ゲゲゲ の 鬼太郎 最終 回。 『鬼太郎』29日に最終回、キャスト10人が回顧 野沢雅子「ワクワク」見どころは全部

鬼太郎最終回

ゲゲゲ の 鬼太郎 最終 回

スポンサードリンク ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回はいつ?放送回数など勝手に予想! 引用:東映アニメーション ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回はいつか?放送回数は何話で終了になるのか?について予想していきたいと思います。 まず最終回はズバリ2021年3月末、放送回数は150話で終了になると私は予想します。 理由としては、東京オリンピックと5期の放送回数が関係してくるかな?と思っています。 ん?どういう事?と思われた方の為に詳しく説明していきますね。 東京オリンピックはみなさんご存知の通り、2020年7月24日~8月9日まで開催されます。 オリンピックですから、当然世界各国の選手や応援の方々が日本に来られますよね。 そんな世界の方々に、東京オリンピックと絡めて日本のアニメをPRしていこう!という動きが必ず出てくると思います(もう既に出てきているかもしれません) そこで、日本が誇る妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」と、コミックス全世界累計発行部数4億5000万部「ワンピース」の2大柱を全面的に押し出していくのではないでしょうか。 「ワンピース」は世界での認知度は非常高いです。 それに比べ「ゲゲゲの鬼太郎」は日本では有名ですが、世界での認知度は「ワンピース」ほど認知されていないように感じます。 東京オリンピックで世界各国の人々が来日されるのに合わせ、「ワンピース」を筆頭に「ゲゲゲの鬼太郎」も世界に対してPRしていく動きがあるのではないでしょうか。 2020年3月末で最終回を迎えてしまっては、「ゲゲゲの鬼太郎」のPRも出来ませんので、2021年3月末と予想しました(東京オリンピック後の世界の注目次第では、もっと長く放送される可能性もあるかなとも予想しています) あと放送回数は、ゲゲゲの鬼太郎5期が全150話の予定が100話で終わってしまった為、6期では5期の予定放送回数だった150話のリベンジが行われるのではないかと考えています。 ゲゲゲの鬼太郎6期は視聴率もよく話題性も非常に高いので、150話以上の長期アニメになる可能性もあるかなとも思っています。 上記の理由から、ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回は2021年3月、放送回数は150話と予想しました。 私の勝手な予想なので、外れてもクレームはなしでお願いしますね(笑) スポンサードリンク ゲゲゲの鬼太郎6期最終回の内容を勝手に予想! 引用:東映アニメーション ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回は2021年3月末、放送回数は150話で終了になると予想しました。 では最終回の内容はどのような内容になるのでしょうか? こちらも私の予想ですので、外れてもクレームはなしでお願いしますね(笑) ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回は、世界の妖怪と鬼太郎率いる日本の妖怪の「対立・戦争・和解・平和」が描かれるストーリーになるのではないかと予想します。 6期第28話の「妖怪大戦争」でも、西洋妖怪であるバックベアードの手下達が、ゲゲゲの森にやってきて日本の妖怪達と戦うというストーリーがありましたが、最終回は西洋妖怪だけでなく、世界の妖怪達と日本の妖怪達の戦争が描かれるのではないでしょうか(120話くらいから最終回まで続くようなストーリーの流れになると予想) 世界の妖怪と日本の妖怪は自国の利益の為に戦争をするが、「その戦争には全く意味がないという事」「戦争からは憎しみしか生まれないという事」「世界の平和の為に妖怪達が出来る事は何か」「そして人間達が出来る事は何か」などが描かれていくような気がします。 ゲゲゲの鬼太郎は、現在リアルな世界で起こっている事や問題などを描写する傾向にありますので、最終回は世界平和に沿った内容になると予想します。 みなさんはどんな最終回の内容を予想されますか? スポンサードリンク ゲゲゲの鬼太郎6期の最終回はいつ?放送回数は?まとめ! 引用:東映アニメーション いかがでしたか? 今回、ゲゲゲの鬼太郎6期最終回はいつ?放送回数は?についてお話させていただきました。 まとめますと、• ゲゲゲの鬼太郎6期最終回は2021年3月末、放送回数は150回と予想• 最終回の内容は、世界の妖怪と日本の妖怪の世界平和に沿った内容になると予想• 私の勝手な予想なので外れてもクレームはなしでお願いします(笑) という事になりました。 ゲゲゲの鬼太郎6期ももうすぐ1年が経ち、最近の放送では「まなが猫娘を消滅させる」「まなの体が名無しに乗っ取られてしまう」というストーリーでますます目が離せない展開になっています。

次の

ゲゲゲの鬼太郎5期最終回の内容について物申す!!

ゲゲゲ の 鬼太郎 最終 回

Contents• 打ち切られた5期の最終話は黒鴉と大天狗の師弟愛が描かれた 「ゲゲゲの鬼太郎」の最終回で一番話題になったのは5期でしょう。 「ゲゲゲの鬼太郎」5期は、2007年4月1日から放送が始まり、開始当初は全150話の予定だったようです。 しかし、実際は全100話で放送が打ち切られました。 打ち切りの理由は諸説ありますが、「テレビ局と東映の思惑があったのではないか」と言われています。 5期は、鬼太郎が母を探して旅に出るストーリーと、妖怪四十七士という妖怪の仲間を集めるストーリーが展開していました。 最終回の第100話のタイトルは「さらば父よ!脅威の天狗王」です。 黒鴉の実父である黒雲坊が黒鴉の体を乗っ取り、天狗ポリスの長である大天狗を倒そうと企てる話です。 大天狗は、弟子である黒鴉に実父が黒雲坊であることを話しておらず、邪悪な黒雲坊から黒鴉を取り戻そうと黒雲坊と対峙します。 黒鴉は、大天狗から学んだ「今を大事に生きろ」という教えを思い出して正気を取り戻し、自らの手で黒雲坊にとどめを刺します。 4期の最終話は鬼太郎の母親の子供への愛情が描かれた 5期では鬼太郎が母を探して旅に出るストーリーが展開しましたが、鬼太郎に寄せる実母の愛情が描かれたのが、4期の最終回です。 「ゲゲゲの鬼太郎」4期の最終話は「絶体絶命!死神の罠」というタイトルです。 死神とヒ一族(ヒいちぞく)の巫女が仕組んだ罠によって、鬼太郎父子が危険にさらされます。 目玉おやじは列車に乗せられて、一度入ったら二度と出られない無明彼岸の国へ連れて行かれます。 ヒ一族の巫女は、鬼太郎の母親に変装して鬼太郎に毒を盛ります。 そんな鬼太郎のもとに1羽のアゲハ蝶が飛んできて解毒します。 アゲハ蝶は、鬼太郎の母親の魂を宿していました。 鬼太郎は猫娘たちに介抱されて再び戦えるようになり、父親が乗せられた列車を止めようとします。 死神とヒ一族の巫女に阻まれて苦戦する鬼太郎のもとに、例のアゲハ蝶が現れて鬼太郎を助けます。 死神とヒ一族の巫女は無明彼岸に吸い込まれ、鬼太郎は母親に感謝します。 スポンサーリンク 3期の最終話はぬらりひょんとの因縁の対決が描かれた 「ゲゲゲの鬼太郎」の最終話が鬼太郎にまつわる最終回らしい話だったのは、第4期と第3期です。 第1期の最終話は「妖怪ほうこう」、第2期の最終話は「死神のノルマ」というタイトルで、いずれも普通の話で終了しています。 第3期の最終回は第108話「鬼太郎ファミリーは永遠に」というタイトルで、最後は全員で主題歌を大合唱しました。 「鬼太郎ファミリーは永遠に」は、鬼太郎とぬらりひょんの因縁の対決が描かれています。 ぬらりひょんが使用した叢雲の剣によって、地獄内は不安定な状態になります。 鬼太郎たちは、地獄と地上を結ぶ洞窟から脱出しようとしますが、鍾乳石が次々に落ちてきます。 3期のヒロイン・ユメコは落ちてきた鍾乳石が頭にあたり、死んでしまいます。 しかし、鬼太郎の母親がユメコを蘇生させ、ユメコは鬼太郎に抱えられて地上に戻ります。 気づいたユメコは、最初、一切は夢だったのかと思いますが、左膝の傷を見て現実のことだったと知ります。 スポンサーリンク.

次の

最終回のゲゲゲの鬼太郎・アニメ・映画が話題

ゲゲゲ の 鬼太郎 最終 回

ぬらりひょん役の大塚明夫、朱の盆役のチョー【画像クリックでフォトギャラリーへ】 ぬらりひょん役は、第1期・第2期でねずみ男を演じた大塚周夫の息子でもある声優・大塚明夫。 朱の盆役は、『ワンピース』ブルック役などで知られる声優・チョーが担当。 両名が新たに参戦し、人間と妖怪、さらには日本妖怪と西洋妖怪の世界を揺るがす物語が描かれるという。 『ゲゲゲの鬼太郎』最終章ぬらりひょん編は、10月6日9時よりスタート。 <新章「最終章ぬらりひょん編」あらすじ> 人間の世界で爆発事件が発生。 被害者は大物政治家で爆弾テロの可能性もあるという。 その政治家は直前には有名料亭で接待されており、同席した相手は不明だが、赤い大きな顔をした連れが居たとう情報が…。 一報、妖怪ポストにはゴルフ場開発の工事現場で大きな妖怪が暴れていて困っていると人間からの手紙が舞い込んでくる。 大方、住処を荒らされた妖怪が怒って暴れているのだろう。 しかし令和のこの時代に新しくゴルフ場開発? 時代に合わない行動をとる人間たちをいぶかる鬼太郎。 果たしてぬらりひょんがどんな事を仕掛けてくるのか? そして、鬼太郎たちはそれにどう対面するのか?新しい章では、更にパワーアップしてスケール感もあり、なおかつ、現代性をブーストさせて展開していきます。 是非ご期待ください。 永富大地(東映アニメーション) ぬらりひょんは妖怪の親玉… このイメージを長い時間かけて定着させたのは実はアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」なんです! そしてついに現在放送中の第6期にもぬらりひょんが登場します。 しかも演じるのは名優・大塚明夫さん! ご存知の方も多いと思いますが、大塚さんのお父様は第1期、第2期のねずみ男を演じていた大塚周夫さんでして、親子二代に渡ってアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」にご出演いただけるのも50年を超える歴史のなせる業です。 そしてその50年を超える歴史の中でも史上最高にカッコいいぬらりひょんが鬼太郎の前に現れます。

次の