軽 トラ リフト アップ キット。 車のリフトアップは何センチまで構造変更なしで通るのか?

S500P/S510Pハイゼットをアゲる!オススメのリフトアップパーツ特集!

軽 トラ リフト アップ キット

すなわち、このスズキ・アルト(HA36)のリフトアップが登場したときには、見る人の脳裏に鮮烈なイメージとして焼き付けられたに違いない。 オリジナルの車高調キットを主軸に、足まわりに関連するサブアイテムやボディ補強パーツを多数ラインナップする名ブランドだ。 上の写真に写る2台は、左が街道レーサー風に仕上げた車高短なアルトワークス。 そして、もう一方がアゲ系の主役となるアルトバンだ。 サゲとアゲとの車高比較では、ヘッドライト一個分ぐらいの大きな差に。 NO CAPTION アゲのアルトバンは、同社のリフトアップ専用車高調『アップバーストシリーズ』を装着。 サゲとは逆の自由長の長い、リフトアップ用スプリングを入れてキット化したもので、サスペンションメーカーゆえに、各パーツのセットアップはお手の物。 この車高調で約50mm、外径の大きなオフロードタイヤを履かすと約50ミリ。 すなわち、計約100mmのリフトアップを実現した。 見た目ヨシ、走ってヨシのアゲアルトは大注目の一台になりそうだ。 足回りは、業界初といえる「シュピーゲル」の専用リフトアップ車高調『アップバーストシリーズ』を装着。 リフトアップ車両ならではの走破性も考えて、専用スプリングに合わせ減衰力やバネレートを最適化。 気になる価格は税込13万8240円〜とのことで、フロントにはスタビリンクキットも装着される。

次の

車のリフトアップは何センチまで構造変更なしで通るのか?

軽 トラ リフト アップ キット

リフトアップとは悪路走行をする場合、斜面でのアプローチアングル性能の改善を図ることが目的で、1970年代にアメリカで誕生しました。 その後世界中にリフトアップの技術が広がり、1980年代には、ドレスアップ目的でリフトアップさせることが流行しました。 このリフトアップはハイリフトとも呼ばれ、オフロード走行する若者を中心に広まっていきました。 しかし日本の道路事情も舗装路が大半を占めるようになり、悪路を走破する性能はそれほど求められなくなってきたのと、車のボディがラダーフレームからモノコックボディにシフトしていったことから、純粋に悪路走行を目的としたリフトアップは減少しました。 近年ではドレスアップ目的のリフトアップが主流となり、軽トラにもその波が押し寄せ、別名アゲトラの名称で軽トラのリフトアップは行われています。 どんな車でもリフトアップは可能か 車の車高を上げるには色んな方法があり、例えばエアサス装着車であれば純正でも車高を上げるシステムが備わっています。 これもれっきとしたリフトアップと言えるでしょう。 この他、スポーツカーではリフトアップとは無縁と考えられがちですが、フェラーリなのでは段差を乗り越えるためにリフトアップ機能を備えています。 車の車高を下げるには、車検や保安基準を無視するとスプリングを抜いてしまえば簡単に車高を下げることができます。 しかし車高を上げる場合は、かさ上げする分のスペーサーなどを使わなければ車高は上げる事はできません。 裏を返せば適当なスペーサーさえあれば車高を上げることができるという事です。 軽トラリフトアップの方法 軽トラをリフトアップさせるには、多くの改造が必要になってきます。 リフトアップさせるという事は、車高を高くするということで、タイヤからボディまでの距離が長くなります。 タイヤ部分には、ブレーキが付いているのでブレーキホースの延長作業をしなければなりません。 その他ミッションやエンジンの位置もタイヤとボディの距離の分だけ下げる必要があります。 ミッションが下がれば、サスペンションメンバもさげてドライブシャフトの位置を補正します。 またエンジンが下がるので、それに応じてマフラーのブラケットを長い物と変更する必要が出てきます。 サスペンションはショックアブソーバーをストローク量を確保するためにロングタイプに変更する必要も出てきます。 そしてステアリングシャフトの延長もしなければならないでしょう。 このように軽トラをリフトアップするには数多くの作業が必要となるでしょう。 今はやりのアゲトラ 今静かなブームを生んでいるアゲトラとは、軽トラをリフトアップすることです。 軽トラをリフトアップするには、何センチアップさせるというより、何インチアップさせるといった表現が主流で、2インチアップとか4インチアップといった商品があります(1インチは2. 54センチ) 軽トラでリフトアップさせるとデメリットもあります。 それは直進安定性の低下と燃費の悪化。 またリフトアップすれば重心が上になるのでコーナリングが苦手になるのと同時にタイヤサイズを大きくするので、ブレーキが通常より効きが悪くなります。 そこで軽トラをリフトアップしたことがゴールと捉えずに、その先の実用性に問題のないレベルにトータルでチューニングしていく必要があるでしょう。 サスペンションの交換 車高を調整する場合に古くから行われている方法はサスペンション交換です。 もちろんリフトアップさせる場合も、サスペンション交換で対応できます。 軽トラはフロントがストラットでリアがリーフスプリングですから、フロントの車高を上げるには長いスプリングを使えばリフトアップできます。 リアのリーフスプリングは、長くてそりのあるスプリングを使用する必要があります。 しかし軽トラにはリフトアップ専用のリーフスプリングのラインナップがありません。 どうしてもサスペンションでリフトアップさせる事に執着するのであれば、工場に専用のリーフスプリングを依頼するしか方法はありません。 しかもリーフスプリングは、改造申請届をする必要があり、それには強度計算書など数々の難関があります。 リーフスプリングの交換は敷居が高すぎるでしょう。 ボディリフト 軽トラのリフトアップで、リーフスプリングの交換が困難であることから、ボディーリフトの方法でリフトアップする方法が主流となっています。 この方法はサスペンションがノーマルなので、クロカンには不向きと言われています。 方法は、ラダーフレームとキャビンの間のマウントを交換する方法で非常に単純です。 そのため理論上は何センチでもリフトアップさせることができます。 この方法はドレスアップ目的で施工されることが多いカスタムですが、問題としてはアクセルワイヤーやブレーキホースなどを長いものに交換する必要が出てきます。 軽トラ用のリフトアップパーツとして、専用のマウント類も販売されているのでリーフスプリング交換より簡単に行うことができます。 しかしトータルでチューニングしていかないとバランスの崩れた軽トラとなり乗りにくくなってしまうのと、大きくリフトアップするとかなり高額の出費となるでしょう。 費用 軽トラのリフトアップは多くのショップでは行われていないので、経験のあるショップを探してお願いする事が重要です。 それは一般にカスタマイズしている専門店でも、軽トラ用のリフトアップに関するデータがないので、初めて行う場合は手探り状態での作業となり、満足のいく仕上がりにならない可能性があるからです。 そこで専門店にお願いすれば、ノウハウを持っているので短時間で仕上がりの綺麗な乗りやすい軽トラをつくることができるでしょう。 一般的な価格はリフトアップ量で変わりますが2インチアップで約10万円、4インチアップで約15万円~30万円ほどとなっています。 これにはタイヤホイールを含まれていないので別途購入する必要があるでしょう。 キットを購入して自分で交換する方法もありますが、キットも10万円前後しますからショップにお願いしたほうが安全で綺麗に取り付けられるでしょう。 軽トラには実用性やリフトアップ時のスタイリングを考えるとブロックタイヤを選択するのが良いでしょう。 ほとんどの軽トラのタイヤサイズは、「145R12 6PR」となっています。 タイヤをインチアップさせるには、標準タイヤの外形と同じになる事が重要で、この外形サイズが変わるとスピードメーターの誤表示や、フェンダー内にタイヤが干渉するなど問題が発生します。 そこで軽トラをリフトアップしてタイヤを取り付ける場合、14インチのタイヤまでにとどめるのが良いでしょう。 しかし重要なことは軽トラは荷物を積載する乗り物なので、タイヤを選ぶ時に注意が必要です。 それはタイヤの強度でプライレーティングと言いますが、この基準を満たしたタイヤでなければ保安基準に適合不可となります。 ホイール 軽トラをカスタマイズするにはホイールの選択も重要になってきます。 軽トラに限らずホイールを選ぶ時には粗悪品に注意をしなければなりません。 日本に流通してるアルミホイールには国土交通省が定める基準「JWL」と日本車両検査協会の強度試験をクリアした「VIA」があります。 この2つのマークがあれば問題ないですが、通販なのでは刻印を模造した偽物もあるのであまりにも安いホイールには手を出さないことです。 アルミホイールを選択するには、余りインチサイズの大きいホイールを選択するとタイヤ代も高くなるので、後のコストを考えて決める必要もあるでしょう。 しかし実際は12インチや13インチではデザインも限られるので、選ぶとすれば14インチや15インチで選ぶのがカスタムするうえで幅が広がります。 軽トラリフトアップDIY方法 軽トラのリフトアップさせるには、キットを購入して装着する方法と、下駄を自作して装着させる方法があります。 しかし下駄を自作するには車体を支える部分に使う事を考えると強度を持たせる必要があり、使う素材も重要になります。 キットが販売されていれば、それをポン付けで車高を上げることができます。 しかし軽トラの足回りを分解するので、安全には十分注意て作業する必要があります。 下駄を自作して取り付ける場合、鉄工所などで溶接をお願いすると良いでしょう。 フロントの場合、ストラットのアッパー部分と同じ形の型を作り持っていけば作成してもらえるでしょう。 またアルミ板には厚みに種類があるので、例えば20mmのアルミ板を使って作成すれば20mmリフトアップできます。 リアのシャックルには、強度を考えてアルミ製より鋼板を利用したほうがよいでしょう。 また錆防止のため穴開け加工後に塗装することをすすめます。 車検に通らない場合の対策 軽トラをリフトアップして車検に不合格した場合、何処に問題があるのかを整備工場で指示してきます。 そこで使用している部品を構造変更しなければならない場合は、メーカーに強度計算書の発行を依頼して軽トラを構造変更して合法的に車検を通すことにします。 強度計算書が手に入らない場合で、リフトアップを諦められない場合、強度計算書を発行しているメーカーの部品と交換するしかありません。 基本的に2インチでも4インチアップでもシャックルを持ち上げる改造が必要なので、そのままでは車検に通らないでしょう。 このほか検査する都道府県によっても基準にバラツキがあるので、管轄の陸運支局に問い合わせてみるのが良いでしょう。 軽トラリフトアップの中古車情報.

次の

S500P/S510Pハイゼットをアゲる!オススメのリフトアップパーツ特集!

軽 トラ リフト アップ キット

スタイル以外のメリットとしては、ロードクリアランスが広がって走破性能がアップすること。 また視点が高くなることで遠方まで視界が広がり、運転しやすくなる一方、直前直左に死角ができやすくなるデメリットもあり。 視界に関しては車検も厳しくなっているので、補助ミラー装着を推奨したい。 その他、カーブでロールしやすくなったり、大径タイヤを履くことで出足が遅くなったりロードノイズがひどくなったり、燃費が悪くなったりもする。 決していいことずくめではないのだ。 Q2 アライメント調整も必要なの? 構造上、フロントは車高アップに伴ってキャンバー角がポジティブ方向に変化するため、キャンバーボルトなどで補正しなくてはならない。 そして同時にトー角も狂うので調整が必要だ。 これらはチョイ上げレベルでも必須のメニュー。 またエブリイやハスラーなどのスズキ車は、車高が変わるとリアのタイヤ位置が左右にズレる。 このズレは調整式ラテラルロッドに交換して補正するか、ブラケットで純正ラテラルを正しい位置に戻せば解決できる。 チョイ上げキットにはキャンバーボルトが付くことが多いです。 Q3 車検が通る・通らないの車高のボーダーラインは? よくいわれるのが「車高の上下は40ミリまで」という基準だが、正確には「指定外部品」を使って40ミリを越える車高アップ&ダウンが車検NGということ。 「指定部品」の扱いになるコイルバネを使って上げるなら、40ミリ以上車高が上がってもルール的には問題ない。 またリフトアップブロックは「指定外部品」に当たるため、41ミリ以上の車高アップはNGだが、構造変更すれば合法となる。 ちなみに継続車検の場合なら、タイヤで上がった分の車高は問われない。 検査協会にクルマを持ち込み、検査ラインを通って車検を受け、最後に「構造変更です」と検査官に伝えれば、再度高さを測定してくれるので、それを車検証に記載してもらうだけ。 特に書類を用意する必要もないし、ユーザー車検経験者なら問題なくできるはず。 費用は通常の車検代+検査手数料2000円弱くらいだ(検査協会のある地域によって若干異なる)。 Q5 無理せずに履けるタイヤサイズを知りたい! リフトアップ量や車種によって大きく異なるので、いちがいにはいえない。 軽トラは500ハイゼットは2インチアップで165R14まで行けるが、同条件の16キャリイは極端にタイヤハウスが狭く、145R13レベルでキツキツだ。 もともとジムニーはオフロードで活躍すべく作られたクルマで、フレームも足まわりも他の軽カーとはまったく違う。 いくら車高を上げても、ジムニーのような岩登りはできないぞ。 そうでもない限り、純正よりちょっと走破性が向上するくらいと思っておいた方が安全だ。 キャリイにジムニーの足まわりを移植したZEALのデモカー Q7 リフトアップ車だから気をつけたいことは? 大径タイヤを履くケースが多いと思われるので、そうなると足まわりに掛かる負担も増大。 特にストラット上部のサポートブッシュや、ハブベアリングは劣化しやすくなる。 ガタガタ異音が出たり振動が増えてきたら赤信号。 そうなる前に、年に1度くらいはショップでチェックしてもらうといいだろう。 また車高を上げるとアライメントも狂うが、光軸も狂う。 これはDIYで直せなくもないが、きちんと車検が通るレベルに修正するのは難しい。 ショップに頼むのが無難だ。 ショック上部のゴムブッシュが劣化しやすくなる。 ハブベアリングに掛かる負担も大きくなってしまう。 車高を上げたら光軸も調整しよう!.

次の