離島 ツアー あ つもり。 観光客の少ない沖縄の離島で3~4日ゆっくりしたい

【あつ森】離島ツアーの種類一覧とレア島の行き方【あつまれどうぶつの森】

離島 ツアー あ つもり

通常は一つの島に一人出現 通常、勧誘ツアーで行く離島にはどうぶつが一人出現します。 1日の上限があるかは不明ですが、1日に15回行った場合でも毎回ちゃんと出現していました。 初期は3人まで勧誘が可能 離島ツアーに行けるようになった段階で、自分の島に住める住人(どうぶつ)の数は最大5人です。 すでに初期住人2人が住んでいるので残りは3枠。 そのため、 3人勧誘した後は離島ツアーに行ってもどうぶつが出現しません。 また3~5人目の性格は固定で• ボク系(ぼんやり系)• わたし系(ふつう系)• アタイ系(元気系) を一人ずつ勧誘できます。 関連記事: 3軒の家 準備クエストに注意 最速でプレイした場合、3日目にたぬきちから「新しい3軒分の家を用意してほしい」という依頼を受けます。 これは家の場所と家具をそれぞれ用意するクエストですが、 家具を 用意してたぬきちに報告した 時点で引っ越してくるどうぶつが決まる(成約済みになる)ので要注意です。 既に離島ツアーで3人を勧誘済みの状態であれば、その3人が翌日から一人ずつ引っ越してきますが・・・ 離島ツアーでの勧誘が済んでいないない場合は、ランダムな住人が引っ越してきます。 「勧誘していないのに離島ツアーでどうぶつが出てこない」という方は、このクエストで既に移住予定のどうぶつが決まっている状態だと思われます。 キャンプサイト設置後に注意 キャンプサイトで6人目の住人(キザ系)を島に勧誘した後、たぬきちに話しかけて「売り土地」を出すと離島ツアーに再びどうぶつが出現するようになります。 「売り土地」は複数同時に出すことが出来ますが、 離島ツアーで勧誘できるのは1日に1人までです。 7人目~10人目の住人を離島ツアーで勧誘する場合は、• マイルを貯める• 1つだけ「売り土地」を出す• その日のうちに離島ツアーで勧誘 と一人ずつ順番に行うのがおすすめです。 勝手に成約済みになるタイミングは売り地を出した翌日とは限らないそうですが・・・ どうなる私の9人目。 (結果は) どうぶつが出現しない理由まとめ キャンプサイト設置前の方(3~5人目)• 初期の離島ツアーでの勧誘は 3人までです。 たぬきちの「 家を3軒用意するクエスト」を終えていると勧誘ができません。 キャンプサイト設置後の方(7~10人目)• 空いている 「売り土地」が必要です。 離島ツアーでの勧誘は 1日1人までです。 MAX10人目以降はだれかが引っ越して再び「売り土地」が空いた場合のみ、離島ツアーでどうぶつが出現します。

次の

【あつ森】離島ツアーで疑似タランチュラ島を作って歩きまわった結果

離島 ツアー あ つもり

私がおすすめするのは、宮古島はいかがですか? 完全に観光地化している石垣島とは違って、宮古島は半分田舎です。 観光客が少ないので海浜はとても綺麗です、海もグラデーションが素晴らしい。 この宮古島は珍しいサンゴが積み上がってできた島で、海に浮いているのだそうです。 また高い山がなく標高が最大でも八十メートルの丘があるだけといいます。 山も川もない珍しい島なのです。 なので、坂も少ないのでレンタル自転車やバイクで走るのも快適です。 それに宮古島からは、近くの来間島、池間島へは海の中に渡された橋で つながっているので車やレンタバイクでスイスイと行くことが出来ます。 また平良港からフェリーで20分で行ける伊良部島、その伊良部島から 6本の橋でつながっている下地島にはあの日本でこの島にしかない珍しい空港が。 週に何度か、ジェット機のパイロットの訓練飛行があってタッチダウンの繰り返し 飛行練習が見れますよ。 それを楽しみにやって来る観光客もいるそうです。 滑走路傍からから発着する飛行機の真下から写真撮影できます。 また機会があれば一度入ってみることを勧めるのは宮古島の島本から 船で20分ほどの所にある「大神島」は本当に神秘な島です。 周囲には海浜が引き潮になると大きな石がゴロゴロ転がっている姿は見事です。 写真撮るのもよし、潜るのもよし、3~4日都会の喧騒から離れてゆっくり出来ます。 島民はもう30人を割ったかな。 もう無人島になりそうな島ですが、神が宿る岩など 海の綺麗さはまずは日本一でしょう。 肝心の民宿とか宿の件ですね。 詳しくは 私がよく利用するのは下地島にある民宿「いなうの郷」や研修するパイロットために 建設された「オーシャンハウスさしば」はいかがでしょう。 比較的宿泊値段も安いですし、いなうの郷の女将さんの親切なこと。 朝食500円はうまかった。 またさしば(=鳥の鷹のことらしい)の方は2人用から4陣容、そして家族で泊まれるコテージまで あるようです。 一度ホームページを見て下さい。 それにしても宮古島は海外にいるようなのんびりしたゆったり時間が流れているようで癒されます。 民宿で良いなら多くの島に宿泊施設はあると思います。 家族5人で行きます。 沖縄の海はサンゴ礁なので泳ぎにくい。 ビーチサンダル履かないと危ないし、潮の満ち引きで浅過ぎたり、先まで行くうちに潮が満ちてきたりということもあります。 浜遊び、水遊び程度ならいいんですけどね。 ただ夏の日中は避けましょう。 やけどになります。 伊江島、観光客は多くないですが、修学旅行は来たりします(秋~冬)。 のんびりした島で水族館と組み合わせるのはいい。 ただ、3~4日は飽きるかも。 観光客がほとんど行かないのは不便な島です。 南北大東島や多良間島とか。 伊是名とかも少ないのではないでしょうか。 場合によっては奄美群島でも良いように思います。 一言で「沖縄」といっても範囲はとても広いです。 ひとつは沖縄本島を中心としたエリア もうひとつは石垣島を拠点に八重山エリアです。 (宮古島も含む) 静かに過ごすなら石垣島エリアでしょうね。 沖縄本島は都会です。 石垣島は街という感じ、離島は村です。 石垣島を拠点に離島へ渡るのが一番ですが、コストもかかりますし家族で泊まれる宿が限られてきます。 例えば波照間島でいうと、石垣島から航路で1時間です。 1日5便(夏)ありますが、風と波の影響を受けやすく毎日のように欠航します。 日程に余裕がないと島に渡れない、帰れないというリスクが絶えずあります。 (台風など特異な条件でなく晴天でも欠航します) ニシハマという素晴らしい海岸がありますが、そこに隣接して建つペンションが1軒、あとは部落内にホテルと呼ぶ小規模な宿が1軒、ほかはほとんどが民宿になりますから「家族5人で海岸沿い」となるとペンション一択です。 行けば素敵な旅行になりますがコストはかかりますね。 波照間島は島民が約500人、宿泊施設はざっと暗算で200室くらいかな。 人気はありますが観光のメッカというほど混雑はしません。 日帰り客が帰れば静かな佇まいになりますので。 ただ、もしかしてこの夏の予定ならば、もう宿はおおよそ埋まってますよ。 あとは候補として石垣島の市街地から離れたコテージやペンション、貸別荘ですね。 伊原間(いばるま)や野底、米原(よねはら)川平(かびら)あたりには小規模な宿が点在しています。 ほとんどが移住者の方が経営していて北海道からの人も居ますよ。 こちらなら、レンタカーで移動し3泊から4泊、のんびり過ごすことも可能でしょう。 このような宿はツアーに組み込まれる事が少ないので、航空券と別に自分で手配する必要があります。 石垣空港が新しくなったので、直行便出てますかね?以前は那覇経由しかなかったので、このあたりは出発空港との兼ね合いになりますが、もし那覇経由なら前後1日は移動日になってしまうので石垣島滞在は2、3日になってしまいますね。 そうならば離島は日帰りで行ける竹富島の観光くらいにして、石垣島滞在をお勧めします。 もし、1泊5日ツアーなんてのがあればそれを利用し、残る4泊は上述のコテージなどを利用すればお安くなると思いますよ。 ご参考まで。 Q 今の会社に勤続20年になり、一週間のリフレッシュ休暇がもらえる予定です。 せっかくの機会なので、ゆっくりと滞在型の休暇旅行を考えていますが、お勧めの場所を教えて下さい。 子供の夏休みに合わせて、親子3人で、8月中旬くらいに行きたいのですが、イメージとしては南の島のバカンスを考えています。 私個人は、山奥の温泉あたりで一週間ゆっくり充電したいのですが、それでは高一の娘が退屈しすぎてダメでしょう。 これほどの休暇が取れる機会は、もうないでしょうし、親子で家族旅行なんて、これが最後になるかもしれませんし。 ずっと昔に行ったボラボラ島のハネムーンが懐かしい想い出ですが、あの頃のように若くもなく、あれほど贅沢な旅行も経済的には難しいので、沖縄県の離島 石垣、西表あたり? か小笠原、サイパン、グアムあたりがせいぜいかと思います。 基本スタイルとしては、一カ所にずっと滞在して、ゆっくりとリゾートの快適さを満喫しつつ、妻と娘向けにその日の気分でアクティビティをチョイスできるような所をねらってるんですが、お勧めの場所・ホテルなどありましたら教えて下さい。 今の会社に勤続20年になり、一週間のリフレッシュ休暇がもらえる予定です。 せっかくの機会なので、ゆっくりと滞在型の休暇旅行を考えていますが、お勧めの場所を教えて下さい。 子供の夏休みに合わせて、親子3人で、8月中旬くらいに行きたいのですが、イメージとしては南の島のバカンスを考えています。 私個人は、山奥の温泉あたりで一週間ゆっくり充電したいのですが、それでは高一の娘が退屈しすぎてダメでしょう。 これほどの休暇が取れる機会は、もうないでしょうし、親子で家族旅行なんて、これが最後... A ベストアンサー ご予算が許せば、石垣島のクラブメッドカビラなどいかがですか? 高いようですが、全食費込みですし、無料のアクティビティもあります。 無料のアクティビティをチェックして、上手に使うと、リッチな気分で節約できます。 スタッフに外人さんも多いので、高校生のお嬢さんは外国気分で喜ばれるのでは。 長期滞在しても飽きないと思います。 目の前の海で泳ぐのでしたら、バスタオルがビーチにあって使い放題で、シュノーケル・マスク・フィン・ライフジャケットなど無料レンタル、シュノーケルのミニツアーやシーカヤックなども無料で楽しめたと思います。 (私が宿泊した時と変わっているかもしれないのでご確認くださいね) 他にも大きなホテルはみんな豊富なアクティビティを持っています。 それほどリッチなホテルでなくても、ということでしたら、 石垣港近くに、そんなに高くないホテルがたくさんあります。 ホテル代を節約した分、遊びに回して、他の島へ遊びに行くのもいいですよね。 hirata-group. jsp そういうツアーじゃないほうがよろしければ、私のお勧めはここです。 ocn. リッチではないですが、楽しいです。 ガイドのマイクはアメリカ人です。 石垣島限定で書いてしまいましたが、それは西表島より便利だからです。 西表島にも宿泊したことがありますが、ダイビングが目的でした。 そうでなければ西表より石垣島の方が遊びの選択範囲が広くていいと思います。 ご予算が許せば、石垣島のクラブメッドカビラなどいかがですか? 高いようですが、全食費込みですし、無料のアクティビティもあります。 無料のアクティビティをチェックして、上手に使うと、リッチな気分で節約できます。 スタッフに外人さんも多いので、高校生のお嬢さんは外国気分で喜ばれるのでは。 長期滞在しても飽きないと思います。 目の前の海で泳ぐのでしたら、バスタオルがビーチにあって使い放題で、シュノーケル・マスク・フィン・ライフジャケットなど無料レンタル、シュノーケルのミニツアーや... A ベストアンサー 質問文から拝見したところだけ&推定したところだと、本島の方が良いのではないかなと思います。 ・沖縄が初めてなら、見所は本島に多いので、そこでまず見てから次回以降、離島を選ぶのでも十分。 ・観光も想定しているとなると、離島には観光スポットが少ないのでビギナーにはやや退屈か。 本島なら、琉球村などのテーマパークも、グスク群などの遺跡もあります。 ・海にしても、スパのあるような高級ホテルなら本島でも離島でもビーチは同レベル。 ・おいしいものを食べるには、離島は飲食店数が圧倒的に少ないし、 離島に行かないと食べられない!というようなものは無い。 ・ホテルの選択肢も本島の方が多いし、旅費も安くすむ。 ・リゾートホテルに泊まってしまえば、中は離島も本島も変わらない。 どころか、本島の方がホテルレベルは高い とまぁ、こんな感じで、本島の方がよいのではないかなと思われます。 特に、 2の方がおっしゃるとおり、華やかさやアクティビティの豊富さとか、 チャンプルー文化的な沖縄も是非見ておきたい、というなら、本島でしょう。 ただ、離島じゃないとダメ!というものは、私自身は「なきにしもあらず」と思います。 癒されたいのが「スパのマッサージや、高級ホテルのサービスで癒されたい」 というのであれば、離島である必要性がないのですが、 「何もない」という癒しがあるのが離島です。 ほんと、田舎の良さ、みたいな。 設備がしっかり整っていてお姫様気分で自分がラクである「癒し」なのか、 何もない静けさや自然の美しさによる、そこにいることが「癒し」なのか の違いとでもいうか。 上手く表現できないんですが。 私は、リゾートホテルやスパは自分には分不相応な高級さを感じてしまって なかなかゆっくりできない貧乏性なので、離島派になってしまいました。 今回は、本島の方が目的達成が出来ると思います。 素敵な旅になりますように~。 質問文から拝見したところだけ&推定したところだと、本島の方が良いのではないかなと思います。 ・沖縄が初めてなら、見所は本島に多いので、そこでまず見てから次回以降、離島を選ぶのでも十分。 ・観光も想定しているとなると、離島には観光スポットが少ないのでビギナーにはやや退屈か。 本島なら、琉球村などのテーマパークも、グスク群などの遺跡もあります。 ・海にしても、スパのあるような高級ホテルなら本島でも離島でもビーチは同レベル。 ・おいしいものを食べるには、離島は飲食店数が圧倒... Q 9月中旬、沖縄へ一人旅します。 20代女性です。 那覇周辺で数日過ごした後、 1泊2日(1日目の昼~2日目の夕方頃まで滞在予定)で離島へも行きたいと思っています。 離島に行きたい目的 ・静かなところでのんびり過ごしたい ・きれいな海や景色を眺めたい ・星空が綺麗だと聞いたので眺めてみたい 特に、今回はダイビングは考えていません。 (せっかく行くならシュノーケルはしたいかな、とは迷っています) 女性一人でも、泊まりやすい宿が多い(施設や衛生面など) 一人でぶらっとしやすい(笑)雰囲気だといいなぁと思っています。 沖縄本島の南半分は都会すぎて面白くないので、沖縄は離島がいいと思うのですが、その中でも沖縄本島からフェリーで行けるのが座間味島、渡嘉敷島、粟国島、久米島などですね(他にもありますが)。 いずれにも行ったことがあり、久米島は遠方の砂浜などは面白いのですが、ちょっと遠い感じです。 離島に行きたい目的に書かれた3点は、座間味島でも渡嘉敷島でもOKです。 でもとくに海が綺麗で眺めも綺麗(星空もOK)なのは、宮古島ですけれど。 ただ、厄介なのは一人で泊まれる宿が少ないんですよ。 民宿があってもお一人様NGは結構あります。 それにこの時期は夏の高いシーズン料金をまだ取るところと、シーズンオフの料金にしているところがあり、お客の反応をみて使い分けています(そんな民宿があります)。 施設や衛生面などは、期待しないほうがよろしい。 ホテルはあっても数は少ないので、ネットでよく調べてください。 では、座間味島と渡嘉敷島では、どちらがいいか…これは好みにもよりますから、決め難いですねー。 座間味島の見どころは、港周辺とレンタサイクルでちょっと走ったケラマビーチという砂浜くらいですかね。 座間味島の港の近くの岩礁あたりをブラつくと、引き潮で取り残された熱帯魚たちが狭い水たまりの中を泳いでいたりします。 眺めの良い高台に行くと東屋があり、海がよく見えます。 また、座間味港の波止場から夜に真北を見ると、晴れていれば北極星とその周りにある北斗七星やカシオペア座がよく眺められますし、天の川も見られます。 9月中旬は新月にあたりますから、月の出がほとんどなく、空は真っ暗になり、快晴なら絶好の星空観察日和となります。 実は、私もこの時期は宮古島に行っている予定です(もう10回目くらいになります)。 渡嘉敷島も似たような感じですが、やはり楽しむのなら阿波連ビーチあるいは渡嘉志久ビーチまでレンタサイクルか宿の送迎車で行かないとね。 9月中旬なら閑散としている状態に近づいていると思います。 あとは、のんびり過ごしたい/眺めたい... にどれだけ時間を費やすかです。 この時期は台風だけが心配ですね。 沖縄は台風の通り道ですから。 沖縄は離島によってカルチャーがまったく違います。 幾つか訪れると比べられて面白いのですけれどね。 座間味島と渡嘉敷島の違いは.... 座間味島にはハブはいませんが、渡嘉敷島にはハブがいます。 夜に草むらを歩くときはよく注意してください。 どちらにも一人で行ったことがあります(写真撮影〈とくに星空〉が目的です)。 沖縄本島の南半分は都会すぎて面白くないので、沖縄は離島がいいと思うのですが、その中でも沖縄本島からフェリーで行けるのが座間味島、渡嘉敷島、粟国島、久米島などですね(他にもありますが)。 いずれにも行ったことがあり、久米島は遠方の砂浜などは面白いのですが、ちょっと遠い感じです。 離島に行きたい目的に書かれた3点は、座間味島でも渡嘉敷島でもOKです。 でもとくに海が綺麗で眺めも綺麗(星空もOK)なのは、宮古... A ベストアンサー 3です。 >本島に泊まって久米島に日帰りするっていうのもありでしょうか? さすがに、それはもったいないですよー! 往復の飛行機代・フェリー代もけっこうしますし、 久米島は半日でみてまわるような規模の島ではありません。 海を見て癒されたいなら、慶良間諸島はいかがですか? 那覇・泊港から高速船もフェリーも出ており、日帰りも可能です。 海はバツグンにきれいですよ。 ダイビングのメッカですが、浜辺でぼーっと海を見ているだけでも 十分海の美しさを満喫できます。 (私もノンダイバーですが、 時々海をみるために座間味の古座間味ビーチに 日帰りで行ったりします。 ) 渡嘉敷島の阿波連ビーチは、食堂やお土産店もあり 一番にぎやか(といっても、こじんまりとしてますが)。 座間味島の古座間味ビーチは、本当になーんにもないのですが それがまた魅力です。 座間味港から徒歩でいけるので、 食事などは港前ですませたらよいでしょう。 阿嘉島はまだ行ったことがないのですが、 自然が残っていて、のんびりいやされるそうです。 鹿もいるとか。 どの島もレンタカーは必要ありません。 徒歩で見て回れます。 (渡嘉敷島は、港から阿波連ビーチまで送迎バスがあります) とりいそぎお返事まで。 3です。 >本島に泊まって久米島に日帰りするっていうのもありでしょうか? さすがに、それはもったいないですよー! 往復の飛行機代・フェリー代もけっこうしますし、 久米島は半日でみてまわるような規模の島ではありません。 海を見て癒されたいなら、慶良間諸島はいかがですか? 那覇・泊港から高速船もフェリーも出ており、日帰りも可能です。 海はバツグンにきれいですよ。 ダイビングのメッカですが、浜辺でぼーっと海を見ているだけでも 十分海の美しさを満喫できます。 (私もノンダイ... A ベストアンサー 阿嘉島が大好きで何回も行きました。 座間味は私も08年から行くようになりましたがシュノーケリング専門の宿が 数軒あり、ボートシュノーケリングのツアーも5000円程度からありますので 気軽に、しかもかなりの満足度でケラマブルーを楽しめます。 ric. hi-ho. e-zamami. html 阿嘉島はニシバマが有名ですが現在の遊泳ポイントは10年前の大分左よりになっていて 単調な海中風景ですね・・・ 遊泳区域を示すブイの所位まで行けばそこそこ楽しめますが・・・ 写真は阿嘉島ニシバマビーチから沖に出て撮影したものです 阿嘉島では前浜も意外と面白いです。 綺麗では無いのですがオオイカリナマコやトゲダルマガレイとか珍しい生き物を 観察できます。 座間味は私も08年から行くようになりましたがシュノーケリング専門の宿が 数軒あり、ボートシュノーケリングのツアーも5000円程度からありますので 気軽に、しかもかなりの満足度でケラマブルーを楽しめます。 08、09に私がお世話になったのが『ロビンソン 艪便村 』 オフシーズン... Q 沖縄旅行に行く予定です。 以前慶良間諸島に行き、海水浴やシュノーケリングをしたのですが、岸から少し泳いだだけで魚がたくさんいて感動しました。 もう一度慶良間諸島に行ってもいいのですが、宮古島や石垣島には行ったことがないので、今度はその辺りにするか迷っています。 宮古島や石垣島の海は慶良間諸島の海と比べて、綺麗さはどうでしょうか?泳いで行ける範囲に魚とかいますか? それから、レンタカーを借りるつもりはないのですが、宮古島や石垣島ではやはりレンタカーがないと不便でしょうか? 観光と言うよりは、海水浴メインでのんびりするつもりなのですが、ホテル前のビーチだけでは物足りない感じですか?レンタカーなしで観光は無理ですか? あと、はての浜がある久米島も気になっていますが、ここはシュノーケリングより海水浴メインでしょうか? 慶良間諸島、宮古島など行かれたことがある方、ご回答よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 久米島ですが、こちらはダイバーさんにお勧めの島だと感じました。 島内のビーチでシュノーケル向きの所は見つからず、はての浜でシュノーケルもしてみましたが、カラフルな魚を自分で見つける事はできませんでした。 はての浜への行き帰りに渡し舟の船長さんが魚のいるポイントでシュノーケルさせてくれましたし、ボートダイビングの途中でたまたま水面にマンタがいてシュノーケルでマンタと泳ぎましたが・・・ ダイビングショップの方にビーチからシュノーケルできる所はないか聞いてみましたが、久米島にはシュノーケル向きのビーチが無いとの事でした。 イーフビーチホテルに宿泊しましたがビーチは遠浅で海水浴には良いと思いますが、シュノーケルで見るものは殆どありませんでした。 また、車がないと少々不便な感じもしました。 宮古島は新城や吉野へ行けば個人でシュノーケルを楽しめます。 波打ち際から泳げる範囲で魚を見るのは殆ど不可能でも与那覇前浜や砂山ビーチは息を呑むほど美しい海の色に感激しました。 池間島や来間島のひっそりしたビーチも本当に綺麗で素晴らしいです。 伊良部島へ渡れば中ノ島でシュノーケルできますし、美しいロングビーチの渡口の浜で海水浴もできます。 海の美しさなら宮古島はお勧め。 ガイドブックの写真どおりの海に出会える島だと思います。 ただバス路線が充実していないようなのでレンタカーは必須だと思います。 (本島と比べたら車は少ないし、ペーパードライバーの方でもゆっくり運転なされば何とかなる感じの島ですが・・・) 石垣島もシュノーケルで人気のビーチ米原へ行くにはバスもありますが、レンタカーがないと島内観光は不便。 離島ターミナル付近のホテルに滞在して色々な島へ渡れば車は不要です。 リーズナブルなホテルの選択肢が多いのも魅力的。 波照間のニシ浜でまったりしたり黒島の仲本海岸でシュノーケル、西表島なら星砂の浜や白浜から船で行く船浮にあるイダの浜でシュノーケルなど楽しみ方は多彩です。 と言う事で、レンタカー利用可能なら宮古島お勧めします。 (車無しだと少々不便) こんにちは。 久米島ですが、こちらはダイバーさんにお勧めの島だと感じました。 島内のビーチでシュノーケル向きの所は見つからず、はての浜でシュノーケルもしてみましたが、カラフルな魚を自分で見つける事はできませんでした。 はての浜への行き帰りに渡し舟の船長さんが魚のいるポイントでシュノーケルさせてくれましたし、ボートダイビングの途中でたまたま水面にマンタがいてシュノーケルでマンタと泳ぎましたが・・・ ダイビングショップの方にビーチからシュノーケルできる所はないか聞いてみましたが、...

次の

【あつ森】離島ツアーの種類一覧と行き方

離島 ツアー あ つもり

竹島(たけのこの島) 竹やたけのこが入手できる 島全体に竹がたくさん生えており、レアな「竹」や「たけのこ」が入手できる貴重な島だ。 「竹」はDIYの材料として使用できるため非常に価値が高い。 また、「タケノコ」を持ち帰って自分の島に植えれば「竹」の増殖が可能だ。 タランチュラ島 タランチュラが無限湧き! 離島ツアーの中でも珍しい島「タランチュラ島」は、タランチュラが無限に出現する。 レアな虫なので捕獲して売却すればベルを大量に稼げる。 ただし、攻撃されると気絶してしまうので要注意!捕まえるコツを掴んで効率的に捕まえよう。 ベルの岩の島 大量のベルを稼げる ベルの岩の島は、池の中心に浮かぶ孤島があり岩が密集しているのが特徴だ。 すべての岩からベルが出るので、大量ベル稼ぎができる特殊な島である。 また、孤島に渡るには手順を踏む必要があるが、ベルの岩の島は離島ツアーの中でも特に価値の高い当たりの島だといえる。 ゴミしか釣れない島 空き缶や石以外はほとんど釣れない 離島の中にはゴミしか釣れない島もある。 空き缶や石、タイヤ、靴など、いわゆるゴミばかりが釣れるのが特徴だ。 攻略班が海でまきえさを使用したところイシダイを入手できたものの、通常の釣りでは海でも川でも魚はほぼ釣れない。 とはいえ、ゴミに分類されるアイテムがレシピの材料になっているアイテムもあるので、無駄にはならない。 ぐるぐるの川の島 渦状の川が特徴 島の中央にある川の形がぐるぐると渦巻いているのが特徴的な島。 花がたくさん咲いている以外に特筆すべき点は無いが、珍しい地形の島なのでカメラで記念撮影しておきたいスポットだ。 中央に滝のある島 レアな魚が入手できる 中央に大きな滝がある島は、川で釣れる小サイズの魚が通常よりもたくさん出現するのが特徴だ。 「ベタ」などレアな魚が入手しやすいので、釣りに専念して高額で売れる魚をたくさんゲットしよう。 崖の上に滝がある島 交配でしか入手できない花が入手できる 崖が3段あり1番は上から滝が流れる景観の良い島。 島の特徴は交配でしか入手できない色の花が咲いていること、また川に出現する中〜大サイズの魚が多数出現するという2点だ。 派手さはないが、景観が良くレアアイテムが入手できるのがメリット。 サソリ島 タランチュラ島と同じく、サソリが無限に湧く島だ。 レアな「きんこうせき」も入手できる場合があるので、サソリ島に行けた時は岩を叩くのも忘れないようにしよう。 みんなが発見した離島 離島の種類 特徴 タガメの島 無限にタガメ 1匹2000ベル が出てくる トンボの島 島中トンボ(ギンヤンマ)が飛んでいる。 堀のように川が囲まれている 堀の一箇所に凸という形で1つ岩がありコイがいる シーラカンスの島 雨が降っている モルフォ蝶の島 モルフォ蝶がたくさんいる 陸地がドーナツ形 高低差なしでモルフォチョウばかりいる 花は青オレンジピンクのヒヤシンス 果物はヤシの実のみある 魚影のサイズが同じ島 海も川も魚影が全部おなじ大きさ 梨の木の島 梨の木がある オレンジの木の島 オレンジの木がある リンゴの木の島 リンゴの木がある 桃の木の島 桃の木がある 虫がいない島 昆虫が1匹もいない 池がない島 土地が真ん中に盛り上がっている イシダイ、エイ、タイなどがいる リュウグウノツカイなどが釣れる ニシキオオツバメガなどが採れる 住民が毎回いない 雑草と木を全部落とし花を取り除くとタランチュラが出現 ほとんど特徴のない島 特別な虫、魚がいない 離島ツアーでできること 別の無人島へ行ける 離島ツアーとは、自分以外の無人島へ行けるサービスだ。 参加するには「マイルりょこうけん」が必要なので、事前に入手しておこう。 材料やフルーツを持ち帰れる 離島ツアーで到着した無人島には、自分の島同様に植物や生物が生息している。 持ち帰りは自由なので、持っていない材料を中心に持ち帰ろう。 レアな生き物や花が手に入る レアな魚や虫がたくさんいたり、入手しやすい離島が存在するため、ベル稼ぎや図鑑をコンプリートしやすい。 また、交配でしか咲かないレアな花が咲いている島もあるので、持ち帰れば自分の島で増殖可能だ。 どうぶつに会える 離島ツアーでは、まれにどうぶつと出会うことがある。 何度か会話をすると自分の島への勧誘ができ、数日で移住してくれる。 どうぶつがいない場合もある 離島ツアーで島に行っても、どうぶつがいない場合がある。 そのため、どうぶつを勧誘したい場合はキャンプサイトの設置や売り土地を出そう。 イベント限定の材料が入手できる イベント期間中に離島ツアーへ参加すると、イベント限定の材料が入手できる。 そのため、自分の島で材料が入手できない場合は離島ツアーに参加してみよう。 離島ツアーの注意点 季節や時間は自分の島と同じ 離島ツアーでは、プレイヤーの島と同じ季節、同じ時間の島にしかいけない。 そのため、特定の季節にしか出現しない魚や虫などは入手できない点を把握しておこう。 何も特徴のない島だと思っても、時間帯が変わればレアな生き物が入手できるかもしれないので、諦めずに粘ってみよう。 一度訪れた島は2度と行けない 離島ツアーは、一度訪れると2度と行けないとされている。 厳密に言えば同じ種類の島には行けるが、同じ島に戻れないという意味だ。 例えば、竹の島には何度も行ける可能性はあるが、一度離れてしまうと島に置き忘れた持ち物を取りに戻れない。 そのため、島を離れる際は入手したアイテムを拾い忘れたりしないように必ずチェックしよう。 必要な道具を揃えて参加する 離島には必要な道具を持った状態で参加しよう。 道具が壊れてしまった場合、ロドリーに話しかけるとマイル交換で入手できるが、貴重なマイルを不用意に消費するのはおすすめしない。 離島ツアーの参加前は、必ず持ち物をチェックしよう。 離島で購入できる道具 道具 消費マイル 100マイル 100マイル 100マイル 100マイル 持ち物は道具だけにする 少しでも多くのアイテムを自分の島へ持って帰るために、持ち物は最低限に抑えておこう。 なお、離島ツアーで訪れる島にはDIY作業台が設置してあるので、 作業台や予備の道具を持つ必要はない。 ポケットせいとんテクニックを覚える タヌポートで入手できる「ポケットせいとんテクニック」を覚えると、20個しか持てなかった持ち物欄を30個に増やせる。 持ち帰れるアイテム量が増えるので、事前にマイルで交換しておくのがおすすめだ。

次の