お金 借りる 利息。 【元銀行員が解説】無利息期間のあるカードローンの選び方

一時的にお金を借りるなら無利息サービスがお勧め

お金 借りる 利息

お金を借りるときの金利の計算方法 銀行やアコムなどの消費者金融でお金を借りる時にかかる金利。 詳しい計算方法まではわからないという人もいるかもしれません。 結局返さなくてはいけないお金だから、金利は低い方がいいに決まっていますよね。 借りる前にきちんと金利の仕組みを理解することがより有利な条件でお金を借りる近道です。 ここでは金利についてわかりやすく説明し、どれが一番有利な条件でお金を借りることができるかを比較していきます。 銀行や種類によって金利は異なるので、しっかり理解したうえでお金を借りることをおすすめします。 銀行などでよく見かけるお金を借りるときの「金利」ってなんのこと? 銀行などでお金を借りる時によく聞く、「金利」。 聞いたことはあるけれど、意味や計算方法はちょっと…という人のために、わかりやすく金利について説明します。 銀行などでお金を借りる際、キャッシングやカードローンの情報の中には必ず「金利」という文字が書かれています。 「金利」同様、他にもよく目にする「利率」、「利息」、「利子」の違いはわかりますか? 銀行などからお金を借りる時には、借りる期間や借りる人の信用度などによって異なるレンタル料のようなものがかかります。 これを「利息」といいます。 この「利息」は、元金に対してどのくらいの割合の「レンタル料=利息」を銀行に払ってもらうかを計算しています。 この「 元金に対する割合」というのが「 金利」にあたります。 この「割合=金利」が高いほど、高い「レンタル料=利息」を銀行などに払ってお金を借りるということです。 金利は割合なので「%」という単位で書かれています。 逆に銀行にお金を預けると、「 利率」によって計算された「 利息」を受け取れます。 銀行などでお金を借りるときにかかるレンタル料を「利息」、利息を計算するための元金に対する割合のことを「金利」や「利率」といいます。 大切なお金のことなので計算してみましょう。 このように計算すれば、自分が銀行などでお金を借りるときに元金プラスいくら返さなくてはいけないのかがわかります。 それほど複雑な計算ではないですよね! 利息もいざ計算してみると結構大きな金額になったりするので、実際に銀行などでお金を借りるときには金利をしっかり確認し、事前にきちんと利息を計算して、無理なく返済ができる金額を借りるようにしましょう。 低利息でお金を借りるためのポイント 銀行やアコムなどの消費者金融でお金を借りるとき、できるだけ安い利息で借りることができたら嬉しいですよね。 では、できるだけ安い利息でお金を借りるにはどうしたらいいのでしょうか? ポイントは2つあります。 借入期間をできるだけ少なくする 利息はお金の借入期間が長いほど高くなります。 例では借入期間をひと月=30日で計算しましたが、期間が2倍のふた月=60日になれば返さなくてはいけない利息も2倍になってしまいます。 なので、 利息を安くしたければ1日でも早くお金を返すようにしましょう。 金利ができるだけ低いところで借りる お金を借りるときの金利が返済しなくてはいけない利息に直接かかわってくるので、低金利のところで借りることで、支払う利息が安く済むようになります。 銀行やアコムなどの消費者金融でお金を借りる際、金利の数値を見てみると「 4. これは、銀行やアコムなどの消費者金融の貸す側が「 実際の金利は審査してからこの幅の中で決めますよ」という意味です。 特に最初にお金を借りるときには上限の数値が金利となることが非常に多いので、利息を安くしたければなるべく 上限金利の低いところから借りることがポイントです。 参考までに金利をまとめた表です。 0~14. 5% 10~800万円 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 1. 8~14. 6% 10~500万円 みずほ銀行カードローンコンフォートプラン 3. 5~14. 0% 10~1,000万円 りそなクイックカードローン 9. 0~12. 9~14. 5% 10~800万円 東京スター銀行スターカードローン 1. 8~14. 5~13. 8~13. 0~14. アコムでお金を返済することができるのは次の6つの方法があります。 また、お金を借りる時にはいくつもの金融機関で借りるのではなく、アコムならアコムで長くお付き合いを続けていくと、信用が得られ徐々に借入限度額が上がったり金利も下がったりするので一つの金融機関と長くお付き合いを続けるのがおすすめです。 利息なしで即日借りられるって本当?! 短期間だけお金を借りる場合には、 一定期間無利息の金利なしサービスです。 一定期間金利なしのサービスは、「定められた短い期間の中でお金を借りるなら金利なし=無利息で即日お金を借りることができるサービス」です。 こちらは、消費者金融や銀行カードローンで借りられます。 通常であれば、お金を借りるときには元金とともに金利から計算された利息を返済しなければなりません。 しかし、無利息期間があるキャッシングやカードローンならその間は金利なし、つまり無利息で即日お金を借りることができるのです。 ただ、こちらのサービスは各銀行や消費者金融によって 無利息になる期間や条件が異なります。 実際にお金を借りたいときにそれぞれの条件を比較して自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。 無利息サービス一覧 種類 業者名(商品名) 金利 無利息期間サービス 無利息期間 無利息期間の適用条件 銀行 ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2. 5~18. 0% 初回借入日から30日間• はじめての契約時のみ 愛媛銀行ひめぎんクイックカードローン 4. 4~14. はじめての契約時のみ• 「Web契約」で契約する 消費者金融 プロミス 4. 5~17. 8% 初回借入日の翌日から30日間• はじめての契約時のみ• プロミスにメールアドレスを登録する• 「Web明細」を利用する アコム 3. 0~18. 0% 契約日の翌日から30日間• はじめての契約時のみ• 返済期日を「35日ごと」に設定する アイフル 3. 0~18. 0% 契約日の翌日から30日間• はじめての契約時のみ ノーローン 4. 9~18. 0% 借入日の翌日から7日間• 何回でも適用• 目的に合った銀行ローンなら利息が低く安い! より低い金利でお金を借りるなら、銀行の目的に合ったローンがおすすめです。 銀行では使用目的が決められていないローンの他に、借りるお金の使用目的が決まっていれば、目的に特化した銀行ローンで借りる方が返済期間や金利がかなり優遇されるものもあります。 ここではお金を借りる際によく利用されているいくつかの目的別の銀行ローンを紹介していきます。 マイカーローン 車を購入する際に使えるマイカーローンは、車の販売員に勧められるがままに何も比較せずにディーラーで組むと銀行のマイカーローンよりも金利が高い可能性があります。 なぜならディーラーローンは信販会社系のローンなので、基本的に銀行のマイカーローンよりも金利が高いからです。 車のことだけでなく、利息のこともしっかり考えて納得のいくところでお金を借りるようにしましょう。 住宅ローン 住宅ローンは利用できる銀行も多いですし、銀行ごとにも金利や手数料、付保される保険内容によって異なる数種類の商品があったりします。 住宅ローンは長期でお金を借りる金融商品のため低金利となっていますが、借入金額が数百万以上と高額なため、金利差で支払額に大きな金額差が生じてきます。 住宅ローン利用する際にはじっくり考えてより金利が低く、自分の考えに合ったローンを選びましょう。 教育ローン こちらも利用できる銀行が多く、審査に通れば入学金と授業料分を合わせて一括など、まとまったお金を借りることができます。 「日本政策金融公庫の教育一般貸付」という、国の教育ローンもありますが、銀行の方が審査が通りやすいといわれています。 また、消費者金融などからも教育ローンを借りられますが、だいたい金利が高いことが多いので、あまりおすすめできません。 クレジットカードの金利手数料って? みなさんは大きな買い物でクレジットカードを使うとき、分割で払うことがありますか? 分割払いは便利ではあるものの、実は金利手数料というものが別途かかってきます。 クレジットカードで6万円を3回で払う場合には、金利手数料分も負担しなくてはなりません。 何回払いができるかや金利手数料は、クレジットカード会社によって異なりますが、ほとんど似たような設定になっています。 (例外もあります) たいていのクレジットカードは2回までの分割であれば金利手数料はかからず、クレジットカード会社にお金を借りることにはならないので、できるだけ分割は2回までにすると良いでしょう。 便利ではありますが、クレジットカードの使いすぎには気をつけましょう。 FP監修者コメント.

次の

お金を借りるときの金利の計算方法

お金 借りる 利息

利回り、金利、利子、利息。 違いは分かる? 執筆者:株式会社ZUU 2017年12月7日 世の中には、よく耳にするけど違いは分かりづらい用語があります。 今回は「利回り」「金利」「利子」「利息」の4つについて、クイズ形式で解説します。 次のQ1〜Q4にあてはまる用語を、a~dの選択肢から選んでみましょう。 Q1 投資したお金に対して、利益の割合を示す数値を表現するのに使う言葉とは? Q2 住宅ローンを借りるときに返済金額に大きくかかわってくるのは、借入金額と返済期間と何? Q3 お金を借りた場合に、現金にプラスして返却するのは? Q4 銀行にお金を預けると、金額と期間に応じてもらえるお金とは? <回答の選択肢> a. 利息 b. 金利 c. 利回り d. 利子 答え合わせと解説 さて、クイズの答え合せです。 A1) c. 利回り A2) b. 金利 A3) d. 利子 A4) a. 利息 あなたはそれぞれの違いを説明できるでしょうか?ここからは使い分けるポイントを理解していきましょう。 利回り 投資額に対する利益全体の割合を一定期間当たりの平均で示したものです。 断りなく「利回り」と言う場合は、1年間の利回りをさすことが多いでしょう。 金利 お金を借りる側が、借りたお金に追加して支払う金額の割合のことをさします。 利子 お金を借りる側が、貸した側に元本に追加して支払うお金のことをさします。 利子は、貸し借りした金額に金利をかけて計算されます。 利息 お金を貸した側が、元本に追加して受け取るお金のことをさします。 これらの用語を使い分けるポイントは、割合と金額であると言えます。 「利回り」と「金利」は割合をさす言葉で、「利子」と「利息」は金額をさす言葉と覚えておくといいでしょう。 さらに詳しく解説! さらに詳しく解説すると、「利回り」は、投資実績を評価するときにも使います。 たとえば、1,000円で買った株の配当金20円を受け取り、1年後にその株を1,030円で売った場合には、配当金の20円と売却益30円(1,030円-1,000円)を足した50円が利益となります。 投資額1,000円に対して1年間で50円の利益が出たため、この売買での利回りは5%だったと表現することができます。 また「金利」については、現金での貸し借り時に多く使われる言葉なので、利回りのように売却益など、運用で得た利益は金利に含みません。 金利は金額そのものをさす場合もありますが、前述のように、もとの金額に対して支払った金額の割合という意味で使われることのほうが多いでしょう。 「利子」は金額に金利をかけて計算されることはすでに解説していますが、貸し借りをした金額に比例して変動します。 そして、「利子」と「利息」に関しては、借りた場合に支払う金額を「利子」、貸した場合に受け取る金額を「利息」とする使い分け方もあるようですが、厳密に使い分けられているわけではありません。 ただし、利息制限法のように法律で使われる場合は、法に沿って使い分けるのが賢明です。 違いが分かると、暮らしやお金に関する知識が高まる ここまで、4つの用語の基本的な違いについて確認してきましたが、法関係で使う以外、一般的にはここで確認した使い分けが絶対ではありません。 しかし、用語の基本的な意味を理解し、変則的な使い方があることを知っておくだけでも、暮らしへの知識が高まり、お金への理解度も変わります。 これを機に、しっかりと覚えておくといいでしょう。

次の

【元銀行員が解説】無利息期間のあるカードローンの選び方

お金 借りる 利息

そこで今回はアコムから10万円・30万円・50万円・100万円を借りた場合、実際にいくらの利息が発生するのかを調査しました。 毎月の返済金額と返済期間によって、どのぐらいの差が生まれるのか徹底シミュレーションしています。 難しい言葉はなるべく使わず、みなさんが知りたいことをまとめましたので、これを読めば利息を少なくするにはどうすべきなのか?オトクな借金の返し方がわかると思います。 キャッシング業者から言われた通りの最低返済額で返済している人は、ぜひ読んでみてくださいね。 アコムでは「いつ」「いくら」返せばいいの? まずはの返済について、基本的なルールを確認していきましょう。 毎回の返済額はいくらになるの? の最少返済額は、下記の式で計算できます。 また、この場合の「一定の割合」は、各々に設定された利用限度額によって下記のように設定されています。 利用限度額 一定の割合 30万円以下 4. それでは、利用限度額30万円の利用者が10万円を借入れた場合の返済額を計算してみましょう。 では、利用限度額50万円の利用者が50万円を借入れた場合はどうでしょうか。 ちなみに、上記の返済額はいずれも 最少返済額なので、この金額以上であればいくら返済してもOKです。 いつ返せばいいの? 返済期日は 35日毎と 毎月指定期日の2種類があり、どちらかを選びます。 35日毎 この場合、返済日と返済日の間隔が35日以内であればいつ返済してもOKです。 次回の返済日は、 前回返済日の翌日から数えて35日目となります。 たとえば、前回の返済日が4月30日の場合、6月4日までに返済すればOKです。 毎月指定期日 利用者が都合のいい返済期日を指定し、毎月、その日に返済していきます(口座振替で返済する場合、返済期日は自動的に毎月6日に設定されます)。 例) 10日を返済期日に指定した場合、毎月10日までに返済することになる ただし、返済期日より15日以上前に返済すると、前月分の追加入金扱いになってしまうので注意しましょう(この場合、今月分は改めて返済しなければならない)。 利息総額はいくらになる?(借入額5万円~100万円の場合) アコムで5万円~100万円を借入れ、最少返済額を返済していくとすると、利息総額はいくらになるのでしょうか。 計算して表にまとめてみました。 金利が低くなるにつれ、利息総額は安くなる• 返済回数は、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが少ない• 利息総額は、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが安い 毎月、返済期日ぴったりに返済すると仮定すると、当然、「35日毎」より「毎月指定期日」のほうが返済のピッチは速くなります。 そのため、返済回数も利息総額も少なくなるのです。 なんと、約1万6000円もの差が生まれます。 毎回、返済期日ぴったりに返済するなら、「毎月指定期日」のほうが利息を節約できるのです。 利息をおさえるにはとにかく多めに返すこと! 「毎月指定期日で返済する」以外にも、利息をおさえる方法があります。 たとえば、 毎回少しでも多く返済することで、支払い利息はかなり抑えられます。 では、返済額を増やすと、どれだけ利息をおさえられるのか、こちらも表にまとめてみました。 その返済額を1万円にすると、利息総額は9,024円。 5,000円ずつの返済に比べて、半分以下になります。 同じ条件で2万円ずつ返済すれば、利息総額は4万1725円になります。 なんと、約2万8000円もの利息を節約できるのです。 同じ条件で2万円ずつ返済すれば、利息総額は12万8953円となります。 利息総額の差は約6万5000円です。 数千円でも多く返したほうがいい! これまでの検証で、 数千円でも多めに支払えば、利息を数万円節約することもできることがわかりました。 1,000円でも2,000円でもいいので、可能な限り、多めに支払いましょう。 なぜ返済額を増やすと利息を節約できるのか では、なぜ返済額を増やすと、利息を節約できるのでしょうか(すでにご存知だったり、興味がない場合はここは読み飛ばしてください)。 毎回支払う利息は、下記の式で計算されます。 5,000円を返済した場合、 5,000円-1,726円=3,274円 3,274円が元金の返済にあてられ、 1万円を返済した場合は、 1万円-1,726円=8,274円 8,274円が元金の返済にあてられます。 つまり、多く返すほど元金も速く減っていきます。 そして、利息は元金に金利をかけて計算しますから、元金が少なければそれだけ利息も少なくなります。 毎回 多めに返済すればそれだけ元金の減りも速まり、結果的に利息も節約できるということです。 カードローン4社を比較!アコムの利息は高い?安い? ここからは、アコムと他社の利息総額を比べ、「アコムの利息が高いのか安いのか」検証したいと思います。 比較対象3社の基本情報 比較対象として銀行のカードローンとJAのカードローン、計3社をピックアップしました。 まずは各社の基本情報を確認しましょう。 会社名・商品名 金利 返済方式 返済期日 カードローン 3. 0~18. 毎月指定日• 35日ごと バンクイック 1. 8~14. 6% 残高スライド元利定額リボルビング方式• 毎月指定日• 35日ごと 1. 59~7. 毎月5日 JAネットローン カードローン 9. 35~11. 返済額に利息が含まれる• 途中で追加借入れしない限り、完済まで最少返済額が変わらない 一方、アコム以外の3社はすべて 残高スライド元利定額リボルビング方式です。 残高スライド元利定額リボルビング方式の特徴は下記です。 返済額に利息が含まれる• 最少返済額は、借入残高に応じて増減する• 返済によって借入残高が減ると、それに応じて最少返済額も少なくなる なお、を解説しておりますので、 興味があれば読んでみてください。 各社の最少返済額は? アコムの最少返済額については先ほど説明しましたので、その他3社の最少返済額を紹介します。 1%超の場合です。 住信SBIネット銀行Mr. 借入額10万円で比較 それでは、各社の利息総額がいくらになるか、シミュレーションしていきましょう。 シミュレーションは、下記の条件で行います。 返済期日は「毎月1回」で統一する まずは、10万円を借入れた場合の利息総額を比較してみましょう。 カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. 返済額が同じなら、金利が低いほど利息も安くなる(借入額がいくらでも同じ)• カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱UFJ銀行の利息差は約28万円(アコムのほうが安い)• カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. カードローン(プレミアムコース) 7. 最少返済額で返済する場合、アコムと三菱UFJ銀行の利息差は約81万7000円(アコムのほうが安い)• 最少返済額で返済する場合、アコムとJAの利息差は約18万6000円(アコムのほうが安い)• 三菱UFJ銀行との金利差はわずか0. アコムの利息は高い? 最後に、アコムと他社の利息総額を比較してわかったことをまとめます。 まず返済額が同じ金額の場合。 当然ですが、 金利が低いほど利息も安くなるので、もっとも金利の高いアコムが不利になってしまいます。 では、最少返済額で返済する場合はどうでしょう。 三菱UFJ銀行と比べると、借入額10万円・30万円・50万円・100万円すべてのケースでアコムに軍配が上がりました。 このように、アコムのような高金利のローンで借りてしまっても、返済方法次第で利息をおさえることができます。 できるだけ多めに返せば、そのぶん利息を減らすことができます。 早めの完済を目指しましょう。 なお、していますので、こちらもあわせてご覧になってみてください。 カードローン申込数ランキング.

次の