ジャニーズ ホモ。 【フライデー】ジャニー喜多川のゲイ被害者事件が鬼畜?衝撃の証拠画像とは?

ホモ・ゲイの芸能人/有名人25人~カミングアウト済や噂も紹介【2020最新版】

ジャニーズ ホモ

ジャニー喜多川の 性犯罪被害者はメジャーデビューを果たす前の「 ジャニーズJr. の少年たち」といわれています。 なかでも驚きなのが 20歳になる前の 未成年の少年たち がジャニー喜多川さんに犯されていたということです。 現在ではジャニー喜多川さんの性犯罪者や少年愛の話題はメディア等でほとんど語られることがありませんが、 性的虐待の詳細や被害者が誰なのかについてはこれまでの「裁判」と「暴露本」で明らかにされてきました。 性的虐待の 被害者の中には暴露本を出版した元・ 光GENJIの 木山将吾さんのほか、ジャニーズJr. 時代の SMAPや TOKIOの候補メンバーも含まれているという噂があります。 さらにジャニーさんの後継者として注目されている 滝沢秀明さんも被害に遭っていたという説もあり 「 掘られた 」少年たちは1人や2人ではないという可能性も囁かれています。 週刊文春とジャニーズ事務所の裁判で証言に立った2人の「少年」 ジャニーさんのJr. タレントたちへの 性的虐待は都市伝説として囁かれていた時期もありましたが、 残念なことに 最高裁での裁判でも認定されており、 現在では「秘められた事実」となっています。 裁判のきっかけは1999年に「週刊文春」がジャニーさんの 性的虐待や 性的行為を告発する記事を発表し、 ジャニーズ事務所が 名誉毀損で「週刊文春」を提訴したことに始まります。 その裁判の過程では性的虐待の証人として 元ジャニーズJr. の2人が出廷し、 裁判の場でジャニーの手によって行われていた性的行為を赤裸々に語ったことで、 ジャニーさんの 少年愛 や ホモ に関する都市伝説が公然の事実となったわけです。 このとき証言に立った元ジャニーズジュニアは2人とも 未成年でした。 この時の少年らの証言内容は月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が詳しく報じています。 そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。 普通に触ってきた。 ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。 これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。 出典:『噂の真相』(2002年2月号)• 1988年|『光GENJIへ』(データハウス)北公次・元フォーリーブス• 1989年|『ジャニーズの逆襲』(データハウス)中谷良・元ジャニーズ• 1996年|『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)平本淳也・SHADOWの元メンバー• 1997年|『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)豊川誕• この暴露本の著者は元・光GENJIの 木山将吾さんで、序章にはこのように書かれています。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。 被害者の声はここまで力強いのかと思うほど、 ジャニーさんが亡くなった今でこそ強い思いが伝わってきます。 木山将吾さんの「実体験」にもとづいたこの暴露本では 「 木山将吾さんがジャニー喜多川の 愛人にされていた」 「 僕はジャニー喜多川と 性行為をした」 といったとんでもない内容が綴られています。 この暴露本のタイトルがなぜ「Smapへ」なのか理由については詳しく語られていません。 しかし、光GENJIのバックで踊っていたスケートボーイズのうち選抜された6人が、 SMAPメンバーの中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草彅剛・香取慎吾さんだったわけですから、 木山将吾さんが経験した 性的被害の数々を SMAPのメンバーも「 目の当たりにしていた 」あるいは「 被害に遭っていた 」としてもおかしくありません。 ジャニーズJr. 6名から6名が選抜されSMAPが結成されたのは1988年、 そしてジャニーさんの性的虐待が認定された裁判が起こったのは1999年です。 もしかするとジャニーズタレントの先輩としての責任感もあり、 木山将吾さんは 本当のことを語れない 現役SMAPメンバーに向けた思いを込めてこのようなタイトルを付けたのかもしれません。

次の

ジャニー喜多川の性犯罪被害者は誰?SMAPも少年愛や性的虐待の対象に…?

ジャニーズ ホモ

「richardkoshimizu's blog」のコメント欄の中から セレクトしたコメントを、以下にのせていきます。 ベッキーやSMAPの話題で テレビ独占ですな~ 何かを隠蔽誘導してるいつもの手です。 さて私の地獄耳では 社長は猫です。 つまり女役。 『ユーは早くカツレイしなさ~い』 なんて言うみたいです。 昔は繁華街で少年狩りをしていた噂も・・ あくまでもお客様情報ですが。 良い子は繁華街や校門で遊んではいけません。 校門の一方通行も守りましょう。 というのも、工作員は NASAに籍を置いてる場合があります。 メリー喜多川の夫だった藤島泰輔は、 「ポール・ボネ」という在日フランス人名義で、 論評を寄稿してます。 それは、 世界のスタンダード(アメリカン・スタンダード)に 日本も合わせろ。 といった欧米崇拝的な文化比較論です。 コッテコテの日本人でありながら、 フランス人を偽装して、 フランス人の視点で日本の文化を論評する行為は 悪質な工作です。 こういった外人を偽装した覆面寄稿者の背後に CIAがあるとすれば、 ジャニーズ事務所のタブーと権力の源が、 政界へのホモ供給だろうと推察できます。 ちなみに、ポール・ボネこと藤島泰輔は、 ホモの三島由紀夫さんと仲が良かったそうです。 世界中の人々が見てるので 効果抜群と思います。 安倍の協力の下、 虐殺されたシリアの子供たち。 少し調べれば、 いくらでも画像も動画も出てきます。 この子たちを先に助けたいです。 連日の株価下落のニュースから 関心を反らす効果も大きいです。 エール大学のドクロマークの スカルアンドボーンズは、 ブッシュ親子、小泉ジュニア、 クリントン夫妻ケリーもチェイニーも そうですね。 ケンブリッジは、 使徒会。 吉田茂、白洲次郎、岡崎久彦、 有名なのは、 ヴィクターロスチャイルド、キムフィルビーなどの ケンブリッジ5人組のホモグループは、 マンハッタン計画の成果をソ連に提供していた。 松下政経塾のメンバーもホモ。 イスラエルサポーターのISに 首を切られたとされる人にもホモがいましたね。 マンハッタン計画の最高責任者 スティムソン陸軍長官は ロスチャイルドの秘密機関ザ・オーダーの 米国最高責任者でもある。 少年たちの体を弄び、金銭的にも搾取してきた。 恨んでいる人は多いだろう。 喜多川は未成年が大好きで、 蜷川はその上の年齢が大好き。 喜多川があきたら蜷川なんじゃないのか? そんな気がしてならない。 芸能界はゲイ脳会。 tv-asahi. html? sankei. html 「民主も意欲」やはりというべきか。 15日大阪市で 改訂版「人権擁護法案」ともいうべき ヘイトスピーチ抑止条例が通るはずです。 ヘイトスピーチ規制のどこが悪いのと 言われそうですが この条例案はとんでもないもので 言論封殺条例ともいうべきものです。 詳しいことは ネットで多数解説しておるみたいなので 各自調べてみてください。 本当にとんでもないものです。 asahi. html 東京地裁、統一教会に支払いを命じる判決。 ホモを隠すな、女性はホモ好きなんだから。 女帝たちの争いのようですが真相や如何に。 一年前の記事ですが。 goo. のちに金八先生に出ていたのを観た時も、 その印象のままでした) アベ不正内閣、 今度はGDP偽計詐欺に手を染めます。 sankei. ナベツネと同じ役割。 大物アーティストや有名作詞家・作曲家に 楽曲を提供してもらいタイアップにも恵まれ、 有線放送ではガンガン流されまくり、 紅白をはじめとした音楽番組で 必ず出演どころか司会者にまで抜擢され、 その立場として 自ら作詞作曲を行う インディーズ出身のミュージシャンやバンドなどを 小馬鹿にしたりなど ジャニーズとは一体何様? と思っていました。 音楽以外でも 若者向けとされるドラマは そのほとんどがジャニーズが主役(または主要キャスト)、 果てには少女漫画原作のアニメなどでは 声優として起用されるなど、 どんなに興味がなくても嫌悪感を示しても 嫌でも情報が入ってきてしまうのが ジャニーズでした。 それに対して 「メディアも若年層も何か言うことがないのか?」と 憤慨していたものですが、 メディアは今日において 2ちゃんねる及び2ちゃんねるファミリー (ニコニコ動画・初音ミク)に ひたすら媚びるように ジャニーズを腫れ物扱いし、 不祥事が起きれば必死に揉み消しが行われるなど その特別扱いと不可解さについて、 何か意見出来る人物はいないのかと 常々思っていました。 もちろんこの90年代後半頃は まだネットが普及する直前頃でしたので、 一般庶民の声は黙殺される状態でした。 私が存じ得る限り ジャニーズに批判や文句が言えた人物は 「かまいたち」などいくつかのV系バンドや、 RKブログでも話題になりました 亡くなられた今井雅之氏など 極々わずかの方だけでした。 当時たまたま本屋で ジャニーズの歴史みたいな本が目に入り、 創立者のジャニー喜多川は かつてアメリカに在住しており 「戦後間もない日本」で ジャニーズを作り上げたという記述を読みまして、 特に80年代頃からやりたい放題になってきた実情が 「日本に対する戦後統治の形」であるのではないかと 気づくようになりました。 この当時は 60・70年代安保闘争の脅威が きっかけという部分までは 存じ得ませんでしたが、 70~80年代管理教育の存在についても 大体この時期に存じ得たものなので、 ジャニーズのやりたい放題が始まった時期も 80年代初頭からという時期も合致しているので、 いじめや不登校及び中退、 言葉こそありませんでしたがスクールカーストなど、 青少年問題は 戦後日本の豊かさが生み出したものではなく、 ジャニーズにひたすら媚びるなど メディアが問題と思うようになりました。 男子だけでなく、 女子でもジャニーズの話が出来ないとハブられる (この場合後にバンギャになる傾向が高いです)など、 ジャニーズは青少年問題の根幹の一角である 非常に忌々しき問題であると認識しています。 先日の紅白スレでもありましたように、 地上波テレビの影響力が 衰退してきたこともさることながら この一軒で 今すぐジャニーズが一気に衰退するとまでは いかないかもしれませんが、 裏社会がジャニーズに投資する資金が なくなってきている部分が 表れているのかもしれません。 仮にAKB系列自体は 飽きられたという口実で解散しても、 類似の制服コスチュームのアイドルが 台頭させられる可能性が高いです。 また私は ジャニーズにしてもAKB系列にしても まだある程度大人の方々が 1つの娯楽として嵌っている状況よりも、 これらが本当に物心がつかない子供の前までに現れて 価値観の刷り込みを行うことや、 教育機関がこれらの楽曲を 学校行事のレクリエーションに取り入れるなどして 支援する実態の方が 深刻な状況と考えています。

次の

ジャニー喜多川の少年愛の噂&お気に入りメンバーまとめ【顔画像有】

ジャニーズ ホモ

スポンサーリンク こんにちは、リエコです。 ジャニーズ事務所の社長・ジャニー喜多川さんが死去して間もなく1週間が経とうとしています。 連日、テレビでは、ジャニーさんの功績を称える特集などを、各局が大々的に放送しています。 没後、数日経過してもこれだけ報道が絶えないというところから、ジャニーさんの偉大さをつくづく感じます。 さて、ジャニーさんの輝かしい功績から一転、過去に裁判を起こされた、通称「少年愛裁判」について、ようやくメディアも触れてきたようです。 そこで今回は「 ジャニー喜多川の愛人!木山将吾『Smapへ』性行為、性奴隷に田原俊彦や近藤真彦、東山紀之も」と題しまして、これまでタブー視されてきたジャニー喜多川さんのホモセクハラ行為を赤裸々につづった木山将吾さんは、どのような性的行為を受けたのか、暴露本について詳しく追ってみました。 それではさっそく本題に入っていきましょう。 関連記事 目次• 木山将吾は15歳でジャニー喜多川の性奴隷になった マスコミの過剰反応には不快を通り越し社会悪とさえ思う。 かつて週刊文春との裁判二審で 証言台に立った さんの証言が真実であると認定されている。 放送業界の基本は様々な意見がある事を踏まえた上で常に公平平等であるべきだ。 ジャニーズジュニアとして、雑誌やテレビで活動、「さくら隊・予備軍」を経て、「光GENJI」でデビューのはずでしたが、幻で終わりました。 その経緯は、木山さんの著書に記載があります。 また、木山将吾という名前はデビュー時に芸名として使用していた名前であって本名ではありません。 当時、インターネットの普及が無い時代であり、木山さんの本名を知っているのは、元SMAP以上のジャニーズタレントになるでしょうね。 そして、木山さんと同世代のジャニーズタレントは本に記述されている性的行為を受けていたと断言しています。 当時、60歳の初老だったジャニーさんですが、おぞましいほどの性欲です。 その体力と性欲とテクニックには脱帽であります。 また、田原俊彦さんは、ジャニーさんの「旦那様」と呼ばれ、メリー喜多川氏の「愛人」は、近藤真彦さんだったとも書いてあります。 また、ジャニーさんは、タレントたちの肛門のアップ写真がコレクションだったようで、お尻の割れ目を開かせよく写真を撮っていたと言います。 さらに、この性癖を受け継いだのが東山紀之さんだと言います。 東山さんは後輩に電気アンマをかけ、「俺のソーセージを食え!」と罵倒していたようです。 読めば読むほど幻滅してしまい、本当に目をそむけたくなるような話ばかりです。 — 葉月蓮介 REGOLITH shinomixi 残念ながら、この本は現在販売中止されています。 理由は、指しが付くように、ジャニーさんの圧力であると思います。 木山さんは、『マスコミの人間は見て見ぬふりをする』というタイトルで「ジャニーさんの性癖はすべてのマスコミの知るところであり、それに対してオフレコであったり、触れなかったりするのには、暗黙の了解があった」と綴られています。 ジャニーズタレントのスキャンダルが、ワイドショーで取り上げないのはここからなのでしょうね。 ジャニーさんは、女が本当に嫌いだったようです。 現在は、ジャニーズタレントが続々結婚していますが、ひと昔前では考えられなかったことであります。 現に、マッチやヒガシは、ある程度の地位を築き上げた上で結婚していますよね。 キムタクは例外でしたが…。 『Smapへ』というタイトルは、フォーリーブスの北公次さん著書の『光GENJIへ』という暴露本を世に出し、ジャニーズで苦しんでいるタレントたちに今一度自分を見失わないでいて欲しいメッセージを次世代に伝えたくてSMAPへ託したのだと思います。 まとめ 今回は「ジャニー喜多川の愛人!木山将吾「Smapへ」性行為、性奴隷に田原俊彦や近藤真彦、東山紀之も」と題しまして、これまでタブー視されてきたジャニー喜多川さんのホモセクハラ行為を赤裸々につづった木山将吾さんは、どのような性的行為を受けたのか、暴露本について詳しく追ってみましたが、いかがでしたでしょうか。 木山さんには2005年の当時、4歳になる息子がいました。 息子がジャニーズに入りたいと言って、もし自分と同じ仕打ちをされたとしたら、「ジャニーさんを殺すだろう…」と、本の締めくくりとして綴ってあります。 この言葉がこの本の信ぴょう性を意味しているのではないでしょうか。 今回はここまでにさせていただきます。 関連記事.

次の