茨城 県 日立 市 事件。 茨城県日立市の治安【事件や事故など】|治安マップ

日立警察署からのお知らせ/茨城県警察

茨城 県 日立 市 事件

略称 日立 日製 ( にっせい ) HITACHI 本社所在地 〒100-8280 一丁目6番6号 設立 1920年2月1日 (100年前) ( 1920-02-01) 1910年(創業) 事業内容 通信機器 (を参照) 代表者 (兼) (・兼) 資本金 4,587億9000万円 (2019年3月31日現在) 売上高 連結:9兆4,806億1,900万円 2019年3月期 営業利益 連結:7,549億7,600万円 2019年3月期 純利益 連結:2,225億4,600万円 2019年3月期 純資産 連結:4兆4,144億300万円 2019年3月期 総資産 連結:9兆6,265億9,200万円 2019年3月期 従業員数 連結:295,941人、単独:33,490人 2019年3月31日現在 外部リンク 特記事項:国際財務報告基準のため、売上高は売上収益、純利益は親会社株主に帰属する当期純利益、純資産は資本合計を記載。 従業員数は2019年3月末時点。 株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、: HITACHI, Ltd. )は、のであり、の中核企業。 世界有数の総合電機メーカー。 及びの構成銘柄の一つ。 通称は 日立や HITACHIなど。 特に創業の地であり、主力工場を抱えるなどでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため日立製作所の略称で 日製 ( にっせい )とも呼ばれている(後述参照)。 前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出するである。 日立鉱山を母体としてが誕生し、久原財閥の流れを受けてが形成された。 また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。 やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。 概要 [ ] 情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8の部門から構成されている。 売上高9兆4806億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機最大であり、日本の全業種中でも、に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業。 米国誌『』が毎年発表する では、(複合企業体)に分類されていたが(他にとしては、等が分類されている)、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の選択と集中を徹底して子会社を削減する傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。 879社、407社、計1,286社を傘下に置き、を形成する。 グループ全体のは「 Inspire the Next ( インスパイアー・ザ・ネクスト )」。 特徴 [ ] 経営 [ ] での日立グループパビリオン 「技術の日立」にふさわしく、創業者・小平浪平以降、歴代の社長は全て技術畑出身である。 意思決定の迅速化、経営の透明性向上を目的として、日立製作所は2004年よりに移行した。 日立グループの上場企業も順次移行している。 2009年4月、業績悪化の責任をとり、取締役会長の庄山悦彦と代表執行役執行役社長の古川一夫が退任し、元副社長で、の取締役会長、元代表執行役の川村隆が代表執行役執行役会長兼執行役社長に就任。 同時に、グループ会社に転出していた元副社長3名も副社長に復帰し、経営改革が進められている。 2009年頃までは、優良上場子会社が多く連結決算における少数持分利益が多額であった。 そのため連結営業利益は数千億円の黒字でも最終利益は100億円程度の黒字もしくは赤字となることが多かったが、 経営改革の結果、2018年3月期には3823億円の最終利益となっており、安定的に利益を出せる体質へ変化を遂げた。 茨城県における日立 [ ] グループにはかつて、商社の日製産業もあった(現在の)。 また、 日研 ( にっけん )は日立製作所の社内で使用する「日立研究所」の略称である。 日立市内にある日立工場(ただし2014年以降、敷地の大部分はの日立工場となっている)だけで13個分の広さがあり、日立工場内で大会が開催される。 出資該当会社 [ ]• (旧)• (19年1月末にへ売却)• (旧・旧・旧のいずれも主力取引銀行であり関係が深かった)• (第一原子力グループ・勧銀十五社会のいずれにも参加)• (旧は主力取引銀行、旧(主に海外部門)・旧・旧は準主力取引銀行としていずれとも関係が深かった)• (であるが、上記に並ぶ主力取引銀行である)• (旧・日本油脂)• (韓国ハンビットソフト社との合同出資) 歴史 [ ] 歴代社長 [ ] 代 氏名 在任期間 社長空席 1920年 - 1929年 初代 1929年 - 1947年 二代 1947年 - 1961年 三代 1961年 - 1971年 四代 1971年 - 1981年 五代 1981年 - 1991年 六代 1991年 - 1999年 七代 1999年 - 2006年 八代 2006年 - 2009年 九代 2009年 - 2010年 十代 2010年 - 2014年 十一代 2014年 - 沿革 [ ] 旧日立本社ビル(本社移転後は、に売却後の2003年以降は賃貸ビルとして運用。 2010年解体)。 1906年10月 - が 久原鉱業所(日産グループの前身、現:。 ・等の持株会社)に工作課長として入社。 これは前年に日立鉱山を設立していたの招請によるものである。 1908年12月 - 茨城県日立村大雄院に鉱山機械の修理工場を建設。 同工場が日立創業の地とされる• 1910年• 国産第1号の5馬力誘導電動機を3台製作• 徒弟養成所(現・)創立• 1911年 - 日立鉱山から独立し、久原鉱業所日立製作所とする• 1912年 - 日本初の造の水力発電所・石岡発電所竣工• 1918年• 久原鉱業佃島製作所を合併、亀戸工場とする• 本社を東京へ移転(久原鉱業所日立製作所を日立製作所日立工場とする)• 1919年11月14日 - 大物工場全焼。 経営危機に瀕する• 1920年• 株式会社日立製作所として完全独立• 久原の経営する日本汽船から笠戸造船所を買収、製造に着手• 1924年 - 大型電気機関車「」完成。 翌1925年、に納入• 1926年 - 30台をへ輸出• 1927年• 製造に着手。 の開発に成功• 電気冷蔵庫の開発に成功。 戦時中は航空機用の発動機なども製造• 1931年 - 昭和肥料(現・)の依頼により、製造用10,000水電解槽を製作• 1937年 - 国産工業(現・の前身企業)と合併• 1939年 - 日立研究所が日立工場から独立• 1947年 - 小平浪平に指定。 社長を辞任、後任にが就任• 1951年 - 小平浪平、公職追放指定解除を受け、相談役に就任。 同年10月死去• 1954年 - 国産第1号の大型ストリップミル完成• 1956年 - 日立金属、分立• 1958年 - 6石トランジスタ超小型ポータブルラジオを開発• 1959年• トランジスタ電子計算機「」を開発• と共に開発の座席予約システムの初号モデルMARS1が完成• 1961年 - を開発• 1963年 - 日立化成工業(現・)分立• 1964年 - 向け車輌を製造• 1969年 - 日立建設機械製造(現・)分立• 1970年 - 世界初の(PTC)「(COMTRAC)」の開発に成功• 1977年 - 原型炉「」竣工• 1979年 - 大型汎用コンピュータ「」を開発• 1983年 - 御茶の水駅前に地上20階地下3階建ての(旧日立御茶ノ水ビル)竣工。 内から本社を移転• 1984年 - 256の量産開始• 1989年 - 旧(現 )に方式の携帯電話HP-401を供給• 1990年 - 大型汎用コンピュータ「」を開発• 1991年 - 創業81年を機にロゴマークを一新• 1995年• を吸収合併• デジタル衛星放送用の「」を開発• 旧IDO(日本移動通信)(現KDDI au)に方式の携帯電話D317を供給• 1996年 - 次世代型列車運行管理システムをと共同で開発• 1997年 - (記憶容量4. 7)の基本技術開発に成功• 1999年• 事業グループを再編し、を導入• との合弁会社「NEC日立メモリ」(現・)を設立• 2000年 - との合弁会社、を設立• 2002年• 産業機器グループを分離、創業• 家電グループを分離、日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション(現:)創業• 2003年• 1月1日 - のハードディスク事業部門を買収し、を設立• 4月1日 - との合弁会社「」を設立• 2004年• 4月1日 - との合弁会社「」を設立• - 監督と執行の分離を徹底するに移行• 10月1日 - との合弁会社を設立• 10月1日 - 日本電気との合弁会社を設立• 2005年• 2006年• 本社を内に移転• KDDI auに対応としては2番目の携帯電話を供給• 2007年• 小型モータを扱っている連結子会社のの株式をへの売却を発表• 8月 - 世界初のフルハイビジョンBlu-ray Discビデオカメラ「」と8cmのBD-R、REメディアを発売• 10月 個人向けパソコンからの撤退を発表• 2008年• 環境goo大賞2008において、企業部門で「環境goo大賞」を受賞• 2009年 - を分立• 9月 2009年度の「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)」の構成銘柄317社の1社に選定される• 2010年• 4月14日 - 「英国High Speed 1路線向け高速鉄道車両(車両)の開発」で第39回日本産業技術大賞「」を受賞• 5月6日 - 特定非営利活動法人 日本マザーズ協会が主催する「第3回ベストマザー賞」にて、企業部門賞を受賞• 6月22日 - との海外向けシステム事業における協業で基本合意したと発表• 10月5日 - ミッドレンジディスクアレイ「AMS2500」が推進協議会の「グリーンITアワード2010」のグリーンIT推進協議会 会長賞を受賞• 2011年• 3月7日 - HDD事業をに売却することを発表• 8月4日 - 三菱重工業と三菱電機と水力発電事業を統合し、10月1日付で新たに日立三菱水力株式会社が誕生することを発表• 9月8日 - 米子会社を通じて外部記憶装置(ストレージ)事業会社の米ブルーアークを買収したと発表。 10月5日 - 米子会社日立データシステムズ社を通じて南アフリカ共和国のIT機器販売・サービス会社ショウデンデータシステムズ社を買収したと発表。 10月17日 - 中国国家発展改革委員会の指導のもと重慶市と資源循環・低炭素経済分野における協力について合意。 2012年• 1月23日 - 1956年より続けてきたテレビの自社生産を本年9月30日限りで終了する旨を公式発表(日立ブランドのテレビ販売・開発は同年10月1日以降も継続されるものの、製造は海外メーカーへ委託)。 11月29日 - 三菱重工業と、火力発電とその関連事業を統合することを発表。 その後2014年2月1日に株式会社が設立された。 2013年• 4月1日 - 完全子会社のを吸収合併。 2015年• 2月11日 - 日立の子会社である米Hitachi Data Systemsが、ビッグデータ利活用を事業とする米Pentaho社を買収。 2月24日 - イタリアのの鉄道事業である「」、「」の買収を基本合意したと発表。 買収額は約2500億円。 9月15日 - 日本の企業としては2社目の「. hitachi」の運用を開始。 2016年• 4月1日 - 日立メディコ(現・)及びの両社の製造部門以外を会社分割により継承。 5月10日 - 日立、米国日立データシステムズ社、米国日立コンサルティング社などの出資のもと、IoTプラットフォームLumada開発チームとなるHitachi Insight Groupが活動開始。 5月10日 - IoTプラットフォームLumadaのサービス提供を開始。 5月19日 - の保有株式の一部をに譲渡し、連結から除外。 10月3日 - 金融サービスを構成するの保有株式の一部をなどに譲渡し、連結から除外。 2017年• 3月29日 - の保有全株式(間接保有含む)を(KKR)傘下のHKホールディングスに譲渡。 9月19日 - Hitachi Data Systems、Pentaho、Hitachi Insight Groupを統合し、産業IoTの新会社Hitachi Vantaraを設立。 12月1日 - 茨城県北部で乗合バス事業などを手掛けているの保有全株式をへ譲渡し、連結から除外。 2018年• 4月3日 - 情報関連機器を生産する子会社、の株式の97%をに譲渡することを発表。 8月1日 - 二、三年以内に十万人の社員にテレワークを実施する予定。 9月25日 - ブランドのテレビの国内販売を終了させることを発表。 12月18日 - の全株式をTOB()でに、併せて画像診断機器事業をに売却すると発表。 2019年• 4月1日 - 同日付で欧州の以下の鉄道部門各子会社を商号変更。 日立レール・ヨーロッパ(Hitachi Rail Europe Ltd. 日立レールイタリア(Hitachi Rail Italy S. A(Hitachi Rail S. アンサルドSTS(Ansaldo STS S. 2020年• 4月21日 - 昭和電工は日立化成へのTOB()が成立したと発表。 日立化成は28日付で日立製作所の子会社でなくなり、昭和電工の傘下に。 不祥事・事件 [ ]• 2013年7月、職業安定法44条違反および労働者派遣法違反により、東京労働局より行政指導を受けた。 2014年5月、日立製作所社員による情報の不正取得行為があったとして、国立国会図書館から発表があった。 2015年9月、労働基準法第6条違反(中間搾取の罪)で刑事告訴され、起訴猶予となった。 2019年3月、同社とグループ会社10社に於いて、技能実習生に対し実習の必須業務を行わせなかったり、低賃金の作業に従事させるなどしていたとして、から改善勧告を受けていたことが、新聞報道で判明。 事業部門 [ ] ITセグメント、エネルギーセグメント、インダストリーセグメント、モビリティセグメント、ライフセグメントと、子会社の日立ハイテクノロジーズ、日立建機、日立金属、日立化成を加えた、合計9つの事業部門を抱える(2020年度3月期より新たに決算報告用のセグメントとして構成を変更)。 関連項目: 、。 ITセグメント [ ] 「お客様との協創による社会イノベーション事業への貢献」を事業方針として、システムインテグレーション、情報処理機器および通信機器等の開発(製造からは撤退予定 )を行う。 情報機器は、互換の(ハードはIBMが提供)、PCサーバ・Unixサーバや (IBMと協業のSRシリーズ)、産業用パソコン、ディスクアレイ装置を手がける。 特に、と連携する関連事業を強化している。 オフィス用は、社よりOEM提供のが2017年に生産中止となった。 通信機器は、や、とともに、いわゆる電電ファミリーの一角として、グループ企業を含めになどの通信機器を納入しているが、沖電気と共に中堅の地位にある。 金融機関向けの製造は、2004年10月にを設立し分社化された。 、は、として、の開発やの受託を行う。 関連企業になど。 エネルギーセグメント [ ] 、や電力設備を製造するほか、国内における3つの製造メーカーの一つであり、から技術導入したをと共にを始めとする電力各社に納入している。 原子力関係者の間では「紳士(または殿様)の」「商人(または侍)の」に対して「野武士の日立」として、それぞれ企業としてにおける意欲や積極性などの社風を物語るもので、日立が最も積極的な事を表す。 原子力発電についてはGEとの事業統合(を設立)を行っている。 やは、三菱重工業との合弁会社であるにて製造している。 2012年に(現)から事業を買収し、主に陸上に設置する出力2000kWと、洋上向けの5000kWの2種類の風力発電機を開発・生産しているが、すでに新規の受注活動を停止しており、契約済みの製品の生産が終わり次第、埠頭工場(茨城県日立市)での風力発電機の生産を止める見通しで、風力発電機の生産から撤退することになった。 今後は子会社が提携する独メーカーの風力発電機の販売と、保守や運転支援などのサービス事業に軸足を移す。 2018年12月には、スイスの大手電機メーカーのパワーグリッド部門を買収することを発表した。 これが実現すれば、送配電事業では世界首位の規模となる。 インダストリーセグメント [ ] 主な製品・サービスとして産業・流通ソリューション、水ソリューションを扱う。 子会社のにて、産業用機器を扱っている。 モビリティセグメント [ ] ビルシステムおよび鉄道システムを扱う。 ビルシステム [ ] 昇降機(や:関連会社のを扱う。 2014年に開発部署と海外市場を除き全面移管)2010年には茨城県ひたちなか市に世界一の高さ213. 5メートルのエレベータ研究塔「」を建設。 エレベーターの国内シェアは2位。 なお、海外市場が日立本体に残されたため、日立本体もの会員である。 この記事は過剰な画像のため読みにくくなっています。 ウィキペディアは百科事典であり、。 にて、ページ容量肥大化の原因になるため、似たような画像を複数枚使用するのを控えるよう要請されています。 鉄道車両や、これに搭載される電気機器、送電設備、座席予約・発券システム、信号・中央指令等の運行管理システムまで、鉄道に関わるもの全てを作ることが出来る世界で唯一の会社とされる。 のではの生産を行っている(は除く。 の水戸工場で製造していたが、現在は製造車両がない)。 車両の受注もしている。 「」と呼ばれる、押し出し型材を(FSW)工法により溶接したの構体をもち、また構体と別に内装を化して製作する自立型内装構造をもつ規格型車両を実用化し、低コスト・短納期での生産を可能にしている。 過去には製や製 の車両も手掛けていたが、現在はアルミニウム製車両のみに特化している。 車両に搭載する機器類でも独自の物が多く、には多段式自動加速制御器の原点である「日立MMC制御」を開発した。 1952年に笠戸工場で制作されたは日本初のを採用した。 その他、では日立製作所オリジナルのブレーキ装置として「電磁直通弁式(通称:日立式電磁直通ブレーキ)」が採用されている。 また、跨座式モノレールのシステムであるをから導入し、などに納入している。 1988年には、(株)(現・)・(株)(JR東日本)との共同企画として日本国内を走行した()の客車「」の国内走行仕様への改造を行う実績を残している。 2009年12月、日立が製造した(クラス395)が英国の高速鉄道(CTRL)にて運行を開始した。 2010年6月22日、海外向け鉄道システム事業において、と協業することで基本合意したと発表した。 製造した主な鉄道車両 [ ] 新幹線 [ ]• ・・・・・・・・など営業車両、など事業用車、・・・・・など試作車両• ()先頭車両 国鉄・JR在来線 [ ]• 蒸気機関車• ・・・・他• ディーゼル機関車• 電気機関車(昭和30年代以降主に交流・直交流機)• ・・・他• 旧国鉄:・・・他• (JR北海道):・以外の在来線電車各形式• (JR東日本):・(6両編成のうち特別車両E655-1を含む3両。 残る3両は〈横浜金沢プロパティーズに社名変更後、に吸収合併され消滅/現事業・横浜事業所〉にて製造)・・• (JR東海):・・• (JR西日本):・・・・・ 1000番台8両編成W3編成のみ• (JR四国):• (JR九州):・・・・• 九州旅客鉄道(JR九州): JR以外の私営交通・第三セクター・新交通システム [ ]• (東京メトロ):・・・(2012年導入分から)• (つくばエクスプレス):• :・・・・・• :・・初期車まで。 :までの新造各形式、• :全車両• :全車両• :モンキーパークモノレール線のみ• : 、• :・・• : 公営交通 [ ]• ():• :・・・・• イギリス・ JR全社が国鉄時代から導入している座席予約・発券システム「(マルス)」は日立製作所の製品である。 即ち、我々が日常で受け取る切符の大半は、日立製作所のシステムで発券されている(一部製)。 が『』(のキャンペーンソングともなる)をリリースする際、(国鉄の券売機システムを使用)と日立製作所(国鉄の車両を製造)がスポンサーになった。 タイトルに「いい 日旅立ち」「いい 日旅 立ち」とそれぞれの会社の名前が入っている。 ライフセグメント [ ] 医療機器などのヘルスケア事業、家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品などのオートモーティブ事業を扱う。 ヘルスケア [ ] 2016年に製造部門以外を本体が継承した旧・は、、などの買収を通じて成長した総合メーカーで、やと競合する。 日製産業が改称したは、販売・営業を扱うとして機能しているだけでなく、自身も電子部品・半導体の製造装置を製造している。 生活・エコシステム [ ] 冷蔵庫、洗濯機などの白物家電や空調システム製品、LED照明、住宅用太陽光発電システムなどの環境ビジネス製品を扱う。 2019年4月1日に、などの()の製造・販売を手掛けると系家電やなどの販売を手掛けるが合併し、が発足した。 なお、日立コンシューマ・マーケティングが取り扱っていたWoooブランドのテレビの国内販売は2018年9月をもって終了し、地域家電店ではの薄型テレビ「」が販売されている。 ルームなどの空調機器はにて生産されている。 オートモーティブシステム [ ] オートモーティブシステム分野では、歴史的な経緯()においてと関係が深く、日産系の有力部品メーカーであるユニシアジェックスを子会社化した後、同社のオートモーティブグループへ統合したり(現在は、同グループ傘下のJECSとして再分社化)、従来から日立グループの企業であったを、オートモーティブグループへ統合するなど、日産と組んで系列自動車部品メーカーの子会社化や事業統合を進めている。 同社の自動車用電子制御技術は実績があり、のシステムやのシステム、や、などのシステムなども、同社の製品である。 その他 [ ] 、、については、それぞれの項目を参照のこと。 コンサルティング事業 [ ] 事業の集約を行い、を設立した。 日立グループ以外でも、の買収(日本では設立)、の、のなど、電機メーカーがコンサルティング事業を集約する動きが活発化している。 アビームコンサルティング、アクセンチュアに続いて日本国内3番目にの資格保有者数が多い。 中央研究所 [ ] 日立製作所中央研究所は、にある。 1942年小平浪平により創立。 は、厳密に評価を数値化したため研究業績が落ちた。 そのため現在では(研究開発テーマの評価手法)を使っている。 情報、エレクトロニクス、ライフサイエンスの3分野が柱である。 主な業績としては、初の国産大型計算機( 5020 1964年)、世界初の個体撮像素子(1978年)、64キロビットDRAM(1980年)、電子線ホログラフィー技術、(HITAC S-810 1982年)、超伝導トランジスタ(1986年)、DNA高速解析技術(神原秀記ら、1993年)、(2000年)、指静脈認証技術(2000年 - )などの開発である。 日立製作所におけるモーター事業 [ ] 日立鉱山で使う(電動モーター)の修理事業が同社の源流となったためか、モーターに於いては同業のやと肩を並べるブランドの一つとなっている。 それ故に、同社の異名として「 モートル(モーター)の日立」とも言われ、多くの技術者、電気店に異名が浸透していた。 現在モーターは、、など各子会社で生産されている。 撤退・縮小した事業 [ ] 金融サービス [ ] 、を通じて、自社製品を利用した事業や、住宅ローン、自動車ローン、クレジットーカード事業を営んでいた。 2016年10月に、三菱UFJフィナンシャル・グループが株式の23. これにより日立製作所の子会社ではなくなり、同社及び三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社となった。 物流サービス [ ] は、システム物流・国際物流の両分野において業績を伸ばしていた。 海外の販売子会社は営業拠点を拡大しており、日立グループの売上高に占める海外部門の比率は毎年増加していた。 2016年3月、SGホールディングス及び佐川急便と資本業務提携契約を締結。 同年5月に親会社であった日立製作所がSGホールディングスに株式を譲渡し、両社の持分法適用関連会社となった。 コンポーネント・デバイス等 [ ] 2012年3月期まで、(HDD)、、情報記録媒体、電池などの事業をコンポーネント・デバイスとして区分していたが、HDD事業・液晶ディスプレイ事業の売却により、2012年4月から当区分は廃止された。 IBMのHDD事業を買収した「日立グローバルストレージテクノロジーズ」は全世界的に高いシェアを有していたが、発足当初は営業赤字が続き、再建が急務となっていた。 その後業績は持ち直したものの、2012年3月、同社をに売却。 社名もに変更された。 液晶ディスプレイ事業は液晶テレビ向けの大型液晶から撤退し、により携帯電話やアミューズメントを中心とする中小型液晶に特化して製造を続けていた。 しかし2012年4月、・と中小型ディスプレイ事業を経営統合。 が大株主となるの傘下に入った(2013年4月に旧日立ディスプレイズはジャパンディスプレイに合併)。 事業については、と共同出資したに移管しやへもパネルを供給していた。 2005年2月、の開発面において松下電器産業(現・)と提携することを発表した。 部品関連の共同開発や原材料の共同調達、並びに特許管理会社を松下と合弁で設立する計画であった。 同社は2008年4月1日付で「日立プラズマディスプレイ」に商号変更してプラズマディスプレイパネルを生産していたが、2009年度からはプラズマパネルの生産から撤退し、日立は回路の生産とテレビセットの組み立てのみを行っていた。 またかつては半導体事業も行っていたが、との合弁であるルネサス テクノロジに移管した。 同社はに強みを持ち、2005年の売上高では全世界7位に位置した。 なお、ルネサス テクノロジは2010年にNECエレクトロニクスと合併し、となった。 デジタルメディア・民生機器 [ ] 2014年4月1日より生活・エコシステムに変更され当区分は廃止された。 当区分に含まれていた日立エルジーデータストレージ、、日立メディアエレクトロニクスは「その他(物流・サービス他)」に区分された。 2014年3月まで子会社であった(現・)は、、、などのや記録媒体も手がけ、自社ブランドのみならずOEM販売も行っていたが、現在ではの自社生産からの撤退と生産委託をし「maxell」ブランドで販売のみ行っている。 はにHP401、にD317を供給して以来、/のブランドのみに供給していた。 開発・設計についてはと合弁会社(後にへの改称を経て親会社の本体へ吸収された)を設立し、事業を移管した。 統合後のソフトウェアの設計はカシオ製品を継承したが、製造・販売は日立製作所で行われていた(2009年夏モデルの「」 HIY01 よりが製造・販売していたが、2010年夏モデルの「」 HIY02 を以って完全撤退)。 なお、国際電気(現・)は向けに供給したことがある。 au (W31H) 携帯電話 化学 [ ] 主な製品ブランド [ ] 現行製品 [ ] 2019年4月の日立アプライアンスと日立コンシューマ・マーケティングの合併に伴い、日立ジョンソンコントロール空調が製造する「白くまくん」以外の個人向け家電は全ての扱いとなった。 家電製品については、の項目を参照のこと。 (コーポレート向けパソコン) かつてはコンシューマ向けも含むすべてのパソコンのシリーズ名であったが撤退。 (ブレードシンフォニー)(統合サービスプラットフォーム)• (PCサーバ)• (サンライズ)(大型ストレージ)• (ジェイピーワン)(統合システム運用管理)• (コズミネクサス)(統合システム構築基盤)• (ハイアールデービー)(リレーショナルデータベース管理システム)• (エンティア)(組み込みリレーショナルデータベース管理システム)• (グループマックス)(グループウェア)• 企業間ビジネスメディアサービス(企業間EC ASPサービス)• (携帯電話待ち受けアプリ・情報配信サービス)• (ジェムプラネット/ウェブスカイ)(生産管理パッケージ)• (エートレイン)(アルミニウムダブルスキン構体の鉄道車両) 生産終了 [ ] プラズマテレビ• 野菜中心蔵、冷凍鮮科、Theプロフリーザ(冷蔵庫)• トップレディ、ICピッタリバック (冷蔵庫)• 青空からまん棒、静御前(洗濯機)• 栄養いきいき真空チルドV(冷蔵庫)• またの授与も取り消された。 以降、次モデルとなる「フロストリサイクル冷却 真空チルドS」の発売まで冷蔵庫のテレビ広告は放映されなかった。 フロストリサイクル冷却 真空チルドS(冷蔵庫)• フロストリサイクル冷却 真空チルドWワイド(冷蔵庫)• インテリジェント真空保存 真空チルドi(冷蔵庫)• スリープ保存 真空チルドSL(冷蔵庫)• 真空チルドFS(冷蔵庫)• ククレット (オーブン電子レンジ)• ゴミパック(紙パック式クリーナー)• 手モコン(紙パック式クリーナー)• かるワザ(紙パック式クリーナー)• ロボットサイクロン(サイクロン式クリーナー)• ロボットパック(紙パック式クリーナー)• 洗っとくわ、きらきら生活(食器洗い乾燥機)• 湿気番(小型)• ROTARY GLANZ(ロータリーグランゼット)(シェーバー)• 、、ONLINE、サテラ、革命児、Nextage、ガゼット(カラーテレビ)• マスタックス、テープナビ(ビデオデッキ)、ピッコロ(CCDカラーカメラ)• (の項目を参照)• (ローディ、オーディオ機器)• パディスコ()• 、S1(パーソナルコンピュータ)• ワードパル、With Me() With Meはワープロとしては珍しい、プリンタを分離したものだった(一部にプリンタ一体型の機種も存在する)。 ペルソナ() かつてはマスタックスのやや小さなVHSデッキのサブネームでもあった。 (コンシューマ向けパソコン) かつてはFLORAの中のシリーズ名だった。 はなれワザ(ビデオカメラ) 文字通り、カメラモジュールを離して自由なアングルで撮影することができた。 クリスタレーン(規格型透明 )• エスカレーン(規格型非透明)• ハンディー型であるが欧米ではとしても販売されていた。 現在では「Magic Wand」として販売されている。 広告 [ ] 1930年代の広告 「」(この木なんの木)のに用いられている「この木なんの木気になる木~」で始まる曲は、作詞・作曲によるものであり、実際にのオアフ島に存在し、観光名所となっている。 また以前は日立製作所のには必ず「日立の樹」が着信メロディとして入っていたが、C451H()で一旦取りやめた。 しかし、以降「日立の樹」の着信メロディが復活している。 短期間(後半頃)だが、日立番組では「日立のうた-H. 日立」(作詞・作曲:、歌:)が使われていた。 (なお、CMでは1968年までこの曲のインストゥメンタル版が使われた) では1957年よりの巨大を掲出しており、2011年7月1日から約4か月間、ネオン管の大部分をに取り替えることで消費電力量を従来に比べ約半分に削減するリニューアル工事を実施した(新しいネオンは2011年10月28日に点灯)。 ちなみに通天閣のは完成当時日立製ではなかったが、2001年に日立製に取り替えられており、頂上に取り付けられているネオンサインに翌日の天気を表示するシステムも日立製である。 通天閣では毎日正午に楽曲「日立の樹」が流される。 2014年1月には「グローバルブランドキャンペーン日立グループ元旦広告」にを起用した。 日立社標(日立マーク) [ ] 日立マーク(1985年の日立パビリオン) 日立社標(日立マーク、亀の子マーク、「日」「立」の社章、小平浪平が考案したもの )については、家庭用の日立(グループ)製品では1974年~1991年前半に発売されたものまでは「HITACHI」ロゴの左側に日立社章を併記してあるロゴタイプを使用していたが(1970年代までは「日立」ロゴと組み合わされたものもあった)、1991年後半以降の製品は現行の「HITACHI」ロゴ単独表示のものに変更されており、一部製品ラベル等を除き日立社章は製品自体では見られなくなった。 エレベータや建設機械など産業用機器についても、日立社章は見られなくなった。 広告活動では2000年からの「 Inspire the Next」と入れ替わる形で使用を取りやめ、通天閣などの広告からも取り外された。 同時に各社と日立社標の使用許諾契約を結んでグループ各社から使用料を徴収することとしたため、グループ各社からも日立社章は消えつつある。 なお、2017年現在の「 Inspire the Next」の表記は広告活動のみならず、日立製品の梱包箱や取扱説明書まで広範囲に用いられている。 キャッチフレーズ [ ] システムの日立グループ 1970年代 - 1980年代前半 システムとエレクトロニクスの日立グループ 1980年代後半 - 2000年3月 Inspire the Next ( インスパイアー・ザ・ネクスト ) 2000年4月 -、「次の時代に新しい息吹を与える」の意。 スポンサー番組の提供読みは「 次の時代に新しい風を、日立(グループ)」(ただし「」は異なる) 上記以外にも、このようなキャッチフレーズも使用されている。 技術の日立 1940年代後半 - 2000年3月「システムとエレクトロニクスの日立グループ」制定以降は一部番組の提供クレジットなどで並行使用された。 1991年の新CI導入まで「品質を大切にする」というキャッチフレーズもあった。 HINT ( ヒント ) 「 HINT」は「日立新技術」を意味する英語の「 HITACHI NEW TECHNOLOGY」の略()で、1980年代 一般消費者向けの商品において「暮らしを豊かに…、日立のヒント商品です」というコピーを広告最後のに導入していた(初期はアニメ「」のキャラクター映像も挿入されていた)。 後期にはブルーバックを背に英文字だけで用いられるようになった。 Humanication ( ヒューマニケイション ) 1980年代 HINTと同じくパソコンや通信機器等の事務用品に用いられた。 くらし・刺激人 1990年 - 1997年 後に(to nature! )、さらに(すごい・かんたん・きもちいい)というキャッチフレーズが追加された。 Here,The Future ( ヒア・ザ・フューチャー ) 1996年後半 - 2000年3月(広告のサウンドロゴなどで使用) ずっと使うから 1996年後半 - 2005年 「ずっと使うから日立」というコピーが定例で、主に白物家電で多用された。 2004年頃においては30秒の広告後半に「ラクラク(使いやすさで選べば)」「エコ(エコロジーなのは)」「ナノテク(未来の機能を今日使う)」というフレーズで外人の女の子が白物家電のプレゼンを行っていた。 その後白物家電は提供読み・サウンドロゴとも「 Inspire the Next」に揃えられたが、現在でも掃除機や炊飯器などの一部製品の梱包箱には「ずっと使うから、日立のエコ」が記されている。 Next Made In JAPAN ( ネクスト・メイド・イン・ジャパン ) 2003年 - 2005年、新たなる日本でのをアピール。 つくろう。 2005年 - 「 Next Made In JAPAN」から継承。 uVALUE ( ユーヴァリュー ) 2004年 - 情報社会における価値創出と豊かな社会の実現を目指すとの想いからつくられたIT事業の。 後に「協創によってビジネスや社会のイノベーションに貢献する」という事業コンセプトの名称ともなる。 日立はすべてを、地球のために 2008年 - 、日立グループは、地球環境を保全しながら持続可能な社会の実現することをめざし、製品により2025年までに年間1億トンのCO2排出抑制へ向けた取り組みを開始することを宣言。 このキャッチフレーズをのとを起用したで使っている。 日立はエコにたし算 2010年 - 、従来のエコだけを目標にするのではなく、家電の未来を描く新しい白物家電のスローガン。 イメージキャラクターにを起用すると共に、白物家電のアイテムごとに異なるメンバーを起用している。 (サイクロン式クリーナー「2段ブーストサイクロン」…、タテ型洗濯乾燥機「」…、冷蔵庫「フロストリサイクル冷却 真空チルドWワイド」…、ドラム式洗濯乾燥機「」…、エアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」…)2011年5月に個人広告の総集編(詳しくは後述)が放送された後、同年6月からマークのマイナーチェンジが行われ、レンジ「ヘルシーシェフ」を皮切りに、メンバー複数人が共演する広告も始まった。 個人広告も複数人共演バージョンに順次リニューアルされ、その後も製品のモデルチェンジに連動して約1年周期で出演メンバーが入れ替わっており、2014年からは再びアイテム毎の個人出演となっている。 鉄道事業、水環境事業、エネルギー事業、ヘルスケア事業、IT事業を取り上げている。 Social Innovation, ( ソーシャル・イノヴェイション ) THE FUTURE IS OPEN TO SUGGESTIONS ( ザ・フューチャー・イズ・オープン・トゥ・サジェスチョンズ ) 2016年 - 「未来は、オープンだ。 アイデアで変えられる。 」日立の強みであるOT 制御技術 とIT 情報通信 を最大限に活用し、社会イノベーション事業を一層成長させるとともに、 IoT時代のイノベーションパートナーとしてお客さまとの協創の加速をめざすメッセージ。 サウンドロゴ [ ]• 1974年~1978年3月:なし:冒頭に日立ロゴのキャッチを表示• 1978年4月~1984年:なし:宇宙空間に日立ロゴのキャッチを表示• 1988年~1996年:HITACHI(1991年を境に上記の日立マークの使用を廃止したがブラックバックにHITACHIロゴの下に青緑のラインが表示されるものであった。 1996年~2000年:Here,The Future HITACHI• 2000年~:HITACHI Inspire the Next (何度か変更されているが2009年からは日立の樹を採用したものが使用される) 現在放送中の提供番組 [ ] (・、) テレビ [ ]• 2018年現在• (系 開始当初は日立製作所のみだったが、現在は各社として協賛)• ( 日立グループ各社として協賛。 2012年までは一社提供だったが、2013年からはレイソルの地元にあるが、2016年からはに本社があるが加わり、現在は3社提供。 (系、2011年から。 より移動。 ) 太字は、現在一社提供。 提供番組は減少傾向にあり、複数社提供の場合は一時的(週替わり)にスポンサーになる場合が主で、それ以外はスポットCMでの放送が中心。 かつて放送していた提供番組 [ ] テレビ [ ]• (NET)• (MBS)• (TBS)• (TBS)• (TBS)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ。 前期のみ)• 日本テレビ系列日曜19時台後半枠(「投稿! 特ホウ王国」までは日立グループ単独協賛枠として提供、それ以降は日立製作所単独の提供枠として番組提供を行っていた。 (1時間番組となるが、後半のみの一社提供は継続 当枠最後の「日立の樹」放映番組 ここまでは「日立グループ」としての名義で協賛)• (同上、後半のみの一社提供は継続)• (複数社提供。 放送開始から2009年まで。 番組自体は現在も継続中)• (TBS系)• (TBS系)• (TBS系)• TBS系列土曜20時枠• (1972年頃まで)• (TBS系)• (TBS系・1990年頃から1992年3月まで。 番組自体は現在も継続中)• (TBS系・1社提供時代の。 1990年頃・隔日)• 星の詩()• (フジテレビ系。 ただし最終作『』は関わらず)• (フジテレビ系・1989年頃から1996年9月まで。 番組自体は現在も継続中)• (フジテレビ系(除く)・隔日提供。 2003年頃から2008年頃まで。 (フジテレビ系、一時期PTで同業のもスポンサー。 2011年3月まで、VS嵐に移動。 2011年9月)• などの(系)• (テレビ朝日系)• (テレビ朝日系)• さわやかゴルフ(テレビ東京)• (テレビ東京) ラジオ [ ]• (他)• (TOKYO FM系列 当時系列に加盟していたもネットしていた。 (TBSラジオ 1979年度 - 1982年度の期の金曜に提供) その他 [ ]• (日立総合計画研究所web()上で無料配信) なお、2009年4月21日に日立グループの子会社製造のにおいて虚偽表記を行っていた事が発覚しから景品表示法違反で排除命令(優良誤認)を受けた事からそれ以降日立グループでは番組の提供を自粛しのCMに差し替えた。 その後5月初旬はお詫び広告を流し、『世界・ふしぎ発見! 』は5月16日より通常CMを再開、複数社提供の番組では6月より通常CMを再開している。 また発生から1カ月程も同様の措置が取られた。 自粛の解除後、前述「エコにたし算」シリーズの総集編も兼ねた節電啓発CMが放送された。 CM最後に流れるサウンドロゴにも「 みんなで節電」が挿入され、15秒版ではサウンドロゴに代わってこちらが読み上げられる。 社会関係 [ ] スポーツ事業 [ ] 日立柏サッカー場• () 1940年に創部された が前身で現在も日立が大株主。 ホームスタジアムのは日立の敷地内にあるクラブ所有のスタジアムである。 日立製作所本社サッカー部(新) 現・レイソルとは別に本社のサッカー部が東京都社会人サッカーリーグに参加している。 社業に専念してレイソルには入団しなかった選手や、日立本社に所属するサッカー愛好家による同好会。 (女子) 佐和事業所のバレーボール部(旧「日立佐和リヴァーレ」)で、かつての本社バレーボール部()とは別の組織。 () 2000年に本社バスケットボール部(日立本社ライジングサン)と関西支社バスケットボール部()の統合で設立。 2015年に運営母体を分社化。 () の女子バスケットボール部。 () 本社ソフトウエア事業部のソフトボール部(一般に「日立ソフト」と略称されるのチームではない)。 選手のほかに監督も輩出している。 かつて存在したチーム [ ] 日立グループでは、事業再編の一環としてスポーツ事業についても大幅に整理を行った。 そのため、バレーボールを中心に廃部が相次いだ。 (Vリーグ男子) - 廃部• (Vリーグ女子) - 廃部• (Wリーグ) - 廃部• (Vリーグ女子) - 廃部• その後、2015年にビックカメラに移管され、現存。 ルネサス テクノロジとして関連会社に分社化する以前は「日立ソフトウェア」と並んで、同一法人の下に女子ソフトボールの有力チームが2チーム並存していた状態であった。 (Wリーグ) - 撤退、クラブチーム化 旧日立甲府。 1999年に日立本体がチーム運営から撤退し、2009年以降は一般社団法人の運営するクラブチームとして現存。 () - 撤退、クラブチーム化 旧日立ハリケーンズ。 2003年にルネサス テクノロジに運営移管後、2004年にクラブチーム化。 現在はルネサスとがメインスポンサー。 () - クラブチーム化 旧日立栃木サッカー部。 2006年にの実業団チームからクラブチーム化して「栃木ウーヴァFC」 栃木U に改称。 栃木U時代は日立アプライアンスが同クラブのスポンサーになっていた時期があった。 JFLから関東リーグへ降格し、1年経過した際に諸事情で現在の名称となる。 以降は、東京都に本社を置くが現在のクラブの親会社となっている。 冠スポンサー [ ]• ( 日本の男子レギュラー、男子シニア、女子の3大ツアーチーム対抗戦)• 1988~1997年はの特別協賛を務めており、大会名も「ゴルフ日本シリーズ日立カップ」であった。 文化事業 [ ]• (モノクロ:実写版):第1話は日立製作所日立工場でロケが行われた。 - 2012年大会の中継では後半の各社スポンサーとして提供。 この時は大阪関連として珍しく最新版の鉄道関連技術(自動改札システム)のCMが流れていた。 脚注・文献 [ ] 注釈 [ ]• 本線用実用化でも同様の指摘があり、日立が主として開発に携わったが初期トラブルを克服しながら安定した機関車として定着したのに対し、三菱が製造したはのメーカーとのライセンス技術という点もあり結果として失敗に終わった。 なお、同社が手がけた最後の非アルミ製の車両は、2003年に製造されたのである。 「ビートウォッシュ」広告は大野・二宮のものを引き続き放送• 「ビッグドラム」のみ• 広告は大野・二宮のものを引き続き放送• この番組名は日立のである。 その後のリメーク版では日立がスポンサーに入っていないのと、日立からの使用許可が出ていないため「カン・カンぴったし」(1995年特番)にしたり、「」(2003年以後現存)と改めたりしている• ・周辺に点在するグループ拠点の大規模な被災や(事故原因となった一号機から四号機は日立が製造に関わっている。 )が理由。 、なども同様のCMを放送。 なお2012年度以降は消費財の需要バランスが震災前からほぼ回復の傾向にあり、等ごく一部の企業を除く家電業界内においてこの共通スローガンが廃止される。 出典 [ ]• 株式会社日立製作所. 2016年2月21日閲覧。 株式会社日立製作所 2019年6月19日. 2019年9月15日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 17Page• Scott DeCarlo ed. 日立製作所2011年3月7日プレスリリース]• 日本経済新聞 2011年9月8日• 日本経済新聞 2011年10月5日• 日本経済新聞 2011年10月17日• 東洋経済オンライン. 2012年12月10日. 2014年8月5日閲覧。 2013年2月1日 日立製作所ニュースリリース• 2015年2月24日. 2015年2月24日閲覧。 2015年2月24日. 2015年2月24日閲覧。 2015年9月15日• 日立製作所 2017年10月27日• みちのりホールディングス 2017年10月27日• YSMタイムリー. 2018年8月2日. 2018年8月2日閲覧。 日本経済新聞 2019年12月18日. 2019年12月30日閲覧。 日立製作所. 2020年1月26日閲覧。 日立製作所. 12 2019年5月31日. 2020年1月25日閲覧。 日立レールSTS. 2020年1月25日閲覧。 時事ドットコム. 2020年4月21日閲覧。 毎日新聞 2019年3月5日• スカラ型プロセッサを組み合わせてベクトル計算機を模擬するシステム• 庄司容子 2019年1月25日. 日経ビジネス電子版. 日経BP社. 2019年1月25日閲覧。 東海旅客鉄道株式会社 2018年12月20日. 2019年1月28日閲覧。 asahi. com 2009年4月20日• 、2015年6月10日閲覧。 通天閣観光株式会社『』 通天閣ニュース、2011年10月28日• 放送開始当初は日立製作所一社提供番組で「日立ファミリースコープ」と副題が付いていた。 (朝日新聞 1961年10月4日付 一面広告参照)。 ちなみに1961年10月11日放送の第1話「最後の犯人(ホシ)を追え」の劇中では日立から科学捜査機材の開発の報告を電話で受けるシーンがあった。 1965年頃から1年程は日立と日本石油(現在の)、1966年頃から1974年まで日立と日産自動車の二社提供であったが、1974年に日産自動車、ライオン油脂、ライオン歯磨となり、日立はこの時点でスポンサーから撤退した。 参考文献 [ ]• 著『技術革新の戦略と組織行動』( 、1998年) 関連項目 [ ]• (日立製品を販売する)• (ひたちのくに)• (ひたちおおたし)• (ひたちだい) - の地名で、現在は柏レイソルホームグラウンドの日立柏サッカー場がある。 - 俳優・声優、芸能界に入る前に横浜工場に勤務していた。 - 現ホートンワークスジャパン執行役員社長、元レッドハット株式会社代表取締役社長。 日立製作所国際営業本部や Hitachi Data Systems(米国カリフォルニア)で働いていた。 株式会社 - 電力会社9社・メーカー3社・産業革新機構の出資により、2010年(22年)10月22日に設立された。 - 1960年より、(当初は)におけるスポンサーを(運行も担当)と共に分担している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

日立警察署からのお知らせ/茨城県警察

茨城 県 日立 市 事件

略称 日立 日製 ( にっせい ) HITACHI 本社所在地 〒100-8280 一丁目6番6号 設立 1920年2月1日 (100年前) ( 1920-02-01) 1910年(創業) 事業内容 通信機器 (を参照) 代表者 (兼) (・兼) 資本金 4,587億9000万円 (2019年3月31日現在) 売上高 連結:9兆4,806億1,900万円 2019年3月期 営業利益 連結:7,549億7,600万円 2019年3月期 純利益 連結:2,225億4,600万円 2019年3月期 純資産 連結:4兆4,144億300万円 2019年3月期 総資産 連結:9兆6,265億9,200万円 2019年3月期 従業員数 連結:295,941人、単独:33,490人 2019年3月31日現在 外部リンク 特記事項:国際財務報告基準のため、売上高は売上収益、純利益は親会社株主に帰属する当期純利益、純資産は資本合計を記載。 従業員数は2019年3月末時点。 株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、: HITACHI, Ltd. )は、のであり、の中核企業。 世界有数の総合電機メーカー。 及びの構成銘柄の一つ。 通称は 日立や HITACHIなど。 特に創業の地であり、主力工場を抱えるなどでは、行政機関の日立市や他の日立グループ各社などと区別するため日立製作所の略称で 日製 ( にっせい )とも呼ばれている(後述参照)。 前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出するである。 日立鉱山を母体としてが誕生し、久原財閥の流れを受けてが形成された。 また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。 やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。 概要 [ ] 情報・通信システム、社会・産業システム、電子装置・システム、建設機械、高機能材料、オートモティブシステム、生活・エコシステム、その他の8の部門から構成されている。 売上高9兆4806億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機最大であり、日本の全業種中でも、に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業。 米国誌『』が毎年発表する では、(複合企業体)に分類されていたが(他にとしては、等が分類されている)、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の選択と集中を徹底して子会社を削減する傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。 879社、407社、計1,286社を傘下に置き、を形成する。 グループ全体のは「 Inspire the Next ( インスパイアー・ザ・ネクスト )」。 特徴 [ ] 経営 [ ] での日立グループパビリオン 「技術の日立」にふさわしく、創業者・小平浪平以降、歴代の社長は全て技術畑出身である。 意思決定の迅速化、経営の透明性向上を目的として、日立製作所は2004年よりに移行した。 日立グループの上場企業も順次移行している。 2009年4月、業績悪化の責任をとり、取締役会長の庄山悦彦と代表執行役執行役社長の古川一夫が退任し、元副社長で、の取締役会長、元代表執行役の川村隆が代表執行役執行役会長兼執行役社長に就任。 同時に、グループ会社に転出していた元副社長3名も副社長に復帰し、経営改革が進められている。 2009年頃までは、優良上場子会社が多く連結決算における少数持分利益が多額であった。 そのため連結営業利益は数千億円の黒字でも最終利益は100億円程度の黒字もしくは赤字となることが多かったが、 経営改革の結果、2018年3月期には3823億円の最終利益となっており、安定的に利益を出せる体質へ変化を遂げた。 茨城県における日立 [ ] グループにはかつて、商社の日製産業もあった(現在の)。 また、 日研 ( にっけん )は日立製作所の社内で使用する「日立研究所」の略称である。 日立市内にある日立工場(ただし2014年以降、敷地の大部分はの日立工場となっている)だけで13個分の広さがあり、日立工場内で大会が開催される。 出資該当会社 [ ]• (旧)• (19年1月末にへ売却)• (旧・旧・旧のいずれも主力取引銀行であり関係が深かった)• (第一原子力グループ・勧銀十五社会のいずれにも参加)• (旧は主力取引銀行、旧(主に海外部門)・旧・旧は準主力取引銀行としていずれとも関係が深かった)• (であるが、上記に並ぶ主力取引銀行である)• (旧・日本油脂)• (韓国ハンビットソフト社との合同出資) 歴史 [ ] 歴代社長 [ ] 代 氏名 在任期間 社長空席 1920年 - 1929年 初代 1929年 - 1947年 二代 1947年 - 1961年 三代 1961年 - 1971年 四代 1971年 - 1981年 五代 1981年 - 1991年 六代 1991年 - 1999年 七代 1999年 - 2006年 八代 2006年 - 2009年 九代 2009年 - 2010年 十代 2010年 - 2014年 十一代 2014年 - 沿革 [ ] 旧日立本社ビル(本社移転後は、に売却後の2003年以降は賃貸ビルとして運用。 2010年解体)。 1906年10月 - が 久原鉱業所(日産グループの前身、現:。 ・等の持株会社)に工作課長として入社。 これは前年に日立鉱山を設立していたの招請によるものである。 1908年12月 - 茨城県日立村大雄院に鉱山機械の修理工場を建設。 同工場が日立創業の地とされる• 1910年• 国産第1号の5馬力誘導電動機を3台製作• 徒弟養成所(現・)創立• 1911年 - 日立鉱山から独立し、久原鉱業所日立製作所とする• 1912年 - 日本初の造の水力発電所・石岡発電所竣工• 1918年• 久原鉱業佃島製作所を合併、亀戸工場とする• 本社を東京へ移転(久原鉱業所日立製作所を日立製作所日立工場とする)• 1919年11月14日 - 大物工場全焼。 経営危機に瀕する• 1920年• 株式会社日立製作所として完全独立• 久原の経営する日本汽船から笠戸造船所を買収、製造に着手• 1924年 - 大型電気機関車「」完成。 翌1925年、に納入• 1926年 - 30台をへ輸出• 1927年• 製造に着手。 の開発に成功• 電気冷蔵庫の開発に成功。 戦時中は航空機用の発動機なども製造• 1931年 - 昭和肥料(現・)の依頼により、製造用10,000水電解槽を製作• 1937年 - 国産工業(現・の前身企業)と合併• 1939年 - 日立研究所が日立工場から独立• 1947年 - 小平浪平に指定。 社長を辞任、後任にが就任• 1951年 - 小平浪平、公職追放指定解除を受け、相談役に就任。 同年10月死去• 1954年 - 国産第1号の大型ストリップミル完成• 1956年 - 日立金属、分立• 1958年 - 6石トランジスタ超小型ポータブルラジオを開発• 1959年• トランジスタ電子計算機「」を開発• と共に開発の座席予約システムの初号モデルMARS1が完成• 1961年 - を開発• 1963年 - 日立化成工業(現・)分立• 1964年 - 向け車輌を製造• 1969年 - 日立建設機械製造(現・)分立• 1970年 - 世界初の(PTC)「(COMTRAC)」の開発に成功• 1977年 - 原型炉「」竣工• 1979年 - 大型汎用コンピュータ「」を開発• 1983年 - 御茶の水駅前に地上20階地下3階建ての(旧日立御茶ノ水ビル)竣工。 内から本社を移転• 1984年 - 256の量産開始• 1989年 - 旧(現 )に方式の携帯電話HP-401を供給• 1990年 - 大型汎用コンピュータ「」を開発• 1991年 - 創業81年を機にロゴマークを一新• 1995年• を吸収合併• デジタル衛星放送用の「」を開発• 旧IDO(日本移動通信)(現KDDI au)に方式の携帯電話D317を供給• 1996年 - 次世代型列車運行管理システムをと共同で開発• 1997年 - (記憶容量4. 7)の基本技術開発に成功• 1999年• 事業グループを再編し、を導入• との合弁会社「NEC日立メモリ」(現・)を設立• 2000年 - との合弁会社、を設立• 2002年• 産業機器グループを分離、創業• 家電グループを分離、日立ホーム・アンド・ライフ・ソリューション(現:)創業• 2003年• 1月1日 - のハードディスク事業部門を買収し、を設立• 4月1日 - との合弁会社「」を設立• 2004年• 4月1日 - との合弁会社「」を設立• - 監督と執行の分離を徹底するに移行• 10月1日 - との合弁会社を設立• 10月1日 - 日本電気との合弁会社を設立• 2005年• 2006年• 本社を内に移転• KDDI auに対応としては2番目の携帯電話を供給• 2007年• 小型モータを扱っている連結子会社のの株式をへの売却を発表• 8月 - 世界初のフルハイビジョンBlu-ray Discビデオカメラ「」と8cmのBD-R、REメディアを発売• 10月 個人向けパソコンからの撤退を発表• 2008年• 環境goo大賞2008において、企業部門で「環境goo大賞」を受賞• 2009年 - を分立• 9月 2009年度の「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス(Dow Jones Sustainability Index)」の構成銘柄317社の1社に選定される• 2010年• 4月14日 - 「英国High Speed 1路線向け高速鉄道車両(車両)の開発」で第39回日本産業技術大賞「」を受賞• 5月6日 - 特定非営利活動法人 日本マザーズ協会が主催する「第3回ベストマザー賞」にて、企業部門賞を受賞• 6月22日 - との海外向けシステム事業における協業で基本合意したと発表• 10月5日 - ミッドレンジディスクアレイ「AMS2500」が推進協議会の「グリーンITアワード2010」のグリーンIT推進協議会 会長賞を受賞• 2011年• 3月7日 - HDD事業をに売却することを発表• 8月4日 - 三菱重工業と三菱電機と水力発電事業を統合し、10月1日付で新たに日立三菱水力株式会社が誕生することを発表• 9月8日 - 米子会社を通じて外部記憶装置(ストレージ)事業会社の米ブルーアークを買収したと発表。 10月5日 - 米子会社日立データシステムズ社を通じて南アフリカ共和国のIT機器販売・サービス会社ショウデンデータシステムズ社を買収したと発表。 10月17日 - 中国国家発展改革委員会の指導のもと重慶市と資源循環・低炭素経済分野における協力について合意。 2012年• 1月23日 - 1956年より続けてきたテレビの自社生産を本年9月30日限りで終了する旨を公式発表(日立ブランドのテレビ販売・開発は同年10月1日以降も継続されるものの、製造は海外メーカーへ委託)。 11月29日 - 三菱重工業と、火力発電とその関連事業を統合することを発表。 その後2014年2月1日に株式会社が設立された。 2013年• 4月1日 - 完全子会社のを吸収合併。 2015年• 2月11日 - 日立の子会社である米Hitachi Data Systemsが、ビッグデータ利活用を事業とする米Pentaho社を買収。 2月24日 - イタリアのの鉄道事業である「」、「」の買収を基本合意したと発表。 買収額は約2500億円。 9月15日 - 日本の企業としては2社目の「. hitachi」の運用を開始。 2016年• 4月1日 - 日立メディコ(現・)及びの両社の製造部門以外を会社分割により継承。 5月10日 - 日立、米国日立データシステムズ社、米国日立コンサルティング社などの出資のもと、IoTプラットフォームLumada開発チームとなるHitachi Insight Groupが活動開始。 5月10日 - IoTプラットフォームLumadaのサービス提供を開始。 5月19日 - の保有株式の一部をに譲渡し、連結から除外。 10月3日 - 金融サービスを構成するの保有株式の一部をなどに譲渡し、連結から除外。 2017年• 3月29日 - の保有全株式(間接保有含む)を(KKR)傘下のHKホールディングスに譲渡。 9月19日 - Hitachi Data Systems、Pentaho、Hitachi Insight Groupを統合し、産業IoTの新会社Hitachi Vantaraを設立。 12月1日 - 茨城県北部で乗合バス事業などを手掛けているの保有全株式をへ譲渡し、連結から除外。 2018年• 4月3日 - 情報関連機器を生産する子会社、の株式の97%をに譲渡することを発表。 8月1日 - 二、三年以内に十万人の社員にテレワークを実施する予定。 9月25日 - ブランドのテレビの国内販売を終了させることを発表。 12月18日 - の全株式をTOB()でに、併せて画像診断機器事業をに売却すると発表。 2019年• 4月1日 - 同日付で欧州の以下の鉄道部門各子会社を商号変更。 日立レール・ヨーロッパ(Hitachi Rail Europe Ltd. 日立レールイタリア(Hitachi Rail Italy S. A(Hitachi Rail S. アンサルドSTS(Ansaldo STS S. 2020年• 4月21日 - 昭和電工は日立化成へのTOB()が成立したと発表。 日立化成は28日付で日立製作所の子会社でなくなり、昭和電工の傘下に。 不祥事・事件 [ ]• 2013年7月、職業安定法44条違反および労働者派遣法違反により、東京労働局より行政指導を受けた。 2014年5月、日立製作所社員による情報の不正取得行為があったとして、国立国会図書館から発表があった。 2015年9月、労働基準法第6条違反(中間搾取の罪)で刑事告訴され、起訴猶予となった。 2019年3月、同社とグループ会社10社に於いて、技能実習生に対し実習の必須業務を行わせなかったり、低賃金の作業に従事させるなどしていたとして、から改善勧告を受けていたことが、新聞報道で判明。 事業部門 [ ] ITセグメント、エネルギーセグメント、インダストリーセグメント、モビリティセグメント、ライフセグメントと、子会社の日立ハイテクノロジーズ、日立建機、日立金属、日立化成を加えた、合計9つの事業部門を抱える(2020年度3月期より新たに決算報告用のセグメントとして構成を変更)。 関連項目: 、。 ITセグメント [ ] 「お客様との協創による社会イノベーション事業への貢献」を事業方針として、システムインテグレーション、情報処理機器および通信機器等の開発(製造からは撤退予定 )を行う。 情報機器は、互換の(ハードはIBMが提供)、PCサーバ・Unixサーバや (IBMと協業のSRシリーズ)、産業用パソコン、ディスクアレイ装置を手がける。 特に、と連携する関連事業を強化している。 オフィス用は、社よりOEM提供のが2017年に生産中止となった。 通信機器は、や、とともに、いわゆる電電ファミリーの一角として、グループ企業を含めになどの通信機器を納入しているが、沖電気と共に中堅の地位にある。 金融機関向けの製造は、2004年10月にを設立し分社化された。 、は、として、の開発やの受託を行う。 関連企業になど。 エネルギーセグメント [ ] 、や電力設備を製造するほか、国内における3つの製造メーカーの一つであり、から技術導入したをと共にを始めとする電力各社に納入している。 原子力関係者の間では「紳士(または殿様)の」「商人(または侍)の」に対して「野武士の日立」として、それぞれ企業としてにおける意欲や積極性などの社風を物語るもので、日立が最も積極的な事を表す。 原子力発電についてはGEとの事業統合(を設立)を行っている。 やは、三菱重工業との合弁会社であるにて製造している。 2012年に(現)から事業を買収し、主に陸上に設置する出力2000kWと、洋上向けの5000kWの2種類の風力発電機を開発・生産しているが、すでに新規の受注活動を停止しており、契約済みの製品の生産が終わり次第、埠頭工場(茨城県日立市)での風力発電機の生産を止める見通しで、風力発電機の生産から撤退することになった。 今後は子会社が提携する独メーカーの風力発電機の販売と、保守や運転支援などのサービス事業に軸足を移す。 2018年12月には、スイスの大手電機メーカーのパワーグリッド部門を買収することを発表した。 これが実現すれば、送配電事業では世界首位の規模となる。 インダストリーセグメント [ ] 主な製品・サービスとして産業・流通ソリューション、水ソリューションを扱う。 子会社のにて、産業用機器を扱っている。 モビリティセグメント [ ] ビルシステムおよび鉄道システムを扱う。 ビルシステム [ ] 昇降機(や:関連会社のを扱う。 2014年に開発部署と海外市場を除き全面移管)2010年には茨城県ひたちなか市に世界一の高さ213. 5メートルのエレベータ研究塔「」を建設。 エレベーターの国内シェアは2位。 なお、海外市場が日立本体に残されたため、日立本体もの会員である。 この記事は過剰な画像のため読みにくくなっています。 ウィキペディアは百科事典であり、。 にて、ページ容量肥大化の原因になるため、似たような画像を複数枚使用するのを控えるよう要請されています。 鉄道車両や、これに搭載される電気機器、送電設備、座席予約・発券システム、信号・中央指令等の運行管理システムまで、鉄道に関わるもの全てを作ることが出来る世界で唯一の会社とされる。 のではの生産を行っている(は除く。 の水戸工場で製造していたが、現在は製造車両がない)。 車両の受注もしている。 「」と呼ばれる、押し出し型材を(FSW)工法により溶接したの構体をもち、また構体と別に内装を化して製作する自立型内装構造をもつ規格型車両を実用化し、低コスト・短納期での生産を可能にしている。 過去には製や製 の車両も手掛けていたが、現在はアルミニウム製車両のみに特化している。 車両に搭載する機器類でも独自の物が多く、には多段式自動加速制御器の原点である「日立MMC制御」を開発した。 1952年に笠戸工場で制作されたは日本初のを採用した。 その他、では日立製作所オリジナルのブレーキ装置として「電磁直通弁式(通称:日立式電磁直通ブレーキ)」が採用されている。 また、跨座式モノレールのシステムであるをから導入し、などに納入している。 1988年には、(株)(現・)・(株)(JR東日本)との共同企画として日本国内を走行した()の客車「」の国内走行仕様への改造を行う実績を残している。 2009年12月、日立が製造した(クラス395)が英国の高速鉄道(CTRL)にて運行を開始した。 2010年6月22日、海外向け鉄道システム事業において、と協業することで基本合意したと発表した。 製造した主な鉄道車両 [ ] 新幹線 [ ]• ・・・・・・・・など営業車両、など事業用車、・・・・・など試作車両• ()先頭車両 国鉄・JR在来線 [ ]• 蒸気機関車• ・・・・他• ディーゼル機関車• 電気機関車(昭和30年代以降主に交流・直交流機)• ・・・他• 旧国鉄:・・・他• (JR北海道):・以外の在来線電車各形式• (JR東日本):・(6両編成のうち特別車両E655-1を含む3両。 残る3両は〈横浜金沢プロパティーズに社名変更後、に吸収合併され消滅/現事業・横浜事業所〉にて製造)・・• (JR東海):・・• (JR西日本):・・・・・ 1000番台8両編成W3編成のみ• (JR四国):• (JR九州):・・・・• 九州旅客鉄道(JR九州): JR以外の私営交通・第三セクター・新交通システム [ ]• (東京メトロ):・・・(2012年導入分から)• (つくばエクスプレス):• :・・・・・• :・・初期車まで。 :までの新造各形式、• :全車両• :全車両• :モンキーパークモノレール線のみ• : 、• :・・• : 公営交通 [ ]• ():• :・・・・• イギリス・ JR全社が国鉄時代から導入している座席予約・発券システム「(マルス)」は日立製作所の製品である。 即ち、我々が日常で受け取る切符の大半は、日立製作所のシステムで発券されている(一部製)。 が『』(のキャンペーンソングともなる)をリリースする際、(国鉄の券売機システムを使用)と日立製作所(国鉄の車両を製造)がスポンサーになった。 タイトルに「いい 日旅立ち」「いい 日旅 立ち」とそれぞれの会社の名前が入っている。 ライフセグメント [ ] 医療機器などのヘルスケア事業、家電などの生活・エコシステム事業、自動車部品などのオートモーティブ事業を扱う。 ヘルスケア [ ] 2016年に製造部門以外を本体が継承した旧・は、、などの買収を通じて成長した総合メーカーで、やと競合する。 日製産業が改称したは、販売・営業を扱うとして機能しているだけでなく、自身も電子部品・半導体の製造装置を製造している。 生活・エコシステム [ ] 冷蔵庫、洗濯機などの白物家電や空調システム製品、LED照明、住宅用太陽光発電システムなどの環境ビジネス製品を扱う。 2019年4月1日に、などの()の製造・販売を手掛けると系家電やなどの販売を手掛けるが合併し、が発足した。 なお、日立コンシューマ・マーケティングが取り扱っていたWoooブランドのテレビの国内販売は2018年9月をもって終了し、地域家電店ではの薄型テレビ「」が販売されている。 ルームなどの空調機器はにて生産されている。 オートモーティブシステム [ ] オートモーティブシステム分野では、歴史的な経緯()においてと関係が深く、日産系の有力部品メーカーであるユニシアジェックスを子会社化した後、同社のオートモーティブグループへ統合したり(現在は、同グループ傘下のJECSとして再分社化)、従来から日立グループの企業であったを、オートモーティブグループへ統合するなど、日産と組んで系列自動車部品メーカーの子会社化や事業統合を進めている。 同社の自動車用電子制御技術は実績があり、のシステムやのシステム、や、などのシステムなども、同社の製品である。 その他 [ ] 、、については、それぞれの項目を参照のこと。 コンサルティング事業 [ ] 事業の集約を行い、を設立した。 日立グループ以外でも、の買収(日本では設立)、の、のなど、電機メーカーがコンサルティング事業を集約する動きが活発化している。 アビームコンサルティング、アクセンチュアに続いて日本国内3番目にの資格保有者数が多い。 中央研究所 [ ] 日立製作所中央研究所は、にある。 1942年小平浪平により創立。 は、厳密に評価を数値化したため研究業績が落ちた。 そのため現在では(研究開発テーマの評価手法)を使っている。 情報、エレクトロニクス、ライフサイエンスの3分野が柱である。 主な業績としては、初の国産大型計算機( 5020 1964年)、世界初の個体撮像素子(1978年)、64キロビットDRAM(1980年)、電子線ホログラフィー技術、(HITAC S-810 1982年)、超伝導トランジスタ(1986年)、DNA高速解析技術(神原秀記ら、1993年)、(2000年)、指静脈認証技術(2000年 - )などの開発である。 日立製作所におけるモーター事業 [ ] 日立鉱山で使う(電動モーター)の修理事業が同社の源流となったためか、モーターに於いては同業のやと肩を並べるブランドの一つとなっている。 それ故に、同社の異名として「 モートル(モーター)の日立」とも言われ、多くの技術者、電気店に異名が浸透していた。 現在モーターは、、など各子会社で生産されている。 撤退・縮小した事業 [ ] 金融サービス [ ] 、を通じて、自社製品を利用した事業や、住宅ローン、自動車ローン、クレジットーカード事業を営んでいた。 2016年10月に、三菱UFJフィナンシャル・グループが株式の23. これにより日立製作所の子会社ではなくなり、同社及び三菱UFJフィナンシャル・グループの持分法適用関連会社となった。 物流サービス [ ] は、システム物流・国際物流の両分野において業績を伸ばしていた。 海外の販売子会社は営業拠点を拡大しており、日立グループの売上高に占める海外部門の比率は毎年増加していた。 2016年3月、SGホールディングス及び佐川急便と資本業務提携契約を締結。 同年5月に親会社であった日立製作所がSGホールディングスに株式を譲渡し、両社の持分法適用関連会社となった。 コンポーネント・デバイス等 [ ] 2012年3月期まで、(HDD)、、情報記録媒体、電池などの事業をコンポーネント・デバイスとして区分していたが、HDD事業・液晶ディスプレイ事業の売却により、2012年4月から当区分は廃止された。 IBMのHDD事業を買収した「日立グローバルストレージテクノロジーズ」は全世界的に高いシェアを有していたが、発足当初は営業赤字が続き、再建が急務となっていた。 その後業績は持ち直したものの、2012年3月、同社をに売却。 社名もに変更された。 液晶ディスプレイ事業は液晶テレビ向けの大型液晶から撤退し、により携帯電話やアミューズメントを中心とする中小型液晶に特化して製造を続けていた。 しかし2012年4月、・と中小型ディスプレイ事業を経営統合。 が大株主となるの傘下に入った(2013年4月に旧日立ディスプレイズはジャパンディスプレイに合併)。 事業については、と共同出資したに移管しやへもパネルを供給していた。 2005年2月、の開発面において松下電器産業(現・)と提携することを発表した。 部品関連の共同開発や原材料の共同調達、並びに特許管理会社を松下と合弁で設立する計画であった。 同社は2008年4月1日付で「日立プラズマディスプレイ」に商号変更してプラズマディスプレイパネルを生産していたが、2009年度からはプラズマパネルの生産から撤退し、日立は回路の生産とテレビセットの組み立てのみを行っていた。 またかつては半導体事業も行っていたが、との合弁であるルネサス テクノロジに移管した。 同社はに強みを持ち、2005年の売上高では全世界7位に位置した。 なお、ルネサス テクノロジは2010年にNECエレクトロニクスと合併し、となった。 デジタルメディア・民生機器 [ ] 2014年4月1日より生活・エコシステムに変更され当区分は廃止された。 当区分に含まれていた日立エルジーデータストレージ、、日立メディアエレクトロニクスは「その他(物流・サービス他)」に区分された。 2014年3月まで子会社であった(現・)は、、、などのや記録媒体も手がけ、自社ブランドのみならずOEM販売も行っていたが、現在ではの自社生産からの撤退と生産委託をし「maxell」ブランドで販売のみ行っている。 はにHP401、にD317を供給して以来、/のブランドのみに供給していた。 開発・設計についてはと合弁会社(後にへの改称を経て親会社の本体へ吸収された)を設立し、事業を移管した。 統合後のソフトウェアの設計はカシオ製品を継承したが、製造・販売は日立製作所で行われていた(2009年夏モデルの「」 HIY01 よりが製造・販売していたが、2010年夏モデルの「」 HIY02 を以って完全撤退)。 なお、国際電気(現・)は向けに供給したことがある。 au (W31H) 携帯電話 化学 [ ] 主な製品ブランド [ ] 現行製品 [ ] 2019年4月の日立アプライアンスと日立コンシューマ・マーケティングの合併に伴い、日立ジョンソンコントロール空調が製造する「白くまくん」以外の個人向け家電は全ての扱いとなった。 家電製品については、の項目を参照のこと。 (コーポレート向けパソコン) かつてはコンシューマ向けも含むすべてのパソコンのシリーズ名であったが撤退。 (ブレードシンフォニー)(統合サービスプラットフォーム)• (PCサーバ)• (サンライズ)(大型ストレージ)• (ジェイピーワン)(統合システム運用管理)• (コズミネクサス)(統合システム構築基盤)• (ハイアールデービー)(リレーショナルデータベース管理システム)• (エンティア)(組み込みリレーショナルデータベース管理システム)• (グループマックス)(グループウェア)• 企業間ビジネスメディアサービス(企業間EC ASPサービス)• (携帯電話待ち受けアプリ・情報配信サービス)• (ジェムプラネット/ウェブスカイ)(生産管理パッケージ)• (エートレイン)(アルミニウムダブルスキン構体の鉄道車両) 生産終了 [ ] プラズマテレビ• 野菜中心蔵、冷凍鮮科、Theプロフリーザ(冷蔵庫)• トップレディ、ICピッタリバック (冷蔵庫)• 青空からまん棒、静御前(洗濯機)• 栄養いきいき真空チルドV(冷蔵庫)• またの授与も取り消された。 以降、次モデルとなる「フロストリサイクル冷却 真空チルドS」の発売まで冷蔵庫のテレビ広告は放映されなかった。 フロストリサイクル冷却 真空チルドS(冷蔵庫)• フロストリサイクル冷却 真空チルドWワイド(冷蔵庫)• インテリジェント真空保存 真空チルドi(冷蔵庫)• スリープ保存 真空チルドSL(冷蔵庫)• 真空チルドFS(冷蔵庫)• ククレット (オーブン電子レンジ)• ゴミパック(紙パック式クリーナー)• 手モコン(紙パック式クリーナー)• かるワザ(紙パック式クリーナー)• ロボットサイクロン(サイクロン式クリーナー)• ロボットパック(紙パック式クリーナー)• 洗っとくわ、きらきら生活(食器洗い乾燥機)• 湿気番(小型)• ROTARY GLANZ(ロータリーグランゼット)(シェーバー)• 、、ONLINE、サテラ、革命児、Nextage、ガゼット(カラーテレビ)• マスタックス、テープナビ(ビデオデッキ)、ピッコロ(CCDカラーカメラ)• (の項目を参照)• (ローディ、オーディオ機器)• パディスコ()• 、S1(パーソナルコンピュータ)• ワードパル、With Me() With Meはワープロとしては珍しい、プリンタを分離したものだった(一部にプリンタ一体型の機種も存在する)。 ペルソナ() かつてはマスタックスのやや小さなVHSデッキのサブネームでもあった。 (コンシューマ向けパソコン) かつてはFLORAの中のシリーズ名だった。 はなれワザ(ビデオカメラ) 文字通り、カメラモジュールを離して自由なアングルで撮影することができた。 クリスタレーン(規格型透明 )• エスカレーン(規格型非透明)• ハンディー型であるが欧米ではとしても販売されていた。 現在では「Magic Wand」として販売されている。 広告 [ ] 1930年代の広告 「」(この木なんの木)のに用いられている「この木なんの木気になる木~」で始まる曲は、作詞・作曲によるものであり、実際にのオアフ島に存在し、観光名所となっている。 また以前は日立製作所のには必ず「日立の樹」が着信メロディとして入っていたが、C451H()で一旦取りやめた。 しかし、以降「日立の樹」の着信メロディが復活している。 短期間(後半頃)だが、日立番組では「日立のうた-H. 日立」(作詞・作曲:、歌:)が使われていた。 (なお、CMでは1968年までこの曲のインストゥメンタル版が使われた) では1957年よりの巨大を掲出しており、2011年7月1日から約4か月間、ネオン管の大部分をに取り替えることで消費電力量を従来に比べ約半分に削減するリニューアル工事を実施した(新しいネオンは2011年10月28日に点灯)。 ちなみに通天閣のは完成当時日立製ではなかったが、2001年に日立製に取り替えられており、頂上に取り付けられているネオンサインに翌日の天気を表示するシステムも日立製である。 通天閣では毎日正午に楽曲「日立の樹」が流される。 2014年1月には「グローバルブランドキャンペーン日立グループ元旦広告」にを起用した。 日立社標(日立マーク) [ ] 日立マーク(1985年の日立パビリオン) 日立社標(日立マーク、亀の子マーク、「日」「立」の社章、小平浪平が考案したもの )については、家庭用の日立(グループ)製品では1974年~1991年前半に発売されたものまでは「HITACHI」ロゴの左側に日立社章を併記してあるロゴタイプを使用していたが(1970年代までは「日立」ロゴと組み合わされたものもあった)、1991年後半以降の製品は現行の「HITACHI」ロゴ単独表示のものに変更されており、一部製品ラベル等を除き日立社章は製品自体では見られなくなった。 エレベータや建設機械など産業用機器についても、日立社章は見られなくなった。 広告活動では2000年からの「 Inspire the Next」と入れ替わる形で使用を取りやめ、通天閣などの広告からも取り外された。 同時に各社と日立社標の使用許諾契約を結んでグループ各社から使用料を徴収することとしたため、グループ各社からも日立社章は消えつつある。 なお、2017年現在の「 Inspire the Next」の表記は広告活動のみならず、日立製品の梱包箱や取扱説明書まで広範囲に用いられている。 キャッチフレーズ [ ] システムの日立グループ 1970年代 - 1980年代前半 システムとエレクトロニクスの日立グループ 1980年代後半 - 2000年3月 Inspire the Next ( インスパイアー・ザ・ネクスト ) 2000年4月 -、「次の時代に新しい息吹を与える」の意。 スポンサー番組の提供読みは「 次の時代に新しい風を、日立(グループ)」(ただし「」は異なる) 上記以外にも、このようなキャッチフレーズも使用されている。 技術の日立 1940年代後半 - 2000年3月「システムとエレクトロニクスの日立グループ」制定以降は一部番組の提供クレジットなどで並行使用された。 1991年の新CI導入まで「品質を大切にする」というキャッチフレーズもあった。 HINT ( ヒント ) 「 HINT」は「日立新技術」を意味する英語の「 HITACHI NEW TECHNOLOGY」の略()で、1980年代 一般消費者向けの商品において「暮らしを豊かに…、日立のヒント商品です」というコピーを広告最後のに導入していた(初期はアニメ「」のキャラクター映像も挿入されていた)。 後期にはブルーバックを背に英文字だけで用いられるようになった。 Humanication ( ヒューマニケイション ) 1980年代 HINTと同じくパソコンや通信機器等の事務用品に用いられた。 くらし・刺激人 1990年 - 1997年 後に(to nature! )、さらに(すごい・かんたん・きもちいい)というキャッチフレーズが追加された。 Here,The Future ( ヒア・ザ・フューチャー ) 1996年後半 - 2000年3月(広告のサウンドロゴなどで使用) ずっと使うから 1996年後半 - 2005年 「ずっと使うから日立」というコピーが定例で、主に白物家電で多用された。 2004年頃においては30秒の広告後半に「ラクラク(使いやすさで選べば)」「エコ(エコロジーなのは)」「ナノテク(未来の機能を今日使う)」というフレーズで外人の女の子が白物家電のプレゼンを行っていた。 その後白物家電は提供読み・サウンドロゴとも「 Inspire the Next」に揃えられたが、現在でも掃除機や炊飯器などの一部製品の梱包箱には「ずっと使うから、日立のエコ」が記されている。 Next Made In JAPAN ( ネクスト・メイド・イン・ジャパン ) 2003年 - 2005年、新たなる日本でのをアピール。 つくろう。 2005年 - 「 Next Made In JAPAN」から継承。 uVALUE ( ユーヴァリュー ) 2004年 - 情報社会における価値創出と豊かな社会の実現を目指すとの想いからつくられたIT事業の。 後に「協創によってビジネスや社会のイノベーションに貢献する」という事業コンセプトの名称ともなる。 日立はすべてを、地球のために 2008年 - 、日立グループは、地球環境を保全しながら持続可能な社会の実現することをめざし、製品により2025年までに年間1億トンのCO2排出抑制へ向けた取り組みを開始することを宣言。 このキャッチフレーズをのとを起用したで使っている。 日立はエコにたし算 2010年 - 、従来のエコだけを目標にするのではなく、家電の未来を描く新しい白物家電のスローガン。 イメージキャラクターにを起用すると共に、白物家電のアイテムごとに異なるメンバーを起用している。 (サイクロン式クリーナー「2段ブーストサイクロン」…、タテ型洗濯乾燥機「」…、冷蔵庫「フロストリサイクル冷却 真空チルドWワイド」…、ドラム式洗濯乾燥機「」…、エアコン「ステンレス・クリーン 白くまくん」…)2011年5月に個人広告の総集編(詳しくは後述)が放送された後、同年6月からマークのマイナーチェンジが行われ、レンジ「ヘルシーシェフ」を皮切りに、メンバー複数人が共演する広告も始まった。 個人広告も複数人共演バージョンに順次リニューアルされ、その後も製品のモデルチェンジに連動して約1年周期で出演メンバーが入れ替わっており、2014年からは再びアイテム毎の個人出演となっている。 鉄道事業、水環境事業、エネルギー事業、ヘルスケア事業、IT事業を取り上げている。 Social Innovation, ( ソーシャル・イノヴェイション ) THE FUTURE IS OPEN TO SUGGESTIONS ( ザ・フューチャー・イズ・オープン・トゥ・サジェスチョンズ ) 2016年 - 「未来は、オープンだ。 アイデアで変えられる。 」日立の強みであるOT 制御技術 とIT 情報通信 を最大限に活用し、社会イノベーション事業を一層成長させるとともに、 IoT時代のイノベーションパートナーとしてお客さまとの協創の加速をめざすメッセージ。 サウンドロゴ [ ]• 1974年~1978年3月:なし:冒頭に日立ロゴのキャッチを表示• 1978年4月~1984年:なし:宇宙空間に日立ロゴのキャッチを表示• 1988年~1996年:HITACHI(1991年を境に上記の日立マークの使用を廃止したがブラックバックにHITACHIロゴの下に青緑のラインが表示されるものであった。 1996年~2000年:Here,The Future HITACHI• 2000年~:HITACHI Inspire the Next (何度か変更されているが2009年からは日立の樹を採用したものが使用される) 現在放送中の提供番組 [ ] (・、) テレビ [ ]• 2018年現在• (系 開始当初は日立製作所のみだったが、現在は各社として協賛)• ( 日立グループ各社として協賛。 2012年までは一社提供だったが、2013年からはレイソルの地元にあるが、2016年からはに本社があるが加わり、現在は3社提供。 (系、2011年から。 より移動。 ) 太字は、現在一社提供。 提供番組は減少傾向にあり、複数社提供の場合は一時的(週替わり)にスポンサーになる場合が主で、それ以外はスポットCMでの放送が中心。 かつて放送していた提供番組 [ ] テレビ [ ]• (NET)• (MBS)• (TBS)• (TBS)• (TBS)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ)• (日本テレビ。 前期のみ)• 日本テレビ系列日曜19時台後半枠(「投稿! 特ホウ王国」までは日立グループ単独協賛枠として提供、それ以降は日立製作所単独の提供枠として番組提供を行っていた。 (1時間番組となるが、後半のみの一社提供は継続 当枠最後の「日立の樹」放映番組 ここまでは「日立グループ」としての名義で協賛)• (同上、後半のみの一社提供は継続)• (複数社提供。 放送開始から2009年まで。 番組自体は現在も継続中)• (TBS系)• (TBS系)• (TBS系)• TBS系列土曜20時枠• (1972年頃まで)• (TBS系)• (TBS系・1990年頃から1992年3月まで。 番組自体は現在も継続中)• (TBS系・1社提供時代の。 1990年頃・隔日)• 星の詩()• (フジテレビ系。 ただし最終作『』は関わらず)• (フジテレビ系・1989年頃から1996年9月まで。 番組自体は現在も継続中)• (フジテレビ系(除く)・隔日提供。 2003年頃から2008年頃まで。 (フジテレビ系、一時期PTで同業のもスポンサー。 2011年3月まで、VS嵐に移動。 2011年9月)• などの(系)• (テレビ朝日系)• (テレビ朝日系)• さわやかゴルフ(テレビ東京)• (テレビ東京) ラジオ [ ]• (他)• (TOKYO FM系列 当時系列に加盟していたもネットしていた。 (TBSラジオ 1979年度 - 1982年度の期の金曜に提供) その他 [ ]• (日立総合計画研究所web()上で無料配信) なお、2009年4月21日に日立グループの子会社製造のにおいて虚偽表記を行っていた事が発覚しから景品表示法違反で排除命令(優良誤認)を受けた事からそれ以降日立グループでは番組の提供を自粛しのCMに差し替えた。 その後5月初旬はお詫び広告を流し、『世界・ふしぎ発見! 』は5月16日より通常CMを再開、複数社提供の番組では6月より通常CMを再開している。 また発生から1カ月程も同様の措置が取られた。 自粛の解除後、前述「エコにたし算」シリーズの総集編も兼ねた節電啓発CMが放送された。 CM最後に流れるサウンドロゴにも「 みんなで節電」が挿入され、15秒版ではサウンドロゴに代わってこちらが読み上げられる。 社会関係 [ ] スポーツ事業 [ ] 日立柏サッカー場• () 1940年に創部された が前身で現在も日立が大株主。 ホームスタジアムのは日立の敷地内にあるクラブ所有のスタジアムである。 日立製作所本社サッカー部(新) 現・レイソルとは別に本社のサッカー部が東京都社会人サッカーリーグに参加している。 社業に専念してレイソルには入団しなかった選手や、日立本社に所属するサッカー愛好家による同好会。 (女子) 佐和事業所のバレーボール部(旧「日立佐和リヴァーレ」)で、かつての本社バレーボール部()とは別の組織。 () 2000年に本社バスケットボール部(日立本社ライジングサン)と関西支社バスケットボール部()の統合で設立。 2015年に運営母体を分社化。 () の女子バスケットボール部。 () 本社ソフトウエア事業部のソフトボール部(一般に「日立ソフト」と略称されるのチームではない)。 選手のほかに監督も輩出している。 かつて存在したチーム [ ] 日立グループでは、事業再編の一環としてスポーツ事業についても大幅に整理を行った。 そのため、バレーボールを中心に廃部が相次いだ。 (Vリーグ男子) - 廃部• (Vリーグ女子) - 廃部• (Wリーグ) - 廃部• (Vリーグ女子) - 廃部• その後、2015年にビックカメラに移管され、現存。 ルネサス テクノロジとして関連会社に分社化する以前は「日立ソフトウェア」と並んで、同一法人の下に女子ソフトボールの有力チームが2チーム並存していた状態であった。 (Wリーグ) - 撤退、クラブチーム化 旧日立甲府。 1999年に日立本体がチーム運営から撤退し、2009年以降は一般社団法人の運営するクラブチームとして現存。 () - 撤退、クラブチーム化 旧日立ハリケーンズ。 2003年にルネサス テクノロジに運営移管後、2004年にクラブチーム化。 現在はルネサスとがメインスポンサー。 () - クラブチーム化 旧日立栃木サッカー部。 2006年にの実業団チームからクラブチーム化して「栃木ウーヴァFC」 栃木U に改称。 栃木U時代は日立アプライアンスが同クラブのスポンサーになっていた時期があった。 JFLから関東リーグへ降格し、1年経過した際に諸事情で現在の名称となる。 以降は、東京都に本社を置くが現在のクラブの親会社となっている。 冠スポンサー [ ]• ( 日本の男子レギュラー、男子シニア、女子の3大ツアーチーム対抗戦)• 1988~1997年はの特別協賛を務めており、大会名も「ゴルフ日本シリーズ日立カップ」であった。 文化事業 [ ]• (モノクロ:実写版):第1話は日立製作所日立工場でロケが行われた。 - 2012年大会の中継では後半の各社スポンサーとして提供。 この時は大阪関連として珍しく最新版の鉄道関連技術(自動改札システム)のCMが流れていた。 脚注・文献 [ ] 注釈 [ ]• 本線用実用化でも同様の指摘があり、日立が主として開発に携わったが初期トラブルを克服しながら安定した機関車として定着したのに対し、三菱が製造したはのメーカーとのライセンス技術という点もあり結果として失敗に終わった。 なお、同社が手がけた最後の非アルミ製の車両は、2003年に製造されたのである。 「ビートウォッシュ」広告は大野・二宮のものを引き続き放送• 「ビッグドラム」のみ• 広告は大野・二宮のものを引き続き放送• この番組名は日立のである。 その後のリメーク版では日立がスポンサーに入っていないのと、日立からの使用許可が出ていないため「カン・カンぴったし」(1995年特番)にしたり、「」(2003年以後現存)と改めたりしている• ・周辺に点在するグループ拠点の大規模な被災や(事故原因となった一号機から四号機は日立が製造に関わっている。 )が理由。 、なども同様のCMを放送。 なお2012年度以降は消費財の需要バランスが震災前からほぼ回復の傾向にあり、等ごく一部の企業を除く家電業界内においてこの共通スローガンが廃止される。 出典 [ ]• 株式会社日立製作所. 2016年2月21日閲覧。 株式会社日立製作所 2019年6月19日. 2019年9月15日閲覧。 2016年7月8日閲覧。 17Page• Scott DeCarlo ed. 日立製作所2011年3月7日プレスリリース]• 日本経済新聞 2011年9月8日• 日本経済新聞 2011年10月5日• 日本経済新聞 2011年10月17日• 東洋経済オンライン. 2012年12月10日. 2014年8月5日閲覧。 2013年2月1日 日立製作所ニュースリリース• 2015年2月24日. 2015年2月24日閲覧。 2015年2月24日. 2015年2月24日閲覧。 2015年9月15日• 日立製作所 2017年10月27日• みちのりホールディングス 2017年10月27日• YSMタイムリー. 2018年8月2日. 2018年8月2日閲覧。 日本経済新聞 2019年12月18日. 2019年12月30日閲覧。 日立製作所. 2020年1月26日閲覧。 日立製作所. 12 2019年5月31日. 2020年1月25日閲覧。 日立レールSTS. 2020年1月25日閲覧。 時事ドットコム. 2020年4月21日閲覧。 毎日新聞 2019年3月5日• スカラ型プロセッサを組み合わせてベクトル計算機を模擬するシステム• 庄司容子 2019年1月25日. 日経ビジネス電子版. 日経BP社. 2019年1月25日閲覧。 東海旅客鉄道株式会社 2018年12月20日. 2019年1月28日閲覧。 asahi. com 2009年4月20日• 、2015年6月10日閲覧。 通天閣観光株式会社『』 通天閣ニュース、2011年10月28日• 放送開始当初は日立製作所一社提供番組で「日立ファミリースコープ」と副題が付いていた。 (朝日新聞 1961年10月4日付 一面広告参照)。 ちなみに1961年10月11日放送の第1話「最後の犯人(ホシ)を追え」の劇中では日立から科学捜査機材の開発の報告を電話で受けるシーンがあった。 1965年頃から1年程は日立と日本石油(現在の)、1966年頃から1974年まで日立と日産自動車の二社提供であったが、1974年に日産自動車、ライオン油脂、ライオン歯磨となり、日立はこの時点でスポンサーから撤退した。 参考文献 [ ]• 著『技術革新の戦略と組織行動』( 、1998年) 関連項目 [ ]• (日立製品を販売する)• (ひたちのくに)• (ひたちおおたし)• (ひたちだい) - の地名で、現在は柏レイソルホームグラウンドの日立柏サッカー場がある。 - 俳優・声優、芸能界に入る前に横浜工場に勤務していた。 - 現ホートンワークスジャパン執行役員社長、元レッドハット株式会社代表取締役社長。 日立製作所国際営業本部や Hitachi Data Systems(米国カリフォルニア)で働いていた。 株式会社 - 電力会社9社・メーカー3社・産業革新機構の出資により、2010年(22年)10月22日に設立された。 - 1960年より、(当初は)におけるスポンサーを(運行も担当)と共に分担している。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

【殺人】茨城県日立市 同居の祖父殴って殺害 無職の20歳孫の男逮捕

茨城 県 日立 市 事件

5月24日午後9時20分ごろ、茨城県日立市鹿島町一、美容室「サムシングブルー」経営39歳男性方の隣家の敷地内で、男性と同居しているネイリスト29歳女性が倒れているのを男性が発見した。 女性は病院に運ばれたが、同10時45分すぎに死亡が確認される事件が発生している。 1)女性は隣家と境界フェンスの間(約五十センチ)にあおむけに倒れていた。 2)首にひもを巻き付けたようなあとと、顔に強く打ったあとがあった。 この他の目立つ外傷は見当たらない。 口や鼻から血を流していた。 3)女性は靴を履いていなかった。 4)フェンスは大きくゆがんでいた。 5)電気コード1本が遺体付近に落ちていた。 首にコードが巻かれていたとの報道もある。 別の一本が窓からたれ下がっていた。 6)約1メートルの高さの出窓下の壁に約3センチほどの何かがぶつかった痕があり、ベッドの脇には直径1センチほどの血痕があった。 7)美容室は24日に開店したばかりだった。 8)6月2日には男性と女性は婚姻届けを出す予定だった。 9)死因はひも状のもので頸(けい)部を圧迫した窒息死。 10)美容室は店舗兼住宅で、男性は二階に68歳と女性の三人で同居していた。 時系列に当日の情報を列挙すると 午後6時から、女性と男性は2階居間で来客に応対。 午後6時45分ごろに男性は仕事で1階店舗に降りる。 午後7時10分ごろ、女性は客を見送った。 午後7時30分ごろ、2人の従業員が大きな音を聞いている。 午後9時に閉店、2階に女性はいなかった。 午後9時20分ごろ、倒れている女性を発見 当日、2階の窓は開けられ、玄関は無施錠だった。 とこんな事件なんだけど・・・・自殺か?他殺か?事故か?悩ましい事件ですね。 第一の自殺の線は念願の美容室の開店、結婚と幸福の絶頂のはずの女性が自殺するのか?と言うのが最大の否定材料だね。 次に他殺ですが、これも考えにくいと思う、と言うのも、殺害後の犯人の行動が問題ですね。 今ある情報から考えると、他殺の場合、被害者を犯人が電気コードにより絞殺し、死亡後に遺体を2階の出窓から外に落としている事になるのだが・・・ 遺体を落とす理由が無いよね?店員が聞いているとおり大きな物音がするだろう。 もし誰かが不審に思い2階の寝室に向かったら犯人は逃げ場が無い。 しかし・・・落下するのに時間がかかっていたとしたら? と考えると別の見方もできる、アリバイ工作、殺害後、首吊り自殺に偽装する為に電気コードで吊るしたのだが・・・ コードが重さに耐え切れずに数分後に断裂、遺体が落下したとしたら? もちろん、これは犯人の意図ではなく、偶然かもしれないけどね。 他殺の場合は外部からの侵入が難しいとの事なら建物の中に居た人のアリバイがポイントになるだろうな。 とは言え、そんな短時間ではアリバイ工作の意味が無いし、コードがどのぐらいの時間で切れるのか?あるいはホントに切れるのか犯人には予想できなかったろう。 それに殺害の動機は何か?不審な事件として警察が捜査するような状況を作る意味が犯人には無いだろうね。 唯一あるとしたら、遺体を運び出そうとして窓から地上に下ろそうとしたが、コードが切れてしまった場合だな。 でも、それなら首じゃなくて胴にコードを巻くだろうな。 それに、とりあえず地上に下ろした遺体を落下から1時間30分も時間があるのに運ぼうとしていない。

次の