ヘレナ ボナ カーター 映画。 【映画関係者がおすすめする】ヘレナ・ボナム=カーター出演の代表的映画BEST9

ヘレナ・ボナム・カーター、英王室の裏側描く『ザ・クラウン』出演を「マーガレット王女の幽霊」と相談していた

ヘレナ ボナ カーター 映画

ハリーポッターのベラトリックス役といえば、ヘレナ・ボナム=カーターですね。 とはいっても、私のように「ティム・バートンのお嫁さんだな~」と、なかなかヘレナの名前まで知っている人は少ないのではないでしょうか。 出演作を思い出してみると、彼女の演じる役は少し変わったキャラクターが多いですよね。 wikia. nocookie. かなり意外ですよね! 例えば、大叔父さんは映画監督のアンソニー・アスキス、ひいおじいさんはイギリス首相を務めたハーバート・ヘンリー・アスキス…という、とんでもない家系なんです。 さらに、彼女の頭脳はイギリスでは 超有名私立高校であるウェストミンスター・スクールを卒業し、 イギリスの名門大学トップに君臨するケンブリッジ大学へ合格していたほど優秀でした。 しかし、安定した道よりもヘレナは女優としての道を選んで、17歳にテレビCMでデビューを果たしたのでした。 同一人物に見えない?ヘレナの出演作品 「ヘレナ・ボナム=カーターの出演作品を挙げてみて!」と言われて、ハリーポッター以外の作品をどれだけの人が答えられるでしょうか。 それでは、ヘレナ・ボナム=カーターが出演している有名な映画作品を、彼女の画像とともに振り返ってみましょう。 PLANET OF THE APES 猿の惑星「アリ役」 ヘレナ・ボナム=カーターの若い頃は、どのような人だったのでしょうか。 若い頃の出演作品は、「コスチューム・プレイ作品」といって、 きらびやかな衣装をまとう劇への出演が多かったそうです。 上流階級出身のお嬢様だから、周りからもそんなイメージがあったのかもしれませんね。 そのことから、「コルセット・クィーン」や「イングリッシュ・ローズ」という愛称を付けられた彼女ですが、ヘレナ自身は 堅苦しいイメージが嫌だったんだそう。 若い頃は清楚な役を演じていたなんて、今とは全く違うイメージに、またしても驚いてしまいましたね。 そんな彼女の現在の私生活には、一体どんなストーリーがあるのでしょうか。 ヘレナ・ボナム=カーターの私生活 ヘレナは過去に一度だけ、映画監督のケネス・ブラナーと 不倫関係になったことがあります。 きっかけは、1994年のケネス・ブラナー監督「フランケンシュタイン」という映画です。 エリザベス役として出演したヘレナは、いつの間にか彼と恋に落ちてしまいます。 しかし当時ケネスは、女優のエマ・トンプソンと結婚したばかりでした。 そんな状況のなか、ヘレナは 彼としばらく同棲までしたことがあるそうです。 現在は、エマとヘレナは仲直りしていて、エマからは「ちょっと頭がおかしくて、洋服のセンスがないところはお互いに似ていると思うわ。 」と、彼女について語っています。 順調だった映画監督ティム・バートンとの破局 ケネス・ブラナーとの不倫関係のあと、ヘレナが出会う男性が、かの有名な映画監督ティム・バートンでした。 2人のラブラブっぷりは、ニュースなどでもよく報じられていましたよね。 結婚はせず隣同士に住むという、2人らしいお付き合いを 13年間続けて、息子のビリーと娘ネリを授かっています。 2014年に破局を発表しましたが、破局の原因ははっきりわかっていません。 そんな2人は現在もとっても仲良しなんだそう。 ティムからヘレナへ映画出演の依頼をするときには、とても恥ずかしながら役を割り当てているそうですよ。 2人が別れてもいい関係で、なんだかホッとしましたね。 ティムとの破局後、ファンが守ったパパラッチからのいじめ騒動 ティムと別れた後のヘレナは相当落ち込んでいました。 そのためか、イギリスのデイリー・メールという大衆紙で「パパラッチがヘレナの背後から撮影した写真の後頭部を拡大して、 円形ハゲができている」と指摘した記事を発表したそうです。 さらに、「 後頭部が薄くなり、白髪も目立っている」という報道もあり、ヘレナのファン達は大激怒! デイリー・メールのサイトにはヘレナを守るべく、たくさんのファンから反撃のコメントが寄せられました。 ヘレナ・ボナム=カーターのファッションは元夫のティム譲り! 名門大学への入学を辞退したり、結婚せずお隣同士で生活したり…、ちょっと変わったヘレナは、 ファッションセンスも独特なんです。 最も有名になったのは、2011年のゴールデングローブ賞の受賞式。 レッドカーペットに現れた彼女のファッションは、このような服装でした。 短時間ですが、動画で当時の服装が確認できます。 2人の共演作品を観るときには、似ている部分があるか意識して観ると、映画がより楽しめるかもしれませんね。 まとめ 今回は、イギリスの女優ヘレナ・ボナム=カーターについて詳しくご紹介しました。 プライベートでの彼女の変人っぷりを知ると、これからの出演作も楽しめそうですよね。 ヘレナは頻繁に映像作品へ出演しているため、実は、今回紹介できなかった彼女の出演作品がたくさんありました。 彼女の過去の出演作をレンタルビデオ店で探す…となると、 店内では俳優ごとに作品が並んでいないので、過去の作品を探し回るのが大変ですよね。 もしも、この記事を読んでヘレナの作品が気になったら、動画配信サイトから俳優名で検索すると、手間もかからずおすすめです!まずは無料体験から、お試し感覚で利用してみてはいかがでしょうか。 ・ダウンロード機能付き ・TSUTAYAの宅配レンタルがセットになったプランがある 30日間 月額¥800 映画、ドラマ、アニメ、ドキュメインタリーetc… 定額、低価格で、いつでもどこでも、好きなだけ視聴することができ、広告は一切ありません。

次の

ヘレナボナムカーターの性格がハリーポッターの役と大体同じ?

ヘレナ ボナ カーター 映画

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 郊外の出身。 父親のレイモンド・ボナム=カーターは銀行、母親のエレーナ(旧姓カジェホン)は。 兄が2人いる。 大叔父はの、曾祖父は開戦時の。 母方からとの血を引いている。 で学んだ後、に合格していたが、女優としてのキャリアを考え入学をやめている。 キャリア [ ] 1983年にでデビュー。 1985年公開の『』、翌年公開の『』で国際的に注目を集める。 作品の出演が多いことから「 コルセット・クィーン」や「 イングリッシュ・ローズ」という愛称を付けられたが、本人は、そのような堅苦しい時代のイメージで語られることを嫌っているという。 1997年公開『』で主演女優賞を受賞、にもノミネートされた。 2005年にコンペティション部門に出品された『女たちとの会話』(劇場公開題『』)にて最優秀主演女優賞を受賞した。 2007年公開の『』から、当初予定されていたに代わって役を演じた。 また、同年公開の『』などで にされた。 2010年公開の『』ではの王妃を演じ、を受賞し、さらににもノミネートされた。 2012年、よりの第三位にあたるを受賞した。 私生活 [ ] 過去に映画『』で共演した映画監督と交際していた時期もあった。 映画監督と(正式な結婚はしていないが)で暮らし、2003年10月4日に長男(ビリー・レイ・バートン)を、2007年12月15日長女(ネル・バートン)を出産。 バートンと交際し始めてから、(衣装劇・時代劇)への出演が激減し、バートン作品の常連となる。 バートン作品では特殊メイクが多いため「またティムはをあなたにさせるの! 」と実母が憤慨すると言うが、本人はバートンの才能を尊敬しており、意に介さない。 2014年に破局を発表。 が得意で、全編フランス語の映画(『恋人たちのポートレート』)に出演したこともある。 Spivet クレア博士 2015 Cinderella フェアリー・ゴッドマザー Suffragette イーディス・エリン 2016 Alice Through the Looking Glass 赤の女王 2017 55 Steps エレノア・リース 2018 Ocean's Eight ローズ・ワイル 2019-2020 The Crown テレビドラマシリーズ 2019 The Dark Crystal: Age of Resistance オルモードラ Netflix人形劇シリーズの声 2020 Enola Holmes ユードリア・ホームズ テレビ番組 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1987 Miami Vice テレサ・リオン 2エピソード Screen Two Jo Marriner 1エピソード 1991 Jackanory Reader 5エピソード 2019-2020 The Crown プリンセス・マーガレット 18エピソード 脚注 [ ] []• その後、は2009年の 、2010年 及び2011年 で、の母でありの妹にあたるナルシッサ・マルフォイを演じている。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語).

次の

ヘレナボナムカーターの性格がハリーポッターの役と大体同じ?

ヘレナ ボナ カーター 映画

イギリスの上流階級出身。 16歳のときCMでデビュー。 その後スクリーンに転じ、「眺めのいい部屋」 85 、「レディ・ジェーン 愛と運命のふたり」 86 で高い評価を得る。 「ハムレット」(90)でハリウッドに進出し、「天使も許さぬ恋ゆえに」 91 、「ハワーズ・エンド」 92 など着々とキャリアを積み重ね、「鳩の翼」(97)では多くの映画賞で主演女優賞にノミネートされる。 「ファイト・クラブ」(99)でそれまでのイメージを一新、個性派女優としての地位を確立する。 その後も「ハリー・ポッター」シリーズ、パートナーのティム・バートン監督作「PLANET OF THE APES 猿の惑星」(01)、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 07 、「アリス・イン・ワンダーランド」(10)などに出演。 関連作品(映画)• 6 2019年公開• 4 2018年公開• 5 2017年公開• 4 2016年公開• 8 2015年公開• 6 2014年公開 受賞歴.

次の