消費 税 ポイント 還元 対象。 消費者の皆様 TOP

キャッシュレス・ポイント還元事業に係る消費税の取扱いと仕訳例

消費 税 ポイント 還元 対象

増税後に変わったコーポレートカードのキャッシュレス決済 法人・事業主が利用する「キャッシュレス決済」のポイントは課税対象です。 消費税が増税になってから特に注目されていますが、以前とは何が違うのでしょうか。 消費者還元期間は、2019年10月~2020年6月までの間で、ポイント還元の「対象店舗」で、「対象キャッシュレス手段」で支払うことが必要です。 注意する点は、対象キャッシュレス手段が対象店舗によって違う点です。 クレジットカードやデビットカードだけをキャッシュレス手段としている店舗もあれば、電子マネーやQRコードなどをキャッシュレス手段に加えている店舗もあります。 (参考) 法人の場合、キャッシュレス手段は一般的にはコーポレートカード決済となるわけですが、還元されたポイントが貯まっていけばギフトカードや電子マネーに変えて、また別の使途に利用できます。 また、マイルに変えて旅費交通費として利用することも可能でしょう。 コーポレートカードの種類によっては、今までもポイント還元のサービスが付加されていたものもあります。 利用する金額が大きいコーポレートカードなら、還元される金額も貯まりやすくて法人にとってもメリットになります。 キャッシュレス決済のポイント還元事業の仕組みとは キャッシュレス決済によるポイント還元事業の仕組みを、もう少し詳しく解説していきましょう。 この事業の目的は消費増税後の需要平準化対策、消費者の利便性向上と、中小・小規模のポイント還元支援です。 そのため、「ポイント還元事業の対象店」は主に中小・小規模事業者になっています。 今回の事業は、増税に関連しているため9ケ月間だけと限定されているものですが、各コーポレートカード会社では以前から、独自にポイント還元サービスを行っているところがあります。 今後キャッシュレス決済はますます身近になっていく傾向がありますので、経理担当者は、ポイント還元の会計処理について理解を深めておきましょう。 コーポレートカードのポイント還元の会計処理について 還元されたポイントは大小にかかわらず、付与されたときから利用できる「疑似通貨」と捉えられます。 そのため本来の意味では「雑収入」ともいえますが、実務では明確な基準がないため、よほど高額なポイントでなければ、付与されているだけで仕訳が発生することはないのが現状です。 また、ポイント付与と利用のタイミングで仕訳が変わるとも考えられています。 ポイントが付与されても一定期間が経過すると自然消失する性質のものもあります。 例えば、コーポレートカード利用で文房具を購入し、ポイントが付与された際の仕訳は次の通りです。 借方 金額 貸方 金額 事務用品費 3,000円 未払金 3,000円 ただし、付与されたポイントを利用した際には仕訳が発生します。 ポイント分を収入と捉えるか、値引きと捉えるかで仕訳方法が変わるのです。 コーポレートカードのポイント1,000円分を利用して5,000円の文房具を購入した際の、それぞれの仕訳は次の通りです。 <収入とする場合> 借方 金額 貸方 金額 事務用品費 5,000円 未払金 4,000円 雑収入 1,000円 <値引きとする場合> 借方 金額 貸方 金額 事務用品費 4,000円 未払金 4,000円 どちらも選択できる仕訳方法ですが、どちらを基準とするかは税理士などと相談しながら社内で統一させましょう。 コーポレートカードのポイント還元で経理が注意すべきこと ポイント利用時の仕訳方法には二通りがありますが、どちらも混在しないようにしなければなりません。 どちらかの仕訳を継続的に選択する必要がある点に注意してください。 消費税の取り扱いについては、ポイントが付与されたときは不課税ですが、一部にポイントを利用したときのポイント分は不課税となりますので、課税と不課税が混在する点に気をつけましょう。 また、減価償却が必要な高額な固定資産を購入する場合、仕訳の仕方によって減価償却の金額に違いが生まれます。 仕訳の選択は、さまざまなケースを想定して決めるようにしましょう。 コーポレートカードの利用は、後から請求一覧で確認することになるため、ひとつひとつ明細を確認しながら進める必要があります。 ポイント還元もですが、利用明細には軽減税率適用のものも混在していることがあります。 チェック漏れがないことはもちろん、会計処理の仕方を社内で統一するために業務フローなどを作成し、ダブルチェックができるようにしておくことも大切です。

次の

2019年10月予定の消費税10%への増税に伴い、5% or 2%をポイントやキャッシュバックで消費者に還元!?

消費 税 ポイント 還元 対象

合わせて2020年の東京オリンピックに向けキャッシュレス対応を政府が促進しているため、ポイント還元制度も9ヶ月間限定でスタート! 個人的には各交通機関も定期券も10月以降値上げすることから、9月中に定期券6ヶ月分購入しました。 もちろんクレジットカード払い。 ポイント還元制度を知らない人は殆どいないと思いますが、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をした場合、ポイント還元で増えた消費税分を一時的に補填するという内容です。 ではどのクレジットカードなどのキャッシュレス決済がポイント還元の対象なのか、ちゃんと把握してますか? 対象のクレカやPayPayなどのスマホ決済、また対象店舗などポイント還元制度について簡単に説明します。 「日々の生活において幅広い消費者が消費・利活用しているものに係る消費税負担を軽減する」 軽減税率対象品目は 食料飲料(酒・外食以外)と 新聞(定期購読のみ)です。 食料飲料は、外食・酒類は除外されます。 毎日お酒を飲む方は買い溜めしておいた方がいいですね。 ちなみにコンビニのお弁当は外食に当たるのか?でいうと、基本は当たりません。 しかし、イートインなどで食べることが前提になっているものは、外食にあたり、軽減税率の適用外になってしまいます。 正直、いちいち考えている暇がないと思うので、大枠を理解しておけばいいと思います。 出前館などで注文した出前は外食にあたらないので軽減税率の対象です。 経過措置 契約は2019年10月前 増税前 でも、対価を受け取ったり利用したりするのが増税後になる取引については、増税前の税率が適用されるというものです。 ちょっと小難しいですね。 イメージしやすいケースですと、電気やガスなど公共料金の支払いなどあります。 例えば、2019年9月に契約 継続契約が殆ど があった場合、10月に支払い金額が確定します。 他にも色んなケースがありますが、基本的に計算などするのは、お店やサービスの提供側になるので、一般の方はあまり気にしなくても勝手にやってくれますのでご安心を。 対象店舗 全ての買い物でポイント還元がある訳ではありません。 売上500億円未満の企業が運営するサービスや店舗などのみが対象となります。 現在(2019年7月31日時点)申請があった店舗は239,273店舗です。 ずっと続くわけではありません。 期間限定です。 キャッシュレス・消費者還元事業の登録決済事業者リストは775社にのぼります。 クレジットカードはVISA・MasterCard・JCB・アメックス・ダイナースクラブが対象です。 クレジットカードはほぼ対象ですね。 以下詳細です。 このあたりのクレジットカードを作っておくと対象店舗も多くポイント還元の恩恵受けやすいのではないかと思います。 対象のクレジットカードやデビットカードをカード番号から検索もできるので今持っているカードが対象なのかチェックしてみるといいです。 おすすめは、JCBです。 JCBは日本を代表する唯一の国際ブランドですが、ブランドとしての立場に加えて、自社でクレジットカードを発行しています。 私も使っている消費税増税ポイント還元対象のおすすめクレジットカードをご紹介しますね。 法人カード 個人事業主・会社経営の方は法人カードを作っている方も多いでしょう。 経費削減か一元管理などメリットが豊富です。 法人カードも増税時のポイント還元制度の対象になりますので、まだ作っていない方はお早めに。 貯まったポイントを会社備品などに使えばさらに経費削減になります。 総合点の高い法人カードの紹介はこちらの記事でしております。 最後に 今後も、ポイント還元対象のクレジットカード会社が増えてくることが予想されます。 楽天はクレジットカードを発行していますが、対象企業に「 楽天・汎用サービス」となっています。 これは楽天市場などで利用した分もポイント還元の対象になるのでは?と筆者は考えており、そうなれば楽天カードはやはり必須アイテムになってきそうです。 私も持っていますが、楽天カードは年会費無料で、発行時にキャンペーンをやっているので数千ポイントがゲットできます。 楽天市場(ネットショッピング)でも使えるのでチャンスです。 消費税増税のポイント還元対象カードですので、持っていて間違いないカードです!.

次の

【消費税ポイント還元対象】Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングはどれを使えば1番お得なのか比較してみた。

消費 税 ポイント 還元 対象

2019年10月1日から消費税が増税されますが、キャッシュレス決済すればポイント還元が行われます。 福井県福井市のポイント還元加盟店一覧は次の通り。 あらためて、ポイントが還元されるまでの流れをチェックしましょう。 ポイント還元事業の期間 10月1日から2020年6月末まで実施 5%還元対象店舗 一般の中小店舗 2%還元対象店舗 コンビニなどのフランチャイズチェーン、ガソリンスタンド 条件 キャッシュレス決済で支払いをすること 主なキャッシュレス決済手段 クレジットカードやデビットカード、電子マネー、プリペイド、スマートフォンを使ったRQコード決済 ポイントの還元率 税込価格にかかる。 例えば、税込価格1万1000円(本体1万円+消費税1000円)の場合、5%還元の店では550円分のポイントが還元される。 還元方法 「ポイント付与」は、決済額に応じたポイントやチャージ額を付与する方法。 「即時充当」は、購入したその場で購入金額にポイント相当額を充当する方法。 「引落相殺」は、利用金額に応じた金額を口座から直接引き落とす際に、ポイント相当額を相殺する方法。 「口座充当」は、少なくとも1カ月以内の期間ごとに口座にポイント相当額を付与する方法。 ショッピングなどECのショッピングモールやマーケットプレイスに出店する中小店舗も対象になります。 参考: 【福井県福井市】軽減税率とは?期間は?適用対象は? 軽減税率とは 所得の低い人の家計負担が消費税増税で強まるのを和らげるため、生活必需品などの消費税率を8%のまま据え置こうというもの。 参考:.

次の