ヨーグルトケーキ カロリー。 【ダイエットスイーツ】低カロリー☆ヨーグルトだけで!濃厚チーズケーキ

水切りヨーグルト特集!人気のチーズケーキや低カロリーレシピを解説

ヨーグルトケーキ カロリー

そもそもカロリーとは? カロリーというのは簡単にいうと、 体内エネルギーを把握するために必要な単位です。 カロリーには摂取カロリーと消費カロリーがあります。 このカロリーの摂り方によって、太ってしまったり痩せてしまったりするわけです。 摂取カロリー:物を食べることによって体内に入ってくるエネルギーのことをいいます。 消費カロリー:基礎代謝や運動をすることによって消費されるエネルギーのことをいいます。 体型を維持するためには、 摂取カロリーと消費カロリーのバランスが鍵になります。 これらをふまえてヨーグルトのカロリーのことを考えていきましょう。 ヨーグルトを食べるときにカロリーは気にするべき? 普段の生活で カロリーを気にしている人は少ないでしょう。 太りたかったり痩せたかったり、特別な理由が無ければカロリーなんて気にしないはずです。 どんな食品でもそうですが、食べ過ぎれば太りますし食べなければ痩せて行きます。 これは、ヨーグルトでも同じことがいえます。 ただ問題となるのは、普通の食事よりも手早く食べることができてしまうヨーグルトですから、過剰摂取してしまう可能性が高いです。 できることならば、 ヨーグルトを食べるときにはカロリーを気にした方がいいかもしれません。 健康のことを考えればなおさらです。 ヨーグルト1食分のカロリーはどれくらい? 製品によって違いはありますが、 100gあたりだいたい70kcal前後と思っておいて間違いないでしょう。 これを1食分にすると、1個あたりのg数に応じて増えたり減ったりします。 多くの製品は食べきりサイズで少なくても1個80gくらい、多くても120gくらいが定番のようです。 これを見る限りでは、 ヨーグルトのカロリーというのはそんなに高くないように思えます。 しかし、砂糖と比べてみると、砂糖大さじ1杯は約35kcalです。 ヨーグルトを100g摂取したとすると、砂糖大さじ2杯程度ということになりますから、それなりのカロリーを摂取していることになります。 ほかの食品と比べたヨーグルト1食分のカロリー ヨーグルト1食分のカロリーはだいたい把握できたかと思います。 それでは、 ヨーグルト1食分のカロリーは、ほかの食品と比べると高いのか低いのかについて説明していきます。 いくつかの食品と比べれば、ヨーグルト1食分のカロリーがどの程度の高さなのか良く分かります。 ここでは分かりやすくするため、明治ブルガリアヨーグルトとほかの食品を、それぞれ 100g当たりのカロリーで比較していきます。 明治ブルガリアヨーグルト:62kcal 穀類• ゆでうどん:105kcal• ゆでそば:132kcal• ゆで中華麺:149kcal• お米:168kacl• お餅:235kcal• 食パン:264kcal 卵類• 卵:151kcal• うずらの卵:182kcal 肉類(生)• 鶏肉ささみ105kcal• 豚レバー:128kcal• 牛レバー:132kcal 野菜類(生)• レタス:12kcal• 大根:18kcal• トマト:19kcal• じゃがいも:76kcal 果物類• いちご:34kcal• もも:40kcal• メロン:42kcal 魚介類(生)• あさり:30kcal• まだこ:76kcal ジャンル別に代表的なものを紹介しましたが、 それぞれの食品とヨーグルトを比較すると、ヨーグルトのカロリーは高いというほどではありません。 毎日食べていてもおかしくないお米と比較しても、お米の方がよっぽど高いことが分かります。 1日に食べるヨーグルトの適正量 ほかの食品とヨーグルトを比較した結果、 ヨーグルトのカロリーが思っているほど高くないことがわかりました。 では、ヨーグルトを毎日食べるときの適正量はどれくらいなのでしょうか? ヨーグルトは毎日食べなければ意味がありません。 だからといって大量に摂取していては体にも良くありませんから、 摂取する量を考えることがポイントになります。 しかし、この量を毎日摂取するのは困難です。 おすすめは、 1日のヨーグルト目安量を最低でも100g以上にし、足りない分はヨーグルト以外の「植物性乳酸菌含有食品」などから摂取することです。 また、1日にヨーグルトを200g以上食べると、それ以上は乳酸菌が増えないともいわれていますから、食べても1日に200g程度が望ましいと思われます。 運動をしていて消費カロリーが多い人などは、少しくらいヨーグルトを多めに食べても平気でしょう。 また、 食べきりサイズの場合には、1個を1食として考えても問題はありません。 ヨーグルトによって違ってくるカロリーの比較 色々なタイプのヨーグルトがありますが、当然それぞれのカロリーも違ってきます。 製品によってのカロリーの違いとはどのようになっているのでしょうか? ヨーグルトには、 カロリーが高いタイプと低いタイプとに分かれます。 ここでは、どんなヨーグルトのカロリーが高くて低いのかをタイプ別に比較していきます。 加糖ヨーグルトと無糖ヨーグルトのカロリー差 ヨーグルトを食べたことのある人ならば、 無糖と加糖があることを知っているかと思います。 聞いたことがあっても、中々比較をする人は少ないのではないでしょうか。 無糖と加糖とでは、100g当たりどれくらいのカロリー差があるのかを見ていきましょう。 明治ブルガリアヨーグルトプレーン無糖:62kcal• 明治ブルガリア飲むヨーグルトプレーン加糖:67kcal 小岩井乳業• 小岩井生乳ヨーグルト加糖:89kcal 製品によって違いはありますが、やはり 加糖の方が砂糖を使っている分カロリーが多くなっています。 思ったほどのカロリー差ではないようにも思えますが、100g当たりのカロリーなので、多く食べればそれなりに差が出てきます。 選ぶ際には良く考えてから買うのがいいでしょう。 低脂肪ヨーグルトとプレーンヨーグルトのカロリー差 ヨーグルトには低脂肪タイプのヨーグルトもあります。 低脂肪タイプはカロリーが低めなものが多いです。 代表的なプレーンヨーグルトと、100g当たりどれくらいの差があるのかを見ていきましょう。 小岩井乳業• 小岩井生乳ヨーグルトクリーミー脂肪0:48kcal 一番比較しやすくてわかりやすいメーカーを選びました。 どちらもプレーンタイプで片方が脂肪0タイプだとこれだけのカロリー差があります。 普通のプレーンタイプもカロリーは高くありませんが、 低脂肪タイプがより健康に配慮した製品だということが分かります。 飲むヨーグルトと一般的なヨーグルトのカロリー差 代表的ともいえる、 一般的なヨーグルトと飲むヨーグルトとでは、100g当たりどれくらいのカロリー差があるのでしょうか。 明治ブルガリアヨーグルトプレーン:62kcal• 明治ブルガリアのむヨーグルトプレーン:67kcal 同じメーカーで比較してみると、カロリーに差がないことがわかります。 のむヨーグルトの方にはブドウ糖や砂糖が入っているので、その分カロリーが多くなってしまいます。 また、一般的なプレーンヨーグルトの方は糖質が0ですが、のむヨーグルトの方は糖質が12. 4gになります。 自分の好きなタイミングで飲むことができるドリンクヨーグルトは、 カロリーよりも糖質の方を気をつけるべきかもしれません。 低糖や低脂肪、低カロリータイプなどヨーグルトもバリエーションが豊富なので、味や自分がどのようにしたいのかを見極めて、ヨーグルトを選ぶのがいいでしょう。 多くの製品の中から おすすめの低カロリーヨーグルトを紹介します。 味にこだわりがある人にはおすすめです。 100g当たり46kcalとほかの製品に比べるとカロリーが低く、体のことを考えている人にはおすすめの製品です。

次の

水切りヨーグルト特集!人気のチーズケーキや低カロリーレシピを解説

ヨーグルトケーキ カロリー

準備2:オーブンは 160度に予熱し、湯煎焼き用の お湯を準備しておく。 1、 水切りヨーグルトときび砂糖をボウルに入れ泡立て器でしっかり混ぜ合わせる。 2、 卵黄を1個ずつ加えて、その都度しっかり混ぜ合わせる。 3、卵黄が2個とも混ざったら、 レモン汁を加える。 ここに、 米粉を加えて泡立て器でしっかり混ぜる。 4、別のボウルに卵白ときび砂糖を入れ泡立て、 固いメレンゲを作る。 次からは、 ゴムべらに持ち替えて、残りのメレンゲを3回に分けて加え、さっくりと混ぜていく。 クッキングシートを敷いておいた型に生地を流しいれる。 6. 型の半分の高さまでお湯を張り、 160度に予熱したオーブンで60分焼く。 60分焼いたら、今度は焼き色の様子をみながら 190度に温度を上げ5分~10分ほど仕上げ焼きをする。 焼きあがったら、 オーブンの中でそのまま20分ほど放置しておく。 オーブンから取り出したら型ごと冷蔵庫で冷やしておく。 出来上がり! しっかり冷やしておくと、きれいにカットできますよ。 水切りヨーグルトで作るメリット クリームチーズより低カロリーな仕上がりになるので、 カロリーが気になる人にはおすすめのケーキです。 ヨーグルト1パックで作れるので、クリームチーズで作るチーズケーキよりも 低コストで作れます。 水切りヨーグルトで作るケーキのコツ ヨーグルトの水気をきることで、固い食感の酸味のあるヨーグルトができます。 水切り具合によって、 クリーミーで柔らかい水切りヨーグルトになったり、 豆腐のような包丁でカットできるほどの 固い水切りヨーグルトにすることもできます。 Miwaです。 ピアノ講師とフードスタイルアドバイザーをしながら派遣社員で事務職。 2児の母。 (現在反抗期真っ只中。 ) そんな子供たちの子育てをしながら、自分の人生をもっと楽しみたくて日々いろいろなことに挑戦するのが好き。 ディズニー大好きで年に数回仕事がお休みの日にパークに行けるのを楽しみに仕事をしてます。 趣味は旅行、ヨガ、フィットネス、フラダンス、芸術鑑賞、食べ歩き。 【取得資格】 上級食育アドバイザー・食生活アドバイザー・ダイエット検定1級プロフェッショナルアドバイザー・雑穀マイスター・ベジタブル&フルーツアドバイザー・トータルフードコーディネーター・調理師免許 ホームパーティー検定3級。

次の

【チーズケーキのカロリー】チーズケーキは太る!?ショートケーキとカロリー糖質を比較

ヨーグルトケーキ カロリー

そもそもカロリーとは? カロリーというのは簡単にいうと、 体内エネルギーを把握するために必要な単位です。 カロリーには摂取カロリーと消費カロリーがあります。 このカロリーの摂り方によって、太ってしまったり痩せてしまったりするわけです。 摂取カロリー:物を食べることによって体内に入ってくるエネルギーのことをいいます。 消費カロリー:基礎代謝や運動をすることによって消費されるエネルギーのことをいいます。 体型を維持するためには、 摂取カロリーと消費カロリーのバランスが鍵になります。 これらをふまえてヨーグルトのカロリーのことを考えていきましょう。 ヨーグルトを食べるときにカロリーは気にするべき? 普段の生活で カロリーを気にしている人は少ないでしょう。 太りたかったり痩せたかったり、特別な理由が無ければカロリーなんて気にしないはずです。 どんな食品でもそうですが、食べ過ぎれば太りますし食べなければ痩せて行きます。 これは、ヨーグルトでも同じことがいえます。 ただ問題となるのは、普通の食事よりも手早く食べることができてしまうヨーグルトですから、過剰摂取してしまう可能性が高いです。 できることならば、 ヨーグルトを食べるときにはカロリーを気にした方がいいかもしれません。 健康のことを考えればなおさらです。 ヨーグルト1食分のカロリーはどれくらい? 製品によって違いはありますが、 100gあたりだいたい70kcal前後と思っておいて間違いないでしょう。 これを1食分にすると、1個あたりのg数に応じて増えたり減ったりします。 多くの製品は食べきりサイズで少なくても1個80gくらい、多くても120gくらいが定番のようです。 これを見る限りでは、 ヨーグルトのカロリーというのはそんなに高くないように思えます。 しかし、砂糖と比べてみると、砂糖大さじ1杯は約35kcalです。 ヨーグルトを100g摂取したとすると、砂糖大さじ2杯程度ということになりますから、それなりのカロリーを摂取していることになります。 ほかの食品と比べたヨーグルト1食分のカロリー ヨーグルト1食分のカロリーはだいたい把握できたかと思います。 それでは、 ヨーグルト1食分のカロリーは、ほかの食品と比べると高いのか低いのかについて説明していきます。 いくつかの食品と比べれば、ヨーグルト1食分のカロリーがどの程度の高さなのか良く分かります。 ここでは分かりやすくするため、明治ブルガリアヨーグルトとほかの食品を、それぞれ 100g当たりのカロリーで比較していきます。 明治ブルガリアヨーグルト:62kcal 穀類• ゆでうどん:105kcal• ゆでそば:132kcal• ゆで中華麺:149kcal• お米:168kacl• お餅:235kcal• 食パン:264kcal 卵類• 卵:151kcal• うずらの卵:182kcal 肉類(生)• 鶏肉ささみ105kcal• 豚レバー:128kcal• 牛レバー:132kcal 野菜類(生)• レタス:12kcal• 大根:18kcal• トマト:19kcal• じゃがいも:76kcal 果物類• いちご:34kcal• もも:40kcal• メロン:42kcal 魚介類(生)• あさり:30kcal• まだこ:76kcal ジャンル別に代表的なものを紹介しましたが、 それぞれの食品とヨーグルトを比較すると、ヨーグルトのカロリーは高いというほどではありません。 毎日食べていてもおかしくないお米と比較しても、お米の方がよっぽど高いことが分かります。 1日に食べるヨーグルトの適正量 ほかの食品とヨーグルトを比較した結果、 ヨーグルトのカロリーが思っているほど高くないことがわかりました。 では、ヨーグルトを毎日食べるときの適正量はどれくらいなのでしょうか? ヨーグルトは毎日食べなければ意味がありません。 だからといって大量に摂取していては体にも良くありませんから、 摂取する量を考えることがポイントになります。 しかし、この量を毎日摂取するのは困難です。 おすすめは、 1日のヨーグルト目安量を最低でも100g以上にし、足りない分はヨーグルト以外の「植物性乳酸菌含有食品」などから摂取することです。 また、1日にヨーグルトを200g以上食べると、それ以上は乳酸菌が増えないともいわれていますから、食べても1日に200g程度が望ましいと思われます。 運動をしていて消費カロリーが多い人などは、少しくらいヨーグルトを多めに食べても平気でしょう。 また、 食べきりサイズの場合には、1個を1食として考えても問題はありません。 ヨーグルトによって違ってくるカロリーの比較 色々なタイプのヨーグルトがありますが、当然それぞれのカロリーも違ってきます。 製品によってのカロリーの違いとはどのようになっているのでしょうか? ヨーグルトには、 カロリーが高いタイプと低いタイプとに分かれます。 ここでは、どんなヨーグルトのカロリーが高くて低いのかをタイプ別に比較していきます。 加糖ヨーグルトと無糖ヨーグルトのカロリー差 ヨーグルトを食べたことのある人ならば、 無糖と加糖があることを知っているかと思います。 聞いたことがあっても、中々比較をする人は少ないのではないでしょうか。 無糖と加糖とでは、100g当たりどれくらいのカロリー差があるのかを見ていきましょう。 明治ブルガリアヨーグルトプレーン無糖:62kcal• 明治ブルガリア飲むヨーグルトプレーン加糖:67kcal 小岩井乳業• 小岩井生乳ヨーグルト加糖:89kcal 製品によって違いはありますが、やはり 加糖の方が砂糖を使っている分カロリーが多くなっています。 思ったほどのカロリー差ではないようにも思えますが、100g当たりのカロリーなので、多く食べればそれなりに差が出てきます。 選ぶ際には良く考えてから買うのがいいでしょう。 低脂肪ヨーグルトとプレーンヨーグルトのカロリー差 ヨーグルトには低脂肪タイプのヨーグルトもあります。 低脂肪タイプはカロリーが低めなものが多いです。 代表的なプレーンヨーグルトと、100g当たりどれくらいの差があるのかを見ていきましょう。 小岩井乳業• 小岩井生乳ヨーグルトクリーミー脂肪0:48kcal 一番比較しやすくてわかりやすいメーカーを選びました。 どちらもプレーンタイプで片方が脂肪0タイプだとこれだけのカロリー差があります。 普通のプレーンタイプもカロリーは高くありませんが、 低脂肪タイプがより健康に配慮した製品だということが分かります。 飲むヨーグルトと一般的なヨーグルトのカロリー差 代表的ともいえる、 一般的なヨーグルトと飲むヨーグルトとでは、100g当たりどれくらいのカロリー差があるのでしょうか。 明治ブルガリアヨーグルトプレーン:62kcal• 明治ブルガリアのむヨーグルトプレーン:67kcal 同じメーカーで比較してみると、カロリーに差がないことがわかります。 のむヨーグルトの方にはブドウ糖や砂糖が入っているので、その分カロリーが多くなってしまいます。 また、一般的なプレーンヨーグルトの方は糖質が0ですが、のむヨーグルトの方は糖質が12. 4gになります。 自分の好きなタイミングで飲むことができるドリンクヨーグルトは、 カロリーよりも糖質の方を気をつけるべきかもしれません。 低糖や低脂肪、低カロリータイプなどヨーグルトもバリエーションが豊富なので、味や自分がどのようにしたいのかを見極めて、ヨーグルトを選ぶのがいいでしょう。 多くの製品の中から おすすめの低カロリーヨーグルトを紹介します。 味にこだわりがある人にはおすすめです。 100g当たり46kcalとほかの製品に比べるとカロリーが低く、体のことを考えている人にはおすすめの製品です。

次の