ドラクエ11 強くてニューゲーム。 [DQ11]ふっかつのじゅもんで強くてニューゲーム 名前を自分で決める裏技

DQ11攻略サイト

ドラクエ11 強くてニューゲーム

強くてニューゲームとは、 の一つである。 概要 進行途中 ほとんどの場合はクリア時点 のセーブデータの一部を引き継いで、最初からゲームをやり直す。 引き継ぎデータは所持金やアイテム、レベルなどがある。 これによりの進行がかなり楽になり、演出やシナリオにより集中することが出来る。 「強くてニューゲーム」という名前がのものであることから、一般に「最初にこのシステムを導入したゲームはクロノトリガー(1995年発売)」と思われがちである。 しかし、クロノトリガー以前のゲームにも「強くてニューゲーム」と同様のシステムを搭載したゲームは存在している(下記参照)。 「強くてニューゲームという名前で選択機能を持たせた最初のゲーム」という点で言えば、原点は確かにクロノトリガーで間違いない。 このシステムが採用されている作品は、ほとんどの場合方式が採用されていたり、条件によってシナリオが分岐したりするなど、周回プレイを前提にした構成である クロノトリガーもマルチエンディングである。 2周目以降で発生するイベントなど、周回プレイで解禁される要素がある場合も多い。 クリア状態をそっくりそのままではないが、一部のデータを引き継げるというものも多い。 完全な「強くて~」ではないが、1周目に比べるとゲーム進行がかなり楽になる。 例えばレベルは引き継ぐ事が出来ないが、アイテムは引き継ぐ事が出来るというケースがある。 逆に、アイテムは引き継げないがレベルは引き継げるというケースは少ないように思われる。 また、2周目以降は経験値 とお金 の入手量が増える作品も存在する。 アプリ版のように、ゲームをクリアしていなくても任意の時点で強くてニューゲームが行えるというものも存在する。 また、前述のクロノトリガーの続編であるでは、クリア後のデータで一周目のセーブデータから再開できる「つよくてコンティニュー」という要素がある。 稀に、この要素を前提にした難易度でゲームバランスを組んでいる例もある。 シリーズのように、周回したら敵が強くなったり数がワンサカ増えたりする、KAIDO-峠の伝説-(ちなみにこれはレースゲームである)のように初心者救済システム(敗北が多いと次のボス戦で勝利するまで敵車の強さが下がるなど)が効かないなど。 作品によっては、2周目以降は一部イベントをスキップできる、ゲームスピードを変更できるなど、2周目以降のプレイを遊びやすくなる要素もある。 クロノトリガー以前の「強くてニューゲーム」と同様のシステム リンクの冒険(1987年発売) 2周目以降はレベルと魔法が引き継がれた状態でスタートする。 国内産家庭用ゲームにおける「強くてニューゲーム」は事実上このゲームが初となる。 凄ノ王伝説(1989年発売) クリア後のエンディングで、経験値とお金が最高の状態で2周目が始まるパスワードを見る事ができる。 創作ものの俗語としての「強くてニューゲーム」 転じて、ストーリーに登場するキャラクターが「ストーリーの中盤~終盤の記憶・経験・手に入れた力等を習得した状態で、ストーリーの序盤やある重要な分岐点まで戻る」ことを「強くてニューゲーム」と言うこともある。 こうする事で助けられず死なせてしまった仲間を助けたり、悲劇的な結末を回避するよう行動しハッピーエンドへ持って行けるある種の作品救済創作である。 原典は、地上波アニメで事実上の打ち切り・旧劇場版で事実上バッドエンドというアレな結末しか迎えられなかったの主人公を、最終話までの記憶や使徒の力等を所持した状態で第一話まで時間を遡らせる「スーパーシンジ」というジャンルが草分けとされる。 しかし、この手の二次創作は創作者にそれなりの腕と原作への理解がないとになってしまう危険性も含んでいる。 現に稚拙な描写からそうなってしまった作品は創作と切って捨てられてしまう。 そして一人二人の人物が結末を知ったからといって、大きな物事の流れを変えるには限界があるため(世界全体の滅亡を主人公だけで食い止めるなど)、個人の愛と原作理解との間で適度な妥協も必要になる、上級者向けのジャンルである。 また、、等、ゲーム以外にも「能力の引き継ぎ」等が重要な要素となる作品も存在する。 特異な例ではあるが、『P4 ペルソナ4 The Animation 』の後に放送された 『P4 ペルソナ4 The Golden Animation』 以下P4GA では原作ゲームにおいての「ステータスの引き継ぎ要素」を「アニメに導入するとどうなるか」という表現がなされている。 原作における追加シナリオ、追加イベント等に焦点が当てられているため、「主人公は2周目以降ステータスオールMAX」という設定で描かれており、「最初からコミュ力の高い完璧超人」「最初のペルソナが超強い」などといった普通ではありえない表現がなされているほか、原作で 追加シナリオ以外で重要だった場面 元々『P4 ペルソナ4 The Animation 』で放送されたシーン は簡潔にまとめて放送されているなど、特異な表現がなされていた。 強くてニューゲームが可能な作品の一例 シリーズ全般(グレードショップ) 版 3周目まで - クリア済のデータならいつでも流用可能。 - クリア直後のデータ・あるいはこのモードで引き継いだデータなら流用可能。 フォー・ザ・シークウェル版 引き継ぎする項目を選択可能。 無印版からの引き継ぎの場合は物語の最初から可能。 フォー・ザ・シークウェル同様に引き継ぎする項目を選択可能。 PSP版3・4ではスキル・傀儡ユニットも引き継ぎ) シリーズ(完全引継ぎ) 一部イベントも含め一回だけ可能。 獲得したクッキーはプレステージレベルに変換される。 (特定のボスを倒せば流用可能) 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 07:27:15• 2020-07-22 07:26:03• 2020-07-22 07:22:17• 2020-07-22 07:21:26• 2020-07-22 07:20:03 新しく作成された記事• 2020-07-22 06:45:56• 2020-07-22 06:43:29• 2020-07-22 06:44:43• 2020-07-22 06:15:40• 2020-07-22 05:54:19•

次の

【ドラクエ11S】スイッチ版の違いや新要素まとめ!

ドラクエ11 強くてニューゲーム

強くてニューゲームとは、 の一つである。 概要 進行途中 ほとんどの場合はクリア時点 のセーブデータの一部を引き継いで、最初からゲームをやり直す。 引き継ぎデータは所持金やアイテム、レベルなどがある。 これによりの進行がかなり楽になり、演出やシナリオにより集中することが出来る。 「強くてニューゲーム」という名前がのものであることから、一般に「最初にこのシステムを導入したゲームはクロノトリガー(1995年発売)」と思われがちである。 しかし、クロノトリガー以前のゲームにも「強くてニューゲーム」と同様のシステムを搭載したゲームは存在している(下記参照)。 「強くてニューゲームという名前で選択機能を持たせた最初のゲーム」という点で言えば、原点は確かにクロノトリガーで間違いない。 このシステムが採用されている作品は、ほとんどの場合方式が採用されていたり、条件によってシナリオが分岐したりするなど、周回プレイを前提にした構成である クロノトリガーもマルチエンディングである。 2周目以降で発生するイベントなど、周回プレイで解禁される要素がある場合も多い。 クリア状態をそっくりそのままではないが、一部のデータを引き継げるというものも多い。 完全な「強くて~」ではないが、1周目に比べるとゲーム進行がかなり楽になる。 例えばレベルは引き継ぐ事が出来ないが、アイテムは引き継ぐ事が出来るというケースがある。 逆に、アイテムは引き継げないがレベルは引き継げるというケースは少ないように思われる。 また、2周目以降は経験値 とお金 の入手量が増える作品も存在する。 アプリ版のように、ゲームをクリアしていなくても任意の時点で強くてニューゲームが行えるというものも存在する。 また、前述のクロノトリガーの続編であるでは、クリア後のデータで一周目のセーブデータから再開できる「つよくてコンティニュー」という要素がある。 稀に、この要素を前提にした難易度でゲームバランスを組んでいる例もある。 シリーズのように、周回したら敵が強くなったり数がワンサカ増えたりする、KAIDO-峠の伝説-(ちなみにこれはレースゲームである)のように初心者救済システム(敗北が多いと次のボス戦で勝利するまで敵車の強さが下がるなど)が効かないなど。 作品によっては、2周目以降は一部イベントをスキップできる、ゲームスピードを変更できるなど、2周目以降のプレイを遊びやすくなる要素もある。 クロノトリガー以前の「強くてニューゲーム」と同様のシステム リンクの冒険(1987年発売) 2周目以降はレベルと魔法が引き継がれた状態でスタートする。 国内産家庭用ゲームにおける「強くてニューゲーム」は事実上このゲームが初となる。 凄ノ王伝説(1989年発売) クリア後のエンディングで、経験値とお金が最高の状態で2周目が始まるパスワードを見る事ができる。 創作ものの俗語としての「強くてニューゲーム」 転じて、ストーリーに登場するキャラクターが「ストーリーの中盤~終盤の記憶・経験・手に入れた力等を習得した状態で、ストーリーの序盤やある重要な分岐点まで戻る」ことを「強くてニューゲーム」と言うこともある。 こうする事で助けられず死なせてしまった仲間を助けたり、悲劇的な結末を回避するよう行動しハッピーエンドへ持って行けるある種の作品救済創作である。 原典は、地上波アニメで事実上の打ち切り・旧劇場版で事実上バッドエンドというアレな結末しか迎えられなかったの主人公を、最終話までの記憶や使徒の力等を所持した状態で第一話まで時間を遡らせる「スーパーシンジ」というジャンルが草分けとされる。 しかし、この手の二次創作は創作者にそれなりの腕と原作への理解がないとになってしまう危険性も含んでいる。 現に稚拙な描写からそうなってしまった作品は創作と切って捨てられてしまう。 そして一人二人の人物が結末を知ったからといって、大きな物事の流れを変えるには限界があるため(世界全体の滅亡を主人公だけで食い止めるなど)、個人の愛と原作理解との間で適度な妥協も必要になる、上級者向けのジャンルである。 また、、等、ゲーム以外にも「能力の引き継ぎ」等が重要な要素となる作品も存在する。 特異な例ではあるが、『P4 ペルソナ4 The Animation 』の後に放送された 『P4 ペルソナ4 The Golden Animation』 以下P4GA では原作ゲームにおいての「ステータスの引き継ぎ要素」を「アニメに導入するとどうなるか」という表現がなされている。 原作における追加シナリオ、追加イベント等に焦点が当てられているため、「主人公は2周目以降ステータスオールMAX」という設定で描かれており、「最初からコミュ力の高い完璧超人」「最初のペルソナが超強い」などといった普通ではありえない表現がなされているほか、原作で 追加シナリオ以外で重要だった場面 元々『P4 ペルソナ4 The Animation 』で放送されたシーン は簡潔にまとめて放送されているなど、特異な表現がなされていた。 強くてニューゲームが可能な作品の一例 シリーズ全般(グレードショップ) 版 3周目まで - クリア済のデータならいつでも流用可能。 - クリア直後のデータ・あるいはこのモードで引き継いだデータなら流用可能。 フォー・ザ・シークウェル版 引き継ぎする項目を選択可能。 無印版からの引き継ぎの場合は物語の最初から可能。 フォー・ザ・シークウェル同様に引き継ぎする項目を選択可能。 PSP版3・4ではスキル・傀儡ユニットも引き継ぎ) シリーズ(完全引継ぎ) 一部イベントも含め一回だけ可能。 獲得したクッキーはプレステージレベルに変換される。 (特定のボスを倒せば流用可能) 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事.

次の

【ドラクエ11S】スイッチ版の違いや新要素まとめ!

ドラクエ11 強くてニューゲーム

強くてニューゲームとは、 の一つである。 概要 進行途中 ほとんどの場合はクリア時点 のセーブデータの一部を引き継いで、最初からゲームをやり直す。 引き継ぎデータは所持金やアイテム、レベルなどがある。 これによりの進行がかなり楽になり、演出やシナリオにより集中することが出来る。 「強くてニューゲーム」という名前がのものであることから、一般に「最初にこのシステムを導入したゲームはクロノトリガー(1995年発売)」と思われがちである。 しかし、クロノトリガー以前のゲームにも「強くてニューゲーム」と同様のシステムを搭載したゲームは存在している(下記参照)。 「強くてニューゲームという名前で選択機能を持たせた最初のゲーム」という点で言えば、原点は確かにクロノトリガーで間違いない。 このシステムが採用されている作品は、ほとんどの場合方式が採用されていたり、条件によってシナリオが分岐したりするなど、周回プレイを前提にした構成である クロノトリガーもマルチエンディングである。 2周目以降で発生するイベントなど、周回プレイで解禁される要素がある場合も多い。 クリア状態をそっくりそのままではないが、一部のデータを引き継げるというものも多い。 完全な「強くて~」ではないが、1周目に比べるとゲーム進行がかなり楽になる。 例えばレベルは引き継ぐ事が出来ないが、アイテムは引き継ぐ事が出来るというケースがある。 逆に、アイテムは引き継げないがレベルは引き継げるというケースは少ないように思われる。 また、2周目以降は経験値 とお金 の入手量が増える作品も存在する。 アプリ版のように、ゲームをクリアしていなくても任意の時点で強くてニューゲームが行えるというものも存在する。 また、前述のクロノトリガーの続編であるでは、クリア後のデータで一周目のセーブデータから再開できる「つよくてコンティニュー」という要素がある。 稀に、この要素を前提にした難易度でゲームバランスを組んでいる例もある。 シリーズのように、周回したら敵が強くなったり数がワンサカ増えたりする、KAIDO-峠の伝説-(ちなみにこれはレースゲームである)のように初心者救済システム(敗北が多いと次のボス戦で勝利するまで敵車の強さが下がるなど)が効かないなど。 作品によっては、2周目以降は一部イベントをスキップできる、ゲームスピードを変更できるなど、2周目以降のプレイを遊びやすくなる要素もある。 クロノトリガー以前の「強くてニューゲーム」と同様のシステム リンクの冒険(1987年発売) 2周目以降はレベルと魔法が引き継がれた状態でスタートする。 国内産家庭用ゲームにおける「強くてニューゲーム」は事実上このゲームが初となる。 凄ノ王伝説(1989年発売) クリア後のエンディングで、経験値とお金が最高の状態で2周目が始まるパスワードを見る事ができる。 創作ものの俗語としての「強くてニューゲーム」 転じて、ストーリーに登場するキャラクターが「ストーリーの中盤~終盤の記憶・経験・手に入れた力等を習得した状態で、ストーリーの序盤やある重要な分岐点まで戻る」ことを「強くてニューゲーム」と言うこともある。 こうする事で助けられず死なせてしまった仲間を助けたり、悲劇的な結末を回避するよう行動しハッピーエンドへ持って行けるある種の作品救済創作である。 原典は、地上波アニメで事実上の打ち切り・旧劇場版で事実上バッドエンドというアレな結末しか迎えられなかったの主人公を、最終話までの記憶や使徒の力等を所持した状態で第一話まで時間を遡らせる「スーパーシンジ」というジャンルが草分けとされる。 しかし、この手の二次創作は創作者にそれなりの腕と原作への理解がないとになってしまう危険性も含んでいる。 現に稚拙な描写からそうなってしまった作品は創作と切って捨てられてしまう。 そして一人二人の人物が結末を知ったからといって、大きな物事の流れを変えるには限界があるため(世界全体の滅亡を主人公だけで食い止めるなど)、個人の愛と原作理解との間で適度な妥協も必要になる、上級者向けのジャンルである。 また、、等、ゲーム以外にも「能力の引き継ぎ」等が重要な要素となる作品も存在する。 特異な例ではあるが、『P4 ペルソナ4 The Animation 』の後に放送された 『P4 ペルソナ4 The Golden Animation』 以下P4GA では原作ゲームにおいての「ステータスの引き継ぎ要素」を「アニメに導入するとどうなるか」という表現がなされている。 原作における追加シナリオ、追加イベント等に焦点が当てられているため、「主人公は2周目以降ステータスオールMAX」という設定で描かれており、「最初からコミュ力の高い完璧超人」「最初のペルソナが超強い」などといった普通ではありえない表現がなされているほか、原作で 追加シナリオ以外で重要だった場面 元々『P4 ペルソナ4 The Animation 』で放送されたシーン は簡潔にまとめて放送されているなど、特異な表現がなされていた。 強くてニューゲームが可能な作品の一例 シリーズ全般(グレードショップ) 版 3周目まで - クリア済のデータならいつでも流用可能。 - クリア直後のデータ・あるいはこのモードで引き継いだデータなら流用可能。 フォー・ザ・シークウェル版 引き継ぎする項目を選択可能。 無印版からの引き継ぎの場合は物語の最初から可能。 フォー・ザ・シークウェル同様に引き継ぎする項目を選択可能。 PSP版3・4ではスキル・傀儡ユニットも引き継ぎ) シリーズ(完全引継ぎ) 一部イベントも含め一回だけ可能。 獲得したクッキーはプレステージレベルに変換される。 (特定のボスを倒せば流用可能) 関連タグ 外部リンク 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 07:27:15• 2020-07-22 07:26:03• 2020-07-22 07:22:17• 2020-07-22 07:21:26• 2020-07-22 07:20:03 新しく作成された記事• 2020-07-22 06:45:56• 2020-07-22 06:43:29• 2020-07-22 06:44:43• 2020-07-22 06:15:40• 2020-07-22 05:54:19•

次の