天神 平 スキー 場。 【ゲレンデレポート】谷川岳天神平スキー場は極上パウダーだけど幻のゲレンデ!?

天神平スキー場/谷川岳ロープウエー株式会社

天神 平 スキー 場

谷川岳天神平スキー場の口コミ・評判・感想まとめ• 群馬県の最奥部にあるスキー場。 ゴンドラで登った上にゲレンデがある。 標高が高いため、雪質が良い。 極上のパウダーを堪能できる。 谷川岳を超えて降った雪だから、軽い。 コンパクトにまとまったスキー場。 コース数は少ない。 ゲレンデはバーンが広いため、混雑のストレスがない。 リフトは遅く短く、コースも距離は短い。 リフト乗り場が上り坂。 初心者には辛い。 パウダー系の板を持っている人が多い。 谷川連邦の絶景を眺めながら滑れる。 それほど混雑していない。 レストハウスは空いている。 食事の価格も味も良心的。 パークは貧弱。 周辺に温泉がたくさんある。 帰りは温泉に寄り放題。 下山コースで駐車場までロングクルーズできる。 立体駐車場なので降雪時も準備が楽。 しかも平日無料。 施設は老朽化が進んでいて、昭和の香りが漂う。 12月上旬からGWまで、シーズンが長い。 独特の空気が流れているスキー場。 一人で行っても気兼ねない。 谷川岳天神平スキー場を一言で表現するとこうなるでしょうか。 群馬県最奥部に位置し、新幹線駅からも高速インターからも少し離れています。 ゲレンデ規模もそれほど大きくはなく、ファミリーやカップルを楽しませる仕掛けが豊富なわけではありません。 いうなれば、地味なスノボ/スキー場です。 それでも谷川岳天神平スキー場には根強い人気があります。 それは、谷川岳山麓の高い標高と、パウダースノーによるものでしょう。 「客層が他のスキー場と全く違う。 ファットスキーやパウダーボード率がとても高い」という口コミに代表されるように、ここは 深雪を楽しみに来る人が多いスノボ/スキー場なのです。 シーズンの長さも特徴で、例年12月上旬からゴールデンウィークまで営業しています。 他のスキー場のオープン前やクローズ後も雪が豊富なので、「初滑り」「春スキー」に、天神平を愛用している人も少なくありません。 広告 ゲレンデには山麓からゴンドラで登ります。 ゴンドラで降りた天神平駅がスキー場のベースとなっていて、天神峠ゲレンデと、高倉山ゲレンデが左右に広がっています。 コース内のリフトは事実上3つで、初級者向けは一つだけ。 初級コースは広いとはいえず、リフト乗り場には緩い上り坂があり、初心者には向かないスキー場です。 ゲレンデは狭くはありませんが、どちらかというとこじんまり。 しかし、中上級者向けのレイアウトは優れていて、「 コンパクトだか滑走感を得られる。 メンテナンスもしっかりしている」という感想もあります。 「 バーンが広くて滑りやすい」という口コミも多く寄せられています。 また 急斜面の非圧雪ゾーンが豊富で、標高が高いだけに 雪質への評価も高く、「オンシーズンには最高のパウダーが楽しめる」という声も多数寄せられています。 シーズンが長いため、「他のスキー場が開いている1月2月は空いていて、12月や4月5月が空いている」という特徴があります。 そのため、「 最も雪質のいい時期がガラガラで滑りやすい」という口コミも。 1月2月には穴場的な存在感があるようです。 山頂部から眺める景色も抜群で「 パウダーと眺望を楽しむスキー場」という感想もありました。 スノーパークは今ひとつです。 ワンメイクや、ウェーブ、バンク、ボックスなどがありますが、規模は小さいですし、雪が多いため、本格的に設置されるのは3月に入ってからです。 「ここはパークで遊ぶよりは、パウダーを楽しむ場所」という口コミに象徴されます。 このように、特徴の際だったスノボ/スキー場だからか、「 他のスキー場に比べて一人客が多い」のも特徴。 純粋に滑りを楽しむ人が多いためか、「ヒトリストが溶け込みやすい」という評判もあるようです。 リフトなどの設備は「古い」「遅い」「昭和レトロ」という声が多いです。 駐車場からベースに上がるゴンドラは新しいですが、基本的には最初と最後に使うだけの設備です。 ただし、田尻沢下山コースを使えば、ゴンドラで回すことができます。 下山コースは最長4000mのロングクルーズが楽しめます。 長いけれど狭いコースですので、中級未満の腕前の人は、素直にゴンドラで降りましょう。 広告 ゲレ食は、ゴンドラ降り場のあるゲレンデベースの「 レストランビューテラスてんじん」のみ。 「晴れた日に見える山並みは最高」という口コミは多く、景色は素晴らしいレストランです。 ゲレ食のメニューは、「和風ハンバーグ定食」や「味噌ラーメン」といった、定番メニューが基本。 「 味は普通。 値段は少し高めだが、ゲレ食としては良心的」という感想が一般的でしょうか。 おすすめは「カツカレー」「ソースカツ丼」あたりです。 「レストランの水は谷川岳の湧水で美味しい」という口コミもありました。 アクセスは関越道水上インターから14km、約25分。 谷川岳天神平スキー場には 立体駐車場が完備されていますので、降雪時でも駐車場内での準備はラクです。 立体駐車場には更衣室もあります。 仮眠所はありません。 JRでのアクセスは、上越新幹線上毛高原駅からバス50分。 JR水上駅からバス20分です。 JR土合駅からは徒歩20分ほどですが、高崎方面から土合駅で下車すると、改札口まで400段以上の階段を上がらなければならず、スキー・スノボの道具を持って行くには大変です。 JR水上駅・上毛高原駅からのバスを利用したほうがいいでしょう。 谷川岳天神平スキー場の宿泊 谷川岳天神平スキー場では、ゲレンデサイドにホテルはありません。 ロープウェイ乗り場付近にも宿はなく、最も近いのが「」「」など土合エリアの宿です。 少し離れた湯桧曽エリアにも旅館が数軒あるほか、クルマで20分ほどの水上には多数の宿があります。 谷川岳天神平スキー場のまとめ パウダースノーに恵まれた中上級者向けスキー場。 谷川岳天神平スキー場を一言で表現すると、こうなるでしょうか。 何しろ深雪が魅力ですので、パウダー愛好者が多く、持っている板の幅も太めです。 初級者向けのコースもあるにはありますが、限られていますので、 わざわざ初級者が来るスキー場ではありません。 それなりの腕前のある人には、ダイナミックなコースが揃っていて滑りごたえはあります。 ただ、コースのバリエーションは多くありませんので、 1日いれば十分の、日帰り向けスキー場といえそうです。 公平を心がけていますが、主観が混じっていますので、ご了承下さい。

次の

谷川岳天神平スキー場 コース情報 スキー&スノーボード特集 【楽天トラベル】

天神 平 スキー 場

当スキー場では、管理区域内の雪崩防止処理を実施しております。 その為スキー場内に立入禁止箇所を設けて安全にゲレンデを滑走できるよう整備を行っております。 立入禁止区域には進入せず、安全にゲレンデルールを守り滑走いただけますようお願いいたします。 Tenjindaira Ski Resort Controlled Area Tenjindaira provides a safe ski and snowboard environment by managing avalanche risk within the Controlled Area. Dangerous places are marked in order to provide safe skiing therefore we ask you to respect the rules and not to enter areas marked as FORBIDDEN. ・立入禁止区域、閉鎖されたコースには立ち入らないでください。 ・ロープは絶対にくぐらないでください。 ・スキー場パトロールの指示に従ってください。 ・管理区域外は国有林となり安全管理はなされていません。 また区域外での事故等に関してスキー場管理者は、一切の責任を負いません。 ・管理区域外で発生した事故等で捜索救助を実施の場合は、当該費用を当事者に請求を致します。 ・ルールに従わない場合は、チケット没収の上退場して頂きます。 Tenjindaira Resort Rules• Do not go beyond rope boundaries• Follow Ski Patrol instructions• Outside the controlled area is a National Park and safety management is not carried out. Tenjindaira Ski Resort is not responsible for any accidents occurring outside the controlled area• Individuals who have an accident outside the controlled area will bear the full cost of any Search And Rescue• Breaking the rules will result in confiscation of your lift pass and you will be asked to leave.

次の

谷川岳天神平スキー場の評価・感想と一人スノボおすすめ度

天神 平 スキー 場

当スキー場では、管理区域内の雪崩防止処理を実施しております。 その為スキー場内に立入禁止箇所を設けて安全にゲレンデを滑走できるよう整備を行っております。 立入禁止区域には進入せず、安全にゲレンデルールを守り滑走いただけますようお願いいたします。 Tenjindaira Ski Resort Controlled Area Tenjindaira provides a safe ski and snowboard environment by managing avalanche risk within the Controlled Area. Dangerous places are marked in order to provide safe skiing therefore we ask you to respect the rules and not to enter areas marked as FORBIDDEN. ・立入禁止区域、閉鎖されたコースには立ち入らないでください。 ・ロープは絶対にくぐらないでください。 ・スキー場パトロールの指示に従ってください。 ・管理区域外は国有林となり安全管理はなされていません。 また区域外での事故等に関してスキー場管理者は、一切の責任を負いません。 ・管理区域外で発生した事故等で捜索救助を実施の場合は、当該費用を当事者に請求を致します。 ・ルールに従わない場合は、チケット没収の上退場して頂きます。 Tenjindaira Resort Rules• Do not go beyond rope boundaries• Follow Ski Patrol instructions• Outside the controlled area is a National Park and safety management is not carried out. Tenjindaira Ski Resort is not responsible for any accidents occurring outside the controlled area• Individuals who have an accident outside the controlled area will bear the full cost of any Search And Rescue• Breaking the rules will result in confiscation of your lift pass and you will be asked to leave.

次の