最上もが 鬱。 【衝撃】最上もがさん、涙ながらに初告白してしまう・・・::ぱぴぷ速報

まゆゆ引退の理由はうつ病?きっかけは女優Aに怒られたから?

最上もが 鬱

最上悠 もがみ ゆう 精神科医・医学博士。 」というのが持論。 日々、臨床での治療に携わりつつ、研究活動に取り組む。 また、職場のメンタルヘルス、心をコンテンツとする企業へのコンサルタント、大学での教育活動でも活躍中。 著書に、世界標準のカウンセリングである認知行動療法、対人関係療法について読みやすく書かれた『新・薬を使わずにうつを治す本』『家族をうつから救う本』『世界の精神科医がすすめるメンタルサプリ』 河出書房新社 、『きっと心はラクになる』 かんき出版 などがある。 作者の主張によると,うつ病の主因は「慢性炎症」であるとのこと. そしてセロトニンはうつ病に関連する重要な神経伝達物質ではあるものの,決してそれだけでうつ病の全てを説明できるものではないとしております. 私がこれまでに読んだインターネットおよび一般書籍の説明では,セロトニンを善とするものばかりでした. しかし,人体内のどのような物質でも「増えれば増えるだけ良い」というものは存在しないと個人的に考えており,セロトニン不足のみをうつ病の原因とする説明にはずっと疑問を持っていました. 本書の前半では,うつ病の理論についての説明 後半では,炎症の原因を減らす方法,また抗炎症作用を高める方法について,身近なところから説明しています. 私個人的には,うつ病を理解するための最良の書でしたが,「これを読めば治る」という本ではありません. ですので,うつ病の急性期の方よりも,少し落ち着いた時期の方もしくはご家族が読まれると良い本であると考えます. うつ病の原因を「脳内のセロトニン不足」として、薬によってセロトニン不足を補おうとする昨今の精神医療界に一石を投じる 内容です。 本書では、セロトニン不足は結果に過ぎず、いつまでたってもグズグズとうつ病が治らないのは、脳内の「慢性炎症」が原因であるとしています。 この説は著者の単なる仮説ではなく、精神医療の最先端では定説になりつつものなのだとか。 著者が精神科医であることも含めて、とても納得が行きます。 私は仕事柄うつ病患者に会う機会が多いのですが、非常に腑に落ちる説明でした。 そして、単にうつの原因解明にとどまらず、 (1)食事 (栄養からのアプローチ) (2)運動 (行動療法) (3)セルフヘルプ (心へのアプローチ) (4)医師と薬 (従来のアプローチ) の4つの軸からの改善方法が提示されているのが、とても素晴らしいです。 内容も易しく書かれていますので、うつの方でも本が読める状態の方には良いかもしれません。 うつの原因や仕組みについて、最新の精神医療の現場から納得のいく説明を受けられて、それに対する改善策も得られる。 非常にバランスの良い本でした。

次の

【タレント】#最上もが うつ病公表後に次々と心ない言葉

最上もが 鬱

2020. 14 元でんぱ組. incメンバーでタレントの最上もがが14日、自身のYouTubeチャンネルにて生配信を実施。 うつ病を患っていることを涙ながらに初告白した。 この日の配信で、自己紹介とともにこれまでの人生を幼少期から説明した最上。 そしてでんぱ組. incとして活動している時期についての説明に入ると、「今後の活動のためにも言っておきたいと思ったので、告げます」とし、「脱退した理由としてブログに『心身ともに疲れてしまって体調が悪化した』って言っていて、具体的には言っていなかったんですけど、うつ病になりました」と初告白。 続けて「ちなみに今も治っていないです。 最近ちょっと同じような人から相談のDMが来て、なんて言ったらいいんだろうって。 自分もすごい辛い瞬間が多いから」と話し、「自分がうつ病であることを言うことによって、少しでも同じ気持ちの人たちの助けになればいいな」と病気を明かした理由を明かした。 でんぱ組. incの脱退についても「現場にいたかったけど気持ちがついていけなくなっちゃって」と気持ちの問題であったと言い、「うつ病って理解されにくくて、傷が見えるわけではないから伝わらなくて甘えてるって思われるし、できていたことが全然できなくなって笑えなくなっちゃって。 人前に出るのもすごいしんどい時もあった」と涙ながらに語った。 当時は怖いという気持ちや仕事の都合もあり、病院に行けていなかったそうで、最近病院に行きうつ病と診断されたという。 うつ病が悪化したことででんぱ組. incを脱退し、さらにうつ病と似た症状で繊細な人の心の特徴である「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」でもあることが発覚。 ほかにも動画では、アイドルに対する誹謗中傷の怖さについてや、過酷な家庭環境や対人関係に悩み、ネットゲームが救いだったこと、アイドルになるまでの経緯などを語った。 配信後のInstagramの投稿では「でんぱ組を脱退した時うつ病なので、と言えなかったのは 甘えと言われるのが嫌だったのと、説明も難しかったからです」と改めて説明。 「しっかりと診断されたのは最近ですが、症状的には6年ほどだったので ある意味、診断されたときはほっとしました。 この考えは、いまの落ち込みは、治るんだっていう希望が少しでたからです」と少しメンタルが安定したという。 【自己紹介】初告白とかヘアケアとか質問色々!.

次の

【うつ病治療】うつの原因は脳の炎症にある!(鬱病の炎症モデルとは)|ライフハックアニメーション

最上もが 鬱

最上もが「うつ病になりました... 治療として毎日散歩をしたり、筋トレしたり、アニメ見たり、映画見たりしてます... 辛いです... 」 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ. com関東版 最上もが「うつ病になりました... 治療として毎日散歩をしたり、筋トレしたり、アニメ見たり、映画見たりしてます... 辛いです... 」 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ. com関東版 最上もが「うつ病になりました... 治療として毎日散歩をしたり、筋トレしたり、アニメ見たり、映画見たりしてます... 辛いです... 」は爆サイ. com関東版の芸能ニュース掲示板で今人気の話題です。 最上もが「うつ病になりました... 治療として毎日散歩をしたり、筋トレしたり、アニメ見たり、映画見たりしてます... 辛いです... 」の情報交換はこちらで。 最上は先月14日、自身のYouTubeの公式チャンネルの生配信で「(でんぱ組.incを)脱退した理由にブログで心身ともに疲れてしまって、体調が悪化してしまってと言ったんですが、具体的に何と言ってなくて」と回顧しつつ、「うつ病になりまして、ちなみに、今も治ってないです」とその理由がうつ病で、現在も闘病中であることを公表した。 この日はうつ病の公表を悩んでいたと明かし「『売名行為だ』とか、『甘えんな、もっと隠れて頑張っている人がいるのに』なんてメッセージもたくさん届いていました。 「何度でも言いますが、でんぱ組を辞めたくて辞めたわけではないし、でんぱ組のことは大好きです。 ただ、うつ病というのはなかなか周りの理解が難しい病気であり、自分自身でのコントロールも限界がきてしまっていたため、続けることができませんでした」とグループへの気持ちは変わらないと強調した。

次の