結婚できない男キャスト。 阿部寛主演ドラマ『結婚できない男』続編に吉田羊、深川麻衣、稲森いずみら

ドラマ「まだ結婚できない男」のあらすじ・キャスト・視聴率・ 1話から最新話の視聴方法

結婚できない男キャスト

さらに、最終回は初回を超える視聴率:22. 今(2016年)から、約10年前のドラマですね。 当時、リアルタイムでこのドラマを観ていて、阿部 寛の役柄が非常に面白くて笑いながら観ていたことを、今でも覚えているんですが、 あれから10年後、 最近になって、久々にこの「結婚できない男」を見返してみました。 (婚活で上手くいかず悩んでいたので、イイ気晴らしになると思って・・) そしたら、10年後の今でも、やっぱりすごい面白いドラマで、相変わらず「阿部 寛」の役柄がクセになってハマってしまったので、 今回は、そんな「結婚できない男」の感想や言いたい事などについて、順にまとめてみました。 以下、目次。 【あらすじ】 当ドラマのアラフォー主人公である建築家:桑野 信介(くわの しんすけ) 仕事の評価は高く、高級マンションに1人暮らし。 高学歴・高収入・高身長でルックスも良い。 しかし、皮肉屋で偏屈な性格から、友達も恋人も居ない独身の「結婚できない男」であった。 (第一回目の放送で、40歳の誕生日を迎える。 ) ただ、当の本人は独身ライフを満喫しており、むしろ結婚に対して否定的な考えを持っていた。 そんなある日、激しい腹痛を起こした桑野は、隣に住むOL・みちるに助けられて、義弟の中川が副院長を務める病院に搬送され、 そこで、女医の早坂夏美と出会う事になる。 自分に素直になれず仕事が忙しい夏美も、独身で恋人がいないアラフォーの女性。 腹痛の一件で知り合いになった二人は、出会うたびに、互いに皮肉めいた言葉を交わしあうようになるが、次第に気になる存在になっていき・・・ そんな二人のラブストーリー?、いや違う。 結婚できない独身男女の日常が、コメディチックに描かれたストーリーである。 以上です。 次に、「結婚できない男」の主教キャストについて、以下にまとめました。 【桑野 信介 : 阿部寛】• 「結婚するとさ、旦那は、妻と子供と家のローンという三大不良債権を背負う羽目になるんだよ。 「俺は他人を自分の部屋に入れない主義なんでね。 なんかこう他人が自分の部屋に居ると空気が淀む気がするんで。 妹との会話 妹:「結婚する時、いくら仕事が忙しくても月に1回は家族でお出かけするって条件をつけたの」 桑野:「日米和親条約なみの不平等条約だな・・・独身でよかった」• 水槽にいる一匹の金魚に向かって:「結婚なんかしてみろ、気は遣うし、水は汚されるし・・・酸素は半分だ。 一人の方がいいよな?」• 「食べたいときに食べたい物を食べる、それで早死にするんだったら本望だ」• (良い家は作るのに、どうして他人に興味を持たないのか?と言われ)「ミカン箱作るのに、ミカンを好きになる必要なんてないだろ」• 「俺は人に金を貸したことも借りたことも無いんだよ」• 「人が金持ちかどうかはなー、収入の額じゃない。 自分で自由に使える額、つまり仮処分所得がいくらあるかで決まるんだよ」• 「独身なら稼いだ額は全て自分のもんだ。 しかしな、結婚すれば稼いだ額は妻と子供に食いつぶされるだけだ。 「人にペコペコ頭下げるの嫌なんだよ。 独立すりゃそんなことも無いと思ったのに。 「常識通り生きることなんて誰だってできますよ。 例え常識から外れても、自分を貫き通すことに価値があると思いますけどね。 早坂(女医)との会話 桑野:「ポリシーの合わない人の家を作っても、良い仕事ができるとは思えないんですよ。 」 医者:「医者は、相手のポリシーとは関係なく仕事をしますけど。 私はいつも患者さんと正面から向き合ってます。 僕はね、ただ良い家が作りたいんです。 この点だけは妥協できません」• みちる(隣人)との会話 みちる:「なんで犬とは仲良くなれるのに、人とは仲良くなろうと思わないんですか?」 桑野:「相手によるだろ。 」 みちる:「どんな人なら、仲良くなりたいと思うんですか?」 桑野:「モナリザ」 以上、桑野信介の名言・名セリフ集でした。 結婚できない男(ドラマ)の感想・評価 ~最終回の結末や、秀逸な桑野信介の演出。 そして高知東生と高島礼子の存在。 以下に、同ドラマを観た僕の感想や考察について、ザッとまとめてみました。 【なんといっても桑野信介(阿部寛)】 「結婚できない男」の最大の見所は、やはり桑野信介です。 (阿部寛の演技や演出) 不器用で不敵な笑み。 グチグチと嫌味や皮肉を低い声でいう。 捻くれ者で変わり者で偏屈男、空気を読まない・読めない不器用さ これらをシニカルに、かつコメディ的に表現している阿部寛の演技は本当にすごいと思います。 普通に考えればものすごく嫌な奴なんだけど、画面越しに観ると、なぜか憎めないキャラだし、ついつい笑ってしまいます。 また、そんな彼の面白さを表現する「演出」も非常に細かいです。 電柱を(わざとらしく)沿うように歩くところとか、隙間なく丁寧に雑巾がけをして、テーブルの裏まで拭き掃除をするところとか。 洗い残しのコップが目に入ってしまい、気になって気になって仕事に集中できない。 といったシーンや、犬(ケン)と目が合って見つめ合うシーンの、間の取り方とかね。 それから、普段行くコンビニやレンタルビデオショップでのレジ店員とのやりとり等、ちょっとした所にも、ちゃんと桑野らしいクセがあって、それがまたどこか可笑しくて、クセになっちゃうんですよね。 もちろん、早川(女医)との掛け合い・皮肉の言い合いなんかは、ほんとうに最高です。 個人的には、寅さん48本の作品を全部見ていたり、お好み焼きの焼き方だったり、彼のオタク気質なところ(深く深く掘り下げるところや、ウンチクを語ってしまう所)も好きですね。 】 「結婚できない男」は、桑野信介(阿部寛)の日常を描いているドラマなので、話の展開とか伏線とか深さとか、そういった面白さや見所はありません。 (最終回に、ちょっと話の盛り上がりがあり、感動できる場面もあるぐらい。 ) なので、桑野信介というキャラクターを面白いと思えない場合は、この作品はつまらないでしょう。 逆に、桑野信介というキャラクターが好きな方は、どの回でも面白く観られると思います。 (本当に、どの回でもオススメ) シニカルなコメディやシュールさが好きな人には、おそらくドンピシャのドラマですw• 【最終回の結末について】 最後の結末は、なんといっても「桑野と早川(女医)との関係」についてですよね。 以下、最終回後半の見所です。 早川:(桑野に対して)「考えてみたら、私達の会話ってキャッチボールじゃなくてドッチボールばっかりだった気がします。 」 「相手に当てて終わり。 私はキャッチボールがしてみたいです・・あなたと。 ボールは投げました。 それじゃ。 」 ・ ・ ・ (上記からしばらくして、桑野が早川に会いに行き・・・) 桑野:「僕はこれまでずっと他人の住む家ばかりを設計してきました。 でも、自分や自分の大切に思ってる人の住む家を設計するのは、どうしてもできなかった。 」 「明るくて開放的で皆が遊びに来るような、そんな家で自分が暮らしているのが中々イメージできなくて、、」 早川:「ちょっと待って下さい、今自分が暮らす。 っていいました?」 桑野:「えぇ言いました。 僕はずっと結婚なんてしないと思ってきましたからね。 面倒くさいしメリットなんか無いじゃないですか」 「一人のほうがいいって。 でもあなたと出会って話し相手がいつもそばにいるのもイイのかなって。 要するに、僕はあなたが好きなんじゃないかな。。 ダメですか、僕じゃ?」 (早川が泣くのを堪えながら、うなづく。 ) 桑野:「いや嬉しいなー。 いや結果的には結婚できないんですけどね。 」 早川:(ビックリして)「えっ?今なんてイイました?」 く:「結婚できないと。 」 は:「ちょっと話が見えなくなってきましたけど、結果的に結婚できない。 とはどうゆう意味ですか?」 く:「いや、自分が自分の大切な人と暮らすイメージがわかない。 さっきそう説明したでしょ。 」 は:「家なんてどーでもいい。 家なんかいらない。 そんなの賃貸でも何でもイイじゃないですか」 く:「いやそーはいきませんよ。 僕は理想の形にこだわるタチなんですよ。 理想の家の形が見えるまで結婚はできない。 」 は:「まったくこの人は。。。 結局あなたは自分のことばっかりじゃないですか・・」 こうして、感動の告白シーンから、桑野信介らしいオチに安定していき、以下最後のシーンです。 (上記から数日後、) 道端で偶然出会った二人。 ロールキャベツを作るという早川に対して、 桑野:「僕ん家に、圧力鍋ありますよ」 早川:「そうですか。。 もしかして、家に来いって言ってますか?」 く:「あ、あなたがどうしてもって言うんなら・・」 は:「あなたがどうしてもって言うんだったら、行ってあげてもいいですが・・」 く:「どーしても。 」 こーして、人を絶対に家に入れないタチの桑野が、早川先生を自ら招いたところで本編は終わり、最後の最後で、桑野の部屋が写し出されます。 そこには、いつの間にか二匹になった金魚と、テーブルの上に置かれた「家のスケッチと模型」が、アップで写されました。 ・ ・ ・ この事から、最終的に桑野自身が結婚して住む家のイメージができたって事を、暗に示しています。 ・高学歴・高収入・高身長でルックスも良く、高級マンションに暮らしている。 ・仕事に対してはきちんとポリシーを持って励んでいて、周りからの評価も高く立派に独立していて、フォローしてくれるパートナーや部下までいる。 ・家族との関係性も良い。 (なんだかんだ気にかけてくれる母親や妹家族がいる。 ) ・何かあったら、助け合える隣人がいて、医者の知り合いもいる。 ・ドラマの本編だけで、自分の事を好きになってくれる人が4人もいる 彼の特異なキャラクター性ばかりに目がいきがちですが、よくよく考えたら、このようにめちゃくちゃ恵まれてる環境なんですよね。 【結婚できない男に、特に共感した2つのポイント。 】 次は、個人的に共感できた部分ですね。 まず一つ目が、第一話の「誕生日」です。 桑野40歳を迎える誕生日で、一人自宅でコンビニのショートケーキを買って食べるところですね。 そして、連絡は母親からの嫌味の留守電だけ。 「まさに、僕じゃん!!」って思っちゃいました。 誕生日だからって、恋人も居ないし、一緒に祝ってくれる友達も居ないし、結局いつもと変わらずに自宅で一人過ごすんだけど、 「誕生日」ってことは妙に意識していて、何もしないのも寂しすぎるので、コンビニでケーキを買うんですよ。 だからといって、ケーキ屋さんとかに買いに行くのは嫌なんですよね、あくまでコンビニで。。 そして、祝福の連絡は母親からのメールだけ。 「まさに、僕じゃん」ってね。 ・ ・ ・ それからもう一つ。 母親が、桑野(息子)に対して初めて皮肉じゃなくて、本音を出すシーンです。 それは最終回、母親が急に倒れて救急車に運ばれ入院した時、(一過性の不整脈で命に別状はない。 ) ベッドの上で、桑野に向かって 母親:「これで死ぬのかなーって思ったら、やっぱりあなたの結婚のこと考えちゃった。 」 桑野:「そんなに孫の顔が見たいかね。 」 母:「バカね、孫は口実。 あなたが心配なの。 あなたは本当の一人ぼっちを知らないのよ。 なんだかんだ言ったって近くに誰か居るでしょ、いつも。 」 「でもね、私が死んだら、あなたのことを本気で考えてくれる人は誰もいなくなるのよ!」 息子の顔を見るたびに、「孫の顔が見てみたい」と言っていた母親の本心が出るシーンですね。 僕の場合は、母親は「結婚や子供の事」については何にも言ってこないのですが、おばあちゃんが上記のように、会うたびに言ってきます。 「結婚式の晴れ姿を見たい。 ひ孫の顔が見たい。 その度に僕も流しているのですが、まぁ状況的にちょっと共感して考えさせられるシーンでしたね。 【金田と沢崎(高知東生と高島礼子)】 ちょうど、今年(2016年)の事ですね。 メディアを騒がした高知東生の覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕された事件。 それにともなって、妻の高島礼子にも報道の対象となり、仕事等に影響が出たとか・・・ 僕が久しぶりに「結婚できない男」を観たのは、この事件以降だったんで、やっぱり脳裏で色々と想像しちゃうんですよね。。 ちなみに、二人は同ドラマに出ていますが、絡みは一切ありませんでした。 それが唯一の救いではあるんですけど、高知の役柄が、毎回違う女をBARに連れてきている、女たらしの役柄なんで余計にね。。 ネット上では、事件当時「結婚できない男」が急上昇ワードに昇り、「再放送があるたびに見ていたのに、再放送はしばらく望めない」、「ネット配信、停止になりませんように」等と、心配の声が相次いだそうです。 「桑野信介と田村みちるが住むマンション」 東京都品川区西五反田3丁目:マンション• 「桑野建築設計事務所のある建物」 東京都中央区日本橋兜町:山二証券• 「早坂夏美が働く中川総合病院」 神奈川県川崎市川崎区鋼管通1丁目:日本鋼管病院• 「よく出てくる、青いアーチ橋」 東京都品川区大崎1丁目:目黒川の鈴懸歩道橋• 「桑野信介がよく行くレンタルビデオ店」 東京都杉並区和泉4丁目:REC方南町店• 「桑野信介がよく行くコンビニ」 東京都大田区池上3丁目:ニューヤマザキデイリーストア池上みずむらや店• 「早坂夏美と田村みちるがよく一緒にいるまんが喫茶:コミックハウス」 東京都目黒区中根1丁目:アジールエッセ都立大店• 「田村みちるが働くカーディーラー」 東京都渋谷区神泉町:カーテラス渋谷店 参考元(その他、様々な場所がまとめられている) : 以上です。 ・ ・ ・ 今回、こうして「結婚できない男」について、つらつらと色々書いてきたわけですが、まさか10年ぶりに、しかも自分が婚活中に、このドラマを見る事になるとは思わなかったですね。 まぁ、おかげでイイ気晴らしになったし、しばらく婚活は休憩しようかなって思っています。 もし、僕と同じような立場の人や、同ドラマにハマっていた人。 メッセでもくれたら嬉しいです。 ではまた、じゃーねー。 こんな記事も書いてみたので、良かったらぜひ。

次の

『結婚できない男』続編キャスト発表が物議。夏川結衣や国仲涼子は出演しない? 吉田羊にヒロイン交代で不満の声噴出

結婚できない男キャスト

まだ結婚できない男:新旧キャスト比較表 2006年の シーズン1『結婚できない男』と2019年の シーズン2『まだ結婚できない男』の キャスト比較表を作成してみました。 まだ結婚できない男:キャストの大幅変更? SNSなどの声をみていると「 キャストが変更されててショック」という人が結構いらっしゃいました。 moromorokuuga5 個人的には「重要なポジションの人まあまあ残ったな」という感想だったのですが、やはりみなさん、 夏川結衣さんがいないことにショックを受けているようですね~ パートナー夏川結衣の代わりは? シーズン1で桑野のパートナー役を務めたのは、 夏川結衣 早坂夏美役 さんでした。 自己主張をしながらも、面倒な性格の桑野とうまくコミュニケーションをとれる役柄で、結婚できない男には 欠かせない存在でしたね。 この代わりになると思われるのが、 吉田羊さん演じる弁護士の 吉山まどか。 早坂夏美は 医者だったため、 弁護士という設定からも 恋の パートナーになりそうな予感がしますよね。 吉田羊さんは、いろいろな演技ができる 実力派女優さんなので、このドラマを面白くしてくれると期待しています! まだ結婚できない男:キャスト交代予想 現在発表されている 新キャストから、キャスト交代予想をしてみました。 桑野を上手につかう 会社社長という役柄でしたね。 キャスト交代を惜しむ声もありました。 高島礼子さん 55 の代わりとなりそうな役者さんは、 阿南敦子 48 さんですが、 年齢がちょっと離れているかなという気がします。 高島礼子さんの旦那さん 実生活で夫 である 高知東生さんも出演しない 逮捕されたという不祥事があった となっていますので、高島礼子さんも「 交代」というより「 降板」なのかもしれませんね。 さくらさんは、高島礼子さんの部下で、後に国仲涼子さんと仲良くなる役でした。 高島さんも国仲さんも降板ですので、さくらさんの降板も ストーリー上自然な流れだと思われます。。 さくらさんの代わりとなりそうな役者さんは、 咲妃みゆさんです。 演技派女優さんなので、 キーとなる配役を期待しています。 例えば、人間関係を引っかき回したり、桑野を騙したり…というような役が似合いそうです。 注目2:美音 柚木美音 美音さんは、2019年8月1日に 改名されたばかりの女優さんです。 噂では、稲森いずみさんと同じカフェで働く カフェ店員役とのこと。 まだ 19歳という美音さんですが、中学生のとき『ミス・ティーン・ジャパン』というコンテストで グランプリを受賞しています。 身長173cmでモデル体型。 キツイ性格の役が似合いそうですが、稲森いずみさんの 恋愛相談相手になりそうですよね。 注目3:小野寺ずる 小野寺ずるさんは、名前のインパクトも強いですが、キャラクターとしても 個性的な女優さんです。 主に舞台で活躍されている方で、年齢は 咲妃みゆさんと同じだと思われます。 咲妃みゆさんと 同僚または恋敵などの役で登場するかもしれませんね。 注目4:荒井敦史 荒井敦史さんは、ジュノンボーイで現在は D-BOYS 瀬戸康史、山田裕貴など に所属している俳優さんです。 — 2019年 8月月23日午前8時17分PDT 『リアル鬼ごっこ』などに出演していますが、主演経験はあまりなく 脇役として活躍しているようです。 荒井敦史さんは 26歳とお若いので、 阿部寛さんの部下や仕事仲間などに役が合いそうですね。 注目5:平祐奈 最後に、 桑野の姪役として出演が決まっている 平祐奈さん。 桑野の良き理解者である中川良雄の娘ということになりますね。 13年も経っている設定ですので、ちょうど 生意気な中学生頃かなと思いますので、桑野に対して 厳しくコメントする役柄かもしれませんね。 まだ結婚できない男のキャスト画像まとめ キャストの配役も含めて発表されましたね! それぞれ画像で紹介していきます。 彼に再会できることがうれしいです」 「人嫌いなようで、実は人と関わりたくて仕方ない。 人のために役に立ちたいと誰よりも強く思っている。 そんな彼が僕は好きです」 「13年前よりもさらに結婚しない人が増えていると聞きます。 世の結婚してない男性を癒すようなドラマにしたいです」 とコメントしています。 阿部寛さんは、シーズン1『結婚できない男』では独身でしたが、2007年に 15歳歳下の元OL女性と結婚し お子さんも生まれています。 ですので、今回のシーズン2『まだ結婚できない男』は、 既婚者として桑野信介を演じることになります。 その影響として、 桑野信介の言動にもちょっとした変化か出てくるのか?それとも クセ者度合いがさらにパワーアップして登場するのか?が楽しみですね。

次の

ドラマ「まだ結婚できない男」のあらすじ・キャスト・視聴率・ 1話から最新話の視聴方法

結婚できない男キャスト

阿部寛主演の連続ドラマ『結婚できない男』の続編タイトルが『まだ結婚できない男』に決定。 今回の発表とあわせて追加キャストと場面写真が公開された。 10月からカンテレ・フジテレビ系で放送される『まだ結婚できない男』は前作から13年後が舞台。 53歳になり、偏屈さに一層磨きがかかった桑野信介の運命の歯車が、女性たちとの出会いを機に動き始めるというあらすじだ。 今回発表されたのは、新キャストとして、桑野に振り回される弁護士・吉山まどか役の吉田羊、桑野の部屋の隣に引っ越してくる戸波早紀役の深川麻衣、カフェの店長・岡野有希江役の稲森いずみ、桑野の姪・中川ゆみ役の平祐奈。 前作に引き続き、建築士の村上英治役を塚本高史、桑野の母・育代役を草笛光子、桑野の妹・中川圭子役を三浦理恵子、圭子の夫で桑野の理解者でもある中川良雄役を尾美としのり、桑野といつもケンカになる大工の棟梁役を不破万作が続投する。 阿部とは初共演となる吉田は「当時見ていた大人と今回初めて見る人々が、毎週火曜に一緒にわははと笑って、あーだこーだと盛り上がってお茶の間が元気になるようなドラマを目指します!果たして桑野さんは今度こそ結婚できるのか。 同じく阿部とは初共演となる深川は「13年の時を経て、たくさんの方の思いや期待が詰まった作品なので、前作からのファンの方はもちろん、初めて今作を観る方にも楽しんでいただけるように。 そして皆さんが毎週ホッとしたり、クスッとできる時間をお届けできるように。 キャスト・スタッフ、皆さんと力を合わせて、撮影頑張ります!」、阿部との共演は約21年ぶりとなる稲森は「温かく、ポジティブなエネルギーを心に充電できる、そんなドラマにしたいと思っています」と述べている。 場面写真には、桑野をはじめ、吉山まどか、戸波早紀、岡野有希江、村上英治、中川良雄、大工の棟梁らの姿が写し出されている。 吉田羊のコメント オファーを受けた際の感想、意気込みについて 13年前、視聴者としてこのドラマを見ていたので、オファーを頂いた最初の感想は、「まだ結婚していなかったのか!」でした。 根強いファンも多い桑野さんの間近にいる女性という大役が、私に務まるだろうかという不安もありましたが、毎週お茶の間をハッピーにしたこのドラマに携わりたいという思いと、何より阿部寛さんとぜひお芝居したいという気持ちが勝ちました。 当時と同じスタッフさんが再集結という事もありますので、阿部さん含め、皆様の胸をお借りしながら、楽しんで作っていけたらと思っております。 前作『結婚できない男』の感想、当時の印象について 「結婚できないあるある」をよくぞ次々と見せてくれるなと、本当に毎週楽しみでした。 また桑野さんは、真面目にやればやるほどおかしいという、新しいタイプの主人公だなと思っていました。 またそれを、二枚目の阿部さんがやるから、なおさらおかしいしい。 「この桑野さんを見たいからまだまだ結婚しないで」と思っていたのは、私だけではないのではないでしょうか。 初共演となる阿部寛の印象について シリアスからコメディまで幅広く、どの役にも説得力がある。 加えて、嫌な役をやっても憎まれないのは阿部さんの人間力なのだろうなと思います。 インタビューを拝見しても、キャラクターの人物造形や俳優としての在り方には共感することばかりで、今回間近で阿部さんの役作りを拝見できること、阿部さんと一緒にアイデアを出し合ってシーンを膨らますことが、とても楽しみです。 桑野さんとの丁々発止のやり取りは、今作でも毎話の見どころになるかと思いますので、頭を柔らかくして頑張ります。 視聴者へのメッセージ 時代を令和に変えても桑野節は健在。 当時見ていた大人と今回初めて見る人々が、毎週火曜に一緒にわははと笑って、あーだこーだと盛り上がってお茶の間が元気になるようなドラマを目指します!果たして桑野さんは今度こそ結婚できるのか。 出演が決まった時は、本当にうれしかったです。 たくさんのファンの方に愛されている作品なので、今回新しいキャストとして参加させていただくことにプレッシャーもありますが、何より楽しみながら戸波早紀という女性を演じていきたいと思います! 前作『結婚できない男』の感想、当時の印象について 当時私は地元静岡の高校生でした。 個性豊かな登場人物の皆さん、そして愛らしいパグのケンちゃんに魅了されながら、ドラマの中で繰り広げられる会話ややりとりにたくさん笑わせていただいていました。 見終わった後は、また1週間頑張ろう!と思えるほど、毎週とても楽しみにしていたドラマでした。 初共演となる阿部寛の印象について 阿部さんと初めてご一緒させていただけることになり、本当にうれしかったです。 現場で阿部さんが監督やスタッフの方々と相談しながら、1シーン1シーンを丁寧に愛情をこめて撮影されている姿を見ながら、いつも勉強させて頂いています。 阿部さん演じる桑野さんから何が飛び出してくるかは本当に予想外なので、ドキドキと翻弄(ほんろう)されながらも、毎回撮影がとても楽しみです。 視聴者へのメッセージ 今回、出演者の皆さんはもちろん、前作のスタッフの方々も多く参加されています。 13年の時を経て、たくさんの方の思いや期待が詰まった作品なので、前作からのファンの方はもちろん、初めて今作を観る方にも楽しんでいただけるように。 そして皆さんが毎週ホッとしたり、クスッとできる時間をお届けできるように。 キャスト・スタッフ、皆さんと力を合わせて、撮影頑張ります! 稲森いずみのコメント オファーを受けた際の感想、意気込みについて 「結婚できない男」は好きなドラマでしたので、今回お話をいただいて参加できることがうれしかったです。 そして、あれから13年、彼はどんな生き方をしているのだろうと、すごく興味がわきました。 有希江は、とても優しい人。 すごく普通の女性なんですけど、実はその普通というのは、簡単そうで難しい役どころだなと思います。 役作りの方法は、私も知りたいくらいです(笑)。 ただ、有希江は前作にいなかった雰囲気のキャラクターになると思いますので、桑野さんとどうなるのかも楽しみにしていただければ。 前作『結婚できない男』の感想、当時の印象について 登場人物みんなを応援したくなるくらい、それぞれがいとおしいキャラクターで、日々の日常が小気味よく描かれていて、見終わった後には心が爽やかだったり、温かかったりする、そんな素敵なドラマでした。 2回目の共演となる阿部寛の印象について 21年ぶりの共演です。 阿部さんのセリフの間や言い回しが絶妙で、それにはまって笑いが止まらなくなってしまった思い出があります。 今回も阿部さんが演じる桑野の、あの桑野節がみられるのをとても楽しみだったんですが、実際、ご一緒してみて、独特な存在感や、現場で穏やかなたたずまいは変わっていませんでした。 阿部さんとのお芝居では、桑野さんの表情が面白すぎて…、鼻がちょっと膨らんだり、目が大きくなったり、ちょっとした表現が絶妙で、セリフを言いながら、本気で笑ってしまいそうになりました。 視聴者へのメッセージ 温かく、ポジティブなエネルギーを心に充電できる、そんなドラマにしたいと思っています。

次の