エリーゼ。 ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 自動運転なんていらない

エリーゼ(ロータス)の中古車(安い順)

エリーゼ

ロータス・エリーゼは誕生した24年前からずっと、基本構造を変えることなく世界第一級の小型軽量スポーツカーであり続けている。 つまり、24年間ずっとHOTなのだ。 しかもエリーゼ、ここ最近さらにHOTに、アグレッシブになっている。 そのことに気がついたのは、2019年夏に追加された"ヘリテージ・エディション"に試乗した時だった。 顔つきが第4世代となる現行型のエリーゼは、最高出力220psを発揮するスーパーチャージャー付きのトヨタ製1. 試乗車はこのうち前者をベースにした、わずか30台の限定モデルだ。 LOTUS ELISE HERITAGE EDITION 外装のベース・カラーは往年のレーシング・カーを思わせるクリームがかったホワイトで、車体中央にグリーンのストライプが3本入っていた。 室内に目を向ければ、オープン・ゲート式のシフトの周囲のパネルがボディ同色で塗られている。 室内の樹脂のパネルも、丁寧に淡い緑のレザーで包まれていて、ぐっと落ち着いた雰囲気になっている。 事前に目を通しておいた資料によれば、コスメティックな変更をのぞけば、違いは通常オプションのハードトップが標準装備となっているくらいだった。 そのため重量は約25kg増している。 サイドシルの美しいレザーは、乗り込む時にそうとう気をつけなければ、すぐに踵で引っかけて傷だらけにしてしまいそうだ。 こうした限定車商法はロータスにとって手慣れたもので、24年の間にどれだけ登場したか分からない。 選択肢が多いのはいいことだけど、試乗前は正直、重くて豪華絢爛なエリーゼだなんて、ナンセンスの極みじゃないか、とすら思っていた。 ヘリテージ・エディションは日本市場専用の限定車。 オールド・イングリッシュ・ホワイトの外装色とストライプが特徴。 ストライプは試乗車のグリーンのほか青と赤が用意され、各色10台、計30台が上陸する。 室内もこのストライプとコーディネイトされており、ストライプがグリーンの場合アロエ・グリーンという緑のレザー・インテリアになる。 これぞ原点回帰 乗り込んで最初に思ったのは、室内の居心地の良さだ。 座るのも降りるのも一苦労だけど、いったん身体がはまってしまえば、ハードトップを備えたエリーゼは、簡素な折りたたみ式の幌に比べ室内が静かで、ずっと運転に集中できる。 それでいて同じく屋根があるエキシージのように、リア・カウルのせいでまったく後ろが見えない、なんてこともない。 ところが走り出すと、頭の中にクエスチョン・マークが浮かんだままになった。 操舵に対する反応が、記憶の中のエリーゼと全然違うのだ。 その答えは資料に記載のなかったタイヤにあった。 輸入元によれば、ヘリテージ・エディションを含むエリーゼのタイヤは、2018年秋導入の19年モデルから銘柄もサイズも変わった。 新しい靴は横浜タイヤのアドバン・スポーツV105で、従来のアドバン・ネオバA048LTSというロータス認証タイヤより、ややコンフォートよりの性格だという。 ここ数年のエリーゼのステアリングの感触は、特に低速域だとまとわりつくような重さがまったくなく、鼻先の向きを意のままに操れるのがたまらなく気持ちがよかった。 基本のセッティングも、あくまで公道走行に主軸を置いたもので、リアの動きをとにかく安定させて、最終的にはフロント・タイヤが先に外へ逃げるようにしていた。 ところがヘリテージ・エディションはそうじゃない。 手応えはこれまでよりずっと重く、初期の応答性はやや鈍い。 けれど速度をかなり上げてもぐいぐい曲がっていく。 そしてしだいにお尻が外へ降り出し、回り込むような動きをするのが感じ取れる。 アドバン・スポーツのグリップ力は驚くほど高く、公道で限界を引き出そうとはとても思わなかったけれど、このいかにも手練れのドライバー向けの味つけは、初期のエリーゼや4気筒時代のエキシージに通ずる、ある種の緊張感が漂うものだと、僕は思った。 ロータスは吉利汽車(ジーリー)傘下でEVのハイパー・スポーツカー、エヴァイヤを産み出し、新たな境地を探っている真っ最中だ。 けれど、エリーゼだってまだ終わっていない。 見た目こそほとんど変わっていないが、24年目にして、さらなる高みを目指そうとしているのだ。 ロータス・エリーゼ・ヘリテージ・エディション• 駆動方式 ミドシップ横置きエンジン後輪駆動• ホイールベース 2300mm• 車検証記載車両重量 940kg(前軸重量360kg:後軸重量580kg)• エンジン形式 水冷直列4気筒DOHCスーパーチャージャー• 3mm• 排気量 1798cc• 最大トルク 25. トランスミッション 6段MT• サスペンション(前後) ダブルウィッシュボーン• ブレーキ(前後) 通気冷却式ディスク•

次の

エリーゼ 商品情報

エリーゼ

text:Malcom McKay(マルコム・マッケイ) photo:James Mann (ジェームズ・マン) translation:KENJI Nakajima(中嶋健治) 1995年のフランクフルト・モーターショーで発表されたロータス・エリーゼ。 1973年にシリーズ4へと進化したセブンの製造を終えて以来、ロータスとしては久々の手頃なスポーツカーが誕生した瞬間だった。 英国での価格は、ロータス・エランS2の半額。 エスプリ1台の予算で、3台のエリーゼが手に入った。 ロータス史上、最高のスポーツカーといっても過言ではない。 ボディのスタイリングはジュリアン・トムソンが、技術面の設計はリチャード・ラッカムが手掛けた。 エリーゼという名前は、当時のロータスとブガッティの会長、ロマーノ・アルティオリの娘にちなんだものだ。 アルティオリは発表時、「オリジナルのエリート以来、ロータスとしては最も大胆な技術を搭載したロードカーです」 と、AUTOCARの取材に答えた。 それは事実だった。 シャシーはアルマイト加工されたアルミニウム製で、エポキシ接着剤で接合。 両端に横長のトルクボックスを備えた、彫りの深いシンプルなタブ型が特徴だ。 スチール製サルーン・ボディと同等の剛性を確保していた。 シャシー本体は、ロールバーを除いて68kgと軽量。 車重は750kgを切り、不必要に強力なエンジンなしで、驚異的な走行性能を実現した。 スチールが用いられたのは、ロールバーと亜鉛メッキ処理のリアサブフレーム、サスペンション・マウントに限られる。 販売面でも大成功。 AUTOCARでもエリーゼの完成度には感銘を受け、3週連続で特集を組んだほど。 ケーターハム・セブンと互角のドライビング体験を、高く評価した。 秀逸のフィーリングとレスポンス。 繊細なコーナリング能力と、セブンでは得られない快適な乗り心地。 エリーゼは見事なバランスを獲得していた。 晴れた日の午後、セブンをドライブすれば満面の笑顔になれるものの、すっかり疲れてしまう。 一方でエリーゼなら、同じくらい楽しんだ後でもまだ体力は残り、夕飯の支度もできるだろう。 ローバーKシリーズのエンジンとトランスミッションは、MGFからそのまま譲り受けたもの。 エリーゼのシャシーが、一番幸せを感じられる居場所になった。 DOHCの16バルブヘッドを持ち、アルミ製で軽量。 ロードカー用というより、レースシーンの方がピッタリのエンジンでもある。 それだけに、定期的なメンテナンスも不可欠だ。 エリーゼのオーナーは、一般的に必要な手入れを怠らない。 エンジンは、メンテナンスをしていれば不具合の発生は少なく、パワーアップにも耐える堅牢さも兼ね備えている。 シャシーは路面にピタリと張り付き、滑らかに、あらゆるコーナーの路面の乱れを吸収してくれる。 ラインを外れてしまうのは、サーキットで許される速度領域に踏み込んだ時くらい。 エリーゼは、スポーツカーとしての乗り心地とハンドリングの、新しいベンチマークを設定した。 ドライバーを間違いなく笑顔にしてくれる、稀有な1台だ。

次の

外科医エリーゼ【最新101話】のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

エリーゼ

販売台数はグローバルで40台のみで、このうちの20台が日本に導入される。 ベースとなった「カップ250」は、エリーゼシリーズの中でも最高出力248. 4ps、最大トルク244Nmのスーパーチャージャー付き1. 8リッターエンジンを搭載した高性能グレードであり、今回が日本初導入となる。 上述のエンジンの高出力化に加え、足まわりにもサーキット走行を考慮したチューニングを実施。 フロントにアジャスタブルアンチロールバーを装備したほか、ダンパーレートも「エリーゼ スポーツ」「エリーゼ スプリント」より高められている。 また、空力性能を高めるために同車専用のフロントスプリッターやリアウイングを装着。 このほかにも、軽量化のためにバッテリーをリチウムイオン式としたり、車体剛性に配慮してT45スチール製ロールフープを採用したりといった改良を実施。 これらを含む、エリーゼ カップ250の専用装備は以下の通り。 フロントアジャスタブルアンチロールバー• T45スチールロールフープ• アルカンタラパック(スポーツシート、ドアパネル、センターコンソール、ベントサラウンド<ブラック>)• 軽量リチウムイオンバッテリー さらにGPエディションでは、以下の装備が採用される。 モータースポーツブラック特別ペイント• Mars Gold エクステリアカラーパック(特別デカール)(フロントアクセスパネル、フロントクラムシェル、テールゲート)• Gloss Goldメタリックデカール(World Championローレルリース)• Mars Goldペイントフィニッシュ(フロントスプリッター、リアウイングアップライト)• Mars Goldフィニッシュ軽量鍛造アルミホイール Yスポーク(前:16インチ/後ろ:17インチ)• ゴールドステッチ• インテリアカラーパック(モータースポーツブラック)(トランスミッションコンソール、HVACパネル、シートアイレット、パワーウィンドウベゼル)• アルカンタラステアリングホイール• フロアマット• エアコンディショニングユニット• クラリオン製 CD/MP3/WMA オーディオ、2 スピーカー 価格は896万4000円。 (webCG) 関連キーワード: , ,.

次の