朝日のあたる家 歌詞 内田裕也。 House of The Rising Sun の歌詞 和訳 (朝日のあたる家)

「朝日のあたる家」(house of the rising sun)の詩の意味?

朝日のあたる家 歌詞 内田裕也

Woody Guthrie- House of the rising sun 「朝日のあたる家」(House of the rising sun)は、アメリカのトラディショナル・ソングで、1941年にウッディー・ガスリー、1948年にレッドベリー、1960年にジョーン・バエズ、1962年にボブ・ディランが録音しています。 その他にも多くの歌手がカバーしています。 一般には1964年のアニマルズのヒットで有名です。 アニマルズのアラン・プライス(キーボード)のアレンジと、エリック・バードンのヴォーカルはドラマチックなのですが、アニマルズのバージョンは一部歌詞を変更、省略しているので、やや意味不明となっています。 そこで、この歌の最良なバージョンはボブ・ディランのものだと思います。 ウッディー・ガスリー、レッドベリーが近代に発掘し、ボブ・ディランがそれに現代的な息を吹き込んだものです。 このブログでも古い歌を紹介していますが、20世紀前半までのポップスやフォークソングの歌唱方法は、歌手が過度に感情移入するものではありませんでした。 (人前で感情を露にするのは、品がない、あるいは恥ずかしい行為といった考えが根強かった時代です。 )そのため、今の人が古い歌を聴くと少し物足りないと感じるようです。 その古い歌唱方法に変化をもたらしたものは、ロックンロールによる既成音楽の吸収と再生であったと思います。 戦後、ロックンロールは、若者の感情の開放という役割を持って生まれた音楽でしたので、その方法として多様な変化を求めました。 リズム、歌詞、そして歌唱方法も同様です。 ロックンロールの歌唱に最も大きな影響を与えたのはブルース、ゴスペルの歌唱でした。 そして、その波及効果として、一般のポップスにおいても感情移入する歌唱方法が広まったと言えます。 ボブ・ディランは、近代フォークのエッセンスをウッディー・ガスリーやレッドベリーから受け継ぎましたが、同時にロックンロールの洗礼を受けていたので、「朝日のあたる家」に劇的ともいえる歌唱を与えることが出来たのです。 ですから、アニマルズのロックバージョンが出来ることも、後年にボブ・ディランがロックに転向していったのも当然のことと言えます。 というよりも、ボブ・ディランには最初からロックの血が流れていたということだと思います。 ですから、今、私たちが知っている「朝日のあたる家」はボブ・ディランによる功績だと言えます。 歌の前半は、まるで年老いた女性の語り口のような淡々としたモノローグで、後半は声を振り絞るように悲しみ込めて歌い、そのコンストラクトが聞くものに深い印象を与えます。 この悲愴な歌唱とアレンジは早熟ともいえるボブ・ディランの才能をよく現しています。 アニマルズのバージョンもこの歌唱の発展形と言えます。 アニマルズのロックバージョンでは、やや意味不明になっている歌詞も、ウッディー・ガスリーとボブ・ディランのバージョンでは鮮明です。 歌の内容は、『ギャンブラーの恋人を持っていたために町から町を転々として、犯罪まで犯し、最終的には「the rising sun」(そもそもこの歌の題名は本当に?「朝日があたる家」「朝日が登る家」というよりも、建物の呼び名・屋号といった固有名詞です)という娼館?に堕ちてしまった。 』という身の上話です。 古いフォークソングやブルースには、よく同様な身の上話の形式の歌があります。 それらは人生の訓戒を含んでいます。 つまり、こんなことにならないようという歌であったのです。 そしてそそこでは多くの貧しい少女が堕落して、ああ神さま、私はそのひとりでした。 私の母はお針い子、彼女はその新しいブルー・ジーンズを縫っていました。 私の恋人はギャンブラーだった、主よ、ニューオーリンズの下町の。 そうギャンブラーが必要とするのはスーツケースとトランクだけ。 そしてたった一時、彼が満足しているのは酔っ払っているとき。 彼はのめり込んように眼鏡を曇らせながら(酒を)注ぎ、彼はカードを配ってました。 そして、彼が人生でたったひとつ楽しみとしていたのは、町から町へとうろつきまくることでした。 ああ、伝えて下さい私の可愛い妹に、私のしてきたことをやってはいけない あそこは避けるのよ、あのニューオーリンズのライジングサンと呼ばれるとこだけはと。 そしてプラットフォームに片足かけ、もう一方は列車にかけ 私はニューオーリンズへ戻って来る、足枷と手錠をつけて。 私はニューオリンズに戻って来る、私の人生はほとんど尽きて 私は戻って来る私の人生を終わらせるためライジングサンへ ニューオーリンズにはライジングサンと呼ばれる家があります。 私の恋人はギャンブラーだった、主よ、ニューオーリンズの下町の。 ・・・・・・・・・・この歌のカバー。

次の

コード譜「THE HOUSE OF THE RISING SUN」

朝日のあたる家 歌詞 内田裕也

Woody Guthrie- House of the rising sun 「朝日のあたる家」(House of the rising sun)は、アメリカのトラディショナル・ソングで、1941年にウッディー・ガスリー、1948年にレッドベリー、1960年にジョーン・バエズ、1962年にボブ・ディランが録音しています。 その他にも多くの歌手がカバーしています。 一般には1964年のアニマルズのヒットで有名です。 アニマルズのアラン・プライス(キーボード)のアレンジと、エリック・バードンのヴォーカルはドラマチックなのですが、アニマルズのバージョンは一部歌詞を変更、省略しているので、やや意味不明となっています。 そこで、この歌の最良なバージョンはボブ・ディランのものだと思います。 ウッディー・ガスリー、レッドベリーが近代に発掘し、ボブ・ディランがそれに現代的な息を吹き込んだものです。 このブログでも古い歌を紹介していますが、20世紀前半までのポップスやフォークソングの歌唱方法は、歌手が過度に感情移入するものではありませんでした。 (人前で感情を露にするのは、品がない、あるいは恥ずかしい行為といった考えが根強かった時代です。 )そのため、今の人が古い歌を聴くと少し物足りないと感じるようです。 その古い歌唱方法に変化をもたらしたものは、ロックンロールによる既成音楽の吸収と再生であったと思います。 戦後、ロックンロールは、若者の感情の開放という役割を持って生まれた音楽でしたので、その方法として多様な変化を求めました。 リズム、歌詞、そして歌唱方法も同様です。 ロックンロールの歌唱に最も大きな影響を与えたのはブルース、ゴスペルの歌唱でした。 そして、その波及効果として、一般のポップスにおいても感情移入する歌唱方法が広まったと言えます。 ボブ・ディランは、近代フォークのエッセンスをウッディー・ガスリーやレッドベリーから受け継ぎましたが、同時にロックンロールの洗礼を受けていたので、「朝日のあたる家」に劇的ともいえる歌唱を与えることが出来たのです。 ですから、アニマルズのロックバージョンが出来ることも、後年にボブ・ディランがロックに転向していったのも当然のことと言えます。 というよりも、ボブ・ディランには最初からロックの血が流れていたということだと思います。 ですから、今、私たちが知っている「朝日のあたる家」はボブ・ディランによる功績だと言えます。 歌の前半は、まるで年老いた女性の語り口のような淡々としたモノローグで、後半は声を振り絞るように悲しみ込めて歌い、そのコンストラクトが聞くものに深い印象を与えます。 この悲愴な歌唱とアレンジは早熟ともいえるボブ・ディランの才能をよく現しています。 アニマルズのバージョンもこの歌唱の発展形と言えます。 アニマルズのロックバージョンでは、やや意味不明になっている歌詞も、ウッディー・ガスリーとボブ・ディランのバージョンでは鮮明です。 歌の内容は、『ギャンブラーの恋人を持っていたために町から町を転々として、犯罪まで犯し、最終的には「the rising sun」(そもそもこの歌の題名は本当に?「朝日があたる家」「朝日が登る家」というよりも、建物の呼び名・屋号といった固有名詞です)という娼館?に堕ちてしまった。 』という身の上話です。 古いフォークソングやブルースには、よく同様な身の上話の形式の歌があります。 それらは人生の訓戒を含んでいます。 つまり、こんなことにならないようという歌であったのです。 そしてそそこでは多くの貧しい少女が堕落して、ああ神さま、私はそのひとりでした。 私の母はお針い子、彼女はその新しいブルー・ジーンズを縫っていました。 私の恋人はギャンブラーだった、主よ、ニューオーリンズの下町の。 そうギャンブラーが必要とするのはスーツケースとトランクだけ。 そしてたった一時、彼が満足しているのは酔っ払っているとき。 彼はのめり込んように眼鏡を曇らせながら(酒を)注ぎ、彼はカードを配ってました。 そして、彼が人生でたったひとつ楽しみとしていたのは、町から町へとうろつきまくることでした。 ああ、伝えて下さい私の可愛い妹に、私のしてきたことをやってはいけない あそこは避けるのよ、あのニューオーリンズのライジングサンと呼ばれるとこだけはと。 そしてプラットフォームに片足かけ、もう一方は列車にかけ 私はニューオーリンズへ戻って来る、足枷と手錠をつけて。 私はニューオリンズに戻って来る、私の人生はほとんど尽きて 私は戻って来る私の人生を終わらせるためライジングサンへ ニューオーリンズにはライジングサンと呼ばれる家があります。 私の恋人はギャンブラーだった、主よ、ニューオーリンズの下町の。 ・・・・・・・・・・この歌のカバー。

次の

朝日のあたる家(House Of The Rising Sun)

朝日のあたる家 歌詞 内田裕也

昇る太陽を呼び出します。 それを台無しに多くの貧しい少年されています。 神私は 1 つを知っています。 私の母は仕立て屋だった 彼女は私の新しい bluejeans を縫った 私の父、ギャンブラーだった ダウン ニューオーリンズで 博打うちに必要な唯一の今 スーツケースとトランクです。 そして彼が満足している唯一の時間 彼は、酒を飲んでいるときであります。 ああ母を教えてあなたの子供 何をしたかしないように あなたの罪と不幸の生活を過ごす 昇る太陽の家で まあ、プラットフォームで 1 つの足を得た 電車の中で他の足 私がニューオーリンズに戻ってやったです。 鉄球と鎖を着用するには まあ、ニューオーリンズに家があります。 昇る太陽を呼び出します。 それを台無しに多くの貧しい少年されています。 神私は 1 つを知っています。 注: 歌詞すべては所有者の特性そして版権である。 歌詞は教育の目的のみで掲載されています。 完全犯罪 - 芸術家 アーティスト• 単語は何 - 芸術家 アーティスト• 彼女は行ってしまったとき、彼女は行ってしまった - 芸術家 アーティスト• クリスマスの素晴らしい世界 - 芸術家 アーティスト• いくつかの甘い一日 - 芸術家 アーティスト• シーケンスの消去 - 芸術家 アーティスト• 私の愛を正当化しなさい - 芸術家 アーティスト• 虎尻尾 - 芸術家 アーティスト• ローリング - 芸術家 アーティスト• 体に話す - 芸術家 アーティスト• 紙ミル道路 - 芸術家 アーティスト• 色を mixin'' - 芸術家 アーティスト• 右になりなさい - 芸術家 アーティスト• それを残すことができなかったら、力ようによくするそれに裁ち切りをありなさい - 芸術家 アーティスト• Vermilion - 芸術家 アーティスト• 悪魔の娘 - 芸術家 アーティスト• あなたを見つけるだろう - 芸術家 アーティスト• お香のにおい - 芸術家 アーティスト• 夜私は恋に落ち入った - 芸術家 アーティスト• 力を取り戻す - 芸術家 アーティスト.

次の