ダイソー メタル バイブレーション。 ダイソーがメタルバイブで釣り業界を破壊しにきた【レビュー&インプレ】

ダイソー新商品『メタルバイブ』

ダイソー メタル バイブレーション

ダイソーの釣具【ルアー編】 昔はブラックバスやシーバスのイメージが強いルアーでしたが、最近はソルトゲームでアジや根魚釣りでルアーを楽しむ人が増えてきましたね。 ダイソーのルアーはカラーやサイズ浮力も豊富にあり、オリジナルで改造して釣りを楽しむ方も。 ダイソーで取り扱っているルアーの種類にはどのようなものあるのでしょうか。 ミノー• メタルジグ• ワーム• バイブレーション ダイソーで販売している5つのルアーについて詳しく解説していきます。 その他太刀魚なんかもこのミノーで釣ることができますよ。 1個100円+税で購入することができるので、水面下の様子や気候をさぐるためのテストキャスティングやロスが怖くて攻めにくい場所を攻めるのも怖くありません。 大きさは、90cm、11cmの2サイズがあり、カラーバリエーションも豊富なのも嬉しいですよね。 カラーは全部で3種類ありますが、デザイン自体は定期的なリニューアルのさいに変わっています。 黄色系• 黒系 そのため「前のこのデザインよかったのに」と後悔しないように、何個かストックしておくのも手です。 ダイソーでは、沈むタイプのシンキングミノーと、浮くタイプのフローティングミノーの2タイプがあるんです。 なので気候や狙う魚種によって使い分けるということもできますよ。 海釣りで堤防など丘からでもいい型の青魚や根魚が狙えるため、最近人気急上昇のソルトゲームです。 ダイソーでは「ジグロック」と「ジグベイト」という2つの商品を販売しています。 重さもカラーもバリエーションが豊富なのも嬉しいですね。 ジグロックとジグベイトの違いはカラーも少し違いますが、重心の位置が違います。 キャスティング時の飛距離• 水中に沈むときの動きの違い• アクション時の動きの違い• 扱いやすさの違い どちらも ジギング初心者にとって扱いやすいメタルジグですが、釣りをする場所の環境によってベストなメタルジグがあります。 ダイソーのメタルジグを使って釣りをしている人は、何種類もまとめ買いしている方が多いですよ。 ただし釣具屋で売っているメタルジグと比較すると、針の作り方が雑でフッキングがうまくいかなかったり、岩などで擦れて塗装がはげてただの鉛になりやすいんですね。 そのためダイソーのメタルジグを本番で使う前に、コーティングをしたり針をかえたりとちょっとだけ改造をして使用するのがおすすめです。 エギングはエギと呼ばれるルアーを底に沈めてアクションをとる釣り方のため、エギをロストする確率が高い釣りのため、エギングにチャレンジするか悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。 けれどダイソーで購入すれば怖くはありません。 しかもダイソーのエギは、そこそこの釣果をあげているとSNS内で定期的に釣果報告があるほどです。 サイズもカラーバリエーションも100均とは思えないくらい豊富ですしね。 レッドゴールド• オレンジゴールド• ブラックシルバー• グリーンゴールド• パープルゴールド• ブラックマーブル• パープルパープル サイズは、2号、3号、3. 5号の3種類。 カラーとサイズをあわせれば全部で21種類もあります。 ただし選ぶ際に一つ注意点が。 エギは他のルアーと違い、カンナ(針の部)分が交換できません。 ダイソーのルアーは安い代わりに、商品のクオリティーのばらつきが激しいため、かんなの部分をよく観察してすべての針がとがっている商品を選んでくださいね。 また重心となるシンカー(重り)が曲がっているものがあるので、目視で確認してペンチでまっすぐに位置を調整が必要なエギも。 購入後に多少の調整は覚悟しておいた方がいいかもしれません。 ワームの種類には、• グラブ• ピンテール• トカゲワーム• ミミズワーム• カーリーテール の5種類があります。 この中でもとくに 釣果報告の多いグラブとピンクテールについて詳しく紹介していきます。 まずはダイソーのグラブ。 一袋4本入りで100円+税で販売しています。 カラーバリエーションも豊富ですよ。 ブラック・レッドフレーク• レッド・ゴールドフレーク• ウォーターメロン・ブラックフレーク プラスチック臭もしないし、適度な弾力があるため針もちがいいと実際使用した人からも評価の高いワームです。 そして続いてのワームは、ピンテールのワーム。 このワームはアジや根魚などのライトソルトゲームで使われるワームですね。 ダイソー4cmサイズのピンテールワームが一袋に10本入っており、カラーのラインナップは3種類。 蓄光グローのホワイト• オレンジ どちらのワームも「バスやアジメバルなどが釣れた」とSNS上で声があがっています。 ワームも釣具店で購入すると500円以上はするので、この価格で釣れるのなら試さずにはいられないですよね。 バイブレーションのルアーでは珍しい、フローティングタイプのルアーで重さは11g。 バイブレーションルアーの特徴であるラトル音がいいと評判です。 海釣りでもバス釣りでも使えますが作りがもろく壊れやすいという意見も聞きますので、環境の厳しい場所では避けた方がいいかもしれませんね。 ダイソーの釣具【針&糸編】• サビキ釣りセット• 川魚用釣り針• ハリス用釣り糸• 道糸用釣り糸• 2本セット入っていて、100円のサビキ用のセットは釣具店では見かけない値段で、相当お得ですよ。 カラーは、はげ皮とピンクスキンと2種類。 針のサイズは、4号、6号、8号の3種類あります。 堤防から豆アジを狙うなら4号。 秋以降の少し大きなアジを狙うなら6号のサビキセットがおすすめですね。 ただしサビキ用の仕掛けは、 店舗によっては1種類しかおいていない店もあります。 無い場合は別のダイソーの釣具コーナーをまわってみるか、定員さんに聞いてみるといいですよ。 しかし 針に関しては、池や川魚用の釣具が充実しています。 鯉用鈎 10号 12号• 袖鈎 4号 3号• アマゴ鈎 6号• ヤマメ鈎 8号• マス鈎 5号• フナ鈎 4. 6号 各針とも、一袋8~10g本ほど入っています。 針の大きさによっては海釣り等でも応用がききますすので、チェックしてみてくださいね。 道糸よりも丈夫なハリスは、自分で仕掛けを作る人以外でもルアーやワーム釣りではかかせない糸ですよね。 ダイソーのハリスは、ナイロン製ですですが、 強度もほどほどあって伸び少なくてアタリもとりやすいとのこと。 釣具屋で販売しているハリスのほうが丈夫ではありますが値段をみて購入に迷うことも。 「消耗品なので少しでもコストを抑えて釣りを楽しみたい」という方は一度ダイソーのハリスを試してみてはいかがでしょうか。 サイズは2種類あり、• 5号 200m• 2号 200m の2種類のラインナップ。 岩場など環境の激しい場所では避けた方が無難ですが、軽い重りを使う釣りでなら問題なく使えますので、 糸が切れてしまった等のトラブル時の予備用としてなら検討の価値ありです。 ケミカルライト• アミカゴ• 玉ウキ• フックカバー• 鈴 今回は ダイソーの釣具の中でも特に評判の高い商品を5つ紹介します。 浮きの位置を把握する目印• 集魚目的 として夜釣りを行うさいには必須のアイテムですよね。 5cmサイズのケミカルライトが6本入りで100円で売られています。 ただしダイソーの物は光は強いけれども、持久力が無く4時間ほどで消えてしまうとのこと。 ケミカルライトには8本入りの商品もあり、こちらはもう少し長い時間点灯してくれますが光が弱めのため、注意が必要です。 短い時間に夜釣りに頻繁に行く人• ルアーなどの使用で仕掛けのロスが多い人 という方なら、ダイソーの6本入りのケミカルライトは試してみる価値はあります。 また購入の際には、品質保証期限のチェックをお忘れなく。 品質保証期限は3年間ありますが、ダイソーの釣具コーナーは回転率が高く無いのか、中には保障期限ぎりぎりのケミカルライトも売っています。 ダイソーの釣具コーナーでケミカルライトを購入を検討している方は、使用期限をチェックして購入をするようにしてくださいね。 ダイソーでは3個入りと2個入りのアミカゴがあり、 サイズは小さいですがおもりが大きく重たいのが特徴です。 デメリットは釣り具屋で購入するアミカゴと比較すると、鉛とカゴ部分の接着が弱いのか少し外れやすい点でしょうか。 根がかりしてロスが多いアミカゴですので、100円でそろえてみてはいかがでしょうか。 その中でもおすすめしたいのが、8号の玉ウキ。 浮きゴム付きの玉ウキ5個入っていてお買い得のウキです。 川や池での雑魚釣りなどではこのサイズの玉ウキが役に立つはず。 ルアー用のフックもダイソーの釣具コーナーで購入できます。 サイズは3種類。 Sサイズが16個入り• Mサイズが14個入り• Lサイズが12個入り それぞれカラーが違うので、フックカバーだけをぐちゃぐちゃに混ぜてしまってもすぐにわかりますよ。 またダイソーでは、エギ用のカンナカバーもダイソーの釣具コーナーで購入できます。 この 鈴もダイソーで販売しています。 初めて釣りをする女性の方や子供さんはアタリの感覚がわからないので、この鈴があるとわかりやすいです。 あまり使用頻度の高くないアイテムなので、安くゲットするのもありですよ。 釣具以外のアイテムで釣りに使えるおすすめグッズ ダイソーでは釣具以外でも釣りで使えるアイテムが沢山あります。 ラジオペンチ• ダイヤモンドヤスリ• マニキュアのトップコート• ジッパー付き袋• セクションケース ダイソーで手に入る 釣りに役立つおすすめのグッズを5種類紹介します。 細かい釣具を扱うことが多いので、重宝する道具です。 先が曲がっていないため針外しとしては使いにくいですが、• 針が曲がったときに直す• ルアーの針の交換• 仕掛けの糸をカット など1本もっているだけで、幅広く使えますよ。 ダイソーで販売しているダイヤモンドシャープナーは本来は包丁研ぎ用のやすりです。 粗めと細目と使い分けはできませんが、 針の研磨には十分役に立ちます。 自宅でのメンテナンス用としていかがでしょうか。 メタルジグなどのルアーの塗装はがれは、マ二キュアのトップコートが使えます。 使い方は簡単で、そのままルアーの上からたっぷり塗って乾かすだけ。 オリジナルのデザインにカスタムしたときにもマニキュアのトップコートは使えますよ。 ビニール袋よりも厚手なので魚のヒレで敗れることも少ないですし、手も汚れにくいので家に帰った後の調理もラクです。 細かい釣具を入れておくのにも使えますので、釣りのシーンで汎用性の高いものです。 小さなセパレートケースから自分で仕切りを入れれるタイプのものまでさまざま。 フック• ルアー• ワーム• おもり• 釣り針セット など 細かい釣具を仕分けるのに大活躍します。 自宅での釣具の小分け以外にも、持ち歩き用の釣具セット用のケースとしても使えますよ。

次の

【釣果報告】ダイソーの100円ミノーは釣れるのかって?俺が釣ってきてやるよ。

ダイソー メタル バイブレーション

北海道ではヒラメもサクラマスも、ソイもブリもアイナメも、普通に釣れちゃうダイソージグ。 他で言うとタイやヒラマサ、ハタ系、マゴチなんかもいけちゃいます。 小魚を模して造られているジグなんで、フィッシュイーターと呼ばれている魚は何でもいけちゃいます。 好きなルアーを使って、ルアーの特性に合わせた狙い方で魚を釣るってのが釣りの醍醐味でもあるのですが、1000~2000円するようなルアーをポンポンロストしちゃったらきついですよね・・・・・。 安いルアー=釣れない、みたいなイメージをもたれがちですが、実際使ってみると高いルアーと釣果は変わりません。 なんなら魚が付いているストラクチャーなどをロストを恐れず攻められるので、ダイソーの方が釣れると言っても過言ではないくらい。 底モノになると尚更^^ そんな万能型のダイソージグの釣果体験談や、カスタマイズ方法などを紹介していきたいと思います。 ダイソージグの種類• ジグベイト• ジグロック ダイソーのジグはジグベイトとジグロックの2種類が販売されていて重さは40g、28g、18gの3種類。 カラーはシルバーにグリーンゴールド、ブルーピンク、ブルーとオレンジもあったかな?たぶん3,4色なんですが、100円で塗装が雑なため混ざっているのもあってよくわからない^^; ジグの他にもバイブレーションやミノー、エギなんかも売っていてそちらも高いルアーとかわらず活躍してくれます。 バイブレーションに関しては、あーだこーだ言っていたシーバス用の高いルアーと釣果が全く変わらない事がバレ始めて、まさかダイソーがルアーメーカーの脅威となる日がくるとは・・・・。 このメタルバイブ欲しいんだけど、函館のダイソーでは今のところ見た事ないんですよね・・・・・。 港内のロックとか楽しそう。 ダイソージグをカスタマイズ方法 僕がダイソージグを使って釣り上げた魚種は、青物ならイナダ、ワラサ、ブリ。 あとはヒラメと、ヒラメ狙いの時に釣れたアイナメやソイ。 思い返してみると、釣行回数や他のルアーとの使っている頻度を考えると、釣果的には高いルアーとほぼ変わらない。 それと北海道ならではの、アメマスやサクラマス。 青物に関しては磯などで釣りをする時に、ダイソージグは40gまでしかないため、潮が早いときついくらいです。 今凄くダイソージグが盛り上がっているので、200円くらいにして重くて長い青物向けジグも出そうですね。 函館周辺でジギングするなら万能なジグなのは間違いないんだけど、さすがに100円だけあって色々とモロさもあるんで、ダイソージグを使う上での注意点や改造なんかをまとめていきたいと思います。 トレブルフックとスプリットリングは要交換 ダイソージグの難点はとにかくモロい!「 ちょっとまてよ!モロいあまりに釣れなかったり、ジグとして使えなくなる事を考えたら、ちょっと高いの買った方がいいかも・・・」って思ったけど、まぁそれでもギリダイソージグの方がお財布にはやさしいかな。 港内にいる小さめのロック程度なら、このままでも問題ない。 でも、ブリなどちょっと大きな魚がかかると、フックが伸びるしリングも伸びる。 フックに関しては、アシストつけたりシングルでもダブルでもトレブルでも、この辺はお好みですね。 大きなブリやデカヒラメも対応するとなると、ある程度頑丈なトレブルフックとスプリットリングをつける必要があるけど、基本たくさん入っている安いやつで問題ありません。 スプリットリングは、対象魚に合わせた強度のたくさん入ったパックを買ったらOK。 さすがに対象魚が大きくなるほど、良い物を使ってください。 この他に、ダイソージグは普通に折れる!ジグが折れるって信じられないでしょ?ぐにゃっと曲がることもあって、その時はスプーンみたいでいい感じ!でもロックをやる時にストラクチャーの際を攻めようとして壁に当たると折れる事もあるんです。 塗装もはげやすく(ベロンベロンに剥げていても特に釣果が変わらない)、気になる人は同じくダイソーに売っている「 トップコート」で表面を薄くコーティングすると改善されます。 これは絶対薄くですよ! フックは安く良いものを変えると良いのですが、安さと強度に拘りたくなってきたら自作するのもありですね。 魚種によって魚影が濃いような場所に行くと、地元のおじさん達が えっ!てくらい塗装が剥がれたダイソージグで、普通にバンバン釣ってますので、そういうの見ちゃうとね・・・・・。 アピールしたかったら、ブレードやタコベイトをつけて 最近、ヒラメ狙いで人気があるタコベイトがついたジグが売っていますが、タコベイトもダイソーで売ってますので、アピールしまくりたい人はお好みで^^ ブレードは、もしかしたら取り扱っている店舗もあるかもしれませんがブレード単体では見た事がありませんね。 色々調べてみるとダイソージグに、これまたダイソーで購入できるスプーンジグを装着して、スピンテールジグとして改造している人もいるので、やり方次第でカスタマイズは何でもいけそう。 ダイソージグを削るカスタマイズ それでも塗装を剥がして削って、形もオリジナルにして拘って作れば、それはそれで楽しさが倍増します。 ダイソージグの使い方 ダイソージグはただ巻きもフォールも何でもOK! さすが100円だけあって安定しないダイソージグはものによって動きが違うんです。 中国で大量生産しているせいか、形も塗装もとにかく雑。 モノによって重心までもが違い、フォールに個体差があるってさすが100円なだけはありますね。 動きやフォールを意識して、自分のスタイルで釣りをしたい人にはおススメはできませんが、フォールがどうであれ、泳ぎがどうであれ魚がいたら釣れるので、あまり意識せずに使っても大丈夫。 ダイソージグは他のジグと同様にこれと言った使い方はなく、ただ巻き、ストップ&ゴー、リフト&フォール、ジャークと自分が好きな狙い方で、レンジを合わせながら狙うだけなんで難しくないです。 釣果が変わらないのがよくわかるので、信じて使い続けてみて下さい ダイソージグが万能とかではなく小魚を模した形状のジグは、ショアの水深で釣りをする分には、泳ぎやカラーなんかを気にしなくても釣果はさほど変わらない。 どうしても値段が高い華やかなルアーの方が釣れそうな雰囲気はしますが、人間釣りの部分が9割と言われてるくらいですから>< たくさんのルアーを使って楽しむのも釣りなんで、華やかなルアーケースもありですが、一度全部ダイソージグにして、何日も使い続けて他と比べてみて下さい。 令和元年!ダイソージグを使って釣れたお魚達一覧(コスパ最強) 僕が函館なんで、地域によって釣れる魚種が全然変わってきますが、基本ジグで狙えるフィッシュイーターと呼ばれている魚は、ダイソージグですべて狙えます。 ダイソージグで釣れたヒラメ まずはヒラメ。 最近のヒラメ釣りは根が多いポイントが多く、ジグよりワームを使う事が多かったのですが、久しぶりに入ったサーフのヒラメの魚影がかなり濃くて、ソゲばかりですが数日間で50枚近い釣果でした。 もちろん全リリースですが、後半はほぼダイソージグのみの釣果で。 魚影が濃いポイントだからこそ他のルアーと比べてみて、1500円くらいの高いルアーであろうが、フラッシングやウォブリングが激しいルアーと比べても全く釣果は変わらずでした。 サーフでもたまにある根でロストしてしまう事を考えたら、ダイソージグこそコスパ最強!このヒラメは釣り仲間のダイソープロ前さんが釣ったヒラメなんですが、画像を見るとフックもスプリットリングも初期のままですね^^ 60くらいまでのヒラメなら、初期のままでも大丈夫そう。 フォールですっぽりダイソージグを飲み込んだヒラメ。 北海道ならではの海サクラマス そしてサクラマス。 函館周辺では1月くらいから6月までショアからサクラマスを狙えます。 2019年は、後半にいい感じで本数を稼ぐ事ができて、ルアーはダイソージグオンリーです。 このサクラマス個体数が多くなく、サクラマス用の3000円以上するルアーなんかも売っており、なかなか釣れないからこそすがる思いで高いルアーを買ってしまう人が多いようですが(僕もでーーーっす)、その後に自分の経験や他のたくさんの釣果サンプルを踏まえて考えた結果、3000円の綺麗なルアーを使おうが、100円のダイソージグを使おうが釣果は変わりませんでした。 ダイソージグで釣れたブリ(青物) イナダ、ワラサ、ブリはもちろん、サバなんかの青物も普通に他と変わらず釣れてくれます。 ブリサイズになってくると、モノによっては脆いダイソージグもあるので、青物の強烈なパワーでグニャっと曲がる事もありますが安いので精神的ダメージが少ないのが最高。 一昔前は釣り情報は人づてに聞いたり、新聞や本、それとテレビだけの情報が頼りで、売るために作られたゲーム性や情報だけが偏っていましたね。 魚によっての狙い方はあれど、ルアーに関してはビジネスの要素が大きすぎて初心者や情報弱者が釣られてしまう時代だったのですが、最近はネットで簡単に情報が入り始めて色々とバレ始めていますよね^^; どうしても釣りって海の中は見えないし、個々の少ないサンプルの印象が先走ってしまうし、ビジネス要素が強くても影響力がある人が言えば言うほど偏ったデータになってしまっていたのが、情報がはやいネット社会になって徐々に誰でも楽しめるルアーフィッシングに変わりつつありますね。 最後にダイソージグは入門ジグとして最高! ここまでダイソージグをおしておいて、こんな事を言うのもなんですが! 釣るだけならダイソージグで十分!でも色んな形や動きが違うタイプのルアーがたくさん出ているので、狙い方なんかを突き詰めたい人は、色んなルアーを使って遊んだ方が楽しさは倍増します。 かと言ってダイソージグだって他のルアーと変わらずに、重さも形も種類があるのでアングラー次第で色んな動かし方や狙い方ができるので、大きな差があるってわけでもないんですけど。 入門ジグとしては最高なので、安く釣りを楽しみたい初心者さんで、特に釣り方に拘らない人なんかは、絶対におススメできるジグです。 僕の場合は、元々潜って海の底を探検するのが大好きなせいか、エリア内の魚がいるポイントを突き詰めて探る事や底の地形をルアーから感じ取って脳内海底地図を作る事に喜びを感じる底変態なので、狙い方より地形攻略タイプなんで本当はワームがベストなんですけどねw.

次の

ダイソールアーの釣果は?おすすめはクランク?【100均 釣り】

ダイソー メタル バイブレーション

「100円」という、今の釣りメーカーには考えられない値段で販売され、当初は懐疑的な声も多い中で実績を積み重ね続けることにより、今では大人気となった ダイソージグこと 「 ジグロック」。 釣りメーカーのメタルジグが軒並み 1000円近い値がすることを考えると、この 「ジグロック」はまさに 革命を起こしたと言えるでしょう。 私も愛用させていただいており、このジグで数々の魚を釣ってきました。 そんな革命的なルアーを生み出した「 DAISO」さんの釣り具コーナーですが、実は 「ジグロック」以外にも何種類かのルアーが販売されているんですよ! 私の知る限りでは 「ミノー」「エギ」「ジグヘッド」「ワーム」がラインナップされていたはずです。 ミノーやエギも普段から釣具屋に通っている身としては、やはり100円という価格は魅力的で ん?あれ…ジグロックに比べて情報があんまり載ってないな。 もしかしてあんまり釣れないのかな・・・ 考えてみればミノーやエギは各社それぞれがこだわりを持って製作しており、「 作る際のコスト」や「技術」はメタルジグに比べればかなり必要とされるはず。 そんな商品を100円で販売するとなると、作りや性能は値段に比例してお粗末なものになってしまうのでは・・・ いやいや。 百聞は一見に如かず。 使いもせずに見聞きした情報だけで偉そうに評価を下すのはいけません。 実はまだこのルアーたちも釣り人に開拓される前で、これから 大ヒット商品に化ける可能性も微レ存。 ということで今回は、 DAISOさんの100円ミノー「 ミノーモンスター」で実際に魚を釣りに行ってみたいと思います! あんまり期待しないでね。 使用タックル ロッド・・・「ディアルーナ S1006M」 リール・・・「ストラディックSW 4000XG」 ライン・・・「PE1. まぁダイソーのフックについては賛否両論ありますが…。 こちらのルアーはサイズが数種類あり、また フローティングだけではなく シンキングもラインナップされています。 今回はデイゲームで陸ッパリからの釣りになるので、 飛距離重視の最重量シンキングモデルを使用します。 さぁ第一投。 えいっ! ん~飛距離は今一つかな? 23gにしてはもう一伸び足りない印象。 他メーカーのフローティングタイプと同程度の飛距離。 お次はアクション。 とりあえず「 ただ巻き」で泳がせてみるが・・・この日は少し横風があったこともあり、かなり早めの速度で巻かなければリップが水を噛んでくれない。 試しにロッドアクションを付けてみると 平打ちのようなアクションがいい感じに出せたので、とりあえず トゥイッチをメインに誘いをかけていくことにする。 が・・・ 1時間アタリ無し。 周りでメタルジグを投げてる方達もほとんど釣れておらず、 「ルアーどうこう以前に魚が寄って来ていないのではないか?」と感じるような状況。 こういう時こそ飛距離があるルアーが有利になるのだが、やはりミノーでは周りのショアジギンガー達の飛距離にはかなわない。 闇雲に投げても望みは薄そうなので、 足元の左側に積んであるテトラ付近に狙いを絞って投げ続ける。 しばらくして、テトラ際まで泳がせてきたルアーをチョンチョンッと跳ねさせると グンッ!! ロッドが一気に重くなり、 待望の HIT! ほらねー!やっぱり釣れるじゃん! 足元で走り回る魚をいなしながら、ネットでランディング。 釣ってやった感が強いというか 笑 サゴシ1匹釣っただけでもう塗装がボロボロ。 一気に年季を感じさせるルアーに進化したなぁ。 残念ながらこの後は続かず釣果はこれだけになりましたが、 ダイソーの100円ミノーでサゴシをGET! 「飛距離」や「泳ぎの安定性」、「着水直後の水噛みの悪さ」など、1度でも有名メーカーのミノーを使用したことがある人ならば、おそらくストレスに感じるであろうポイントが多かった印象です。

次の