度々 の ご 連絡。 度々 とと(岡山表町/和食)

度々 とと(岡山表町/和食)

度々 の ご 連絡

「度々」という言葉については1回ではなく2回以上の複数回を表す言い回しです。 その回数を明確に示したい場合には、その回数を明示した表現が使われることになりますが、敢えて「度々」を使う場合は回数はあまり問題でない場合です。 「度々」という言葉については「失礼いたします」「申し訳ございません」といった謝罪の表現と共に使われることが多くなっていますが、その背景には「回数が増えてきている状況で申し訳ない」といった意味合いが含まれています。 「度々」という言葉はこのようなシーンでよく使われる言葉になっています。 「度々」という言葉が複数回を指すことは先述していますが、特に同じ状態や同じ行動が連続していることを伝えたい場合にも使われる表現になります。 謝罪の言葉と共に「何度もすみません」というような意味合いで使われることが多くなっています。 「度々」という言葉が使われる場合に連続する物事は、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動を示すことが多くなっています。 そういった状況においては「度々」という言葉を使いつつ、相手への迷惑が連続している状況を断りながら謝罪を伝える必要があります。 物事が連続していなくても、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が定期的に見受けられ、それが改善されていない状況では「度々」という言葉が使われます。 「度々」という言葉が使われる場合には、失敗や相手の手間をとらせるような、迷惑をかける行動が改善されていないことの自覚を相手に伝えた上で謝罪することが必要になります。 そういった謝罪をすることで、深いお詫びと反省の気持ちが相手に伝わることでしょう。 「度々」という表現を「度々の失言が目立つ」というような形で使うこともできるのですが、ビジネスのシーンで一般的に使われるのは謝罪の場面です。 そのためとある行動や状況が「度々」であることを相手方に断る場合には基本的に謝罪の言葉を続ける必要があります。 「度々の失言ですよね」などと相手に伝えると相手の怒りを買うこともあるでしょう。 このような場合には「度々申し訳ありません」「度々の失言で失礼いたします」といった表現を選びましょう。 「度々」という言葉は日常的に敬語が不要なシーンではあまり使われません。 そのような場合には「しょっちゅう」などと言った言葉が使われることでしょう。 「度々失礼いたします」「度々申し訳ありません」といった言い回しが使われる場合には当然前後の文章では他の敬語表現が必要になります。 謝罪を伝えるシーンにおいて間違った敬語を使ってしまうと、その気持ちが相手に十分に伝わらないおそれがあります。 「度々」を使うシーンでは正しい敬語を意識しましょう。 例えば「度々のメール失礼いたします」という表現については本当に、相手に迷惑になるくらいのメールを送り続けているような状況であれば謝罪を示しているかもしれませんが、通常は相手への気配りを意味します。 そのため、2回目のメールにおいても「度々のメール失礼いたします」と送ります。 何回かメールをするのはビジネスにおいて必要だからであり、それに対して「度々失礼いたします」と断りを入れることで、相手は丁寧な印象を持つことでしょう。 ちなみに「ごめん」という謝罪の表現が言葉の中に含まれていても謝罪を示さない言葉の中には「ごめんください」があります。 この表現は相手を訪問する際の挨拶としてよく使われますので、下記の関連記事も是非チェックしてみてください! お疲れ様です。 度々のご連絡失礼いたします。 先方に資料を提出する期限が明日に迫っているため本日中にフィードバックを頂きたく存じます。 お忙しい中大変恐れ入りますが、お手すきの際にお声がけいただけましたら幸いです。 すぐにそちらへ伺います。 よろしくお願いいたします。 「度々のご連絡申し訳ございません」は「度々のご連絡失礼いたします」と違い、相手が迷惑に感じるくらいメールを数多く送っている場合に使う表現になります。 「度々のご連絡失礼いたします」は2回目以上のメールに対して断りを入れているニュアンスが大きいのですが、「度々のご連絡申し訳ございません」には深いお詫びの気持ちが込められているのです。 何度もすみませんが、会議室を出る際には必ず消灯をお願いします。 節電の意味合いだけではなく、ビル管理の会社からも通達が出ている注意事項になっています。 徹底をお願いします。 「度々」という言葉と謝罪の表現の間に、謝罪したい事項を入れることで、明確に度重なる特定の物事に対する謝罪の気持ちを表します。 このような表現に関しては後から反省の弁や改善点も付け足す場合に有効な表現になります。 こういった謝罪の表現もあることをしっかり押さえておきましょう。 お疲れ様です。 スピーチ原稿の添削をいただきましてありがとうございます。 書式につきまして度々間違えて申し訳ございません。 以後はご指摘いただいた内容を認識し、同じような間違いが起きませんよう努めて参ります。 何卒よろしくお願いいたします。 「何度も」という表現は「度々」という表現に比べるとビジネス感のない表現にはなりますが、何回も同じ状況になっているというシチュエーションが強調された表現になっています。 また「何度も何度も」と言葉を重ねることでさらにそのニュアンスを強めることができます。 「度々申し訳ありませんが燃えないごみはこちらへお願いします」「何度もすみませんが燃えないごみはこちらへお願いします」という2つの表現についてはまったく同じ意味を表していますが、後者の方が何回も注意しているのに守られていないので厳しく注意をしているニュアンスが伝わります。 「しばしば」という表現は「度々」に置き換えられることが多いのですが、この表現は継続的に同じような状況が続いたり同じような物事が見られる場合に使われる表現になります。 そして物事を分析するような状況においてよく使われる表現になります。 「度々」との使い方の違いとしては「しばしば申し訳ございません」というような使い方はしませんが「不法投棄がしばしば目撃されています」というような使い方をします。 「度々」という言葉は両方の文章でその言葉に置き換えて使うことができます。 後者の文章は「しばしば」の方がややしっくり来る文章になります。 「毎度」に関しては「度々」や「しばしば」よりも、その物事や状況が連続しているシチュエーションを表す際に使われる表現になっています。 また一般的には「毎度ありがとうございます」というような使われ方もされている表現になっています。 「毎度」という言い方もできますし「毎回」という類語もあります。 「毎回お気遣いいただくこととなり感謝の気持ちで一杯です」「あの人が遅刻してくるのは毎度のことだ」という形で使うことができます。 状況の説明にも使うことができますし、「ありがとう」「すみません」の前に持ってきて使うこともできます。 「度々」をマスターして表現力を上げよう! 「度々」という言葉は謝罪の言葉とセットになることが多い言い回しですが、この表現が使いこなせるようになることで、相手からの信頼感が増すことでしょう。 ここで紹介した「度々」の使い方が早速今日からあなたのビジネスの中で役立てば本当にうれしいです。 表現力の向上を常に意識していきましょう!.

次の

「度々」の使い方と意味!類義語や英語、正しい敬語表現まで!

度々 の ご 連絡

「度々」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。 「度々」は「たびたび」と読み、対話やメール、手紙などで使う言葉です。 ここでは、この「度々」の意味や使い方についてみていきます。 「度々」の意味 「度々」とは「何度も」とか「何回も」といった言葉と同じく、同じことを何度も繰り返すという意味になります。 「度々」は「度度」と表現されることがありますが、これは「度々」と同じで意味や使い方に違いはありません。 度々すみません・申し訳ありません 「度々」という言葉とよく一緒に使われる表現に「度々すみません」「度々申し訳ありません」というフレーズがあります。 これらは、ビジネスシーンでよく使われる表現です。 上司や取引先など目上の人に何度も手間をかけさせてしまったときなどに使います。 例えば、同じ相手にメールを送ったのに、間違いを見つけて再度訂正版のメールを送るなどの場合に、「度々申し訳ありません」と謝罪を入れて送るなどの使い方になります。 また、「お忙しいところ」と頭につけて「お忙しいところ、度々申し訳ございません」と付け加えても良いでしょう。 「度々」の後の文章も「すみません」よりも「申し訳ありません」の方が、かしこまった表現になるため、取引先や顧客などには「度々申し訳ありません」を使い、近しい先輩や上司の場合は「度々すみません」を使うなど使い分けていくと良いでしょう。 度々のご連絡 「度々ありがとう」という表現もあります。 これは、相手に重ねてお礼する場合に使います。 例えば、ある案件について部下から何度も報告を受けた場合に「度々ありがとう」を使います。 もし、相手が上司で、何度も連絡をもらったという場合には、「度々ご連絡ありがとうございます。 」と丁寧な表現で言うようにしましょう。 さらに丁寧に表現したい場合は「度々ご連絡いただき御礼申し上げます」という言い方もあります。 ただし、ここまで丁寧な表現は社内というよりは、外部の顧客や取引先の場合になるでしょう。 謝ることを意図している場合 「度々」という言葉は、前述のように「すみません」とか「申し訳ありません」などの謝るフレーズと組み合わせて使うことが多いです。 そして、「度々」は「の~」と組み合わせて使うことも多いです。 例えば「度々の質問」というように使い、「度々の質問申し訳ございません」というように使います。 意味としては、「何度も質問をしてすいません」という意味で、新入社員で教えてもらっている場合や取引先に何度も質問している場合などに使います。 ほかにも、「度々お手数をおかけしまして申し訳ございません」といったように使います。 これは、同じ相手に何度も依頼し申し訳ないと感じた場合に使います。 度々お手数をお掛けします 「度々お手数をおかけして申し訳ございません」という表現もビジネスシーンではよく使われるフレーズです。 目上の人に何度も依頼をして何かしてもらった場合に、申し訳ないという気持ちを伝えるためにこの表現を使います。 この表現の場合は「度々」に換えて、「繰り返しお手数をおかけして申し訳ございません」や「幾度となくお手数をおかけして申し訳ございません」と言い換えることも可能です。 度々の質問 「度々」というフレーズは、目上の人に何度も質問を繰り返す場合に、「度々の質問申し訳ございません」というように使うことがあります。 例えば、取引先との交渉で聞きたいことがあって、何度かに分けて質問をやり取りしたときなどに「度々の質問申し訳ございません」と一言添えた上で、本題の質問に入るといった使い方をします。 また、目上の人へのメールで「度々の質問申し訳ございません」という一文を添えることで、相手に謙虚な姿勢を示すことができます。 「度々」という言葉は、メールや話言葉、手紙などで使えるため用途は広いです。 また、ビジネスシーンにおいてもよく使われる言葉です。 では、「度々」という言葉はビジネスシーンにおいて具体的にどういった場面で使うのでしょうか。 ここでは、「度々」のビジネスでの使い方についてみていきます。 メールなど ビジネスシーンにおける手紙やメール、話言葉としても「度々」は使えます。 例えば、一度連絡したけれど、ちょっと付け加える場合の連絡に「度々ご連絡しまして申し訳ございません」という一文を最初につけることで、その後の話をスムーズに進めることができます。 また、相手から何度か電話をもらったという場合にも、「度々ご連絡いただき、ありがとうございます」と一言言ってから本題に入ると相手への敬意を払うことができます。 「度々」を使った言葉は、メールや話言葉で本題に入る前のクッション的役割を果たすということを覚えておきましょう。 「度々」の敬語 「度々」とは何度もという意味の言葉です。 この言葉をより丁寧に表現すると、「重ね重ね」とか「度重なる」といった言い方になります。 例えば「度々申し訳ありません」を「重ね重ね申し訳ありません」と言い換えるとより丁寧な表現になって、目上の人への謝罪にも使えます。 丁寧語 「度々」を敬語表現にする場合には、組み合わせる言葉に丁寧語を使うことでも、目上の人へ使える言葉になります。 例えば、「度々すみません」を「度々申し訳ございません」と丁寧に表現するだけで、顧客や上司など目上の人に仕える表現になります。 「度々」自体が目上の人に使って悪い表現ではないため、組み合わせる言葉を丁寧にする、または敬語表現と組み合わせるようにすれば、目上の人に仕える敬語表現になります。 「度々」を使った例文 ここまで「度々」という言葉の意味、ビジネスにおける使い方、類語などをみてきましたが、ここでは「度々」を使った例文をいくつかご紹介します。 1.娘のケガについて、ご両親は度々学校に足を運んだ。 2.引っ越してしまったら、いままでのように度々立ち寄ることもないだろう。 3.その説については異論があり、度々論争となっている。 4.度々言うことだが、その問題は解決方法がみつからない。 5.わたしはその様子を度々見ていた。 6.そのようなことは度々あったのであろう。 7.度々のご訪問、ありがとうございます。 8.忙しい中、度々訪れてくれたのだが、あいにく留守をしていた。 9.彼に度々注意したのだが、聞き入れてはもらえなかった。 10.彼女は度々そのようなことをする癖がある。 「度々すみません」を英語で表現する 「度々」という言葉がビジネスシーンにおいてよく使われる言葉だということがわかりましたが、この「度々」を使う場合の注意点はあるのでしょうか。 ここでは、「度々」を使う場合の注意点についてみていきます。 1.初対面の相手には使えない 「度々」という表現は、「何度も」とか「繰り返し」という意味で使います。 そのため、初対面の相手にメールや手紙を送る場合や電話で話す場合には使えません。 もし、初対面の人に「度々申し訳ありません」など使ってしまうと「過去に会ったことがあったかな」と相手を混乱させてしまう可能性があります。 「度々」という言葉は、相手に何度か連絡した、または連絡をもらったという事実がある場合に使うように気を付けましょう。 2.結婚式に使うことはNG 「度々」という言葉は結婚式のスピーチやお葬式の挨拶では使っていけません。 「度々」は重ね言葉といわれるもので、不吉なことを連想させる言葉として、結婚式やお葬式で使うことは非常識とされています。 「度々お世話になっております」は間違った文章 ビジネスシーンにおいてメールで「お世話になっております」という文章を最初に使うことは多いでしょう。 しかし、何度もメールのやりとりをしているからといって、「度々お世話になっております」という使い方をしてはいけません。 「度々」は「何度も」と同じ意味だから使って良いと考える人も多いでしょうが、文章が不自然になります。 もし、「度々」というフレーズからメールの文章を始めるのであれば、「度々失礼します」とか「度々恐れ入ります」「度々申し訳ございません」などの言葉から始めるようにしましょう。 「度々」の意味と使い方を覚えましょう.

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

度々 の ご 連絡

Topics• 「度々」の意味 「度々」は「たびたび」と読みます。 「度々」の意味について辞書で調べると、「何度も繰り返しおこなわれるさま」とあります。 短い頻度で繰り返されることを意味し「何度も」や「何回も」と同じ意味合いで使われる言葉であり、回数に重点を置かれた言葉です。 「度度」と表現されることもありますが、「度々」と「度度」に違いはありません。 どちらかと言うと「度々」の方が一般的によく使われています。 「度々」の使い方 「度々」は副詞であり、必ずその後に続く言葉があります。 「度々」の使い方として代表的な例をいくつかあげてみます。 度々申し訳ございません 「度々申し訳ございません」は会話やメールなど、ビジネスシーンでよく使われる謝罪のフレーズです。 同じ相手に対して同じことを繰り返してしまった時に使い、目上の人や顧客先に対しても使える敬語表現です。 例えば、先ほどまで電話をしていた相手に対し、電話を切った後に別件を思い出してかけ直す時に「度々申し訳ございませんが…」と切り出してから話しだします。 「度々すみません」や「度々失礼致します」も同じ意味合いになりますが、「度々申し訳ございません」よりくだけた言い方になります。 同僚や親しい間柄の人に対して「度々すみません。 度々失礼致します。 」を使うことは問題ありませんが、 顧客先やあまり関わりがない人に対しては「度々申し訳ございません」を使うようにしましょう。 度々ありがとうございます 先ほどの謝罪のフレーズと同様、同じ相手に対して繰り返ししていただいた行為に対して感謝の意を伝える時にも「度々ありがとうございます」などと「度々」を使います。 何度も繰り返しおこなっていただいたことに対する謝意、つまり回数に重点をあてたお礼の仕方です。 取引先が何度も訪問に来てくれた時などに「度々ご足労くださり、ありがとうございます」とお礼します。 自分からおこなう連絡については「度々の連絡」と言い、相手の連絡に対しては「度々のご連絡」という表現をします。 例えば、同じ相手に対して繰り返し連絡をする際に「度々の連絡にて、失礼いたします」などと言い、 相手から2度3度と連絡をもらい、相手の連絡に対してお礼を言う時に「度々のご連絡、ありがとうございます」と言う表現をします。 「ご連絡」という表現は、接頭語に「ご」をつける事で相手の行為を敬った言い方をしています。 そのため、その後に続く文言は「度々のご連絡をいただき」など、謙譲表現をもってくるようにしましょう。 また、自分の行為に対して「ご連絡」のように接頭語の「ご」をつけるのは間違いなので注意してください。 同じ相手に繰り返し質問をする時に「度々の質問となり、大変申し訳ございません」と言い、 相手から受けた質問に対して「度々ご質問をいただき、ありがとうございます」と言ったりします。 【スポンサードリンク】 「度々」の正しい敬語表現 「度々」という言葉自体は副詞であり敬語表現はありませんが、より丁寧な言い方として「重ね重ね」や「度重なる」という表現の仕方があります。 また、「度々すみません」ではなく「度々申し訳ございません」など、 「度々」の後に続く文言を丁寧な言葉に言い換えるだけで目上の人や顧客先にも使える正しい敬語表現となります。 「度々」ではなく、その後に続く文言に注意して使うようにしてください。 「度々」の類語表現 先ほどご紹介した「重ね重ね」や「度重なる」という言葉は「度々」の類義語になります。 「度々」と同じ意味合いでありより丁寧な表現なので、「度々」の言い換えとしてビジネスでよく使われます。 その他にも、「重ねて」や「幾度となく」、「繰り返し」などの言葉も類語に該当します。 「ちょくちょく」や「よく」も「度々」に言い換えることができますが、どちらかと言うと口語表現になるためビジネスシーンにおいては不向きです。 尚、「度々」や「重ね重ね」は重ね言葉であり、辛いことを再度連想させる言葉として結婚式やお葬式で使うことはNGとされている言葉なので注意してください。 「度々」の例文 次に、「度々」を使った例文をいくつかご紹介いたします。 お忙しい中、度々ご足労賜りまして誠にありがとうございます。 度々申し訳ございませんが、先日の会議について再度おうかがいしたいことがございます。 下請け業者の発注ミスについて度々注意をいたしましたが、改善は見られませんでした。 度々の連絡にて、失礼致します。 「度々」の英語表現 ここでは、良く使う「度々すみません」の英語表現をご紹介します。 度々すみません(2回目に使う表現)。• 度々すみません(3回目に使う表現)。• Please bear with me for asking so many times. 度々お尋ねしてしまいすみません。• I apologize for keep asking. 度々お尋ねしてしまいすみません。 まとめ 「度々」の意味は短期間で繰り返し同じことをおこなうことであり、ビジネスでもよく見られる言葉です。 「度々」自体に敬語表現はありませんが、「度々申し訳ございません」などその後に続く言葉次第で顧客先にも使えます。 また、「重ね重ね」や「幾度となく」などの類語もいくつかあり、言い換えることができます。 「度々」は重ね言葉であり冠婚葬祭では使ってはいけない表現なので注意してください。

次の