正露丸 飲み 合わせ。 下痢止めと痛み止め・胃薬・風邪薬との飲み合わせについて|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

妊婦は正露丸を服用してもいいの?胎児に影響はあるの?

正露丸 飲み 合わせ

効果 正露丸は下痢や食あたり、軟便、消化不良、下り腹などの 消化器系の症状に効き目がある他、 歯痛などにも効果があるとされています。 正露丸には 5つの生薬成分で弱った胃腸に働きかけます。 日局木(もく)クレオソート• 日局アセンヤク末• 日局オウバク末• 日局カンゾウ末• 陳皮末 生薬の主成分である日局木クレオソートの作用を中心に他の4つの生薬が効果を持続させるために働きかけます。 日局木クレオソートは活発になり過ぎた腸の蠕動運動の動きを 正常に戻す働きがあります。 腸の動きを止めずに腸内の水分調節を行い、過剰な蠕動運動の動きを抑制させます。 殺菌効果があるため虫歯に詰めると痛みを和らげることができます。 日局アセンヤク末は腸の蠕動運動を穏やかに調節し、日局オウバク末は抗炎症作用や腸内の悪玉菌の増殖を抑制して下痢を改善します。 また、苦み成分が胃液の分泌を促進し、胃を健全に保ち消化不良に効果を表します。 日局カンゾウ末は解毒作用や胃の粘膜を保護する働きがあり、陳皮末は胃を健全に保って体内のガスを調節したり消化不良に働きかけます。 正露丸は定められた量を食後30分以内に内服しますが、内服後30分程度で効果が実感でき、3〜4時間は薬の作用が持続します。 虫歯の痛みに使用する場合は、1粒〜半粒を 虫歯のある箇所に詰めるようにします。 症状が軽減されても用法・用量を守って内服することで正露丸の薬の効果が発揮されるでしょう。 スポンサードリンク 副作用 正露丸にも副作用が表われることがあります。 主な副作用には頭痛やめまい、かゆみ、発赤・発疹などの 皮膚症状、食欲不振や胃部不快感、吐き気、嘔吐、便秘などの 消化器症状が見られることがあります。 また、稀ですが、 肝機能障害など起こることがありますので、極度の倦怠感や黄疸、浮腫みなどの症状が見られた場合は医師の診察を受けるようにして下さい。 5歳以上の小児から内服可能ですが、小児に投与する場合は、誤飲に注意しながら保護者の監視のもと内服させるようにしましょう。 まとめ 正露丸は腸の水分調節や蠕動運動を正常に保つことで弱った腸を正常な状態に戻してくれる薬です。 店頭で購入できますが、しっかりと効果が発揮できるように用法・用量を守るようにしましょう。 下痢や嘔吐など起こしている時は脱水症状を避けるためこまめに水分を摂取するようにして下さい。 また内服しても改善しない場合は医療機関を受診して正しい診断を受けるようにしましょう。

次の

正露丸が危険というのは嘘だった!常備薬として返り咲いたお話

正露丸 飲み 合わせ

概要 [ ] 日局(にっきょく・もくクレオソート)を主成分とする一般用医薬品。 製造するメーカーや製品によって、多少の配合の違いがある。 正露丸の名称は、の登録商標であるが、したとの判決がとの二度にわたり最高裁で確定しており、どの会社が「正露丸」を商品名として使用しても本商標権の効力は及ばず、権利侵害にはあたらない。 よって、のマーク(大幸薬品の製造・販売)でない正露丸も多数存在する(、、、 、、、など)。 パッケージの色調・デザインは各メーカーともほぼ共通しており、多くはオレンジ色の箱で中央に赤字で「正露丸 」と縦書き で名称の上に各メーカー独自のロゴマークが付いている。 胃腸薬、保険常備薬、整腸剤、止瀉薬など、品目カテゴリは各メーカーによって差異がある。 ラッパはロシアに対する進軍ラッパを意味する。 大日本帝国陸軍の食事喇叭 大幸薬品の正露丸で使われているラッパ曲は、陸海軍でを用いて伝達用に吹奏されていた「喇叭(らっぱ)譜・食事」(通称・食事ラッパ)。 現在でもで「喇叭譜」は用いられているが、CMで使用されている陸軍のものとはが異なっている。 なお、の改正によって従来登録が不可能だった「音」についても商標登録が可能となったことから、2015年4月1日に大幸薬品はラッパ曲を商標登録出願し、2017年10月6日に登録された(第5985746号)。 元奏者のが、マルセル・ケンツビッチのを用いて、このラッパ曲をとした『正露丸の主題による4つの変奏曲』をした。 後に『胃腸薬の主題による4つの変奏曲』に改題されている。 性質 [ ] 「効能」は以下の通りである。 、、、、、くだり腹、消化不良による下痢• おもにやの調子を整える• によるの痛み なお、正露丸の主成分である木クレオソートは「の活動を抑える効果」があるとして、大幸薬品が2014年に特許を取得しているが 、上の効能としては認められていない。 成分 [ ] 成分・分量(成人1日量中・配合はメーカーによって多少の差異がある)。 社製『 正露丸』の例 【主成分】• :400mg• :200mg• 日局:300mg• 日局:150mg• :100mg 【添加物】• CMC-Ca• 和泉薬品工業社製『 イヅミ 正露丸』の例 【主成分】• 日局クレオソート:275mg• :19. 日局:49. 5mg• 日局:99mg• 日局カンゾウ末:165mg• :105mg 【添加物】• グリセリン• 松本製薬工業社製『 松葉 正露丸』の例 【主成分】• 日局クレオソート:400mg• :150mg• 日局カンゾウ末:250mg• 日局ケイヒ末:100mg• 日局:100mg• 日局:100mg 【添加物】• グリセリン• 日本医薬品製造社製『 元祖 征露丸』の例 【主成分】• 日局クレオソート:250mg• 日局:350mg• 日局:500mg• :300mg• 日局カンゾウ末:500mg 【添加物】• グリセリン• 歴史 [ ] 1930年代の征露丸の広告、日本陸軍の演習風景写真を用いている 正露丸の成り立ちは、にドイツ人化学者が、ヨーロッパブナの木から木クレオソートを蒸留したことが起源となる。 当初は化膿傷の治療に用いられ、後に防腐剤として食肉の保存などに使用され、更に殺菌効果を期待して胃腸疾患に内服されるようになった。 日本には長崎の和蘭商館長ニーマンにより持ち込まれ、刊の薬物書には木クレオソートを「結麗阿曹多(ケレヲソート)」と記した記載が見られる。 また、刊の「新薬百品考」には、結麗阿曹多の製法、効能、用法が簡潔に記載されている。 、大阪の薬商中島佐一薬房は「忠勇征露丸」の売薬免許を取得。 木クレオソート丸剤に「忠勇征露丸」という商品名がつけられた。 一方、において不衛生な水源による伝染病に悩まされたは、の対策に取り組んでいた。 の教官であった戸塚機知三等軍医正は、にクレオソート剤が菌に対する著明な抑制効果を持つことを発見した。 征露丸は1903年に陸軍軍医学校の戸塚機知と白岩六郎の研究によって生み出された「クレオソート丸」という薬が元になっている。 また「水沢市史」によると、水沢藩家老の養子で姫路第十師団軍医部長として従軍していた中目成一が、奉天会戦中に下痢に悩まされていた兵士達にクレオソート丸の服用を命じ、その効果を満州軍総司令部に意見具申したという。 これが作戦会議で認められ、大山の命令によって全軍でクレオソート丸の服用が行われた。 ちなみに、の陸軍医学雑誌ではクレオソート丸と記載されていたが、「明治三十七八年戦役陸軍衛生史」によると「戦役ノ初メヨリ諸種ノ便宜上結列阿曹篤ヲ丸トシテ之ヲ征露丸ト名ケ出世者全部ニ支給シテ(以下略)」服用を命じた記録が残っており、従来の「クレオソート丸」を「征露丸」と名づけ、使用していたことが窺える。 日露戦争後にクレオソート丸に名称が戻るまで4年間のみ「征露丸」として広く軍医の間で使用された訳である。 「征露」という言葉はを征伐するという意味で 、その当時の流行語でもあった。 しかし、まだ予防的投薬という概念も一般には浸透していない時代のことであり、特異な臭気を放つ得体の知れない丸薬は敬遠されて、なかなか指示通りには飲んでもらうことがなかった。 そこで軍首脳部は一計を案じ、その服薬を「陛下ノゴ希望ニヨリ」との名を借りて奨励することとした。 この機転によって、は著しく向上し、下痢や腹痛により戦線を離脱する兵士は激減したといわれる。 しかし、当然のことながら軍医の期待した、脚気に対する効果は一向にあらわれなかった。 戦意高揚を重視してビタミンに欠ける白米中心の美食(当時としては)にこだわった陸軍は、日露戦争においても全将兵のおよそ3人に1人に相当する25万人が脚気に倒れ、27,800人が死亡した。 一方で海軍は、早くから脚気が栄養障害に起因する疾患であると見抜き糧食にパンや麦飯を採用し、脚気による戦病死者を一人も出していない(当時はビタミンBが未発見であり、世界に先駆けて脚気の栄養不足説を裏付ける結果となった)。 このように、脚気に対してはまったく無力であったものの、征露丸の止瀉作用や歯髄鎮静効果は、帰還した軍人たちの体験談として多少の誇張も交えて伝えられた。 また、戦勝ムードの中で命名の妙も手伝い、「ロシアを倒した万能薬」は多くのメーカーから競い合うように製造販売され、日本独自の国民薬として普及していった。 また、その優れた薬効は戦前の日本勢力圏においては広く知れ渡っている。 現在もなおやなど諸国からの渡航者の土産物として珍重されているという。 軍の装備品としての配給は、日露戦争終結後のに廃止された が、その後も継続して常備薬として利用されてきた。 には、自衛隊の派遣時の装備品として大幸薬品のセイロガン糖衣Aが採用されている。 終結後の、忠勇征露丸の製造・販売が大幸薬品に引き継がれ、、国際信義上「征」の字を使うことには好ましくないとの行政指導があり、「 正露丸」と改められた。 この際、「忠勇征露丸」も「中島正露丸」に名称変更している。 しかし、の 日本医薬品製造だけは、現在も一貫して「征露丸」の名前で販売を続けている。 ただし、日本医薬品製造では現在も同社の取扱製品一覧の中に記載が在るが、諸般の事情により、2019年8月現在、無期限の製造・販売休止中となっている。 知的財産権を巡る紛争 [ ] 商標登録と審決取消請求事件 [ ] に、業界第一位で中島佐一の「忠勇征露丸」製造販売権を継承する()が「正露丸(セイロガン)」の名称の独占的使用権を主張し、商標登録を行った。 これに対して、クレオソートの製法を独自開発し、物資不足の第二次大戦中も軍に征露丸の納入を続けた和泉薬品工業などが反発し、4月に特許庁に無効審判を請求。 しかし、特許庁が4月に申立不成立(つまりは登録維持)の審決を下したことから、に審決取消訴訟を提起。 東京高裁は9月に「『正露丸』の語、おそらく本件商標登録当時、クレオソートを主材とした整腸剤の一般的な名称として国民に認識されていたものというべき」と判断し、特許庁が下した審決を取り消す旨の判決を下した。 この判決は3月に最高裁で確定した。 この判決を受け、特許庁は1975年10月、「正露丸(セイロガン)」の登録無効の審決をし、この商標は無効となったものの、セイロガンの振り仮名のない「正露丸」の商標は現在も大幸薬品が保有している(1959年12月登録、登録番号第545984号)。 不正競争行為差止等請求事件 [ ] 11月に、パッケージが類似した商品を販売することが不正競争防止法2条1項1号又は2号の不正競争行為に該当すること、及び、「正露丸」商標の使用が商標権侵害に該当することを理由に、大幸薬品が和泉薬品工業を相手取って、製造販売の差し止め、及び、損害賠償を求める裁判を大阪地方裁判所に起こした(平成17年(ワ)第11663号)。 7月27日、大阪地裁は請求を棄却。 大幸薬品はこれを不服として、同年8月7日、にしたが、大阪高裁も一審判決を支持。 さらに上告したものの、7月4日に最高裁第2小法廷で上告不受理となり、敗訴が確定した。 この判決では、正露丸が普通名称であることが再確認された。 ただし、判決においては「ある表示が普通名称であるか否かは,もっぱら需要者(取引者及び一般消費者)の認識に関する問題であるといえるから,ある時期において普通名称であるとされた表示であっても、その後の取引の実情の変化により特定の商品を指称するものとして需要者に認識され,出所表示機能を有するに至る場合があり得ないわけではないというべきである。 」として、一度普通名称化したと判断されてとしても、取引の実情の変化によって、再度出所表示機能を獲得する可能性がありうることを認めた。 そして、判決では「正露丸」という語が、取引の実情の変化により出所表示機能を獲得し、大幸薬品の商品表示を指称するものとして一般消費者に認識されるに至ったかどうかが検討されている。 誤認混同に対する論議 [ ] 正露丸の主薬として用いられている「(日局木クレオソート)」は、古くはの名称で知られ、の初版から収載されていたが、第十五改正第一追補 より、 木クレオソートを正式名称とし、クレオソートは別名となった。 また、第十五改正第二追補において、製法・成分の異なる石炭由来の と区別された。 現在では、「日局」をつけて「日局木クレオソート」と呼ばれている。 このように名称が分けられた原因としては、過去のクレオソートに関する論争がある。 雑誌連載の商品の安全性に関するコラムをまとめたブックレット「(刊行)」の中で、木クレオソートとクレオソート油を混同したまま「枕木や電柱に使われるを医薬品に用いるのか」と工業用クレオソート油のもつ毒性で正露丸に対する中傷が行われた。 これに対して名指しで批判された代表的な正露丸メーカーであるは、正露丸に使われる木クレオソートと防腐剤などに使われる工業用クレオソートが根本的に違うことを示し、内容の訂正と出版された本の回収を求める事態となった。 この指摘に対して週刊金曜日上において訂正記事が掲載された ものの、は、「木クレオソートだから安全とも言えません」と全面的な撤回はせず、その後に発行された第16刷でも「植物性だからといって安全とは言えない。 クレオソートは劇薬である」と主張。 木クレオソートと判明した後も、それがなお危険だとする論点は以下のとおりである。 化学混合物としてのクレオソート自体と主成分中最多の化合物であるは、医薬品服用量において指定されている。 消毒薬として広く用いられた、とグアヤコールは皮膚に障害を与える毒性が知られている。 その他のなどのフェノール類成分も人体に対して強い・を有するものが多い。 これらの主張に対して大幸薬品ではウェブサイトにおいて、日局木クレオソートが下痢症状に対して実際に作用するメカニズムや、発がん性がないこと、他に有名な止瀉薬の成分であると比較した場合の優位性を掲載している。 主成分である日局木クレオソート(木クレオソート)は、医療用医薬品としては領域における鎮痛鎮静や根管の消毒用としてのみ許可されている。 一方、一般用医薬品としては、下痢、消化不良による下痢、食あたり、はき下し、水あたり、くだり腹、軟便の効能が許可されている。 木クレオソートは一般用医薬品として使用する場合の服用量では、殺菌作用ではなく腸内の過剰な水分分泌を抑制することと大腸の過剰な運動を正常化させることが明らかになってきている。 安全性への懸念と対応 [ ] 2000年には民間団体のが、後に腸管を起こした臨床例があることなどを受けて、正露丸など木クレオソート製剤の常用量と中毒量の近さなどを問題視し、と製造販売各社に販売中止の要望書を提出した。 これに対し厚生省は調査し問題があれば指導するとし、製造元は回答しなかった。 その後大幸薬品は木クレオソートに関する学術論文の発表などを通じ、発がん性の否定、忍容性が高いこと、による有効性の、腸の蠕動を止めずウイルスなどの自然排出を妨げないことなど、同団体が問題視していた同様の点についても見解を示したが、フェノール成分の腐食性により皮膚・粘膜への長時間接触に注意が必要であることは認めている。 2002年には腸炎患者の大腸内に、正露丸と思われる刺激臭のある6大の黒色球状物を確認し、強い炎症が起こっていたという症例報告もある。 付着問題を受け、現在、製薬会社によっては大腸内壁粘膜に付着しにくいように [ ]丸薬細粒化や、糖衣錠(扁平錠~本草製薬)化して改良している物もある(いずれの製品も大きな丸薬に比べ消化器官内で膨潤しやすく崩れやすい)。 なお大幸薬品のデータによれば、は水中で約45分、糖衣錠は約20分、液体は約6分で溶解する。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 大幸薬品社製の場合。 他の会社から販売している正露丸では効能として謳ってない場合もある。 前の日本ではや虚弱体質などにも効果があるとされ、いわゆるとして用いられていたようである• 上記最高裁判決にもかかわらず当該商標登録が存続している事情は明らかではないものの、商標登録は判決によって自動的に取り消しとなるのではなく、改めて特許庁に審判請求を行う必要があるが、例えば、上記判決により正露丸商標が普通名称化したことが判示され、商標法第26条第2号の規定により商標権の効力が及ばないことが明らかとなって所期の目的が達成されたため、敢えて権利を無効化するための審判請求を行わなかったこと等が考えられる。 いずれにせよ、他社がクレオソート剤を正露丸の名で販売しても本商標権の効力は及ばず、権利侵害にはあたらない。 ただし、に記載の通り、今後の状況の変化により、再び出所表示機能を獲得し普通名称ではないと判断される可能性はある。 「」などと同様に、いわゆるとしての地位が確立された、数少ない医薬品のひとつといえる。 であるなどの物質を含有する。 正露丸を「漢方薬」としましたが、漢方薬の成分である生薬は使われているものの、厳密には「漢方薬」ではありません。 漢方薬を「生薬」に変え、構成や見出しなども訂正させていただきます。 正露丸に使われているクレオソートはコールタールを原料とする日本工業規格クレオソート油ではなく、 プナの木などから得られる乾留物を精製・蒸留して作る日本薬局方クレオソートでした。 おわびして訂正いたします。 (「回答企業にお応えします」より) 出典 [ ]• ただし、常盤薬品工業は既に『征露丸』の製造・販売を取り止めている。 日本医薬品製造のみ「征露丸」• 携帯用や糖衣錠などは「セイロガン」とカタカナ書きの物もある。 大幸薬品は喇叭マーク、和泉薬品工業は瓢箪マーク、本草は「本草」の字が入ったロゴマーク、キョクトウは打出小槌マークや堤太鼓マーク、日本薬剤は王冠マーク、など。 この他にも多数ある。 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)56ページ。 - 正露丸・セイロガン糖衣A|正露丸ブランドサイト|大幸薬品株式会社、2018年7月20日閲覧• - 大幸薬品株式会社• - 大昭製薬株式会社• 町田忍「マッカーサーと正露丸」• 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)57ページ。 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)61ページ。 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)59ページ。 『学研まんがでよくわかるシリーズ94 正露丸のひみつ』(2014年3月31日、学研パブリッシングコミュニケーション発行)65ページ。 平成19年9月28日付け 厚生労働省告示第316号• 大幸薬品. 2019年8月23日閲覧。 全日本民主医療機関連合会 2001年9月1日. 2019年8月23日閲覧。 薬害オンブズパースン会議. 2019年8月23日閲覧。 大幸薬品. 2019年8月23日閲覧。 「」『毎日新聞』毎日新聞社、2017年3月15日。 外部リンク [ ]• - 大幸薬品• - 正露丸等クレオソート製剤に関する項目• - 正露丸の薬害研究に関する資料がある• - 大分市医学会総会研究発表.

次の

毎日 正露丸を飲んでも大丈夫?

正露丸 飲み 合わせ

ストッパ下痢止めやビオフェルミン下痢止め等の薬を飲んで下痢に備えている人も多いと思いますが、そんな時に気になるのが 「普段飲んでいる薬と一緒に飲んで問題ないのか?」という疑問です。 例えば下痢止めを飲みながらイブやロキソニンなどの痛み止め、ガスター10などの胃薬、パブロンなどの風邪薬を一緒に飲んで良いのか疑問に思う人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は 下痢止め薬と他の薬の飲み合わせについて紹介していきたいと思います。 もし下痢止めを飲んでいる人で他の薬を飲んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 ちなみに下痢止めの多くは 「ロペラミド」「ロートエキス」「タンニン酸ベルベリン」のいずれかで構成されていますので、上の3つの薬に当てはまらなくても問題ありません。 下痢止め薬との飲み合わせについて 頭痛・生理痛薬との飲み合わせ イブやロキソニンなどの痛み止めと下痢止めの飲み合わせについてですが基本的に一緒に飲んでも問題ありません。 ただ2つ問題があります。 1つは生理痛専用薬として発売されている 「エルペインコーワ」とストッパ下痢止めやロペラマックサットなどは一緒に飲んではいけません。 その理由はエルペインコーワには「ブチルスコポラミン」、ストッパ下痢止めには「ロートエキス」がロペラマックサットには「ロペラミド」が配合されていますので、 どちらも腸の働きを抑える効果があり一緒に飲むことはできません。 ですからエルペインコーワを選んでいる時は十分注意してください。 そして2つ目ですが 痛み止めに配合されている胃に優しい成分には注意が必要です。 例えばロキソニンSプラスやイブクイック頭痛薬などには胃に優しい成分として 「酸化マグネシウム」などが配合されています。 そしてこのいわゆる酸化マグネシウムなどの「胃に優しい成分」は、 結果的にお腹を緩くしたり下痢になる副作用があります。 もちろんイブクイック頭痛薬やロキソニンSプラスに含まれている酸化マグネシウムの量は、下剤として使用する量よりもかなり少ないですが、それでも下痢止め薬を使用している人にはあまりおすすめしません。 ですから下痢止め薬を飲んでいる時はいったん「胃に優しい成分」を配合している痛み止めは避けるようにしましょう。 また胃薬にも胃を守る働きの酸化マグネシウムや炭酸水素ナトリウムなどの成分が配合されているものもあります。 いわゆる総合胃薬等にはほぼ間違いなく配合されています。 ですから総合胃薬にも注意しましょう。 風邪薬との飲み合わせ 「パブロンやルルなどの風邪薬」と「下痢止め」の飲み合わせですが基本的に一緒に飲むことはおすすめしません。 正確には風邪薬を飲まないといけない時はおそらく風邪の症状があるためになりますが、この時に下痢止め薬は飲まない方がいいです。 そもそも 下痢は身体の異物を外に出すためになり、風邪の症状の時は身体にウイルスや細菌が増殖している中、それを外に出そうとする働きがあります。 しかしここで下痢止めを使用してしまうと、 菌やウイルスが外に出る事なく身体の中に溜まってしまう状態になってしまいます。 ですから風邪のような症状がある場合は下痢止めを使うのはやめましょう。 もし風邪の時に下痢がひどい時は整腸剤を使用してみてください。 整腸剤との飲み合わせ 「ビオフェルミンやザ・ガード整腸錠などの整腸剤」と「下痢止め」の飲み合わせは 基本的に問題ありません。 むしろ整腸剤はお腹の調子を整える働きがありますので、下痢がひどい場合には一緒に服用するのは効果的な場合も多々あります。 ただし下痢止め薬の中には整腸剤がすでに配合されている薬(ビオフェルミン下痢止めなど)がありますので、その場合は別に整腸剤は不要となります。 例えば ガスター10や セルベールなどは下痢止めと一緒に飲んでも問題ありません。 その理由は共に 「ロートエキス」「ロペラミン」という成分を配合しているためです。 ロートエキスという成分は腸の異常を解消してくれる働きがあり、胃薬では胃の痛みを解消し、下痢止めでは腸の働きをストップさせて下痢を止める働きがあります。 また下痢止めに配合されている「ロペラミド」も似た効果を発揮します。 すると両方を飲んでしまうと効果が重複してしまい良くありません。 ですからもし胃薬と下痢止めを一緒に使用する場合は必ず成分欄を見て ロートエキス・ロペラミドが一緒に配合されていないか確認してから使用するようにしましょう。 また胃腸が痛い時に用いられるブスコパンに含まれている 「ブチルスコポラミン」という成分もロートエキス・ロペラミドとの飲み合わせは良くありませんので、ブスコパンなどの痛み止めも一緒に飲むのは避けるようにしてください。 酔い止め薬の多くは「スコポラミン」などの吐き気を抑える成分と下痢止め薬の「ロートエキス」などとの飲み合わせが良くないためになります。 酔い止めの多くには下痢止め薬のロートエキスと飲み合わせが良くない成分が配合されているため、基本的に酔い止めと下痢止めは一緒に飲まないようにしましょう。 飲み合わせを気にしなくていい下痢止め薬 これまで紹介してきた飲み合わせを見てもらえばお分かりかもしれませんが、 下痢止め薬の一番の問題は「ロートエキス」「ロペラミド」を配合している点になります。 そして多くの下痢止め薬にはこのロートエキスかロペラミドが配合されています。 ではこのロートエキスが配合されていない下痢止め薬を選べばいい事になりますが、そんな時はこちらの下痢止め薬を選びましょう。

次の