉休業の要件緩和、残業相殺の停止、支給迅速化のため事務処理体制の強化、手続きの簡素化を行う。 出典:(厚生労働省2020. 28) その他、雇用保険の適用事業所であること等の支給要件があります。 詳細については最寄りの労働局の助成金相談窓口で確認してください。 問い合わせ先 参考:(厚生労働省) 雇用調整金の現状 雇用調整助成金は申請してから支給までの手続きに数カ月かかります。 そのため企業は支給開始までの期間、休業手当の支払い負担などが発生することになります。 また、労働局には相談が殺到し、相談したくても電話もつながりにくい状況が見られているようです。 感染者数が一時期全国最多となり、いち早く緊急事態宣言を出した北海道。 観光客の減少で観光バス会社が運転手を解雇する動きが出ている。 北海道労働局には1日200~300件のペースで助成金の相談が寄せられ、3月の相談は5000件超にのぼった。 3月19日時点で厚労省が把握している相談件数は全国で約2万9000件だ。 「支給までの時間をできるだけ短くし、書類提出など大変な部分をできる限り簡素化していきたい」。 5日、NHKの番組に出演した加藤勝信厚労相は支払い手続きを急ぐと強調した。 だが、営業自粛で足元の資金繰りに窮する中小・零細企業は増えている。 雇用のつなぎとめは経済面での最大の課題で、迅速な対応が急務だ。 出典:(日経新聞2020. 5 雇用調整助成金の受給を検討している場合には、早めに対応していくとよいでしょう。 新型コロナウイルスに関する雇用調整金の動き 雇用調整金の特例措置について方針発表(3月28日) 安倍晋三総理は3月28日、新型コロナウイルス対策に関する記者会見を開き、「4月から雇用調整助成金の助成率について、解雇等を問わず、雇用を維持する企業に対して、正規、非正規に関わらず、中小企業は90%、大企業でも75%に引き上げていきます。 引き続き、日本国民にとって最も重要な雇用の維持に全力をあげて参りたいと思います」と述べ、雇用を守る施策を打ち出していた。 出典:(流通ニュース2020. 30 雇用調整助成金の特例を追加(3月10日) 特例の対象となる事業主 新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主 追加の特例措置の内容 休業等の初日が、令和2年1月24日から令和2年7月23日までの場合に適用します。 出典:(厚生労働省).

次の

新型コロナウイルス(COVID

新型 コロナ ウイルス 感染 症 に かかる 雇用 調整 助成 金 の 特例 措置 の 拡大

新型コロナウイルス感染症の影響により売上に伸び悩んだり、営業を自粛した企業は少なくないでしょう。 緊急事態宣言が全面解除された現在でも、この影響が落ち着く目処が立っておらず、今後の経営に不安を抱えざるを得ない状況が続いています。 厚生労働省は5月1日に新型コロナウイルス感染症にかかる雇用助成金に関して制度の拡充を発表をしました。 今回は、新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金についてわかりやすく解説します。 通常の雇用調整助成金をざっくりおさらい まずは、通常の「雇用調整助成金」について紹介します。 雇用調整助成金とは、以下のように従業員を「休業させた」場合に支給される助成金です。 また、雇用調整助成金の支給を受けるためには、以下の手順を踏むことが求められます。 新型コロナウイルス感染症にかかる特例措置 今回の新型コロナウイルス感染症にかかる特例措置は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主を支援するため、緊急対応機期間中に、「雇用調整助成金」の拡充を図るものです。 通常の雇用調整助成金の対象が雇用保険の被保険者の休業手当に限定されるのに対し、特例措置ではアルバイトやパートなどに対する休業手当も含まれています。 さらに特例措置に関して、以下の条件を満たす場合、休業手当が100%助成されます。 ・ 中小企業であり、解雇等を行わず雇用を維持している場合 ・ 新型インフルエンザ等対策特別措置法等に基づき都道府県対策本部長が行う要請により、休業または営業の短縮を求められた対象施設を運営する事業者であって、これに協力して休業等を行っていること ・ 以下のいずれかに該当する手当を払っていること 労働者の休業に対して100%の休業手当を払っていること 上限額(8,330円)以上の休業手当を支払っていること(支払率60%以上である場合に限る) また、中小企業が解雇等を行わず雇用を維持している場合、休業手当60%を超えて支給する部分にかかる助成率を100%とすることも加えて発表されています。 おわりに 新型コロナウイルスにより多くの人、多くの企業が金銭面、精神面などの面で不安を抱えていると思います。 一見悪いことばかりと考えてしまいますが、テレワークや遠隔での対応など通常時にも使える手段を新しく始めた企業も多いかと思います。 これを機に新たな働き方を導入・検討するきっかけになるかもしれません。 また、国からの援助など普段あまり気にしていない点に注目できたのではないかと思います。 日本には雇用調整助成金をはじめ、多くの助成制度があります。 今後ほかの制度に関して調べてみるのはいかがでしょうか。 <参考> 厚生労働省.

次の