腎盂腎炎 治療。 腎盂腎炎の症状【女性はむくみ?子供は下痢?】と治療法

腎盂腎炎…下半身 清潔保ち予防 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

腎盂腎炎 治療

女性リスク高く 腎盂の「盂」は元々、飲食物を入れる口の広い容器を指す言葉だ。 腎盂は、血液中の老廃物や余分な塩分などを 濾 ( こ ) し取って作られた尿が最初に集まる場所で、尿は、ここから尿管へ送り出される。 腎臓や尿管、 膀胱 ( ぼうこう ) 、尿道は本来、無菌状態に保たれている。 便に含まれる大腸菌などの細菌が尿道から侵入することもあるが、通常は排尿時に体外へ押し流され、問題にならない。 ところが、尿路結石や前立腺の肥大、妊娠の影響などで尿の通り道が狭くなると、尿の流れが悪くなり、細菌を十分に排出できなくなる。 膀胱と尿管の間には、尿の逆流を防ぐ弁があるが、うまく機能しないと尿とともに細菌が腎臓に向かって逆流しやすくなる。 こうして腎盂に至った細菌が炎症を引き起こす。 尿道が男性より短い女性の方が患いやすい。 男性も加齢で前立腺が肥大する傾向があり、年齢とともにリスクが高まる。 糖尿病の患者や抗がん剤を使った治療をしている人は、免疫力が大幅に落ちており、健康な人なら何の影響もない細菌にさえ感染してしまう恐れがある。 腎臓自体は炎症を起こしても痛みを感じないが、腫れると腎臓を包む薄い膜が引っ張られ、背中や腰などに激しい痛みが生じる。 高熱が出ることが多く、吐き気や 嘔吐 ( おうと ) などの症状が表れる場合もある。 炎症によって 膿 ( うみ ) で濁った尿が出たり、背中をたたくと響くように痛んだりすることもある。 炎症が広い範囲に及ぶと、老廃物などを排出できなくなる「急性腎障害」に陥る。 細菌が血液に入り、全身に回ると、様々な臓器に炎症が起きる「敗血症」にもなりかねず、命にかかわる。 このため、一刻も早い治療が必要だ。 尿検査で細菌の有無を調べるなどして診断がつくと、細菌の増殖を抑えたり、殺菌したりする抗菌薬(抗生物質)を使う。 軽症の場合は2、3日ほどで熱が下がり、症状が改善する。 大腸菌が原因7割 大腸菌が原因の約7割を占めるため、抗菌薬はまず、大腸菌に効くタイプを選ぶ。 尿に含まれる細菌が別の種類と分かれば、その細菌に効く抗菌薬に切り替える。 抗菌薬は、途中で勝手にやめるなど、中途半端な飲み方をしない。 きちんと飲み続けないと、いったん減った細菌が再び増えて症状がぶり返したり、薬が効きにくい細菌に変化してしまったりする。 予防には、尿道から細菌が侵入するのを防ぐことが肝心だ。 こまめにシャワーを浴びたり、入浴したりして下半身を清潔に保つ。 尿を我慢せずにトイレに行き、細菌を尿と一緒に排出する。 大阪急性期・総合医療センター副院長の林晃正さんは「この病気は、免疫力が落ちると発症しやすくなります。 過労は免疫力低下を招くので、働き盛りの人もこの病気と無縁ではありません。 規則正しい生活と十分な睡眠も予防に大切です」と話している。

次の

腎盂腎炎

腎盂腎炎 治療

hashimoto masayoshi こんにちは。 からだプラン代表医師の橋本です。 普段は内科医として働いています。 さて今回は、腎盂腎炎(じんうじんえん)についてのお話です。 患者さん 「……先生、お腹が痛い。 あと、だるいし、気持ち悪い……。 」 橋本 「大変! 何か心当たりはありますか!? 」 患者さん 「前に、腎盂腎炎になった時の辛さと同じ痛さです」 橋本 「なるほど、その時に何と言われましたか?」 患者さん 「えっと、水分を普段からとって、きちんとおしっこをするようにと。 そういえば最近忘れてました……。 腰・わき腹の痛み、発熱や震えといった症状があらわれ、尿に膀胱炎に似た異常が見られます。 男性よりも女性に多く見られるのも特徴です。 「腎盂腎炎ってなに?」という方や、「腎盂腎炎かもしれない……」と心配されている方、「診断を受けたけど、どんな病気なの?」と腎盂腎炎について知りたい方のために、症状・原因・治療についてや、普段から何を意識したらいいのかを、簡単に解説していきます。 腎臓は、血液から余計なものを取り除いて、尿にして捨てる働きをしています。 この途中で詰まってしまうと、尿は出ていきません。 詰まる原因としては、尿管や尿道に石が出来てしまっていることが多いです。 このことを、尿路結石と呼んだりします。 水分不足で尿が濃くなって、石ができてしまうんです。 初期治療が遅れると慢性腎盂腎炎に移行したり、敗血症 はいけつしょう を起こして命の危険に繋がることもあります。 それが何らかの原因で細菌が侵入してしまい、炎症を起こすのです。 細菌の侵入経路によって、大きく3つの感染タイプに分けることができます。 尿路上行性感染 何らかの原因で、尿管から細菌が腎盂まで達してしまう感染。 これが、もっとも多い感染経路です。 原因としては、• 腎盂・尿管の形態異常• 膀胱尿管逆流現象• 前立腺肥大症• 尿路結石• 腎盂・尿管の悪性腫瘍• 神経因性膀胱 しんけいいんせいぼうこう などが考えられます。 リンパ行性感染 膀胱、尿管、腎盂の周囲にあるリンパ腺を伝っての感染。 細菌の種類は多岐に渡りますが、主に大腸菌感染が多いです。 血行性感染 体の別の感染部位から、血液の流れを通じて感染。 別の臓器に細菌が感染していて、それが腎臓にも感染してしまうケースです。 元々の疾患への治療を同時に行っていく必要があります。 腰や背中の痛み• 尿がにごる、頻尿、残尿感などの膀胱炎に似た症状• 先天性に尿路の形態異常がある小さなお子さん• 妊娠している方• 前立腺肥大(ぜんりつせんひだいしょう)がある方• 尿路結石のある方• 他の病気で細菌への免疫力が落ちている方(糖尿病など)• ステロイド剤、抗がん剤などの使用で、免疫力が低下している方• 大人は〈泌尿器科〉か〈内科〉を受診してください。 診断 問診と触診、加えて検査が行われます。 検査 腎盂腎炎が疑われた時には、一般的に次のような検査が行われます。 尿検査• 血液検査• また、腎臓の形が異常であったり、尿路結石があったりなど、他の疾患がベースになっている場合には、それらにアプローチしないと、腎盂腎炎も治りません。 したがって、ベースとなる疾患に対する治療を行います。 予防 水分を普段から十分に飲むことが一番です。 水分不足で固まった石(尿路結石)が、直接腎盂腎炎の原因になる事もあります。 さらに、水分不足が尿路を洗い流す回数を減らしてしまって、菌が逆流しやすくなってしまうことも原因の一つです。 水を飲みすぎることの弊害が最近言われるようになりましたが、1日に1〜2Lほどの常識的な量を飲む分には心配ありません。 常温の水や、暖かい飲み物をとる方が、体が冷えず、吸収も良いため健康的です。

次の

慢性腎盂腎炎の症状・原因・治療方法とは?

腎盂腎炎 治療

「腎盂腎炎」という病気の治療について、どのようなイメージを持っていますか? 「腎盂腎炎」 じんうじんえん という病気になってしまった、この先どうなるのだろうか…? 家族が「腎盂腎炎」になってしまった、どう接すればよいのだろうか…? この病気は、子どもから大人、女性にも男性にもあり得る病気です。 簡単に言うと、腎臓自体に炎症が起きることです。 そしてその炎症は自然には起きず、細菌感染によって起き、重症化すると血液を介して全身の炎症、命の危険へと拡がる可能性があります。 軽症なうちに放置したり、重症化したら…と怖い想像をして治療に集中できなかったりする事態は避けたいものです。 そこで今回は、腎盂腎炎の治療や過ごし方、治療する家族への支援についてご紹介します。 こちらの記事も併せてお読みください。 腎盂腎炎の原因・症状とは?どのような検査をするの? 腎盂腎炎の特徴について【原因】【症状】【検査】に分けておさえていきましょう。 腎盂腎炎の原因・特徴• 細菌感染(特に大腸菌)による腎臓の炎症• 膀胱炎に続いて起きるなど、尿の出口から腎臓に向かって細菌が入って起きる• 片方のみに起きる場合がほとんど• 尿道の短い女性に起こりやすい• 尿道の通過障害(前立腺肥大症、尿路結石、妊娠)や糖尿病の基礎疾患があると起こりやすい• 尿道カテーテル留置中でも起こるときがある 原因は様々ありますが、免疫が落ちているときや膀胱炎を患っているときにかかるのが腎盂腎炎です。 感染した汚い尿を外に出しきれず、体の中にためこんで、炎症を悪化させている、そのような状態なのです。 腎盂腎炎の症状 代表的なものは、以下のものが挙げられます。 腰背部痛• 食欲不振• 全身倦怠感 これらに以外にも、自覚症状が少ない膀胱炎もありますが、 尿が出し切れない、出すときに痛む場合には、膀胱炎もしくは腎盂腎炎となっている可能性があります。 腎盂腎炎の検査 それほど苦痛な検査は少ないかと思われます。 血液検査と尿検査は必須です。 なぜなら、血液検査で重症度が判断できますし、尿培養検査は、原因となる菌を探し出し、抗菌剤の種類を検討するために必要だからです。 また、超音波検査 エコー などで、尿の通り道がふさがっているかなどの確認をしていきます。 腎盂腎炎の治療はどのようなもの? 治療内容や期間は、経験したことのない方にとっては未知の世界で不安は高まると思います。 まずは、治療内容からおさえていきましょう。 抗菌剤の投薬治療と、場合によっては ドレナージ法を行います。 抗菌薬の投与治療 14日間の投与が基準です。 投薬方法は、重症度が高い(=内服が困難であったり、脱水があり全身状態が悪い)場合、点滴から開始します。 点滴から開始した場合の内服への切り替えは痛みや発熱が軽減してから24時間後から、となります。 ドレナージ法 以下の場合に適応となります。 結石によって汚れた尿が体の外に出る見込みがない場合• 抗菌剤の効果がない場合 そして、ドレナージ法はどこで尿が停滞しているかによって方法が異なります。 方法によっては、お腹や腰に穴をあけて管を差し込み、外へ出す場合もあります。 しかし、ほとんど一時的なものなので、 炎症が軽減されていることが確認できれば、管は取り除き、元の生活が可能となります。 どうやって過ごせば良いの? 次に、 治療期間中の過ごし方です。 症状が発症してからすぐの時期には、ベッド上安静が望ましいです。 そのため、容易に脱水になり悪化しやすく、水分や食事がとれない場合、入院して点滴で水分を補いながら治療する方が好ましいです。 入院は環境が変わり、慣れていないためにストレスなものですよね。 しかし、具合が悪い時にすぐに対応を求められるのは大きなメリットです。 勿論、 軽症か中等度と診断された場合、外来治療も可能と選択肢にあがります。 外来で治療するメリットとして、慣れた環境で過ごすことができて、治療中のストレスも少なくて済むことがあげられます。 そのような場合には、以下のことに注意して生活をするとよいでしょう。 食事、トイレ以外はなるべく動かず、よく休む• シャワートイレなどで陰部を清潔にする• 水分の摂取 1日1. 5~2L を心掛け、尿の量を増やす• トイレを我慢せずにどんどん尿を出す• トイレットペーパーを使用する際は、前方から後方に向かって拭く• 処方された抗菌剤は症状が治まってもしっかり飲み切る キーワードは 「よく休むこと」「汚いものを外に出すこと」です。 これらのことに気を付けていても、悪化はあり得ます。 病院から帰った後に想像以上に水分や食事がとれない時には、入院治療に切り替えたいと病院へ依頼することが大切です。 家族の腎盂腎炎の治療にはどう接したらいいの? 家族…と一言で言っても、自分にとって親なのか、子どもなのか配偶者なのか、年齢も様々です。 しかし、統一して絶対的に言えることは、 どんな人でもきちんと休むこと。 掃除、洗濯、料理、子の世話をしなくてはいけない… 「しなくてはいけない」ことはない、自分の体を整えるのが一番の仕事、ということを家族が伝えてあげてください。 特にこの腎盂腎炎、先にも述べましたが、簡単に重症化しやすいです。 子育て中のママであれば、夫や親が、行政機関を使ってでも、家事や育児から切り離してあげてください。 親の介護中の方であれば、介護サービスや短期入所施設を使用するなどし、介護と家事を避けてください。 遠方にいる単身赴任の夫や一人ぐらい中の子が罹ったのであれば、その一人ぐらし先に行ってお世話をするか、もしくは、どんなに軽症でも病院が受け入れてくれるなら、入院をすすめてください。 入院でも外来治療でも、しっかり体を休めて、体の悪いものを外に出すことが大切です。

次の