雅子 様 何 ヶ国 語 話せる。 雅子さまの自信復活通訳なしで何カ国語話せるの?皇室外交の実力発揮

メラニア夫人が皇后(雅子さま)を尊敬?元外交官の力量を発揮し、美智子上皇后の意志を継ぐ?

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

ページ目次• 比嘉バービィ オーストラリアへ 世界ふしぎ発見! 世界ふしぎ発見! オーストラリア特集! ミステリーハンターは比嘉バービィさんでした。 実は比嘉バービィさん、ペルー生まれ、 父親がペルー人(スペイン系)、 母親は日本とペルーのハーフなんです。 つまり、ちょっとややこしいですが、 ハーフともクウォーターも言いにくいですね。 どちらかと言えばペルーの血が多いということなので・・・ ちなみに5歳から日本に住んでいるので、日本語もペラペラ! スペイン語、英語も話せるトリリンガルガールです。 フジテレビのアナウンサー永島優美さんに似ていると よく言われているみたいですね。 梶田純之介は22ヶ国語!初耳学 「林先生の初耳学」に出演していた 22ヶ国語を話す天才東大生 梶田純之介くん。 22ヶ国語ですよ?凄すぎです。 番組では林修先生の決め台詞 いつやるか?今でしょ?をアカン語で言っていました・・・ 去年さんまの東大方程式に 15カ国がペラペラ、41カ国の国歌を歌える天才として出演。 さらに7ヶ国語追加したってことです。 追伸:コサ語って何?どこの国の言語? 通訳者の出る幕なし!トランプ大統領も絶賛!雅子さまの英会話力 令和1年、トランプ大統領の来日は令和初国賓。 宮中晩餐会では天皇陛下、皇后雅子さまが トランプ大統領夫妻を英語でおもてなし。 天皇皇后両陛下の存在感が日本の新時代を感じさせました!と世界のメディアが大絶賛! 特に通訳者の出る幕がないほどだったのが、凄い。 それもそのはず、天皇陛下はイギリス留学、英語、フランス語、スペイン語をマスター。 皇后雅子さまは米ハーバード大学を卒業、英語とフランス語を話します。 さらに、お二人とも英国オックスフォード大学に留学経験があります。 あまりの流暢な英語にトランプ大統領が思わず、 『どこで英語を習われたんですか?』 と驚愕されていたとも言われています。 今後の皇室外交が楽しみですね。 5ヶ国語マスター!ディーン・フジオカまとめ 今ドラマで話題の国際派俳優ディーン・フジオカさん。 英語、北京語、広東語、インドネシア語、日本語の5言語を使いこなす! 中国で生まれた父、ピアノの先生だった 母、当然両親は日本人です。 インドネシア人の奥さんと子供はジャカルタ暮らし。 日本より先に海外でデビューした逆輸入俳優で 香港、台湾でサヴァイブ(生き残る)のためにモデル、俳優として活躍。 ホストファミリーがつけた愛称が「ディーン」、 ちなみに「ディーン」は中国語(広東語)での意味は「クレイジー」です。 シアトルの大学卒業後、23歳の時、 3ヶ月陸路で東南アジアをバックパッカー旅(バイク等)。 映画「荒野のピンカートン探偵」、アメリカドラマ「The Pinkertons」にも出演中。 ドラマ『ダメな私に恋してください』でディーンさんが初英語を披露! 『Take it,if you see it(チャンスの神様には前髪しかない)』 つまり「チャンスを逃すな!」という意味だね、きっと。 座右の銘は「Never give up(諦めるな!)」だそうです。 ディーン・フジオカさんは日経ビジネスアソシエ(2016年4月号)のインタビューでかっこよくサバイバル英語術を語っています。 ファンは必読です(笑)。 追伸:スッキリで高校卒業後、アメリカ留学した理由は・・・花粉を避けるため。 映画『海を駆ける』ではセリフの半分がインドネシア語だったとの事。 GACKTはポリグロット!• 中谷美紀 英語とフランス語が堪能なようです。 ドイツ人男性と国際結婚! ドイツ語もさらっとマスターしちゃいそうですね!• 舛添要一 6ヶ国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、イタリア語。• 城田優 3~7歳までの幼少期はスペインで過ごした。 基本的にスペイン人の母親とはスペイン語で会話している。 国籍はスペイン!• ふなっしー 台湾で流暢な中国語を話す!英語もいける! 地元では上手すぎると話題になったほど。 漢字で書くと「船梨精」らしい。。• 知花くらら 4ヶ国語 日本語、英語、フランス語、スペイン語• 堀内華央理 四ヶ国語がしゃべれちゃう。 日本語、英語、中国語、フランス語• 矢部太郎 韓国語、スワヒリ語、モンゴル語、コイサンマン語。 追伸:さんまの東大方程式 15ヶ国語を話し、41ヶ国語の国家を歌える天才が登場!.

次の

何ヶ国語話せますか?

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

2019年5月1日から令和が始まりました。 徳仁天皇陛下、雅子皇后陛下の時代が始まりました。 雅子さまといえば、早速令和になってから、トランプ大統領夫妻やマクロ大統領夫妻など、海外の要人・VIPを「通訳なし」でおもてなしする姿に世界中から注目が集まっています。 英語はもちろん、フランス語など多言語を駆使して高度な皇室外交をする姿に注目が集まり、改めて雅子さまが何か国語も話せる超マルチリンガルだ!という話題もニュースになっています。 この記事では、雅子さまがどれくらい外国語ができるのか!?ということを、過去の経歴から考えてみたいと思います。 雅子さまのお印のお花です。 Table of Contents• 雅子さまは何か国語ができる?どこで学んだ? まず、結論から言うと、一般に公開されている経歴や職歴から雅子さまが確実に「できる」外国語は以下の通りです。 ドイツ語• フランス語• ロシア語• (番外編)スペイン語 それでは、それぞれの外国語が「どれくらい」できるのか、推定の語学力をCEFRの基準を用いて考えてみます! 雅子さまの英語力 まず、雅子さまの英語力について考えてみます。 帰国子女として幼少期にアメリカで過ごした後、高校時代から大学時代(ハーバード大学)までをアメリカで過ごし、卒業論文で優秀賞を取得しています。 その後、外務省に勤務されている間にイギリス・オックスフォード大学にも短期留学され、外務省では、スウェーデン首相の通訳、米国国務長官ベイカー氏の通訳などを務めています。 よって、雅子さまの英語力については、CEFRC2レベル以上、高度で専門的な内容を正確に話すことができるレベルでしょう。 しかも、幼少期や高校時代をアメリカで過ごしていますので、口語などの細かいニュアンスもおさえることができます。 雅子さまの英語力は、英検とかTOEICとかTOEFKとかCEFR等の外国人用の基準で測れる語学レベルを凌駕し、教養や知性を兼ね備えた一流のネイティブレベルです。 雅子さまのドイツ語力 英語のみならず、雅子さまはドイツ語もできます。 アメリカのハイスクール時代に、ドイツ語が優秀な学生に贈られるドイツ政府運営のドイツ総領事賞とゲーテ・インスティトゥート(ドイツの国際文化交流機関)賞を受賞を取得していることが有名です。 しかし、実はそれに先立って、既に日本の田園調布雙葉時代にもドイツ語力があったことを思わせるエピソードがあります。 高校1年のとき、オワの愛称で皆から慕われていた雅子さまは、クラスメートとの別れにあたって、友情をテーマにしたハイネのドイツ語の詩を原語で朗読したそうなのです! ちなみに、そのハイネの詩は何か?というのは明らかにされていませんが、おそらくAn Edom! という有名な詩ではないでしょうか? An Edom! それにしても、高校1年生ですでにドイツ語の詩を原語で暗唱できるなんて・・・雅子さますごすぎ!です・・・。 おそらくですが、ドイツ語はCEFR基準でC1~C2レベル、おそらくC2レベル以上であると思われます。 雅子さまのフランス語力 次に、2019年6月にフランスのマクロン大統領夫妻をおもてなししたときに使ったことで注目されている雅子さまのフランス語。 フランス語については、田園調布雙葉でフランス語の授業があったほか、ハーバード大学時代にはフランス語サークルに所属され、さらにフランスへの短期留学もされています。 フランス語力を明らかにするような客観的な情報はありませんが、2018年、ひとりでパリを訪れた当時皇太子だった徳仁天皇のフランス語スピーチの添削・指導をしたと徳仁天皇が明かしていることからも分かるように、フランス語についてもドイツ語同様のレベルにあるのではないでしょうか。 つまり、雅子さまのフランス語力は、CEFR基準でC1~C2レベルであることは間違いないでしょう。 雅子さまのロシア語力 そして、雅子さまはロシア語もできます。 外交官だった御父上のモスクワ赴任でモスクワの幼稚園に通っていた雅子さま。 この時代にロシア語を覚えたと言います。 ロシア語力は日常会話レベルと言われていますが、皇太子妃時代に、エリツィン大統領とロシア語で歓談された様子も報道されていますので、少なくとも「子どものロシア語」というレベル以上であることは間違いないと思います。 大人になってから修めたドイツ語やフランス語ほどは専門性は高くないかもしれませんが、洗練された日常会話をするには充分なレベルのロシア語力なのではないでしょうか。 よって、雅子さまのロシア語力は、CEFR基準でB2レベルは十分にあるのではないかと思われます。 番外編:雅子さまのスペイン語力 上記の4つは、確実に雅子さまの職歴や経歴、エピソードから「できる」と分かる言語です。 が、実は非公式ながら、雅子さまはスペイン語ができるのではないかとも言われています。 理由は、公用語として南米を中心に多くの国でスペイン語が使用されているため、外務省で学ばれたのではないかと推測されているようです。 スペイン語力に関しては、確実に推測できるエピソードがないので、一応このブログでは非公式としておきます。 まとめ:雅子さまの語学力をCEFR基準で考えてみた! 以上の内容をまとめてみます。 令和の時代はマルチリンガルが当たり前に!雅子さまをお手本に多言語学習者が増える予感 令和元年に起きたことは、今後令和という時代の雛形になると言われています。 これまで(平成まで)の日本が、「英語を学んでグローバル社会で活躍しよう、世界に出ていこう」という流れだったのに対して、これから(令和から)の日本は、 「世界から日本に来る方々に対して英語だけではなく多言語で高度な外交をしよう」という流れになるのではないでしょうか? 雅子さまをお手本に、日本の国や文化、各国の文化についての幅広い教養を身に着けつつ、多言語話者・マルチリンガルとなりたいですよね!.

次の

雅子皇后は一体何ヶ国語話せる?海外メディアの関心や反応がヤバイ!

雅子 様 何 ヶ国 語 話せる

名前:雅子皇后陛下(皇后雅子) 旧名:小和田雅子(おわだ まさこ) 年齢:56歳(1963年12月9日生まれ) 学歴:ハーバード大学経済学部ご卒業(昭和60年) 東京大学ご中退(昭和62年) 外務省ご入省(昭和62年) オックスフォード大学ベーリオールコレッジご留学(昭和63年~平成2年) 雅子皇后さまは、華々しい経歴の女性ですよね。 では、雅子皇后さまは一体何ヶ国語話せるのか見ていきましょう。 雅子皇后の語学力 英語 雅子皇后さまは英語が 通訳なしでも何の問題なく話せるぐらい英語がペラペラです。 メラニア夫人は、来日された際に雅子皇后さまと会話し、「皇后の英語はすごくきれいだ」と周囲に語っていたそうです。 雅子皇后さまの父も元外務事務次官で、雅子皇后さまは帰国子女で幼い頃から海外留学も豊富な為、家でも普通に英語で会話されていたそうです。 そして何より雅子皇后さまご自身が元外交官である為、英語がネイティブ水準なのは至って当たり前なんですよね。 生い立ちを考えていけばわかるように、雅子皇后さまは 中学校のみが日本で、 幼稚園、小学校と高校と大学がアメリカで、 大学院はイギリスに留学されているので、間違いなく英語の発音も美しいのはごく自然なことでしょう。 外交官時代の英語がこれです。 ナレーションで少し声がかき消されてしまいますが、物凄く発音が美しくてナチュラルな感じが伝わってきます。 ロシア語 雅子皇后さまは、幼い頃は父親の海外赴任先であるロシア(旧ソ連)やアメリカで過ごされることが多かったようです。 雅子皇后さまは3歳頃に家族とモスクワで暮らしておられたそうですが、幼い頃というのは語学が物凄いスピードで覚える時期ですから、すでにロシア語を習得されていたようです。 もしかすると日本語よりもロシア語を先に覚えられた可能性もあるかもしれませんね。 雅子皇后さまは ロシア語で夢を見たり、 妹さんにロシア語で話しかけたりするほどご堪能だったと伺いますので、雅子皇后さまにとってロシア語は母国語のようなものですよね。 ドイツ語 ドイツ語においては、雅子皇后さまは2年間の留学経験よりご習得されたものと思われます。 15歳の頃から2年間、 「マサチューセッツ州立ベルモントハイスクール」に留学されています。 また、ドイツ語も非常に堪能だったようで、 「ドイツ総領事賞」や 「ゲーテ・インスティトゥート賞」という賞を受賞されたようです。 どちらもドイツ語が優秀な学生に贈られる名誉ある賞のようですね。 そして大学1年生の時にも、1年間ドイツの 「ゲーテ・インスティトゥート」に留学され、そこでもドイツ語を学ばれたようです。 また、高校1年生の時、雅子皇后さまは少しだけ日本の高校へ通っておられましたが、父親の仕事の関係で再びアメリカへ行かれることになりました。 その当時、クラスメイトとのお別れ会で 「お別れの歌」を雅子皇后さまの為に作ってみんなで歌ったところ、雅子皇后さまが、お礼に ドイツ語でハイネの詩を朗読してくださり、その時に美しい発音でドイツ語も出来るのだとクラスメイトが驚いたというエピソードもありました。 雅子皇后さまは各国の国の発音を美しくネイティブに近い形で習得されているのが素晴らしいですよね。 フランス語 フランス語については、雅子皇后さまが大学1年生の頃から フランス語のサークルに所属していた時に習得されたようです。 また、雅子皇后さまは大学2年生の頃に フランスに語学留学をされています。 「雅子さまはお妃教育で語学の授業が免除されたほど、英語と並びフランス語もたいへん堪能です。 大学2年のときにはフランスの南東部の都市グルノーブルにホームステイもされています。 そしてそのフランス語を猛特訓で指導されたのが雅子皇后さまだったそうです。 雅子皇后さまから直々に教われば、発音も美しいものですよね。 海外メディアの反応は? ニューヨーク・タイムズ 「トランプ訪問で、雅子皇后はスター」 これは、トランプ大統領の訪日の際のニューヨーク・タイムズ記事のタイトルです。 「日本の国民は、雅子皇后が流暢な英語でメラニア・トランプ夫人と話すのを見て、感動した」「トランプ氏と会話する雅子皇后のイメージは、彼女が外交能力を活かしてソフトパワーを促進するのを助け、ひょっとしたら、厳しい家父長制の皇室で、新しい女性のあり方を確立することになるかもしれない」 出典「New York Times」訳参照「トランプ氏訪日で「雅子皇后はスター」。 米メディアは日米首脳会談どう報じたか」『BUSINESS INSIDER JAPAN』2019. 29 雅子皇后さまがスターになって称賛されていることがわかりますね。 CNN CNNは、天皇皇后両陛下の英語力について称賛しています。 アメリカのCNNテレビは皇居 宮殿で行われたトランプ大統領夫妻を歓迎する式典の様子を中継を交えて伝えました。 この中で大統領に同行しているホワイトハウスの記者はトランプ大統領夫妻と天皇皇后両陛下が通訳を交えずに会話されていたことに触れ、「天皇陛下はオックスフォード大学に留学し、皇后雅子さまは10代の頃をマサチューセッツで過ごしてハーバード大学を卒業したので、2人とも英語を話すことができる」と解説しました。 引用:「トランプ大統領夫妻歓迎式典と両陛下との会見の行事」『NHKニュースウェブ』2019.

次の